Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 25「キーに関する知恵」【VLTTW翻訳】

Ep. 25 "Key Wisdom" - Voice Lessons To The World

 

エピソード25「キーに関する知恵」

www.youtube.com

 

Hi everybody. My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.

 

みなさんこんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチングの創設者、ジャスティン・ストーニーです。

 

Welcome to Episode 25 of Voice Lessons to the World. The show where we want to help you guys as singers by answering your questions from all over.

 

ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード25へ!このショーでは世界中からの歌に関する質問に答えていくことで、シンガーのみなさんを助けていきます。

 

And I'll give you a chance to ask questions later. But a question for this week comes from Kira S. in Sydney, Australia.

 

みなさんが質問する機会に関してはあとで説明しますが、今週の質問はオーストラリア、シドニーのキラ・Sさんから来ています。

 

And Kira says, "Dear Justin, I'm a guitarist and I also enjoy singing along to songs that I play. But most of the music I like are by men or boy bands. So when I sing these songs I either can't match the pitch, or, when I can, the high notes don't sound right. How can I sing the songs I like in a way that my voice is able to handle?"

 

キラさんはこう言っています。「ジャスティンさん、こんにちは。私はギタリストで、弾き語りも楽しんでいます。でも私が好きな音楽はほとんど、男性のアーティストかバンドの曲です。なので、歌う時にピッチが合わなかったり、合っていたとしても、高い音がしっくり来ません。自分の声でこういう曲をうまく歌うには、どうしたらいいですか?」

 

And that's a great question, Kira. And I really appreciate you asking it, because so many singers are getting lost just by a simple fact of not knowing what key, to put the song.

 

素晴らしい質問ですよ、キラさん。曲をどのキーに合わせたらいいのかわからない、というシンプルな事実に悩まされているシンガーは多いですから。この質問をしてくれたことを本当にありがたく思います。

 

And so that's what we're gonna talk about today, is knowing that, and having wisdom about the key that you're singing.

 

というわけで今日話すことは、キーの合わせ方を知り、自分で歌う時のキーに関する知恵を得ることです。

 

So the first thing that you're going to need to know is what is your range.

 

では、まず最初に知る必要があること、それはあなた自身の声域です。

 

You need to identify your vocal range. You need to know where the low notes lie. You need to know where the upper notes in your range lie.

 

自分の声域を明らかにする必要があります。声域の中のどこに低域があって、どこに高域があるのかを。

 

And maybe you could figure that out on your own. Especially if you're a guitarist or an instrumentalist.

 

自分でそれを確かめることもできるかもしれません。特にあなたがギタリストであったり、楽器を演奏しているのであれば。

 

But it's really important that you know the exact notes. You can also get a coach

to help you with this.

 

正確な声域を把握しておくことは、とても重要です。それを助けてくれるコーチを雇うのもいいでしょう。

 

But you need to identify not just that. Not just the low and the high, but then also where your chest voice lies, where your head voice lies, and where your mix is.

 

でも、明らかにする必要があるのはそれだけではありません。低域から高域というだけでなく、チェストヴォイス、ヘッドヴォイス、ミックスがそれぞれどこにあるのかも知る必要があります。

 

All of these things will change over time. They'll improve as you work. But you need to know right now, where these parts of your voice are, so that you can kind of determine where you're going to place those keys.

 

このことは時間とともに変わります。練習すれば改善していくでしょうから。でもどこにキーを合わせるのかを決めるためには、今現在それぞれの声区がどこにあるのかを知る必要があるのです。

 

And then not being afraid to change the key. We're going to talk all about that today. 

 

そして次は、キーを変えることを恐れないことです。今日はそれに関して全て話していきます。

 

So know your range, know where your different registers lie, and then we're going to have you change the key to fit where that's at.

 

声域を知って、声区がそれぞれどこにあるかがわかったら、今度はそれに合うようにキーを変えていきましょう。

 

But next I want to talk here about what you said about the differences between guys and girls. You're singing these male songs, and a lot of females want to sing male songs, and male song male people want to sing female songs. And that's great!

 

さて、次に話すのは、キラさんが言っていた男性と女性の違いについてです。キラさんが男性の曲を歌っているように、多くの女性は男性の曲を歌いたがり、逆に多くの男性は女性の曲を歌いたがります。これは素晴らしいことですね!

