Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 20「ヒス・コンテスト!」【VLTTW翻訳】

Ep. 20 "Hiss Contest!" - Voice Lessons To The World
 
エピソード20「ヒス・コンテスト!」
 
Hi everybody. My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.
 
みなさんこんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチングの創設者、ジャスティン・ストーニーです。
 
Welcome to Episode 20 of Voice Lessons to the World, the show we want to help you guys as singers by answering your questions from all over the world.
 
ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード20へ!このショーでは世界中からの質問に答えていくことで、シンガーのみなさんを助けていきます。
 
And I'll give you a chance to ask questions later. But our question for this week comes from Tyler G. in Brooklyn, New York.
 
質問の仕方はあとでお伝えしますが、今週の質問はニューヨーク州ブルックリンの、タイラー・Gさんから来ています。
 
And Tyler says,"Dear Justin, what are some exercises that I can practice for my breathing."
 
タイラーさんはこう書いています。「ジャスティンさん、こんにちは。呼吸のために練習できるエクササイズには何がありますか?」
 
Now that's a great question, Tyler. And all of us as singers want to get better at our breathing.
 
素晴らしい質問です、タイラーさん。シンガーなら皆、より良い呼吸ができるようになりたいものですよね。
 
But before we do a breathing exercise let's make sure we know the difference between breathing and breath support.
 
呼吸のエクササイズに移る前に、呼吸と息の支えの違いについて知っておきましょう。
 
Both of these things might be good for us to do as singers and in the future we might do some breathing exercises as well.
 
これら両方のことはシンガーである私達にとって良いことで、これからのエピソードでも呼吸のエクササイズはやっていくと思います。
 
But breath support is the singer's skill. And that's what we're going to do today is a great exercise on breath support.
 
息の支えはシンガーのスキルです。今日やっていくことは息の支えを作るのによく効くエクササイズです。
 
Remember, breath support is a little different than breathing. When we breathe we just breathe in and out.
 
息の支えは、呼吸とは少し違うことなのを覚えておいてください。呼吸をする時は、ただ吸ったり吐いたりするだけです。
 
But as singers we need the the ability to hold the air in the body. We need the ability to dole the air out slowly and to keep support in the body so that that air doesn't rush out and interfere with the larynx by moving too fast.
 
でもシンガーである私達には、息を体の中に保つ能力が必要です。息をゆっくり吐いていく能力と、息が急に飛び出して喉頭を妨げないように、体で支えを保つ能力が必要です。
 
Right, so we're going to hold the air back. That is breath support. And we're going to release it slowly.
 
ですから、息を保っていきます。これが息の支えです。ゆっくり息を放していきましょう。
 
So the all-time classic greatest exercise for breath support, is the hiss. The ssssssss sound. It's basically an s. An extended s.
 
息の支えのための最高の定番エクササイズと言えば、ヒスです。この「スーーーーー…」と言うサウンドのことです。これはつまり、sの音を長く伸ばすことです。
 
And what this does is, the tongue prevents the air from getting out fast.
 
何をしているかと言うと、舌が息を速く吐き出さないように妨げているんです。
 
And you're gonna feel when you do a hiss that the muscles of the body engage. Not in a squeezy way. But they engage to sort of keep the air in the body and hold the air in the body. You really feel this with the hiss. Now that is breath support.
 
ヒスをしている時は、体の筋肉が使われるのを感じられるでしょう。締め付ける感じではなく、息を保つような感じで使います。ヒスではこれがよく感じられるでしょう。これが息の支えです。
 
So try a hiss for me. Just do a long, "sssss," sound. Go ahead and hiss. (pause) Great. And inhale and let's try that again and..."sssss..." Really cool.
 
ではヒスをやってみましょう。長く、「スーー…」と吐きます。どうぞ。素晴らしい。もう一度吸ってやってみましょう。良いですね。
 
Now hope when you do that hiss that you can feel that the muscles here stay really open and that you're using your body as opposed to your throat, to hold back the air.
 
ヒスをしている時はここ(お腹)の筋肉が開いていて、喉ではなく体が息を保っているように感じられていると良いですね。
 
Now, I like to challenge you guys to a good old-fashioned hiss contest.
 
では、古き良き「ヒスコンテスト」にチャレンジしてみましょう。
 
Okay, what I want you to do is you're going to go against me, Tyler and everybody, you're going to go against me to see who can hiss for longer.
 
タイラーさんとみなさんには私と対決してもらいます。誰が一番長くヒスをできるかの勝負です。
 
Now I'm not saying that I'm the grand champion of hissing. But I do think that
my hissing is respectable. And if you can hiss for as long as I can, I'll say
pretty much your breath support is in great shape.
 
私はヒスの世界チャンピオンというわけではありませんが、かなりできる方だと思っていますよ。私と同じくらいの長さでヒスをできれば、あなたの息の支えはとてもいい状態だと言えるでしょう。
 
So we're gonna do a good old-fashioned his contest. But here's the rules of the game. 
 
では古き良きヒスコンテストを開催します。その前に試合のルールです。
 
Number one, no passing out. Okay. Number two no dying. And number three, most importantly, no lawsuits.
 
その1、気絶しないこと。いいですか。その2、死なないこと。そしてその3は、大事なことですが、訴訟しないことです。
 
I don't want people doing the hiss contest at home and keeling over at their computer.
Just make sure do this in moderation. You don't have to beat me.
 
ヒスコンテストを家でしている時にパソコンの前で倒れて欲しくはないですから(笑)適度にするようにしましょう。私に勝てなくても大丈夫です。
 
But let's see if you can extend your breath support and your hissing to get to a high level. But I'm sure lots you're going to beat me. But you know make sure you follow those rules, okay?
 
