Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 42「喉頭(のど)でできること」【VLTTW翻訳】

今回はジャスティン・ストーニーによる「ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールド」の翻訳シリーズ、エピソード42「喉頭(のど)でできること」です!どうぞお楽しみください ;)

 

Ep. 42 "The Amazng Larynx" - Voice Lessons To The World

エピソード42「喉頭(のど)でできること」

 

元の動画はこちら

www.youtube.com

 

目次

 

 

Hi everybody! My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.

 

みなさんこんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチング創設者のジャスティン・ストーニーです。

 

Welcome to episode 42 of Voice Lessons To The World, the show where we want to help you guys as singers by answering your questions from all over.

 

ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード42へ!このショーでは世界中からの歌に関する質問に答えていくことで、シンガーのみなさんを助けていきたいと思っています。

 

今週の質問:クラシックの人はロックの歌い方が嫌い?

 

And I'll give you a chance to ask questions later, but our question for this week comes from Susan P. in Boulder, Colorado.

 

みなさんが質問する機会はあとで設けるとして、今週の質問はコロラド州ボルダーの、スーザン・Pさんから来ています。

 

And Susan writes, “Dear Justin, why do classical singers and teachers hate on rock and pop singers so much?”

 

ジャスティンさん、こんにちは。どうしてクラシックの歌手や教師はロックやポップのシンガーをすごく嫌うんですか?」

 

Wow. This is good, Susan. Thank you so much for for bringing this up. And you know it's not just classical - the classical community that is sometimes against the contemporary community, but it's sometimes the contemporary community that's against the classical community. 

 

ワオ。いいですね、スーザンさん。この話題を持ち出してくれてありがとうございます。加えて言うと、クラシックのコミュニティーがポピュラーミュージックのコミュニティーに反対しているだけではなく、ポピュラーミュージックのコミュニティーがクラシックのコミュニティーに反対している時もありますね。

 

And what I want to do today is make peace, okay? Can't we all just get along?

 

今回やりたいのは、仲直りしてもらうことです。仲良くやっていきませんか?

 

喉頭(のど)はすごい!

 

Because we know that the larynx, the amazing larynx is capable of more than one style. One person can do multiple styles. So we need to get rid of this old thinking that one style is superior to another.

 

こう言うのも、喉頭(のど)という素晴らしい器官は、一つではなく、もっとたくさんのスタイルを扱えるからです。同じ人がたくさんのスタイルで歌うことは可能なのです。一つのスタイルが他のスタイルより優れているという古い考えは、取り除いていかなければなりません。

 

Now I'm going to talk to you today about why there are these misunderstandings that sometimes caused that hate as you're talking about there, Susan. And we're going to see if we can really have truth here. Okay?

 

スーザンさん、今回はあなたが言っているような、お互いの嫌悪を招くような誤解がある、その理由について話していきましょう。そして真実を掴めるのかどうか、見ていきましょうね。

 

So the larynx, to a classical person, needs to be a little bit lower, right? And the mistake that classical, the classical community has made is to insist upon that lowness at all costs.

 

クラシックの人にとって、喉頭は少し低い位置にする必要がありますが、クラシックのコミュニティーが作ってきた間違いは、なにがなんでもその低さにこだわってしまうことです。

 

That's a mistake because the larynx can do more than one thing. But that's why people in the classical world think that it's dangerous to sing with a higher larynx. It's not, it's just another way of doing things.

 

これが間違いである理由は、喉頭には一つだけではなく、もっとたくさんのことができる能力があるからです。クラシックの世界において高い喉頭で歌うのが危険だと思われてしまう原因は、このこだわりにあります。でも実際は危険ではないし、単に異なる歌い方だというだけなのです。

 

Now the mistake that rock and pop singers make though, is to think that that lower larynx and that deeper richer sound is somehow not natural and somehow doesn't sound normal or appealing to the ear. It in fact does. It sounds beautiful.

 

一方でロックやポップのシンガーが持っている間違いは、低い喉頭や深くてリッチな声が、どういうわけか不自然で、普通でなく、耳に心地よくないものだと思ってしまうことです。実際にはクラシックの声は美しいのに。

 

So I want you guys to know that you can do more than one larynx and you can do more than one sound. And I hope that people keep their minds open so that we know that we don't have to get stuck in one style.

