Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 41「テクニックを曲に活かそう」【VLTTW翻訳】

今回はジャスティン・ストーニーによる「ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールド」の翻訳シリーズ、エピソード41「テクニックを曲に活かそう」です!どうぞお楽しみください ;)

 

Ep. 41 "Adding Technique To Songs" - Voice Lessons To The World

エピソード41「テクニックを曲に活かそう」

 

元の動画はこちら

www.youtube.com


 

目次

 

Hi everybody! My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.

 

みなさんこんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチング創設者のジャスティン・ストーニーです。

 

Welcome to episode 41 of Voice Lessons To The World, the show where we want to help you guys as singers by answering your questions from all over.

 

ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード41へ!このショーでは世界中からの歌に関する質問に答えていくことで、シンガーのみなさんを助けていきたいと思っています。

 

今週の質問:発声はいい感じだけど曲が歌えない… 

 

And I'll give you a chance to ask questions later. But our question for this week comes from Chaimae M. in Rabat, Morocco.

 

みなさんが質問する機会はあとで設けるとして、今週の質問はモロッコ、ラバトのハイメ・Eさんから来ています。

 

And Chaimae writes, "Dear Justin, my technique is getting really good. I can sing high notes that I never could before. But when I go to a song I can't sing some of the same notes that I could in technique. What do I do to fix this?

 

ジャスティンさん、こんにちは。テクニックがかなりよくなってきました。今まで出せなかった高音も歌えるようになりました。でも歌になると、テクニックの練習で出せる音が出せません。どうやって直したらいいですか?」

 

テクニックを曲に活かそう

 

Now Chaimae that's just an awesome question. And I'm so glad to hear that because I do want you guys practicing your technique a lot, right? That's very important.

 

ハイメさん、とても良い質問ですよ。テクニックはとても大事なことですから、たくさん練習してほしいと思っているので、ハイメさんの話を聞けてとても嬉しく思います。

 

And actually Chaimae, I do want your technique to go beyond what you can do in a song. We need your technique to be the place where you're building past your limits so that when you go to a song it's easier.

 

そして、ハイメさん、あなたのテクニックが、曲でできることの範囲を越えるようにしてほしいのです。曲に行った時に簡単に感じられるように、テクニックにおいては限界を越えたところまで行けるようにするべきなのです。

 

The problem here though, is you're not finding how the songs can become easier. We're going to fix it together, and we're gonna make some discoveries.

 

でも今回の問題は、曲を楽に歌う方法がわからないことですね。一緒に直していき、発見していきましょう。

 

So what I'm going to do is I'm just going to work through a song. And I'm going to talk about some problems that I may be having, and maybe you might be having. And see if we can see how concepts of technique are applied to a song, okay?

 

今回はこれから、ある曲に取り組んでいきますが、その中で私やあなたに起こり得る問題について、いくつか話していきます。そして、テクニックの発想がどのように曲に応用できるのかをみていきましょう。

 

スティーヴィー・ワンダーの「レイトリー」で

 

So I'm going to work on "Lately" by Stevie Wonder and see what we can see. Alright, so it goes something like this.

 

ではスティーヴィー・ワンダーの「レイトリー」で、問題を見ていきましょう。こんな感じで行きます。

 

“Oh I'm a man of many wishes

I hope my premonition misses

But what I really feel

My eyes won't let me hide

'Cause they always start to cry”

 

(歌)

 

Now that part's not so hard. But the next part might require some technique thought on my part because it goes a little bit higher.

 

このパートはそんなに難しくないですね。でも次のパートは少し高くなるので、テクニックの考えがいくらか求められるかもしれません。

 

“ ’Cause this time could mean goodbye, goodbye”

 

「コーズ・ディス・タイム・クド・ミーン・グッバイ、グッバイ」

 

Okay, so that's the part that may be giving me trouble. Now let me talk about some problems that I could be having.

 

問題になるかもしれないのはこのパートです。では起こり得るいくつかの問題について話していきましょう。

 

1. 声を締め付けてしまう場合

 

What if my problem is that I squeeze? I squeeze the vocal cords as I go higher. Then what I'm gonna get is something like this... “But this time could mean goodbye” And I'm feeling very pinched at the top. 

 

まず、声を締め付けてしまう問題だとしたらどうでしょうか?高くなるに従って声帯を締め付けてしまう時です。この場合はこんな感じになるでしょう。「(声を締め付けて)バッ・ディス・タイム・クド・ミーン・グッバイ」一番上でこわばってしまうように感じます。

 

Then I'm going to need the opposite. I have to work the opposite in from my technique. 

