Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 9 「あなたは音痴ではない」【VLTTW翻訳】

Ep. 9 "You're Not Tone Deaf"- Voice Lessons To The World
 
エピソード9「あなたは音痴ではない」
 
Hi everybody. My name is Justin Stoney. I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.
 
みなさんこんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチングの創設者、ジャスティン・ストーニーです。
 
Welcome to Episode 9 of Voice Lessons to the World, the show we want to help you guys as singers by answering your questions from all over the world.
 
ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード9へ!このショーでは、世界中のみなさんからの質問に答えることで、シンガーのみなさんを助けていきたいと思っています。
 
I'll give you a chance to ask questions later, but first we've got our question for the week from Amanda B. in Houston, Texas.
 
みなさんが質問する機会についてはあとで説明するとして、今週の質問はテキサス州ヒューストンの、アマンダ・Bさんから来ています。
 
And Amanda says, "Dear Justin, I'd love to sing but I've always been told I'm tone deaf. Is there any hope for me?"
 
「私は歌うことが大好きなんですが、周りからいつも音痴だと言われてきました。こんな私に希望はありますか?」
 
Well Amanda, thank you for that question. I'm glad you asked that question and I think probably a lot of people out there would love to know the answer to this question.
 
アマンダさん、この質問をしてくれてありがとうございます。これに関して質問してくれて嬉しいし、おそらく多くの人がこの質問に対する答えを知りたいだろうと思います。
 
There's so much mythology surrounding tone deafness and so many people think that they are tone deaf and it's preventing a lot of potential singers and people that love to sing, just like yourself, from singing because they think they're tone deaf.
 
音痴のことに関しては迷信が多く、たくさんの人が自分は音痴だと思い込んでいて、それが、アマンダさんのように歌が大好きな人から歌うことを奪っています。
 
So the first thing I'll talk about is, is tone deafness real? And the answer to that is, yes. Tone deafness is actually real.
 
それではまずはじめに、音痴は存在するかどうかから話しましょう。答えはイエスです。音痴は実際に存在します。
 
There is a condition, it's called, "amusia," which means not musical. It's a cognitive disorder, though. It's caused by brain damage sometimes it can be genetic. But sometimes it can be caused by a brain injury.
 
「失音楽症」という病気があります。これは音楽的でない(Amusia = not musical)という意味で、認知障害の一つです。脳の損傷により起こる場合と、遺伝である場合があります。
 
But this is so rare and the amount of people that say, "oh I'm tone deaf... oh I can't sing... oh no don't ask me to sing I'm tone deaf..." The amount of people that say that, is very high. But the amount of people who are actually tone-deaf, is very low.
 
しかしこれはとっても珍しい病気で、その珍しさの割に「音痴なんです… 歌えません… 音痴なので歌わせないでください…」と訴える人は、とても多いのです。本当の意味で音痴の人は、ものすごく少ないのに。
 
So in my experience - I've worked with thousands of singers, and I've been in voice land all my life - I have literally never met a person who is actually tone deaf.
 
私の経験で言うと - 今まで何千人も教えてきて、ずっと声の世界で生きてきましたが - 本当の音痴(失音楽症)の人に会ったことは一度もありません。
 
I've had plenty of singers come to me thinking that they were tone-deaf, but I've never ever seen it.
 
たくさんのシンガーが自分は音痴だと思って私のところに来ますが、一度も音痴の人に会うことはありませんでした。
 
So why are all these singers and probably yourself included, I can't guarantee it but i imagine that you're actually one of these singers who is
quote/unquote tone deaf and not actually tone deaf, why? Why are all these singers thinking that they're tone deaf?
 
それではなぜ彼らシンガーは(あなたも俗に言う音痴だと想像するとして)、自分が音痴だと思い込んでしまうのでしょうか?
 
My thoughts on this is that it's actually due to something in the mind, and then something in the mechanics. Oftentimes when people are young, they have a joy for singing and they just sing very naturally.
 
私が思うにこれは精神的な問題で、それが発声に影響してくるのです。みんな幼い時は歌の楽しさを感じていて、自然に歌っていたはずです。
 
But so many people report at some point being told, "Well you can't sing. You're off pitch. Oh you should stop singing. Uh why don't you quiet that down..."
 
ただどこかのタイミングで「歌えてないよ。音が外れてる。歌うのをやめなさい。どうして静かにできないの…」などと言われたのでしょう。
 
And they start to develop a fear. And singing is a very vulnerable thing anyway.
 
そしてそれが不安に繋がります。歌うことはとっても繊細なことなんです。
 
So if you've been told that you're off pitch, you've been told that you sound bad, then you start to have fear and hesitation built into the voice.
 
