Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 17「喉頭の下げ方」【VLTTW翻訳】

Ep. 17 "Lowering The Larynx" - Voice Lessons To The World
 
エピソード17「喉頭の下げ方」
 
Hi everybody. My name is Justin Stoney, and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.
 
みなさんこんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチングの創設者、ジャスティン・ストーニーです。
 
Welcome to Episode 17 of Voice Lessons to the World. The show we want to help you guys as singers by answering your questions about singing from all over the world.
 
ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード17へ。このショーでは世界中からの歌に関する質問に答えていくことで、シンガーのみなさんを助けていきます。
 
I'll give you a chance to ask questions later, but our question for the week comes from Annie L. in Taiwan.
 
みなさんの質問に答える機会はまた今度として、今週の質問は台湾のアニー・Lさんから来ています。
 
And Annie says, "Dear Justin, I love your videos about the larynx. Can you tell me how I can lower my larynx?"
 
ジャスティンの喉頭についての動画が気に入っています。今度は喉頭の下げ方について教えてくれませんか?」
 
Well that's an awesome question. And thanks for the compliment Annie. Let's talk about that today. Because - we have discussed the larynx a little bit and we do need the ability to lower the larynx.
 
とても良い質問ですよ。それとアニーさん、褒めてくれてありがとう。今日はそれについて話しましょう。喉頭については以前少し話しましたが、喉頭を下げる能力は必要なことですからね。
 
So we're going to talk about how. For those of you that have never experienced a low larynx we'll start with that.
 
今日はそのやり方について話します。低い喉頭のポジションを経験したことがない人のために、まずはそこから始めましょう。
 
The best easiest way to first feel low larynx is to experiment with some character sounds.
 
低い喉頭のポジションを感じるのに一番簡単な方法は、キャラクターの声を試してみることです。
 
So if I'm speaking to you like this - this is speaking with a relaxed neutral larynx.
 
今話している感じだと、リラックスした通常の喉頭のポジションで話しています。
 
But if I start to drop my larynx then it starts to get a little bit dopier or maybe a little bit sort of dumber sounding. And it's kind of a goofy voice, it's kind of a character voice.
 
喉頭を下げて)もし喉頭を下げると、少し間抜けで馬鹿っぽい感じの声になってきます。間抜けな感じのキャラクターの声になりますね。
 
So you know if I said, "Hello my name is Justin," and then I made it a little bit dopey it would be, "Hello my name is Justin," so go ahead and say that first at home, "Hello my name is Annie." Let's try that. And then go ahead and make it a dumb character sound, "Hello my name is Annie." Good.
 
「こんにちは、ジャスティンです。」と言ったあと、少し間抜けにしてみると「(間抜けな声で)こんにちは、ジャスティンです。」となります。まずは自分の部屋でこう言ってみましょう。「(普通に)こんにちは、アニーです。」やってみてください。では馬鹿っぽいキャラクターの声で「(間抜けな声で)こんにちは、アニーです。」と言ってみましょう。いいですね。
 
So this is the first way that you can start to feel what a low larynx sounds like.
 
以上が、低い喉頭のポジションがどんな声になるか感じられる、最初の方法でした。
 
A couple of characters that might use a low larynx would be like Eeyore from Winnie the Pooh, "Oh no, I'm so depressed." Right? Another might be Barney. If you remember that kid show we have, "I love you, you love me. We're a..." whatever.
 
低い喉頭のポジションを使うキャラクターとして、「オーノー、すごく落ち込んでるんだ」と言う時の「クマのプーさん」のイーヨーや、子供向け番組で「アイラブユー、ユーラブミー、僕たちは…」と歌うバーニーなどがいますね。
 
So that's a low larynx character voice. And it just gets you the sense of what that even feels like.
 
以上が低い喉頭のキャラクターの声でした。どんな感じがするのか、感覚が得られたかと思います。
 
But I should mention this. Our final product is not going to be this low larynx sound. We need the ability to know how to lower the larynx. But we're not just going to be jamming it down all the time.
 
でも、このことは言っておかなければなりません。完成形としての声はこの低い喉頭のポジションの声ではありません。喉頭を下げる方法については知っている必要がありますが、いつでも喉頭を極端に下げるわけではありません。
 
Even though as I've said classical singers sing with a lower larynx than pop singers, classical singers don't jam their larynx all the way down.
 
