Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 29「練習、練習!」【VLTTW翻訳】

Ep. 29 "Practice Practice" - Voice Lessons To The World

 

エピソード29「練習、練習!」

www.youtube.com

 

Hi everybody. My name is Justin Stoney, and I'm the founder of New York Vocal

Coaching here in New York City.

 

みなさんこんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチングの創設者、ジャスティン・ストーニーです。

 

Welcome to Episode 29 of Voice Lessons to the World, the show where we want to help you guys as singers by answering your questions from all over.

 

ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード29へ!このショーでは世界中からの歌に関する質問に答えていくことで、シンガーのみなさんを助けていきます。

 

And I'll give you a chance to ask questions later, but our question for this week comes from Samantha T. in Dayton, Ohio.

 

みなさんが質問する機会に関しては後で説明するとして、今週の質問はオハイオ州デイトンのサマンサ・Tさんから来ています。

 

And Samantha writes, "Dear Justin, How long should I practice?"

 

サマンサさんはこう書いています。「ジャスティンさん、こんにちは。練習はどのくらいしたらいいですか?」

 

That's a simple and awesome question, Samantha. And I think actually a lot of people want to know the answer to that. Because everybody wants to be a great singer. And hopefully everybody wants to practice.

 

サマンサさん、簡潔でとてもよい質問ですね。この答えを知りたい人は多いと思います。みんなすごいシンガーになりたいでしょうから。願わくばみんなが練習したいと思っていてほしいですね。

 

But sometimes we just don't know as singers how much is a good amount to practice. So we're going to talk about that today. We're going to give you some ideas.

 

でもシンガーとして、どのくらいの練習量がちょうどいいのかわからなくなる時がありますよね。そこで今回はそれについて話していきましょう。いくつかアイディアをお伝えしていきます。

 

But first I'd like to start with quantity. Because that's really what you're asking is, "how much". And first of all I want to compare singing to working out at the gym.

 

まずは量から始めたいと思います。サマンサさんが聞いていたのは「どのくらい」ですからね。まず最初に、歌うことと、ジムで鍛えることを比べたいと思います。

 

It's a little bit different than say practicing the piano. I could sit down as a pianist and practice for eight hours a day. I'll probably be getting very advanced very quickly if I did that.

 

歌の練習は、例えば、ピアノの練習とは少し違います。ピアニストとして椅子に座る時は、一日8時間でも練習できますね。そうすればおそらく、あっという間にとても上手くなっていくでしょう。

 

But that's absolutely appropriate and a lot of professional pianists will put in that

kind of time.

 

これはごく適切な練習量で、多くのプロのピアニストはこれくらいの時間を費やします。

 

But professional singers absolutely cannot. You cannot ask your voice to do very, very long bouts of singing.

 

ですが、プロの歌手の場合は絶対にダメです。長時間の声の使用は控えないといけません。

 

Opera singers can sometimes sing for you know, 3 or 4 hours, but then they take a few days off after a performance like that.

 

オペラ歌手は3, 4時間歌う時もありますが、そういったパフォーマンスの後は数日の休みを取ります。

 

Broadway singers are amazing at singing 8 shows a week, maybe an hour or two. Very very athletic singers that can do that much even some rock tours you are singing night in night out.

 

ブロードウェイ歌手も、1, 2時間のショーを週に8回という驚くべきスケジュールをこなします。体力のあるシンガーはそれくらいするし、ロックのツアーでさえも毎晩のように歌います。

 

But in general the voice cannot withstand long durations of usage day in day out. So if you're practicing for say 3 hours a day, that's not going to work out. You will tire your voice.

 

それでも一般的には、声は毎日の長時間にわたる使用には耐えられません。1日3時間の練習をしているとしたら、それでは上手くいかないことでしょう。声を疲れさせてしまいます。

 

It doesn't matter how good your technique is. If you're practicing for really long durations all the time, You will, you will hurt to your voice, even with the best of technique.

 

テクニックがどれだけ良かろうと関係ありません。いつも長時間練習していたら、素晴らしいテクニックを持っていたとしても、声を痛めてしまうでしょう。

 

It's a myth that good technique can just serve you all the time. Perfect technique, you will get tired.

