Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 37「声門閉鎖:敵か味方か?」【VLTTW翻訳】

今回はジャスティン・ストーニー氏による「ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールド」の翻訳シリーズ、エピソード37「声門閉鎖:敵か味方か?」です!どうぞお楽しみください;)

 

Ep. 37 "Glottal: Friend Or Foe?" - Voice Lessons To The World

エピソード37「声門閉鎖:敵か味方か?」

 

元の動画はこちら

www.youtube.com


 

目次

 

 

Hi everybody! My name is Justin stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.

 

みなさんこんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチング創設者のジャスティン・ストーニーです。

 

Welcome to episode 37 of voice lessons to the world, the show where we want to help you guys as singers by answering your questions from all over the world.

 

ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード37へ!このショーでは世界中からの歌に関する質問に答えていくことで、シンガーのみなさんを助けていきたいと思っています。

 

And I'll give you a chance to ask questions later, but our question for this week comes from Krista A. in Manila, Philippines.

 

みなさんが質問する機会はあとで設けるとして、今週の質問はフィリピン、マニラのクリスタ・Aさんから来ています。

 

今週の質問:声門閉鎖は絶対にするな!?

 

And Krista writes “Dear Justin, my voice teacher says I should avoid glottal at all costs and never do them. It will hurt my voice if I do. Is this true?”

 

クリスタさんはこう書いています。「ジャスティンさん、こんにちは。私の先生は『声門閉鎖は何が何でも避けるべきで、絶対にするな』と言います。声を痛めると言うのです。これは本当ですか?」

 

Now thank you very much for that awesome question, Krista. Because a glottal is something that is very feared in the land of voice.

 

クリスタさん、とても良い質問をありがとうございます。声門閉鎖は声の世界でとても恐れられていることですからね。

 

声門閉鎖:敵か味方か?

 

People are afraid to do it. People approach glottal with trepidation and are worried because of what they've been told that a glottal sound is going to hurt them, is going to ruin their voice so they can never speak or sing ever again.

 

声門閉鎖をするのを怖がる人はいます。声門閉鎖に取り組むのに恐怖を感じたり心配したりするのは、声門閉鎖を使うと声を痛めたり、ダメにしてしまったりして、二度と話したり歌ったりできなくなると教えられてきたからでしょう。

 

So today we're going to talk about what is a glottal and is it really a friend or a foe.

 

ですので今回は声門閉鎖とは何か、そして敵なのか味方なのかについて話していきましょう。

 

1, 声門閉鎖とは?

 

Now first of all, what is it?

 

ではまず最初に、声門閉鎖とは何なのでしょうか?

 

グロッティス=声帯

 

A glottal sound is called glottal because the vocal cords are called the glottis, also known as the glottis.

 

声門閉鎖がグロッタル(=声門)と呼ばれるのは、声帯がグロッティスとも呼ばれるからです。

 

And if you look in here with a camera and a scope you see a kind of v-shape with the vocal cords. And they shut like this “huh” and when you breathe they go “huh” and then I go “huh”.

 

喉の内側をカメラとスコープでのぞいてみると、声帯のVのような形が見られます。そして声帯は「ハッ」と閉じて、息をする時は「ハッ」と開き、また「ハッ」と閉じます。

 

And what I get is a kind of glottal. It's a click of my cords if I say the word “Uh oh”. I have that clicking sound of “Uh oh”.

 

この時声門閉鎖が起こります。“Uh oh”(「おっと」の意)と言う時の声帯のクリック音* のことです。

 

*クリック音 マウスをクリックする時のような「カチッ」という音

 

披裂筋

 

Now what happens is a muscle called the interarytenoids - you guys don't need to know that, but it's kind of fun, the interarytenoids - the muscle between the vocal cords shuts them “huh”.

 

何が起こっているかというと、声帯の間にある披裂筋と言う筋肉が(覚えなくてもいいですが、面白いですよね。披裂筋です)、「ハッ」と声帯を閉じます。

 

後輪状披裂筋(すごい名前!)

 

When they open another muscle the posterior cricoarytenoids (Whoa!) opens them up. And then the interarytenoids shut them back “huh”. And then if I have again “Uh oh”, I get that click. Now that's what it is.

