Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 33「舌の引っ込み」【VLTTW翻訳】

Ep. 33 "Tongue Retraction" - Voice Lessons To The World

エピソード33「舌の引っ込み」

 

www.youtube.com

 

目次

 

Hi everybody! My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.

 

みなさんこんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチング創設者のジャスティン・ストーニーです。

 

Welcome to episode 33 of Voice Lessons To The World, the show where we want to help you guys as singers by answering your questions from all over.

 

ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード33へ!このショーでは世界中からの歌に関する質問に答えていくことで、シンガーのみなさんを助けていきたいと思っています。

 

今週の質問:舌の引っ込み 

 

And I'll give you a chance to ask questions later, but our question for this week comes from Greg F. in Eugene, Oregon.

 

みなさんが質問する機会に関してはあとで説明するとして、今週の質問はオレゴン州ユージーンのグレッグ・Fさんから来ています。

 

And Greg says, "Dear Justin, what do I do about a retracted tongue?"

 

グレッグさんの質問です。「ジャスティンさん、こんにちは。舌の引っ込みについては、どうしたらいいですか?」

 

Whoa! Greg, thank you very much for that great question. And that's a good piece of vocal information. I don't know if a voice teacher gave that to you, if that's something that you figured out on your own, or something that you read, but a retracted tongue that's a great thing to bring up.

 

おー!グレッグさん、素晴らしい質問をありがとうございます。これは良いヴォーカルの情報ですね。先生から言われたことなのか、自分で見つけたことなのか、何かで読んだことなのかはわかりませんが、舌の引っ込みのことを持ち出してくれたのは素晴らしいことです。

 

So we're gonna be talking about tongue retraction today. In future episodes we'll talk about the tongue in general.

 

ですので今回は、舌の引っ込みについて話していきます。舌全般のことについては今後のエピソードで話していきますね。

 

There's a lot of things that we need to discuss about the tongue. It can really get in the way of your singing if you don't know what to do with it.

 

舌についてはたくさん話すべきことがあるんです。舌をどうしたらいいのかわからないと、それが上達の妨げになり得ます。

 

But tongue retraction is one big element of the tongue problems that people sometimes have with their singing. And it sounds like that's what you're having a problem with, Greg.

 

舌の引っ込みは、数ある舌の問題の中でも大きな要素です。グレッグさんは、この問題に悩んでいるようですね。

 

舌の引っ込みとは?

 

So, what is tongue retraction? Tongue retraction is when the tongue retracts back like this... in your singing.

 

では、舌の引っ込みとは何でしょうか?舌の引っ込みは、歌う時に(舌を引っ込めて)このように舌が後ろの方に引っ込んでしまうことです。

 

Now you may not be aware that you're doing this. But many, many singers do without their knowledge. It's just that pull back.

 

これをしていることに気付かない人もいるかもしれませんが、たくさんのシンガーが知らず知らずのうちにしてしまっています。(舌を引っ込めて)この引っ込みのことです。

 

どうして起こるの?

 

Now why would they do it? That's the question. Why is this a common vocal tension

and why is this a big limitation?

 

では、なぜこれをしてしまうのでしょうか?それが問題です。なぜこの声を緊張させる問題はよくあるのでしょうか?なぜこれが大きく声を制限してしまうのでしょうか?

 

The reason it's common is the tongue and the larynx are interwoven, they're right next door to each other.

 

これがよくある理由は、舌と喉頭が密接に関連していて、お互い隣同士にあるだからです。

 

間違った喉頭の固定の仕方

 

So when the tongue retracts backwards it stabilizes the larynx. Perhaps it lowers it, perhaps it holds it in place, but that backwards tongue movement causes a laryngeal stability. It causes the larynx to stay where you told it to be.

 

舌が後ろに引っ込んでいる時、喉頭は固定されます。おそらく喉頭は低い位置になり、そこに固定されますが、この舌が後ろに動くことが喉頭を固定させてしまいます。喉頭を自分が意図した位置に留まらせているのです。

 

Now that's a cheat and that causes a big limitation because then your tongue is tight.

 

これは正しくないやり方で、舌が固くなってしまうので、大きな制限ができてしまいます。

 

But also, then your larynx isn't learning the skills on its own that it needs to because the tongue is always jamming it around. That's what tongue retraction is.

 

しかもこれだと、舌がいつも引っ込んでいるので、喉頭自体に必要とされる技術を身に付けることができません。これが舌の引っ込みです。

 

Now here's some of the things that it kind of can cause. I'm going to do some song examples for you so you can hear it. But then we're going to do an exercise to work on fixing it a little bit later.

 

曲中での例

 

さて、ここでこれがもたらし得ることについて話しましょう。耳でわかるように、いくつか曲例をやります。そしてその少しあとに、これを直すためのエクササイズをやりますね。

 

Now I'm going to start with a more classical sound. The reason why is a lot of people that have had classical training tend to have this tongue retraction.

