Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 36「ミュージカルの歌い方」【VLTTW翻訳】

Ep. 36 "Aspects of Musical Theater" - Voice Lessons To The World

エピソード36「ミュージカルの歌い方」

 

www.youtube.com


 

目次

 

 

Hi everybody! My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.

 

みなさんこんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチング創設者のジャスティン・ストーニーです。

 

Welcome to episode 36 of Voice Lessons To The World, the show where we want to help you guys as singers by answering your questions from all over the world.

 

ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード36へ!このショーでは世界中からの歌に関する質問に答えていくことで、シンガーのみなさんを助けていきたいと思っています。

 

And I'll give you a chance to ask questions later but our question for this week comes from Thomas J. in Athens, Greece.

 

みなさんが質問する機会に関してはあとで説明するとして、今週の質問はギリシャアテネのトーマス・Jさんから来ています。

 

今週の質問:ミュージカルの歌い方の特徴は?

 

And Thomas writes, "Dear Justin, I love your episode on pop versus classical singing. I'm wondering, what are some characteristics of musical theatre singing? Can you help?"

 

トーマスさんはこう書いています。「こんにちは、ジャスティンさん。ジャスティンさんの『ポップ対クラシック』のエピソードが好きなのですが、ミュージカルの歌い方の特徴は何だろうと思いました。教えてくれませんか?」

 

That's a great question, Thomas. Because I know that a lot of our viewers are more pop rock or maybe classical singers but there's also a lot of Broadway singers out there as well. So we want to talk today about aspects of musical theatre singing.

 

トーマスさん、素晴らしい質問です。このチャンネルを見ている人の多くはポップ、ロックのシンガーでしょうが(クラシックのシンガーもいるかもしれませんね)、ブロードウェイのシンガーもたくさんいることでしょう。そこで今回はミュージカルの歌い方という観点で話していきたいと思います。

 

1, しゃべるようなスタイル

 

Now the first element that you're going to need to know about musical theatre singing versus all other singing is its conversational style.

 

まず最初に、他のジャンルと比べた場合のミュージカルの歌い方で知っておくべきことは、しゃべるようなスタイルのことです。

 

So with Broadway musicals and with musical theatre songs, the songs are almost always trying to drive the story. They're trying to tell what's happening in the story, what's happening with the characters, maybe what the character wants, maybe tell about the action of the story.

 

ブロードウェイのミュージカルでは大抵の場合、曲はストーリーを展開させるために使われます。曲が伝えようとするのは、ストーリーで何が起こっているのかだったり、キャラクターに何が起こっているのかだったり、もしくはキャラクターが何を求めているのかだったり、ストーリーの筋を伝えようとすることだったりします。

 

But to do that, to be both actors and singers, the conversational quality of musical theatre singing is far beyond any of the other styles.

 

役者、歌手としてそれをかなえるためには、ミュージカルの歌い方における「しゃべり」の質が、他のどのスタイルよりもはるかに重要になってきます。

 

曲例:普通に歌うと…

 

Let me show you what I mean by that in a song called "Purpose" from the musical Avenue Q.

 

どういうことかわかるように、ミュージカル「アベニューQ」から「パーパス」という曲を取ってお見せしましょう。

 

If I just sing the first part of it and I'm not very conversational, here's kind of what would happen...

 

曲の最初のパートを、あまりしゃべるような感じでなく歌うと、こんな風になります…

 

“Purpose

It's that little flame

That lights a fire under your ass 

Purpose

It keeps you going strong

Like a car with a full tank of gas

Everything else has a purpose

So what's mine”

 

(滑らかに歌って)(歌)

 

And that's not quite conversational. It's fairly smooth and legato but it's not conversational. If I add my musical theatre conversational style into it...

 

あまりしゃべるような感じではなかったですね。滑らかかつレガートではありますが、しゃべる感じではありません。そこでミュージカルのしゃべるようなスタイルを加えると…

 

しゃべるような歌い方をすると…

 

“Purpose

It's that little flame

That lights a fire under your ass 

Purpose

It keeps you going strong

Like a car with a full tank of gas

Everything else has a purpose

So what's mine”

 

(しゃべるように)(歌)

 

And you hear that it becomes a little bit more talky and a little bit more bringing out of the message and the action of the story that's being told.

