Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep.13「健康的なベルティング」【VLTTW翻訳】

Ep. 13 "Healthy Belting" - Voice Lessons To The World
 
エピソード13「健康的なベルティング」

www.youtube.com

 

Hi everybody. My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.


みなさんこんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチングの創設者、ジャスティン・ストーニーです。


Welcome to Episode 13 of Voice Lessons To The World, the show where we want to answer your questions about singing from all over the world.


ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード13へ!このショーでは世界中のみなさんからの歌うことに関する質問に答えていきたいと思っています。


And I'll give you a chance to ask questions later, but our question for this week comes from Nicole D. in Newcastle Australia.


みなさんが質問する機会についてはあとで説明するとして、今週の質問はオーストリアニューキャッスルのニコル・Dさんから来ています。


And Nicole writes, "Dear Justin, I'm classically trained and I've always been told that belting is not healthy and that I shouldn't do it or else I'll damage my voice. Is this true?"


「今まで声楽を習ってきたのですが、ベルティング* は不健康で避けるべきで、そうでないと声を痛めることになると教わってきました。これは本当ですか?」


*ベルティング チェストヴォイスの力強いクオリティをミックスヴォイスの音域まで用いていく唱法のこと。


Well Nicole, that's a hot topic and thank you for asking that. It's a great question. Let me just tell you simply. No! No you don't have to be afraid of belting.


ニコルさん、これはホットな話題ですね。聞いてくれてありがとうございます。素晴らしい質問です。シンプルに言わせてください。ノー!ベルティングを恐れる必要はありません。


It's not necessarily going to hurt your voice. There's nothing about belting that's necessarily damaging and is going to cause you to hurt your voice. That's kind of a myth that's been floating around for a long time.


ベルティングをすると声を痛めるというわけではありません。こういった考えは長い間広まっていた俗説に過ぎません。


Let's talk first about why people say this. So the first reason, is that it's a thicker, more athletic coordination. This is true.


まずはどうしてそのように言われているのかについて話しましょう。最初の理由は、ベルティングは厚くて、より力強い声の使い方だということです。たしかにこれは事実です。


It is a heavier mechanism there's more vocal cords coming together in a thicker stronger way. That's what gives it that powerful sound, that's what gives it that sometimes "yelly" sound although we don't really want that.


ベルティングは重い声の仕組みで、声帯は通常より厚く、力強く、中央に集まっています。この仕組みが力強いサウンドを生み出していて、それが時々「叫ぶ」ような印象を与えます(「叫ぶ」ことは望まないのですが)。


But we have a more of a belt quality when more of our vocal cords come together in that thick coordination.


声帯をより集めて厚い使い方をすることで、ベルトの性質をより持つことができます。


So it's kind of like strength training. if i'm going to go workout I could lift weights at the gym and somebody might tell me, "Op well you don't want to lift weights, Justin, because that's going to hurt you. You could really hurt yourself lifting weights."


これは筋トレのようなものです。ジムに行ってウェイトを持ち上げている時に、「ジャスティン、ウェイトはやらない方がいいよ。怪我をするから。ウェイトリフティングをしたらマジで怪我をするよ。」と言う人がいるかもしれません。


And yes you could, but you don't have to, if you know how to do it healthfully. Same thing with belting. 


確かに怪我をする可能性はありますが、安全なやり方を知っていれば怪我をしなくても済みます。ベルティングも同じことです。


Similarly though, I could work on my flexibility, vocally or athletically, and I could hurt myself doing that, too. I could stretch too much. I could overdo my flexibility to the point where I hurt myself.


また同様に、ヴォーカルでも体でも、柔軟性を高めるトレーニングをすることもできますが、やり過ぎれば(声や体を)痛めてしまいます。柔軟性のトレーニングをし過ぎて、痛めてしまうところまでいってしまうことはあります。


So there's nothing inherently bad or good about a stronger coordination or a more flexible coordination. They're just different kinds of physical usages.


つまり、より力強い声の使い方もより柔軟な声の使い方も、本質的によいとか悪いとかいうことはないんです。体の使い方の種類が違うだけです。


So belting is a little bit more of a strong one. But it's not necessarily a damaging or harmful one. But that's one reason why people say that it's unhealthy. Because it's a little bit more athletic. But we want to do it well.


ベルティングはより力強い方の歌い方ですが、必ずしも声を痛めたり悪くしたりするものではありません。でもこれが不健康な歌い方だと言う人がいるのは、通常より力強い歌い方だからです。いい感じにできるようにしたいですね。


Another reason people say this is because of a stylistic misunderstanding. Some people say, "Well classical singing, that's the healthy kind of singing, and then contemporary music, that's not so healthy - that's just - people are just, you know, yelling it out there." And that's not true either.


