Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 16「自分を責めないで」【VLTTW翻訳】

Ep. 16 "Please Don't Judge" - Voice Lessons To The World
 
エピソード16「自分を責めないで」
 
Hi everybody. My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.
 
みなさんこんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチングの創設者、ジャスティン・ストーニーです。
 
Welcome to episode 16 of Voice Lessons to the World, the show where we want to answer your questions about singing from all over the world.
 
ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード16へ。このショーでは世界中のみなさんからの歌に関する質問に答えていきます。
 
And I'll give you a chance to ask questions later, but our question for this week comes from Charles B. in Ontario, Canada.
 
みなさんの質問に答える機会はまた今度として、今週の質問はカナダはオンタリオのチャールズ・Bさんから来ています。
 
And Charles writes, "Dear Justin, Everybody says my voice is great. My voice teachers, my friends, my family... They all love my voice. However, I think I sound bad. I can't stop judging my voice. Do you have any tips?"
 
「みんな私の声のことを褒めてくれます。先生も、友達も、家族も… みんな私の声を好いてくれます。でも、私自身は自分の声がひどい声だと思っています。自分の声を責めるのを止められません。何かアドバイスはありますか?」
 
Now Charles that's an awesome thing to bring up. And I think that so many of us judge our voices. And this judgment can cause a limitation for us.
 
チャールズさん、このことを話題に持ってきてくれたのは、とても良いことですよ。私達の多くは自分自身の声を責めてしまっていると思います。そしてこの非難が限界を作ってしまいます。
 
We know it causes frustration and lack of growth, but a lot of us still, we always want to make good sounds - we're afraid to make bad sounds. And we judge our voices all the time - we think we sound bad. So I hope I can help you sift through some of this today.
 
これが欲求不満や成長の妨げに繋がることは知ってるにも関わらず、私達の多くはいつも良い声を作ろうとし、ひどい声を出してしまうことを恐れます。そしていつも自分の声を責めてしまいます。自分の声がひどい声だと思ってしまうのです。ということで、今日はこの自分に対する非難の声をふるいにかけていけるよう、みなさんを助けていけたらと思います。
 
The first thing I want to bring up is that - you can't hear yourself properly. That's right. You can't hear yourself right.
 
最初に持ち出したいことはこれです。「自分の声は自分ではちゃんと聞き取れない」。そうです。自分では自分の声を正しく聞き取れません。
 
Now, part of the reason that I'm employed, is because that's true.
 
私がこの仕事をできている理由のひとつは、これが本当のことだからなんですよ。
 
If that was not true I would be out on the street, because if you could just sit at home and sing, and say, "Oh well that sounded good I'm going to do more of that," and "oh well that didn't sound so good i'm never going to do that again..." Then everybody would be able to just sit at home and get good at singing.
 
もしこれが本当でなかったとしたら、私は路頭に迷ってしまうことでしょう。もしあなたが家でくつろぎながら歌って、「よし、いい感じに歌えたな。もっとやろう。」「うーん、あまりうまく歌えなかったな。これは二度とやらないようにしよう。」と判断できるなら、誰でも家で練習するだけで歌が上手くなってしまうからです。
 
But part of the reason why you can't, and usually why you need instruction, is because you can't hear yourself accurately.
 
それができなくて、教育が必要であることが多い理由の一つは、自分では正確に自分の声が聞き取れないからです。
 
So why we know this is if you hear yourself on an answering machine or something and you hear it play back you say, "Oh my god I sound like that!?" You expect this deep rich voice, but what you hear back is some tiny, whiny sound.
 
これはみなさんも経験したことがあると思うのですが、留守番電話か何かで自分の声を聞き返したとき、「マジで、これが自分の声!?」と、もっと自分の声が深くて豊かな声だと思っていたのに、実際に聞こえるのは小さくてキンキンした声だ、と気づくことがありますよね。
 
Now why is that true?
 
なぜこんなことが起こるのでしょうか?
 
We have resonators when we speak and when we sing. And some of those primary resonators are the nasopharynx and the nasal cavity.
 
しゃべったり歌ったりする時、体の中で響いているところがあります。その主な箇所は上咽頭と鼻腔です。
 
These are two areas that are actually behind the ears. And so you can't hear those resonators very well.
 
実は、この2箇所は耳の後ろにあるので、これらの箇所の響きは良く聞こえません。
 
But those are some of the best resonators that we use for our sound making. So the sound that comes out to all of us, is different than what we hear in our heads.
 
ですがこれらの箇所は声を作るのに一番使う箇所なんです。ですから実際に出ている声と、自分の頭の中で聞こえている声は別物なんです。
 
So Charles I hope that alone is helpful for you - that what you're hearing - is not actually what we're hearing.
 