 

まずはクラシック寄りの声から始めていきます。その理由は、クラシックのトレーニングを受けたことがある人の多くに、この舌の引っ込みの傾向が見られるからです。

 

Not always but a lot of times because if your teacher is always telling you to lower the larynx. And that's not a bad thing, we do need to be able to sing with a low larynx.

 

常にではありませんが、多く見られるのは、先生から「いつでも喉頭を下げるように」と教わってきたからでしょう。低い喉頭の位置で歌うことができることは大事なことで、それ自体は悪いことではありません。

 

But if it's all low larynx, low larynx, low larynx all day long, probably what's going to start to happen is the tongue will retract so that you get more and more and more low larynx and it becomes too much because the tongue is in the way.

 

でも、毎日のように低い喉頭、低い喉頭、低い喉頭と言われ続けると、もっと低い喉頭の位置にするために舌が引っ込み始め、舌が発声の妨げになるくらいに極端に引っ込んでしまうのでしょう。

 

クラシックの場合

 

Let me show you what I mean in a song called "Lonely House”. This is by Kurt Weill. I'm going to do a really retracted tongue sound.

 

では「ロンリー・ハウス」という曲でどういうことなのかお見せしましょう。クルト・ヴァイルの曲です。舌をすごく引っ込めた声でやってみます。

 

舌の引っ込み+低い喉頭

 

“Lonely house, Lonely me”

 

「ロンリー・ハウス、ロンリー・ミー」

 

Now I have a lot of space there but I'm also retracting my tongue. “Lonely me”

 

口の中に広い空間を作っていますが、同時に舌を引っ込めてしまっています。「ロンリー・ミー」

 

I'm not doing... “EE” I still have a low larynx there. I'm not doing... “EE” but “EE” With my larynx down and tongue up. “EE” There, I've just gone too far.

 

こうやっているのではありません「(舌を引っ込めずに)イー」。これは低い喉頭を保ちながらやっています。「(喉頭を下げずに)イー」ではなく「イー」のように、喉頭は下げても舌を高くすることができます。「(舌を引っ込めて)イー」これだと行き過ぎですね。

 

舌の解放+低い喉頭

 

So you can take a listen... “Lonely house, Lonely me” That's with my tongue forward, still a classical sound.

 

 

では聴いてみてください。「ロンリー・ハウス、ロンリー・ミー」舌が前にありながら、クラシックの声を出すことができます。

 

引っ込めた状態に戻すと…

 

“Lonely house, Lonely me”

 

(舌を引っ込めて)「ロンリー・ハウス、ロンリー・ミー」

 

I might be doing that- that's the retracted sound again- to try to get more space. But again, you can hear that's too much space for my sound. The tongue is in the way.

 

このようにもっと口の中の空間を広げようとすると、舌を引っ込めた声をまたやってしまうかもしれません。でもこれだと空間が広すぎるのが聞けるでしょう。舌が声を妨げています。

 

ロックの場合

 

Now what if we went to a more rock example. I'm gonna pick something again with some E vowels in it "Let It Be" by The Beatles.

 

では次にロックの例に行ってみましょう。ここでも「イー」の母音が入っているビートルズの「レット・イット・ビー」を選びます。

 

There's a little bit of a different issue in pop music. You're not going to get that [retracted tongue] sound with the tongue. But I might do something like this...

 

ポピュラーミュージックではまた別の問題があります。舌を思い切り引っ込めた声にはならないでしょうが、こんな感じになるかもしれません。

 

舌の引っ込み+高い喉頭

 

“When I find myself in times of trouble

Mother Mary comes to me

Speaking words of wisdom

Let it be”

 

(歌)

 

Now that's the retracted sound. You probably couldn't quite tell at first but I'm going to explain this to you. Here's my tongue forward...

 

今のは舌を引っ込めた声でした。最初は気付かないかもしれませんが、説明していきますね。今度は舌が前にある場合です。

 

舌を解放して、前に持ってくると…

 

“When I find myself in times of trouble

Mother Mary comes to me

Speaking words of wisdom

Let it be”

 

(歌)

 

行き来してみると

 

“Let it be”

“Let it be”

“Let it be”

 

「(舌を引っ込めて)レット・イット・ビー」「(引っ込めずに)レット・イット・ビー」「(引っ込めて)レット・イット・ビー」

 

Did you hear it? It's more subtle in pop, but it still happens. I'm having to spread, we talked about that last time, I'm having to spread to compensate for the fact that my tongue is back here... “EE” So I have to go... “EE” But my tongue is still back.

