Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 27「リフのやり方2 - スラッシュ」【VLTTW翻訳】

"How To Riff 2: Slashes" - Voice Lessons To The World

 

エピソード27「リフのやり方2 - スラッシュ」

www.youtube.com

 

Hi everybody. My name is Justin Stoney, and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.

 

みなさんこんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチングの創設者、ジャスティン・ストーニーです。

 

Welcome to Episode 27 of Voice Lessons to the World. The show where we want to help you guys as singers by answering your questions from all over.

 

ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード27へ!このショーでは世界中からの歌に関する質問に答えていくことで、シンガーのみなさんを助けていきます。

 

And I'll give you a chance to ask questions later, but our question for this week comes from Alexa J. in Newark, New Jersey.

 

みなさんが質問する機会に関しては後で説明するとして、今週の質問はニュージャージー州ニューマークの、アレクサ・Jさんから来ています。

 

And Alexa writes, "Dear Justin, Can you teach me how to riff?"

 

アレクサさんはこう書いています。「ジャスティンさん、こんにちは。リフのやり方を教えてくれませんか?」

 

Now, if you remember back to Episode 3, we had Part 1 of Alexa's question. And we're going to do a whole series, actually, on Alexa's question. A series on how to riff. So this is going to be Part 2 of that series.

 

さて、エピソード3までさかのぼってみると、アレクサさんの質問のパート1をやっていましたね。そしてこれからアレクサさんの質問に対する全シリーズをやっていきます。リフのやり方シリーズです。今回はそのシリーズのパート2をやります。

 

And today we're talking about up slashes and down slashes. So each one of our episodes on riffing, is going to give you guys a new element of riffs to understand and to work on.

 

今回話すのはアップスラッシュとダウンスラッシュについてです。それぞれのリフのエピソードごとに、リフの新しい要素を取り上げ、理解して取り組めるようにしていきます。

 

And so the first one we talked about, the pentatonic scale, that's this scale right here, the five tone scale.

 

パート1で話したことは、ペンタトニックスケールで、この五音音階のことでしたね。

 

And then today, with up slashes and down slashes, this is a whole new vocabulary

for you, for riffs.

 

そして今回は、アップスラッシュとダウンスラッシュで、リフの全く新しいボキャブラリーに挑戦していきましょう。

 

And really, riffs are a kind of, in classical music they'd be called a cadenza. They're a series of improvisational notes that move around quickly.

 

クラシックでは、リフのようなものはカデンツァと呼ばれています。これは素早くて即興的な音の連続のことです。

 

There's a lot of different elements, but in classical music what we're talking about today would be referred to as a grace note.

 

異なる要素はたくさんありますが、クラシックでは今回話すことを装飾音と呼びます。

 

Now if I take this little scale right here, this five tone scale: Now that's not the pentatonic, that's a major five tone scale. And I added the grace notes to it, it would be this:

 

ここで少しスケールを取ってみましょう、この五音の音階です。(ピアノ)ペンタトニックではなくて、メジャースケールの中の五音です。これに装飾音を加えると、このようになります。(ピアノ)

 

So here's without grace notes: And here's with grace notes:

 

装飾音がないとこうで(ピアノ)、あるとこうです(ピアノ)。

 

Now within the pentatonic, we would have this: And here's with, what I'm calling, "slashes":

 

次にペンタトニックだと、こうです(ピアノ)。そしていわゆる「スラッシュ」を加えるとこうです(ピアノ)。

 

So there you can see what they are. They're little movements, quickly up to or down to a note in question.

 

これでスラッシュとは何かがわかったでしょう。該当の音に対して上か下から素早く向かう、小さな動きのことです。

 

But I want to first show you how this applies in a song. And then I think this is gonna make a lot more sense, too.

 

それではまず、曲の中でどう使われるかを見せたいと思います。これでより理解してもらえると思います。

 

So we'll take, "Love Song," by Sara Bareilles. And just again I'm not trying to sound like Sara Bareilles, I'm just breaking down specifics of what she does in the song, so that you can know how to apply these concepts to music.

 

サラ・バレリスの「ラブ・ソング」を例に取ってみましょう。これからするのはモノマネではありません。彼女が曲の中で何をしているのかを細かく分解することによって、スラッシュのコンセプトが音楽にどう応用できるのかわかるようにしていきます。

 

Go back and listen to her version. You're going to hear some of the things that I'm talking about. But I'm going to illustrate it for you as best I can.

 

オリジナルを聴き返してみてください。今話していることがいくらか聞けると思います。できる限りうまく説明できるようにしますね。

 

So in the chorus of the song, and she sings, "I'm not gonna write you a love song 'cause you asked for it, 'cause you need one..." Just that much.

 

曲のサビで、彼女はこう歌っています。 "I'm not gonna write you a love song 'cause you asked for it, 'cause you need one..." この部分だけです。

 

Now, if we take the first part: "I'm not gonna write you a love song..." She does, "you a love song..." She could have done: "you a love song..." But she does: "you a love song..." And there is an up slash: "you a love song..." Go back and listen for it in the song you're going to hear a little... slash or grace note.