チャールズさん、あなたが聞いている自分の声と、他の人が聞いているあなたの声は違う、というこのことだけでも役に立てばと思います。
 
So if you're judging that, you're actually not able to judge it with a hundred percent accuracy.
 
もしこれで自分の声をジャッジしているとしたら、100%の正確性ではジャッジできていない、ということです。
 
The second thing I want to talk about is what this judgment that we all do causes.
 
2つ目に話したいことは、私達みんながしてしまうこの非難がもたらすことについてです。
 
We live in a culture with the reality TV shows that have people going in front of millions and having their voices judged.
 
私達の生活は、たくさんの人の前で歌声を審査されるようなリアリティ番組であふれています。
 
And if you do well, you move on to the next round, and maybe you become - you know - the greatest of stars... and if you don't do so well you might become a laughing stock.
 
良く歌えれば、次のラウンドに進出できて、すごいスターになれるかもしれませんが、あまり上手く歌えないと笑い者になってしまうかもしれません。
 
And so we have this environment and a culture of judging singing. And that's not actually necessarily so healthy.
 
歌をジャッジするような環境と文化がそこにあるのです。これは実際、必ずしも健全なこととは言えません。
 
Because... you don't want to go on stage, you don't even want to be in the voice studio, or in your practice room with a judgmental mindset. Judging the voice too much causes physical tension, and a hold of the breath.
 
自分をジャッジするような心の持ち方でステージや、ヴォイス・スタジオ、練習室には行きたくないからです。声を過剰にジャッジしていると体の緊張や、息を止めてしまうことにつながります。
 
Just think about if you were going to listen and really scrutinize something, think about the tension that just listening causes.
 
何かを注意深く聞く時、それがもたらす緊張について考えてみてください。
 
Actually, let's go ahead and try it just take a listen to the sounds in your own room. Just take a pause, and just really listen hard for a second.
 
実際に、あなたがいる部屋の音を聞いてみましょう。息をついて、少しの間よく集中して聞いてみてください。
 
And you notice, when you go and just listen, typically the body freezes, and the breath freezes. So just the act of listening and scrutinizing causes us to hold on... in a way that we don't want. 
 
集中して聞いているときは、よく体や息が固まってしまうのですが、気づいたでしょうか。集中して聞くことが、望まない緊張を生んでしまうのです。
 
We know that the best performers go out there judgment-free. They've got an ease about them - they're not trying to make it right - they're just letting it go. That's one thing.
 
一流のパフォーマーは自分をジャッジしないでしょう。彼らは気楽に構えています。正しくやろうとするのではなく、ただそのままを出します。これが一つです。
 
Another thing, is that, if you aren’t trusting your sound (if you're constantly judging it all the time), you're going to want to hear it better, so that you can judge it.
 
もう一つは、自分の声を信頼できずにいつもジャッジしていると、ちゃんとジャッジできるように声がより大きく聞こえるようにしたいと思うことでしょう。
 
So you may just push it out into the room, for that to happen, so that you can hear it better.
 
そうすると、自分の声が大きく聞こえるように、声を部屋中に広げようとするかもしれません。
 
You'll take it out of our friendly resonators, and you push it out here.
 
体の中の声が響く箇所を大事にしないで、声を外に押し出してしまうことでしょう。
 
Now the problem with that is that you're going to hear it better, but we're not going to hear it as well, and it's going to sound better to you, but not as good to us.
 
このことの問題は、自分には声が大きく聞こえるけれど、周りの人には同じようにはしっかり聞こえず、自分では良い声を出しているつもりでも周りからはそうでないように聞こえることです。
 
Interestingly when you rely on the resonators that we want mostly for singing, you won't hear it as well, and it won't sound is good to you. But to us, we'll hear it better, and it will sound better. 
 
興味深いことに、歌う時に体の中の声が響く箇所に任せていると(歌うときはほとんどいつもそうしたいものですが)、自分自身にはよく聞こえないし、いい声にも聞こえませんが、周りの人には大きく聞こえるし、より良い声に聞こえることでしょう。
 
So there's a little bit of trust and like a leap of faith that goes on when you make sound to not push it out there where you can hear it, but to rely on the mechanics that you know are going to make you sound good.
 
自分で聞こえるように声を押し出すことを止めるには、少し自分の声に対する信頼が必要ですが、響かせる仕組みに頼れば良い声を出すことができるでしょう。
 
Then the next thing (and I've talked a little bit about this before), is that we need the bad sounds. We absolutely have to have the bad sounds.
 