 

聞き分けられましたか?ポピュラーミュージックではよりわずかなことですが、それでも起こることです。舌が後ろに来てしまうのを埋め合わせるために、前回話した口幅を広げることをせざるを得なくなっています。「(舌を引っ込めて)イー」となっているので「(さらに口幅を広げて)イー」とせざるを得ないのですが、これだと舌は後ろのままです。

 

But if it was just EE to begin with I'd get what I want.

 

でも最初から「(舌を引っ込めずに)イー」とできれば、欲しい声が手に入るでしょう。

 

“When I find myself in times of trouble

Mother Mary comes to me”

Perfect.

 

(歌)完璧です。

 

“When I find myself in times of trouble

Mother Mary comes to me”

 

(歌)(最後のイーで舌を引っ込めたり、前に戻したりして)

 

You can hear me go back and forth between the retracted and the forward. Now, again this is an example.

 

舌を引っ込めたり、前に位置させたりと行き来するのが聞けたかと思います。これがもう一つの例でした。

 

舌の引っ込みに気付こう

 

Justin, why would anybody do that? But if you listen carefully to your recordings of yourself you might hear some of those sounds happen and it might be because of the tongue retraction.

 

ジャスティン、一体誰がそんなことをしてしまうの?」と思うでしょうが、自分の声の録音を注意深く聞いてみると、こういう声になってしまっているかもしれないし、その原因は舌の引っ込みかもしれません。

 

Classical singers, musical theater, rock, anywhere in between, tons of tongue retraction stabilizing the larynx.

 

クラシックやミュージカル、ロック、その間のどのシンガーでも、舌の引っ込みが喉頭を固定してしまっているケースはたくさんあります。

 

舌の引っ込みを直すためのエクササイズ

 

Now what can we do to fix it? I'm going to give you an exercise right here. The E vowel is a great vowel, period. Everybody loves the E vowel. It's fantastic in so many ways. We're going to get to that in the future.

 

ではどうやって直せばよいのでしょうか?ここでエクササイズをやってみましょう。「イー」の母音は間違いなく素晴らしい母音です。みんな「イー」の母音が大好きです。色々な意味で素晴らしいのです。今後そのこともやっていきますね。

 

But can you do a good one, that's the question. If you can, awesomeness ensues in your voice. If you can't, big trouble happens.

 

でも問題は、正しくできるかどうかです。もしできれば、素晴らしい結果が声に現れるでしょう。できなければ、大きな問題が起きてしまいます。

 

So just being able to do a good E vowel, and I'm also going to give you a K, this stuff will help you to keep your tongue forward.

 

そこで正しい「イー」の母音ができるように、Kも加えます。Kが舌を前に保つように促してくれることでしょう。

 

「キーキーキー」のエクササイズ

 

So doing an exercise like “Ke-Ke-Ke” makes it very difficult to cheat the larynx back and down with the tongue.

 

「キーキーキー」のようなエクササイズなら、喉頭を下げ、舌を後ろにしてしまうようなごまかしが、とてもしづらいでしょう。

 

So we're going to do “Ke-Ke-Ke” together. Just so you can get a feeling of what it feels like to really have that tongue nice and tall and forward and not retracted. Right.

 

では一緒に「キーキーキー」をやっていきましょう。舌を高く、前に持っていき、引っ込まないようにする感覚をつかめるようにしましょう。いいでしょうか。

 

Now watch out for things like this... You can still cheat. “Ke-Ke-Ke-Ke-Ke” I could still do it. So I really need “Ke-Ke-Ke” right up front.

 

でもこういうことに気をつけてください。これでもまだごまかすことができるのです。(舌を引っ込めて)「キーキーキーキーキー」こうもなってしまいますから、(舌を引っ込めずに)「キーキーキー」と舌を高く、前に位置させる必要があります。

 

Now you can do this with a low larynx, a middle larynx, or more of a pop higher larynx.

Doesn't matter to me, just as long as these are just solid E vowels.

 

低い喉頭のポジションでも、中間のポジションでも、もっとポップな高いポジションでもできます。ちゃんと「イー」の母音ができていれば、どれでも構いません。

 

So we're gonna have these, guy's down here... “Ke-Ke-Ke-Ke-Ke” And ladies up here... “Ke-Ke-Ke-Ke-Ke” And let's just have that nice forward tall tongue together, not retracting.

 

では、男性は下の方で「キーキーキーキーキー」、女性は上の方で、「キーキーキーキーキー」で行きましょう。舌は前の位置で高く保ち、引っ込まないようにしましょう。

 

(Exercise)

 

(エクササイズ)

 

Great stuff. So, just keeping that tongue, nice and tall, nice and forward. It's a harder skill than you'd think.

 

よくできました!舌を前に、高く保つことができたでしょうか。思ったより難しい技術なのです。

 

I want you guys watching out for that in your technique exercises, in your song work. You should never really have your tongue jamming back like that. That's only going to cause limitations that don't let your voice grow.

