Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 22「クイック・チェンジ」【VLTTW翻訳】

Ep. 22 "Quick Changes" - Voice Lessons To The World
 
エピソード22「クイック・チェンジ」
 
Hi everybody. My name is Justin Stoney, and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.
 
みなさんこんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチングの創設者、ジャスティン・ストーニーです。
 
Welcome to Episode 22 of Voice Lessons To The World, the show we want to help you guys as singers by answering your questions from all over.
 
ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード22へ!このショーでは世界中からの歌に関する質問に答えていくことで、シンガーのみなさんを助けていきます。
 
And I'll give you a chance to ask questions later, but a question for this week comes from Daniel J. in Queensland, Australia.
 
みなさんが質問する機会についてはあとでお伝えしますが、今週の質問はオーストラリア、クイーンズランド州のダニエル・Jさんから来ています。
 
And Daniel writes, "Dear Justin, Can you tell us how to manipulate and alternate between head voice and chest voice quickly, like Adele does in the chorus of, "Set Fire to the Rain."
 
ダニエルさんはこう書いています。「ジャスティンさん、こんにちは。アデルが “Set Fire to the Rain” のサビで歌っているように、ヘッドヴォイスとチェストヴォイスの間をうまく行き来する方法を教えてくれませんか?」
 
That's a great question, Daniel. And you're right about that. Adele has this really unique ability to move between her registers very quickly.
 
素晴らしい質問ですよ、ダニエルさん。そうですね。アデルは声区の間をとても素早く移動する、類まれな能力を持っています。
 
It gives her a really cool and different sound. That's partly why she's such a great singer, is she does this quick alternation between her registers.
 
これが彼女が持つ、かっこよくて他と違う声に繋がっています。彼女が素晴らしいシンガーである理由の一つは、声区の間を素早く行き来できることです。
 
So we'll look at "Set Fire to the Rain" today. But I want to first do a quick registration overview.
 
それでは今日は “Set Fire to the Rain” を見ていきましょう。まずは声区についてざっと説明したいと思います。
 
So we've got our chest voice. That's the thick, robust, powerful coordination. It's like speaking on pitch. It's thick cords, it's air out the mouth, and like I say it's like speaking. And Adele has that really strong, speaky-belty chest voice that she uses a lot.
 
チェストヴォイスは、厚く、しっかりした、力強い声の使い方です。ピッチに乗せてしゃべっているようなものです。声帯は厚く、息は口から出て、しゃべっているような感じの声です。アデルはとても力強く、しゃべり声で張っていくようなチェストヴォイスをよく使います。
 
But then you've got your head voice, which is a lighter sound, and it's air to the back, thinner cords a sort of, lighter and "hooty-ier" quality to the voice. So that's head voice. 
 
それに対してヘッドヴォイスは軽い声で、息は後ろの方に向かい、声帯は薄く、声質は軽く、フクロウのような感じです。これがヘッドヴォイスです。
 
And then in the middle, you've got all manner of blends between the two... All manner of strengths, of vocal cord coordinations, and things that are between head voice and chest voice, which helps you to blend smoothly.
 
そしてその間には、その二つを混ぜたあらゆる種類の声があります。あらゆる種類の力強さ、声帯の使い方 - ヘッドヴォイスとチェストヴォイスの間にあるものが、声を滑らかに混ぜるのに役立ちます。
 
Now Adele does blend smoothly sometimes. But she also moves quickly between the registers and makes it almost in some ways - not so smooth - on purpose.
 
アデルは滑らかに声を混ぜることもありますが、わざと滑らかにしないような感じで声区を素早く移動することもあります。
 
And I'll show you what I mean by that with the song. So let's get to "Set Fire to the Rain."
 
これがどういうことなのか、曲で説明しますね。”Set Fire to the Rain” に行ってみましょう。
 
And I'm just going to take one passage, and breakdown kind of some of the things that Adele does in the song.
 
あるパッセージを取って、アデルが曲でやっていることを分解していきます。
 
This is not an Adele imitation. I'm just taking some of the coordinations that she uses
and I'm gonna just show you what she's doing with her register changes so that it
gives you a better idea of understanding what some of these great singers do with
their voices.
 
今からやることはアデルの物真似ではありません。素晴らしいシンガーがやっていることをより理解できるように、彼女がの声の使い方を取って、声区の変化を見せていきます。
 
So if I take that chorus of "Set Fire to the Rain:"
 
それでは ”Set Fire to the Rain” のサビを歌ってみますね。
 
"But I set fire to the rain and I threw us into the flames. Well I felt something die cause I knew that that was the last time the last time..."
 
