Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 30「ピッチ・チェンジ」【VLTTW翻訳】

Ep. 30 "Vibrato 1- Pitch Changes" - Voice Lessons To The World

エピソード30「ピッチ・チェンジ」

 

www.youtube.com

 

Hi everybody! My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York vocal coaching here in New York City.

 

みなさんこんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチングの創設者、ジャスティン・ストーニーです。

 

Welcome to episode 30 of voice lessons to the world, the show where we want to help you guys as singers by answering your questions from all over.

 

ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード30へ!このショーでは世界中からの歌に関する質問に答えていくことで、シンガーのみなさんを助けていきたいと思っています。

 

And I'll give you a chance to ask questions later but our question for this week comes from Miguel V. in Guadalajara Mexico.

 

みなさんが質問する機会に関しては後で説明するとして、今週の質問はメキシコ、グアダラハラのミゲル・Vさんから来ています。

 

And Miguel writes, “Dear Justin, I really enjoyed your video on vibrato, but I can't do it. Is vibrato something that just happens or can you develop it through exercising the voice?”

 

ミゲルさんはこう書いています。「ジャスティンさん、こんにちは。以前のビブラートの動画がとても面白かったのですが、うまくできませんでした。ビブラートは自然に起きるものなのでしょうか、それともエクササイズで身に付くものなのでしょうか?」

 

Now, Miguel that is a fantastic question. And it's such a good question actually, that we’re going to start a whole new series on developing vibrato.

 

ミゲルさん、素晴らしい質問です。これはとても良い質問なので、ビブラートを身に付けるための全く新しいシリーズを始めたいと思います。

 

You know that we already have a series going on how to do riffs. Now we're going to start a series based just on your question, on developing vibrato.

 

リフの歌い方に関しては、既にシリーズが始まっていますよね。そしてこれからは、ミゲルさんの質問に基づいて、ビブラートの身に付け方のシリーズを始めていきます。

 

The first step though, is reminding ourselves what is vibrato.

 

ですが、まず最初のステップとして、ビブラートとは何かを思い出しましょう。

 

Now, vibrato is essentially a pitch change, a pitch bend. It doesn't change the pitch enough to change the fundamental note, but you're taking a note and allowing it to move up and down around the center of that pitch.

 

基本的に、ビブラートはピッチの変化、ピッチベンド※のことです。基礎となる音名が変わるほどはピッチを変えませんが、ある音のピッチの中心辺りを上下に移動させていきます。

 

※ピッチ=音の高さ、ベンド=曲がること

 

So, in other words if I take a note without vibrato it sounds like this. “Ah.” But if I add vibrato to it, “Ah”. I'm still singing “Ah”, but I'm adding “Ah”, a little pitch bend to the note.

 

ビブラートなしで歌うと、こんな感じです。(ビブラートなしで)「アー」。ビブラートを加えると、(ビブラートを加えて)「アー」。同じ「アー」の音で歌っていますが、(ビブラートを加えて)「アー」というように、音に少しピッチベンドが付きます。

 

Now, our ear loves the sound of something around six hertz per second. That's six of those little flips per second, “Ah” one, two, three, four, five, six, “Ah”

 

私達の耳は、1秒に6ヘルツくらいの揺れを心地良いと感じます。1秒に6回の小さな揺れです。「アー、1, 2, 3, 4, 5, 6」(ビブラートを加えて)「アー」。

 

That's kind of what our ear appreciates as far as vibrato. Could be a little faster, could be a little slower, but it’s around six.

 

ビブラートについて言えば、これくらいが耳に心地良いのです。少し速かったり、遅かったりしても大丈夫ですが、だいたい6回くらいです。

 

Now I want you to know that you should be able to do straight tone and vibrato. These are both necessary elements of singing. One's not better than the other, but we need both of them.

 

ところで、ストレートトーン※とビブラートは両方できるようにするべきだと知っておきましょう。歌にはこの両方が必要です。どちらかが優れているわけではなくて、どちらも必要なのです。

 

※ストレートトーン ビブラートをかけずに、つまりピッチを揺らさずに声を出すこと。

 

I will say though, that vibrato could contribute to your vocal freedom. Being able to move “Ah“ the note, versus just hold it “Ah“, is actually going to free you up.

 

そしてビブラートは、声の自由にも繋がると言えるでしょう。(ビブラートなしで)「アー」とピッチを保つのに対して(ビブラートを加えて)「アー」とピッチを動かせることが、声を自由にしてくれます。

 

If you're a little bit tight you might have trouble doing vibrato, and over time you might be able to move the pitch that could contribute to your freedom.

 

少し声を締め付けていると、ビブラートをするのに問題が出てしまうかもしれませんが、時間をかけてピッチを動かせるようになれば、それが声の自由につながるでしょう。

 

That being said, it is a myth, Miguel, the vibrato is just something that happens, that if I just practice for long enough my voice and my technique, one magical day vibrato just happens for me. I know that's happened for some people in the past, but I don't want you guys to think that way about it.