 

ですから、みなさんに知ってほしいのは、喉頭は様々な使い方ができるし、私達は様々な声で歌うことができる、ということです。両方のコミュニティーが心を開いて、一つのスタイルにとらわれる必要はない、ということに気付いてもらえたらと願っています。

 

1. 喉頭で起こることの傾向

 

Now let's talk about the larynx’s tendency. I'm going to talk to you about two amazing sounds that the larynx can make, alright? There's more but two here, today.

 

では次に、喉頭で起こることの傾向について話しましょう。喉頭でできる二つの素晴らしい声について話していきますね。実際にはもっといろんな種類がありますが、今回は二つにしましょう。

 

下げるとゆるくなる

 

If I lower my larynx down, my cords tend to get looser. So I have a deep larynx and loose cords. Right?

 

(喉頭を下げて)喉頭を下げると、声帯はゆるむ傾向があります。深い喉頭は、声帯のゆるみとセットですね。

 

上げるときつくなる

 

Now if I raise my larynx up, I tend to get a tight sound, a very very squeezed, pinched, tight sound.

 

(喉頭を上げて)喉頭を上げると、きつくて、締め付けられた声になる傾向があります。

 

Neither of these are so amazing. This is just what the larynx does; Down, loose; high, tight.

 

この二つは両方ともいい感じではないですね。喉頭が持つ傾向はこうです - 低いとゆるむ、高いときつくなる。

 

Now what if I go; down and tight; and up and loose? Then I have amazing classical sounds and then I have amazing pop and rock sounds. And that's what I'm going to show you today. And also give you a chance to try it. One more time, it’s down and tight; up and loose.

 

では、これだったらどうでしょう - 低くてきつく、高くてゆるく。こうすれば素晴らしいクラシックの声と、素晴らしいポップ、ロックの声ができます。今回お見せするのはこれです。それからみなさんにも挑戦してもらいます。もう一度言いますね - 低くてきつく、高くてゆるく。

 

So here we go. I'm going to show you what I mean and then you’re going to do it later. Okay?

 

では行ってみましょう。どういうことなのかお見せしたあと、みなさんにもやってもらいます。

 

素晴らしい声その1:クラシックの曲例

 

So amazing sound number one. Larynx down but solid, right? I'm not going to be breathy. I'm going to be solid. So I'm going to take a song “The Impossible Dream” from “Man of La Mancha”. Okay?

 

素晴らしい声その1。喉頭は低くても、しっかりした声です。息混じりにはせず、中身の詰まった声にします。「ラ・マンチャの男」から「見果てぬ夢」を例に歌ってみますね。

 

“This is my quest

To follow that star

No matter how hopeless

No matter how far

To fight for the right

Without question or pause

To be willing to march into hell

With a heavenly cause”

 

(歌)

 

Okay? So that's pretty cool. I've got my larynx down, but it's a solid, tight sound, right? Awesome.

 

とてもいい感じですよね。喉頭は低くしても、中身の詰まったタイトな声にします。いいでしょう。

 

素晴らしい声その2:ポップソングの曲例

 

Now same notes, same range in my voice, I'm going to do a pop song - raise up my larynx, and let the cords go loose giving it the polar opposite of that sound that I just did. Here's “Skyscraper” by Demi Lovato.

 

では同じような音域、声域でポップソングに行きます。喉頭を上げて、声帯はゆるめ、今やった声とは正反対になるようにします。デミ・ロヴァートの「スカイスクレイパー」を歌ってみます。

 

“You can take everything I have

You can break everything I am

Like I’m made of glass

Like I’m made of paper

Go on and try to tear me down

I will be rising from the ground

Like a skyscraper

Like a skyscraper”

 

(歌)

 

Okay, cool. I raised up, but I had looseness to my cords.

 

これもいい感じですね。喉頭を上げましたが、声帯はゆるめるようにしました。

 

2. どちらも素晴らしい

 

Now again, neither these are bad or good. The classical sound with a deep larynx and solid cords, awesome. The high larynx but breathy and not squeezy cords, also awesome.

