Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 44「一つに三つ - 咳払い、あくび、体型」【VLTTW翻訳】

今回はジャスティン・ストーニーによる「ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールド」の翻訳シリーズ、エピソード44「一つに三つ - 咳払い、あくび、体型」です!どうぞお楽しみください ;)

 

Ep. 44 "Three in One" - Voice Lessons To The World

エピソード44「一つに三つ - 咳払い、あくび、体型」

 

元の動画はこちら

www.youtube.com

 

目次

 

Hi everybody! My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.

 

みなさんこんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチング創設者のジャスティン・ストーニーです。

 

Welcome to episode 44 of Voice Lessons To The World, the show where we want to help you guys as singers by answering your questions from all over.

 

ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード44へ!このショーでは世界中からの歌に関する質問に答えていくことで、シンガーのみなさんを助けていきたいと思っています。

 

今週は三つ!

 

And I'll give you a chance to ask questions later, but our questions for this week, actually, are going to be three. This week you're gonna get three in one and that's the name of the episode.

 

みなさんが質問する機会はあとで設けるとして、今週の質問は、なんと三つです!今週は「一つに三つ」収録されていて、それがこのエピソードの名前です。

 

And the reason why is you know I just feel so fortunate that you guys are sending questions literally from all over the world. Some of the finest vocal questions I can think of coming in from all over the globe.

 

こうした理由は、恵まれていることに、文字通り世界中のみなさんから質問を送ってもらっているからです。世界中から素晴らしい質問が来ているんです。

 

And some of these questions - they just aren't meant to take up an entire episode. They're not that kind of question. They're a little more fun and we can get right to the point. So today I'm gonna answer three questions for you guys in one episode.

 

そのうちのいくつかは、説明するのに1エピソードかかるほどではないのです。そういう類の質問ではなくて、単刀直入に説明できるようなことなのです。ですから今回は、一つのエピソードで三つの質問にお答えしていきますね。

 

質問その1:咳払いは悪いこと?

 

First question, though, comes from Louisa L. in Melbourne, Australia. And Louisa writes, ”Dear Justin, is it bad to clear my throat?”

 

最初の質問は、オーストラリア、メルボルンのルイサ・Lさんから来ています。「咳払いをするのは声に悪いことですか?」

 

And thank you for that great question, Louisa, because people do think that it's gonna harm you to be clearing your throat.

 

素晴らしい質問をありがとう、ルイサさん。咳払いをするとのどを痛める、と思っている人はいますからね。

 

And I'm gonna be the first to tell you “No”. Don't worry about clearing your throat. We want to be using common sense when we're working on our voice and when we're studying voice. And we know that there's so many things that are actually natural about the human voice.

 

はっきりとお答えしましょう。ノーです。咳払いをすることを気にする必要はありません。声の練習や勉強をする時には、常識を用いたいですよね。ヒトの声には自然に起こることがたくさんあるのです。

 

恐れないで! 

 

The people in voice land have gotten so fearful about implanted fear in singer’s minds. And we want to break that, right? It's natural to clear your throat, right? You have some phlegm. You have some mucus. You need to be able to do “Hmm mmm”. That is not bad.

 

声の世界の人達は、シンガーの心に植え付けられた不安に対して、とても恐れてきました。そういったことは打ち破っていきたいですよね?咳払いをするのは自然なことです。痰や粘液が絡むこともあるでしょう。「ンン、ンン」と咳払いをするのは必要なことで、悪いことではありません。

 

咳払いとは?

 

Now what is that? That's going to be your interarytenoid muscles (whoa!) and your lateral cricoarytenoids (whoa!) bringing the cords together as air is passing through.

 

では、これは一体何なのでしょうか?披裂間筋(!)* と外側輪状披裂筋(!)が、息が通る時に声帯をくっつけているのです。

 

* 訳注:筋肉の名前は覚えなくても大丈夫ですよ(笑)

 

So it is a little bit of a squeeze, right? and also a little lifted larynx, “Hmm mmm”, right? to bring it together.

 

ですから少し声帯を締め付けて、なおかつ喉頭(のど)も少し上がっていることになりますよね。「ンン、ンン」と声帯をくっつけています。

 

Now there's the reason people say it's bad because you got a little squeeze going on, right? with the cords. And then you got a little bit of a lifted larynx, right? You're pushing a little bit of air through that squeeze.

 

これが声に悪いと言われているのには理由があって、それは声帯を少し締め付けているからです。喉頭も少し持ち上がっていますね。締め付けているところに、息を少し押し出しているのです。

 

避けた方がいい場合は?