 

それはそれとして、ミゲルさん、十分声とテクニックの練習をすれば、ある日魔法の様にビブラートが起きる、というのは誤った考えですよ。昔そういうことが起こった、という人はいるかもしれませんが、これについてはそういうふうに考えてほしくないのです。

 

I want you to think of vibrato is something that you can control, something that you can learn, something that you can develop. Exercises will help, good technique will help.

 

ビブラートはコントロールでき、学ぶことができ、育てていくことができるものだと考えてほしいのです。エクササイズや、良いテクニックがそれを促してくれるでしょう。

 

And I'm going to give you some tips on how to add vibrato and how to learn to do vibrato. But again, if it's something that I can turn on and turn off, then clearly it's a developable skill and something that I can incorporate whenever I want and whenever

I need.

 

では、ビブラートの加え方とやり方のヒントをお伝えしていきます。もう一度言いますが、ビブラートがオンにもオフにもできるものならば、明らかにこれは育てられるスキルで、やりたい時、必要な時に取り入れられるものだということになりますね。

 

So then, when would I need it? Vibrato is a stylistic element. Like I say, even though it's got a technical function, it can free me up if I can do “Ah”. Maybe that's for you.

 

それでは、どういう時に必要になるでしょうか?ビブラートはスタイルの要素です。今言ったように、ビブラートにはテクニックの機能があり、(ビブラートを加えて)「アー」とできれば、声は自由になれます。これがあなたのためになるかもしれません。

 

But it's really a stylistic element. it's something that you hear in different styles of music. Pop, rock and R&B singers a lot of times don't think that they need vibrato in their voices.

 

ですがこれはスタイルの要素なんです。ビブラートは様々な音楽のスタイルに聞かれるのに、多くのシンガーが、ポップ、ロック、R&Bではビブラートは必要ない、と思っています。

 

We've talked in the past why in fact you do. Vibrato is used in pop rock. So I want you guys to learn to do vibrato even if you're contemporary singers.

 

実際のところどうして必要なのかは、以前にも話しましたね。ビブラートはポップ、ロックで使われるので、ポピュラーミュージックのシンガーでも、ビブラートを学んでほしいと思います。

 

But the traditional styles, broadway, classical and some of the others, definitely do need vibrato. And you're going to see today why just doing this pitch bend, this little vibratory pitch bend within singing can add a stylistic element and can also add some emotion to the sound.

 

一方で伝統的なスタイル、ブロードウェイやクラシックなどでは、絶対にビブラートが必要です。

 

So today I'm going to take a broadway song. we're going to do “All I ask of you” from Phantom of the Opera.

 

そこで今日はブロードウェイの曲を例にとっていきます。「オペラ座の怪人」から、 “All I ask of you” をやりますね。

 

And you're just going to see how as I take for vibrato in and out of my voice, how that affects the style and the emotion.

 

ビブラートを入れたり抜いたりすることで、どのようにそれがスタイルや感情に影響するのかがわかるでしょう。

 

So here we go with “All I ask of you”

 

では “All I ask of you” です。行ってみましょう。

 

“Then say you'll share with me one love one lifetime

Let me lead you from your solitude

Say you need me with you here beside you

Anywhere you go let me go to Christine, that's all I ask of you”

 

(歌)

 

So now that was with vibrato. And you can tell that has a lot of the right kinds of sounds for a broadway sound, for a more of a legit broadway sound, But it sounds like the right emotion and style for the piece with vibrato. What if i start taking it out?

 

今のがビブラートを付けた歌い方でした。まさにブロードウェイ、という感じの曲に適した声の出し方だったのがわかったかと思います。この曲にはビブラートを付けるのが、感情的にもスタイル的にも適切に聞こえましたね。ではビブラートを抜いたらどうでしょうか?

 

“Then say you share with me one love one lifetime” Doesn't quite sound right. “Let me lead you from your solitude” Yes. “Say you need me with you here beside you” Not quite. “Anywhere you go let me go to” Yes. “Christine, that's all I ask of you” I don't think so. “Christine, that's all I ask of you” I throw it back in there and you can hear that instantly. That makes the style appropriate.

 

(ビブラートなしで)“Then say you share with me one love one lifetime” あまりいい感じではないです。(ビブラートを付けて)“Let me lead you from your solitude” これですね。(ビブラートなしで)“Say you need me with you here beside you” 違います。(ビブラートを付けて)“Anywhere you go let me go to” イエス。(ビブラートなしで)“Christine, that's all I ask of you” そうは思わないなあ※。(ビブラートを付けて)“Christine, that's all I ask of you” ビブラートを戻すとすぐにそれに気付くでしょう。ビブラートを付けるのがこのスタイルでは適切ですね。

 

※訳注 “Christine, that's all I ask of you” 「クリスティーン、君に求めるのはこれだけなんだ」という歌詞なのに、ビブラートがないせいで感情がこもっていないように聞こえるので、「そうは思わないなあ」と言っている、ジャスティンのジョーク。

 

So that pitch bend, that vibrato that I add, you can hear stylistically and even emotionally make certain songs sound like what they need to be.