 

But you have to understand that there's differences in the voices. The voice works

the same pretty much for males and females, or very similarly, at least.

 

でも男女の声には違いがある、ということを理解する必要があります。声自体は男女ともほとんど同じように、あるいは少なくともとても似たように働きます。

 

But where the exciting notes lie is very different. In other words, if a female were to just sing a song in a male key, it probably wouldn't be all that exciting. It would probably be actually kind of a little bit strange. You need to alter it.

 

でもどのあたりの音が魅力的かは、とても異なっています。言い換えれば、女性が男性のキーで歌ったとしても、おそらく魅力的にはならないでしょう。実際には変な感じになると思いますから、キーを変える必要がありますね。

 

So where a male has his sort of exciting notes, especially in like contemporary music and with like a belt, would be F4 through C5. Guys that can sing up there, that's very exciting.

 

男性にとって魅力的な声域は、特に現代のポピュラー音楽をベルトで歌う場合、F4からC5でしょう。この高域を歌える男性は、とても魅力的です。

 

But women singing in that territory it's pretty common. For a female the exciting money notes would be, a Bb4 through an F5. So that shifted up about a perfect fourth.

 

ですが女性の場合、その声域を歌うのはごく普通のことです。女性にとっての魅力的なマネー・ノート※は、Bb4からF5までです。完全五度くらい上に移動しましたね。

 

※訳注 マネー・ノートとは、歌のパフォーマンスの中で、ドラマティックで感動させるような部分のこと。ここではそういう声になる声域のことを言っている。

 

So that doesn't mean you always want to sing in those territories per se. But you need to know where your voice lies, where your "money" notes are, so that you can put the key into that place.

 

当然、いつもその声域で歌うのがいいというわけではありませんが、キーを正しく持っていくために、自分の声域がどのあたりなのか、どこがマネー・ノートなのかを知っておく必要があります。

 

Also I should just mention that, that, guys, we tend to prize guys that can do

lighter higher coordinations...Guys singing with a lot of chest voice, so when a guy goes up into a high head voice, it's very thrilling.

 

もう一つ伝えておきたいことは、男性の場合、軽くて高い声の使い方ができる人が評価される傾向にある、ということです。男性はチェストヴォイスで歌うことが多いですから、ヘッドヴォイスに上がっていく時は、スリル満点です。

 

But when a female sings in a lighter, headier tone, we tend to not think that's as exciting. We tend to think when they're in their chest voice, that's what's more exciting. 

 

でも女性が軽く、ヘッド寄りの声で歌う時、男性ほどは魅力的だと思われない傾向にあります。女性はチェストヴォイスで歌っている時の方が、魅力的だと思われる傾向があるのです。

 

So there's that difference too, is that you know a male singing high and light is impressive, and a female singing low and powerfully is impressive. That's just something to keep in mind too, when you're deciding what key to do.

 

ということで、高く軽い声で歌う男性は印象に残り、低く力強い声で歌う女性は印象に残る、という違いもあるのです。どのキーで歌うかを決める時は、このことも心に留めておきましょう。

 

Next I want to just talk about what you said, Kira, about singing along with artists.

 

次はキラさんが言っていた、アーティストと一緒に歌うことについて話したいと思います。

 

It's not such a bad thing to, you know, throw on the stereo and sing along to artists. There's some advantages. You can learn style, but it's actually probably, mostly, something that's going to limit you over time.

 

ステレオをつけてアーティストと一緒に歌うことは、そんなに悪いことではありませんよ。スタイルを学ぶことができたり、いくつかの利点はありますが、長い目で見ると実は、成長を妨げることになってしまうかもしれません。

 

You might strain because the notes are too high, it might not be the right key

for you, you might try to manipulate your voice to try to sound like that artist.

 

音が高すぎて喉を痛めてしまうかもしれないし、自分にとってちょうどいいキーではないかもしれないし、アーティストの真似をしようと、自分の声を変えようとしてしまうかもしれません。

 

There's a lot of reasons why singing along with artists is not really the best thing.

But since we're talking about keys today, that's one of them.

