Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 34「ピッチ第一主義」【VLTTW翻訳】

Ep. 34 "Pitch On A Pedestal" - Voice Lessons To The World

エピソード34「ピッチ第一主義」

 

www.youtube.com

 

目次

 

Hi everybody! My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.

 

みなさんこんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチング創設者のジャスティン・ストーニーです。

 

Welcome to episode 34 of Voice Lessons To The World, the show where we want to help you guys as singers by answering your questions from all over.

 

ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード34へ!このショーでは世界中からの歌に関する質問に答えていくことで、シンガーのみなさんを助けていきたいと思っています。

 

And I'll give you a chance to ask questions later but our question for this week comes from Verena T. in Salzburg, Austria.

 

みなさんが質問する機会に関してはあとで説明するとして、今週の質問はオーストリアザルツブルクのヴェレーナ・Tさんから来ています。

 

今週の質問:ピッチをうまく保てない…

 

And Verena writes, "Dear Justin, I'm not tone-deaf but I have problems staying on pitch. Can you help me?"

 

ヴェレーナさんはこう書いてます。「こんにちは、ジャスティンさん。私は音痴ではないのですが、うまくピッチを保てません。助けてくれませんか?」

 

Now Verena that's a great question because I'm sure so many singers out there struggle with staying on pitch and so we need to address this.

 

ヴェレーナさん、素晴らしい質問ですよ。ピッチを保つのに苦労しているシンガーは多いでしょうから、これに取り組む必要がありますね。

 

ピッチを保つのが大事?

 

But I'm not going to address this in the way that you guys probably think. Because there's a tip that I'm about to give you which to me is actually one of the best possible tips that I could ever give away.

 

でも、おそらくみなさんが思っているような方法は使いません。なぜならこれから与えるヒントは、私が与え得る最良のヒントだと思うからです。

 

ピッチ第一主義

 

Because singers and actually unfortunately even voice teachers make this mistake all the time. And that is putting pitch on the pedestal.

 

シンガーだけでなく、残念なことに声の先生でさえもいつもこの間違いをしてしまっているのです。それは、ピッチを一番に置いてしまうことです。

 

Now obviously I'm not going to have you guys going out there on stage singing way off-key. That's not our goal. But the problem that people have is putting too much emphasis actually on staying on pitch.

 

これはもちろん、みなさんにステージでキーが外れたまま歌うように言っているわけではありません。それはゴールではありません。ですが問題は、ピッチを保つことを重視し過ぎていることなのです。

 

Now clearly one of our first steps as a singer is can we just match the pitches, can we stay on pitch. But very soon after that all the way to when you're an advanced elite singer, pitch should not be on the pedestal if your goal is to try to stay on pitch as a singer. That's probably one of the worst possible focuses that you could have.

 

確かにシンガーにとって最初のステップの一つは、ピッチを合わせられるか、そしてそれを保てるかでしょう。でもそのすぐあとから上級のエリートシンガーに至るまで は - ピッチを保つことを目標にしているのだとしたら - ピッチを一番に置くべきではないのです。これは重点を置く所としては考え得る最悪のことかもしれません。

 

And that just does not seem intuitive, that does not seem right that I would be saying that to you. That we don't want to value pitch. But today I would like to take pitch off its pedestal for you guys.

 

私がみなさんにこのようなことを言うのは、直感的に正しくないように思われることでしょう。ピッチを重視するなと言っているのですから。でも今日はみなさんのために、ピッチを台座から引きずり落としたいと思います。

 

ピッチ対テクニック

 

Now here's the reason why. If I put technique on the pedestal the pitch will soon follow.

 

その理由はこれです - もしテクニックを一番に考えれば、ピッチはついて来るのです。

 

What people do all the time is they're trying to stay on pitch so much, pitch is on the pedestal. So maybe you can get up to the note, maybe you can sing perfectly in tune. But what manipulation did you have to do in your voice to get it on pitch? And that is causing big problems.

 

みんなよくやってしまうのは、ピッチを保とうと頑張った結果、ピッチが優先されてしまうことです。そうするとその音には届くかもしれないし、ピッチは完璧に歌えているかもしれません。でもそのピッチにたどり着くために、声にどんなごまかしを加えてしまったのでしょうか?これが大きな問題につながります。

 

So, actually often when we make technique number one in a voice lesson, a lot of times the pitch suffers. Maybe it's flat or sharp.

 

実際のところ、ヴォイスレッスンでテクニックを一番に置くと、ピッチが合わないことがよくあります。フラットしたりシャープしたり* するかもしれません。

 

*フラット=目的のピッチより低いこと シャープ=目的のピッチより高いこと

 

If I'm making an adjustment to my breathing, to my larynx, to my jaw or tongue, to my resonance, to the vocal cords themselves. If I make one of these adjustments, oftentimes the pitch suffers for a little bit.