 

よりしゃべるような感じにすると、メッセージがはっきり出て、ストーリーの動きが伝わるようになるのが聞けたかと思います。

 

2, スタイルの多様性

 

Now another thing about Broadway musicals, especially these days, is the stylistic diversity.

 

もう一つブロードウェイのミュージカルで言えることは(特に近年は)、スタイルの多様性です。

 

Broadway is an amalgamation of so many different styles of music. Some traditional and even classical, some pop, rock, R&B, country even. Especially these days we're hearing a lot more of the contemporary sounds in Broadway.

 

ブロードウェイでは様々な音楽のスタイルが混じり合っています。クラシックも含めた伝統的なもの、ポップ、ロック、R&B、カントリーでさえもあります。特に近年はブロードウェイでも現代的なサウンド(ポピュラーミュージック)がより多く聞かれます。

 

And then you have Broadway singing just straight up as it's always been. Classic Broadway tunes, show tunes, and then also jazz music is a very big part of musical theatre. So you really have almost every style of music in the musical theatre repertoire.

 

そして昔ながらの正統なブロードウェイの歌い方もあります。伝統的なブロードウェイの曲やショーチューン、それからジャズは、ミュージカルの大きな部分を占めます。ですからミュージカルのレパートリーには、ほとんど全てのスタイルの音楽が含まれていると言えます。

 

真ん中の喉のポジションが必要不可欠

 

Because of this we need to have our neutral larynx coordinations, as we've talked about in the past, as one of our key elements. In other words, I need to be able to sound like myself, right? If I am using my neutral larynx I sound the most like myself.

 

このことから、以前にも話したことですが、鍵となる要素の一つとして、真ん中の喉のポジションを使うことが必要となります。言い換えるなら、自分らしい声を出せる必要がありますよね?真ん中の喉のポジションを使えばそれが最も自分らしい声になります。

 

曲例:使いやすい真ん中の喉のポジション

 

So if I take, "I've Never Been In Love Before" from Guys and Dolls, and I use my neutral larynx something like this would happen...

 

では「ガイズ&ドールズ」から「はじめての恋」を例に取って、真ん中の喉のポジションを使うと、このようなことが起こります。

 

I’ve never been in love before

Now all at once it's you

It's you forevermore”

 

(真ん中の喉のポジションで)(歌)

 

And I sound like myself. So it really is accessible for my broadway-style communication.

 

自分らしい声が出せますね。これはブロードウェイスタイルのコミュニケーションに使えます。

 

曲例:高い喉のポジション

 

Now since Broadway has a little bit more of those rock elements, I might have to do a little more high or rock larynx in certain situations. What if I took "One Song Glory" from Rent. Which is more of a rock musical.

 

次に、ブロードウェイではロックの要素も少しあるので、シチュエーションによっては高い、ロックの喉のポジションを使う必要があるかもしれません。ロックミュージカルの「レント」から「ワン・ソング・グローリー」を取ってみたらどうでしょうか。

 

ロック向きの高い喉のポジション

 

“Find one song

One last refrain

Before the sun sets

One song to redeem this empty life

Time dies

Time dies”

 

(高い喉のポジションで)(歌)

 

And I get a little bit more into my rock belt in that scenario.

 

このシナリオだとロックベルトの領域に入っていきますね。

 

曲例:低い喉のポジション

 

Now of course, like I say, musical theatre also has some of the more low larynx or traditional styles present. Right after I might have gone to see Rent I might actually go and see something like South Pacific, and I have "Some Enchanted Evening". And I get a more low larynx coordination.

 

そしてもちろん、ミュージカルでは低い喉のポジションや伝統的なスタイルも使います。「レント」を見に行ったあとすぐに「南太平洋」のようなものを見に行くかもしれませんね。その中に「魅惑の宵」があって、そこではより低い喉のポジションを使います。

 

伝統的なスタイル向きの低い喉のポジション

 

“Some enchanted evening

You may see a stranger

You may see a stranger

Across a crowded room”

 

(低い喉のポジションで)(歌)

 

And you can hear that that's a little bit more deep, and also has more vibrato.

