Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 14「かっこつけたいティーンエイジャー」【VLTTW翻訳】

Ep. 14 "Cool Teenagers" - Voice Lessons To The World
 
エピソード14「かっこつけたいティーンエイジャー」

www.youtube.com

 
Hi everybody. My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York vocal coaching here in New York City.
 
みなさんこんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチングの創設者、ジャスティン・ストーニーです。
 
Welcome to Episode 14 of Voice Lessons To The World, the show we want to help you guys as singers by answering your questions on singing from all over the world.
 
ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード14へ!このショーでは、世界中のみなさんからの質問に答えることで、シンガーのみなさんを助けていきたいと思っています。
 
I'll give you a chance to ask questions later, but our question for the week comes from Adrian S. in East Lansing, Michigan.
 
みなさんが質問する機会についてはあとで説明するとして、今週の質問はミシガン州イースト・ランシングのエイドリアン・Sさんから来ています。
 
And Adrian writes, "Dear Justin, I'm a voice teacher, and I have a lot of young male teenage singers whose voices have just changed and who have a lot of problems singing high notes. Their ranges are very small. Is this physical, or is this mental?"
 
「私はヴォイス・ティーチャーで、たくさんの少年シンガーを教えているのですが、声変わりをしたばかりで高い声を歌うのに問題を抱えている子が多く、声域も狭いです。これは身体的なものなのでしょうか、それとも精神的なものなのでしょうか?」
 
That's awesome, Adrian. Congrats on being a voice teacher and you know I love that and... Teenage guys have notoriously a lot of problems with their voices, there's a lot of cracking going on at that age and a lot of crazy stuff is, is happening.
 
エイドリアンさん、素晴らしい質問です。ヴォイス・ティーチャーであることは喜ばしいことですね。私もそのことを嬉しく思います。ティーンエイジの少年はたくさんの問題を抱えやすいと知られていて、声が度々裏返ったりするなど、たくさんのおかしなことがその時期に起こります。
 
And we'll talk about that and hopefully find some stuff that can be helpful for people of all ages, but... um...your question, "is it physical or is it mental," It's actually both for teenage guys and um... Let's first talk about why it's physical.
 
このことについてこれから話していって、どの年齢の人でも役に立つようなことを見つけられたらと思いますが、まずあなたの質問の「身体的か精神的か」について言うと、ティーンエイジの少年にとっては両方であると思います。まず身体的なことから話しましょう。
 
The larynx, when you're a teenager, and when you're a really young person, is not as developed as it is when you get older.
 
喉頭は、ティーンエイジャーや本当に幼い時、大人になった時よりもまだ十分に育っていません。
 
One of the reasons is that it's made up of cartilage and cartilage that thickens over time. It calcifies and thickens. So when you're a teenage boy, it's very much not thickened as much as it will be. So you don't have as great of laryngeal stability as you're gonna have.
 
その理由の一つは、喉頭は軟骨組織でできていて、時間とともに厚くなっていくからです。石灰化して厚くなっていくんです。ティーンエイジの少年の時は、まだ厚くなっていく途中で、喉頭の安定性も大人よりも少ないということです。
 
So that's one reason that teenage guys have so many cracking problems and also such a limited range sometimes. It's just that lack of stability.
 
これがティーンエイジの少年がよく声を裏返したり、時に声域が狭かったりすることの一つの要因です。まだ十分に安定していないんです。
 
Also at that age, you know the muscles aren't as developed. You know there's a huge difference between say... a college freshman who's like nineteen, and you know maybe a thirteen year old boy that we're talking about here in terms of muscularity.
 
またその年代だと、筋力はまだ未発達ですね。19歳くらいの大学生と、13歳くらいの少年では筋力に関して言えば大きな違いがあります。
 
Typically very, very thin, and not very muscular whereas in a few years there's a lot more musculature.
 
とても痩せていてそれほど筋力がないのが普通ですが、数年もすればずっと筋力が付きます。
 
Same thing is going to be true for the vocal muscles. So when we're talking about an age, where you had, you know just a year ago somebody saying, "hello my name is Tommy,"
and then you know two weeks later they say, "hey what's going on my name is Tom."
 