 

開く時は違う筋肉、後輪状披裂筋(すごい名前!)が声帯を開きます。そしてまた披裂筋が「ハッ」と声帯を閉じます。そしてもう一度 “Uh oh” と言うと、クリック音が出ます。これが声門閉鎖の正体です。

 

声門閉鎖と声門閉鎖音

 

So you probably have heard this sound. Every time you hear a “I”, “A, E, I, O, U”, I'm getting that “Ah ah ah”, and the “Eh, Ee, I, Oh”. All of that has that glottal stop (It's called a glottal stop sometimes) before you hear the sound. So that's what it is.

 

おそらくみなさんはこの音を聞いたことがあるでしょう。「ア、エ、イ、オ、ウ」という母音を聞くたびに、「ア、ア、ア」とか「イ、エ、アイ、オ」というクリック音があるのがわかりますね。それら全てには、声が始まる前に声門閉鎖音(こういう風に呼ばれることがあります)が含まれます。以上が声門閉鎖とは何かでした。

 

2, 敵としての声門閉鎖

 

Now why do people say that the glottal is such a bad thing. I will admit that that's one of the more athletic things that one could do with their voice, right?

 

ではなぜ声門閉鎖は悪いことだと言われるのでしょうか?声でできることの中で、声門閉鎖がより消耗するタイプのことであるのは認めます。

 

You're shutting the body of the vocal cords from the back so that you're getting quite a bit of compression. You're really pressing the vocal cords together.

 

たくさんのコンプレッションが得られるように、声帯の本体を後ろから閉じていて、声帯を強く押し付けあっているのです。

 

Now if you have an injured voice, if you have nodes, if you have polyps, if you have a fatigued or raspy voice, if you're sick, if you're just very very tired vocally, probably a glottal you can see why that wouldn't be such a good idea. Slapping the vocal cords shut not always such a great thing.

 

声を痛めていたり、結節やポリープがあったり、声が疲れていたり、かすれていたり、風邪を引いていたり、声を使い過ぎたりした時は、声門閉鎖を使わない方がいいのは明らかでしょう。閉じた声帯をひっぱたくのは、この場合は良いことではありません。

 

声門閉鎖は自然な話し声の一部

 

But the problem is people have gotten overly fearful of this sound when it actually is a part of our natural speech. But you know, many medical voice doctors as well as speech therapists will recommend not doing a lot of that glottal edge when you are vocally fatigued. And we should follow their advice because again it is very athletic.

 

ですが問題は、声門閉鎖は自然な話し声の一部なのに、この声を使うのを過剰に怖がる人がいることです(ただし、医師や言語聴覚士の多くは、声が疲れている時はこの声門閉鎖音をあまり使わない方がいいと勧めることでしょう。もう一度言いますがこれは消耗するタイプの声の出し方ですから、彼らのアドバイスに従うべきです)。

 

But now what I was saying about why it shouldn't be feared - It's a natural part of your speaking voice.

 

ではなぜ声門閉鎖を怖がるべきではないのかについて話しましょう - 声門閉鎖は話し声の一部だからです。

 

If I say “Uh oh, I spilled my ice cream”, in one sentence I've done four glottals. “Uh oh, I spilled my ice cream”.

 

“Uh oh, I spilled my ice cream” * と言う時、一つのセンテンスで4回も声帯閉鎖を使っています。“Uh oh, I spilled my ice cream”

 

*「やばい、アイスこぼしちゃった」の意味。「アッ」「オー」「アイ」(スピルドマイ)「アイ」(スクリーム)と4回の声門閉鎖がある。日本語でもこのように母音から始まる言葉をしゃべる時には声門閉鎖が起こる

 

If I can't glottal that means I can never spill my ice cream ever again without completely destroying my voice. I need to be able to do glottals to communicate properly in pretty much any language.

 

もし声門閉鎖をしてはいけないのなら、声を壊すことなくしては二度とアイスクリームをこぼすことができない、ということになります。だいたいどの言語を使っているとしても、ちゃんと会話するには声門閉鎖ができなければなりません。

 

If you listen to almost any language there's going to be glottals in it. Even when I say “any language” I would have to say “(H)any language” if I wanted to avoid that glottal.

