Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 26「バリトンの呪い」【VLTTW翻訳】

Ep. 26 "Baritone Curse"- Voice Lessons To The World

 

www.youtube.com

 

Hi everybody. My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.

 

みなさんこんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチングの創設者、ジャスティン・ストーニーです。

 

Welcome to Episode 26 of Voice Lessons To The World. The show where we want to help you guys as singers by answering your questions from all over.

 

ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード26へ!このショーでは世界中からの歌に関する質問に答えていくことで、シンガーのみなさんを助けていきます。

 

And I'll give you a chance to ask questions later. But our question for this week comes from Randall O. in Orlando Florida.

 

みなさんが質問する機会に関してはあとで説明しますが、今週の質問はフロリダ州オーランドのランドール・Oさんから来ています。

 

And Randall writes, "Dear Justin, I have the 'baritone curse'. All my favorite singers

are tenors that sing pop rock and R&B;. But I'm a baritone. Am I doomed with the 'baritone curse', or will I ever be able to sing high?"

 

ランドールさんはこう書いています。「ジャスティンさん、こんにちは。僕は『バリトンの呪い』に苦しんでいます。僕の好きなシンガーはみんな、ポップやロック、R&Bのテナーです。でも僕の声はバリトンです。僕は一生『バリトンの呪い』にかかったままなのでしょうか、それとも高い声で歌えるようになるのでしょうか?」

 

That's a great question Randall and thank you so much for writing. And that's very funny, the "baritone curse." I like, I like the way you say that.

 

素晴らしい質問ですよ、ランドールさん。お便りをありがとうございます。「バリトンの呪い」とはおもしろいですね。好きですよ、その言い方。

 

And today we're going to talk about this curse that you described and see if we

can dispel some of that and give you some ideas and some options so that you

don't feel doomed and cursed for the rest of your life.

 

今日はランドールさんが話していたこの「呪い」に関して話していきますが、一生呪われてしまうような運命にあるように感じないために、これを払いのけられるかどうかと、いくつかのアイディアや選択肢について見ていきましょう。

 

So let's dive right in. "The baritone curse". I think I know what you mean by that Randall, but I'm going I'm going to just talk us through that.

 

では、さっそく参ります。「バリトンの呪い」。ランドールさんが何を言いたいのかわかる気がしますが、一通り説明していきましょう。

 

First of all, a baritone... A lot of people think that's somebody, you know with a low voice, and... and it could be. It is.

 

まず最初に、「バリトン」ですが… 低い声の人はバリトンだ、と考える人は多く、確かに実際、そうかもしれません。

 

However, just know Randall and all... I haven't heard you Randall, but a low

speaking voice does not necessarily mean that you're a baritone.

 

ですが、ランドールさんとみなさんに知って欲しいのは… ランドールさんの声を聞いたわけではないのですが、話し声が低い人が必ずしもバリトンであるとは限らないのです。

 

So if you have a low voice, if you have a low, baritone speaking voice... That doesn't mean that you're a baritone. There's plenty of guys with a low speaking voice, who are actually tenors, and actually have a great high range.

 

もしあなたの声が低く、バリトンのような話し声だったとしても、それはあなたがバリトンであるということにはならないのです。話し声が低くても、実際はテナーで、高い声域を上手く出せる男性はたくさんいるのです。

 

And there's also baritones and bases that don't actually speak all that low. A lot of times it does cross over. But not necessarily. So you may indeed have a low speaking voice, and not be a baritone. That's one thing to keep in mind.

 

また、バリトンやバスであってもそんなに低い声でしゃべらない人もいるのです。多くの場合は話し声とリンクしますが、いつもそうというわけではありません。あなたのしゃべり声が低くても、実際はバリトンでないということがあるのです。一つ心に留めておきましょう。

 

Another thing is a lot of people have been told that they’re baritones. Maybe you've sung in choir in the past and you were put in the baritone section. And that could have been due to blend.

 

もう一つは、「あなたはバリトンね」と言われてきた人が多い、ということです。以前合唱隊で歌った時に、バリトンのパートに置かれたのかもしれません。これは声の調和のためかもしれませんね。

 

But then you start to think to yourself, "Well, I'm a baritone." And you identify with that. You identify with low notes, and with singing low, and you think of your voice as low. 

