Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 10「中音か高音か」【VLTTW翻訳】

Ep. 10 "Middle Notes or High Notes"- Voice Lessons To The World
 
エピソード10「中音か高音か」
 
Hi everybody. My name is Justin Stoney. I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.
 
みなさんこんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチングの創設者、ジャスティン・ストーニーです。
 
Welcome to Episode 10 of Voice Lessons to the World - the show we want to help you guys as singers by answering your questions from all over the world.
 
ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード10へ!このショーでは、世界中のみなさんからの質問に答えることで、シンガーのみなさんを助けていきたいと思っています。
 
I'll give you a chance to ask questions a little later, but the question for the week comes from Sara J. in Los Angeles, California.
 
みなさんが質問する機会についてはあとで説明するとして、今週の質問はカリフォルニア州ロサンゼルスの、サラ・Jさんから来ています。
 
And Sara asks, "Dear Justin, Do you have any secrets for hitting the high notes?"
 
「高い声を出すため秘密を教えてくれませんか?」
 
And yes, Sara, I think I do. And I'm happy to give you those secrets. But today, I'm only gonna give you one and in future videos I'll give you tons more.
 
そうですね、サラさん。喜んで秘密を教えたいと思います。ただ、これからの動画でもこの話題に関してたくさん伝えていくので、今日はひとつにしておきます。
 
But the first one that I want to give it to you guys is a great secret, and a great trick that you absolutely have to know if you wanna be a great singer.
 
今回最初に教えるこのことは大事な秘密で、素晴らしいシンガーになりたければ絶対に知っておきたい「こつ」なんです。
 
The biggest key to hitting the high notes, is not the high notes. It's the middle notes.
 
高い声を出すための一番大事な鍵は、高音ではなく、中音にあります。
 
I'm gonna show you what I mean by this. But if you want to hit high notes, you don't want to focus on your high notes - you want to focus on your middle notes.
 
どういうことなのか説明しますね。もし高い声を出したければ、高音に集中するのをやめましょう。中音に集中するんです。
 
I'm gonna show you how to do that. So a lot of people don't have high notes because they're just trying to slam the high notes all the time.
 
やり方をお見せしましょう。多くの人にとって高い声を出せない理由は、いつも高い声を無理矢理引っ張り出そうとするからです。
 
They say, "I gotta have high notes," they go up there and they strain - and they work on straining.
 
彼らは「高い声を出したい!」とその声域に行く時、声を締め付けてしまいます。締め付ける練習をしてしまっているんです。
 
They're actually just building up worse and worse habits on their high notes, when all along, if they had worked on their middle notes, the high notes just start to appear.
 
このやり方では高い声を出す度にどんどん悪い癖を作り上げてしまいますが、一方でもし中音を練習すれば、高音は姿を現してきます。
 
So the first thing that we're gonna' talk about is, what do I mean by middle notes?
 
ではまず初めにこのことを話しましょう。中音とは何のことでしょうか?
 
This could be debatable, but I'm gonna give you what I think of as middle notes. First for the guys, and then for the ladies.
 
これは議論の余地があることですが、私の思う中音とは何かを説明します。まずは男性で、そのあとが女性です。
 
So here we go with, what are the middle notes that guys need to work on?
 
それでは行きましょう、男性が練習するべき中音とはどの音でしょうか?
 
Here they are over here. So guys, if this is middle C right here, your middle notes are going to be this A-flatthrough this E-flatThese notes here.
 
それがこちらです。ミドルC* はここですが、中音はこのAフラットからEフラットです。このあたりの音です。
 
*ピアノの真ん中あたりのドの音のこと
 
And so for the ladies, it's just right above where the guys are. Come and check this out. So ladies at middle C is right here. Your middle notes are gonna be this E-flatthrough this B-flat - here.
 
