Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 11「緊張に打ち克つには」【VLTTW翻訳】

Ep. 11 "Combatting Nerves"- Voice Lessons To The World
 
エピソード11「緊張に打ち克つには」
 
 
Hi everybody. My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.
 
みなさんこんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチングの創設者、ジャスティン・ストーニーです。
 
Welcome to Episode 11 of Voice Lessons to the World, the show we want to help you guys as singers by answering a question from all around the world.
 
ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード11へ!このショーでは、世界中のみなさんからの質問に答えることで、シンガーのみなさんを助けていきたいと思っています。
 
I'll give you a chance to ask questions later, but for now our question for the week comes from Peter E., in Appleton Wisconsin.
 
みなさんが質問する機会についてはあとで説明するとして、今週の質問はウィスコンシン州アップルトンのピーター・Eさんから来ています。
 
And Peter says, "Dear Justin, I've got a pretty good voice, but I'm always so nervous to sing in public. Do you have any advice?"
 
「声には自信があるのですが、人前で歌う時にすごく緊張してしまいます。なにかアドバイスはありますか?」
 
Well Peter thank you so much for bringing that up cuz I know a lot of people are wondering about this. What can we do as singers to reduce our nerves and increase our confidence when we're on stage?
 
ピーターさん、この話題を持ってきてくれてありがとうございます。これはたくさんの人が悩んでいることですからね。どうすればステージでの緊張を減らして、自信を増やせるのでしょうか?
 
I'm going to give you some tips today. The first couple might sound a little obvious, but I think they go overlooked a lot, and so I think it'd be good to talk about these.
 
今日はいくつかヒントを教えます。最初のいくつかはわかりきったことかと思いますが、見過ごされがちなので、話しておくのがいいと思います。
 
The first of them, is technique. Your vocal technique. A lot of people neglect their technique, and then when they get out on stage they don't have something reliable.
 
まず最初は、テクニックです。ヴォーカルテクニックのことです。テクニックのことを気にしない人は多くて、そういう人はステージに立った時に頼れるものがありません。
 
If you're doing your vocal technique exercises pretty much every day - if you're working with a voice teacher that can help you to do that - or if you're working on your own - it doesn't matter - you need to have a routine to train your vocal muscles, so that they know what to do when you get out on stage.
 
先生に付くか、自分で練習するかはどちらでも構わないのですが、もしテクニックの練習を毎日し、ヴォーカルの筋肉をルーティーンで鍛えていれば、ステージに立った時にその筋肉が役割を果たしてくれるでしょう。
 
If you sound pretty good most of the time and then you get in a nervous situation, you may not be able to rely on those muscles. But if you've been doing your technique, and you have something that you can count on, that right there is going to decrease the nerves big time, because your voice and those muscles are very reliable.
 
いつもはうまく歌えていたとしても、緊張する状況になれば、その筋肉に頼れないかもしれません。それでももしテクニックの練習をして、頼れる声と筋肉を持っていれば、緊張を大きく減らすことができるでしょう。
 
The second one also obvious but good to talk about: preparation.
 
次もわかりきったことですが、話しておいた方がいいことです。「準備」です。
 
Lot of people say, "oh yeah, it's, it's pretty good. I've got my performance down pretty well," and then they go out on stage and then they really don't.
 
「そうだね、いい感じだよ。パフォーマンスで何をしたらいいかよくわかってるよ」と言う人は多いですが、ステージに立った時に、うまくいきません。
 
You need to make sure that what song you're singing, you know the notes inside and out. There's no chance you're gonna miss a note. There's no chance you're gonna forget a word. You've got that thing down.
 
何を歌うのか、各音はどうなっているのか、確実に自分のものにする必要があります。音を間違えることがあり得ないようにしましょう。歌詞を忘れることもあり得ないようにしましょう。全てを落とし込むんです。
 
Make sure that you've prepared so well, that there's literally no chance that you could forget something.
 
何かを忘れてしまうことなどあり得ないくらいに、よく準備をするようにしましょう。
 
That also is gonna calm you down so you don't have to be thinking, "well what's coming next," when you're on stage.
 
そうすればステージに立った時に、「次はなんだっけ?」と思わずに済むので、落ち着いていられます。
 
The third one's a little less obvious. Breathing. Now, we all know to breathe. But, how do we breathe to calm ourselves down?
 