 

それであなたも自分自身が「うん、僕はバリトンだ」と思うようになったのでしょう。自分は低音で、低く歌うから、自分の声は低いんだ、と思ったのでしょう。

 

Voice teachers as well often classified their singers as baritones, and have them singing low repertoire, and singing low and middle notes all the time. Just because somebody has told you you're a baritone in the past, doesn't necessarily mean that you are.

 

ヴォイス・ティーチャーも生徒をバリトンだと分類して、低いレパートリーを歌わせ、ずっと中低音を歌わせていたりすることがよくあります。誰かが以前に「あなたはバリトンね」と言ったからといって、あなたがバリトンだとは限りません。

 

Personally, growing up I always sang baritone in choir, I was trained as a singer as a

baritone, and I found out later that I was actually a tenor, and had a real easy time getting up to high notes.

 

私個人的にも、合唱隊でいつもバリトンを歌ってきて、バリトンの歌手としてトレーニングを受けていたのですが、後になって実際自分はテナーで、高い声に行くのが楽だとわかった、という経験をしました。

 

But all growing up and all through my teenage years and even early twenties, I really didn't have a tenor range. But I found out later that I was a tenor. 

 

でも子供の頃からティーンエイジャー、20代の初めにかけてまでも、テナーの声域を持ってはいませんでした。でも後になって自分がテナーだとわかったのです。

 

So just because people have told you that you’re a baritone, that also doesn't mean that you're "cursed" to be a baritone.

 

つまり、周りの人に「あなたはバリトンね」と言われたからといって、あなたはバリトンに「呪われている」とは限らないのです。

 

The next thing is, just because you have trouble with high notes, doesn't mean

you're a baritone.

 

次は、高い声に問題があるからといって、それがバリトンである理由にはならない、ということです。

 

Lot of people say, "Well I just can't hit those high notes. I must be a baritone." Even voice teachers will say, "Well, you're not really getting up to these notes and just kind of strained up here. I bet you're a baritone."

 

「うーん、僕は高い声が出せないから、バリトンに違いない」と言う人は多いです。ヴォイス・ティーチャーでさえ「うん、高い声は出せてないし、声を痛めそうだね。あなたはバリトンでしょう。」と言うかもしれません。

 

Just keep in mind that a struggle with high notes doesn't just mean that you're a baritone. It's probably some sort of issue with your registration, or an issue with your vocal mechanics. It is something that can be changed. And so struggle with high notes does not equal baritone.

 

高い声に苦労しているからといって、バリトンだとは限らない、ということを覚えておいてください。おそらくは声区の問題か、ヴォーカルテクニックの問題でしょう。これは変えられることです。高い声に苦労するのとバリトンは同じではないのです。

 

Next, Opera vs Contemporary Music. Keep in mind, there's a lot of different voice types that classical singers classify.

 

次は、オペラ対現代の音楽です。クラシックの歌手はたくさんの異なる声種に分類される、ということを覚えておいてください。

 

You could be a lyric baritone. You could be a basso profundo, you could be a dramatic

tenor, or a lyric tenor... There's a lot of categories that really do matter for operatic music. When you're on an operatic stage and you need to project over an orchestra, your voice type actually has a lot of meaning.

 

リリックバリトンになるかもしれないし、バッソプロフォンドになるかもしれないし、ドラマティックテナー、リリックテナーになるかもしれない… オペラではとても重要なカテゴリーがたくさんあるのです。オペラの舞台ではオーケストラの伴奏を越えて声を通さなければならないですから、声種は実に大きな意味を持つのです。

 

But in contemporary music and pop and especially microphone singing, those distinctions are really not important. It sounds like, Randall, you want to sing

more pop, rock, and R&B;.

 

でも現代の音楽やポップなどの、特にマイクを使う歌い方では、こういった違いはあまり重要ではありません。ランドールさんは、ポップやロック、R&Bを歌いたいようですね。

 

So perhaps you've had some classical training, and maybe in a classical

setting you might be a baritone. But somebody who's a baritone on the operatic stage could indeed sing high in a pop setting.

 

もしかするとあなたはクラシックのトレーニングを受けていて、その環境ではバリトンだったしれません。でもオペラの舞台ではバリトンの人も、ポップの環境では高い声を歌うことができるのです。

 

There's a lot of reasons why that's true but just know that a classical singer's

distinction, is not necessarily going to be something that crosses over to

contemporary and microphone singing.