次に女性ですが、ちょうど男性のところの上にあります。確かめましょう。ミドルCはここですね。女性の中音はこのEフラットからBフラットまでです。
 
So again guys you're gonna be A-flat through E-flat, and ladies, you're going to be above that, E-flat through B-flat.
 
もう一度言うと、男性はAフラットからEフラットで、女性はその上のEフラットからBフラットです。
 
Those are the problematic notes for most males and females. They neglect that area of their voices, and then they lack the high note as a result.
 
これがほとんどの人にとって問題になる声域です。これの練習を怠ると、結果的に高い声も出せません。
 
So part 2 is, what we have to do about these middle notes? How do we make them appropriate for bridging the gap between them and the high notes?
 
ではパート2です。中音をどのようにすればいいんでしょうか?中音と高音の間のギャップを埋めるには、どうするのが適切なんでしょうか?
 
So, part A, is that, you first don't want to get louder. As I go through my middle, here's kinda' what it sounds like if I haven't worked out my middle notes, if I'm a guy, and I am.
 
パートAとして、まずは声を大きくしていかないことです。中音を発声している時、もししっかり練習ができていないと、こんな感じになります。私は男性なので、男性の声域でやってみます。
 
If I have, "ma - a - a - a - a - a - a - a - a, ma - a - a - a - a - a - a - a - a, ma - a - a - a - a - a - a - a - a,  ma - a - a - a - a - a - a - a - a, ma - a - a - a - a - a - a - a - a"
 
「マアアアアアアアア、マアアアアアアアア、マアアアアアアアア、マアアアアアアアア、マアアアアアアアア」(声がどんどん大きくなっていく)
 
You see, through my middle there, I'm getting louder, and then, B., I'm lifting my larynx, and feeling a sense of squeeze as I go higher, and then, C., I'm not using any of my head resonance.
 
中音でどんどん声が大きくなってしまうのがわかります。パートBは、喉頭を持ち上げてしまっていて、高くなるにしたがって締め付ける感じがあること、パートCは、頭の共鳴を全く使えていないことです。
 
So the three things that we're gonna have to do in our middle voices, in those territories I showed you is: don't get louder as you go higher, don't squeeze your larynx as you go higher, and don't lose your head resonance or your nasal resonance as you go higher.
 
先ほど紹介した中音域でしなければならない3つのことは、音が上がるにつれて声も大きくならないようにすること、喉頭を締め付けないこと、そして頭や鼻の響きを失わないことです。
 
So let me show you a little bit of a difference of what I mean.
 
どういう意味なのかわかるように、違いをお見せしましょう。
 
If on this middle note I was going, "ma - a - a - a - a - a - a - a - a," instead I go "ma - a - a - a - a - a - a - a - a," and I sorta throw it back up here, I leave my larynx calm, I don't get louder, "ma - a - a - a - a - a - a - a - a, ma - a - a - a - a - a - a - a - a, ma - a - a - a - a - a - a - a - a,"
 
この中音で「マアアアアアアアア(声が大きくなっていく)」と行かずに「(一定に)マアアアアアアアア」というように、声を後ろの方に持っていき、喉頭の位置は保って、声を大きくしないようにすると「(一定に)マアアアアアアアア、マアアアアアアアア、マアアアアアアアア」とできます。
 
I'm staying calm, I'm not getting louder, and I'm sending some resonance up into here. If I do that I'm gonna be able to extend my range all the way.
 
喉頭は落ち着かせて、声を大きくせず、共鳴を上の方に持ってきています。こうすれば声域を大きく広げることができますよ。
 
So that's part 3 then, is "Justin, what is it going to do for me, if I do what you say I work out my middle notes?" It's gonna do a bunch of things.
 
それではパート3です。「中音を練習したら、どんな効果がありますか?」たくさんの効果があります。
 
First of all, you're gonna have a mix up top. If you raise your larynx and you push it out the mouth you won't have a mix, you'll just be straight up belting - all the time.
 
