Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 8「強い子音の直し方」【VLTTW翻訳】

Ep. 8 "Hard Consonants"- Voice Lessons To The World
 
エピソード8 「強い子音の直し方」
 
Hi everybody. My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.
 
みなさんこんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチングの創設者、ジャスティン・ストーニーです。
 
Welcome to Episode 8 of Voice Lessons to the World, the show where we're gonna help you guys as singers by answering your questions from all over.
 
ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード7へ!このショーでは、世界中のみなさんからの質問に答えることで、シンガーのみなさんを助けていきます。
 
And I'll give you a chance to ask questions later. But for now we've got this week's question from V.H. in Yonkers New York.
 
みなさんが質問する機会についてはあとで説明するとして、今回の質問はニューヨーク州ヨンカーズの、V.H. さんから来ています。
 
And V. writes, "Dear Justin, I'm a tenor. I have no problem hitting high notes. I'm inspired by the band "Foreigner." Lou Gramm is my idol. However when I sing a Foreigner song, I can't reach the notes no matter what key I change it to. Can you explain this?"
 
「僕はテナーです。高い声を出すのに問題はありません。『フォリナー』というバンドに影響を受けていて、ヴォーカルのルー・グラムは僕のアイドルです。ところがフォリナーの曲を歌う時、どのキーに変えてもうまく高音が出せません。この原因を説明してもらえますか?」
 
Now that, is a great mystery there, V. And I never heard you sing. But hopefully I can help you find the answer to this.
 
Vさん、それは大きな謎ですね。あなたが歌っているのを聴いたことはありませんが、これに対する答えを見つける手助けができればと思います。
 
Now I have to admit, I was not at Foreigner aficionado. Had to go and do some research on Foreigner to answer this question for you.
 
正直に言うと、フォリナーのファンではなかったので、これに答えるために少しフォリナーの曲を調べてきました。
 
But the core of your question is what really matters because I'm sure a lot of people can relate to this. You wanna sing a songand no matter what key you put it in, the song is still difficult.
 
この質問の核心部分はとても大事なことです。多くの人にとって思い当たる節があることでしょうから。つまり、ある曲を歌おうとしたときに、どのキーに変えたとしても、歌うのが難しい、ということです。
 
And in your technique you can hit a lot of notes you've got high range, but a particular song is giving you trouble no matter what the key.
 
テクニックとしては高い声域を持っていて、声を出せるのに、ある特定の曲になったときに、どのキーに変えてもうまく歌えない、ということです。
 
And then we've got a mystery. What is causing that song to be difficult? And in doing a little of that research for you, V, I think I might have the answer.
 
そして謎が生まれます。なにがその曲を難しくさせているのでしょうか?Vさん、少しこのことに関して調べていく中で、答えを見つけられたと思っています。
 
I've never heard you sing before, however its gonna' lead us to the title of today. Hard Consonants.
 
あなたが歌っているのを聞いたことはありませんが、このことは今日のタイトルへと繋がっていきます。「強い子音」です。
 
Hard consonants can very often be that X factor that's making a song difficult. Even if you've got the technique.
 
強い子音が曲を難しくしている要因であることは、よくあることです。もし(高い声域を出す)テクニックを持っていたとしても、です。
 
Now a lot of rock singers use percussive consonants, they use hard consonants, and a lot of times what they're doing, the consonants are not as hard as they actually sound to us.
 
多くのロック・シンガーはパーカッシヴな(打楽器的な)子音、つまり強い子音を使いますが、多くの場合彼らは、私達の耳に聞こえるほどは、子音を強く発音していません。
 
And so when we imitate the style we use hard consonants. I'm gonna show you what I mean in a second. But this is probably the X Factor that's making the song difficult no matter what key you're putting the song in.
 
そういうわけで、このスタイルを真似する時、強い子音を使ってしまいます。このあとすぐにどういう意味なのか説明しますが、おそらくこれがどのキーに変えても歌うのが難しいことの原因だと思います。
 
So I'm gonna work with, "I Want to Know What Love is," by Foreigner, a little bit. And I'm not gonna do the chorus. Cause I don't think that’s so hard. I think the bridge leading up to it, is your problem, V.
 