 

良いテクニックを持っていればいつまででも歌える、というのは誤った考えです。完璧なテクニックでも、声は疲れます。

 

Just like if I go to the gym and I workout for a half an hour, an hour maybe I'm getting pretty tired. If I just push it for 3 hours, that is actually probably going to over train my muscles, and they'll actually deteriorate from over training.

 

ジムに行って30分か1時間鍛えるだけでも、とても疲れるでしょう。もし無理をして3時間もやったら、トレーニングが過剰になって、むしろ筋肉は悪化してしまうかもしれません。

 

The voice is muscles. It really is physical training for the larynx, the larynx muscles, and muscles of the body as well. So just like you can over train, you can over practice.

 

声も筋肉です。歌うことは喉頭と、喉頭の筋肉、そして体の筋肉をも使うフィジカルトレーニングです。トレーニングしすぎることがあるように、練習しすぎることもあるのです。

 

So we need to know that about our voice work, is when we're practicing it's a physical event. You can't just do really long practices and not intelligent practices either. So we want to have a really good strategy for our vocal practice.

 

つまり声を使う時に知っておく必要があるのは、練習というのは体を使うことだということです。長時間の練習や頭を使わない練習はしないようにしましょう。声の練習には良い戦略を持つことが大事です。

 

Now, as far as the length and the amount. First of all this is going to depend on your skill level, how long you've been singing, and it also depends on the person.

 

では、練習の長さと量について話しましょう。まず第一に、これはあなたの技術レベルや、今までどれくらい歌ってきたか、そして各人に依ります。

 

Some people just have different vocal builds so the amount of practicing that you do will vary from person to person, maybe style to style, but certainly level to level.

 

声の構造は人によって異なるので、どれくらいの練習をするかは人によって、もしかするとスタイルによって、また確実にレベルによっても異なります。

 

So you want to be aware of your own instrument so you can make smart choices about your practicing. Let me just give you some practical examples about what I would think would be an appropriate amount of practicing to do.

 

自分の楽器(声)に対して意識を高く持ち、練習において賢い選択ができるようにしましょう。私が適切だと思う練習の量について、実践的な例をお伝えしますね。

 

If I have a week, I would say the average person who's trying to really work hard at their voice, if you could practice anywhere from a half hour to an hour and a half, about 4 to 6 days per week, that would be excellent.

 

声の練習を頑張りたいと思っている人にとっては、平均して週に4日から6日、30分から1時間半くらいの練習ができれば、とても素晴らしいことでしょう。

 

Ok so maybe for that, for you that looks like, 4 hour and a half practices per week. Or maybe say 6 half hour practices, or 6 45-minute practices. Or maybe you want to do an

hour here, an hour and a half there, 30 minutes there.

 

それだと週に4時間半くらいの練習になるでしょうか。それか6時間半とか、6時間45分くらい。または、1時間半、1時間、30分というふうに変えながら練習したいかもしれませんね。

 

But that's very similar to how if I work out. I go to the gym for about those amounts of time. That's going to help my muscles to grow.

 

これは筋トレのやり方とすごく似ています。ジムに行く時はそれくらいの時間を使います。そうすれば筋肉を増やせるでしょう。

 

I need to make sure I'm taking a day off, I need to make sure that I'm doing different things, and I need to make sure that I'm not going too long.

 

休む日を設けるようにしないといけないし、日によって違うところを鍛えるようにしないといけないし、やりすぎないようにしないといけません。

 

Just enough to make sure that you've used your voice in whatever way you're working on, and you've developed those skills and then you're done.

 

どのようなことに取り組んでいるとしても、十分に声を使って、技術を伸ばせたら、そこで練習はおしまいにしましょう。

 

You don't want to push it to the point where you're hoarse, where you're losing your voice, where you feel very airy where you feel like you're straining something or hurting something.

 

声が枯れたり、出なくなったり、締め付けたり痛めたりして声がすごく息混じりになるところまでやり過ぎないようにしましょう。 

 

If you feel like you're getting tired, you are. If it sounds like you're getting tired, you are. So don't just keep pushing, thinking that that's going to build vocal muscles or build your strength over time.