 

もう一度言いますが、どちらがいいとか悪いとかではありません。クラシックの深い喉頭で声帯の中身を詰めた声は、素晴らしいです。(ポップの)高い喉頭でも声帯を締め付けず、息混じりにした声も、素晴らしいです。

 

Neither of these do we need to say bad or good. These are just awesome. And the amazing larynx does it once again. We have the capability of so, so many things.

 

どちらがいいとか悪いとか言う必要はありません。ただ「素晴らしい」ということだけです。素晴らしい器官である喉頭がこれを可能にしてくれます。私達はとてもたくさんのことをする能力を持っているのです。

 

So I hope that starts to break these notions of right and wrong for you guys so that you have possibilities and options.

 

みなさんが多くの可能性や選択肢を持つことができるように、正しいとか間違っているとかいった考えを壊していけたらと願っています。

 

But now you're going to get the chance to try it. I'm going to create an exercise here for you guys where you're going to go first deep and solid, and then the next instant go higher and loose. Okay?

 

それでは、みなさんがトライするチャンスです。まずは深い喉頭でしっかりした声をやって、そのあとすぐに、高い喉頭でゆるんだ声に行けるエクササイズを作りますね。

 

両方一気に練習するエクササイズ!

 

So it's going to be this. Okay? “BUB BUB BUB, HE HE HE”. Did you get that? Low and solid, and then high and tight (loose), right away. Take listen again, “BUB BUB BUB, HE HE HE”. Okay.

 

こんな感じです。「バッバッバッ、ヒッヒッヒッ」わかりましたか?低い喉頭でしっかりした声のあと、すぐに高い喉頭でゆるんだ* 声にします。もう一度聴いてみて。「バッバッバッ、ヒッヒッヒッ」。

 

訳注:ジャスティンは “high and tight” と言っていますが、単に “high and loose” の言い間違いだと思います。

 

So we're gonna have guys down here, ladies up here “BUB BUB BUB”. Okay? And we're gonna go up and down together, right? Alternating between low and solid, high and loose. Here we go.

 

男性は下の方で(ピアノ)、女性は上の方で「バッバッバッ」です。一緒に上がって、下がっていきましょう。低い喉頭でしっかりした声と、高い喉頭でゆるんだ声を交互にやっていきます。行きましょう!

 

(Exercise)

 

(エクササイズ)

 

Okay, that was great. Spectacular stuff. And so now you guys are actually seeing for yourself why there's no reason to hate on rock singers and there's no reason to hate on classical singers. You can do everything. You can do everything that you want with the amazing larynx.

 

素晴らしい!よくできました。ロックシンガーを嫌ったり、クラシックのシンガーを嫌ったりする理由はないことが理解できたことかと思います。なんでもできるのです。素晴らしい喉頭という器官を活かせば、やりたいことはなんでもできるのです。

 

So, Susan and and all, I hope that starts to break some of these myths about the voice and start giving you the chance to explore the possibilities of what you can do which is multiple styles, multiple sounds, and so much amazing awesomeness with your larynx.

 

というわけで、スーザンさん、みなさん。今回の内容が、声に関する誤った考えを打ち破り、多様なスタイルや声など、喉頭でできる素晴らしいことの可能性を探っていく手がかりとなればと思います。

 

終わりに

 

So I hope that's been helpful for you guys today as singers. If you have questions you'd like to see us answer on the show, you can send an email to Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

今回の内容がシンガーのみなさんに役立てば嬉しいです。このショーで答えてほしい質問がある場合は、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてくださいね。

 

And we just encourage you. Don't lose that joy. Don't lose that passion. Don't let people tell you you can't sing or that you can't sing whatever style you'd like to sing or that it's going to ruin your voice if you do.

 

そして、歌う喜びや情熱を失わないようにしましょう。「ヘタクソ!」などとは誰にも言わせないでください。「声をダメにするから、他のスタイルは歌いたくても歌うな」などとも言わせないようにしましょう。

 

Get with a great voice teacher in your area. If you guys are in New York City or you want to Skype with us, you can visit www.NewYorkVocalCoaching.com.

