Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 46「ヴォーカルフライとは? - ヴォーカルフライ三部作・パート1 - 」【VLTTW翻訳】

今回はジャスティン・ストーニーによる「ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールド」の翻訳シリーズ、エピソード46「ヴォーカルフライとは? - ヴォーカルフライ三部作・パート1 - 」です!どうぞお楽しみください ;)

 

Ep. 46 "What Is The Vocal Fry" - Vocal Fry Trilogy Part 1 - Voice Lessons To The World

エピソード45「ヴォーカルフライとは? - ヴォーカルフライ三部作・パート1 -

 

元の動画はこちら

www.youtube.com

 

目次

 

Hi everybody! My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.

 

みなさんこんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチング創設者のジャスティン・ストーニーです。

 

Welcome to episode 46 of Voice Lessons To The World, the show where we want to help you guys as singers by answering your questions from all over.

 

ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード46へ!このショーでは世界中からの歌に関する質問に答えていくことで、シンガーのみなさんを助けていきたいと思っています。

 

今週の質問:ヴォーカルフライとは?

 

And I'll give you a chance to ask questions later. But our question for this week comes from Orla O. in Dublin, Ireland.

 

みなさんが質問する機会はあとで設けるとして、今週の質問はアイルランド、ダブリンのオーラ・Oさんから来ています。

 

And Orla writes, "Dear Justin, I hear so much about the vocal fry. What is it, and how do I do it?"

 

ジャスティンさん、こんにちは。ヴォーカルフライに関していろいろと聞きますが、ヴォーカルフライとは何でしょうか?どうやってやるのでしょうか?」

 

That's great, Orla! And we're getting so many questions from all over the world about the vocal fry. 

 

素晴らしい質問です、オーラさん!ヴォーカルフライに関しては、世界中からたくさんの質問を受けています。

 

ヴォーカルフライ三部作!

 

And it's a very important vocal concept - so important that I'm actually going to do a vocal fry trilogy. For the next three episodes we're going to take three different questions all about the vocal fry so you guys really understand it and how it can benefit your voice.

 

とても重要な声の概念ですから、今回からヴォーカルフライ三部作をやっていきますね。これから三つのエピソードでヴォーカルフライに関する三つの質問に答えていき、ヴォーカルフライのことと、これがいかに声に役立つのかを理解してもらいたいと思います。

 

1. ヴォーカルフライとは?

 

But first of all Orla, what is the vocal fry?

 

ではオーラさん、まずヴォーカルフライとは何なのでしょうか?

 

Okay, the vocal fry is another one of our vocal registers. We've talked about so many in the past, more to come. But it's one of the registers of the voice.

 

ヴォーカルフライは声区の一つです。声区に関しては以前にもたくさん話しましたが、まだまだありますよ。ヴォーカルフライはそのたくさんある声区の一つです。

 

But the strange thing is that it doesn't quite sound the same as most of the more sung registers of the voice. Take a listen to it as I drop my voice down here.

 

ただし、ヴォーカルフライは、歌唱のほとんどの部分で使われている他の声区とは、かなり違うタイプの声なのです。声を下げていくとどういう風になるのか、聴いてみてください。

 

If I take "mum", and I just do... “Mum mum mum…” Now that's the vocal fry. It's a register beneath my chest voice. It's actually notes that are lower than my low notes.

 

試しに「マム」で声を出してみると、「(半音ずつ声を下げて)マンマンマン…」とヴォーカルフライになっていきます。ヴォーカルフライはチェストヴォイスの下にある声区で、低い声よりもさらに低い所にある声なのです。

 

And what happens is the vocal cords shorten via the thyroarytenoid muscle. Whoa. Alright, they shorten and fatten but they're also kind of loose and there's a way to make them phonate in a sort of loose yet compressed fashion, where we get a kind of fried sound.

 

何が起こっているかというと、声帯が甲状披裂筋(!)によって短くなっているのです。声帯が短く、太くなるのですが、同時にゆるくもなります。声帯をゆるめながらも圧縮するようなやり方で発声すると、(ヴォーカルフライで)ヴォーカルフライの声ができます。

 

So it's not the same kind of phonation as our sung sounds. But it is actually a phonation that's used in singing and something that we are going to need to learn both for technique and for style.

 

ですから、歌う時にメインで使う声の出し方とは違った感じになります。それでも実は歌に使われる声の出し方なので、テクニックとスタイル、両方のために学ぶ必要があります。

 

2. ヴォーカルフライを見つけよう

 

But let me just give you a couple of examples that are more famous that you hear the vocal fry.