 

疲れているように感じたり、聞こえたりするようなら、実際にそうなんです。ですので、無理をすればそのうち声の筋肉がついて強くなるなどと思って、やり過ぎないようにしてください。

 

You will find a time when you've gone too far. It's okay to stop. And again, you want to have quantities that make sense. Like I say, somewhere between a half hour and probably an hour and a half.

 

それでもやり過ぎてしまう時もあるでしょう。そういう時は一旦止まっても大丈夫です。もう一度言いますが、適切な量というものがあるのです。30分から1時間半くらいの間でしょう。

 

Now, if there's a day that you practice for 2 hours, 2 and a half hours, 3 hours, that's a lot, that's okay it's not wrong, but just make sure you're not doing that every day, day in day out.

 

2時間、2時間半、3時間と練習する日もあるかもしれません。それはたくさんの量ですが、問題ありません。間違いではありませんが、毎日がそうでないようにしましょう。

 

That's going to be too much practicing, you're going to wear out your voice doing that. So be real smart with your lengths of practice, and kind of keep it in those reasonable areas. If you stay consistent, that is what is going to make the difference over time.

 

毎日それだと練習のし過ぎで、声を疲れ果てさせてしまいます。ですから練習の長さには賢くあるように、そして適切な量を保つようにしましょう。継続することが、時間とともに違いを作ることになります。

 

Now the other thing is quality. Samantha and all, I want your quality of practice to be much more important than your quantity.

 

さて、もう一つは「質」です。サマンサさん、みなさん。練習においては量よりも質をずっと大事にしてほしいのです。

 

Because so many singers work really hard at their voice, but they're not getting anywhere, not because of the amount, not because of the length, but because of the quality of the practice.

 

声の練習を頑張っても、どこにも辿り着けないシンガーは多く、それは練習量や長さの問題ではなく、練習の質によるからです。

 

They're either not sure what to practice, or they're not being really responsible with what they're practicing. Okay I'll give you some examples of that.

 

何を練習しているのかわからなかったり、練習していることに対する意識が低かったりします。いくつか例を挙げていきましょう。

 

First of all, you know like I say, a lot of people want high notes. And they just sit around all day blasting out high notes, hoping that they'll happen. That's not a smart way to practice.

 

まず最初は、高い声を出したい人が多いことです。だらだらといつまでも高い声で叫び続けて、上手く出せないかな、などと思ったりしています。賢い練習の仕方ではありませんね。

 

The other thing is it's really really fun to sing songs. And so some people say, "I don't

want to do my vocal exercises. That's you know, that's kind of boring."

 

もう一つ。曲を歌うのはとても楽しいですよね。それで「ヴォーカルエクササイズはしたくないな。なんか退屈だし」などという人がいます。

 

And maybe it is sometimes, but if you're just singing songs all day every day, yeah you'll get better...

 

時にはそうかもしれません。毎日曲を歌っていれば、そうですね、上手くはなりますが…

 

But you're not going to really refine your instrument. You need the right vocal exercises in order to pinpoint specifics of your technique that a song may or may not hit.

 

自分の楽器(声)の技術を磨いていくことはできないでしょう。曲に出てくるにしろ出てこないにしろ、ピンポイントでテクニックを磨ける、正しいヴォーカルエクササイズが必要です。

 

So when you're practicing, it doesn't have to be every day. But you want to make sure that some days you're doing vocal exercises, working on specifics of your vocal technique, other days you're working on songs, other days you're working on both, and trying to apply the technique that you're working on with your exercises to songs, and just keeping it really varied.

 

これは毎日でなくても大丈夫ですが、テクニックの細かいところまでヴォーカルエクササイズをする日と、曲を練習する日と、その両方を練習する日があるようにして、エクササイズで練習したテクニックを曲に応用できるようにする、というふうに、ヴァリエーションを保つようにしましょう。

 

Just like at the gym. You wouldn't just lift the same muscle group all the time. You might want to run one day, you might want to lift weights the next day, you might want to swim the next day. Keep it varied. Give yourself a lot of variety.