次は以前にも少し話したことですが、ひどい声も必要だということです。ひどい声を出せることは絶対です。
 
If you want to make the good sounds, you have to have the bad sounds. In technique, you have to have the bad sounds.
 
良い声を出したければ、テクニックにおいて、ひどい声も出せなければなりません。
 
One thing that we've mentioned before is cracking. If I want to have a great sound I've got to be okay with cracking.
 
以前に一つ触れたのは、声の裏返りです。素晴らしい声が欲しければ、裏返ることが許容できなければなりません。
 
If I have, "Somewhere over the rainbow..." and I go too far, "Somewhere over the rainbow..." or I don't go far enough, "Somewhere over the rainbow..." or I go both and I crack, "Somewhere..." I'm back and forth between too much and too little too much and too little.
 
"Somewhere over the rainbow..." と歌う時に行き過ぎて "(叫ぶように)Somewhere over the rainbow..." となったり、十分に行けず "(裏返って)Somewhere over the rainbow…" となったり、それかその両方で、"(何回も裏返って)Somewhere..." と強過ぎたり弱過ぎたりを行き来することになったりすることがあります。
 
But being able to go back and forth, being able to find something in between there, being okay with cracking, "Somewhere...I find that middle, ah too little, ah too much - where..." right in between. 
 
このように行き来することができたり、間のちょうどいいところを探すことができたり、裏返ることを許せるようになれば、"Somewhere... 真ん中を見つけた、弱すぎるかな、強すぎるかな、where..." と、ちょうど真ん中を当てることができます。
 
I have to be okay with cracking if I'm going to find that in between. That's on a technical level. A bad sound, cracking, which leads to good sound - mix.
 
真ん中を見つけたければ、裏返ることを許さなければなりません。これはテクニックの観点からの話です。ひどい声、裏返りが、良い声、ミックスに導いてくれます。
 
But on a stylistic level, I just wanted to mention to you, Charles, and, and everybody, let's just think about, think about some of your favorite singers.
 
次はスタイルの観点で、伝えたいことがあります。チャールズさん、みなさんも、あなたのお気に入りの歌手について考えてみましょう。
 
I, I know that they've got great voices. But can you think of some nuances to your favorite singers that are actually not the prettiest sounds?
 
その歌手は素晴らしい声を持っていることでしょう。ですが、その歌手が持っているニュアンスで実際あまり美しいとは言えない声について考えることができますか?
 
Some of them might have a little gravel, might have a little breathiness, might have a little vocal fry...
 
声がざらついていたり、息混じりだったり、ヴォーカル・フライを使っていたりするかもしれません。
 
They might have a vibrato that's unique or uneven. They might push their voice a little too hard sometimes. They might not have some strength in some areas. But those uniquenesses are actually what is making that singer remarkable and special.
 
ビブラートが個性的だったり、一定でないかもしれません。時々声を少し押し出し過ぎているかもしれません。得意でない部分があるかもしれません。でもその個性がそのシンガーを特別で注目すべき存在にしているんです。
 
Interestingly, the bad sounds (quote/ unquote), are the things that are making that singer stand out.
 
興味深いことに、いわゆるひどい声が、そのシンガーを傑出した存在にさせているんです。
 
So I'm not saying don't work on your voice. I'm not saying don't aim for perfection. But just know that a lot of times the sounds that are not necessarily the best, are a part of the singer’s whole package that makes them unique.
 
これは声を鍛えるなということではありません。完璧を狙うなとは言っていません。ですが必ずしも完璧でないその声が、そのシンガーの全体像の中で個性の一部を作っているということを覚えておいてください。
 
So if we sit and say, "Well, I'm not going to go out there if I make bad sounds. I'm not going to go out there until it's perfect..." Then truly we're missing out on a special singer.
 
もしうずくまって「ひどい声を出してしまうのなら、出て行かないよ。完璧になるまでは外に出ないよ…」と言っているとしたら、特別なシンガーを見逃してしまうことになるでしょう。
 
Because there's nobody that's going to go out there and make perfect pristine sounds all the time. It's just not realistic.
 
なぜなら、パフォーマンスの時にいつでも一点の曇りもない完璧な声を出せる人はいないからです。全く現実的ではありません。
 
So we want to allow less than perfect sounds to be a part of our style, actually, as we're growing and maybe just because it sounds great to leave it alone.
 
ですから、完璧でない声を成長途中である自分のスタイルの一部として許容してあげたいですね。実際の話、もしかするとそのままにするのがいい感じに聞こえるかもしれませんから。
 
So then, what do we do with judgment? How do we, how do we get through this?
 
それでは、ジャッジしてしまうことに対してどうすれば良いのでしょうか?どうやってこれを乗り越えて行けばよいのでしょうか?
 