 

それではヴォーカルフライを聞くことができる、有名な例をいくつか紹介しましょう。

 

In a speaking voice you hear it in the character Elmer Fudd from Looney Tunes“You screwy wabbits! [Vocal fry]” Right? Remember that? “I'm hunting wabbits, you screwy wabbits!”

 

話し声の例としては、「ルーニー・テューンズ」のキャラクターであるエルマー・ファッドの声で聞けるでしょう。「ユー・スクルーウィー・ワビッツ!」思い出しましたか?「ユー・スクルーウィー・ワビッツ!」

 

So we hear that in speech and then sometimes we hear it in excessive ways in singing.

If you remember the song "Hit Me Baby One More Time" by Britney Spears.

 

話し声ではこんな感じで聞かれますが、歌の時もたまに極端な使われ方がするのを聞くことがあります。ブリトニー・スピアーズの「ベイビー・ワン・モア・タイム」を覚えているでしょうか。

 

“Oh baby baby

Oh baby baby

Oh baby baby

How was I supposed to know

That something wasn't right here”

 

(歌 - ブリトニーのモノマネで)

 

Now I'm sure you want me to stop so I'm going to. But there's an example from speech and from singing of the vocal fry in action.

 

もうやめてほしいでしょうから、やめますが(笑)* 、以上が話す時と歌う時にヴォーカルフライが使われる例でした。

 

*訳注:ジャスティンのブリトニーのモノマネは、よく特徴を捉えていて、クセが強いですね。それで本人も笑ってしまっています。

 

3. ヴォーカルフライは声に悪いの?

 

Now another question that people have about this voice is, is it bad for you? It sounds like it would be... does it not? The vocal fry, that [vocal fry] sound, that sounds like that's really going to be destroying or ruining my voice.

 

さて、この声について疑問に思われているのは、「声に悪くないの?」という点です。いかにも悪そうですよね?「アアア…」というヴォーカルフライの声は、声を壊したり、ダメにしたりしそうな感じがします。

 

And in fact, no. Because it's a natural register of the voice, we know just because of the nature of it, it's not inherently destructive.

 

でも実は、答えはノーです。ヴォーカルフライは自然な声区の一つですし、その性質から言って、そもそも声を壊すようなものではありません。

 

Now it could be damaging if you do it excessively, if you do it all the time, if you do it without other variety in your voice, if you're never speaking on the airflow with nice sound and tone but you're always just down here in your vocal fry and you're just a little bit too cool for school and you're always talking in the fry, okay that's not going to be so good.

 

ただし、過度にやったり、ずっとやっていたり、これ以外の様々な種類の声を使わなかったり、息の流れを伴ったいい声でしゃべることをせず、いつもカッコつけてヴォーカルフライでしゃべっていたりするのなら、喉を痛めるかもしれないし、あまりいいことではありませんね。

 

But in fact, speech therapists even use the vocal fry to help people heal their voices because it's such a loose and light phonation.

 

ただ実際には、言語聴覚士ですらヴォーカルフライを使って、患者さんの声が治るように促すことがあるのです。この発声はゆるくて軽いものですからね。

 

So the vocal fry isn't bad, it's not inherently bad. But in fact it could be good if it's used properly and if it's used in some degree of moderation.

 

ですからヴォーカルフライは、そもそも声に悪いものではありません。適切に、適度に使われれば声に良いものなのです。

 

4. ヴォーカルフライは声に良いの?

 

Now is the vocal fry good for you? In fact, yes, right? We just heard a sort of crazy example of the vocal fry in a song. But I'm going to show you in these upcoming episodes of the vocal fry trilogy how we're going to need the vocal fry for our style.

 

では次に、ヴォーカルフライは声に良いのでしょうか?イエスですよね。先ほどは曲の中でちょっとおかしなヴォーカルフライの例を聞いてもらいましたが、これからのヴォーカルフライ三部作で、スタイルのためにヴォーカルフライが必要になることをお見せしていきますね。

 

There's some elements that the fry is used for within song work and we need to have it. Then it's also going to be useful for your vocal technique, since it's a compressed but also light phonation.

 

曲の中でヴォーカルフライの要素が使われることもあるので、できるようにしましょう。それから、ヴォーカルフライは声帯の圧力を保ちながら軽い発声ができるので、テクニックにも役立つことでしょう。

 

We know that one of the things that we struggle with as singers is “How do I find something that is solid yet loose at the same time?” The vocal fry is going to become one of our great answers for solving that particular issue. And like I say, wait till these next episodes. We're going to work on it together.

 

シンガーとして苦労することの一つに「しっかりしていながら、ゆるくもある声を見つけるにはどうしたらいいの?」ということがあるでしょう。ヴォーカルフライはその問題の解決に最も適した答えの一つになるでしょう。先ほども言いましたが、次のエピソードまで待っていてくださいね。一緒にやっていきましょう。

 

エクササイズ:ヴォーカルフライへ入っていこう

 

But today all I want to do for us is just see if you guys can get into the fry, alright. I'm gonna just give you an exercise and a chance to find the fry in your own voice.