 

ジムと同じようなものです。いつも同じ筋肉のグループを鍛えたりはしないでしょう。ある日は走って、次の日はウェイトリフトを、また次の日は泳いで、というふうにするかもしれませんね。内容を変え続けて、多様性があるようにしましょう。

 

Now, vocal variety is important too, when you practice. If you're open to it, I'd recommend doing a lot of styles.

 

練習時にはヴォーカルの多様性も大切です。可能であれば、たくさんのスタイルをやることをお勧めします。

 

If you're a rock singer, be open to doing some classical songs, some Broadway songs.

And vice versa. If you are a more traditional singer, try some pop songs, try some R&B songs. It really will give your instrument a lot more variety.

 

ロックシンガーなら、クラシックの曲や、ブロードウェイの曲も進んでやってみましょう。逆もまた然りです。伝統的な歌い方のシンガーであれば、ポップやR&Bの曲に挑戦してみてください。あなたの楽器(声)により多様性を与えてくれるでしょう。

 

Also, make sure that you're trying different artists. You might have some favorites,

but break out of your comfort zone. The more artists you try, the more sounds and

styles that you're going to become confident with.

 

違うアーティストに挑戦することもしましょう。自分の好きなアーティストがいるかもしれませんが、居心地のいい場所から抜け出さなくてはなりません。より多くのアーティストに取り組めば取り組むほど、自身の持てる声の出し方やスタイルが増えていきます。

 

Also you want to make sure that you're singing in the right key. We've talked about this in the past. Don't be afraid to move the key to suit what it is you're working on.

 

また、正しいキーで歌うように心掛けましょう。以前にもこれは話しましたね。恐れずに、自分が練習している音域で歌えるキーに合わせていきましょう。

 

If it's too high for you or too low for you and you just keep practicing that every day, of

course that will cause limitations to your voice over time.

 

高過ぎたり低過ぎたりするのに、毎日それで練習していれば、やがて声に限界が来てしまうでしょう。

 

And then make sure that you're finding a great space to practice. A lot of times people are worried about their neighbors they're worried about what their parents think

or what you know what their family thinks, and so they practice you know, really soft and sort of off the voice.

 

それから、良い練習場所を見つけるようにしましょう。隣近所の人を気にしたり、親や家族が何と思うか気にしたりして、静かに、声を殺すように練習してしまう人は多いのです。

 

You need to get in a place where you can really let the instrument be what it is. A place where you're not shy, a place where you can just sing freely and without inhibitions. So make sure you've got a great practice space. 

 

楽器(声)をありのままに解放できる場所が必要です。シャイにならず、遠慮なく自由に歌える場所のことです。良い練習場所を確保するようにしましょう。

 

Then my ultimate recommendation for a quality practice, even if you're not a pianist or an instrumentalist, is to have an instrument.

 

そして質の良い練習のための、究極のお勧めは(もしあなたがピアノやその他の楽器を弾かないとしても)、楽器を使うことです。

 

You could just play one note on the piano, and then move the notes up and down to practice your vocal exercises.

 

ピアノの一音を弾いて、そこから音を上げたり下げたりすれば、ヴォーカルエクササイズを練習できます。

 

That's the way I would recommend practicing, so that you can be in real time. You can say "I got this one right, I'm moving on. Whoo - I didn't get this one, let me stay here for a second."

 

これがリアルタイムでできるお勧めの練習法です。「この音が取れたな、次に行こう。あー、この音は取れなかった、もう少しこれを練習しよう」という感じです。

 

It's great if you can practice with a live instrument your exercises. Again, even if you don't play. If you do play the instrument, great.

 

生楽器と合わせてエクササイズできれば、とてもいいことでしょう。楽器を弾かないとしても、です。弾けるなら、素晴らしいことですが。

 

But I would recommend even non pianists get a little keyboard, maybe a little app for your phone or something like that that can give you the notes so you can practice in real time.

