Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 21「ファルセット Vs. ヘッドヴォイス」【VLTTW翻訳】

Ep. 21 "Falsetto Vs. Head Voice" - Voice Lessons To The World
 
エピソード21「ファルセット Vs. ヘッドヴォイス」
 
Hi everybody. My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.
 
みなさんこんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチングの創設者、ジャスティン・ストーニーです。
 
Welcome to Episode 21 of Voice Lessons to the World, the show we want to help you guys as singers by answering your questions from all over.
 
ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード21へ!このショーでは世界中からの歌に関する質問に答えていくことで、シンガーのみなさんを助けていきます。
 
I'll give you a chance to ask questions later, but our question for this week comes from Nathan L., in St. George, Utah.
 
みなさんが質問する機会についてはあとでお伝えしますが、今週の質問はユタ州セイント・ジョージのネイサン・Lさんから来ています。
 
And Nathan writes, "Dear Justin, I'm a choral singer, and I enjoy singing, and I've looked all over the web for the answer that I can never find. What's the difference between falsetto and head voice in a male?"
 
ネイサンさんはこう書いています。「ジャスティンさん、こんにちは。私は合唱をやっていて、歌を楽しんでいます。ウェブ上をくまなく探したのですが、どうしても答えが見つからないことがあります。男性のファルセットとヘッドヴォイスの違いはなんですか?」
 
Now Nathan that's a great question, because I know so many people want to know the answer to that. And it's not understood.
 
ネイサンさん、素晴らしい質問です。この答えを知りたい人は多いと思いますから。そしてこれは理解されていないことです。
 
It's a big debate out there but I would love to answer this question for you guys once and for all.
 
これは大きな議論を呼んでいることですが、みなさんのためにはっきりとした答えを出したいと思います。
 
So a male falsetto versus a male head voice... they sound very similar and people mistake the two for each other all the time.
 
男性のファルセットとヘッドヴォイスはとても似ていますが、その二つはいつも間違えられています。
 
The first thing I'm going to do is little sound making - just in my speaking voice.
 
まず最初に、話し声でどんな声かやってみますね。
 
I just want to show you the difference in my speech what the what the sound of falsetto, and the sound of head voice is.
 
話している時のファルセットとヘッドヴォイスの違いをお見せしたいと思います。
 
So if I'm in this voice right here, this is my falsetto. You can hear that it's very weak, very leaky, very breathy, and a very strange sound for me to be making. So there's your falsetto sound. 
 
(ファルセットで)この声で話している時は、ファルセットです。とても弱く、息が漏れ、息混じりになり、とても変な声を出しているのがわかるでしょう。これがファルセットの声です。
 
Next I'm going to do my head voice: so now if i move into my head voice it's still kind of a strange sound for me to be making. It kind of sounds similar to falsetto, But it's not quite the same.
 
次はヘッドヴォイスをやってみます。(ヘッドヴォイスで)ヘッドヴォイスに移っても、まだ変な感じの声ですね。ファルセットと似ていますが、全く同じではありません。
 
You can hear that this falsetto voice, this is a little bit lighter and weaker than this head voice which is not too manly itself, but it's different than this sound.
 
(ファルセットで)このファイルセットヴォイスは、(ヘッドヴォイスで)それ自体男らしくないこのヘッドヴォイスに比べてもさらに少し軽く弱いですが、ヘッドヴォイスは(ファルセットで)この声とも違います。
 
You hear the difference? Falsetto, head voice. Very similar, but not quite the same.
 
違いは聞き取れましたか?ファルセット、ヘッドヴォイス。とても似ていますが、全く同じではありません。
 
So now we'll talk about what. What is falsetto?
 
では次にそれぞれが何であるかについて話しましょう。ファルセットとは?
 
Falsetto is when the vocal cords stretch out and lengthen and tilt the air to the back. So you've got long flexible vocal cords that shoot the air to the back.
 
ファルセットでは声帯が引き伸ばされ、長くなり、息は後ろに向かいます。長く柔軟な声帯が息を後ろに向かわせます。
 
That's how the voice makes high notes, is we've got muscles that stretch the vocal cords. So when you do falsetto, you're stretching the cords. Long cords, air shooting to the back.
 
このように声帯を引き延ばす筋肉を使うことが、高い声を作っていきます。つまりファルセットを出している時は、声帯を引き延ばしているんです。長い声帯で、息を後ろに向かわせます。
 
So it's this sound, but it's breathy. There's not much compression it's kind of leaky and breathy.
 
