Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 12「声の裏返り」【VLTTW翻訳】

Ep. 12 "Cracking"- Voice Lessons To The World
 
エピソード12「声の裏返り」
 
Hi everybody. My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.
 
みなさんこんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチングの創設者、ジャスティン・ストーニーです。
 
Welcome to Episode 12 of Voice Lessons to the World, the show we want to help you guys by answering your questions on singing from all over the world.
 
ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード12へ!このショーでは、世界中のみなさんからの質問に答えることで、シンガーのみなさんを助けていきたいと思っています。
 
I'll give you a chance to ask questions later. But our question for the week comes from Tory G. in Utah.
 
みなさんが質問する機会についてはあとで説明するとして、今週の質問はユタ州のトリー・Gさんから来ています。
 
And Tori writes, "Dear Justin, Do you have any advice on preventing cracking?"
 
「声が裏返らないようにしたいのですが、アドバイスはありますか?」
 
That's a great question, Tori. And I think that a lot of people are going to want to know about cracking. And the first thing I want to tell you before I tell you some ways to not to crack, I wanna first tell you that cracking is actually a great thing.
 
トリーさん、素晴らしい質問ですよ。声の裏返りに関して知りたい人は多いと思います。裏返らない方法を教える前にまず最初に伝えたいことは、実は裏返りは素晴らしいことだ、ということです。
 
Now obviously we don't want our voices to crack in the middle of the performance or something like that. But let me tell you why cracking is actually a great thing.
 
パフォーマンスなどをしている最中に声が裏返ってしまうのを避けたいのは明らかですね。それでもなぜ裏返りが素晴らしいことなのか、説明させてください。
 
The first reason is that you voice needs to crack. If it didn't crack you would actually hurt it. Because we're trying to balance the force on the vocal cords, the compression, on the vocal cords... (I'll get to that in a minute.) 
 
まず第一に、声が裏返ることは必要なことだということです。もし裏返らないとしたら、声を傷つけてしまうことになるでしょう。声帯の力、つまりコンプレッションのバランスを保ちたいからです(これに関してはあとで説明します)。
 
But if you were not able to relieve that pressure - to crack - your voice would actually get hurt many more times than it does because it can’t let go and crack. So that one thing is to protect your voice.
 
もしその圧力を和らげられないと - 裏返らないと - 解放して裏返せる状態よりも、より多く声を傷つけることになってしまうことになります。一つ目は声を守ることでした。
 
The second thing is for developing your mix I want you guys - singers out there - that are practicing a lot, working on your voices to know that if you're not cracking a lot of times in your technique you're probably not working on the mix correctly - because you've got to be able to crack as you're working.
 
二つ目はミックスヴォイスを育てていくためです。たくさん練習をして声を鍛えているシンガーのみなさんに知っておいてほしいことですが、テクニックの練習の時に何回も声が裏返っていないとしたら、おそらく正しくミックスの練習が出来ているとは言えないでしょう。練習をしている時は裏返ることができる必要があるからです。
 
You need to get to the place where the voice wants to crack, and work through that territory if you're going to develop a great mix.
 
素晴らしいミックスを育てたければ、声が裏返りたくなるようなところまで行って、その声域を鍛える必要があります。
 
So cracking is a necessary part to your vocal progress. You got to be in the area where it wants to crack and crack and crack a bunch of times if you wanna see progress. So cracking is also a big part of your technical development.
 
つまり、声を良くしていくためには裏返りは必須だということです。成長を感じたければ、裏返りたくなる声域まで行って何度も何度も裏返る必要があります。ですから、裏返りはテクニックの成長に重要な要素のひとつでもあります。
 
So now we don't want to really crack all the time. So how are we going to prevent it? Let's talk about compression.
 
では本題に戻りましょう。いつでも裏返るようでは困りますね。どうやったらこれを防げるんでしょうか?コンプレッションについて話しましょう。
 
Compression is the means by which you're going to find the ability to not crack. If your chords come together really really hard like this - this is a lot of compression. It’s too much force.
 
コンプレッションは声が裏返らないようにする能力を作るための方法です。例えば(ガリガリした声色で)声帯をすごくしっかり寄せ集めると、これはコンプレッションがとても強い状態です。強過ぎますね。
 
But then - this is the opposite of compression. I have air leakage through my vocal chords.
 
でもこれは(息混じりの声で)コンプレッションの反対です。声帯の間を息が漏れていきます。
 
But if I come together clean and solid a little bit of compression it sounds like a clear sound.
 
もし声帯を寄せ集め、クリーンでしっかりした、少しのコンプレッションを使った状態にすれば、はっきりとした声になりますね。
 
Now as I go higher, my cords are getting tighter they're lengthening out but they also have a tendency to come apart and to relieve the compression.
 
そして声域を上げていくにつれて、声帯は張って長くなっていきますが、それと同時に声帯同士はコンプレッションを和らげるために離れる傾向があります。
 
And it becomes a balance of how much compression we're going to use as we go higher.
 