 

あなたがピアニストやキーボーディストでなかったとしても、例えばスマホのアプリか何かで音を確かめて、リアルタイムで練習できればそれがいいでしょう。

 

Another good thing, is to get with a great voice teacher, and make sure that you record the lessons from that teacher.

 

もう一つは、ヴォイスティーチャーに付いて、先生のレッスンを録音するようにすることです。

 

Record the exercises that they gave you. If you want to sing along to the exercises, that's a really smart strategy. Or maybe you can remember what exercises they gave you, and then practice at the piano. Also a really good strategy.

 

レッスンでやったエクササイズを録音しましょう。エクササイズに沿って歌うのは、とても賢い戦略だと言えます。それかレッスンでやったエクササイズを覚えておいて、ピアノを使って練習しても良いかもしれません。これもいい戦略ですね。

 

And then finally you can practice along with these videos, if you remember some of

these exercises that I've given you. You can practice along with me, or any other exercises from teachers that you like that you that help you. You can practice along with those.

 

そして最後に、このチャンネルの動画でも練習できますよ。今までいくつかエクササイズをやってきましたよね。私と一緒に練習もできますし、あなたが好きな先生の違うエクササイズをやってもいいでしょう。そういうものとも一緒に練習できますね。

 

But again, I recommend doing it yourself with an instrument if that's at all possible. So those are some tips for making your practice really quality.

 

ですがもう一度、もし可能なら自分で楽器を使って練習するのをお勧めします。以上が練習の質を高めるヒントでした。

 

Again, you could practice shorter lengths. You could really only go, honestly 20 or 30 minutes a day 6 days a week, and if you're doing quality practice, you're going to get better really fast.

 

練習の時間は短くても大丈夫です。正直に言って週に6日、二、三十分だけでも質の高い練習ができれば、とても速く成長できることでしょう。

 

You could practice an hour and a half a day and be slamming stuff and be singing every song in the book and really actually setting yourself back. So just make sure that your practicing is really smart and you know what it is you're focusing on and work on that.

 

1時間半練習しても、適当に大声を出して歌本の曲を歌いまくるだけでは、成長を妨げてしまうかもしれません。何に的を向けて練習しているのかを理解して、賢く練習するようにしましょう。

 

And finally, I want you guys to not practice haphazardly. That's another tendency that I see of singers, is you know, "Well, I feel like singing now, so I'm just going to sing

for, you know, an hour and I'm in the shower now I'm going to sing I'm in my car now I'm going to sing..."

 

そして最後ですが、無計画に練習しないようにしましょう。「今歌いたい感じだから、1時間歌おうかな。今シャワーを浴びてるから歌おうかな。車に乗ってるから歌おうかな…」というような傾向も見られるのです。

 

And that's all fine, it doesn't really harm you to do that. But, if you can get on a real practice plan, that's going to be much better for you.

 

こういうことは特に問題はないし、害を及ぼすわけではありませんが、ちゃんとした練習計画があれば、そのほうがずっといいでしょう。

 

You want to schedule it. Put it down in your planner. Say every day at five o'clock that's my practice time.

 

きちんと計画をして、スケジュール帳に入れましょう。例えば毎日5時は練習時間にする、とか。

 

If you can be consistent and make it a discipline to practice, and not just sporadic, you're also going to really help yourself because you're going to stay consistent, you're going to train those muscles.

 

気まぐれではなく、継続して練習する習慣を付けられれば、声の筋肉を鍛えられるので、自身の成長を促してくれるでしょう。

 

It's like going to the gym like I said. If you go every single morning, you're going to see those results.

 

これもやはりジムに行くのと同じようなことです。毎朝行けば、結果が付いてくるでしょう。

 

If you kind of just play a sport when your friends are playing or run up and down the stairs sometimes, you might be in decent shape, but you're not going to be in pinpoint top shape that you'd need to be.

 

友達がする時に自分もスポーツをするとか、たまに階段を駆け上がったり下がったりとかしていれば、まあまあの体型にはなれるかもしれませんが、求めている最高のスタイルにはなれないでしょう。

 

Same thing with the voice. You need to keep your practice consistent. So make yourself a plan. Make yourself a schedule.