 

その理由はたくさんありますが、クラシック歌手の分類は必ずしも現代のマイクを使った歌い方に繋がるものではないということを知っておいてください。

 

Also, baritones sometimes are just guys who have used their chest voice exclusively. They only know how to sing in chest. Or maybe just falsetto and chest voice. But they haven't developed a lot of different registers. They just sing one way all the time. And that way tends to be chest voice.

 

また、自分がバリトンだと思っている人は、単にチェストヴォイスだけを使っているだけのこともあります。そういう人はチェストの歌い方しか知りません。それかファルセットとチェストだけかもしれませんが、とにかくいろいろな声区をまだ育てられていないのです。いつも一つの歌い方だけをしているんです。その場合はチェストヴォイスであることが多いです。

 

Doesn't matter if you're a tenor or baritone, if you're only singing in chest voice, you're going to be something like a baritone, no matter what your voice type is. So those are the categories that I'm going to call, "elements to having the baritone curse."

 

テナーかバリトンかに関わらず、チェストヴォイスでしか歌っていないのならば、どの声種だとしてもバリトンみたいな声になるでしょう。そういうカテゴリーのことを「バリトンの呪いの要素」とでも呼びましょうか。

 

So I hope that makes sense for you, Randall, and maybe you can identify with some of those, and baritones out there, maybe you can identify with some of those.

 

ということで、以上のことが理解していただけましたでしょうか。ランドールさんや、バリトンのみなさんには、いくつか思い当たることがあったかもしれません。

 

But now let's talk about breaking the "curse". If you are "cursed," as a baritone, here are some ideas for how you can maybe get through that.

 

さて、それではその「呪い」の解き方について話していきましょう。バリトンとして呪われているのだとしたら、そこからどうやって抜け出すのか、いくつかアイディアを挙げていきます。

 

First of all, like I say, within pop music everybody's a tenor. Ok. So, again, voice types are real. What you've got, is what you've gotten. But, within pop music everybody can make sounds that are something like what a tenor would make.

 

まず最初に、言ったように、ポピュラーミュージックではみんながテナーです。いいでしょうか。声種というのは確かにあります。今持っている声は、もともと持っている声なんですから。ただ、ポピュラーミュージックでは誰もが、テナーが歌うような声を出すことができます。

 

An authentic, high, chesty sounding note, that can be done regardless of voice range. I know very, very low basses and baritones who naturally would be basses and baritones, especially in a classical setting, who can sing with a really high extension

that works great for pop rock, even for musical theater as well.

 

正真正銘の、高くてチェストっぽい声は、声域に関わらず出せます。クラシックの環境だったらバスやバリトンである、生まれつきとても声の低い人でも、ポップやロック、そしてミュージカルでさえも使えるような高い声を出せる人達を私は知っています。

 

The key to this though is going to be developing a good mix. And you might need a good voice teacher in your area, to help you to do this.

 

これの鍵となるのは、ミックスを育てることです。そのためには、それを助けてくれる良いヴォイスティーチャーをあなたの地域で見つける必要があるかもしれません。

 

But developing a mix, is finding a registration that's between chest voice and your falsetto or head voice.

 

ミックスを育てるということは、チェストヴォイスとファルセットやヘッドヴォイスの間にある声区を見つけることです。

 

There are ways to blend those two things, that will take the weight out of your strong chest voice, and allow you to extend your range higher and higher in a healthy way, and in a way that sounds, like I say, strong.

 

この二つを混ぜる方法はいくつもあって、それをすれば力強いチェストヴォイスの重さを落とし、健康的でなお力強く聞こえるようなやり方で、声域をより高く広げていくことができます。

 

It's not chest voice. But it will sound like chest voice. So even the lowest singers when they develop a great mix, and a great head voice, will be able to sing like a tenor, really really high, especially within the context of contemporary music.

 

これはチェストヴォイスではないのですが、チェストヴォイスのように聞こえる声です。つまり一番低い声種のシンガーでさえも、優れたミックスやヘッドヴォイスを育てれば、テナーのように本当に高い声を歌うことができます。現代の音楽の環境では特にそうです。

 

Now, another tip for breaking that "curse,” I've said this in the past. Don't neglect your falsetto. Don't neglect your head voice.

 

もう一つの「呪い」を解くヒントは、以前にも言ったことです。ファルセットやヘッドヴォイスを軽視しないこと。

 

It's not probably the mix you're looking for, Randall, but you can't neglect the high stuff and expect to get the mix.