3つ目はあまり知られていないことです。呼吸です。私達はみな、呼吸の仕方を知っていますね。では、気持ちを落ち着かせるためには、どのように呼吸すればよいのでしょうか?
 
Everybody would think, "Well, if I need to breathe, I'm going to, take some deep breaths before I go out on stage," so we do - and we're sort of huffing and puffing backstage to try to make sure that we reduce our nerves.
 
「呼吸をすると言ったら、ステージに出る前に深呼吸をすればいいんでしょ」と思う人は多く、緊張を解くために舞台裏で息をハーハーさせることでしょう。
 
But one of the great secrets about breathing, is that the exhalation is the body's relaxation function. So I need to do a long exhale.
 
でも呼吸の重要なコツのひとつとして、呼気(息を吐くこと)に体をリラックスさせる機能がある、ということがあります。つまり長く吐くことが必要なんです。
 
That - will calm me down. Not this - that those deep breaths that we think, "Oh well I gotta do that to reduce my nerves," those are actually going to increase our anxiety.
 
これ(長い呼気)が落ち着かせてくれます。これ(激しい呼吸)ではありません。「そうだ、これをして緊張を取らなきゃ」と思って深呼吸をしても、実はこれが不安を増やすことになるんです。
 
You need to do a long, slow exhale if you're going to calm yourself down before you sing. Now the cool thing is singing itself is done on a long exhalation. So singing is done on the body's relaxation function.
 
歌う前に落ち着きたい時は、長くてゆったりとした息の吐き方をする必要があります。ちょうどいいことに、歌うこと自体が長く息を吐くことでなされますね。つまり歌うことには体をリラックスさせる機能があるということになります。
 
So if you want to reduce your nerves, make sure that you do you're practicing what you're about to do, before you go out on stage, not what you're not about to do, which is this: (exhales hard).
 
緊張を解きたければ、ステージに上がる前に、これからすること(長い呼気)を練習するようにしましょう。これ(強く吐く)ではありません。
 
So, the next thing, is acting while you sing. Doesn't matter if you're a musical theatre singer, or an opera singer, pop, rock - every style of music - you need to be somewhat of an actor when you sing.
 
次は、歌う時の演技についてです。ミュージカルだろうが、オペラだろうが、ポップ・ロック、その他のどのスタイルだろうが、歌う時にはいくらか演技をする必要があります。
 
Every style needs to communicate a message, to communicate the lyric, and if you can focus on that you're going to be a lot less nervous.
 
どのスタイルでも、メッセージや歌詞を伝えることが必要で、それに集中できればかなり緊張を少なくできるでしょう。
 
If you focus on your sound, you're constantly judging, you're constantly trying to make it sound right, you're constantly hoping for your best possible sounds and your ear is too active.
 
もし声に集中してしまうと、正しい音を取ろう、出来るだけいい声になってほしい、と常にそれを判断してしまい、耳が過敏になってしまいます。
 
When you perform you want to be communicating the message, you wanna be conveying perhaps an emotion depending on the situation.
 
パフォーマンスをする時は、メッセージを伝えたり、場合によっては感情を伝えたりしたいですよね。
 
But you want to focus on communicating the lyric, and not thinking about how you sound. So become an actor when you sing, if you want to reduce the nerves, and not be focused on your voice so much.
 
どういう風に聴こえているかより、歌詞を伝えることに集中したいものです。歌う時に緊張を減らして、声に集中するのを避けたければ、役者になりましょう。
 
And then one more thing about changing your mindset. Don't go to impress. Nobody in the audience wants you to try to impress them.
 
そしてもうひとつ、変えたい考え方があります。感動を押し付けるのをやめましょう。お客さんは誰も感動を押し付けられたくないものです。
 
When you go to see a show you don't sit in the audience thinking, "well boy I really hope somebody really impresses me," you're there to have a good time.
 
お客さんとしてショーを見に行って座っている時に、「あー、マジで誰か感動させてくれないかな」とは考えないでしょう。その場を楽しみたいと思っているはずです。
 
If you see a concert same thing, you don't say, "Well I want them to impress." You say, "Well I wanna see my favorite band, I wanna see my favorite singer. I wanna see them up there having a good time and I want to have a good time too."
 
コンサートを見に行く時も同じはずで、「感動させてほしいな」とは思わないでしょう。「大好きなバンド、歌手を見に来たんだ。演者がコンサートを楽しんでいるところを見たいし、私も楽しみたいな」と思うのではないでしょうか。
 
There's rarely an instance where everybody's there too see whether you're going to impress them or not. Yet when we go out on stage usually we think, "Oh...everybody's wanting me to impress them." So we've got the whole wrong mindset.
 