(歌)"But I set fire to the rain and I threw us into the flames. Well I felt something die cause I knew that that was the last time the last time..."
 
So she starts off in chest voice and then quickly she throws it up into head voice and then back down into a mix and then back up into head voice and then back down again, "But I set fire to the rain and I threw us... and I threw us..." right into
head voice and then right back into mix.
 
チェストヴォイスで歌い始めてから、素早くヘッドヴォイスに移り、そのあとミックスに戻ってからまたヘッドヴォイスに行き、また戻っています。”But I set fire to the rain and I threw us... and I threw us…” という感じで、ヘッドヴォイスに行ってからすぐにミックスに戻ります。
 
So she starts off strong with, "I set fire," and then, "threw us" is head voice, and then mix. "I threw us into the..." and then right back, "into the flames..."
 
"I set fire" で力強く歌い始め、"threw us" ではヘッドヴォイスからミックスに移ります。"I threw us into the..." でもヘッドヴォイスから "into the flames..." とミックスに戻ります。
 
So she's back and forth between her head voice and her mix. And that's giving it that really unique quality.
 
つまり、彼女はヘッドヴォイスとミックスを何回も行き来しています。これが彼女のユニークさを産んでいます。
 
Now another thing to know about Adele is that she's often doing the head voice that she throws in so quickly on an e vowel or an oo vowel.
 
アデルについて知っておくべきもう一つのことは、彼女はよく「イー」と「ウー」の母音の時に素早くヘッドヴォイスに移っている、ということです。
 
And those are very heady vowels. They do help the air get to the back.
 
これらの母音はとてもヘッド寄り※で、息を後ろ側に持っていくのに役立ちます。
 
(※訳注 こちら「フィルター」を参照ください。)
 
The "oo" because the air is being blocked from the mouth, "threw us... threw," helps me get it back here. And then the e vowel often you'll hear her do that one as well.
 
「ウー」では口で息が遮られているので、"threw us... threw," が息を後ろに持っていくのに役立っています。そして「イー」の母音の時も彼女がそうしているのを聴けるでしょう。
 
When she picks a heady vowel, she often just lets her voice go quickly up into head voice.
 
彼女がヘッド寄りの母音を選んでいる時は、声を素早くヘッドヴォイスに移していることが多いです。
 
So hope that can help you see just what she's doing in her song work to go... I wouldn't actually call it graceful, but purposefully "not graceful" between her registers.
 
ということで、彼女が曲の中で何をしているのかを理解するのに役立てばと思います。実際この歌い方は滑らかではありませんが、わざと滑らかでないように声区の間を移動している、ということです。
 
To do that you have to be very very confident in your registration. You have to make sure that you have all the registers worked out.
 
これをするには、各声区に強い自信がなければなりません。全ての声区が鍛えられているようにしなければなりません。
 
So let's then talk about how you can develop some of those skills of moving so quickly between registers like that. The first thing I want you to know is to work on every register.
 
それでは次に、アデルのように素早く声区の間を動く技術を身につける方法について話しましょう。最初に知っておいて欲しいことは、全ての声区を練習することです。
 
A lot of people neglect one or another. They say, "Well I'm a belter. I want to sound powerful like Adele."
 
どれかの声区を軽視してしまう人は多いです。そういう人は「私はベルター※だから、アデルみたいにパワフルな声が欲しい」と言いますが、
 
(※訳注 ベルター 声を張るような歌い方をする人のこと。現代のポピュラーミュージックによく聴かれる歌唱法で、それ自体は悪いことではありません)
 
But then they don't work on their falsetto. They don't work on their head voice. They don't work on the lighter coordinations. Belters, you need to work on your head voice just as much as you work on your belt.
 
彼らはファルセットの練習をしません。ヘッドヴォイスの練習をしません。軽い声の使い方を練習しません。ベルターの皆さん、ベルトの練習をするのと同じくらいヘッドヴォイスの練習をしましょう。
 
Same thing is true of head voice singers. Make sure that you have a strong robust chest voice to add power to your voice so that it's not always just head voice.
 
ヘッドヴォイスでいつも歌っているシンガーにも同じことが言えます。いつもヘッドヴォイスで歌うのではなく、声にパワーを加えられるように、力強いチェストヴォイスを持っておきましょう。
 
Then finally, make sure that you have the mix qualities in-between. You should be able to have every note that you're going to be doing in a song in every different coordination.
 