(ファルセットで)それがこの声で、息混じりでもあります。コンプレッションがあまりないので、息が漏れ、息混じりになります。
 
Now, head voice, this is why it's so similar, you have long cords they're being stretched out the air is being shot to the back but this time you have, not just this, but a little bit of this. 
 
ではヘッドヴォイスですが、似ている理由は、声帯が長く引き伸ばされ、息は後ろに向かわせられているからですが、ヘッドヴォイスは(ファルセットで)これだけでなく、(ヘッドヴォイスで)少しこれも加えられます。
 
A little bit of compression on the voice too. So it's long cords, air to the back, but not breathy, a little bit compressed.
 
声に少しコンプレッションも加えられます。つまり声帯は長く、息は後ろに向かいますが、息混じりではなく、少しコンプレッションを使います。
 
Now head voice is a form of a mix, because a mix is some blend of coordinations.
 
ミックスとは声の使い方を混ぜることなので、ヘッドヴォイスはミックスの一種だと言えます。
 
This is no coordination at all, it's just air to the back.
 
(ファルセットで)これだとコンプレッションが調整されていなくて、ただ息が後ろに向かっているだけです。
 
This is air to the back, plus a little bit of something else.
 
これは息が後ろに向かい、(ヘッドヴォイスで)さらに何かが少し加わっている状態です。
 
Head voice has a little bit of something else. And that thing is something we've talked about before, which is compression.
 
ヘッドヴォイスには少し何かが加えられています。それは以前にも話したことで、コンプレッションと呼ばれるものです。
 
So that's why they're so similar, and that's why people get them confused all the time, is because both of them, air to the back, both of them, long cords.
 
両方とも息は後ろに向かい、長い声帯なので、すごく似通っていていつもみんな混同してしまうのです。
 
But the x factor, is the thing that's misunderstood: compression.
 
違いを作る決め手となるのは、誤解されていること:コンプレッションです。
 
So Nathan, or anybody, if you're ever wondering what the difference is, that's it.
 
ネイサンさん、みなさん、違いについてなんだろうと思っていたと思いますが、これなんです。
 
It's just a little bit more put together on the vocal cord level. Falsetto, not put together, head voice, some degree of put togetherness.
 
声帯がより寄せ集められているのです。ファルセットでは寄せ集められず、ヘッドヴォイスではいくらか寄せ集められています。
 
Ok. So next we're going to just talk about a few song examples where you hear falsetto.
 
いいでしょうか。それでは次にファルセットが聴ける曲の例について話しましょう。
 
Ok. The Beatles are famous for doing their, "woo," at that high notes. So that would be an example of when you hear falsetto in a male, in a song.
 
ザ・ビートルズは高い音を「ウー」で歌うので有名ですね。曲の中で男性のファルセットが聴ける一例です。
 
There's tons of them, but that's a really classic one where the Beatles do their, "woo."
 
たくさん例はありますが、ザ・ビートルズが「ウー」と歌うのは典型的ですね。
 
Ok. A style of music that uses head voice a lot of times almost exclusively would be, like an Irish folk song.
 
ヘッドヴォイスに限ってよく使う音楽のスタイルと言えば、アイルランド民謡のようなものでしょう。
 
So you hear an Irish tenor kind of doing something like, "to ra loo ra loo ra, to ra loo ra lye..."
 
アイルランドのテナー歌手が、「トラルラルラ、トラルラライ」のように歌うのを聞けますね。
 
And that's not quite my falsetto, "Hye - aye." I put my vocal cords together in a subtle fashion, and I get something from, "Hye....aye,"
and I come into my head voice.
 
これは全くのファルセットではありません。「(ファルセットで)ハーイ、(ヘッドヴォイスで)アーイ」と声帯を少しだけ寄せ集めると、「(ファルセットからヘッドヴォイスへ)ハー…アーイ」とヘッドヴォイスに行けます。
 
So you know, "Oh Danny Boy the pipes the pipes are calling" that kind of sound, is a very, very light head voice. But it's not falsetto.
 
ですから、"Oh Danny Boy the pipes the pipes are calling," のような、とても軽いヘッドヴォイスを使いますが、これはファルセットではありません。
 
And then you got your songs that come in and out of falsetto a lot and will actually talk about this really soon.
 