 

より深い声と、深いビブラートが聞けたことでしょう。

 

3, キャラクターヴォイス

 

Now on the topic of the different sounds that you hear, it's not that we always need to sound good in musical theatre. And that's something that gives musical theatre often a very bad rap. Is that people think that Broadway voices are sometimes really nasal and twangy and you get that sort of Broadway kind of sound that is very stereotypical.

 

さて、様々な声が聞かれるというトピックで言うと、ミュージカルではいつでもいい声で歌う必要はないのです。このことでミュージカルがひどい悪評をされることがよくあります。ブロードウェイの歌い方は時にとても鼻にかかっていて、ブロードウェイの歌い方をしたらそうなってしまう、という固定観念があるのです。

 

Now of course that's not always true. But part of the reason that it gets that bad rap is there are moments where we do want to welcome into the equation character sounds and character singing. So these are sounds that are purposefully not beautiful sounds, that are sometimes an element that's necessary in musical theatre. 

 

もちろんこれは事実ではありません。それでも悪評を受ける理由の一つは、問題となっているこのキャラクターヴォイス* やその歌い方が必要な時もあるからです。ですからわざと美しくない声を出すことがあって、ミュージカルではそれが時として必要不可欠な要素となるのです。

 

*アニメの声優や舞台の役作りで使われる、極端な声のこと

 

曲例:キャラクターヴォイスを使わないと…

 

If I have Ado Annie from Oklahoma and I'm singing it without a character voice...

 

オクラホマ」からアド・アニーを例に取って、キャラクターヴォイス無しで歌ってみると…

 

“I’m just a girl who can't say no

I'm in a terrible fix”

 

(普通の声で)(歌)

 

That sounds actually a little strange when we're used to...

 

これだと変な感じがします。次のような声に慣れてますからね…

 

キャラクターヴォイスを使うと

 

“I’m just a girl who can't say no

I’m in a terrible fix

I always say come on let's go

Just when I oughta say nix”

 

キャラクターヴォイスで)(歌)

 

It sounds a lot better actually when I sound worse. Because what I'm trying to do is create a comic character that is very memorable.

 

悪い声で歌った方がずっと良い感じに聞こえますね。記憶に残るような喜劇的なキャラクターを作ろうとしているからです。

 

So that's the reason why we'll sometimes hear this sort of Broadway or twangy character voice. There's not just the twangy character, there's many characters. But that's the reason why, is sometimes in Broadway singing we do need to add character to the voice.

 

これが、ブロードウェイで鼻にかかったキャラクターヴォイスを聞くことがある理由です。鼻にかかった声のキャラクターだけではなく、たくさんのキャラクターがありますが、これがブロードウェイの歌い方に、時としてこういう声のキャラクターを加える必要がある理由です。

 

4, ビブラートの重要性

 

Now finally vibrato is an element of a lot of Broadway singing. Pop and rock do not use as much vibrato as say classical, but musical theatre will use more than pop rock and a little bit less than classical.

 

最後に、ビブラートもブロードウェイでよく使われる歌い方の要素です。ポップやロックではクラシックほどビブラートを使いませんが、ミュージカルではポップやロックよりもビブラートを使い、クラシックよりは少し少ないくらいです。

 

So it's definitely very present in a lot of musical theatre songs. Especially the more traditional, or as they call it, legit musicals.

 

ですからミュージカルの歌では確かにビブラートがよく聞かれます。特により伝統的な、つまり言われるところの、「ガチ」なミュージカルではそうです。

 

曲例:ビブラートを付けて

 

Les Mis being a little bit more of a legit musical. We have the song "Stars" and you can hear I'm gonna add some vibrato to it and take it away too. You can hear that Les Mis would be an example of a Broadway show that uses a little bit more vibrato.

 

レ・ミゼラブルはガチな方のミュージカルですね。その中の一曲「星よ」でビブラートを加えたり取り除いたりしてみるので、聞いてもらいますね。レ・ミゼラブルがブロードウェイのショーの中で、ビブラートをより使う方の例であることが聞けるでしょう。

 

“Stars in your multitudes

Scarce to be counted

Filling the darkness

With order and light"

 

(ビブラートを付けて)(歌)

 

ビブラートを取ると

 

"You are the sentinels

Silent and sure

Keeping watch in the night”

 

(ビブラート無しで)(歌)

 

Doesn't sound quite right...