 

だいたいどの言語を聞いても声門閉鎖はあるものです。「エニー・ランゲージ(どの言語でも)」と言う時でさえ、声門閉鎖を避けたいなら「(ヘ)ニー・ランゲージ」と言わなければならないでのです。

 

Or I'd have to say “(H)Uh (h)oh, (h)I spilled my (h)ice cream”. If I wanted to really avoid the glottal I need “(H)Uh (h)oh, (h)I spilled my (h)ice cream”. I have to really avoid that versus “Uh oh, I spilled my ice cream”.

 

それか声門閉鎖を本当に避けるのなら “(H)Uh (h)oh, (h)I spilled my (h)ice cream”* と言わなければならないでしょう。それに対しての (声門閉鎖を使って)“Uh oh, I spilled my ice cream” です。

 

*「ハッホー、ハイスピルドマイハイスクリーム」声門を閉じないので、アイウエオが言えなく、ハヒフヘホみたいになってしまっている

 

Okay, so you see that it's actually a natural thing, ACTUALLY a natural thing. Glottals appear all the time in our speaking voice.

 

声門閉鎖が自然なことであるのがわかったでしょう、(Actuallyの”A”「ア」を強調して)実際に。話し声にはいつでも声門閉鎖が見られるのです。

 

3, 味方としての声門閉鎖

 

So if we know that they're natural and we know that they don't necessarily harm our voices even though we have to be careful with them, how can we use them for singing good? that's the next step.

 

では、声門閉鎖が自然なもので、使う時は気をつけなければならないけれど、必ずしも声に害を及ぼすものではないとわかったところで、声門閉鎖はどのように歌の改善に使えるのでしょうか?これが次のステップです。

 

声門閉鎖とコンプレッション

 

So one of the things that I've noticed in singers is sometimes people have a lack of compression in their voice.

 

シンガーの間で時々見られることとして私が気づいたことの一つは、コンプレッションの欠如です。

 

If your voice is weak, if it's airy, if it's always kind of got that thin airy tone, if it goes to head voice too soon, what you may be lacking is a little bit of compression.

 

声が弱かったり、いつも薄い息混じりの声になってしまったり、ヘッドヴォイスに早く行き過ぎたりするのなら、足りていないのはほんの少しのコンプレッションかもしれません。

 

Now if your voice is very strained and very squeezed probably you have too much compression. But a lot of singers who don't have enough compression can benefit from some glottals.

 

逆に声を緊張させていたり、締め付けてしまっているのだとしたら、コンプレッションが強すぎるのかもしれませんが、コンプレッションが足りない多くのシンガーには声門閉鎖が役に立つでしょう。

 

A lot of singers can't even do it as they go up higher. If I'm doing an exercise just if I did it on an “Ah”, and I was singing “Ah” a singer that can't do a glottal or doesn't have enough compression might do “Hah”. They can't do “Ah”. It's always “Hah”. And they can't even get the chords shut to start the sound.

 

高く上がって行くにつれてこれができなくなるシンガーは多いです。「アー」でエクササイズをする時に、声門閉鎖ができなかったり、十分なコンプレッションが持てないシンガーは「ハー」となってしまうかもしれません。「アー」とできないのです。いつも「ハー」です。声の出し始めに声帯を閉じることができないのです。

 

So singers that lack compression will not be able to do that glottal. We can use that glottal to build some of that compression to learn how to get the chords shut with moderation in our vocal technique work.

 

コンプレッションが足りないシンガーは声門閉鎖ができないでしょう。ヴォーカルテクニックの練習として、コンプレッションを育て、適度に声帯を閉める方法を学ぶのに声門閉鎖が使えます。

 

And so today I am actually going to give you an exercise that uses glottals just to see if you can do your glottals up and down the scale.

 

それでは、声門閉鎖が音階の上の方や下の方でできるかどうかを確かめるために、今回はそのエクササイズをしていきましょう。

 

どういう時に声門閉鎖を練習するか

 

Now again this is not for everybody. If your voice is already too squeezed, too gripped, too strained, if you’re vocally fatigued, if you've got a vocal injury, these sorts of things, this is not the thing to be doing.