ヴォーカルの筋力についても同じことが言えます。一年前には「(幼い声で)こんにちは、トミーだよ」と言っていたような子が、二週間もすれば「(大人の声で)よう、俺の名前はトムだ」というようになります。
 
And it's just...blows your mind how fast that voice changed. You know that you are gonna have a volatile physical situation, but probably a volatile emotional situation.
 
声変わりは急に来るので、とても驚きますよね。この時期は身体的に不安定ですが、感情的にも不安定になり得ます。
 
Now this is the age, because so many crazy things are going on, with the voice and with the body, that people start to get a little bit... you know shy... they try to play it cool... And these teenage boys who a second ago are like this and now we're all cool.
 
この時期には、声にも体にも不安定なことがたくさん起こりますから、少しシャイになったり、かっこつけたりして、ほんの少し前に(裏声で)こんな声だった男の子が(低い声で)かっこつけるようになってしまいます。
 
This is partly the reason why you can't sing high notes is cuz they, they've just found their voice, and they wanna, you know show that they're macho and show that they are you know are are a man even though they're thirteen years old.
 
高い声が出せない理由の一部は、彼らはまだ13歳やそこらですが、低い声を手に入れたので、たくましくて男らしいところを見せたいからです。
 
So that's where the mental stuff comes in. There becomes a shyness about using the voice and going to high pitches, there's the fear of cracking, and then there's the trying to be macho, um, when you're sorting stuff out emotionally and mentally.
 
ここで精神的な要素が出てきます。感情的なことや精神的なことを整理してあげようとしても、彼らは高い声を出すのを恥ずかしがったり、声が裏返るのを怖がったり、男らしくあろうとしてしまいます。
 
So you've got a couple of factors working there...ah...against you, Adrian, as you teach young guys how to sing high.
 
エイドリアンさん、若い男の子に高い声の出し方を教えようとする時は、このようにいくつかの要因があなたを待ち構えています。
 
But the first thing I wanna help you with as an exercise is, get you guys to sing in falsetto. And, teenagers if you're watching this or people of any age, go ahead and develop your falsetto, because that's gonna give you greater flexibility.
 
では、まずエクササイズに関する最初のアドバイスですが、彼らにファルセットで歌わせましょう。この動画を見ているティーンエイジャーも、どの年齢の人も、声の柔軟性をよりよくするためにファルセットを鍛えましょう。
 
Now it takes a little bravery if you're not used to it. But we want to develop a good falsetto so that you can find greater flexibility for your cords.
 
慣れていない場合は少し勇気が必要ですが、声帯の柔軟性を高めるためには、良いファルセットを作っていくのが大事なんです。
 
So - let's do an exercise here. Try this sound for me just say. like at a celebration or something, "woo - hoo!" Go ahead. That's great. "Woo-hoo!"
 
それでは、練習してみましょう。お祝いか何かの時のように、こう言ってみてください。「(裏声で)ウーフー!」どうぞ。素晴らしい!「ウーフー!」
 
Now if you're a teenage guy, make sure you didn't go, "woo hoo, woo hoo." Okay. No, no cool, no cool teenagers. Let's be a dork, "Woo-Hoo!" Good stuff.
 
ティーンエイジのみんなは、「(低い声で)ウーフー、ウーフー」とならないように。いいですか?かっこつけないでね。変人になったつもりで、「ウーフー!」いい感じです。
 
Now, that is flexibility. It's gonna' help you to get a little extra stretch for your voice. Now if you're man enough, let's see if you can do this following exercise with me.
 
そしてこれが声の柔軟性です。声をよりストレッチしてくれます。もし自分が男の中の男だと思えるなら、次の練習ができるかどうか試してみてください。
 
"Woo." Go ahead. Great. That's it. "Woo." "Woo." Great job. "Woo." That's it. "Woo." Nice. If we still got men let's hear this one, "Woo." Awesome. And coming down. Great. "Woo." "Woo." Great job. Totally awesome.
 
