Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 32「口幅を広げること」【VLTTW翻訳】

Ep. 32 "Spreading" - Voice Lessons To The World

エピソード32「口幅を広げること」

 

www.youtube.com

 

目次

 

Hi everybody! My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.

 

みなさんこんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチング創設者のジャスティン・ストーニーです。

 

Welcome to episode 32 of Voice Lessons To The World, the show where we want to help you guys as singers by answering your questions from all over.

 

ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード32へ!このショーでは世界中からの歌に関する質問に答えていくことで、シンガーのみなさんを助けていきたいと思っています。

 

今週の質問:口幅は広げるな!?

 

And I'll give you a chance to ask questions later, but our question for this week comes from Ralph W. in Fiesole, Italy. 

 

みなさんが質問する機会に関しては後で説明するとして、今週の質問はイタリア、フィエソーレのラルフ・Wさんから来ています。

 

And Ralph writes, "Dear Justin, my choir director tells me to not spread. 'Don't spread the sound' he says. What does this mean and is this something that I need to avoid as a singer?"

 

ラルフさんはこう書いています。「ジャスティンさん、こんにちは。合唱の先生が、口幅を広げないように、と言ってきます。『声を広げるな』と。これはどういう意味ですか?また、歌う時はこれを避ける必要があるのでしょうか?」

 

Now that's an awesome question, Ralph. And I want to just say spreading, as you're talking about here, is one of the great plagues of all singers.

 

とても良い質問ですよ、ラルフさん。あなたが話している「口幅を広げること」は、すべてのシンガーにとってやっかいなことの一つであると言えるでしょう。

 

Spreading is something that most singers struggle with at least to some extent. And it's definitely something to eliminate from your voice, or at least know how to. Because it's really gonna put limits on your upper range, and just your tone in general.

 

たいていのシンガーがこの「口幅を広げること」に少なくともいくらかは苦労しています。これは絶対に取り除くべきことで、少なくともその方法は知っているべきでしょう。なぜなら高音域に限界ができてしまうし、たいていの場合、声色にも良くないからです。

 

So we definitely want to talk about spreading and how to work through that as singers. 

 

ですからシンガーとして、口幅を広げることと、どうやってそれに対処していくかは、話しておきたいことですね。

 

「口幅を広げること」とは?

 

First thing we'll say though is what is it, what is spreading?

 

まず最初に、口幅を広げることとはなんのことでしょうか?

 

So spreading is essentially moving the lip corners this way, out horizontally or wide, widening the sound, opening the mouth more this way. Especially as you go up for high notes. But just basically all through your range you could spread.

 

口幅を広げることとは、口角をこのように水平に広げてしまうことで、口をこの方向(幅広)に開いてしまうことです。特に高い声に行くにしたがってなりやすいのですが、基本的にどの声域でもこれは起こり得ます。

 

息が口の外に持っていかれる

 

Now what this widening does is it does bring the air more out the mouth. Air out the mouth isn't always bad, but in this case it probably is.

 

それでこの口幅を広げることが何をもたらすかというと、息がより口の外に持っていかれてしまいます。これは必ずしも悪いことではありませんが、この場合はおそらくダメでしょう。

 

喉頭が持ち上がる

 

It also is gonna raise the larynx up and put pressure on the cords. Raising the larynx, not always bad. Pressure on the cords, not always bad. But in this case, probably bad.

 

またこれによって喉頭が上がり、声帯に圧力がかかります。喉頭を上げるのは、必ずしも悪いことではありません。声帯の圧力もそうです。でもこの場合は、おそらくダメでしょう。

 

口幅を広げるのはダメなこと?

 

Now you know me, I don't like to say in Voice Land that anything is bad. We can use a lot of stuff that people usually call bad, for vocal good if we know what we're doing.

 

私が、声の世界においてこれはダメ、と言いたくないタイプなのは、みなさんも知っているでしょう。これはやってはいけない、と言われていることでも、何をしているのかさえわかっていれば、声の健康のために使えることは多いのです。

 

But spreading is something that is actually, usually, (between you and me) not a good idea.