音が外れているとか、下手だとか言われると、不安やためらいが植え付けられてしまいます。
 
This fear and this hesitation causes you to underdo the sound, and that often causes you to be flat.
 
この不安やためらいは、声をしっかり出すことを妨げ、フラット(ピッチが下がってしまうこと)に繋がります。
 
So then, your experience with singing, is trying really hard and being flat, and then being told you're wrong, and then trying really hard being flat being told you wrong - and a vicious cycle starts, where the mechanics start to respond to the mind, and the hesitation and the fear and the mechanics all get wrapped up into one.
 
そうするとあなたの歌の経験は、頑張ってもフラットになってしまい、間違っていると言われ、もっと頑張ってもフラットになってまた間違っていると言われ - 悪循環がはじまり - 精神的に追い込まれるようになり、ためらいと不安とこのサイクルがあることに集約されることになります。
 
So your voice starts to behave as though its tone deaf. It starts to behave where it can't actually stay on pitch. But it's not that you can't hear it.
 
自分が音痴であるように思い込み始めるのです。聴き取れないわけではないのに、音が取れないような気がしてしまいます。
 
Most people can hear just fine. They have a great ear for music, they would stay on pitch, but they're just too afraid, they're too hesitant from something in the past, to actually stay on pitch.
 
ほとんどの人はちゃんと音を聴き取れます。音楽を聴き分ける耳を持っていて、音が取れるはずなのに、過去の経験から音を取るのを怖がり過ぎたり、ためらい過ぎたりします。
 
Amanda, I'm thinking that that's probably you, because that's most people.
 
アマンダさん、ほとんどの人にとっての原因はこれなので、あなたもおそらくそうなのだと思います。
 
So now what do we do to fix it? If we know that it's due to the mind, the very first thing we need to tell ourselves is, "This is in my mind. This is not an actual problem. I don't have an ear problem. But I might have a vocal problem."
 
それではどうやって直せば良いのでしょうか?これが精神的な問題なのだとしたら、まずはじめに自分に言い聞かせるべきことは、「これは精神的なことなんだ。実際には問題じゃない。私の耳に問題はない。でも声の問題はあるかもしれない」ということです。
 
What that problem is, is probably hesitation. So the very first thing I'd have you do, is just at home, when nobody's around - don't let anybody judge you - go ahead and just sing out, but sing bold. Don't sing hesitatingly, sing bold. And sing any song that you love to sing.
 
問題はきっと、「ためらい」です。一番最初にすべきことは、自分の部屋で、誰もいない時に - 誰にもあなたを判断させずに - 思い切って大声で歌ってみることです。ためらわずに、大胆になりましょう。あなたの好きな歌をなんでも歌ってください。
 
And I tell you what, if you can sing, "three blind mice," just that, I pretty much guarantee you you're not tone-deaf.
 
要はこういうことです。単に「スリー・ブラインド・マイス*」が歌えること自体が、あなたが音痴ではないことの保証になるんです。
 
*英語の童謡。「スリー・ブラインド・マイス」の階名は「ミーレードー」となっている
 
Somebody that's tone-deaf, that truly with tone deafness would try to sing, "three blind mice" and it would come out, "three blind mice" and you say, "no no no, three blind mice," and you get "three blind mice," and they don't actually distinguish pitch.
 
本当に音痴(失音楽症)の人だったら、「(音階で)スリー・ブラインド・マイス」と歌おうとした時に、「(音程の変化なく)スリー・ブラインド・マイス」となってしまい、「違うよ、(音階で)『スリー・ブラインド・マイス』だよ」と言われても、「(音程の変化なく)スリー・ブラインド・マイス」と、ピッチの違いに気付くことができません。
 
If you can delineate different pitches just singing any of your favorite songs, probably you are not tone deaf. So that's step one to just determine whether you are.
 
あなたの好きな歌を歌う時に、ピッチの違いを表現できさえすれば、おそらくあなたは音痴ではありません。以上があなたが音痴かどうか確かめるための最初のステップでした。
 
Then the next thing, if you can, get with a great voice teacher, because from the under-singing you might not have developed your head voice, which is this sound.
 
そして次は、もしできるなら、先生に付いてみることです。ためらいながら歌っていたとしたら、(裏声で)このサウンド、ヘッド・ヴォイスを育てられていないかもしれないからです。
 
Or you might not have developed your chest voice, which is this sound. We'll talk about that in later videos. And there might be a registration problem.
 