以前にも言ったようにクラシックのシンガーはポップのシンガーよりも喉頭を下げて歌いますが、クラシックのシンガーも喉頭を極端に下げているわけではありません。
 
It's just a little bit of a deeper coordination laryngeally speaking than in a contemporary sound. So we don't want to be all the way down.
 
喉頭に関して言うと、ポピュラーミュージックより少し深い使い方をしていると言うだけですから、下げ過ぎたくはないんです。
 
This being said, it's not a bad thing to exercise your voice with a little bit of a deeper larynx.
 
そうは言っても、少し深い喉頭のポジションでエクササイズをすることは、悪いことではありません。
 
Now, here's some other things that are important for keeping a low larynx. We need physical relaxation.
 
では、低い喉頭のポジションを保つために重要なことをいくつか話しますね。まずは体をリラックスさせることです。
 
Physical relaxation of the breath, getting this the breath deep in the body as we've talked about allowing the air to come down and to expand the abdomen.
 
息で体をリラックスさせること、つまり息を体の奥深くに入れ、以前話したように息を下の方まで向かい入れてお腹を広げることです。
 
If you're up here you're probably going to have a much higher - much harder time relaxing your larynx.
 
もし息を上の方に持ってきてしまうと、喉頭をリラックスさせるのはずっと難しくなってしまうでしょう。
 
The other thing is your posture. If there's a lot of tension in the upper body and you're feeling a sense of lift up here just from your posture, that's another thing to drop down.
 
もう一つは姿勢です。上半身が緊張していて、その姿勢のせいで喉頭が上がるのを感じているとしたら、それを落ち着かせる必要があります。
 
You also want to feel the feet into the earth, the hips dropping down, shoulders dropping down, and next you want the jaw to drop down as well.
 
足が地面にしっかり着いていて、お尻や肩が下がり、そして顎も下がっているように感じたいところです。
 
If you have a really tight intense jaw, that's going to make it also hard to find the low larynx. You want to have a feeling of release and looseness in the jaw.
 
顎が極度に緊張していると、低い喉頭のポジションは見つけづらくなります。顎が解放されて緩んでいるように感じたいですね。
 
And then also the face. Some people really are singing like this and that actually does tend to cause a larynx lift as well.
 
そして顔もです。本当に、(眉を上げて)こんな顔で歌う人もいますが、これも喉頭を持ち上げてしまうかもしれません。
 
So we want a looseness of face, a looseness of jaw, a looseness and depth of posture and of breath... And those things will contribute to your ability, Annie, to lower your larynx.
 
顔、顎が緩んでいて、姿勢と息も緩み、深くあることが大事です。アニーさん、これらのことが喉頭を下げる能力につながっていくでしょう。
 
Now the next thing is what vowel we sing with. If you want to get a lower larynx if you're noticing that you're singing with too high of a larynx all the time and it's getting a little bit tight, certain vowels that you exercise your voice with are going to work better than others.
 
次は、歌う時にどの母音を使うかです。低い喉頭のポジションが欲しいのに、いつも高過ぎるポジションになってしまい、少し締め付けて歌っているのに気づいた場合は、特定の母音でのエクササイズが(他の母音よりも)声に効くことでしょう。
 
Some of the best vowels for lowering your larynx are "o, ew, uh, ah, and euh." So again that's, "o, ew, uh, ah, and euh."
 
喉頭を下げるのに良い母音は、"o, ew, uh, ah, and euh" です。もう一度、"o, ew, uh, ah, and euh" です。
 
So you can kind of see that my lips on most of these vowels move this way. And that's another thing that can help you to lower your larynx if you need, is having lips and cheeks moving in and down.
 
これらの母音では唇が(口を丸めて)このように動くのがわかるでしょう。唇と頬を集めて下げることが、必要な時に喉頭を下げるのを助けてくれるもう一つの方法です。
 
Ok. So we're going to do an exercise now that helps you with a low larynx. We're going to do a bub, "bub - bub - bub - bub - bub."
 
良いでしょうか。それでは、低い喉頭のポジションを促してくれるエクササイズに行きましょう。ビー、ユー、ビー、 “bub - bub - bub - bub - bub." をやります。
 
And now this setup of bub - bub - bub, is a really good exercise for getting the larynx down in case Annie, or anybody else, you haven't really felt this before.
 
アニーさんやみなさんが今までに低い喉頭のポジションを感じたことがないとしても、このbub - bub - bubのポジションがその感覚を得るのにとてもよいエクササイズになります。
 
So now what we want to do - this is, this is the pattern: We'll do, "Bub - bub - bub - bub - bub." And what we want to avoid is, "bub - bub - bub - bub - bub, bub - bub - bub, " where my sound gets kind of nerdy and bratty.
 