 

これはランドールさんが求めているミックスではないかもしれませんが、ミックスを得られるよう期待しているなら、この高音域はおろそかにできません。

 

You got to get way up there in falsetto. You've got to do your trills. You've got

to do your breath support exercises. You have to do your things like we've talked

about with filters in the past.

 

ファルセットで上の方まで行かなくてはなりません。トリルをしたり、息の支えのエクササイズをしたり、以前に話したフィルターのようなことをしたりしなければなりません。

 

Things that facilitate your flexibility, you've got to have a lot of that kind of work, not just strength work, if you want to get up into the mix, and if you want to be something like a tenor, or you want to discover that you really, really are a tenor, and have been a tenor all along.

 

ミックスで高音にたどり着き、テナーのようになりたければ(それか実は自分が本物のテナーだということを明らかにしたければ)、強さの練習だけでなく、柔軟性を高める練習をたくさんしなければなりません。

 

Another thing is, don't sing your middle voice too loudly, or to fully. If you're pushing your chest voice through your middle, if you're getting too loud, if you're getting too strong, if you're getting too chesty right through your middle and upper-middle voice, you're probably not going to have the high notes.

 

もう一つは、ミドルヴォイスを大きすぎる声で(全開で)歌わないことです。チェストヴォイスをミドルまで押し出したり、大きすぎたり、強すぎたり、ミドルやアッパー・ミドルまでチェストっぽすぎたりすると、高音はおそらく手に入らないでしょう。

 

Your voice is getting too strong, right there in the middle, and it won't be able

to hang on to all that weight. And it's going to block you from being whatever

tenor you have wanted to be.

 

ミドルのところまで強すぎると、その重さに耐えることができなくなるでしょう。そしてなりたかったテナーになるのを妨げられてしまいます。

 

Next, is make sure that you use nasal resonance. Some, "humm," in your sound going through that middle and upper-middle voice.

 

次は、鼻腔共鳴を使うようにすることです。ミドルやアッパーミドルに行く時に ”humm" の感じを声に使いましょう。

 

If you wait until you get to your high notes to use your upper resonators, you're never going to get to the high notes. You need to bring those down into your middle, too - that's one tip I can give you right now about how to get that mix to go higher, and how to access those high notes - don't neglect that nasal resonance.

 

高音に着くまで鼻や頭の共鳴腔を使うのをためらっていると、決して高音まではたどり着けないでしょう。

 

And then, also, baritones are used to singing, and speaking, like I say, pretty full, and pretty thick.

 

そしてまたバリトンの人達は、言ったように、力強く厚い声で歌ったりしゃべったりするのに慣れています。

 

But one of the vocal cord coordination that is going to be necessary for you to get up into the tenor range, is allowing your voice to be a little bit more, "wussy," and sometimes a little bit more breathy.

 

でもテナーの声域に上がっていくのに必要になってくる声帯の使い方は、(軽い声で)声に少し女々しさを加えたり、時には息が混ざることを許したりすることなんです。

 

You need to have these coordinations, too. The opposite of "baritone land," is something like this.

 

こういう声の使い方も必要なんです。(力強い声で)「バリトン領域」の反対は、(軽い声で)こういう感じのものです。

 

And while you won't sing that way all the time, if you aren’t experimenting as a pop singer with some of the lighter and breathier sounds, you're not also going to be able to have an easier time up in those tenor notes.

 

いつもそういう風に歌うわけではないでしょうが、ポップシンガーとして、軽くて息混じりの声を試さなければ、テナーの高音を軽々と歌うようなことはできないでしょう。

 

So allow for wussiness, allow for breathyness, as one of your coordinations.

 

ですから女々しさや息が混じることを、声の使い方の一つとして認めるようにしてください。

 

Next, I just want to say this, Randall, and all who suffer from a baritone curse, being a baritone is not so bad. I mean, come on, the world needs more baritones, right?

 

次は、ランドールさんやバリトンの呪いに苦しんでいるみなさんに、これを伝えたいのです。バリトンであることは、そんなに悪いことではないですよ。つまり、ほら、世界はもっとバリトンを必要としているでしょ?

 

Everybody's singing high these days. So, Randall, I know you want to be a tenor. And probably so many guys out there watching this, you want to be a tenor.