 

I will say that's not the greatest thing. If you've got a really sore voice, if you've got a vocal damage of any kind or vocal injury or just you’re really tired, you've been doing a lot of singing, go ahead and avoid clearing your throat. That's a smart advice.

 

これはすごく良いことだとは言えません。声を痛めていたり、けがや損傷があったり、たくさん歌って声が疲れている時は、咳払いを避けるようにしましょう。これが懸命なアドバイスだと思います。

 

But the idea that we shouldn't ever do it or that it's gonna ruin our voice or a singer should not be clearing their throat - this is a little bit too much fear being placed in you guys' heart. So I want to get rid of that. Go ahead. Clear your voice. Just watch it if you're a little bit tired, okay?

 

ただ、絶対にするべきでないとか、声をダメにしてしまうとか、シンガーは咳払いをするべきではないとか言うのは、みなさんに行き過ぎた恐怖を植え付けるだけの考えですから、その恐怖を取り払いたいと思います。どうぞ、咳払いをしてください。声が疲れている時だけは気を付けましょうね。

 

So, that's question number one. Thank you, Louisa. I loved it.

 

以上が最初の質問でした。ありがとう、ルイサさん。良い質問でした。

 

質問その2:あくびをしたくなるのはなぜ?

 

Second question comes from Blake M. in Portsmouth, Ohio. And Blake writes, “Dear Justin, why do I always feel like I have to yawn when I'm going to sing?”

 

二つめの質問は、オハイオ州ポーツマスのブレイク・Mさんから来ています。「ジャスティンさん、こんにちは。歌う時にいつもあくびをしなければならないように感じるのはなぜですか?」

 

That's another good one. We do. A lot of times in warmups or if you're in a choir and you're starting to sing, you may feel this temptation to yawn when you're singing.

 

これもいい質問ですね。確かにそうです。ウォームアップをする時や、合唱で歌い始める時に、あくびをしたくなるような衝動を感じることはよくあるでしょう。

 

And this is not a bad thing or a good thing necessarily. It's just a thing that you guys may have noticed as singers that you feel a need to yawn when you go to sing a little bit.

 

これは必ずしも悪いことだとか、良いことだとかではありません。歌う時にあくびしなければならないように感じる - シンガーのみなさんはこのことに気づいているかもしれません。

 

And here's the reason why. When we're singing, we're usually inviting more air into the body, right? And often we're singing with a lowered larynx, right? And often with a higher soft palate.

 

その理由はこれです。歌う時は普通、体により多くの息を誘い込むようにしますよね。それから、低い喉頭で歌うこともよくあります。軟口蓋* が上がっていることもよくあります。

 

* 訳注:舌先を上歯の後ろに当てて、そのまま後ろに滑らせていくと、柔らかい部分に当たりますね。これが軟口蓋です。軟口蓋を上げると鼻腔への通路が遮られます。

 

Now, I promise you guys I'm going to talk to you about the soft palate in a major way in the future. We need to discuss that.

 

ところで、軟口蓋に関しては今後大きく取り上げることを約束します。議論する必要があることですからね。

 

あくびとは?

 

But for now, know that when air comes into the body, soft palate often lifts and the larynx will drop, cords will part. We're inviting air in as it's about to come out in a specific way.

 

でも今は、体に息を入れる時、軟口蓋が上がり、喉頭は下がり、声帯は離れるということを覚えておいてください。声を出すという特定の方法で息を吐くために、息を体に誘い込んでいるのです。

 

So that's the same kind of thing when I, [yawn], yawn. I feel all of that, [yawn] space.

 

「ハー…」とあくびをする時は、同じことが起こっています。空間を広く感じますね。

 

どうしてあくびをするの?

 

So there's something about when we see somebody else yawn, when we hear a kind of round sound, or when our body's needing more air that we are tempted to yawn.

 

誰かがあくびをしているのを見たり、そんな感じの丸い声を聞いたり、体がもっと息を必要としている時には、あくびをしたくなることがあるのです。

 

And so singing has a lot of those components in it. And it just sort of reminds the brain of those things. And you might feel like you've got to yawn.

 

歌というのはそういった多くの要素からできています。脳にそういったことを思い起こさせるのです。それであくびをしなければならないように感じるのかもしれませんね。

 

So that's why, Blake. That's why singers often yawn when they're working on their voices. Great question.

 

ということで、ブレイクさん。以上が、シンガーが声の練習をするときによくあくびをする理由でした。素晴らしい質問でした。

 

質問その3:太った方がいい?

 

Now, question number three comes from Jacob W. in Brooklyn, New York. And Jacob writes, “Dear Justin, should I become fat to sing?”