ベルティングが不健康だと言われているもう一つの理由は、スタイルに関する誤解からきています。「クラシカル(クラシック)の歌い方は健康な歌い方で、現代的な(ポピュラーミュージックの)歌い方は、あまり健康的じゃないよね。ほら、みんな叫んでいるでしょ?」と言う人もいますが、これも事実ではありません。


There's an equal amount of people that get hurt singing classical music as do singing pop rock music and you can really develop a healthy technique for singing classically or singing any other style.


クラシカル音楽でも、ポップ、ロック音楽でも、同じくらいの割合で声を痛める人がいますし、その一方でクラシカルでも他のどんなスタイルでも、健康的なテクニックを育てていくこともできます。


So we don't want to say that, you know, belting is unhealthy because it's not a traditional style. That - that would be a big mistake.


ですから、伝統的な唱法ではないからベルティングは不健康だ、とは言いたくないのです。それは大きな間違いですから。


And then finally, there's a misunderstanding about what belting is. You could push your full chest voice up and be in a belt all the time.


そして最後に、ベルティングとは何であるかについての誤解があります。いつもチェストヴォイスを持ち上げてベルトすることもできてしまうからです。


But most really great belters are not just using chest voice all the time. They're not just carrying weight up there all that all day. That would be like yelling. So a great Belter knows how to switch gears into a mix and that's our next point.


でも、ほとんどの素晴らしいベルターはいつもチェストヴォイスを使っているわけではありません。いつでも単にウェイトを持ち上げているわけではないのです。それでは叫んでいる感じになってしまいます。素晴らしいベルターはミックスにギアを変えていくやり方を知っています。これが次に話すことのポイントです。


So as we move up registrationally, we start with chest voice but then hopefully we go to a chest dominant mix, and then to a mix, and then to a head dominant mix, and then to a head voice.


声域が上がるにつれて、チェストヴォイスから始まり、チェストドミナントミックス*、ミックス、ヘッドドミナントミックス*、そしてヘッドヴォイスへと移っていけるのが理想です。


*チェストドミナントミックス・ヘッドドミナントミックス
それぞれチェストの要素が強いミックスヴォイス、ヘッドの要素が強いミックスヴォイスのこと


If we know how to switch gears with the voice, then we're not just belting all the time, even though we we can make belty qualities.


声のギアの切り替え方を知っていれば、いつでもベルティングをしなくてもいいし、ベルトの性質を使うこともできます。


And what I want to do is show you kind of what i mean by the difference between a full chest voice and then a mixed chest voice. Something that sounds belty, but is not belty, to show you a healthier way to do a belty sound.


今言ったことがどういう意味なのか、フルチェストヴォイス*とミックスドチェストヴォイス*の違いをお見せして説明したい思います。ベルティーに聴こえるけれどもベルティーではない、健康的なベルティングのやり方をお見せします。


*フルチェストヴォイス・ミックスドチェストヴォイス
前者が100%のチェストヴォイス、後者は上記のチェストドミナントミックスのこと


So if I take, "Hey Jude" by the Beatles, and I have, "Hey Jude - don't make it bad. Take a sad song and make it better."


ザ・ビートルズの「ヘイ・ジュード」を例に取ってみましょう。(歌)"Hey Jude - don't make it bad. Take a sad song and make it better."


Now I used some head resonance in my chest voice there. "Take a sad song - sad song and make it better."


今のはチェストヴォイスにいくらかヘッドの響きを使いました。(歌)"Take a sad song - sad song and make it better."


Now if i do it without, "Hey Jude don't make it bad. Take a sad song and make it better."


もし使わないと、(歌) "Hey Jude don't make it bad. Take a sad song and make it better." となります。


That was more chest voice, "sad song" that's chest. "Sad song," I added some head resonance, "sad song - sad song - sad song - sad song"


よりチェストヴォイス寄りですね。(歌)"sad song" これはチェストです。 "Sad song," 今度はヘッドの響きを加えました。(比較して)"sad song - sad song - sad song - sad song"


There's different ways that I can make a strong sound up top. And if i have the option, if I have developed different mixes with my voice, I can sometimes choose the stronger one if I want that for effect.


このように、高い声域での力強い声の出し方はいくつかあります。こういった違うタイプのミックスをオプションとして持っていれば、曲の雰囲気に応じて力強い方を選んだりできます。


Or I could do the one that has some head resonance blended in and that's going to give my voice a little bit more flexibility and protection.