 

では最初のパートを見てみましょう。 "I'm not gonna write you a love song..." 彼女は(スラッシュを入れて)"you a love song..." と歌っていますね。(スラッシュ無しで)”you a love song..." ともできますが(スラッシュを入れて)"you a love song..." と歌っています。アップスラッシュがあって、"you a love song..." となっています。曲を聴き返せばスラッシュや装飾音が少し聞こえてくるでしょう。

 

So, "I'm not going to write you love song, 'cause you ask for it..." Now that little, "ask," we'll talk about that another time: " 'cause you asked for it, 'cause you need one..." Now there you have 2: " 'cause you need one..." She could have just done, " 'cause you need one..." But she does, " 'cause you need one..." "budap, buduh...need one..." 

 

"I'm not going to write you love song, 'cause you ask for it..." と歌う時の ”ask," については別の機会で話しますが、" 'cause you asked for it, 'cause you need one..." には二つスラッシュがあります。(スラッシュを入れて)” 'cause you need one..." では(スラッシュ無しで)" 'cause you need one..." ともできますが(スラッシュを入れて)" 'cause you need one..." 「ブダッブダッ、need one」と歌っています。

 

And that little slash, up-and-down, adds so much to her song, and makes it more poppy by adding an element of riffs.

 

そしてこの小さなスラッシュによる上下が、曲に深みを加え、リフの要素を加えることで曲をよりポップにしています。

 

So I hope that makes it really clear what a slash is. Now again, I'm just calling it a slash. You could call it a grace note. But pop terminology and classical terminology tend to be a lot of times the same thing but people refer to them in very different ways.

 

スラッシュとは何かが、これではっきりしたかと思います。もう一度言いますが、私はこれをスラッシュと呼んでいますが、装飾音とも言えます。ポップの専門用語とクラシックの専門用語は、同じことでも違う呼び方をすることがよくあるのです。

 

And pop stuff, just, a "riff," that sounds edgier than a "cadenza," and a "slash," that sounds edgier than, "grace note." But you can use whatever term you want.

 

ポップでは、「カデンツァ」より「リフ」の方が、「装飾音」より「スラッシュ」の方がかっこよく聞こえます。でも用語は使いたいものを使えば大丈夫です。

 

But just know that slash: " 'cause you need one..." Those are just little baby movements of notes.

 

それはともかく、スラッシュは ” 'cause you need one..." のようなとても小さな音の動きのことだと覚えておきましょう。

 

Now we're going to do an exercise that's going to help you work on both your up slashes and down slashes. So you could call these ascending grace notes, or descending grace notes.

 

それでは、アップスラッシュとダウンスラッシュの両方を練習できるエクササイズをやっていきましょう。上昇装飾音、下降装飾音とも呼べます。

 

Now these are great, of course for this specific element of riffs. But these are also going to be good for you as far as agility in general.

 

もちろんこれは具体的なリフの練習として有効ですが、敏捷性全般の練習としても効果的です。

 

And then also as far as vibrato, because if you remember, vibrato is fast-moving notes. These are going to be pretty fast moving notes. So this is a great thing for you to look to work on for your vocal technique as well.

 

そしてビブラートに関してもそうです。覚えているかもしれませんが、ビブラートは音が素早く動くことですからね。このエクササイズではとても速く音が動きますから、ヴォーカルテクニックの練習をしたい人にも役立ちます。

 

But right now I'm going to give you the exercise that I want you to work on, as far as incorporating up slashes and down slashes into your work as singers.

 

ただ今は、アップスラッシュとダウンスラッシュをシンガーの技として取り入れられるように、エクササイズをしてもらいたいと思います。

 

So we're first going to do up slashes. Ok. So we'll do it on a "hey". And we'll do, starting right here.

 

まずはアップスラッシュをやりましょう。いいでしょうか。「ヘイ」で行きます。ここから始めましょう。

 

For guys will do: "hey-ey-ey-ey-ey..." Right. You hear that? "hey-ey-ey-ey-ey..."

I'm going up to the note: "hey-ey-ey-ey-ey." And ladies you'll be up here: "hey-ey-ey-ey-ey."

 

男性はこれです。「へーエエーエエーエエーエエイ」いいでしょう。聞こえますか?「へーエエーエエーエエーエエイ」音に向かって上がります。「へーエエーエエーエエーエエイ」女性は1オクターブ上で「へーエエーエエーエエーエエイ」。

 

So we're gonna do this together. I want you to work first on your ascending slashes, your ascending grace notes, you're up slashes. Here we go:

 

ではみなさん一緒にやりましょう。最初は上昇するスラッシュ、上昇装飾音、アップスラッシュです。行きましょう。

 

(Exercise)

 

(エクササイズ)

 

Good stuff. So that was nice work finding those ascending slashes. Now we're gonna

try the exact same thing with descending slashes so that you can get the sense that your voice can move quickly up or down. So these ones go above the note, but they're actually descending slashes.