まず最初に、高声域のミックスが手に入ります。もし喉頭を持ち上げたり、声を口から押し出したりしていたら、ミックスは手に入らず、いつもまっすぐベルティング* をしてしまうでしょう。
 
*高い声の力強い発声のこと。ここではチェストヴォイスを張り上げてしまう、という批判的な意味で使われている。
 
You're gonna have volume control. You're gonna be able to hit high notes without going louder.
 
声の大きさをコントロールできるようになります。高い声を大きくならずに出すことができるようになります。
 
You hear tons of people, they got high notes, but it's always loud, it's always too pushed.
 
高い声は出るけれど、いつもうるさくて、押し付けているような声の人が歌っているのを耳にすることはよくあるでしょう。
 
Then you're also going to be able to probably find vibrato up top. And you're also going to be able to hit these notes without straining.
 
あとはきっと高い声でもビブラートができるようになるでしょう。そして喉を痛めずにこれらの音を出すことができるようになります。
 
And then finally, you probably not going to have a limit to your high notes. The better your mix is, the better those middle notes are, the more you're going to be able to extend your range, and the mix will just continue on up.
 
そして最後に、出せる高い声に限界がなくなるでしょう。ミックスや中音が上手ければ上手いほど、声域を広げることができ、ずっと上までミックスが続けられます。
 
So, that's my first tip for you, Sara, and everybody, about how to hit high notes. You gotta work on your middle notes first.
 
サラさん、みなさん、以上が高い声を出すための一番最初のヒントでした。まずは中音を練習しましょう。
 
Don't raise your larynx, don't get louder to go higher, and try to work to feel a sense of the air moving up and back and into here, and not out as you go higher.
 
喉頭を持ち上げず、高い声に行くために声を大きくせず、息が前ではなく上や後ろに行くのを感じられるようにしましょう。
 
You're gonna' find a better, easier bridge right in between, and then you're gonna be able to extend your range with volume control and that mix ability.
 
声の橋渡しをする中間の音をよりよく、簡単に出す方法が見つかり、声の大きさのコントロールとミックスの技術を含んだ広い声域を手に入れることができるでしょう。
 
So I hope that's been helpful for you guys as singers. If you have questions you can send an email to: questions@voicelessonstotheworld.com.
 
今回の内容がシンガーのみなさんの手助けになっていれば嬉しいです。もし質問がある場合は、こちらにメールしてください。
 
And we'll take your questions and we'll try to answer them on future episodes of the show.
 
これからのエピソードでそれらの質問に答えていけるようにします。
 
But in the meantime, I would just encourage you not to lose to joy and the passion. Don't let people tell you you can't sing, 'cause you know that's not true.
 
その間も、歌う喜びと情熱を失わないようにしましょう。あなたは歌うべきではない、とは誰にも言わせないでください。それは本当のことでないと、あなたは知っているはずですから。
 
Get with a great voice teacher in your area. If you guys in New York City you can check us out at: www.newyorkvocalcoaching.com.
 
あなたの地域の信頼できる先生に付いていきましょう。もしニューヨークにいるのなら、私達のウェブサイトをチェックしてみてください。 http://www.newyorkvocalcoaching.com/
 
And if you like videos you can visit: www.voicelessonstotheworld.com.
 
もし動画を気に入ってもらえたのなら、こちらもチェックしてみてください。 http://www.voicelessonstotheworld.com/
 
I'm Justin Stoney. We'll see you next time.
 
ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!
 

------

 

いかがでしたか?ご意見、ご質問はコメント欄にお願いします。次回はVLTTW翻訳Ep. 11 「緊張に打ち克つには」です。お楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は Justin Stoney 氏の許可の下、掲載しています。

 

------

 

ヴォーカルレッスンのお問い合わせ、お申込みはウェブサイトからどうぞ!

 

レッスン概要

Lesson | NY仕込みのボイトレ T.S.Music

 

お問い合わせ、お申込み

Contact | NY仕込みのボイトレ T.S.Music