Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 3 「リフの歌い方 - ペンタトニック・スケール」【VLTTW翻訳】

今回はジャスティン・ストーニーによる「ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールド」の翻訳シリーズ、エピソード3「リフの歌い方 - ペンタトニック・スケール」です。どうぞお楽しみください ;)

 

Ep. 3 "How To Riff - The Pentatonic Scale" - Voice Lessons To The World

エピソード3 「リフの歌い方 - ペンタトニック・スケール」

 

元の動画はこちら

www.youtube.com

 

目次


Hi everybody! My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.


みなさん、こんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチング(NYVC)創設者のジャスティン・ストーニーです。


Welcome to Episode Three of Voice Lessons to the World, the show where we want to answer your questions and give you the best information on vocal technique.


ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード2へ!このショーでは、みなさんの質問に答え、ヴォーカル・テクニックに関するベストな情報を届けていきたいと思います。

 

今週の質問:リフのやり方を教えて!


So today's question comes from Alexa J. in Newark, New Jersey and Alexa asks, "Dear Justin, can you teach me how to riff?"


今回の質問はニュージャージー州ニューワークのアレクサ・Jさんから来ています。「ジャスティンさん、こんにちは。リフのやり方を教えてもらえませんか?」


Well, Alexa, thank you for that great question. And the answer is yes! However if you mean riff like this, *sings* Well, that might take a little while. But the key is I don't want you guys to be intimidated by riffs.


アレクサさん、素晴らしい質問をありがとうございます。答えはイエスです!ただ、こんなリフをやりたい場合は…(歌声*)少し時間がかかるかもしれません。それでも大事なのは、リフを怖がらないことです。

 

*訳注:確かにすぐにはできなさそうですよね(笑)これは Brian McKnightブライアン・マックナイト)という歌手の "One Last Cry" という曲で、彼のライブ音源から抜き出しているものだと思います。特にアメリカのR&Bシンガーはこういったかっこいいリフを聴かせてくれます。

 

リフとメリスマ


So, for those of you that don't know what a riff is, a riff is essentially a fast set of moving notes, it's also called the melisma, or a melismatic phrase. 


まずはリフのことを知らない方のために説明しましょう。リフとは速く動く音の組み合わせのことで、メリスマやメリスマ的フレーズとも呼ばれます。


It's used a lot in RnB, it's used a lot in pop, sometimes rock and musical theatre as well.


リフはR&Bやポップでよく使われ、ときにはロックやミュージカルにも使われます。


So it's fast-moving notes and why I say not to be intimidated by this is, if you can break it down you can find out how riffing is actually quite simple and it's just something simple that is made into something advanced.


この速く動く音のことを怖がらなくてもいい理由は、分解さえできればリフというのはとてもシンプルなものだということがわかるからです。シンプルなものから高レベルなものを作ることができるのです。


So, I'm gonna be doing a lot of different videos on this, Alexa, because it's not something I can answer for you just in one day. But this is our first step in you guys learning how to make riffing a less intimidating thing and a simpler thing.


アレクサさん、リフに関しては1回で答えられるものではないので、これからもたくさんの動画を作っていきますが、今回は最初のステップとしてリフへの恐怖を取り除き、よりシンプルにしていくことを学びましょう。

 

ペンタトニック・スケール(五音音階)


So the very first thing that you need to know about riffs is they're based on the pentatonic scale. 95% of all riffs that you ever find are based on the pentatonic scale.


リフについてまず一番最初に知っておきたいのは、ペンタトニック・スケールを基にしているということです。すべてのリフのうち95パーセントはペンタトニック・スケールを基にしています。


So the pentatonic scale, -Penta, that means five. -tonic, tones, so it's a five tone scale.


ペンタトニック・スケールの「ペンタ」は5を意味していて、「トニック」は音を意味しています。つまり5つの音による音階ということです。


And like I say, ninety-five percent of riffs are just this scale manipulated and moved around quickly. So if you know this scale and you know how to use it, you're already going to be so much further along in your ability to riff.


先ほど言ったように、95パーセントのリフはこのスケールを操って素早く動き回ることですから、スケールのこととその使い方を知ってさえいれば、リフをする能力はさらによくなっていくでしょう。


So come on round and let me show you what this scale looks like. So the pentatonic, or five tone scale goes like this: 1 2 3 4 5 4 3 2 1


それではこの音階がどういうものなのかをお見せしましょう。ペンタトニック(五音音階)はこのようにできています(ピアノで説明)。


Now if I start to move this a little faster, you can hear how it really applies to riffs. So that's just five tones, broken up very fast.


これをもう少し速く動かせば、リフに応用できるのが聞けるでしょう(ピアノ)。五音を分解してとても速くするだけです。


So like I said a lot of pop songs use the pentatonic scale or are based in the pentatonic scale and they use them for the song itself as well as for the riffs. 


先ほど言ったように、多くのポピュラーソングがペンタトニック・スケールを使っていたり、それに基づいて作られていて、リフのみにとどまらず曲自体がこの音階で作られていることもあります。

 

曲例:アデルの「ローリング・イン・ザ・ディープ


A good example of this is the popular song "Rolling in the Deep" by Adele. You're going to see how this song is based on the pentatonic scale.