 

いいですね!うまくアップスラッシュを見つけられましたね。次はダウンスラッシュで全く同じことに挑戦して、素早く上下する感覚を掴んでいきましょう。今度は音の上に行きますが、これがダウンスラッシュです。

 

So we're going to do the same exact thing. We're gonna do: "Hey-aey-aey-aey-aey" Catch that? "Hey-aey-aey-aey-aey" "Hey-aey-aey-aey-aey" That's for guys. Ladies up here. "Hey-aey-aey-aey-aey."

 

では全く同じことをしていきます。「ヘーエエーエエーエエーエエイ」掴めましたか?「へーエエーエエーエエーエエイ」「へーエエーエエーエエーエエイ」これは男性の高さです。女性は上で、「へーエエーエエーエエーエエイ」。

 

Ready for it? Here we go together.

 

準備はいいですか?一緒に行きましょう。

 

(Exercise)

 

(エクササイズ)

 

Awesome stuff. So now you've experienced ascending and descending slashes. Add these to your pop and you're going to have a whole new element. I want you to practice this.

 

素晴らしい!これでアップとダウンのスラッシュができましたね。あなたのポップにこのテクニックを加えて、全く新しい要素を獲得しましょう。ぜひ練習してください。

 

You can also make up some crazy exercises on your own that go up and down. That's really helpful. We won't do that today. Maybe in the future. But we won't do that today. But I want you to work on that.

 

もっと複雑に上下するエクササイズを自分で作ってもいいでしょう。とても役に立つはずです。今回はやりませんが、今後やるかもしれません。それはともかく、ぜひスラッシュの練習をしてくださいね。

 

But I also want you to listen in pop music, because this is the kind of detail work that's going to make you guys great riffers, and great pop singers.

 

それから、ポップミュージックを聴くこともしてほしいのです。こういった細かいことへの理解が、あなたを素晴らしいリフができるポップシンガーにしてくれるからです。

 

You can't just sort of hear the melody go by. When you have Sarah do, " 'cause I need one... need one..." Very easy just to hear, "need one," and not hear the, "need one." 

 

メロディーが過ぎていくのを聞き流すだけではダメです。サラが " 'cause I need one... need one..." と歌う時、(スラッシュ無しで)"need one,” と聞こえてしまって、(スラッシュを入れて)"need one," とは聞けていない、ということは簡単に起こるのです。

 

But if you guys are really listening closely to your pop songs and listening with detail you're going to hear those things.

 

ただ、ポップソングとその細部をよく聴けば、こういうことが聞こえてくるでしょう。

 

You're going to hear what I talked about before, about the pentatonic scale. You're going to hear that over and over again.

 

以前に話したペンタトニックスケールについても、聞こえてくるでしょう。何回も何回も聞けると思います。

 

But then you're going to start to catch on to these little slashes little grace notes. And if

you can have that kind of detail work and you know how to access that in your voice, it's going to make you not only better singers, but much more advanced musicians. So, that's part two of our riff series.

 

そして小さいスラッシュや装飾音にも慣れてくるでしょう。こういった細かいことを理解し、声でアクセスできるようになれば、より良いシンガーになれるだけでなく、より高いレベルのミュージシャンにもなれるでしょう。以上が、リフシリーズのパート2でした。

 

I hope that's been helpful for you guys today as singers. If you have questions

that you'd like to see us answer on the show you can send an email to:

Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

今回の内容がシンガーのみなさんの役に立っていればと思います。このショーで答えてほしい質問がある場合は、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてください。

 

And we just encourage you not to lose that joy. Don't lose that passion. Don't stop working on the details of your voice. Things like your riffs. Things like these slashes that we learned today.

 

歌う喜びや情熱を失わないようにしましょう。声の細かいところを練習し続けてください。リフのようなことや、今回学んだスラッシュのようなことなどです。

 

Make sure that you're really fine tuning your instrument and becoming a more advanced musician by trying these things and by listening really carefully to the details of the song.

 

自分の持つ声という楽器を微調整し、リフに挑戦したり、曲のディテールまで注意深く聴くことによって、より高いレベルのミュージシャンになりましょう。

 

Get with a great voice teacher in your area that can help you with this kind of thing.

If you guys are in New York City you can check us out at: www.NewYorkVocalCoaching.com.

 

こういうことができるように助けてくれる、あなたの地域の優れたヴォイスティーチャーに付きましょう。ニューヨークにいるのなら www.NewYorkVocalCoaching.com をチェックしてみてください。

 

If you like these videos you can visit: www.VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

動画を気に入ってもらえたら、 www.VoiceLessonsToTheWorld.com も見てみてください。

 

I'm Justin Stoney. We'll see you next time.

 

ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!

 
 
--------
 
 
いかがでしたか?ご意見、ご質問はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!
 
 
 

 

※この翻訳は Justin Stoney 氏の許可の下、掲載しています。
 
 
--------
 
ヴォーカルレッスンのお問い合わせ、お申込みはウェブサイトからどうぞ。
 
レッスン概要
 
お問い合わせ、お申込み