Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 28「息が混じるのは悪いこと?」【VLTTW翻訳】

Ep. 28 "Bad To Be Breathy?"- Voice Lessons To The World

 

エピソード28「息が混じるのは悪いこと?」

 

www.youtube.com

 

Hi everybody. My name is Justin Stoney, and I'm the founder of New York Vocal

Coaching here in New York City.

 

みなさんこんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチングの創設者、ジャスティン・ストーニーです。

 

Welcome to Episode 28 of Voice Lessons To The World. The show where we want to

help you guys the singers by answering your questions from all over.

 

ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード28へ!このショーでは世界中からの歌に関する質問に答えていくことで、シンガーのみなさんを助けていきます。

 

And I'll give you a chance to ask questions later, but our question for this week comes from Nadia T. in St. Petersburg, Russia.

 

みなさんが質問する機会に関しては後で説明するとして、今週の質問はロシア、サンクトペテルブルグのナディア・Tさんから来ています。

 

And Nadia writes, "Dear Justin, I've been told that it's bad for me to sing breathily.

Is it really unhealthy for my voice if I sing breathy?"

 

ナディアさんはこう書いています。「ジャスティンさん、こんにちは。息混じりの声で歌うのはダメだと教わってきました。息混じりの声で歌うのが不健康だというのは本当ですか?」

 

Now that's a great question, Nadia. And I really appreciate that question. And a lot of people think that breathiness is bad.

 

ナディアさん、素晴らしい質問ですよ。この質問に感謝します。息混じりになることが悪いことだと思っている人は多いですからね。

 

So we're going to talk about that today, about whether or not breathiness can hurt your voice. So is it bad to be breathy? First of all, let's make sure we know what breathiness is.

 

今回はそれについて、そして息混じりの歌い方が声を痛めるのかどうかについて話していきます。では、息混じりの声で歌うのは悪いことなのでしょうか?まず最初に、息混じりの声とは何なのか確かめましょう。

 

This voice that I'm using right here, this is not a breathy voice. But if I let some air pass through my voice, this then becomes a breathy voice. Ok, so you can hear that difference in my speaking voice.

 

今使っているこの声は、息混じりではありません。(息混じりに)ただ、声に息がいくらか通るようにすると、息混じりの声になります。いいでしょうか。私の話し声で違いが聞けたと思います。

 

Now let me just flat out tell you the answer to your question, Nadia. No, it's not bad to be breathy. Ok.

 

ではナディアさん、あなたの質問に対するはっきりとした答えをお伝えします。ノーです。息混じりになるのは悪いことではありません。

 

It's a it's a common thinking about the voice, that breathiness is bad or dangerous or harmful. And I just I don't want you guys to be afraid of it.

 

声について考える時、息混じりであることが悪かったり、危険だったり、有害だと思うのはよくあることですが、これを恐がらないでほしいのです。

 

It's definitely not something that you want to do all the time. But it certainly isn't something to be afraid of.

 

いつもそうではない方がいいのは確かです。でも決して恐がるようなことではありません。

 

I think a lot of people, because they've heard what you've heard, are actually afraid of breathiness.

 

今まで聞いてきたことを信じてしまって、息混じりの声を怖がっている人は多いと思います。

 

Now there's a lot of things that the voice can do that people think are unhealthy. Belting, vocal fry, breathiness, even a high larynx. And these are things

that of course, if one were to do all the time could be unhealthy.

 

実は、不健康だと思われているけれどもやっていい声の出し方は、たくさんあります。ベルティング、ヴォーカルフライ、息混じりの声、高い喉頭のポジションなど。もちろんどれか一つの歌い方をずっとしていたら不健康かもしれません。

 

And breathiness is one of those things that could be unhealthy for you. But there's nothing inherently unhealthy about it. It's a natural part of your vocal function.

 

息混じりの声もその中の一つで、いつもそれしか使わなければ不健康になりえます。でも、そもそもこれは不健康なものではありません。声の自然な機能の一つです。

 

So anything done in moderation or for specific reason, and done in control, can be just fine for your voice, including breathiness.

 

ちゃんと理由があって、またコントロールされていて適度であれば、息混じりの声も含めて、どんな声を使っても大丈夫なんです。

 

Now we've done in the past we talked about this. A lot of beginners, a lot of people that are starting off, their voices are just breathy because they haven't learned how to be solid, how to make strong clean closed sounds.

 

 

さて、これは以前にもやったことですが、また話しましょう。多くのビギナーや歌を始めたばかりの人は、まだしっかりとした、強くて、声帯が閉まった声の作り方を知らないので、息混じりになってしまいます。

 

If you're a beginner, and you're starting off, I do want you to not go breathy all

the time. It's going to really limit what you're doing.