 

では次に、質問その三ですが、ニューヨーク州ブルックリンのジェイコブ・Wさんから来ています。「ジャスティンさん、こんにちは。歌が上手くなるためには太るべきですか?」

 

That's a good one, too. Alright, Jacob, so here's my flat-out answer. No! Don't do that.

 

これもいい質問ですね。ジェイコブさん、はっきりと答えますね。ノー!それはやめましょう。

 

A lot of people do admire singers of, you know, great girth and there's nothing wrong with this. But I cannot recommend you, actually, gaining weight to improve your voice.

 

体格のいいシンガーに憧れる人は多いもので、それは何も間違ったことではありません。でも声をよくするために体重を増やそうというのは、お勧めできません。

 

体は共鳴する

 

Now here's some truths. The body is a sympathetic resonator to your voice, right? So the bigger the resonator, the bigger the sound.

 

ここでいくつか事実を伝えましょう。体は声を共鳴させるものですよね。共鳴体が大きければ、声も大きくなります。

 

Our primary resonators are up here in the pharynx and in the nasal cavity. But the body itself is a sympathetic resonator as well. So you will get a bigger sound, honestly, if you're a bigger person. But I can't tell you guys to go out there and gain weight to try to change your voice or improve your voice.

 

ヒトの体の主な共鳴体は、上の方にある咽頭と鼻腔です。ただ、体自体も共鳴体ではあります。つまり、正直に言えば、体が大きければ大きいほど、より大きな声を出せるのです。それでも、声を変えたり、改善しようとして体重を増やすことはお勧めできません。

 

キャリアと健康

 

There's so many people who are willing to do destructive things to themselves for their entertainment career, for their singing career.

 

エンターテインメントのキャリアや歌のキャリアのために、破滅的なことをしようとする人はたくさんいるのです。

 

And think about it. You don't want to do that, right? You want to be true to yourself. You want to be healthy. It's not worth doing something destructive. It's not worth putting on a bunch of weight in order to get better at your voice. Let your voice be true. Let it be beautiful within what you've got.

 

考えてみてください。そんなことはしたくないですよね?本当の自分でありたいはずです。健康でもいたいですよね。破滅的をする価値はありません。声をよくするためにたくさん体重をつけることには価値がないのです。本当の自分の声でいましょう。自分に与えられたものの中で美しくありましょう。

 

持久力を鍛えよう

 

And to be honest with you guys, I think getting a really good regiment of cardio, of strength, of flexibility, being in great physical shape - that's so much better for you for your mental health, for your physical health and for your singing than it ever would be to purposefully put on tons of weight for your voice.

 

正直に言えば、有酸素運動や、筋トレ、柔軟などを規則正しく行い、良い体型を保つことの方が、声のためにわざと過剰な体重をつけるよりも、あなたのメンタル、フィジカル、そして歌声のためにも、はるかに良いことだと思います。

 

Now, if you're already a bigger singer, still try to keep in good shape. But, you know, know that it's not also going to be negative for your voice to be a little bit of a bigger person.

 

もしあなたが体格の大きなシンガーだったとしたなら、それでも良い体型を保つようにしましょう。ただ、少しくらい大きな体格であることは、声にとってネガティヴなことではないということも覚えておきましょう。

 

But nobody out there ought to be doing destructive things for their singing voice or for their singing career. Use what you've got. Use what God gave you and be happy with that. Don't try to do something destructive to change it. That's as my personal advice

to you.

 

どんな人であっても、声や歌のキャリアのために破滅的なことはするべきことではありません。自分の持っているものを使いましょう。神様が与えてくれたものに満足しましょう。破滅的なことをしてそれを変えようとはしないでくださいね。みなさんへの、私の個人的なアドバイスです。

 

終わりに

 

And so there's your three for one. Three very quite fun questions from Louisa, Blake and Jacob. I thank you guys so much.

 

ということで、以上が今回の三つでした。ルイサさん、ブレイクさん、ジェイコブさんからのとても面白い質問でしたね。みなさん、ありがとうございました。

 

And just keep these questions coming because we're so glad to be able to do three in one. We just got hundreds and hundreds coming in from all over the world. And I promise you I'm gonna do everything I can to answer them all for you guys.

 

「一つに三つ」ができるのはすごく嬉しいことなので、こういう質問が来続けてほしいと思います。世界中から何百通もの質問が来ています。その全てに答えられるよう、みなさんのために、できる限りのことをしていくと約束します。

 

So I hope that's been helpful for you today as singers. If you guys have questions that you'd like to see us answer on the show you can send an email to Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

今回の内容がシンガーのみなさんの役に立てば嬉しいです。このショーで答えてほしい質問がある場合は、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてくださいね。

 

And we just encourage you. Don't lose that joy. Don't lose that passion. Keep those questions rolling in. And don't let anybody tell you you can't sing because you and I both know it's not true.