 

ということで、このピッチベンド、つまりビブラートがあれば、スタイル的にも、感情的にも、こういう曲をふさわしい形にしてくれるのが聞けたでしょう。

 

Now, Miguel, you asked “Can we learn it? Can we develop it?” The answer is yes. We're going to start today with an exercise that does pitch bends. We're just going to take a slow one first and then a fast one.

 

では、ミゲルさん。あなたの質問は「ビブラートは学べるの?身につけられるの?」でしたね。答えは「イエス」です。ピッチベンドのエクササイズを始めましょう。ゆっくりのものを最初に、その次に速いものをやっていきます。

 

Here's the slow one, we're going to do with “ME”, this following exercise.

 

まずはゆっくり、「ミー」でやっていきます。次のエクササイズです。

 

So it's this “ME ME ME ME ME” Hear that again, “ME ME ME ME ME” So we're gonna be moving that top note around.

 

「ミミミ…ミミ」もう一度聞いて、「ミミミ…ミミ」。一番上の音を動かしていきます。

 

So guys will be down here, “ME ME ME ME ME”, ladies up here, “ME ME ME ME ME”. We're gonna do this together. Here we go.

 

男性は下で、「ミミミ…ミミ」女性は上で、「ミミミ…ミミ」。男女一緒にやっていきます。では行きましょう。

 

(Exercise)

 

(エクササイズ)

 

Great job! So that “ME”, that's a slow vibrato, but it's actually a kind of vibrato. Right now it's pretty wobbly, but it's going to set us up for the ability of moving those pitches.

 

素晴らしい!この「ミ…」は遅い揺れですが、実際に一種のビブラートです。今はかなり大きく揺らしていますが、これがピッチを動かす能力を作っていきます。

 

Now we're gonna do a faster one, same exact thing, but you're gonna speed it up. “ME ME ME ME ME”. Get that? Okay, and ladies, “ME ME ME ME ME” Right? So here we go together with a faster version of that pitch bend exercise.

 

では次に、速いのをやりましょう。全く同じことですが、スピードが上がります。「ミミミ…ミミ」掴めましたか?女性は「ミミミ…ミミ」です。大丈夫ですか?では速いバージョンのピッチベンドエクササイズに行きましょう。

 

(Exercise)

 

(エクササイズ)

 

Awesome stuff! So I hope you can see why that would help you to start getting that vibrato, that pitch bend. It's just “ME”, you can start finding how not just resting on a note but being able to move it around can start to develop your vibrato.

 

素晴らしい!ビブラート、ピッチベンドができるようになるために、このエクササイズが役立つことが理解してもらえれば嬉しいです。(ビブラートのスピードを変えて)「ミー…」というように、ピッチを保つだけでなく、それを動かせることがビブラートを育てる第一歩になる、ということが見つけられたでしょう。

 

So that's just stage one, Miguel. We're going to have more vibrato exercises and ideas to come.

 

さて、ミゲルさん。今回はステージ1でした。これからもっとビブラートのエクササイズやアイディアをやっていきますね。

 

But I hope that's been helpful for you guys today as singers and starting to see that you can develop vibrato if you have the right information and the right exercises.

 

今回の内容がシンガーのみなさんの役に立ち、正しい情報とエクササイズがあれば、ビブラートは身に付けられるということが理解してもらえたらと思います。

 

So if you guys have questions that you want to see us answer on the show you can send an email to: Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

このショーで答えてほしい質問がある場合は、Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてください。

 

We just encourage you not to lose that joy. Don't lose that passion. Don't let people tell you you can't sing. Don't let people tell you that you can't develop vibrato. Work hard at it.

 

歌う喜びや情熱を失わないようにしましょう。誰にも歌うことを邪魔させないでください。ビブラートは身に付けられないものだ、とは言わせないでください。よく練習しましょう。

 

Find a great voice teacher in your area that can help you. If you guys are in New York City you can check us out at: www.NewYorkVocalCoaching.com.

 

あなたの地域の優れたヴォイスティーチャーを見つけましょう。ニューヨークにいるのなら www.NewYorkVocalCoaching.com をチェックしてみてください。

 

And if you like these videos you can visit us at: www.VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

動画を気に入ってもらえたなら、 www.VoiceLessonsToTheWorld.com も見てみてください。

 

I'm Justin Stoney. We'll see you next time.

 

ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!

 

 

--------

 

 

いかがでしたか?ご意見、ご質問はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は、Justin Stoney氏の許可のもと、掲載しています。

 

 

--------

 

 

ヴォーカルレッスンのお問い合わせ、お申し込みはウェブサイトからどうぞ。

 

レッスン概要

https://www.takahisasatomusic.com/lesson

 

お問い合わせ、お申し込み

https://www.takahisasatomusic.com/contact