「ウー」どうぞ。素晴らしい。それです。「ウー」「ウー」良いでしょう。「ウー」それです。「ウー」いいですね。男なら次の声も聴かせてくれるよね。「ウー」素晴らしい。下っていきます。素晴らしい。「ウー」「ウー」よく出来ました。最高です。
 
So - I hope you guys were man enough to go up there in your falsetto and stretch things out. Now Adrian, that's another thing. You can tell how ridiculous that was right there...how silly, how weird. When you're a teenage boy that's hard to do. It's hard to break out your comfort zone. But that's actually exactly what you need to do.
 
みなさんが充分に男らしく、ファルセットで声帯をストレッチして、上まで行ってくれただろうと願っています。エイドリアンさん、もう一つ言いますね。これがどんなに馬鹿げたことで、おかしなことか正直に伝えてあげてください。ティーンエイジの少年であれば、これはやりたくないことしょう。居心地の良い所から抜け出すのは大変なことです。でもこれこそがまさにする必要があることなんです。
 
If you have voice students that are shy are trying to play it cool, make up some dorky exercises. Make, make people feel... like they can take risks, like they can make mistakes, like they can do some silly and goofy stuff to break out of that comfort zone, cause that's probably an age we're playing cool.
 
シャイでカッコつけようとする生徒がいたら、おかしな声の練習をさせてください。彼らがリスクを取れて、ミスをしたり、馬鹿げた、間抜けなことをしても平気な雰囲気を作って、居心地の良い所から抜け出せるようにしてあげてください。カッコつけたい年頃ですから。
 
The only way that you're gonna bust through whatever mental blocks that you have, which are also preventing the physical flexibility that we're looking for.
 
これが精神的な障害と、それに伴う身体的な柔軟性の妨げを打ち破る、唯一の方法です。
 
Another thing for teenage guys, is you know because there's no larynx stability, this is another physical thing, the larynx is gonna be through the roof if they try to hit high notes.
 
ティーンエイジの少年のためにもう一つ言うと、喉頭が不安定なので、高い声を出そうとする時に喉頭がすごく持ち上がってしまいます。
 
They're not going to be able to keep it down. So you want to encourage a low larynx.
 
 
喉頭を下げておくことが難しいので、低い喉頭のポジションを練習させましょう。
 
If you're working on a song like, "Caro Mio Ben," a classic, classical Italian art song, you know, you want them to do, "Caro mio ben credimi almen," but what's going to happen is, "Caro mio ben, credimi almen," And and you're gonna get that high larynx and that squeeze and probably even breathiness, too. That's what's going to happen.
 
「カロ・ミオ・ベン」のようなイタリア歌を練習している時、「(低い喉頭のポジションで)カロ・ミオ・ベン、クレディミ・アルメン」と歌わせたいところですが、実際には「(高い喉頭のポジションで)カロ・ミオ・ベン、クレディミ・アルメン」と高い喉頭のポジションや締め付けが起こり、加えて息漏れまで起こってしまうかもしれません。
 
But still encourage them, to have a deeper larynx. You don't wanna shove it down, but watch that because there's gonna be tons and tons and larynx lift, because the larynx is not yet developed. 
 
それでも深い喉頭のポジションができるように促してください。無理に押し下げることはしたくないですが、喉頭が十分に発達していないために持ち上がってしまうことはとても多いので、気をつけましょう。
 
So do some lower larynx and deeper exercises. And on that note, encourage a lot of different styles, including classical.
 
低い喉頭のポジションのエクササイズをしましょう。関連して言うと、クラシックを含めた、様々なスタイルを歌うように奨めましょう。
 
Most teenage people, you know they like pop and they like rock and they like what is cool and what's hot right now.
 
ほとんどのティーンエイジャーは、ポップ、ロックなどのかっこよくて、はやっているものを好みます。
 
Let 'em do those styles that's awesome. We want to be encouraging of stylistic versatility. But encourage your guys to do a little bit of classical singing.
 
それらのスタイルは素晴らしいので、練習させましょう。スタイルの多様性は奨励されるべきです。でも、それ以外に少しクラシックを歌うよう奨めましょう。
 
That's going to help them get a sense of a low larynx. When you can keep your larynx calm and low, you get more flexibility, and you actually develop a greater high range.
 
