Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 40「ミックスヴォイス」【VLTTW翻訳】

今回はジャスティン・ストーニーによる「ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールド」の翻訳シリーズ、エピソード40「ミックスヴォイス」です!どうぞお楽しみください ;)

 

Ep. 40 "The Mix Voice" - Voice Lessons To The World

エピソード40「ミックスヴォイス」

 

元の動画はこちら

www.youtube.com

 

目次

 

Hi everybody! My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.

 

みなさんこんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチング創設者のジャスティン・ストーニーです。

 

Welcome to episode 40 of voice lessons to the world, the show where we want to help you guys as singers by answering your questions from all over.

 

ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード40へ!このショーでは世界中からの歌に関する質問に答えていくことで、シンガーのみなさんを助けていきたいと思っています。

 

今週の質問:ミックスヴォイスとは?

 

And I'll give you a chance to ask questions later, but our question for this week comes from Adriana T. in Haslett, Michigan.

 

みなさんが質問する機会はあとで設けるとして、今週の質問はミシガン州ハスレットのエイドリアナ・Tさんから来ています。

 

And Adriana writes, “Dear Justin, what is the mix voice and how do I do it?”

 

ジャスティンさん、こんにちは。ミックスヴォイスとは何ですか?どうやってやればいいですか?」

 

Now, Adriana, that's the question I think we've all been waiting for. I get so many questions from singers about “What is the mix?” “How do I mix?” “Is the singer doing a mix?”.

 

エイドリアナさん。これはみんなが待ちわびていた質問ですね。「ミックスって何?」「どうやってやるの?」「このシンガーはミックスを使っているの?」というような質問を、たくさんのシンガーから受けます。

 

Everybody wants to know how to do the mix voice and you should. It's totally awesome and we're going to figure it out together today.

 

みんなミックスの歌い方を知りたがっているし、実際知るべきだと思います。とても良いことですから、今回はこれを一緒に解き明かしていきましょう。

 

1. 声区とは

 

The first thing that we need to know though, is what is a vocal register because the mix is a kind of vocal registers. So we have to know what that even means a vocal register.

 

最初に知っておきたいことは、声区についてです。ミックスも声区の一種ですから、声区とは何かを知る必要がありますね。

 

When I'm talking to you like this, I'm talking to you in a vocal register called chest voice.

 

(普通にしゃべる感じで)こういう風に話している時は、チェストヴォイスという声区で話しています。

 

But if I talk to you like this, I'm talking to you in another vocal register which is called falsetto.

 

(裏声で)でもこういう風に話している時は、ファルセットという別の声区で話しています。

 

チェストヴォイス

 

So I want you guys to try some of these vocal registers with me. First in your chest voice, guys and girls just say “Hello, my name is Justin.”. Of course use your own name though. Here we go. That was great.

 

ではこの二つの声区にトライしてみましょう。まずはチェストヴォイスで、男性も女性も一緒に言ってみましょう。「ハロー、マイ・ネーム・イズ・ジャスティン」。もちろんあなたの名前で言ってください。どうぞ!素晴らしいですね。

 

ファルセット(ヘッドヴォイス)

 

Now in your falsetto or women head voice, say “Hello, my name is Justin.“ That's great.

 

次にファルセット(女性の場合はヘッドヴォイス)で、「ハロー、マイ・ネーム・イズ・ジャスティン」と言ってみましょう。素晴らしい!

 

Good. So you see that difference between a chest voice register and a head voice or falsetto register.

 

いいですね。チェストヴォイスとヘッドヴォイス(あるいはファルセット)の違いがわかったと思います。

 

Now there's some other registers that people sometimes talk about. There's the whistle voice that's way way up there. I might talk about that another time.

 

他にもみなさんの話題になる声区はいくつかありますね。すごく上の方にはホイッスルヴォイスがあります。これについてはいつか話すかもしれません。

 

ヴォーカルフライ

 

There's the fry, the vocal fry which is this sound right here.