 

呼吸や、喉頭、あご、舌、共鳴、声帯自体を調節する時がそうです。どれかを調節すると、ピッチが少し狂うことがよくあります。

 

Sometimes it's just a couple seconds, sometimes it's a few minutes. Sometimes it might take a few days or a few weeks to try to fix a certain area of your voice that has been manipulated.

 

この調節は数秒でうまくいくこともありますし、数分のこともあります。ごまかしていた声の癖を直すには、数日、数週間とかかるかもしれません。

 

But if you've got pitch on the pedestal then you're just manipulating something to get to the note and then you're going to have problems long-term.

 

でももしピッチを一番に置いてしまうと、その音を出すために声に何らかのごまかしを加えてしまい、長期間にわたる問題を抱えることになってしまいます。

 

If you can be flat and sharp for me, if you can put technique as your number one and risk being flat or sharp, then very soon that pitch will fix itself and then you're going to have perfect technique and be on the right note. That is what we want.

 

フラットしたりシャープしたりするのは先生に任せて、テクニックを一番に置き、フラットしたりシャープしたりするリスクを取れるなら、そのうちピッチは自然に直り、完璧なテクニックと正しいピッチを手に入れることができるでしょう。そういうふうにしたいですよね。

 

曲の中でのピッチ対テクニック

 

Let me give you a quick song example. If I'm trying to sing "You Raise Me Up" the Josh Groban song. And if I just sing it freely...

 

少し曲例を出しましょう。ジョッシュ・グローバンの「ユー・レイズ・ミー・アップ」を歌ってみます。自由な状態で歌うと…

 

「ユー・レイズ・ミー・アップ」

 

“You raise me up

So I can stand on mountains

You raise me up

To walk on stormy seas”

 

(歌)

 

Fine. But what if I have a problem that most singers would have up through here...

 

良いですね。ではここで多くのシンガーが高音で抱える問題を再現すると、どうなるでしょうか。

 

正しいピッチでも、声が緊張していると…

 

“You raise me up

So I can stand on mountains

You raise me up

To walk on stormy seas”

 

(歌)

 

Now I'm just straining a little bit on purpose so that you can see what I might end up doing if I hadn't coordinated those notes. What if I just took it away? Do that exact same approach, but took it away...

 

ここでは、きちんと声を調整しないとどうなってしまうのかがわかるように、わざと声を緊張させています。ではこの緊張を取ったらどうでしょうか?全く同じアプローチで、声の緊張を取り除くと…

 

同じ力で、緊張を取り除くと…

 

“You raise me up

So I can stand on mountains”

 

(歌)

 

I might go flat. I didn't have all that [tension], so I might be flat. “You raise me up” Whoa.

 

このようにフラットするかもしれません。緊張を取り除いたので、フラットしています。「ユー・レイズ・ミー・アップ」うわー…

 

But very soon by singing free and loose and not pushed, I will get...

 

でも自由に、ゆるめて、押し出さず歌えば、こうなるでしょう…

 

自由なテクニックと正しいピッチで

 

“You raise me up

So I can stand on mountains

You rai-

You raise me up

To walk on stormy seas”

 

(歌)

 

I will find the looseness and I will find the pitch and that's what we want.

 

緊張をゆるめる方法が見つかり、ピッチも保てるでしょう。この状態が欲しいですね。

 

ピッチ対テクニックのエクササイズ

 

So I'm going to give you guys a chance right now. I'm going to pick the simplest possible exercise I could ever give you.

 

それではみなさんが挑戦する時間です。与え得る中で最もシンプルなエクササイズを選びますね。

 

「マンマンマム」のエクササイズ

 

It's gonna be one three five three one on a MUM. Just like this... “MUM - MUM - MUM - MUM - MUM

 

「マム」を1-3-5-3-1* でやります。こんな感じです。「マンマンマンマンマム」

 

*1-3-5-3-1 エクササイズの音程のパターンのこと

 

We're gonna go up and down. And I don't want you guys to focus on pitch. Even if you have pitch problems.

 

これで上下に行きますが、ピッチには集中しないでほしいのです。仮にピッチに問題があったとしてもです。

 

Verena or anybody, even if you think you have pitch problems you've got my permission. Let's sing wildly flat or sharp, doesn't matter to me.