低い喉頭のポジションの感覚を得るのに役立ちますから。喉頭を落ち着かせて低く保てれば、より声が柔軟になり、しかも高い声域を育てられます。
 
So you want 'em to be able to do just a little bit a classical, if you can encourage them to do that. And then also some low larynx stuff.
 
もしそうさせられるなら、少しクラシックを歌えるようにさせたいですね。低い喉頭のポジションもです。
 
And then finally, Adrian, Um, and, and all teachers that are teaching young people, or all young singers who are working out their voice and their range - Paitence. Big time. Patience.
 
そして最後に、エイドリアンさん、若者を教えている先生方、そして声や声域を鍛えている若いシンガーのみなさん。忍耐です。本当に。忍耐です。
 
I promise you, if you're a 13, 14 year old singer, or if you've got a 13 or 14 year old voice student, there's gonna be a lot of inconsistencies.
 
あなたが13、14歳のシンガーであるにしろ、その年齢の生徒さんを教えているにしろ、本当に、状態が安定しないことが多いでしょう。
 
It's just the same reason that - you know - two weeks ago - you had this voice, and now you have that voice. Your body's changing so much, your voice is changing so much...
 
これは、2週間前に(高い声で)この声だった人が、(低い声で)この声に変わってしまうのと同じ理由です。体が大きく変わっていっていて、声もとても変わっていっています。
 
You can't expect your voice to just be, doing what you want and the muscles do what you want just every single time.
 
声や筋肉が毎回思うように働くとは必ずしも期待できないでしょう。
 
You gotta give it, gotta give it a chance. So, you might have a great vocal day one day. You might have a terrible vocal day the next.
 
チャンスを与えてあげてください。声がとてもうまく出せる日もあれば、その次の日はひどい日ということもあるかもしれません。
 
You might have a great voice lesson one day, either teaching or having lesson, you might have a bad voice lesson the next week.
 
教えるにしろ、教わるにしろ、素晴らしいヴォイス・レッスンができたと思っても、次の週のレッスンはダメかもしれません。
 
That's just to be expected when people are going through that many changes. So just keep patient with yourself, as a teacher, or as a young singer going through that process of developing those vocal muscles, at such a young age.
 
すごく変化が起こっている若い人には、そんなことが起こりえます。ですから、先生として、あるいは若くてヴォーカルの筋肉が育っている途中のシンガーとして、忍耐強くありましょう。
 
So I hope that's been helpful for you guys, as singers and as voice teachers today. If you have questions that you wanna see us answer on the show you can send an email to: Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.
 
今回の内容が、シンガー、または先生としてのみなさんの手助けになっていれば嬉しいです。もしこのショーで答えて欲しい質問がある場合は、こちらにメールしてください。
 
And we just encourage you not to lose that joy and that passion, whether you're a teacher, or a singer.
 
あなたが先生だとしても、シンガーだとしても、歌う喜びと情熱を失わないようにしましょう。
 
Get with a great voice teacher in your area, like Adrian from East Lansing.
 
あなたの住む地域で、イースト・ランシングのエイドリアンのような、素晴らしい先生に付きましょう。
 
And if you're in New York you can check us out at: www.NewYorkVocalCoaching.com.
 
もしニューヨークにいるのなら、私達のウェブサイトをチェックしてみてください。 http://www.newyorkvocalcoaching.com/
 
If you like these videos, you can check out: www.VoiceLessonsToTheWorld.com.
 
もし動画を気に入ってもらえたのなら、こちらもチェックしてみてください。 http://www.voicelessonstotheworld.com/
 
I'm Justin Stoney. We'll see you next time.
 
ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!

 

------

 

いかがでしたか?ご意見、ご質問はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は Justin Stoney 氏の許可の下、掲載しています。

 

------

 

ヴォーカルレッスンのお問い合わせ、お申込みはウェブサイトからどうぞ!

 

レッスン概要

Lesson | NY仕込みのボイトレ T.S.Music

 

お問い合わせ、お申込み

Contact | NY仕込みのボイトレ T.S.Music