そして最後に、その間のミックスの状態を持てるようにしましょう。あなたが曲の中で歌う全ての音を、違う声の使い方で出せるようにするべきです。
 
So if i just take this note, "he..." sorry, "he," I should also be able to do, "he" or "he" or "he" or "he" or "he..."
 
この音を例に取ってみると、「ヒー」、間違えました、「ヒー」、こういうこともできるようにしておくべきです。(同じピッチの音を様々な声色で)「ヒー」、「ヒー」、「ヒー」、「ヒー」、「ヒー」
 
I have all these different registers that I can use for that single note. If you make sure
that you can sing each note in all different registers, then you're going to be able to move quickly between them.
 
この一つの音に対して様々な異なる声区を使うことができます。もしそれぞれの音を違う声区で歌えるようになれば、声区の間を素早く移動することができるようになるでしょう。
 
It's not like you sing your g, and it's always chest voice, you want to make sure
that you can do it in different coordinations.
 
「ソ」の音を歌うときはいつでもチェストヴォイスで、などということではなく、違う声の使い方で歌えるようにしましょう。
 
Another way to develop the ability to do all those different coordinations is, don't add air for the coordinations.
 
異なる声の使い方ができるようになるもう一つの方法は、それぞれの声区に息を余計に加えないことです。
 
Don't add more air for your chest voice or less air for your head voice. You want to keep the airflow even, regardless of what register you're in. Pop singers are very very good at keeping the airflow even regardless of the register.
 
必要以上にチェストヴォイスに息を加えたり、ヘッドヴォイスで息を少なくしたりないようにしましょう。どの声区を歌っているとしても、息の流れを一定にしたいところです。ポップの歌手は声区にかかわらず息の流れを一定に保つのがとても上手です。
 
The other thing similar to that is don't change the volume for your registration. Keep the volume the same and don't get louder for chest voice, don't get softer for head voice, and then it's easier to go back and forth between the registers.
 
もう一つそれに似たこととして、声区が変わってもヴォリュームを変えないようにすることです。ヴォリュームを一定にして、チェストヴォイスでより大声になったり、ヘッドヴォイスでよりソフトになったりしないようにすれば、声区を行き来するのが簡単になります。
 
So I hope that gives you a little sense of what Adele does and how you can start working on it too.
 
というわけで、アデルがやっていることと、それをどうやって練習し始めるのかが、少し理解していただけたら嬉しいです。
 
Now I'm going to do a Part 2 kind of next week on this, Daniel, and all. And I’m going to give you an exercise that helps you to feel how you can move quickly back and forth between registers yourself.
 
ダニエルさん、みなさん、来週はこれのパート2のようなことをやりますね。声区の間を素早く行き来できるようになるために役立つエクササイズを提供します。
 
So there's gonna be a Part 2. Stay tuned for that next week as we do that.
 
来週はパート2です。引き続き見てくださいね。
 
But I hope that's been helpful for you guys today as singers. If you have questions you want to see this answer on the show you can send an email to: Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.
 
今回の内容がみなさんの役に立っていれば嬉しいです。このショーで答えてほしい質問がある場合は、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてください。
 
We just encourage you not to lose the joy, don't lose the passion... Keep working
on all the registers of your voice. Keep being inspired by great artists like Adele.
 
歌う喜びと情熱を失わずに、全ての声区を練習し続けてましょう。アデルのような優れたアーティストからインスピレーションを受け続けてください。
 
Find a great voice teacher in your area. If you guys are in New York you can check us out at: www.NewYorkVocalCoaching.com
 
あなたの地域の素晴らしい先生を見つけましょう。ニューヨークにいるのなら、www.NewYorkVocalCoaching.com をチェックしてみてください。
 
And if you like these videos you can visit: www.VoiceLessonsToTheWorld.com.
 
動画を気に入ってもらえたのなら、 www.VoiceLessonsToTheWorld.com も見てみてくださいね。
 
I'm Justin Stoney. We'll see you next time.
 
ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!
 
 

------

 

 

いかがでしたか?ご意見、ご質問はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は Justin Stoney 氏の許可の下、掲載しています。

 

 

------

 

 

ヴォーカルレッスンのお問い合わせ、お申込みはウェブサイトからどうぞ。

 

レッスン概要

Lesson | NY仕込みのボイトレ T.S.Music

 

お問い合わせ、お申込み

Contact | NY仕込みのボイトレ T.S.Music