 

ヴォーカルフライ* というのもあって、(ガリガリした声で)こんな感じの声です。

 

*訳注:ヴォーカルフライは、チェストヴォイスの下にある声区。ジャスティンの声を聞いてもらえばどんな声かわかると思います。

 

We should actually try that one together. Just say, “Hello, my name is Justin.” Try that out. That's good. Great job. So those are all vocal registers.

 

これもやってみましょう。(ヴォーカルフライで)「ハロー、マイ・ネーム・イズ・ジャスティン」。やってみて。いいですね!よくできました。様々な声区に触れられましたね。

 

2. ミックスヴォイス

 

And now the mix is a kind of vocal register. It's actually more than one thing which is why people get confused about. It's not just one mix but it's some blend between the chest register and the falsetto or head voice register that you guys already felt.

 

そしてミックスも声区の一種です。実際ミックスというのはたった一つのものではないので、みんなそれで混乱してしまいます。ミックスはただ一つではなくて、体感してもらったチェストヴォイスと、ファルセット(あるいはヘッドヴォイス)との混ぜ具合によるんです。

 

So what I'm going to do for you right now is do, in my speaking voice, a really smooth transition from my highest falsetto down through a bunch of mixes and then into my chest voice so you guys really can get in your ear what a mix sounds like just in my speaking voice. So here I go.

 

そこで今からやってみるのは、しゃべり声で、一番高いファルセットから、様々なミックスを通って下っていき、チェストヴォイスへと滑らかに移行していくことです。しゃべり声の中でミックスがどういう風に聞こえるのかがわかると思います。では行きますね。

 

しゃべり声でのミックスのデモンストレーション

 

If I go, way up here in my falsetto, if I'm talking to you way up here in my falsetto and then I come down a little bit and start to add a little bit of mix to my voice, I get something like that, but then if I bring it down a little bit further I get a little bit more vocal cords and I get a little bit thicker mix right here, and then if I bring it down more and add a little bit more mix I get a sound like this, and then if I bring it down a little further I get a sound like this, and then if I bring it down a little further and add vocal cords I get it sound like this, and I'm back in my chest voice.

 

(デモンストレーション)(訳:こんな風に上の方のファルセットで話した後、少し下がって声にミックスを足し始めるとこんな声になって、次にもう少し下げると、声帯に厚みが加わってここでミックスになって、もう少し下がってミックスを加えるとこんな声になって、そしてさらに下がるとこんな声になって、またもう少し下がると声帯が加わってこんな声になって、今チェストヴォイスに戻りました)

 

声区の滑らかな移行

 

Alright. So that's a nice smooth transition from falsetto down to chest. Now that's just for fun. You guys don't have to do that at home.

 

いいでしょう。ファルセットから下ってチェストへと、きれいに、滑らかに移行してみました。面白いからやってみただけなので、みなさんが家でこれをやる必要はありませんよ。

 

But if you want to mess with that, that would be pretty cool, right? A smooth transition just in your own speaking voice from chest to falsetto or back and forth, that's a really awesome thing if you have that kind of coordination. That's what we want to get.

 

でもこれで遊んでみれば、とても面白いことでしょう。しゃべり声でチェストからファルセットへと前後して、滑らかに移行していく。こんな声の使い方ができれば、それはとても良いことです。こういう声が欲しいですね。

 

3. 曲中でのミックス

 

So now how does this apply to a song? So many artists have this great mix sound where they're going up to high notes. But it doesn't seem very difficult for them. They don't seem to be pushing or straining very much. They're probably using a mix.

 

それでは、これをどうやって曲に応用すれば良いのでしょか?素晴らしいミックスの声で高い声まで上っていくアーティストはたくさんいます。でも簡単にこなしているように見えますね。押し出したり締め付けたりしているようには思えません。彼らはおそらくミックスを使っているのでしょう。

 

曲例:ブルーノ・マーズの「トーキング・トゥー・ザ・ムーン」

 

So I'm going to show you a couple things in a song called “Talking To The Moon” by Bruno Mars and see if you can hear some of these things as they're applied to a song. Let me try it a little bit.