声域が上がるにつれてどれくらいのコンプレッションを使うかのバランスが問題になってきます。
 
If you use none - your voice will go - into complete head voice way earlier than you want.
 
コンプレッションを全く使わないと、(裏返って)求めるよりもずっと早く完全にヘッドヴォイスのほうに行ってしまいます。
 
If you use too much you're going to be straining and gripping the cords.
 
コンプレッションを使い過ぎると声帯を緊張させて締め付けてしまいます。
 
So as we go higher, what we need, Tory, and all singers, is to develop the ability to find gradations of compression.
 
トリーさん、みなさん、声域が上がるにつれてすべきことは、コンプレッションの段階的な変化ができる能力を養うことなんです。
 
Not to much, not too little, but just right, and to fine-tune that as we go through our range. So that's something that you're gonna get.
 
多過ぎず、少な過ぎず、ちょうどいいところを見つけて、声域を移動するにつれて微調整していくことです。この調整力を身につけましょう。
 
And again, if you don't crack a little bit, you're not gonna find the head voice side of things, and if you
don't ever strain actually you're not going to find the balanced compression.
 
もう一度言いますが、裏返るのを拒んでいると、ヘッドヴォイス寄りの声を見つけることはできないし、逆に締め付けるのを拒んでいると、バランスのとれたコンプレッションは見つけられないでしょう。
 
We don't want strain we don't want cracking. But we've got a have both of them to find that middle.
 
声を締め付けたくはないし、裏返りたくもないですね。でもその中間を見つけるためには、両方がなければなりません。
 
So I'm gonna give you a compression exercise. Your goal is not to squeeze it, and your goal is not to crack. Your goal is to find something right in between.
 
それでは、コンプレッションの練習をしましょう。目標は、声を締め付けず、裏返りもせず、その間のちょうどいいところを見つけることです。
 
But I'm gonna give you a pretty hard consonant as we talked about before, to give you a little bit of that compression.
 
今まで話してきたように、コンプレッションを少し加える強い子音で練習しましょう。
 
Try this sound for me just say, "Gig gig gig gig gig." Try that out. Now that's good.
 
このサウンドを試してみてください。「ギッギッギッギッギッグ」どうぞ。いいですね。
 
Now compare that feeling to this feeling, just say, "who-hoo-hoo." It's good.
 
では今の感じとこの感じを比べてみてください。「フーフーフー」いいでしょう。
 
Now you feel that the "gig gig gig" versus the "who hoo hoo," "gig gig gig gig" gives you a little bit of a sort of tighter feeling on the cords. Not a strain.
 
「ギッギッギッグ」と「フーフーフー」では、「ギッギッギッグ」の方が声帯が閉まっている感じがすると思います。締め付けではありません。
 
It's a big difference, a more compressed feeling. One more time with, "who hoo hoo." And now give me a, "gig gig gig." It's good.
 
これは大きな違いで、声帯がより集まっている感じです。もう一回言ってみましょう「フーフーフー」今度は「ギッギッギッグ」いいですね。
 
So you can feel that that's a little bit of a more compressed sound, the "gig."
 
「ギッグ」の方が少しコンプレッションの強いサウンドなのが感じられたでしょう。
 
Now we're going to put this on pitches. This exercise you probably be able to take higher without cracking than something like a" who" or something else.
 
これにピッチを付けていきます。この練習ではおそらく「フー」などの音に比べて声が裏返らずに高い声が出せるでしょう。
 
So this is giving you a chance to balance your compression and reduce the amount of cracking.
 
この練習がコンプレッションのバランスを取ってくれて、声が裏返る回数を減らしてくれるでしょう。
 
So, guys are going to be down here. "Gig gig gig gig." And ladies up here, "gig gig gig gig."
 
男性は下で「ギッギッギッグ」女性は上で「ギッギッギッグ」です。
 
And again, we're going to go all the way up. You're not going to strain it, gonna try to not crack, you're gonna let the "gig gig" take care of your work for you. So here we go.
 
上の方の声域まで行ってみましょう。締め付けないように、できるだけ裏返らないように、「ギッギッグ」があなたの頑張りを助けてくれるようにしましょう。それでは行きます。
 
(Exercise)
 
Nice job. So some of you might be able to go even higher than that and some of you might have been cracking already.
 
素晴らしい!思ったより高い声が出せた人もいるだろうし、もう裏返ってしまっている人もいるでしょう。
 
But that hard consonant and that sense of light compression, a light feeling of the vocal cords coming together not being too separate, not being too gripped, that's going to help you to find a balance and not crack as you go higher.
 
でもこの強い子音と少しのコンプレッション - 声帯が離れ過ぎず、きつくなり過ぎず、軽く集まっている感じ - が、高い声域に行くにつれて裏返らないようにするバランスを見つけるのを助けてくれるでしょう。
 
That is actually one way of accessing the mix. So that's compression for you I just want to throw one more thing in there about cracking.
 