 

ですが口幅を広げることは通常(あなたと私の間では)、あまりいいアイディアとは言えません。

 

Alright. In later videos I will show you how spreading can be used positively. But most of the time you want to be able to do your sound without spreading out the tone.

 

いいでしょうか。口を広げることがいかに肯定的に使えるかは、今後の動画でお見せしていきますが、ほとんどの場合では、口幅を広げずに声を出せるようにしてほしいのです。

 

曲中での例

 

Now I'm going to just show you what I mean in a song example. And later we're gonna do an exercise. This is, "Why God Why" from Miss Saigon.

 

では、何を言っているのかわかるように、曲を例にとってみましょう。エクササイズは後ほどやります。曲はミス・サイゴンから「ホワイ・ゴッド・ホワイ」です。

 

And I'm gonna do it first just without any spread at all, so you can hear what that would be and then I'll show you what spreading would sound like after that. So here's without a spread...

 

最初にどんな感じか聞けるように、口幅を広げないでやってみます。その後に口幅を広げるとどういう声になるのかをお見せします。では広げない方から行きますね。

 

広げずに歌った場合

 

“Why God

What's your plan

I can't help her

No one can

I liked my memories as they were

But now I'll leave remembering her”

 

(歌)

 

Now that's without a spread, but if I start spreading some of those high notes which is the tendency, some crazy stuff happens. I probably get...

 

これは広げない方でしたが、もし高い声の時に口を広げると(そうなってしまう傾向があるのですが)、おかしなことが起こります。多分こうなるでしょう…

 

広げて歌った場合

 

“Why God” And that AH, that spread of the tone makes it more mouthy, makes the larynx come up, and in some ways it makes it easier.

 

「ホワイ・ゴッド」この「アー」、つまり口幅を広げることが、声がより口から外に出るようにしてしまったり、喉頭が上がったりしてしまうことにつながります。ある意味では簡単に声が出るようになりますが…

 

But in other ways it puts more pressure on the cords and that's why it causes the limitation. It's using a pressure that we don't want, to get the notes.

 

違う視点で見ると、声帯により圧力がかかるので、限界がきてしまいます。その音に辿り着くのには使いたくない圧力を使ってしまうのです。

 

So in that high section too...

“I liked my memories as they were

But now I'll leave remembering her”

I don't want to spread things out as I'm hitting that note.

 

この高いセクションでも同じです。(歌)(her...の形を広げたり戻したりして)

高い声を出すのに口幅を広げたくはありません。

 

“Remembering her”

I'm going to get it more in my head by not spreading.

So you see what that does in a song to my sound.

 

「リメンバリング・ハー」広げないことで、声をより頭の方に持っていけるでしょう。曲を歌う時に、口幅を広げることが声に与える影響がわかったでしょうか。

 

そもそもどうして起こる?

 

Now you might think “Well, why would you even have spread in the first place, Justin, when the other sounds so much better?”

 

ここでこう思うかもしれません。「ジャスティンさん、そもそもなんで口幅を広げるのですか?そうでない方がいい感じになるのに」

 

Honestly most people are spreading, especially when you're training your voice,

they are spreading to go higher and they don't even know it.

 

正直に言うと、ほとんどの人は口幅を広げてしまっています。特に声のトレーニングをしている時は、より高い声を出すために口幅を広げてしまって、それに気付いてすらいなかったり。

 

エクササイズ

 

So now we're going to get to some exercises to help you guys get through the spreading plague that tends to happen.

 

それでは、この起こりやすくてやっかいな口幅を広げることを乗り切ることができるように、エクササイズに入りましょう。

 

話し声で試してみよう

 

So first I just want you to feel this in your speaking voice. I'm just gonna say, in my own voice, “Hello my name is Justin.” And now try that using your own name. Here you go... And that's just a neutral mouth position.

 

まず最初に話し声でこれを感じてほしいのです。単に “Hello my name is Justin.” と言ってみましょう。あなたの名前を使ってやってみてください。どうぞ… これが自然な口のポジションです。

 

Now actually pucker your lips and say, “Hello my name is Justin.” Try it... Nice.