そしてファルセットを行き来するような歌もたくさんあります。このことについては近いうちに話しますが。
 
But you have, "Apologize," by Timbaland. "It's too late to apologize," Right?
 
例えば、ティンバランドの「アポロジャイズ」では(声が途中で裏返る)”It's too late to apologize" というフレーズがありますよね。
 
"It's too late to apologize..." "It's too late...Falsetto, and then to mix." Coming in and out of that falsetto coordination into your mix.
 
"It's too late to apologize..." "It's too late…ファルセット、それからミックス” と、ファルセットからミックスへと行き来しています。
 
So that's a song example of both, and some song examples that use one or the other exclusively at different moments.
 
以上が両方の曲例と、曲の中で声区を使い分けている例でした。
 
So then what you want to work on if you want to get a good falsetto or good head voice or both.
 
それでは次に良いファルセットやヘッドヴォイスを得るために何をしたらいいのか、見ていきましょう。
 
Basically, what I encourage guys to do is just not stop working on your falsetto.
 
お勧めするのは、ファルセットの練習を続けることです。
 
Falsetto is neglected so much in vocal exercise and training. It's your flexibility function you need to keep on stretching that falsetto all the time.
 
ファルセットは、ヴォーカルエクササイズやトレーニングの中で軽視されています。必要な柔軟性の機能のために、ファルセットで声帯をストレッチし続けましょう。
 
It's not going to hurt you. There's absolutely nothing wrong with doing a falsetto. In fact is very, very good for you.
 
ファルセットは声を痛めません。ファルセットをすること自体は全く悪いことではありません。実はとてもいいことなんです。
 
And then, make sure you're guiding your air up and back for high notes.
 
そして、高い音の時は息を上や後ろの方向に導くようにしましょう。
 
Head voice is a stronger coordination than falsetto, but the problem with how males often sing, is they're using so much of a thick coordination such a chesty sound, and so much power in the voice all the time that they never send the air up and back in a light way.
 
ヘッドヴォイスはファルセットよりも強い声の使い方ですが、男性が歌う時によくある問題は、厚くてチェスティー(チェストヴォイスの要素が強い)な声帯の使い方や、大きすぎる声のパワーをいつも使ってしまうために、息を上や後ろの方向に送り、軽い方法で声を出すことを全くしないことです。
 
So if you work on your falsetto and you continue to have your notes moving this way, and not straight out that way, you're going to develop a good head voice over
time as well.
 
ファルセットを練習して音を前に吐き出さず頭の方向に向け続けられれば、時間と共に良いヘッドヴォイスを作り上げることもできるでしょう。
 
But hopefully knowing the difference between falsetto and head voice can get you a little bit of a start.
 
ファルセットとヘッドヴォイスの違いを知ることが練習するきっかけになればと思います。
 
So Nathan, and everybody, I hope that settles the debate once and for all about the difference between the two, and gives you a few tips for working on them.
 
というわけで、ネイサンさん、みなさん、今回の内容がこの二つの違いに関する議論をはっきりと解決し、両方を練習するヒントになっていればと願います。
 
If you have questions that you'd like to see us answer on the show you can send an email to: Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.
 
このショーで答えてほしい質問がある場合は、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてください。
 
We just encourage you not to lose the joy, don't lose the passion, get with a great voice teacher in your area.
 
歌う喜びと情熱を失わず、あなたの地域の素晴らしい先生に付くようにしましょう。
 
And if you guys are in New York City you can visit us at: www.NewYorkVocalCoaching.com.
 
もしニューヨークにいるのなら、 www.NewYorkVocalCoaching.com を訪ねてみてください。
 
And if you like these videos you can check out: www.VocieLessonsToTheWorld.com.
 
動画を気に入ってもらえたなら、www.VocieLessonsToTheWorld.com をチェックしてみてください。
 
I'm Justin Stoney. We'll see you next time.
 
ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!
 
 

------

 

 

いかがでしたか?ご意見、ご質問はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は Justin Stoney 氏の許可の下、掲載しています。

 

 

------

 

 

ヴォーカルレッスンのお問い合わせ、お申込みはウェブサイトからどうぞ。

 

レッスン概要

Lesson | NY仕込みのボイトレ T.S.Music

 

お問い合わせ、お申込み

Contact | NY仕込みのボイトレ T.S.Music