それかもしかするとこのサウンド、チェスト・ヴォイスを育てられていないかもしれません。これらに関してはこれからの動画で話していきますが、この声区の問題があるかもしれません。
 
So get with an instructor that can help you to use the mechanics better, so that you can stay on pitch, after you know how to be a little bit bold with your singing.
 
まず最初のステップで大胆に歌えるようになったら、その後は、ピッチを取るために声の機能をよりよく使えるよう指導してくれる先生に付きましょう。
 
Then another step would be, if you can't get with a voice teacher, is if you can just find a piano, or something online that has a piano feature, and just give yourself any note on the piano, you can pick a "C."
 
もし先生に付けない場合、もうひとつのステップは、ピアノか、それに代わるオンラインのものを見つけて、何か一音弾いてみることです。Cの音* を選んでみます。
 
*C=ド
 
And just try on a "me me me", try finding this note. "me me me"
 
「ミーミーミー」と声を出してみましょう。この音を探して。「ミーミーミー」
 
Now maybe if you've had problems you might try it and you have, "me me me, me me me" or "me me me, me me me."
 
今まで音を取るのに苦労していたなら、もしかしたら「(目的の音より高く)ミーミーミー、ミーミーミー」とか「(目的の音より低く)ミーミーミー、ミーミーミー」などとなってしまうかもしれません。
 
But you're alone. You're at home. Nobody cares. Mess with it. Do you hear it, "me me me me me me me," and you get it to match up with the pitch.
 
でも今はあなた一人です。自分の部屋です。誰も聴いていませんから、やってみましょう。「ミーミーミーミーミーミー」とピッチが合うように持っていきます。
 
Practice that and you'll very quickly train your voice to match your ear again, because again it's probably not your ear, it's your brain and your mechanics functioning together in a way that we don't want.
 
問題はあなたの耳ではなく、脳と声を出す機能がうまく噛み合っていないだけなので、練習すればすぐに声と耳が合ってくるでしょう。
 
So Amanda, and all I just want you to know the tone deafness is so rare. Probably you don't have this, so if you can get that out of your head and just be inspired to try to sing, know that the voice can be trained.
 
というわけでアマンダさん、みなさんも、音痴というのは極めて珍しいことだと知っておいてほしいんです。きっとあなたは音痴ではないので、頭から思い込みを取り除いて歌う気になれば、克服できることがわかるでしょう。
 
That's why voice teachers have jobs. We're not running a racket here. You really actually can learn how to sing and you can break through tone deafness unless it's that medical condition that I say is extremely rare.
 
これこそがヴォイス・ティーチャーの役割です。うさんくさいことをしているわけではありません。歌い方というのは学ぶことができることで、とても珍しい医学的な症状でない限りは、音痴だって乗り越えられます。
 
So I hope that inspires you to try singing and to try to break through the tone deafness that you probably don't have. 
 
自分は音痴だという思い込みを乗り越えて、歌ってみようと思ってくれたら嬉しいです。
 
So I hope that's been helpful for you guys today. If you have questions that you'd like to see us answer on the show you can send an email to:
 
今回の内容がシンガーのみなさんの手助けになっていれば嬉しいです。もしこのショーで答えてほしい質問がある場合は、こちらにメールしてください。Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com
 
So like I say, I hope that that inspires you guys to just not lose the joy, not lose the passion, don't let people tell you you're tone deaf, don't let them tell you you can't sing, because as we know that leads to that vicious cycle and you know that it's not true.
 
歌う喜びと情熱を失わないでください。あなたは音痴だ、歌うべきではない、とは誰にも言わせないでください。これは悪循環につながってしまいますが、本当のことでないと、あなたは知っているはずです。
 
So hoping to get with a great voice teacher in your area. If you're in New York City, you can check us out at: www.newyorkvocalcoaching.com.
 
あなたの地域の信頼できる先生に付いていきましょう。もしニューヨークにいるのなら、私達のウェブサイトをチェックしてみてください。 http://www.newyorkvocalcoaching.com/
 
And if you like these videos you can check out: www.voicelessonstotheworld.com.
 
もし動画を気に入ってもらえたのなら、こちらもチェックしてみてください。 http://www.voicelessonstotheworld.com/
 
I'm Justin Stoney. We'll see you next time!
 
ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!
 

------

 

いかがでしたか?ご意見、ご質問はコメント欄にお願いします。次回はVLTTW翻訳Ep. 10 「中音か高音か」です。お楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は Justin Stoney 氏の許可の下、掲載しています。

 

------

 

ヴォーカルレッスンのお問い合わせ、お申込みはウェブサイトからどうぞ!

 

レッスン概要

https://www.takahisasatomusic.com/lesson

 

お問い合わせ、お申込み

https://www.takahisasatomusic.com/contact