 

次に口をすぼめて、“Hello my name is Justin.” やってみましょう。いいですね。

 

Now I'd like you to spread. “Hello my name is Justin.” Great.

 

では広げてみてください。“Hello my name is Justin.” 素晴らしい。

 

And so what you see there is, as you move your mouth position, it changes the acoustics, it changes the resonance of your voice. But the spreadier one tends to be a lifty-er, squeezier, one that causes the problem.

 

これでわかるのは、口のポジションを動かすと声の響きが変わる、ということです。そして広げる方は喉頭を持ち上げたり、締め付けたりといった問題を起こす傾向にあります。

 

Now I could eliminate it, I could do, “Hello my name is Justin.” but I have to really think about that to make that happen. It's not what it tends to do.

 

このままその傾向だけを消すこともできますが…(口幅を広げたまま、声だけを口をすぼめた時のように)“Hello my name is Justin.” これをするにはすごく考えないといけません。普通こうはならないものです。

 

「マママ」でヴォーカルエクササイズ

 

So we're gonna do an exercise now, just a simple MA MA MA, alright? To see if you guys can feel what it is to go up in pitch and don't spread it out. Right?

 

それではエクササイズに行きましょう。シンプルな「マママ」です。いいですか?口幅を広げずにピッチを上げられることを感じるのが目的です。

 

Now you might need a mirror when you're practicing this. Because again, like I say, a lot of people don't know that they're spreading.

 

この練習の時は鏡があったほうがいいかもしれません。先ほど言ったように、口を広げていることに気付かない人が多いからです。

 

You sometimes have to see it to believe it. But this is the exercise. Guys will be down here... “MA - MA - MA - MA - MA - MA - MA” And ladies up here... “MA - MA - MA - MA - MA - MA - MA “

 

百聞は一見に如かず、ということもあるでしょうからね。ではエクササイズです。男性は下で、「マママママママ」。女性は上で、「マママママママ」。

 

And what we don't want is, of course, “MA - MA - MA - MA - MA - MA - MA” [ Spreads ]

but “MA - MA - MA - MA - MA - MA - MA” Keep it inside and neutral as you go higher.

So here we go together...

 

ここでしてほしくないのは、もちろん(口幅を広げて)「マママママママ」です。「マママママママ」と、高くなっても広げずに、自然な状態を保ちましょう。では一緒にいきましょう。

 

(Exercise)

 

(エクササイズ)

 

Fantastic work. So that's great. So you felt what it was to go up higher without spreading things out.

 

よくできました!素晴らしいです。口を広げずに高い方に行くのがどういうことか感じられたでしょう。

 

まずはテクニックを、 パワーはあとから

 

Now some of you might have cracked to head voice or to falsetto at some point. That's fine. That's actually the thing that people are trying to eliminate with this.

 

どこかのポイントでヘッドヴォイスかファルセットに裏返ってしまった人もいるかもしれませんが、大丈夫です。実際、口幅を広げることによって裏返るのを消そうとしてしまう人もいるのですが…

 

But what I'm saying to you today is, as you go up in pitch if you have the note only with a spread, you really don't have the note. You need to be able to do every note in your range without changing the shape of it first.

 

今日お伝えしていることは、口幅を広げる時だけ高い音に辿り着けるのだとしたら、実際にはその音は出せていないということです。まず最初にできなければならないのは、声域のどの音でも口の形を変えずにできるようになることです。

 

Later, like I said, we might change it. But first you've got to be able to do it neutral. If you can do it neutral you have the note. If you spread it, you cheated it. And that's what's causing the problem.

 

先ほど言ったように、口の形を変えることは後でするかもしれませんが、まず最初は自然な形でできなければなりません。自然な口の形でできるのなら、それはその音が出せているということです。広げている時は、ごまかしているのです。それだと問題につながってしまいますからね。

 

終わりに 

 

So, Ralph and all, I hope that's been helpful for you guys today as singers. If you guys have questions that you'd like to see us answer on the show, you can send an email to: Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

というわけで、ラルフさん、みなさん。今回の内容がシンガーのみなさんの役に立っていればと思います。このショーで答えてほしい質問がある場合は、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてください。

 

We just encourage you not to lose that joy, don't lose that passion. Get with a great voice teacher in your area. Or if you guys are in New York City you can check us out at: www.NewYorkVocalCoaching.com.