 

ブルーノ・マーズの「トーキング・トゥー・ザ・ムーン」を曲例として、ミックスが曲にあてがわれるとどうなるのかが聞けるように、その要素をいくつかお見せしていきます。

 

“I know you somewhere out there

somewhere far away

I want you back

I want you back”

 

(歌 - ミックスで)

 

You know that’s using a little bit of a mix.

 

少しミックスが使われているのがわかったと思います。

 

ファルセットに裏返ると

 

But now what if I did what most singers would do when I go up to that higher note which is flip to falsetto? That's one thing that might happen. This is what might happen.

 

でも高い声に上がる時に多くのシンガーが陥ってしまうようなこと - ファルセットに裏返るとどうなるでしょうか?起こり得ることの一つはこれです。

 

“I know you somewhere out there“ Right? So instead of “I know you somewhere out there” I get “I know you somewhere out there” and I flipped a falsetto.

 

(歌 - 裏返って)わかりましたか?(歌 - ミックスで)ではなく、(歌 - 裏返って)と、ファルセットに裏返ってしまいます。

 

Now that's not bad to do, but that's not what the artist is doing and that's not a mix.

 

これは悪いことではありませんが、このアーティストがやっていることではないし、ミックスでもありません。

 

チェストヴォイスで押し出すと

 

Now the other tendency that people have is instead of finding that mix they push a chest voice: too much mouthiness, too much air, too much spread up into that note.

 

それから別の傾向として、ミックスを探そうとする代わりにチェストヴォイスを押し出してしまうことがあります。高い声に行くために、声を口から出し過ぎたり、息を使い過ぎたり、口を開き過ぎたりすることです。

 

And then you get “I know you, some around there” and I'm shouting. So “I know you're somewhere out there” more of a mix. “I know you somewhere out there“ that's pushing my chest voice up too high.

 

そうすると、(歌 - チェストヴォイスで押し出して)と叫んでしまいます。(歌 - ミックスで)これはミックスですが、(歌 - チェストヴォイスで押し出して)これだとチェストヴォイスで押し出すには高過ぎます。

 

So singers will fall on either side of those. They're going too light into head voice or falsetto; or they're going too heavy, too thick into chest voice. And they're not finding that middle ground.

 

ということで、シンガーはどちらかの極端に陥ってしまいます。軽くなり過ぎてヘッドヴォイスやファルセットに行ってしまうか、重く、厚くなり過ぎてチェストヴォイスに行ってしまうかです。中間の場所を見つけることができないのです。

 

4. ミックスの暗号を解く

 

So then how do we find that middle ground? We need to know what the mix is, how am I getting a smooth transition between those, what's the x-factor, what's the missing ingredient to making that mix work. Here's the thing that nobody will tell you and is really the truth. 

 

ではどうやって中間を見つければよいのでしょうか?ミックスとは何であるか、どうすれば声区の間を滑らかに移行できるのか、何が決め手となるのか、ミックスをうまくいかせるために足りない材料は何なのか - これらを知る必要がありますね。では、誰も教えてくれない本当のことをお伝えしましょう。

 

一に声帯、二に共鳴

 

The mix is two things. It's a vocal cord event and it's a resonance event.

 

ミックスは二つのことでできています。声帯で起こっていることと、共鳴で起こっていることです。

 

コンプレッションのコントロール

 

But the vocal cord event is the biggest thing that people always miss in the world of voice. We need to have compression control: not just compression but compression control.

 

ただ、声帯で起こっていることの方が、声の世界でいつも見過ごされている大きなことなんです。必要なのはコンプレッション* だけでなく、コンプレッションのコントロールなのです。

 

*訳注:コンプレッションとは、声帯がどれだけ中央に集まっているかの度合いのこと。というと難しく聞こえますが… ジャスティンの声を聞いていただければわかると思います。

 

Let's see if we can discover what that is together. So again using your own name; Let's just have you say “Hello, my name is Justin”. It's nice.