 

いい感じに聞こえませんね…

 

ビブラートを戻して

 

“Keeping watch in the night”

 

(ビブラートを戻して)(歌)

 

I have to add a little bit of vibrato to make it a legit or more traditional musical theatre sound. So that's another aspect of musical theatre singing. Is it's just a little bit more vibrato than a lot of the contemporary sounds would have.

 

本物の、伝統的なミュージカルの声にするには、少しビブラートを加えなければなりません。これがミュージカルの歌い方のもう一つの側面でした。現代のポピュラーミュージックよりも、もう少しビブラートを加える必要がありましたね。

 

5, 演技が一番

 

Now finally, I just want to tell you guys with Broadway singing, acting is number one.

 

最後に、みなさんに伝えたいことがあります。ブロードウェイで歌うには、演技を一番に置くことです。

 

Okay, now obviously we want to have a great voice. But here at New York Vocal Coaching we've had you know plenty of Broadway singers before they made it to Broadway.

 

ええ、もちろん素晴らしい声は持ちたいものですよ。でもここニューヨーク・ヴォーカル・コンチングでは多くのブロードウェイシンガーを育て、ブロードウェイへ送ってきたのです。

 

Plenty of Broadway singers that are currently on Broadway that come to us to refine their vocal technique or work on some audition that's coming up or work on a role that they're doing.

 

ブロードウェイで現在歌っている多くのシンガーが、ヴォーカルテクニックを磨いたり、次のオーディションの対策をしたり、今やっている役を練習するために私達のところへ来ます。

 

And what I want to tell you guys, of all the Broadway actors or up-and-coming Broadway actors that I have worked with and that our staff has worked with, is acting is the number one.

 

私が伝えたいのは、私や私達のスタッフが教えてきたブロードウェイ俳優や、これからブロードウェイ俳優になる人の全ての場合で、演技が一番大事だったことです。

 

In New York and and in the Broadway world you have to make sure that you're telling the story first. I know tons and tons of good singers, great singers actually, that just don't get cast as much as those that bring the acting to the equation with their Broadway singing.

 

ニューヨークやブロードウェイの世界では、まず第一にストーリーを伝えるようにしなければなりません。私は良いシンガー、いや、素晴らしいシンガーをたくさん知っていますが、彼らはブロードウェイの歌において演技を一番に考えているシンガー達よりも、役を得ることができないのです。

 

You could actually have a less than perfect voice and be a spectacular actor and get cast far more than somebody with a pristine voice that doesn't know how to act.

 

声は完璧でなくとも目覚ましい演技ができる人の方が、完璧な声だけれども演技の仕方を知らない人より、ずっと多くの役を得ることができるのです。

 

So with musical theatre you really want to make sure that no matter what you do, with whatever you're focused on with your musical theatre Broadway sound, you're making acting- storytelling, having objectives, knowing who you're talking to, knowing what you want, knowing what the scene is about, put that as your number one and your Broadway singing is going to go to the next level. Because it's always gonna be your number one.

 

ですからミュージカルでは、何をやっているとしても、どういうミュージカル、ブロードウェイの声を練習しているとしても - 物語を伝えること、登場人物のこと、誰に話しているのかを知ること、何を求めているのかを知ること、どんなシーンなのかを知ること - といった演技のことを一番に置けば、あなたのブロードウェイの歌い方は次のレベルへとたどり着くことでしょう。これはいつでも、一番大事なことなのですから。

 

終わりに

 

So Thomas and all, I hope that's been helpful for you guys today as singers. If you have questions that you'd like to see us answer on the show you can send an email to: Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

というわけで、トーマスさん、みなさん。今回の内容がシンガーのみなさんの役に立っていれば幸いです。このショーで答えてほしい質問がある場合は、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてくださいね。

 

And we just encourage you not to lose that joy, don't lose that passion. If you guys are doing Broadway singing we just encourage you to get out there do some auditions, get in a lot of shows, expand your repertoire, get with a great voice teacher in your area.