 

この場合は反対のことが必要でしょう。テクニックを使って反対のことをする必要があります。

 

息混じりのエクササイズ "H"

 

So maybe I pick something lighter, looser. Like an H, hah or hi. And I do... “HI - HI - HI” A nice light exercise like that. “HI - HI - HI” Right?

 

ですから、Hのような、軽くてゆるいものを選びましょう。「ハー」とか「ハイ」とかです。そして「ハイハイハイ」と声を軽くしてくれるようなエクササイズをします。「ハイハイハイ」。

 

And then I can put that concept into the song. “HI - HI - HI - HI - HI - HI - HI” Just to give my voice a little bit of that give. Then all of a sudden I have more looseness to my cords. “ ’Cause this time could mean goodbye” And I feel that ease a little bit greater because of the work I just did.

 

そうしたら、この発想を曲に使いましょう。「(『レイトリー』のフレーズで)ハイハイハイハイハイハイハイ」。(Hを使うのは)声に少し柔軟性を与えるためです。こうするとすぐに声帯がゆるみます。「コーズ・ディス・タイム・クド・ミーン・グッバイ」この練習のおかげでより楽に歌えるように感じられますね。

 

2. 裏返ってしまう場合

 

Now what if the problem is the opposite? What if I'm coming apart when I go up there? I don't have enough compression. “ ’Cause this time could mean goodbye” And I'm always cracking... “Goodbye” on that high note.

 

では反対の問題だったらどうでしょうか?上に行く時に裏返ってしまう場合です。コンプレッションが足りていないと、「(途中で裏返って)コーズ・ディス・タイム・クド・ミーン・グッバイ」と、「グッバイ」の高いところで裏返ってしまいます。

 

Then like I say I'm gonna have to get back to my compression exercises a little bit.

 

この場合は、先ほど言ったように、コンプレッションのエクササイズに戻っていかなければなりません。

 

硬い子音 "B" で対応

 

Luckily I've got that nice B. That hard consonant B helps me find a little bit of my compression.

 

幸いにもBがありますね。この硬い子音・Bが、コンプレッションを見つけるのに役立ってくれます。

 

So I do something like... “BI - BI - BI”  “BI - BI - BI” Right? And then I'm feeling more of my compression taking that exercise.

 

ですから「バイバイバイ」「バイバイバイ」のようなことができますね。このエクササイズをすればコンプレッションをより感じることができます。

 

I can put it to a song... “BI - BI - BI - BI - BI - BI - BI” And then I feel a little bit more sealed up on the top. That's if I'm having that problem.

 

そしてこれを曲に置き換えることができます。「(『レイトリー』のフレーズで)バイバイバイバイバイバイバイ」こうすれば一番上の音でも声帯が閉じているように感じられます。この問題の時はこれですね。

 

So what we want to do is figure out what is the issue. Now you can work with a voice teacher on this or if you're really smart, you can figure it out on your own. But you're starting to see how we can apply these technique ideas to a song. Now what about another one. 

 

必要なのは何が問題なのかがわかることです。これはヴォイスティーチャーと一緒に練習できることですが、本当に賢ければ、自分でもできることです。テクニックのアイディアがどう曲に応用できるのかがわかり始めたでしょう。では別の問題に行きます。

 

3. 声を口から押し出してしまう場合

 

What about if the sound is getting too mouthy? I'm letting it go spread and out on that high note. “ ’Cause this time could mean goodbye” Whoa. Okay. What will I do to fix that?

 

声を口から出し過ぎている場合はどうでしょうか?高い音で口を広げ、声を外に出してしまう場合です。「(声を押し出して)コーズ・ディス・タイム・クド・ミーン・グッバイ」うわー…どうやって直しましょうか?

 

I could pick something that instead of going out, stays in.

 

この場合は声を外に出す代わりに、中に保つようなものを選べます。

 

鼻音のエクササイズ "M"

 

Like for example an M, mmm. And the exercise we could do... “MY - MY - MY” Right? “MY - MY - MY”

 

例えばM、”mmm” でできるエクササイズは「マイマイマイ」ですね。「マイマイマイ」。

 

And then all of a sudden the M is bringing the sound into the head. And then of course the next step... “MY - MY - MY - MY - MY - MY - MY” And I get it into the head more.