息の支えを保ち続けて、ヒスを高いレベルまで持っていけるかどうか確かめましょう。きっと多くの人が私に勝てると思いますけどね。でもルールは必ず守ってください、いいですね?
 
So I got my trusty timer here and you and I are going to go against each other in a good old-fashioned hiss contest.
 
ここに信頼できるタイマーがありますから、古き良きヒスコンテストで私と勝負しましょう。
 
So here we go, let's breathe together (inhales)...."ssssssssss...."
 
では行きます、一緒に息を吸いましょう…「スーー…」
 
Whoo!! Okay - one minute. All right... I might need a minute.
 
フー‼︎ オーケー、1分です。そうですね、ちょっと休憩が欲しいくらいです。
 
Great job everybody. That was great. If you can do one minute of a hiss, that's
very impressive and very good.
 
みなさん、よくできました。素晴らしかったです。1分もヒスができたなら、とても感心しますし、素晴らしいことです。
 
Make sure that you keep practicing that to make sure that you can extend it for as long as you can.
 
ヒスをできる限り長く伸ばせるように、練習をし続けるようにしましょう。
 
Again, there's no reason to go all the way to a minute. But if there's anybody...anybody out there that can do it as long as I just did or hold that out that long then like I say you've got some great breath support happening for you.
 
逆を言うと、1分もできるようになる理由はありませんが、私と同じくらい長く保てた人は、言ったように、素晴らしい息の支えを持っていると言えます。
 
Now as I catch my breath here let's talk about why. Ok. Why do we need this? What's going to happen if we do these exercises and we do a long hiss, and you win a hiss contest, what's that going to do?
 
息が落ち着いてきたので、理由について話しましょう。どうしてこれをするのでしょうか?この長いヒスのようなエクササイズをして、ヒスコンテストに勝つと、何が起きるのでしょうか?
 
First of all you're going to get longer phrases. Right? You're going to be able to hold that air longer, so you're going to sing longer phrases of music or longer exercises.
 
まず最初に、長いフレーズが歌えるようになります。ですよね?息を長く保てるわけですから、音楽の中の長いフレーズや、長いエクササイズが歌えるようになります。
 
You're also gonna be able to hit higher notes. The reason why this is if when is if the air is being blasted at the larynx things are going to tighten up, you're not going to be able to get the stretch of the vocal chords that we need for higher notes.
 
高い声も出せるようになるでしょう。その理由は、喉頭に向けて息を強く吐き出すと声帯はこわばってしまい、高い声を出すのに必要な声帯のストレッチができなくなってしまうからです。
 
Right along with this, is you're not gonna strain as much when the larynx doesn't have the deal with excessive blasts of air, it can do better things and it doesn't strain.
 
それと同時に、過剰な息を喉頭が処理する必要がなければ、より喉頭は良く働き、喉を
痛めなくても済むでしょう。
 
Also related is your vibrato. When the larynx is free and the vocal cords are free your vibrato is going to get more consistent and easier as a result.
 
さらに関連するのがビブラートです。喉頭と声帯が自由であれば、結果としてより一定に、楽にビブラートができるでしょう。
 
So those are some reasons why practicing your hiss, and practicing your long extended breath support exercises are helpful for you as singers.
 
以上がヒスや長い息の支えのエクササイズを練習する理由で、シンガーのみなさんの役に立つことでした。
 
Now one more cool thing is that you can practice the hiss pretty much anywhere.
 
もう一ついいことに、ヒスはほとんどどこでも練習できますね。
 
A lot of vocal exercises you can't do that. But a hiss, you can do that. You can practice pretty much anytime, and work on your stamina and building up that control and those muscles over time.
 
大体のヴォーカルエクササイズはどこでもはできません。でもヒスならできます。大体どこでも練習できるし、スタミナを付けたり、息のコントロールやそれに使う筋肉を時間とともに育ていけたりします。
 
So thanks you guys for going up against me on this hiss contest. Let me know if you beat me. I think if you do, that's great.
 
ヒスコンテストで私と対決してくれて、みなさんありがとうございます。私に勝ったかどうか教えてくださいね。もし勝ったなら、素晴らしいことです。
 
And if not just know, even if you could do maybe, I'd say 30 seconds, that is very impressive and will help you as a singer.
 
勝てなかったとしても、例えば30秒もできたならそれは感心ですし、シンガーの能力として役立つと知っておいてください。
 
So, if you have questions that you want to see us answer on the show, you can send an email to: Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.
 
このショーで答えてほしい質問がある場合は、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてください。
 
So we just encourage you not to lose the joy, don't lose the passion, keep working on your voice every day and doing your exercises.
 
歌う喜びと情熱を失わず、毎日エクササイズをして声を鍛えましょう。
 
Let me know if you beat me in that hiss contest. Get with a great voice teacher in your area.
 
ヒスコンテストで私に勝ったかどうか教えてくださいね。あなたの地域の素晴らしい先生に付きましょう。
 
And if you guys are in New York City you can check us out at: www.NewYorkVocalCoaching.com.
 
ニューヨークにいるのなら、私達のウェブサイト www.NewYorkVocalCoaching.com をチェックしてみてください。
 
And if you like these videos, you can check out: www.VoiceLessonsToTheWorld.com.
 
動画が気に入ってもらえたなら、 www.VoiceLessonsToTheWorld.com もチェックしてみてください。
 
I'm Justin Stoney. We'll see you next time.
 
ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!
 
 

------

 

いかがでしたか?ご意見、ご質問はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は Justin Stoney 氏の許可の下、掲載しています。

 

------

 

ヴォーカルレッスンのお問い合わせ、お申込みはウェブサイトからどうぞ。

 

レッスン概要

Lesson | NY仕込みのボイトレ T.S.Music

 

お問い合わせ、お申込み

Contact | NY仕込みのボイトレ T.S.Music