 

テクニックのエクササイズでも、曲の練習でも、これに気をつけてほしいと思います。舌をこのように引っ込めることはしないほうがよいのです。それだと声に制限ができてしまい、声を育てることができなくなってしまいますからね。

 

終わりに

 

So, Greg and all, I hope that's been helpful for you guys today as singers. If you have questions that you'd like to see us answer on the show, you can send an email to: Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

というわけで、グレッグさん、みなさん。今回の内容がシンガーのみなさんの役に立っていればと思います。このショーで答えてほしい質問がある場合は、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてください。

 

We just encourage you not to lost that joy, don't lose that passion. Get with a great voice teacher in your area. If you guys are in New York City you can check us out at: www.NewYorkVocalCoaching.com.

 

歌う喜びや情熱を失わないようにしましょう。あなたの地域の優れたヴォイスティーチャーに付きましょう。もしニューヨークにいるのなら www.NewYorkVocalCoaching.com をチェックしてみてください。

 

And if you like these videos you can visit: www.VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

動画を気に入ってもらえたのなら、 www.VoiceLessonsToTheWorld.com も見てみてください。

 

I'm Justin Stoney. We'll see you next time.

 

ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!

 

------------------------------------------------------

 

以上、今回は「舌の引っ込み」に関しての翻訳でした。いかがでしたか?

ご感想、ご意見、ご質問はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は、Justin Stoney氏の許可のもと掲載しています。無断転載はご遠慮ください。

 

NYVCのこと、ブログの運営者、レッスン

New York Vocal Coachingについて

New York Vocal Coaching (NYVC) は、ニューヨークを代表するヴォーカルスタジオのひとつです。創設者のジャスティン・ストーニーは世界的に有名なヴォーカルコーチで、NYVCはアメリカ国内外の多くのメディアに取り上げられています。

また、NYVCのYouTubeチャンネルは、21万人以上* の登録者がいる人気チャンネルです。無料で多くのビデオを公開していて、世界中のシンガーのためにヴォーカルの上達に役立つ情報やエクササイズを届けています。

NYVCのウェブサイトなどは基本英語ですが、とても広範囲にわたる情報を届けているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 *2019年10月現在

 

newyorkvocalcoaching.com

 

www.youtube.com

 

ブログの運営者について

このブログを運営している佐藤剛寿は、ジャスティン・ストーニーの直接指導のもと、New York Vocal Coaching 40-Hour Voice Teacher Trainingを修了したヴォーカルコーチです。

僕がジャスティンを知るようになったきっかけは、YouTubeです。いつものようになんとなくYouTubeを見ていたら、ジャスティンの動画がおすすめに出てきて、「どんな人だろう?」と初めて彼の動画を見た瞬間、「この人の教え方は、すごい!!」とすぐにわかりました。

彼自身の持っている声の技術の高さ。わかりやすい理論と伝え方。声や歌に対する寛容な考え方。そして、モチベーションを上げてくれる言葉。全てが驚きでした。

それから毎日、一生懸命彼の動画を見て、一緒に歌う日々が始まりました。僕はもともと歌うことが大好きでしたが、ジャスティンのことを知ってからはその楽しさが大きく増しました。

ニューヨークに行って彼のティーチャー・トレーニングを受けたのは、彼のようなレッスンを、日本のシンガーにも届けたいと思ったからです。

彼がたくさんの動画を作って、レッスンを受けられない人にもヴォーカルの情報やエクササイズを提供しているように、僕もその翻訳ブログという形で、少しでも日本のみなさんに良い情報を届けたいと思っています。

翻訳にはわかりづらいところもあるかもしれませんが、少しでもみなさんのヴォーカルライフに役立てば幸いです。ご感想、ご意見、ご質問はいつでも歓迎します!

レッスンについて

動画や文章に触れて自分で練習するだけでも声を改善していくことはできますが、一人ではわからないこともあると思います。そういう時はぜひ直接レッスンを受けてみてください!

僕のレッスンではニューヨークで学んだことを活かして、クライアントのみなさんが声をより自由に使えるように、一人一人に合わせたエクササイズを提供しています。

また、ヴォーカル技術の向上と併せて、アレンジャー・ソングライターとしての視点から、スタイルを作っていくお手伝いをしています。

そして、歌う喜びを感じられるように、良い環境を作っていきたいと思っています。

ニューヨーク仕込みのエクササイズを、ぜひ体感してみてください!

 

ヴォーカルレッスンのお問い合せ、お申し込みはウェブサイトからどうぞ。

 

レッスン概要

https://www.takahisasatomusic.com/lesson

 

お問い合せ、お申し込み

https://www.takahisasatomusic.com/contact