 

もしあなたがビギナーで歌を始めたばかりなら、いつも息混じりにはならないようにしてほしいです。やれることに限界ができてしまいます。

 

But if you're more advanced and you need breathiness as a part of your style, you shouldn't be afraid of it hurting your voice ruining your technique, especially if you do it healthily, and you do it within moderation.

 

でもあなたが上級者で、スタイルの一つとして息混じりの声が必要なのであれば、健康的に、適度にやっていれば問題ないので、声を痛めたりテクニックをダメにしてしまうような心配はしなくて大丈夫です。

 

Ok, so one more thing just so that you can know more about what breathiness is, and why it's not necessarily unhealthy.

 

いいでしょうか。それではもう一つ、息混じりの声がなぜ必ずしも不健康ではないのかについて、詳しく知っていきましょう。

 

You have your two vocal cords (we'll talk more about this in the future), and they're controlled in the back by the arytenoid cartilages (whoa!), and those bring the cords together. There's muscles that bring the backs of the cords together.

 

2つある声帯は(声帯については今後お話しします)、後ろの方にある被裂軟骨(!)にコントロールされていて、その軟骨が声帯同士をくっつけます。声帯の後ろの方をくっつける筋肉があるんです。

 

When my cords are separate, there's less distance between those cartilages. When its clean, there's even less, and then when i go compressed like this, there's even a tighter seal.

 

声帯同士が離れている時、軟骨の間の距離は短くなります。はっきりとした声の時はさらに短く、そしてこんな感じの詰まった声の時はさらにきつく閉じられています。

 

So we're talking about how much we're going to be sealing the vocal cords when

we're talking about breathiness. So that's all it is.

 

つまり息混じりの声について話す時は、声帯同士をどれだけ閉じるかについて話している、ということなんです。これが全てです。

 

When you go for a breathy sound you're basically relieving some of the pressure, the compression, on the backs of your vocal cords, on the cartilages in the back. So that's what it is.

 

息混じりの声で歌っている時は、基本的に声帯の後ろにある軟骨で圧力(コンプレッション)を和らげているんです。こういうことです。

 

Now it's really an important thing for you know as far as style. If i take a song like, "Name," by the Goo Goo dolls, This is a song that's just really not going to sound quite right without breathiness.

 

さて、スタイルに関して言うと、これはとても重要なことです。グー・グー・ドールズの「ネイム」を例に取ってみましょう。この曲は息混じりの声なくしてはまともに聴こえない曲です。

 

So I have this song, "Even though the moment passed me by... still can't turn away..." It's a breathy production. If I did a clean production of a rock song like that, "and they even though the moment passed by..." That really doesn't sound right at all.

 

では歌ってみます。”Even though the moment passed me by... still can't turn away..." 息混じりの歌い方ですね。もしこのロックの曲ではっきりした歌い方をしたら、"and they even though the moment passed by..." 全然いい感じには聴こえないですね。

 

Or with vibrato in within a clean sound, "and he even though the moment passed me by..." would sound even weirder.

 

その声にビブラートも加えたら、"and he even though the moment passed me by..." もっと変ですね。

 

So being able to make my voice breathy, is actually going to be really important: "And even though the moment passed me by, I still can't tune away..." and I get into my rock sound.

 

ですから声を息混じりにできるのは、実はとても大事なことなんです。"And even though the moment passed me by, I still can't tune away..." これでロックの声に入っていけます。

 

So, that's just an example of where in a rock sound, and you can hear this in pop, maybe even in broadway, where a breathy tone is going to be necessary to make the song sound like what it is.

 

ということで、これはロックの声の例でしたが、息混じりの声色が曲の雰囲気として必要な場合は、ポップや、もしかするとブロードウェイでさえも聞かれるでしょう。

 

Now, it's not just style though. There's other benefits to being breathy. There is, of course, head voice, we know is a kind of lighter, and maybe airier sound than chest voice. It's not as full of a sound.

 

ところで、これはスタイルだけのことではありません。息混じりの声には他にも利点があります。チェストヴォイスよりも軽くて、息が混じったりするヘッドヴォイスがあることは知っていますよね。これはそれほど力強くありません。

 

When your voice goes to head voice, the cords do tend to get a little bit more separate. So by having the skill of separation, you can actually invite head voice into more of your middle range. This is why breathiness can actually benefit the voice.

 

ヘッドヴォイスに行く時、声帯同士は互いに少し離れる傾向があります。この離れる技術を持つことによって、真ん中の声域にヘッドヴォイスをより誘い込むことができます。息混じりの声がためになる理由は、これです。

 

Also, like I say, it's reducing that compression. So this is going to give you a greater control over your compression. Right?