 

ヴェレーナさん、みなさん。もしピッチの問題があったとしても、私が許しますから、大いにフラットやシャープして歌いましょう。全然構いません。

 

Probably it won't be, but what I want you guys to focus on is a complete feeling of looseness, breath low, loose jaw, loose tongue, larynx free, resonance up here, all of that good stuff.

 

ピッチは外れないかもしれませんが、ここで集中してほしいことは - 完全に緩んでいるのを感じること、呼吸は深く、あごと舌は緩み、喉頭は自由に、共鳴は上の方で - といった類の良い感覚です。

 

I don't care if you're flat or sharp. I just want you to put technique and that free feeling

as your number one. Throw pitch out for now. Pitch will follow, maybe even in this exercise. We'll see.

 

フラットしようがシャープしようが構いません。テクニックと、この自由な感覚を一番に置いてほしいのです。ピッチのことはひとまず忘れてください。ピッチはあとからついてきます。おそらくこのエクササイズでさえも。いずれわかることでしょう。

 

Guys down here... “MUM - MUM - MUM - MUM - MUM” Ladies up here... “MUM - MUM - MUM - MUM - MUM” And here we go!

 

男性は下で、「マンマンマンマンマム」女性は上で、「マンマンマンマンマム」行きましょう!

 

(Exercise)

 

エクササイズ

 

テクニック第一主義

 

Awesome job. Way to put technique first. And like I say, the pitches will follow. I'm sure, like I said, you probably were right on most of those.

 

とても良い出来です。その調子でテクニックを一番に置きましょう。先ほど言ったように、ピッチはあとからついてきます。おそらくほとんどの音を正しく出せているのではないかと思いますけどね。

 

But when you're doing your exercises, you're not on stage, nobody cares, you're working on technique. You're not working on pitch. Try to be on pitch, but technique is number one, pitch is number two.

 

エクササイズをしている時は、ステージに立っているのではないし、誰も気にしていません。テクニックの練習をしているのであって、ピッチの練習をしているのではありません。ピッチを取ろうとはしても、あくまでテクニックが第一、ピッチは第二にしてください。

 

ピッチを正確にする方法

 

Now just real brief, I want to give you some practical ways to really answer your question, Verena.

 

さて、ここで簡潔に、ヴェレーナさんの質問の答えになる実践的な方法をいくつかお伝えしたいと思います。

 

楽器を使うこと

 

A couple things I recommend while you're practicing, practice with an instrument. That's going to really help you to stay on pitch. 

 

練習の時にお勧めするのは、楽器を使うことです。ピッチを保つのにおおいに役立ちます。

 

If you're just practicing a capella you could go off pitch and not know it. So that's a way to actually fix pitch if that's what you're trying to do.

 

アカペラで練習していると、ピッチを外しているのに気付かないかもしれません。もしそうしてしまっているのだとしたら、これがピッチを直すための一つの方法です。

 

レッスンを録音すること

 

The other thing is make sure you're recording your voice lessons. If you're just taking the exercises and having your voice teacher work with you and then trying to remember what it was, you may be having pitch problems because you're not listening back to the adjustments that your teacher was making.

 

もう一つは、ヴォイスレッスンを録音するようにすることです。ただ先生にエクササイズをしてもらって自分でそれを思い出そうとしているだけでは、先生にしてもらった調整を聞き返していないので、ピッチの問題が出てくるかもしれませんよ。

 

練習を録音すること

 

The next thing is make sure that you're recording your practices as well. So if you do a practice, listen back. If you had technique as your number one, were you on pitch or weren't you? You can go right back and verify if you are recording what you're doing. 

 

次に、自分の練習も録音するようにしましょう。練習をしたら、聞き返してみてください。テクニックを一番に置いている時、ピッチは合っていますか?外れていますか?録音していれば、戻って確かめることができますね。

 

忍耐強くテクニックの練習を

 

And then like I said, just be patient with what technique can bring to your pitches. If you make technique your number one I just guarantee the pitches will follow.

 

そして先ほど言ったように、テクニックが正しいピッチをもたらしてくれるまでは忍耐強くあってください。テクニックを一番に置けば、ピッチはついてくると、私が保証します。

 

But as you're working on this with your teacher and on your own, just make sure you have some way to verify, whether you actually are on pitch so that our final product isn't you guys going out on stage and singing flat and sharp, but perfectly on pitch and with great technique.