その場の誰もが演者が感動を与えてくれるかどうかを期待していることなんて滅多にありません。それでもステージに上がる時、私達は「あー… みんな感動させてほしいと思ってるんだ…」と、全く間違った考えを持ってしまいます。
 
We're trying to be good enough for our audience, when the audience themselves is not really thinking that way.
 
観客のために良いパフォーマンスをしようとしすぎている一方、向こうはそんな風には到底思っていないのです。
 
So if you can think, "My audience wants me to have a good time. I wanna show my audience a good time." Then, you've got the right mindset.
 
ですから「お客さんは私に楽しんでほしいんだ。お客さんに楽しい時間を見せたいな」と思えれば、それが正しい考え方だと言えるでしょう。
 
You're not going in there with a judgmental thinking. You're going in there with an entertainment mindset, which is going to be much more helpful, in reducing your nerves. 
 
評価を気にしてステージに上がるのではいけません。エンターテイメントの考え方で行けば、それが緊張を減らすのに大きく役立つでしょう。
 
So you wanna work out your technique. You wanna' have something solid that you can rely on. You wanna' make sure your music, your words, your melody, everything you're gonna do, has been totally prepared.
 
まとめます。テクニックの練習をしましょう。頼れる確かなものを持つことです。曲も、歌詞も、メロディーも、全てやることはよく準備されているようにしましょう。
 
You wanna' make sure that before the performance you can get in touch with your long, slow exhale. Let it be long. Let it be easy. Don't huff and puff.
 
パフォーマンスの前には長く、ゆったりとした呼気を心がけましょう。長く、楽にするようにして、ハーハー言うのは避けましょう。
 
Then, you wanna make sure you communicate those lyrics, you wanna' make sure that you're an actor, and then don't impress anybody. Get the focus off of that.
 
そして、歌詞が伝わるようにして、役者になり、感動を押し付けないようにしましょう。そこにフォーカスを合わせないようにしましょう。
 
And I betcha Peter, and everybody else, if you can follow those things, you're being way less nervous when you have to perform in public.
 
ピーターさん、みなさん、これらのことを実践すれば、人前でのパフォーマンスでも緊張をずっと減らすことができるでしょう。
 
So I hope that's been helpful for you guys today as singers. If you've got questions that you wanna see as answer on the show, you can send an email to: questions@voicelessonstotheworld.com.
 
今回の内容がシンガーのみなさんの手助けになっていれば嬉しいです。もし質問がある場合は、こちらにメールしてください。
 
So we just encourage you guys not to lose the joy, don't lose the passion. Never let anybody tell you you can't sing, cause' you know that's not true.
 
歌う喜びと情熱を失わないでください。あなたは歌うべきではない、とは誰にも言わせないでください。それが本当のことでないと、あなたは知っているはずです。
 
And if you're nervous, just go ahead and push through those nerves any way because it's the only way. You gotta' just out there and don't let those nerves stop you.
 
もし緊張してしまっても、それはどこかに追いやってしまって、とにかくやりましょう。それしかないですから。とにかく出て行って、緊張にあなたを止めさせないことです。
 
We encourage you to get with a great voice teacher in your area. If your in New York City, you can check out: www.newyorkvocalcoaching.com.
 
あなたの地域の信頼できる先生に付いていきましょう。もしニューヨークにいるのなら、私達のウェブサイトをチェックしてみてください。 http://www.newyorkvocalcoaching.com/
 
And if you like these videos, you can visit: www.voicelessonstotheworld.com.
 
もし動画を気に入ってもらえたのなら、こちらもチェックしてみてください。 http://www.voicelessonstotheworld.com/
 
I'm Justin Stoney. We'll see you next time.
 
ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!
 

------

 

いかがでしたか?ご意見、ご質問はコメント欄にお願いします。次回はVLTTW翻訳Ep. 12 「声の裏返り」です。お楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は Justin Stoney 氏の許可の下、掲載しています。

 

------

 

ヴォーカルレッスンのお問い合わせ、お申込みはウェブサイトからどうぞ!

 

レッスン概要

Lesson | NY仕込みのボイトレ T.S.Music

 

お問い合わせ、お申込み

Contact | NY仕込みのボイトレ T.S.Music