 

さらに、言ったように、息混じりの声はコンプレッションを減らしてくれます。コンプレッションのコントロールができるようになるのです。

 

If I know how to make my voice really tight, or a little bit tight, or not tight at all, then i have control over my compression. That's going to be a really really handy skill.

 

声をタイトにしたり、少しタイトにしたり、それか全然タイトでなくしたりできるということは、コンプレッションのコントロールができているということです。これはとても便利な技術ですね。

 

And then finally for those voices that have tended towards too much squeeze and too much grip, if I have that ability to be breathy, to relieve the compression, then that's also going to help me be less tight with my singing.

 

そして最後に、コンプレッションを和らげるために息混じりの声を使えば、声を締め付けすぎる傾向がある人にとって、歌う時のきつさを少なくするのにも役立ってくれるでしょう。

 

So there's a lot of technical benefits as well as stylistic benefits to being breathy.

 

というわけで、息混じりの声はスタイルだけでなくテクニックにも多くの利点があります。

 

So again, Nadia, and all, I don't want you to just run haywire with breathiness. Again, anything done in extremes, could be harmful to the voice. There's even, even operatic sounds. There are opera singers who hurt their voices. You can overdo anything. Breathless included.

 

ナディアさん、みなさん、息混じりの声で気が狂わないようにしてくださいね。もう一度言いますが、どんな声の出し方でも、過剰にすれば有害になりえます。オペラティックな声でさえもです。声を痛めてしまうオペラ歌手はいるのです。息混じりの声も含めて、どんなことでもやり過ぎになりえます。

 

Beginners, like I say, might want to stay away from breathiness, you want to get your voice clean and solid first. But I just don't want people to have this myth that they just cannot be breathy or else they're going to injure their voices.

 

初心者の人は、言ったように、息混じりの声は避けて、まずははっきり、くっきりとした声を練習した方がいいかもしれません。でも、息混じりの声はダメで、さもないと声を痛めてしまう、というような誤った考えは捨ててほしいのです。

 

It's a totally appropriate function of both style, and of technique. So, Nadia, just

don't be afraid to experiment with it.

 

息混じりの声はスタイルとテクニックの両方において、適切な機能を果たしてくれるのです。ですから、ナディアさん、試してみるのを怖がらないでくださいね。

 

Get with a great voice teacher in your area that can show you how to do it well and healthily, and just one more thing. Just make sure that you don't equate breathiness with breath. If you've shoved lots of air through a breathy situation, that's probably going to be pretty uncomfortable.

 

息混じりの声の正しく健康なやり方を見せてくれる、あなたの地域の素晴らしい先生に付きましょう。そしてもう一つ。息混じりの声(Breathiness)と呼吸(息の量, Breath)を混同しないようにしましょう。息混じりの声で歌う時にたくさん息を押し出しているとしたら、たぶん心地よくないだろうと思いますから。

 

So I hope that's been helpful for you guys today as singers. If you have questions you'd like us to answer on the show you can send an email to:

Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

今回の内容がシンガーのみなさんの役に立っていればと思います。このショーで答えてほしい質問がある場合は、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてください。

 

We just encourage you not to lose that joy and that passion. Don't stop working hard on your voice and trying some new things. Don't be afraid to try new ideas and new concepts. You might just find some discoveries in your voice, like with breathiness.

 

歌う喜びや情熱を失わないようにしましょう。練習を頑張り続けて、新しいことに挑戦し続けましょう。新しいアイディアやコンセプトに恐れず挑戦しましょう。息混じりの声であったような、新しい発見ができるかもしれません。

 

Get with a great voice teacher in your area. Or if you guys are in New York City, you can check us out at: www.newyorkvocalcoaching.com.

 

あなたの地域の優れたヴォイスティーチャーに付きましょう。ニューヨークにいるのなら www.NewYorkVocalCoaching.com をチェックしてみてください。

 

And if you like these videos you can check out: www.VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

動画を気に入ってもらえたら、 www.VoiceLessonsToTheWorld.com も見てみてください。

 

I'm Justin Stoney. We'll see you next time.

 

ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!

 

 

--------

 

 

いかがでしたか?ご意見、ご質問はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

 

佐藤剛寿

 

 

※この翻訳は、Justin Stoney氏の許可のもと、掲載しています。

 

 

--------

 

 

ヴォーカルレッスンのお問い合わせ、お申し込みはウェブサイトからどうぞ。

 

 

レッスン概要

https://www.takahisasatomusic.com/lesson

 

 

お問い合わせ、お申し込み

https://www.takahisasatomusic.com/contact