 

もう一度言いますが、これはすべてのシンガーのためではありません。声を締め付けてしまっていたり、緊張させてしまっていたり、声が疲れていたり、損傷があったりするのなら、しないようにしてください。

 

And in fact this isn't something that I want you guys just doing all the time. We want it again do glottals in moderation so that you learn this skill and that's it, right?

 

実際これはずっとやり続けてほしいものではありません。もう一度言いますが、声門閉鎖のスキルを学べさえすればいいので、適度にやってほしいのです。

 

Don't just be glottal until the cows come home. We need to build the skill and then you got it.

 

ずっと声門閉鎖をし続けないように。技術を身に付けたらそれでよいのです。

 

So for those who may lack compression in the voice this is going to be a great exercise. But again, I don't want to be getting angry letters. I don't want to hear you know that this destroyed your voice. If you do this moderately and if you do this well, this is actually going to help you.

 

声にコンプレッションが欠けている人にとっては、これは素晴らしいエクササイズとなるでしょう。でも苦情のメールは欲しくないです。このエクササイズのせいで声を壊した、などとは聞きたくないのです。適度に、正しく行えば、役立つことでしょうから。

 

So another disclaimer, don't do this too loudly. And we don't want to be shutting the cords and blasting tons of air. We need good breath support when we do this.

 

もう一つ注意事項ですが、このエクササイズは大きな声ではやらないでください。声帯を閉じた上で息をたくさん吐き出すことはしたくありません。これをする時は十分な息の支えが必要です。

 

声門閉鎖のエクササイズ:"Uh Oh"

 

We're gonna do an “Uh oh” exercise. All it is is this “Uh oh” right? I'm not gonna do it loud. It's like my speaking voice “Uh oh”. So I don't want “Uh oh”. I don’t want to be blasting air. It's just a gentle “Uh oh” on pitch so that we know that we get the chords shut.

 

では “Uh oh” のエクササイズをしましょう。ただ “Uh oh” と言うだけです。大きな声ではやらないで。しゃべるように “Uh oh” と言いましょう。(大きな声で)“Uh oh” はダメです。息を吐き出し過ぎないように。声帯が閉まるように、優しく “Uh oh” とピッチを付けて言いましょう。

 

All right, so guys are gonna be down here, “Uh oh”. And ladies up here, “Uh oh”. And we're just going to go up and down the scale with light glottals just to get this skill built in your voice if you don't have it. Here we go.

 

いいですか?男性は下の方で “Uh oh” 女性は上の方で “Uh oh” この技術を持っていない人でも身に付けられるように、軽い声門閉鎖で音階を上下に動いていきます。行きましょう!

 

(Exercise)

 

(エクササイズ)

 

So that's it. Just a little baby glottal, not doing that too hard, just a baby glottal to get the sense of compression. I want you guys to graduate from this fast. You're not again not glottaling up a storm all day because our glottals - a friend or a foe - they can be both, right?

 

これだけです。きつくやり過ぎず、小さな声門閉鎖で、コンプレッションの感覚が掴めるようにしましょう。すぐにこのエクササイズからは卒業してほしいのです。声門閉鎖は敵にも味方にもなり得るので、これは一日中し続けるようなことではないですよね。

 

Again if you got too much squeeze, get away from this stuff. If you don't have enough, try it a little bit to build some compression in your voice and then graduate from it really really soon.

 

締め付けている感覚が強いのなら、避けるようにしてください。コンプレッションが足りないのなら育てるために少しやってみて、それからすぐに卒業するようにしてください。

 

終わりに

 

So, Krista and all I hope that that illuminates your mind about the world of glottals and what they can do or not do for your voice. If you guys have questions that you'd like to see us answer on the show, you can send an email to Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

というわけで、クリスタさん、みなさん。今回の内容が声門閉鎖の世界と、それが声に何をもたらし、もたらさないかを知るのに役立てば幸いです。このショーで答えてほしい質問がある場合は、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてくださいね。

 

So we just encourage you don't lose that joy, don't lose that passion, don't let people tell you you can't sing. You know that's not true. Keep working hard on your voice and get with a great voice teacher in your area.