 

アーティストと一緒に歌うことがベストでない理由は他にもたくさんありますが、今日はキーのことについて話しているので、これ一つにしておきます。

 

You may very well be seeing a horrible key when you're singing along with the artist. So that's why you really have to get your keys changed to suit your range, to suit your registers, and to suit what is exciting and is comfortable in your voice.

 

アーティストと一緒に歌う時は、不快なキーで歌ってしまっているかもしれません。キーを変える必要があるのは、自分の声域、声区や、魅力的だったり楽に歌えるところに合わせるためなのです。

 

You want your keys to be kind of a moderate challenge. Not too high and strained not too low and boring something that's a little bit difficult for you, but a challenge that you can overcome.

 

歌うキーは適度に挑戦的であるようにしましょう。高すぎて声を痛めたり、低すぎてつまらない感じになったりせず、少し難しいけれど乗り越えられそうな課題になるように。

 

So how do you do it? First of all, Kira, if you're a guitarist, you've got a capo. You can just shift the keys with a capo. That's very handy for anybody that's a guitarist.

 

では、どのようにすればいいでしょうか?まず最初に、キラさんのようなギタリストであれば、カポがありますね。カポでキーを移動できます。ギタリストならこれがとても手軽です。

 

If it's an instrumentalist, you might print out the key. There's tons of resources these days. There's websites that will help you print songs in any different key. That's very handy.

 

楽器をやっているのなら、楽譜を印刷するのもいいでしょう。最近ではたくさん資料があって、曲をどんなキーにでも変えて印刷できるようにしてくれるウェブサイトもあります。とても便利ですね。

 

There's transposes that can transpose music for you. There's coaches that can help you find the right key and also transpose that music.

 

曲を移調してくれるような機材もあります。どのキーがいいのかを見つけるのを手伝ったり、曲を移調したりしてくれるコーチもいます。

 

But in this day and age, it's so easy. There's so many resources for finding the right key. So there's absolutely no reason to just sing the key that the original artist did. That's putting you at a very big disadvantage.

 

今はこういったことはとても簡単になっています。ちょうどいいキーを見つけるための資料はたくさんあります。元のアーティストと同じキーで歌う必要なんて全くありません。原曲キーにこだわると大きく不利になりますよ。

 

So I hope that's helpful for you guys today as singers. I don't want you guys to be discouraged because you can't sing the exact key that you heard. Go ahead and change it.

 

ということで、今日の内容がシンガーのみなさんに役立っていれば嬉しいです。原曲と同じキーで歌えないからといって、落ち込んでほしくないのです。臆せず変えましょう。

 

It's the easiest thing in the world, and it will make such a big difference if you have some wisdom about what you're doing with the keys, so that you're not just straining and unable to accomplish your vocal goals.

 

これはとても簡単なことですから。声を痛めたり、ヴォーカルの目標を達成できなかったりしないよう、キーに対応する知恵を持っていれば、とても大きな違いになることでしょう。

 

If you guys have questions that you like to see us answer on the program you can send an email to: Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

このプログラムで答えてほしい質問があれば、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールできますよ。

 

We just encourage you not to lose that joy. Don't lose that passion. Get with a great instructor in your area and find the right key for your songs.

 

歌う喜びと情熱を失わないようにしましょう。あなたの地域の素晴らしいインストラクターに付いて、曲のちょうどいいキーを見つけましょう。

 

If you guys are in New York City, you can check us out at: www.NewYorkVocalCoaching.com.

 

ニューヨーク市にいるのなら www.NewYorkVocalCoaching.com をチェックしてみてください。

 

And if you like these videos you can visit: www.VoiceLessnsToTheWorld.com.

 

動画を気に入ってもらえたのなら www.VoiceLessonsToTheWorld.com もチェックしてみてください。

 

I'm Justin Stoney. We'll see you next time.

 

ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!

 

 

--------

 

 

いかがでしたか?ご意見、ご質問はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は Justin Stoney 氏の許可の下、掲載しています。

 

--------

 

ヴォーカルレッスンのお問い合わせ、お申込みはウェブサイトからどうぞ。

 

レッスン概要

https://www.takahisasatomusic.com/lesson

 

お問い合わせ、お申込み

https://www.takahisasatomusic.com/contact