それかヘッドの響きを少し混ぜた方を使うこともできて、それなら声に柔軟性加わり、安全な声の出し方になります。


So great belters don't just push their chest voices up there all the time. If they did maybe that would be unhealthy but that's not actually how it's done when it's done well.


素晴らしいベルターはいつもチェストヴォイスを押し上げているわけではない、ということです。もしそれをしていたらおそらく不健康なことですが、うまく歌えているときはそうはなっていないものです。


So then let's talk about some things to watch out for so that you can develop a healthy chest voice that doesn't hurt you and a healthy belt that doesn't hurt you.


それでは、健康的で声を痛めないチェストヴォイスやベルトを作っていくために気をつけることに関して、いくつか話しましょう。


The first one is that, that I just said. Develop a mix. Work to get head resonance into your middle voice and into your chest voice so that you can switch gears if you need to.


まず最初に、先ほど言ったことですが、ミックスを育てましょう。必要なときにギアを変えられるように、ミドルヴォイスやチェストヴォイスにヘッドの響きを加えていきましょう。


Next is, you want to make sure that you don't go louder. So many belters that are not so successful and may be hurting their voices are getting louder and louder and louder as they go higher. That's not great belting. You want to make sure that you can keep it even.


次に、声を大きくしていかないことです。うまく声が出せないで痛めてしまうベルターは、高い声に行くにつれてどんどん声を大きくしてしまいます。それは良いベルティングではありません。声の大きさを一定に保つようにしましょう。


And similarly you want to make sure that you can keep an even breath. You don't want to push more air to go higher and higher because then the cords are going to have to get tighter to hold that back, and then that tension along with the thickness is probably going to cause you some wear and tear, and then that is a place where belting can become unhealthy for you.


同様に、息の量も一定に保ちましょう。高くなるにつれて息を多く押し出したりしたくないのは、それだと声帯が閉まって息を止めようとしてしまい、声帯の厚さを伴った緊張状態が声帯を痛めてしまうからで、そこまで来てしまうとベルティングは不健康なことになってしまいます。


And then finally, don't belt all the time. Make sure that most of the time you do switch gears into that mix and pick the full belt as a sort of spice in the seasoning of what you're doing.


そして最後に、ベルトだけしかしないのはダメですよ。ほとんどの場合ではちゃんとギアを変えてミックスに行くようにして、一味スパイスを加えたい時にフルベルト* を選ぶようにしてください。


*フルベルト
ここではフルチェストヴォイスや強めのチェストドミナントミックスのこと


Don't just be belting all the time because then you're going to give belting a bad name and make people think that it is unhealthy, which Nicole, and everyone, is really not true. You can find a way to have a healthy belt and a mixed coordination for your belting.


ベルティングだけしかしないことのないようにしましょう。ベルティングという唱法の評価を下げて、みんなこれが不健康なことだと思うようになってしまいますから。ニコルさん、みなさん、それは事実ではないですね。健康なベルトやミックスの使い方は見つけていくことができるものですから。


So I hope that's been helpful for you guys as singers. If you have questions that you want to see us answer on the show you can send an email to: Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.


今回の内容がシンガーのみなさんの手助けになっていれば嬉しいです。もし質問がある場合は、こちらにメールしてください。
Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com


We just encourage you to keep practicing. Don't let people tell you that you can't sing or that you can't belt because you're going to hurt yourself. Make sure that you're working on the right stuff, the right technique. Don't lose the joy, don't lose the passion.


練習をし続けましょう。あなたは歌うべきではない、ベルティングは声を痛めるからするべきではない、とは誰にも言わせないでください。正しい内容とテクニックで練習しましょう。歌う喜びと情熱を失わないでください。


Find a great voice teacher in your area that can help you with that. Or if you guys are in New York City you can check us out at: www.NewYorkVocalCoaching.com.


それを助けてくれるような素晴らしい先生をあなたの地域で見つけてください。もしニューヨークにいるのなら、私達のウェブサイトをチェックしてみてください。 http://www.newyorkvocalcoaching.com/


And if you like these videos, you can visit: www.VoiceLessonsToTheWorld.com.


もし動画を気に入ってもらえたのなら、こちらもチェックしてみてください。 http://www.voicelessonstotheworld.com/


I'm Justin Stoney. See you next time.


ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!
 

 

------

 

いかがでしたか?ご意見、ご質問はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は Justin Stoney 氏の許可の下、掲載しています。

 

------

 

ヴォーカルレッスンのお問い合わせ、お申込みはウェブサイトからどうぞ!

 

レッスン概要

Lesson | NY仕込みのボイトレ T.S.Music

 

お問い合わせ、お申込み

Contact | NY仕込みのボイトレ T.S.Music