 

ただ、先生とこれに取り組んでいる時も自分で取り組んでいる時も - 最終的にステージ上でフラットしたりシャープしたりせず、素晴らしいテクニックで完璧なピッチを取れるように - ピッチを保てているかどうかは確認ができるようにしてください。

 

終わりに

 

So, Verena and all, I hope that's been helpful for you guys today as singers. If you have questions that you'd like to see us answer on the show you can send an email to: Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

というわけで、ヴェレーナさん、みなさん。今回の内容がシンガーのみなさんの役に立っていればと思います。このショーで答えてほしい質問がある場合は、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてください。

 

We just encourage you not to lose that joy, don't lose that passion. Don't let people tell you that you can't sing and don't let them tell you that you can't sing on pitch. You know what to do to fix it.

 

歌う喜びや情熱を失わないようにしましょう。誰にも「歌が下手だ」とか「ピッチが外れている」などと言わせないようにしてください。どうすれば直るのか、あなたは知っているでしょうから。

 

Find a great voice teacher in your area. If you guys are in New York City, you can check us out at: www.NewYorkVocalCoaching.com.

 

あなたの地域の優れたヴォイスティーチャーに付きましょう。もしニューヨークにいるのなら www.NewYorkVocalCoaching.com をチェックしてみてください。

 

And if you like these videos you can visit: www.VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

動画を気に入ってもらえたのなら、 www.VoiceLessonsToTheWorld.com も見てみてください。

 

I'm Justin Stoney. We'll see you next time.

 

ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!

 

------------------------------------------------------

 

以上、今回はピッチとテクニックに関しての翻訳でした。いかがでしたか?

ご感想、ご意見、ご質問はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は、Justin Stoney氏の許可のもと掲載しています。無断転載はご遠慮ください。

 

NYVCのこと、ブログの運営者、レッスン

 

New York Vocal Coachingについて

New York Vocal Coaching (NYVC) は、ニューヨークを代表するヴォーカルスタジオのひとつです。創設者のジャスティン・ストーニーは世界的に有名なヴォーカルコーチで、NYVCはアメリカ国内外の多くのメディアに取り上げられています。

また、NYVCのYouTubeチャンネルは、21万人以上* の登録者がいる人気チャンネルです。無料で多くのビデオを公開していて、世界中のシンガーのためにヴォーカルの上達に役立つ情報やエクササイズを届けています。

NYVCのウェブサイトなどは基本全て英語ですが、とても広範囲にわたる情報を届けているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 *2019年10月現在

 

newyorkvocalcoaching.com

 

www.youtube.com

 

ブログの運営者について

このブログを運営している佐藤剛寿は、ジャスティン・ストーニーの直接指導のもと、New York Vocal Coaching 40-Hour Voice Teacher Trainingを修了したヴォーカルコーチです。

僕がジャスティンを知るようになったきっかけは、YouTubeです。いつものようになんとなくYouTubeを見ていたら、ジャスティンの動画がおすすめに出てきて、「どんな人だろう?」と初めて彼の動画を見た瞬間、「この人の教え方は、すごい!!」とすぐにわかりました。

彼自身の持っている声の技術の高さ。わかりやすい理論と伝え方。声や歌に対する寛容な考え方。そして、モチベーションを上げてくれる言葉。全てが驚きでした。

それから毎日、一生懸命彼の動画を見て、一緒に歌う日々が始まりました。僕はもともと歌うことが大好きでしたが、ジャスティンのことを知ってからはその楽しさが大きく増しました。

ニューヨークに行って彼のティーチャー・トレーニングを受けたのは、彼のようなレッスンを、日本のシンガーにも届けたいと思ったからです。

彼がたくさんの動画を作って、レッスンを受けられない人にもヴォーカルの情報やエクササイズを提供しているように、僕もその翻訳ブログという形で、少しでも日本のみなさんに良い情報を届けたいと思っています。

翻訳にはわかりづらいところもあるかもしれませんが、少しでもみなさんのヴォーカルライフに役立てば幸いです。ご感想、ご意見、ご質問はいつでも歓迎します!

 

レッスンについて

動画や文章に触れて自分で練習するだけでも声を改善していくことはできますが、一人ではわからないこともあると思います。そういう時はぜひ直接レッスンを受けてみてください!

僕のレッスンではニューヨークで学んだことを活かして、クライアントのみなさんが声をより自由に使えるように、一人一人に合わせたエクササイズを提供しています。

また、ヴォーカル技術の向上と併せて、アレンジャー・ソングライターとしての視点から、スタイルを作っていくお手伝いをしています。

そして、歌う喜びを感じられるように、良い環境を作っていきたいと思っています。

ニューヨーク仕込みのエクササイズを、ぜひ体感してみてください!

 

ヴォーカルレッスンのお問い合せ、お申し込みはウェブサイトからどうぞ。

 

レッスン概要

https://www.takahisasatomusic.com/lesson

 

お問い合せ、お申し込み

https://www.takahisasatomusic.com/contact