 

声に関しても同じことです。継続的に練習する必要があります。計画を作りましょう。スケジュールを作りましょう。

 

There are things that can help you stay consistent. Like I say, a teacher can help you develop a practice plan, tell you what exercises you need to be doing to work on your voice, and give you that routine to constantly be doing.

 

継続的な練習を支えてくれる方法はあります。先生がいれば、練習計画を一緒に考えたり、声のためにどういうエクササイズをしたらいいか伝えてくれたり、いつものルーティーンを教えてくれたりするでしょう。

 

You could also practice with a friend. Get a friend and say, "You know, we're going to practice every day and keep each other sort of accountable," and check in with each other.

 

友達と一緒に練習するのも良いでしょう。友達に「これから毎日練習するようにしよう、約束ね」と伝えて、お互いにチェックするのです。

 

Set some vocal goals for yourself. That's another good strategy for making sure you stay consistent.

 

そして自分の目標を設定しましょう。これがもう一つの継続できるようにする戦略です。

 

Then finally a really important one would be keeping a journal. If you either record, do like a, recording journal, or a written journal that talks about each day when you practice, what exercises did I do, what songs am i working on, what feels right,

what doesn't feel right, what did I accomplish, what do I want to accomplish... You're really, really intentional about your practicing, you're going to see huge results.

 

最後に、とても重要なことは、練習日誌をつけることです。録音でもいいし、書くのでもいいです。毎日何を練習して、どんなエクササイズをして、どの曲を練習して、何がいい感じで、何がいい感じでなくて、何が達成できて、何が達成できなかったのか。練習に対してごく計画的であれば、大きな結果が得られるでしょう。

 

So to recap, make your practicing on purpose. Make sure your practicing is really quality. You're focused on the exact things that you need to be growing with in your voice. Get with a teacher if you don't know what those things are. And then make sure the quantity is in line with what your body can handle, so that you're not pushing things, but you also have a good routine for growth.

 

それでは要約します。目的を持って練習しましょう。質の高い練習をしましょう。声を成長させるために必要な的確なことに集中しましょう。それがなんなのかわからなければ、先生に付きましょう。頑張り過ぎず、体が持つくらいの練習量にしましょう。そして成長できるルーティーンを持つようにしましょう。

 

So Samantha, and all, I hope that gives you some more strategies on how you can really focus your practice and make it really, really excellent for your vocal growth.

 

というわけで、サマンサさん、みなさん。今回の内容が、いかに練習に集中し、それを声の成長に繋げていくか、という戦略を立てていくのに役立てばと思います。 

 

I hope that's been helpful for you guys today as singers. If you have questions that you'd like to see us answer on the show you can send an email to:

Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com

 

今回の内容がシンガーのみなさんの役に立っていればと思います。このショーで答えてほしい質問がある場合は、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてください。

 

We just encourage you, don't lose that joy don't lose that passion. Keep that practice routine really quality. Keep it consistent, I just know you're going to see your vocal

goals.

 

歌う喜びや情熱を失わないようにしましょう。練習のルーティーンの質を保ちましょう。継続すれば、声の目標を達成できることでしょう。

 

Get with a great voice teacher in your area to help you. If you guys are in

New York City you can check us out at: www.NewYorkVocalCoaching.com

 

あなたの地域の優れたヴォイスティーチャーに付きましょう。ニューヨークにいるのなら www.NewYorkVocalCoaching.com をチェックしてみてください。

 

And if you like these videos you can check out: www.VoiceLessonsToTheWorld.com

 

動画を気に入ってもらえたなら、 www.VoiceLessonsToTheWorld.com も見てみてください。

 

I'm Justin Stoney. We'll see you next time.

 

ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!

 

 

--------

 

 

いかがでしたか?ご意見、ご質問はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は、Justin Stoney氏の許可のもと、掲載しています。

 

 

--------

 

 

ヴォーカルレッスンのお問い合わせ、お申し込みはウェブサイトからどうぞ。

 

レッスン概要

https://www.takahisasatomusic.com/lesson

 

お問い合わせ、お申し込み

https://www.takahisasatomusic.com/contact