 

歌う喜びや情熱を失わないようにしましょう。ブロードウェイで歌おうとしているのなら、オーディションに出向き、多くのショーに入り込み、レパートリーを広げ、素晴らしいヴォイスティーチャーに付くことをお勧めします。

 

And if you guys are in New York City you can check us out at www.NewYorkVocalCoaching.com.

 

もしニューヨークにいるのなら www.NewYorkVocalCoaching.com をチェックしてみてください。

 

And if you like these videos you can visit www.VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

動画を気に入ってもらえたのなら、 www.VoiceLessonsToTheWorld.com も見てみてください。

 

I'm Justin Stoney. We'll see you next time.

 

ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!

 

 

------------------------------------------------------

 

以上、今回はミュージカルに関しての翻訳でした。いかがでしたか?

ご感想、ご意見、ご質問はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は、Justin Stoney氏の許可のもと掲載しています。無断転載はご遠慮ください。

 

NYVCのこと、ブログの運営者、レッスン

 

New York Vocal Coachingについて

New York Vocal Coaching (NYVC) は、ニューヨークを代表するヴォーカルスタジオのひとつです。創設者のジャスティン・ストーニーは世界的に有名なヴォーカルコーチで、NYVCはアメリカ国内外の多くのメディアに取り上げられています。

また、NYVCのYouTubeチャンネルは、21万人以上* の登録者がいる人気チャンネルです。無料で多くのビデオを公開していて、世界中のシンガーのためにヴォーカルの上達に役立つ情報やエクササイズを届けています。

NYVCのウェブサイトなどは基本全て英語ですが、とても広範囲にわたる情報を届けているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 *2019年10月現在

 

newyorkvocalcoaching.com

 

www.youtube.com

 

ブログの運営者について

このブログを運営している佐藤剛寿は、ジャスティン・ストーニーの直接指導のもと、New York Vocal Coaching 40-Hour Voice Teacher Trainingを修了したヴォーカルコーチです。

僕がジャスティンを知るようになったきっかけは、YouTubeです。いつものようになんとなくYouTubeを見ていたら、ジャスティンの動画がおすすめに出てきて、「どんな人だろう?」と初めて彼の動画を見た瞬間、「この人の教え方は、すごい!!」とすぐにわかりました。

彼自身の持っている声の技術の高さ。わかりやすい理論と伝え方。声や歌に対する寛容な考え方。そして、モチベーションを上げてくれる言葉。全てが驚きでした。

それから毎日、一生懸命彼の動画を見て、一緒に歌う日々が始まりました。僕はもともと歌うことが大好きでしたが、ジャスティンのことを知ってからはその楽しさが大きく増しました。

ニューヨークに行って彼のティーチャー・トレーニングを受けたのは、彼のようなレッスンを、日本のシンガーにも届けたいと思ったからです。

彼がたくさんの動画を作って、レッスンを受けられない人にもヴォーカルの情報やエクササイズを提供しているように、僕もその翻訳ブログという形で、少しでも日本のみなさんに良い情報を届けたいと思っています。

翻訳にはわかりづらいところもあるかもしれませんが、少しでもみなさんのヴォーカルライフに役立てば幸いです。ご感想、ご意見、ご質問はいつでも歓迎します!

 

レッスンについて

動画や文章に触れて自分で練習するだけでも声を改善していくことはできますが、一人ではわからないこともあると思います。そういう時はぜひ直接レッスンを受けてみてください!

僕のレッスンではニューヨークで学んだことを活かして、クライアントのみなさんが声をより自由に使えるように、一人一人に合わせたエクササイズを提供しています。

また、ヴォーカル技術の向上と併せて、アレンジャー・ソングライターとしての視点から、スタイルを作っていくお手伝いをしています。

そして、歌う喜びを感じられるように、良い環境を作っていきたいと思っています。

ニューヨーク仕込みのエクササイズを、ぜひ体感してみてください!

 

ヴォーカルレッスンのお問い合せ、お申し込みはウェブサイトからどうぞ。

 

レッスン概要

https://www.takahisasatomusic.com/lesson

 

お問い合せ、お申し込み

https://www.takahisasatomusic.com/contact