 

では一緒に、コンプレッションとは何なのかを見つけていきましょう。自分の名前で言ってみてください。「ハロー、マイ・ネーム・イズ・ジャスティン」。いいですね。

 

Now say it like this; “Hello, my name is Justin”. Great. That was a breathy or decompressed voice.

 

次はこのように言ってみてください。「(息混じりに)ハロー、マイ・ネーム・イズ・ジャスティン」。素晴らしい!これは息混じりの声、あるいはコンプレッションの弱い声です。

 

Now try this one; “Hello, my name is Justin”. Awesome. Now that's more of a compressed voice.

 

今度はこれをやってみてください。「(ガリガリした声で)ハロー、マイ・ネーム・イズ・ジャスティン」。とてもよいです!これはコンプレッションの強い声です。

 

As we're going up we don't want to change much of anything else: but often just our compression sometimes a little bit more, sometimes a little bit less, sometimes right in between.

 

声域を上げていく時、あまり他の要素は変えたくないのですが、コンプレッションに関しては、もう少し欲しいとか、弱い方がいいとか、真ん中くらいがいい、とかいうことがよくあります。

 

We need to have gradations of compression and that's what will make the registration with the mix more smooth.

 

コンプレッションの段階的な調整が必要で、これがあればミックスの声区は滑らかになっていきます。

 

頭(鼻腔)の共鳴

 

Now the other thing is it's a resonance event. It's not just vocal cords, it's also resonance.

 

そしてもう一つは、共鳴で起こっていることです。声帯だけでなく、共鳴も関わってきます。

 

Like I showed you with the example, If I'm pushing out my mouth, I'm going to encourage more chest voice: too much chest, right? I'm going to be spreading the sound. I'm going to be using more air.

 

例で示したように、(声を口から押し出すようにしゃべって)声を口から押し出すと、よりチェストヴォイス寄りの声になります。これだとチェスト過ぎますよね?声(口)を広げてしまい、息もより多く使ってしまいます。

 

So I want to keep the air the same as I move up through that mix. I'm not going to change the air. I'm not going to change the volume. I'm just going to keep it the same.

 

ですからミックスに上っていく時も、息を同じ量に保ちたいのです。息の量は変えません。声量も変えません。同じに保ちます。

 

Then I'm going to make the air stay in the head like it was falsetto, but let the vocal cords be in a state of compression.

 

それからファルセットのように息を頭の方に保ちますが、声帯はコンプレッションが十分にある状態にします。

 

So I'm doing a head airflow and a chest compression. I hope that makes sense to you guys. That's the x-factor on how to make the mix work.

 

つまり、ヘッドの息の流れとチェストのコンプレッションを同時にするのです。理解してもらえたでしょうか。これがミックスをうまくいかせるための決め手です。

 

5. ミックスのエクササイズ

 

But now together we're going to try. I got an exercise here for you. Now, what it's going to be is the following.

 

それでは一緒にトライしてみましょう。いいエクササイズがあります。これがそのエクササイズです。

 

We're gonna do an B-U-B, “BUB” this Pattern: “BUB BUB BUB BUB” Okay?

 

B-U-B “BUB” を、このパターンでやります。“BUB BUB BUB BUB” いいでしょうか?

 

So, usually what I'll say is: guys down here, ladies up here. But the mix is the thing that makes the ladies sound real real strong in their head voice and the guys sound real real high and light. It blends the two together, actually.

 

いつもだったら「男性は下で、女性は上で」と言うところですが、ミックスというのは女性のヘッドヴォイスをとても強くし、男性の声を高く、軽くするものです。実際、男性と女性の声が混ざるようなものなのです。

 

So today I'm not going to separate. Today guys and girls are going to be on the exact same pitch. But to do this I'm going to tell ladies when to come in. We're going to start down with the guys and I'm going to tell the ladies when to come in with this exercise.