 

あなたの地域の素晴らしいヴォイスティーチャーに付いてください。ニューヨークでレッスンするか、スカイプレッスンをしたければ、  www.NewYorkVocalCoaching.com をチェックしてみてくださいね。

 

And I really encourage you guys to download our free app for iPhone and iPad and hopefully more things out later on. There's tons of free resources on there - tips, articles, videos, lots of things for you guys to explore that hopefully helps you guys take your voice to the next level. You can also visit www.VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

それから、無料のiPhoneやiPadのアプリ(これからもっと増やしたいと思っています)をぜひダウンロードしてみてください。このアプリは無料で、内容は盛りだくさんです。歌のヒントや、記事、動画などで、みなさんの声を次のレベルへと連れて行けたらと思います。 www.VoiceLessonsToTheWorld.com も見てみてくださいね。

 

I'm Justin Stoney. We'll see you next time.

 

ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!

 

------------------------------------------------------

 

以上、今回は喉頭でできる様々なスタイルに関しての翻訳でした。いかがでしたか?

ご感想、ご意見、ご質問はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は、Justin Stoney氏の許可のもと掲載しています。無断転載はおやめください。

 

NYVCのこと、ブログの運営者、レッスン

 

New York Vocal Coachingについて

New York Vocal Coaching (NYVC) は、ニューヨークを代表するヴォーカルスタジオのひとつです。創設者のジャスティン・ストーニーは世界的に有名なヴォーカルコーチで、NYVCはアメリカ国内外の多くのメディアに取り上げられています。

また、NYVCのYouTubeチャンネルは、21万人以上* の登録者がいる人気チャンネルです。無料で多くのビデオを公開していて、世界中のシンガーのためにヴォーカルの上達に役立つ情報やエクササイズを届けています。

NYVCのウェブサイトなどは基本全て英語ですが、とても広範囲にわたる情報を届けているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 *2019年10月現在

 

newyorkvocalcoaching.com

 

www.youtube.com

 

ブログの運営者について

このブログを運営している佐藤剛寿は、ジャスティン・ストーニーの直接指導のもと、New York Vocal Coaching 40-Hour Voice Teacher Trainingを修了したヴォーカルコーチです。

僕がジャスティンを知るようになったきっかけは、YouTubeです。いつものようになんとなくYouTubeを見ていたら、ジャスティンの動画がおすすめに出てきて、「どんな人だろう?」と初めて彼の動画を見た瞬間、「この人の教え方は、すごい!!」とすぐにわかりました。

彼自身の持っている声の技術の高さ。わかりやすい理論と伝え方。声や歌に対する寛容な考え方。そして、モチベーションを上げてくれる言葉。全てが驚きでした。

それから毎日、一生懸命彼の動画を見て、一緒に歌う日々が始まりました。僕はもともと歌うことが大好きでしたが、ジャスティンのことを知ってからはその楽しさが大きく増しました。

ニューヨークに行って彼のティーチャー・トレーニングを受けたのは、彼のようなレッスンを、日本のシンガーにも届けたいと思ったからです。

彼がたくさんの動画を作って、レッスンを受けられない人にもヴォーカルの情報やエクササイズを提供しているように、僕もその翻訳ブログという形で、少しでも日本のみなさんに良い情報を届けたいと思っています。

翻訳にはわかりづらいところもあるかもしれませんが、少しでもみなさんのヴォーカルライフに役立てば幸いです。ご感想、ご意見、ご質問はいつでも歓迎します!

 

レッスンについて

動画や文章に触れて自分で練習するだけでも声を改善していくことはできますが、一人ではわからないこともあると思います。そういう時はぜひ直接レッスンを受けてみてください!

僕のレッスンではニューヨークで学んだことを活かして、クライアントのみなさんが声をより自由に使えるように、一人一人に合わせたエクササイズを提供しています。

また、ヴォーカル技術の向上と併せて、アレンジャー・ソングライターとしての視点から、スタイルを作っていくお手伝いをしています。

そして、歌う喜びを感じられるように、良い環境を作っていきたいと思っています。

ニューヨーク仕込みのエクササイズを、ぜひ体感してみてください!

 

ヴォーカルレッスンのお問い合せ、お申し込みはウェブサイトからどうぞ。

 

レッスン概要

https://www.takahisasatomusic.com/lesson

 

お問い合せ、お申し込み

https://www.takahisasatomusic.com/contact