 

歌う喜びや情熱を失わないようにしましょう。「君は下手だね」などとは誰にも言わせないでください。それが本当のことではないと、あなたは知っているでしょう。練習を頑張って、地域にいる素晴らしい先生に付くようにしてください。

 

If you guys are in New York City you can visit us at www.NewYorkVocalCoaching.com.

 

もしニューヨークにいるのなら www.NewYorkVocalCoaching.com をチェックしてみてください。

 

And if you like these videos you can visit www.VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

動画を気に入ってもらえたのなら、 www.VoiceLessonsToTheWorld.com も見てみてください。

 

I'm Justin Stoney. We'll see you next time.

 

ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!

 

 

------------------------------------------------------

 

以上、今回は声門閉鎖に関しての翻訳でした。いかがでしたか?

ご感想、ご意見、ご質問はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は、Justin Stoney氏の許可のもと掲載しています。無断転載はご遠慮ください。

 

NYVCのこと、ブログの運営者、レッスン

 

New York Vocal Coachingについて

New York Vocal Coaching (NYVC) は、ニューヨークを代表するヴォーカルスタジオのひとつです。創設者のジャスティン・ストーニーは世界的に有名なヴォーカルコーチで、NYVCはアメリカ国内外の多くのメディアに取り上げられています。

また、NYVCのYouTubeチャンネルは、21万人以上* の登録者がいる人気チャンネルです。無料で多くのビデオを公開していて、世界中のシンガーのためにヴォーカルの上達に役立つ情報やエクササイズを届けています。

NYVCのウェブサイトなどは基本全て英語ですが、とても広範囲にわたる情報を届けているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 *2019年10月現在

 

newyorkvocalcoaching.com

 

www.youtube.com

 

ブログの運営者について

このブログを運営している佐藤剛寿は、ジャスティン・ストーニーの直接指導のもと、New York Vocal Coaching 40-Hour Voice Teacher Trainingを修了したヴォーカルコーチです。

僕がジャスティンを知るようになったきっかけは、YouTubeです。いつものようになんとなくYouTubeを見ていたら、ジャスティンの動画がおすすめに出てきて、「どんな人だろう?」と初めて彼の動画を見た瞬間、「この人の教え方は、すごい!!」とすぐにわかりました。

彼自身の持っている声の技術の高さ。わかりやすい理論と伝え方。声や歌に対する寛容な考え方。そして、モチベーションを上げてくれる言葉。全てが驚きでした。

それから毎日、一生懸命彼の動画を見て、一緒に歌う日々が始まりました。僕はもともと歌うことが大好きでしたが、ジャスティンのことを知ってからはその楽しさが大きく増しました。

ニューヨークに行って彼のティーチャー・トレーニングを受けたのは、彼のようなレッスンを、日本のシンガーにも届けたいと思ったからです。

彼がたくさんの動画を作って、レッスンを受けられない人にもヴォーカルの情報やエクササイズを提供しているように、僕もその翻訳ブログという形で、少しでも日本のみなさんに良い情報を届けたいと思っています。

翻訳にはわかりづらいところもあるかもしれませんが、少しでもみなさんのヴォーカルライフに役立てば幸いです。ご感想、ご意見、ご質問はいつでも歓迎します!

 

レッスンについて

動画や文章に触れて自分で練習するだけでも声を改善していくことはできますが、一人ではわからないこともあると思います。そういう時はぜひ直接レッスンを受けてみてください!

僕のレッスンではニューヨークで学んだことを活かして、クライアントのみなさんが声をより自由に使えるように、一人一人に合わせたエクササイズを提供しています。

また、ヴォーカル技術の向上と併せて、アレンジャー・ソングライターとしての視点から、スタイルを作っていくお手伝いをしています。

そして、歌う喜びを感じられるように、良い環境を作っていきたいと思っています。

ニューヨーク仕込みのエクササイズを、ぜひ体感してみてください!

 

ヴォーカルレッスンのお問い合せ、お申し込みはウェブサイトからどうぞ。

 

レッスン概要

https://www.takahisasatomusic.com/lesson

 

お問い合せ、お申し込み

https://www.takahisasatomusic.com/contact