 

歌う喜びや情熱を失わないようにしましょう。これからも質問がどんどん来るようにしてくださいね。それから、「ヘタクソ!」などとは誰にも言わせないでください。あなたも私も、それが本当のことではないと知っていますから。

 

Get with a great voice teacher in your area or if you guys are in New York City, you can visit www.NewYorkVocalCoaching.com. We also do Skype if you guys would like to do that.

 

あなたの地域の素晴らしいヴォイスティーチャーに付いてください。もしニューヨークにいるのなら、 www.NewYorkVocalCoaching.com を見てみてくださいね。希望があればスカイプでもレッスンしています。

 

I do encourage you guys to download our free app. It's for iPad, iPhone, hopefully more soon - A lot of great resources on there free tips, free articles, videos, everything.

 

無料のアプリもぜひダウンロードしてみてください。iPadiPhoneのアプリですが、もっと増やしていきたいと思っています。歌のヒントや、記事、動画など、内容は盛りだくさんです。

 

And you can also visit www.VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

それから www.VoiceLessonsToTheWorld.com も見てみてくださいね。

 

I'm Justin Stoney. We'll see you next time.

 

ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!

 

------------------------------------------------------

 

以上、今回は咳払いと、あくびと、体型に関しての翻訳でした。いかがでしたか?

ご感想、ご意見、ご質問はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は、Justin Stoney氏の許可のもと掲載しています。無断転載はおやめください。

 

NYVCのこと、ブログの運営者、レッスン

 

New York Vocal Coachingについて

New York Vocal Coaching (NYVC) は、ニューヨークを代表するヴォーカルスタジオのひとつです。創設者のジャスティン・ストーニーは世界的に有名なヴォーカルコーチで、NYVCはアメリカ国内外の多くのメディアに取り上げられています。

また、NYVCのYouTubeチャンネルは、21万人以上* の登録者がいる人気チャンネルです。無料で多くのビデオを公開していて、世界中のシンガーのためにヴォーカルの上達に役立つ情報やエクササイズを届けています。

NYVCのウェブサイトなどは基本全て英語ですが、とても広範囲にわたる情報を届けているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 *2019年10月現在

 

newyorkvocalcoaching.com

 

www.youtube.com

 

ブログの運営者について

このブログを運営している佐藤剛寿は、ジャスティン・ストーニーの直接指導のもと、New York Vocal Coaching 40-Hour Voice Teacher Trainingを修了したヴォーカルコーチです。

僕がジャスティンを知るようになったきっかけは、YouTubeです。いつものようになんとなくYouTubeを見ていたら、ジャスティンの動画がおすすめに出てきて、「どんな人だろう?」と初めて彼の動画を見た瞬間、「この人の教え方は、すごい!!」とすぐにわかりました。

彼自身の持っている声の技術の高さ。わかりやすい理論と伝え方。声や歌に対する寛容な考え方。そして、モチベーションを上げてくれる言葉。全てが驚きでした。

それから毎日、一生懸命彼の動画を見て、一緒に歌う日々が始まりました。僕はもともと歌うことが大好きでしたが、ジャスティンのことを知ってからはその楽しさが大きく増しました。

ニューヨークに行って彼のティーチャー・トレーニングを受けたのは、彼のようなレッスンを、日本のシンガーにも届けたいと思ったからです。

彼がたくさんの動画を作って、レッスンを受けられない人にもヴォーカルの情報やエクササイズを提供しているように、僕もその翻訳ブログという形で、少しでも日本のみなさんに良い情報を届けたいと思っています。

翻訳にはわかりづらいところもあるかもしれませんが、少しでもみなさんのヴォーカルライフに役立てば幸いです。ご感想、ご意見、ご質問はいつでも歓迎します!

 

レッスンについて

動画や文章に触れて自分で練習するだけでも声を改善していくことはできますが、一人ではわからないこともあると思います。そういう時はぜひ直接レッスンを受けてみてください!

僕のレッスンではニューヨークで学んだことを活かして、クライアントのみなさんが声をより自由に使えるように、一人一人に合わせたエクササイズを提供しています。

また、ヴォーカル技術の向上と併せて、アレンジャー・ソングライターとしての視点から、スタイルを作っていくお手伝いをしています。

そして、歌う喜びを感じられるように、良い環境を作っていきたいと思っています。

ニューヨーク仕込みのエクササイズを、ぜひ体感してみてください!

 

ヴォーカルレッスンのお問い合せ、お申し込みはウェブサイトからどうぞ。

 

レッスン概要

https://www.takahisasatomusic.com/lesson

 

お問い合せ、お申し込み

https://www.takahisasatomusic.com/contact