One thing is, have people that you trust. You said that you have a voice teacher, family and friends that support you, that's great.
 
一つは、信頼できる人を持つことです。チャールズさんは支えてくれるヴォイス・ティーチャー、家族、友達がいると言っていましたね。素晴らしいことです。
 
I'd encourage you, Charles, and anybody with a great situation like that, to listen to them. If you're the only person that listens to your voice and says, "Well this is terrible," then probably you're wrong. Because everybody else loves it.
 
こういう素晴らしい状況にあるみなさんには、その信頼できる人達の言うことを聞くのをお勧めします。もしあなただけが自分の声を聞いて「ひどい声だなあ」と言っているのであれば、それはおそらく間違いでしょう。他のみんなはあなたの声が好きなんですから。
 
So you need to find a way to love it, too. And that's the second thing.
 
あなた自身も自分の声を好きになる方法を見つける必要があります。そしてこれが2つ目です。
 
You need to be in a positive environment. Whether that's in your vocal studio or in your practice room, the environment that you make for yourself needs to be a positive one.
 
ポジティブな環境にいる必要があります。ヴォーカル・スタジオであろうが自分の練習室であろうが、自分のために作る環境はポジティブである必要があります。
 
If you're constantly giving yourself negative messages all the time when you sing and saying, "Well this sounds bad..." with voice and singing, that's something that's really going to stand in your way.
 
歌う時に「ひどい声だ…」と自分自身の声や歌にネガティブなメッセージを送り続けると、それがあなたの道を阻んで行くことになってしまいます。
 
You need to fake it till you make it. You need to tell yourself that it sounds pretty good, even before it does. Or maybe it already does!
 
できるようになるまで、自分を騙してあげる必要があります。本当に良くなる前から、いい感じに歌えていると自分自身に伝えましょう。それかもうすでによく歌えているかもしれませんね!
 
You still need to constantly reinforce a good message to your singing. It's going to pay off big time, so that you don't have those holds and those limitations that the negative thoughts cause. 
 
それでもなお自分の歌に対して良いメッセージを強く、常に与え続ける必要があります。これは、ネガティブな考えがもたらす抑制や限界を防ぐことに、大きな効果があるでしょう。
 
Then finally, I just want you to experiment.
 
そして最後ですが、色々と試してほしいと思います。
 
Go ahead and be okay with the cracking. Be okay with the experimentation and the making of bad sounds when you're in the voice studio when you're practicing, because it's the only way that you're going to have a good solid technique and a wide spectrum, a variety of sounds that you can make in your performances.
 
裏返っても平気になりましょう。ヴォイス・スタジオにいる時も、練習している時も、実験してひどい声を出すことに慣れましょう。それが確かなテクニックと、パフォーマンスの時に使える幅広い種類の声を持てるようになるための唯一の方法ですから。
 
So, Charles and all, I hope that you can work through that judgment and get to a better place so that your singing can be even freer.
 
チャールズさんとみなさんが、より自由に歌えるようになるために、ジャッジメントを乗り越えてより良いところへ行けるよう願っています。
 
And I hope that's been helpful for you guys today. If you have questions that you'd like us to answer on the show, you can send an email to: Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com
 
今回の内容がみなさんの助けになっていれば嬉しいです。このショーで答えて欲しい質問がある場合は、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてください。
 
So we just encourage you guys not to lose the joy, don't lose the passion... Don't let anybody tell you you can't sing (especially if that's yourself), because deep down you know it's not true.
 
歌う喜びや、情熱を失わないようにしましょう。誰にもあなたは歌うべきではないと言わせないでください(それがあなた自身である時は特に)。心の奥では、それが本当のことでないと知っているでしょうから。
 
Get with a great voice teacher in your area. If you guys are in New York City you can check us out at: www.NewYorkVocalCoaching.com .
 
あなたの地域の素晴らしい先生に付きましょう。もしニューヨークにいるのなら、私達のウェブサイト www.NewYorkVocalCoaching.com をチェックしてみてください。
 
And if you like these videos you can visit: www.VoiceLessonsToTheWorld.com
 
動画が気に入ってもらえたのなら、 www.VoiceLessonsToTheWorld.com も見てみてください。
 
I'm Justin Stoney. We'll see you next time.
 
ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!

 

------

 

いかがでしたか?ご意見、ご質問はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は Justin Stoney 氏の許可の下、掲載しています。

 

------

 

ヴォーカルレッスンのお問い合わせ、お申込みはウェブサイトからどうぞ!

 

レッスン概要

Lesson | NY仕込みのボイトレ T.S.Music

 

お問い合わせ、お申込み

Contact | NY仕込みのボイトレ T.S.Music