それではフォリナーの "I Wanna Know What Love Is" を少し歌ってみましょう。サビは歌いません。そこは難しくないと思いますから。そこに繋がるブリッジの部分が、Vさん、あなたにとって難しいのだと思います。
 
So if I have this phrase right here, "In my life there's been heartache and pain. I don't know if I can face it again."
 
このフレーズを例にとってみますね。「イン・マイ・ライフ…」
 
Okay so there's that section. Now when I did that I did not do hard consonants. But let me show you what I mean, by hard consonants.
 
このセクションがありますよね。今歌った時は子音を強く発音しませんでした。では強い子音とはどういうことなのか、聴いてもらいましょう。
 
"In my life there's been heartache and pain. I don't know if I can face it again." And instantly, it doesn't sound as good. And it's also... it doesn't feel too comfortable.
 
「(子音を強調して)イン・マイ・ライフ…」こうすると急に、先ほどより良くなくなりますね。あまり心地良い感じもしません。
 
I'm blasting air across the consonants. And this is a really common thing, again not just in rock, but in all styles of music.
 
子音を発音する時、息を吐き過ぎてしまっています。これはよくあることで、ロックだけに限らず、全てのジャンルで見られることです。
 
We're used to technique exercises that feel really good, but we go over to a song, and then we tend to chew the consonants, or hit them too hard, or force breath pressure through them.
 
テクニックの練習の時はいい感じでも、曲に移った時に、子音を強く発音し過ぎて、息を吐き過ぎてしまう傾向があります。
 
Now again a rock, a rock sound, you're gonna tend towards that in order to imitate Lou Gramm or any other your favorite artists, you might push too hard on the consonants.
 
もう一度言いますが、特にロックを歌う時は、ルー・グラムやほかのお気に入りのアーティストの真似をしようとして、子音を強く押し出してしまう傾向があります。
 
So, I'm gonna give you 3 ways to fix hard consonants. First one's kinda goofy. You first try it, by slurring words a little bit.
 
それでは、強い子音を直す3つの方法を紹介していきます。ひとつめは、ちょっと間抜けな感じですが、言葉を少し曖昧に発音してみましょう。
 
So I've got, "In my life there's been heartache and pain. I don't know if I can face it again." So I'm first gonna try, "In my life there's been heartache and pain. I don't know if I can face it again." "In my life... there's been heartache and pain. I don't know if I can face it again."
 
「イン・マイ・ライフ…」とありますね。まずは(曖昧な発音で)イン・マイ・ライフ…」と声に出してみましょう。「(それで歌う)イン・マイ・ライフ…」
 
That sounds insane, however that was really easy to sing. So if you’re having a problem with those hard consonants, try slurring your words first.
 
とてもおかしく聴こえますが、これなら歌うのはすごく簡単です。強い子音で困っている場合は、まずこの曖昧な発音を試してみましょう。
 
A lot of rock singers, they make that their final product. That's why you can't understand what the words are.
 
多くのロックシンガーは、これを完成形としています。だから何を言っているのかわからないんですね。
 
Second step though, if you do want to hear what the words are is, speak it with the breath pressure that you want. 
 
ふたつめのステップは、何を言っているのかをちゃんとわかるようにしたい場合ですが、適切な息の圧力でしゃべるようにすることです。
 
Instead of, "In my life there's been heartache and pain," and you're really hitting it, try it simply, "In my life there's been heartache and pain."
 
「(子音を強調して)イン・マイ・ライフ…」ときつくする代わりに、シンプルに「(話すように)イン・マイ・ライフ…」としてみましょう。
 
"In my life there's been heartache and pain." It feels like the same pressure as speech.
 
「(話すように歌って)イン・マイ・ライフ…」これなら話す時と変わらない息の圧力に感じられます。
 
If you're still having problems though, the third thing that you can do, is look at what consonant is actually getting too much of the hit.
 