 

こうすればこのMが声を頭(鼻腔)の方へと持っていってくれます。次のステップはもちろん、「(『レイトリー』のフレーズで)マイマイマイマイマイマイマイ」ですね。声をより頭の方へと持っていけます。

 

4. 喉頭(のど)が持ち上がってしまう場合

 

What about if my larynx is coming up? Right? The hyoid bone, the larynx, is coming up. And I have something like... “ 'Cause this time could mean goodbye” And I feel it come up.

 

では、喉頭(のど)が上がってしまう場合はどうでしょうか?舌骨、喉頭が上がってしまう時です。「(喉頭が持ち上がって)コーズ・ディス・タイム・クド・ミーン・グッバイ」と、上がってしまうのを感じます。

 

低い喉頭(のど)のエクササイズ "BUB"

 

Then I could pick a lower larynx exercise. For example an UH.

 

この場合は低い喉頭のエクササイズを選びます。例えば「ウー」などです。

 

And I could do... “BUB - BUB - BUB” “BUB - BUB - BUB” to feel the depth.

 

深さを感じるために、「ブッブッブッ」「ブッブッブッ」とできますね。

 

Then, you guessed it, next step put it to the song... “BUB - BUB - BUB - BUB - BUB - BUB - BUB” Just to get the depth. So you totally get the idea. 

 

そして、もう想像が付くでしょうが、次のステップは曲に置き換えることです。深さを得るために「(『レイトリー』のフレーズで)ブッブッブッブッブッブッブッ」と練習します。考え方がわかってきたでしょう。

 

5. 息を吐き出し過ぎる場合

 

Last example. What if I'm blasting the breath? What if I know I'm pushing the airflow as I go up?

 

最後の例です。息を吐き出し過ぎる場合はどうでしょうか?高い音に行くにつれ、息を押し出してしまうと気付いた時です。

 

息を支えるエクササイズ "Z"

 

I could pick something like a trill or a Z. Something that keeps the air from rushing out, something that keeps it consistent as I go up.

 

そういう時はトリルかZのような音を選べます。息が飛び出すのを防ぎ、高い音に行っても一定に保ってくれるものです。

 

And I could do my exercises first... “ZZ - ZZ - ZZ” Right? “ZZ - ZZ - ZZ”

 

最初にエクササイズをしましょう。「ズーズーズー」。「ズーズーズー」。

 

And then of course... “ZZ - ZZ - ZZ - ZZ - ZZ - ZZ - ZZ” feeling the breath support built-in as I go higher.

 

そしたらもちろん、「(『レイトリー』のフレーズで)ズーズーズーズーズーズーズー」と歌い、高くなるにつれ息の支えが入っていくのが感じられるでしょう。

 

So those are some great examples of how I want you guys thinking. Think about what you're doing with your technique and how it applies to your song. That way you're not just doing technique and then hoping for the best. But you're actually smart with it.

 

以上が、みなさんにどういう風に考えて欲しいのかを示した例でした。テクニックで何を練習しているのか、そしてそれをどう曲に応用できるのかを考えましょう。この方法なら、ただテクニックをやって結果を期待するだけではなくなり、賢く練習できるようになります。

 

終わりに

 

And, Chaimae and all, I bet ya, if you are actually not just running through your songs, not just starting from the beginning and going all the way through the end and just doing it over and over again, but finding the places that there's problems, trying to figure out what that problem is and then taking the exercises that you're working on, install them in the song and it's going to make a huge change. It's like I say, then you're working smartly and not just working hard.

 

ハイメさん、みなさん。曲を最初から最後まで通して歌うのを、何回も何回もやるのではなく、問題のある場所を見つけ、何が問題なのかを理解し、その解決のためのエクササイズをして、それを曲に当てはめていけば、大きな変化が起きることでしょう。先ほど言った通り、この方法なら、ただがむしゃらに頑張るだけでなく、賢く練習ができることになりますよ。

 

So I hope that's been helpful for you guys today as singers. If there's questions that you'd like to see us answer on the show, you can send an email to Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

今回の内容がシンガーのみなさんに役立てば嬉しいです。このショーで答えてほしい質問がある場合は、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてくださいね。

 

So we just encourage you not to lose that joy. Don't lose that passion. Don't let people tell you that you can't sing. You know that's not true.

 

そして、歌う喜びや情熱を失わないようにしましょう。「ヘタクソ!」などとは誰にも言わせないでください。それは本当のことではないですから。

 

Get with a great voice teacher in your area or if you want to Skype with us in New York or come on by to New York, you can visit us at www.NewYorkVocalCoaching.com.