 

歌う喜びや情熱を失わないようにしましょう。あなたの地域の優れたヴォイスティーチャーに付きましょう。それかニューヨークにいるのなら www.NewYorkVocalCoaching.com をチェックしてみてください。

 

And if you like these videos you can visit: www.VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

動画を気に入ってもらえたなら、 www.VoiceLessonsToTheWorld.com も見てみてください。

 

I'm Justin Stoney. We'll see you next time.

 

ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!

 

------------------------------------------------------

 

以上、今回は「口幅を広げること」に関しての翻訳でした。いかがでしたか?

ご意見、ご質問はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は、Justin Stoney氏の許可のもと掲載しています。無断転載はご遠慮ください。

 

NYVCのこと、ブログの運営者、レッスン

New York Vocal Coachingについて

New York Vocal Coaching (NYVC) は、ニューヨークを代表するヴォーカルスタジオのひとつです。創設者のジャスティン・ストーニーは世界的に有名なヴォーカルコーチで、NYVCはアメリカ国内外の多くのメディアに取り上げられています。

また、NYVCのYouTubeチャンネルは、21万人以上* の登録者がいる人気チャンネルです。無料で多くのビデオを公開していて、世界中のシンガーのためにヴォーカルの情報やエクササイズを届けています。

NYVCのウェブサイトなどは基本英語ですが、とても広範囲にわたる情報を届けているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 *2019年10月現在

 

newyorkvocalcoaching.com

 

www.youtube.com

 

ブログの運営者について

このブログを運営している佐藤剛寿は、ジャスティン・ストーニーの直接指導のもと、New York Vocal Coaching 40-Hour Voice Teacher Trainingを修了したヴォーカルコーチです。

僕がジャスティンを知るようになったきっかけは、YouTubeです。いつものようになんとなくYouTubeを見ていたら、ジャスティンの動画がおすすめに出てきて、「どんな人だろう?」と初めて彼の動画を見た瞬間、「この人の教え方は、すごい!!」とすぐにわかりました。

彼自身の持っている声の技術の高さ。わかりやすい理論と伝え方。声や歌に対する寛容な考え方。そして、モチベーションを上げてくれる言葉。全てが驚きでした。

それから毎日、一生懸命彼の動画を見て、一緒に歌う日々が始まりました。僕はもともと歌うことが大好きでしたが、ジャスティンのことを知ってからはその楽しさが大きく増しました。

ニューヨークに行って彼のティーチャー・トレーニングを受けたのは、彼のようなレッスンを、日本のシンガーにも届けたいと思ったからです。

彼がたくさんの動画を作って、レッスンを受けられない人にもヴォーカルの情報やエクササイズを提供しているように、僕もその翻訳ブログという形で、少しでも日本のみなさんに良い情報を届けたいと思っています。

翻訳にはわかりづらいところもあるかもしれませんが、少しでもみなさんのヴォーカルライフに役立てば幸いです。ご感想、ご意見、ご質問はいつでも歓迎します!

レッスンについて

動画や文章に触れることだけでも声を改善していくことはできますが、わからないこともあると思います。そういう時はぜひ直接レッスンを受けてみてください!

僕のレッスンではニューヨークで学んだことを活かして、クライアントのみなさんが声をより自由に使えるように、一人一人に合わせたエクササイズを提供しています。

また、ヴォーカル技術の向上と併せて、アレンジャー・ソングライターとしての視点から、スタイルを作っていくお手伝いをしています。

そして、歌う喜びを感じられるように、良い環境を作っていきたいと思っています。

ニューヨーク仕込みのエクササイズを、ぜひ体感してみてください!

 

ヴォーカルレッスンのお問い合せ、お申し込みはウェブサイトからどうぞ。

 

レッスン概要

https://www.takahisasatomusic.com/lesson

 

お問い合せ、お申し込み

https://www.takahisasatomusic.com/contact