やりたいのはこのパターンです。"Bub - bub - bub - bub - bub.” 避けたいのは、"bub - bub - bub - bub - bub, bub - bub - bub, “ と声がオタクっぽく、子供っぽくなってしまうことです。
 
We're looking in this exercise purposefully for depth. So we want, "bub - bub - bub - bub -bub, bub - bub - bub - bub - bub." I've got that deep sound, that open larynx. So that's the point.
 
このエクササイズではわざと声の深さを作っていきます。欲しいのは "bub - bub - bub - bub -bub, bub - bub - bub - bub - bub." という深い声と、開いた喉頭です。ここがポイントですよ。
 
Now I'm gonna give you a chance to do it. Guys are gonna be down here, "bub - bub - bub - bub - bub," and ladies up here, "bub - bub - bub - bub - bub."
 
ではやってみましょう。男性は下の方で、"bub - bub - bub - bub - bub," 女性は上の方で、"bub - bub - bub - bub - bub,”
 
And concentrate on all those things: relaxation here, depth, loose jaw, narrowness and make sure you don’t squeeze the larynx, keep a little bit of that character sound in the sound if you have trouble.
 
次のことに集中しましょう。顔をリラックスさせること、深い呼吸、顎を緩めること、口の狭さ。そして喉頭を締め付けず、困ったらキャラクターの声を少し加えることです。
 
Here we go. (Exercise)
 
では行きましょう。(エクササイズ)
 
Great work. So again, it's not our final product to sing with a very deep larynx. But, depending on what style you sing, you might want a lower larynx.
 
素晴らしい!もう一度言いますが、このようにとても深い喉頭のポジションで歌うことは、完成形ではありません。でも、歌うスタイルによっては、低い喉頭のポジションが使えるかもしれません。
 
And, all singers, even if you're singing a more contemporary sound will need the ability to drop your larynx as a technical skill. So I do encourage you to work on that.
 
喉頭を下げる能力は、ポピュラーミュージックのシンガーを含む全てのシンガーにとって必要な技術ですから、この練習をすることを勧めます。
 
Start off with the character sounds if it's new to you. And then think about some of those physical relaxation elements that I gave you.
 
もしこれをするのが初めてのことだったら、キャラクターの声から始めましょう。そして次に体をリラックスさせる要素について考えましょう。
 
And then, you don't have to do it on "bub," you can do it on some of those other vowels. But work with some deeper vowels to help find that roundness and that richness in the sound is going to open up a huge realm of possibilities for you no matter what style you sing.
 
"bub" だけでなく他の母音でも大丈夫ですが、口の丸さと声の深さを促してくれる深い母音で練習すれば、どのスタイルを歌うにしても、大きな可能性を開いてくれることになるでしょう。
 
So Annie, and everybody, I hope that's been helpful for you guys today as singers. If you have questions you'd like to see us answer on the show you can send an email to: Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.
 
 
今回の内容がみなさんの助けになっていれば嬉しいです。このショーで答えて欲しい質問がある場合は、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてください。
 
We just encourage you not to lose the joy and the passion. Don't let people tell you can't sing. You know it's not true.
 
歌を歌う喜びや、情熱を失わないようにしましょう。誰にも「あなたは歌うべきではない」とは言わせないで下さい。それが本当のことでないとあなたは知っているでしょうから。
 
Get with a great voice teacher that you trust in your area. If you guys are in New York City you can check us out at www.NewYorkVocalCoaching.com.
 
あなたの地域の素晴らしい、信頼できる先生に付きましょう。もしニューヨークにいるのなら、私達のウェブサイト www.NewYorkVocalCoaching.com をチェックしてみてください。
 
And if you like these videos you can visit www.VoiceLessonsToTheWorld.com.
 
動画が気に入ってもらえたのなら、 www.VoiceLessonsToTheWorld.com も見てみてください。
 
I'm Justin Stoney. We'll see you next time.
 
ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!

 

------

 

いかがでしたか?ご意見、ご質問はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は Justin Stoney 氏の許可の下、掲載しています。

 

------

 

ヴォーカルレッスンのお問い合わせ、お申込みはウェブサイトからどうぞ!

 

レッスン概要

Lesson | NY仕込みのボイトレ T.S.Music

 

お問い合わせ、お申込み

Contact | NY仕込みのボイトレ T.S.Music