もしこれでもまだうまくいかない場合は、みっつめの方法ですが、どの子音で息を吐き過ぎているのか確かめることです。
 
In that first phrase, "in my life there's been a heartache and pain," there's 3 that might be called culprits. You've got the L of "life," you've got the H of "heartache," and you've got the P of "pain."
 
最初のフレーズ「イン・マイ・ライフ…」では、みっつの元凶がありそうですね。「ライフ」のL、「ハートエイク」のH、「ペイン」のPです。
 
If the "life" is giving me trouble, "In my li - in my li -" and I have that L that's too tough, I could do, "la la la la la." Or, "lie lie lie lie lie," to get that L kind of fluttery and then I do, "In my life there's been heartache and pain."
 
もし「ライフ」が原因で、「イン・マイ・ライ!イン・マイ・ライ!」とLをきつく言い過ぎてしまう場合は、「ラララララ」「ライライライライライ」と、Lで舌をパタパタさせてみてから、「イン・マイ・ライフ…」と歌ってみましょう。
 
Or if it's the H "ha ha ha ha ha heartache and pain." And then it's a lot simpler after I practiced the consonant very easily.
 
それかもしHが原因なら、「ハハハハハ、ハーテイク・アン・ペイン」と歌ってみましょう。子音を軽く発音する練習をすれば、ずっとシンプルに歌えるはずです。
 
So no matter what style you're singing, if you're having problems - in any key - and you know that you got those notes in your technique - check out the consonants.
 
あなたがどのスタイルで歌っているとしても、うまくいかない時(テクニックの練習では出せる音が、曲の中でどのキーに変えても出ない時)は、子音をチェックしてみてください。
 
Make sure you're not hitting them hard. Try slurring it. Try with the energy of speech. Try it with that constant that's giving you trouble and do it gently, and then see if that song becomes easier.
 
子音はきつく発音しないようにしましょう。曖昧に発音したり、話す感じと同じ力で歌ったり、原因となる子音を見つけて優しく発音したりして、曲が簡単になるか確かめてみましょう。
 
My bet is, for V, or anybody else out there, that if you try that, you're going to not only be able to do the key that's you were trying, but a lot higher than you were trying as well.
 
Vさん、みなさんも、もしこの練習をすれば、歌おうと思っていたキーで歌えるようになるだけでなく、もっと高くても歌えるようになるでしょう。
 
So I hope that's been helpful for you guys as singers. If you have questions that you wanna see us answer on the show, you can send an email to: Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.
 
今回の内容がシンガーのみなさんの手助けになっていれば嬉しいです。もしこのショーで答えてほしい質問がある場合は、こちらにメールしてください。Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com
 
So we just encourage you guys not lose the joy, don't lose the passion. Never let anybody tell you you can't sing because you know that's not true.
 
歌う喜びと情熱を失わないでください。あなたは歌うべきではない、とは誰にも言わせないでください。それが本当のことでないと、あなたは知っているはずです。
 
Get a great voice teacher in your area. If you guys are in New York City, you can visit us at: www.NewYorkVocalCoaching.com.
 
あなたの地域の信頼できる先生についていきましょう。もしニューヨークにいるのなら、私達のウェブサイトをチェックしてみてください。 http://www.newyorkvocalcoaching.com/
 
And if you like these videos you can check out: www.VoiceLessonsToTheWorld.com.
 
もし動画を気に入ってもらえたのなら、こちらもチェックしてみてください。 http://www.voicelessonstotheworld.com/
 
I'm Justin Stoney. We'll see ya next time.
 
ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!
 

------

 

いかがでしたか?ご意見、ご質問はコメント欄にお願いします。次回はVLTTW翻訳Ep. 9 「あなたは音痴ではない」です。お楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は Justin Stoney 氏の許可の下、掲載しています。

 

------

 

ヴォーカルレッスンのお問い合わせ、お申込みはウェブサイトからどうぞ!

 

レッスン概要

Lesson | NY仕込みのボイトレ T.S.Music

 

お問い合わせ、お申込み

Contact | NY仕込みのボイトレ T.S.Music