 

最近はみんな高い声で歌っています。ランドールさん、あなたがテナーになりたいのはわかっています。これを見ている多くの男性も、おそらくテナーになりたいのでしょう。

 

But maybe being a baritone is not such a bad thing after all. You can cultivate your low register, your middle register... You can have a strong, chest voice in a nice rich baritone sound... That might not be the worst thing.

 

でもバリトンであることは、やはりそんなに悪いことではないのかもしれません。低音や中音を磨いて、強くて豊かなバリトンの声を持つことは、悪いことではないかもしれませんよ。

 

If you have a glorious baritone voice and it's a true baritone voice... it doesn't love to get up to the high notes... You might just be better off honestly, not being afraid of who you are and cultivating that sound, something a little bit lower than we're used to hearing.

 

あなたが輝かしい、本物のバリトンの声を持っていたら、そんなに高音まで行かなくてもいいんじゃないでしょうか… 正直に言えば、いっそ自分の個性を恐れずに、私達が聞き慣れているよりも少し低い声を磨いていく方がいいのかもしれません。

 

When everybody's doing it one way, it's okay to do it another way. You might be better off not trying to just hit high notes all the time. Everybody's singing high notes. Not everybody has to just be singing high notes all day.

 

みんなが一つのやり方でやっていたとしても、違うやり方でやっていいんです。いつも高い声を出そうとしなくてもいいのかもしれません。高い声で歌っている人は多いです。でもみんながいつも高い声で歌わないといけないわけではないのです。

 

Honestly, it gets a little tiring for the ear in pop music these days. Don't ya think? When everybody's just belting high all the time, it'd be nice actually to have a few more true baritones out there in the pop, rock, R&B; world, singing a little bit more mellow, a little bit more rich and deep. It's not such a bad thing.

 

正直、最近のポップミュージックには少し聞き飽きてきました。そう思いません?いつもみんなが高い声を張って歌っている中で、もっとメロウに、深く豊かに歌ってくれるバリトンがもう少し、ポップやロック、R&Bにいたら、きっと素敵だろうと思います。

 

So listen, if you want high notes, there's definitely ways to get it. If you want to be a tenor in pop rock music, know that it's not just something that's impossible. You can absolutely do it.

 

ですから、聞いてください。高音が欲しければ、その方法は間違いなくあります。ポップやロックでテナーになりたければ、不可能なことではないということを理解しましょう。もちろんできますよ。

 

But also, don't be afraid to be a baritone. It's not such a bad thing. So, whether you decide to break the curse, or not, it's up to you. But know it can be broken. But also know, it's not so bad to be a baritone.

 

でも、バリトンであることを嫌がらないで大丈夫です。そんなに悪いことではありません。ということで、呪いを解くかどうかは、あなた次第です。でも解けるものだと知っておいてください。そして、バリトンであることはそんなに悪いことではない、ということも。

 

So I hope that's been helpful for you guys today as singers. If you have questions that you'd like to see us answer on the show you can send an email to: Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

ということで、今日の内容がシンガーのみなさんに役立っていればと思います。このショーで答えてほしい質問があれば、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてください。

 

And we just encourage you not to lose that joy, don't lose that passion. Don't let anybody curse your voice (not yourself, not anybody else), know that you can break whatever curse and move ahead with your voice, if you practice, and if you find a great voice teacher in your area.

 

歌う喜びや情熱を失わないようにしましょう。あなた自身にも、他の誰にも、あなたの声を呪わせないようにしてください。良いヴォイスティーチャーをあなたの地域で見つけて、練習さえすれば、声の呪いを解いて前に進めることを理解しましょう。

 

If you guys are in New York City, you can check us out at: www.NewYorkVocalCoaching.com.

 

ニューヨーク市にいるのなら、私達のウェブサイト www.NewYorkVocalCoaching.com をチェックしてみてください。

 

And if you like these videos you can visit: www.VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

動画を気に入ってもらえたのなら www.VoiceLessonsToTheWorld.com もチェックしてみてください。

 

I'm Justin Stoney. We'll see you next time.

 

ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!

 

 

--------

 

 

いかがでしたか?ご意見、ご質問はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は Justin Stoney 氏の許可の下、掲載しています。

 

--------

 

ヴォーカルレッスンのお問い合わせ、お申込みはウェブサイトからどうぞ。

 

レッスン概要

https://www.takahisasatomusic.com/lesson

 

お問い合わせ、お申込み

https://www.takahisasatomusic.com/contact