 

ですから今回は分けません。男性も女性も全く同じピッチでやります。そのため、女性には入るところを伝えます。このエクササイズは、下の方で男性から始めて、女性には途中で入るところを伝えます。

 

Here's your goal. We're going up in pitch. You're not going to push breath and spread out. And you're not going to flip to falsetto or head voice. You're going to keep it in a light, compressed, easy mix.

 

目標はこうです。ピッチを上げていく中で、息は押し出さず、口は広げないこと。そしてファルセットやヘッドヴォイスには裏返らないように。軽く、コンプレッションのかかった、楽なミックスを保ちます。

 

If you have to flip it's totally fine. It takes time to build this but we're trying to not go to falsetto.

 

もし裏返ってしまっても全然大丈夫です。ミックスを作るのには時間がかかりますが、できるだけファルセットにならないようにしてみましょう。

 

That's the goal right now. Okay. So here we go. This starts with guys only. Here's guys.

 

以上が今回の目標です。いいでしょうか。では行きましょう!男性だけで始めます。

 

BUB-BUB 8-5-3-1 でエクササイズ

 

(Exercise)

 

(エクササイズ)

 

Fantastic! So now that was a lot of info on the mix, but we need it. It's such an important vocal concept: one of the very, very most.

 

素晴らしい!今回はミックスについて、たくさんの情報をお伝えしましたが、これは必要なことです。一番大事な声のコンセプトの一つですから。

 

終わりに

 

So, Adriana and all, I hope that gives you some insight as to what this mix voice is and it can help take your singing to the next level.

 

というわけで、エイドリアナさん、みなさん。今回の内容が、ミックスに対する理解と、みなさんの歌を次のレベルに持っていくことに役立ったら幸いです。

 

If you guys have questions that you'd like to see us answer on the show, you can send an email to Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

このショーで答えてほしい質問がある場合は、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてくださいね。

 

And you guys know that our continuing mission here at New York Vocal Coaching and Voice Lessons To The World is just to give you the best possible vocal information. We know that not everybody can afford great voice lessons. We know that the best vocal information is not really available to everybody all around the world.

 

私たちニューヨーク・ヴォーカル・コーチングやヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドの目標が、できる限り最高のヴォーカル情報を与え続けることだというのは、みなさんご存知でしょう。みなさん全員が素晴らしいヴォイス・レッスンを受けられるわけではないのは知っていますから。最高のヴォーカル情報が世界中のみなさんに手に入るわけではないのも知っています。

 

新しいアプリ!

 

So we're trying to help you guys by giving you a lot of this great information, hope it helps; which is why I'm so excited to tell you guys about a brand new app that we're going to be releasing for iPad, iPhone, hopefully more.

 

ですから私たちは、素晴らしい情報をたくさん届けることによって、みなさんの役に立ちたいと願っています。このことから、新しいアプリ(iPad, iPhoneでリリースされますが、さらに増やせたらと思っています)についてアナウンスできることをとても嬉しく思ってます。

 

This app is going to have a lot of free videos, a lot of free articles, tons of great tips for you guys as singers so that you can just keep growing and keep building towards your dreams of being the best possible singer that you can be.

 

このアプリでは、シンガーのみなさんのために、たくさんの動画や、無料の記事、歌のヒントなどを入れることで、みなさんがなりたいと願う、できる限り最高のシンガーになる夢を育み、育て続けられるようにしていきます。

 

So look for that app. Check that out. And again, don't ever lose the joy. Don't lose the passion. Don't let people tell you you can't sing. You know it's not true.

 

このアプリにご期待ください。チェックしてくださいね。それから、歌う喜びや情熱を決して失わないようにしてください。「ヘタクソ!」などとは誰にも言わせないでください。それは本当のことではないですから。

 

Get with a great voice teacher in your area. If you guys are in the New York City area or if you want to do Skype, you can visit us at www.NewYorkVocalCoaching.com.