これがミックスを手に入れるための一つの方法です。ここまでコンプレッションのことを話しましたが、もう一つ裏返りに関することをお伝えしたいと思います。
 
You also want to make sure that your breath support is intact. We talked about that in the past.
 
それは、息の支えが損なわれないようにすることです。以前にも話したことですね。
 
Okay, so you want to make sure you're breathing is down here - and not up here - because if you slam the air - the cords are going to say, "You know what I just can't deal with all this air that you're throwing at me. I'm gonna have to get out of the way of all that air."
 
上の方(肩)ではなく、下の方(腹)で呼吸するようにしましょう。もしたくさん息をぶつけてしまったら、声帯は「こんなに息をぶつけられたら耐えられないよ。息を全部出してあげないと」となるでしょう。
 
So if you're over breathing, if you're pushing the volume, if you're getting louder as you go higher, the cords aren't going to like that. They might strain up and keep you from cracking for awhile.
 
息を出し入れし過ぎたり、声を押し出したり、高くなるにしたがって声を大きくしたりするのを、声帯は好みません。声帯は自分達を締め付けて、しばらく裏返らないようにしてくれるかもしれません。
 
But eventually the compression is going to be too much, the air is going to be too much, they're going to get out of the way.
 
でもそのうちコンプレッションは強すぎるようになって、息は多くなりすぎて、結果として急に押し出されることになります(裏返る)。
 
So you need to get the air deep in the body and you need to make sure you have a steady kind of breath. Don't slam that air or else you're probably going to crack more.
 
ですから息は体の奥深くに保って、息は一定に吐くようにする必要があります。息を押し出さないようにしないと、もっと裏返ってしまうことになりますよ。
 
So think about compression, do some compression exercises to get the light closure and the balance closure. Know that breathing is a factor as you work on this.
 
コンプレッションのことを理解して、軽くバランスの取れた声帯閉鎖ができるように、練習をしましょう。そして呼吸も大事な要素だと覚えておきましょう。
 
And then finally, like I say, cracking is a good thing. It protects your voice. It's just your cords going to a headier recipe than you wanted them to.
 
そして最後に確認ですが、声の裏返りは良いこと、でしたね。声を守ってくれます。裏返りというのは、あなたが望むよりも声帯がヘッドの方面に行っているだけです。
 
You need to have it for protection and you need to have it a bunch of times when you're working out your voice if you're not cracking and you're only straining you're only working one side of things.
 
声を守るためにこれは必要だし、練習をする際には何度も裏返る必要があります。もし裏返らないで締め付けることばかりをしていると、片方のことだけを練習していることになりますよ。
 
Don't be afraid to crack when you're practicing. When you're in front of your voice teacher, when you're at home.
 
練習の際には裏返りを恐れないでください。先生の前でも、自宅で練習している時でもです。
 
The only place we don't want you cracking is out on stage. So do a lot of cracking before you get there.
 
声が裏返って欲しくないのはステージ上だけですから、そこに上がるまではたくさん声を裏返しましょう。
 
So I hope that's been helpful for you guys today. If you have questions you want to see us answer on the show you can send an
 
今回の内容がシンガーのみなさんの手助けになっていれば嬉しいです。もし質問がある場合は、こちらにメールしてください。
 
And we just encourage you guys to just keep practicing even if you're cracking a lot, go right on through there. Don't lose the joy. Don't lose the passion. Don't let people tell you can't sing, because we all know that's just not true.
 
声がたくさん裏返ったとしても、逃げずに練習し続けましょう。歌う喜びと情熱を失わないでください。あなたは歌うべきではない、とは誰にも言わせないでください。それが本当のことでないと、私達は皆知っています。
 
If you guys are in New York City we encourage you to check out our website at: www.NewYorkVocalCoaching.com. Get with a great voice teacher in your area.
 
もしニューヨークにいるのなら、私達のウェブサイトをチェックしてみてください。 http://www.newyorkvocalcoaching.com/ あなたの地域の信頼できる先生に付いていきましょう。
 
If you guys like these videos you can check out: www.VoiceLessonsToTheWorld.com.
 
もし動画を気に入ってもらえたのなら、こちらもチェックしてみてください。 http://www.voicelessonstotheworld.com/
 
I'm Justin Stoney. We'll see you next time.
 
ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!
 
 

------

 

いかがでしたか?ご意見、ご質問はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は Justin Stoney 氏の許可の下、掲載しています。

 

------

 

ヴォーカルレッスンのお問い合わせ、お申込みはウェブサイトからどうぞ!

 

レッスン概要

Lesson | NY仕込みのボイトレ T.S.Music

 

お問い合わせ、お申込み

Contact | NY仕込みのボイトレ T.S.Music