良い例としてアデルの人気曲「ローリング・イン・ザ・ディープ」が挙げられます。この曲がペンタトニック・スケールに基づいてできていることがわかるでしょう。


And there's a cool little riff right at the beginning, which is kind of an easy one and a simple one for us to see how riffs apply with the pentatonic scale.


曲の最初にかっこいいリフがあって、割と簡単でシンプルなので、ペンタトニック・スケールでのリフを曲に応用する方法がわかると思います。


So if we take this song right here, Sings *There's a fire starting in my heart* *reaching a fever pitch* *and it's bringing me out the dark*


では歌ってみましょう(曲)。 


You might be able to hear that that is the pentatonic scale in the song, but let me break it down further, so come on round.


このフレーズがペンタトニック・スケールでできているのが聴き取れたかもしれませんが、さらに分解してみましょう。


So the Adele song uses the pentatonic scale. But she breaks it up like this. And notice that she doesn't just go, Sings *there's a fire* But, sings *there's a fire* *fire* 3-2-1-1 4-4-3-2-1-1 *there's a* *fire* And that little movement of 3-2-1-1 is a manipulation of the pentatonic scale, which causes that great riff.


このアデルの曲はペンタトニック・スケールを使っています(ピアノ)が、彼女はこのように分解しています(ピアノ)。単に「(リフ無しで)ゼアズ・エイ・ファイヤー」 と歌ってるのではなく、 「(リフを入れて)ゼアズ・エイ・ファイヤー」 「ファイヤー」 「3-2-1-1, 4-4-3-2-1-1*」 「ゼアズ・エイ・ファイヤー」と歌っているのに気付いたでしょうか。この 3-2-1-1 の動きはペンタトニック・スケールを操作したもので、これが素晴らしいリフをもたらします。

 

*訳注:これらの番号は音階の番号です。例えばAマイナーのペンタトニック・スケールだったら階名は「ラドレミソ」ですが、それぞれの音に12345と番号が振られるので、3211だったら「レドララ」ということです。


So already you can see that it's really important to know how to use the pentatonic scale within a pop song and to be able to move your voice within it.


というわけで、ポピュラーソングにおいてペンタトニック・スケールの使い方を知っていることと、このスケールの中で声を動かせるようになることの重要性がわかったでしょう。

 

エクササイズ:「メイ」をペンタトニック・スケールで


We're just gonna do a quick little exercise here, moving our voices around within the pentatonic scale so that Alexa or anybody, you can start to get better at your riffs by knowing how the pentatonic scale works.


ここで少しエクササイズをやってみましょう。ペンタトニック・スケールで動き回ります。アレクサさんやみなさんがペンタトニック・スケールの働きを理解することによって、リフを上達させていけるようにしていきましょう。


So we're just going to take a simple exercise with an m-a-y, "may may may." We're gonna move up and down the pentatonic scale that's (piano) 1-2-3-4-5-4-3-2-1.


M-a-y「メイメイメイ」を使ってシンプルなエクササイズをやってみましょう。ペンタトニック・スケールを上下に動いていきます。(ピアノ)1-2-3-4-5-4-3-2-1 です。


We're gonna do it on a "May." So it's going to be: "may may may may may may may may may" That's for the guys. Girls you're going to be up here: "may may may may may may may may" So we're going to do this together.


「メイ」でやっていきましょう。男性はこの高さで「メイメイメイ…」女性は上で「メイメイメイ…」全員一緒に行きましょう!(エクササイズ)

 


Nice job. So that's the pentatonic scale and already you're moving your voice around with in it, starting the foundation of riffs.


よくできました!これがペンタトニック・スケールです。このスケールで動き回れるようになったし、リフの基礎が始められましたね。

 

終わりに


So thanks for that question, Alexa! If you guys have questions that you want us to answer on the show, you can send an email to questions@voicelessonstotheworld.com


アレクサさん、この質問をくださってありがとうございました!このショーで答えてほしい質問がある場合は、 questions@voicelessonstotheworld.com にメールしてくださいね。


We encourage you guys to just not lose that joy and that passion! Don't let people tell you that you can't sing, because you know that that's not true!


歌う喜びや情熱を失わないようにしましょう。「ヘタクソ!」などとは誰にも言わせないでください。それが本当のことでないのを知っているでしょうから。


I want you to find a great voice teacher in your area! If you're in New York City, you can check out our website at www.NewYorkVocalCoaching.com. And if you like these videos you can check out www.voicelessonstotheworld.com.


あなたの住む地域で素晴らしい先生を見つけましょう。ニューヨークにいるのなら、私たちのウェブサイト www.NewYorkVocalCoaching.com をチェックしてみてください。動画を気に入ってもらえたなら、 www.voicelessonstotheworld.com もチェックしてくださいね。


I'm Justin Stoney, see you next time!


ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!

 

------------------------------------------------------

 

以上、今回はリフとペンタトニック・スケールに関するエピソードでした。いかがでしたか?

ご意見、ご感想はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は、Justin Stoney氏の許可のもと掲載しています。無断転載はおやめください。

 

NYVCのこと・ブログ運営者のこと・レッスンのこと

NYVCのこと、このブログの運営者のこと、レッスンのこと…

さらに詳しく知りたい方は、チェックしてくみてください!

 

New York Vocal Coaching (NYVC) のウェブサイトはこちら(英語)

 

ブログ運営者・佐藤剛寿のレッスンに関してはこちら