 

あなたの地域の素晴らしいヴォイスティーチャーに付いてください。ニューヨークのあたりに住んでいるか、スカイプのレッスンをしたければ、 www.NewYorkVocalCoaching.com をチェックしてみてくださいね。

 

And if you like these videos you can visit www.VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

動画を気に入ってもらえたのなら、 www.VoiceLessonsToTheWorld.com を見てみてください。

 

I’m Justin Stoney. We'll see you next time.

 

ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!

 

 

------------------------------------------------------

 

以上、今回はミックスヴォイスに関しての翻訳でした。いかがでしたか?

ご感想、ご意見、ご質問はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は、Justin Stoney氏の許可のもと掲載しています。無断転載はおやめください。

 

NYVCのこと、ブログの運営者、レッスン

 

New York Vocal Coachingについて

New York Vocal Coaching (NYVC) は、ニューヨークを代表するヴォーカルスタジオのひとつです。創設者のジャスティン・ストーニーは世界的に有名なヴォーカルコーチで、NYVCはアメリカ国内外の多くのメディアに取り上げられています。

また、NYVCのYouTubeチャンネルは、21万人以上* の登録者がいる人気チャンネルです。無料で多くのビデオを公開していて、世界中のシンガーのためにヴォーカルの上達に役立つ情報やエクササイズを届けています。

NYVCのウェブサイトなどは基本全て英語ですが、とても広範囲にわたる情報を届けているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 *2019年10月現在

 

newyorkvocalcoaching.com

 

www.youtube.com

 

ブログの運営者について

このブログを運営している佐藤剛寿は、ジャスティン・ストーニーの直接指導のもと、New York Vocal Coaching 40-Hour Voice Teacher Trainingを修了したヴォーカルコーチです。

僕がジャスティンを知るようになったきっかけは、YouTubeです。いつものようになんとなくYouTubeを見ていたら、ジャスティンの動画がおすすめに出てきて、「どんな人だろう?」と初めて彼の動画を見た瞬間、「この人の教え方は、すごい!!」とすぐにわかりました。

彼自身の持っている声の技術の高さ。わかりやすい理論と伝え方。声や歌に対する寛容な考え方。そして、モチベーションを上げてくれる言葉。全てが驚きでした。

それから毎日、一生懸命彼の動画を見て、一緒に歌う日々が始まりました。僕はもともと歌うことが大好きでしたが、ジャスティンのことを知ってからはその楽しさが大きく増しました。

ニューヨークに行って彼のティーチャー・トレーニングを受けたのは、彼のようなレッスンを、日本のシンガーにも届けたいと思ったからです。

彼がたくさんの動画を作って、レッスンを受けられない人にもヴォーカルの情報やエクササイズを提供しているように、僕もその翻訳ブログという形で、少しでも日本のみなさんに良い情報を届けたいと思っています。

翻訳にはわかりづらいところもあるかもしれませんが、少しでもみなさんのヴォーカルライフに役立てば幸いです。ご感想、ご意見、ご質問はいつでも歓迎します!

 

レッスンについて

動画や文章に触れて自分で練習するだけでも声を改善していくことはできますが、一人ではわからないこともあると思います。そういう時はぜひ直接レッスンを受けてみてください!

僕のレッスンではニューヨークで学んだことを活かして、クライアントのみなさんが声をより自由に使えるように、一人一人に合わせたエクササイズを提供しています。

また、ヴォーカル技術の向上と併せて、アレンジャー・ソングライターとしての視点から、スタイルを作っていくお手伝いをしています。

そして、歌う喜びを感じられるように、良い環境を作っていきたいと思っています。

ニューヨーク仕込みのエクササイズを、ぜひ体感してみてください!

 

ヴォーカルレッスンのお問い合せ、お申し込みはウェブサイトからどうぞ。

 

レッスン概要

https://www.takahisasatomusic.com/lesson

 

お問い合せ、お申し込み

https://www.takahisasatomusic.com/contact