 

あなたの地域の素晴らしいヴォイスティーチャーに付いてください。あるいはスカイプか、ニューヨークに来るかでレッスンを受けたければ、 www.NewYorkVocalCoaching.com をチェックしてみてくださいね。

 

And if you like these videos I hope you download our iPad and iPhone app. There's tons of free resources on there. Free articles, tips, videos, all kinds of stuff to help you guys as singers. Or you can visit www.VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

動画を気に入ってもらえたのなら、ぜひiPadiPhoneのアプリをダウンロードしてみてください。内容は盛りだくさんです。無料の記事や、歌のヒント、動画など、シンガーのみなさんに役立つあらゆるものが揃っています。それか www.VoiceLessonsToTheWorld.com に行ってみてください。

 

I'm Justin Stoney. We'll see you next time.

 

ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!

 

 

------------------------------------------------------

 

以上、今回は発声(テクニック)を曲に活かす方法に関しての翻訳でした。いかがでしたか?

ご感想、ご意見、ご質問はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は、Justin Stoney氏の許可のもと掲載しています。無断転載はおやめください。

 

NYVCのこと、ブログの運営者、レッスン

 

New York Vocal Coachingについて

New York Vocal Coaching (NYVC) は、ニューヨークを代表するヴォーカルスタジオのひとつです。創設者のジャスティン・ストーニーは世界的に有名なヴォーカルコーチで、NYVCはアメリカ国内外の多くのメディアに取り上げられています。

また、NYVCのYouTubeチャンネルは、21万人以上* の登録者がいる人気チャンネルです。無料で多くのビデオを公開していて、世界中のシンガーのためにヴォーカルの上達に役立つ情報やエクササイズを届けています。

NYVCのウェブサイトなどは基本全て英語ですが、とても広範囲にわたる情報を届けているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 *2019年10月現在

 

newyorkvocalcoaching.com

 

www.youtube.com

 

ブログの運営者について

このブログを運営している佐藤剛寿は、ジャスティン・ストーニーの直接指導のもと、New York Vocal Coaching 40-Hour Voice Teacher Trainingを修了したヴォーカルコーチです。

僕がジャスティンを知るようになったきっかけは、YouTubeです。いつものようになんとなくYouTubeを見ていたら、ジャスティンの動画がおすすめに出てきて、「どんな人だろう?」と初めて彼の動画を見た瞬間、「この人の教え方は、すごい!!」とすぐにわかりました。

彼自身の持っている声の技術の高さ。わかりやすい理論と伝え方。声や歌に対する寛容な考え方。そして、モチベーションを上げてくれる言葉。全てが驚きでした。

それから毎日、一生懸命彼の動画を見て、一緒に歌う日々が始まりました。僕はもともと歌うことが大好きでしたが、ジャスティンのことを知ってからはその楽しさが大きく増しました。

ニューヨークに行って彼のティーチャー・トレーニングを受けたのは、彼のようなレッスンを、日本のシンガーにも届けたいと思ったからです。

彼がたくさんの動画を作って、レッスンを受けられない人にもヴォーカルの情報やエクササイズを提供しているように、僕もその翻訳ブログという形で、少しでも日本のみなさんに良い情報を届けたいと思っています。

翻訳にはわかりづらいところもあるかもしれませんが、少しでもみなさんのヴォーカルライフに役立てば幸いです。ご感想、ご意見、ご質問はいつでも歓迎します!

 

レッスンについて

動画や文章に触れて自分で練習するだけでも声を改善していくことはできますが、一人ではわからないこともあると思います。そういう時はぜひ直接レッスンを受けてみてください!

僕のレッスンではニューヨークで学んだことを活かして、クライアントのみなさんが声をより自由に使えるように、一人一人に合わせたエクササイズを提供しています。

また、ヴォーカル技術の向上と併せて、アレンジャー・ソングライターとしての視点から、スタイルを作っていくお手伝いをしています。

そして、歌う喜びを感じられるように、良い環境を作っていきたいと思っています。

ニューヨーク仕込みのエクササイズを、ぜひ体感してみてください!

 

ヴォーカルレッスンのお問い合せ、お申し込みはウェブサイトからどうぞ。

 

レッスン概要

https://www.takahisasatomusic.com/lesson

 

お問い合せ、お申し込み

https://www.takahisasatomusic.com/contact