 

ただし今回やりたいのは、ヴォーカルフライに入っていけるかどうか確かめることです。エクササイズを通してヴォーカルフライを見つけていきましょう。

 

Now some of you are just going to get this right off the bat. Like I say, it might be something that you're [Vocal Fry] already talking with if you've kind of got a cool voice, you might be talking with a fry already. But other people may not know how to get into their vocal fry. 

 

これがすぐにできる人もいます。先ほどのように、(ヴォーカルフライで)カッコつけた声でしゃべったりしたことがあるのなら、もうフライでしゃべっているのかもしれません。ただ、ヴォーカルフライに入る方法がわからない人もいるかもしれませんね。

 

What we're going to do is take a MUM exercise. A simple MUM, five four three two one, MUM.

 

これからやるのは「マム」のエクササイズです。シンプルな、(音階が)5-4-3-2-1の「マム」です。

 

And I want to give you guys a chance to practice the moment when your chest voice moves over into vocal fry. Again it's lower than your chest voice, so you're going to feel your voice want to drop into vocal fry. And I want you to try to let it.

 

チェストヴォイスがヴォーカルフライへと移行する瞬間を練習するしてみましょう。ヴォーカルフライはチェストヴォイスよりも下ですから、声がヴォーカルフライへと落ちたくなるように感じるでしょう。そうさせるようにしてみてほしいのです。

 

Now here's the exercise. We're going to do... “MUM - MUM - MUM - MUM - MUM “ As simple as that.

 

エクササイズはこうです。「マンマンマンマンマム」。これくらいシンプルです。

 

But watch what's gonna happen down here in my voice. I'll have a choice, I could do this... “MUM - MUM - MUM - MUM - MUM…” And get too loose and breathy as I go to my low notes.

 

声を下げていく時に何が起こるかに注意してください。2パターンあって、一つは「(息混じりに)マンマンマンマンマム…」と、下の音に行くにしたがってゆるく、息混じりになり過ぎてしまうパターンです。

 

Or I could do this... “MUM - MUM - MUM - MUM - MUM [Vocal fry]” And allow it to make that natural transition down to fry.

 

もう一つのパターンは「(ヴォーカルフライで)マンマンマンマンマム」と、自然に下のフライへと移行するようにするパターンです。

 

That's the name of the game for today. All I want you guys to do is find where in your voice your cords want to move to fry and then let them do it, okay.

 

今回一番大事なのはこれです。みなさんにやってほしいことは、声帯がどこでフライに移行したくなるのかを見つけ、実際に移行させることだけです。

 

So ladies up here… “MUM - MUM - MUM - MUM - MUM” Guys down here... “MUM - MUM - MUM - MUM - MUM

 

では、女性は上で、「マンマンマンマンマム」、男性は下で、「マンマンマンマンマム」。

 

And I don't know when it's gonna happen. But go ahead and let your voice fry when it wants. So here we go...

 

どこでフライになるかはわかりませんが、なりそうなところで移行させましょう。それでは行きます!

 

(Exercise)

 

(エクササイズ)

 

Fantastic stuff. So I hope you guys found that moment where your chest voice merges with your vocal fry. So you can determine where that register is for you and get into it easily.

 

素晴らしい出来です!チェストヴォイスがヴォーカルフライに変わっていく瞬間を見つけられたならと思います。自分の声の中でどこがフライなのかがわかれば、簡単にそこへ入っていくことができるでしょう。

 

終わりに

 

So Orla and all, I hope that's been helpful for you guys today as singers. And this is just, like I say, part one of our vocal fry trilogy. So stay tuned for those.

 

ということで、オーラさん、みなさん。今回の内容がみなさんの役に立っていればと思います。先ほど言ったように、今回はヴォーカルフライ三部作のパート1でした。次回をお楽しみに!

 

If you've got questions that you'd like to see us answer on the show, you can send an email to Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

このショーで答えてほしい質問があれば、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてくださいね。

 

And we just encourage you guys not to lose the joy. Don't lose the passion. Don't let people tell you that you can't sing. You know that's just not true.

 

 

それから、歌う喜びや情熱を失わないようにしましょう。「ヘタクソ!」などとは誰にも言わせないでください。それが本当のことではないと、知っているでしょうから。

 

Get with a great voice teacher in your area or if you guys are in New York City or you want to Skype with us you can check out www.NewYorkVocalCoaching.com.

 

素晴らしいヴォイスティーチャーをあなたの地域で見つけましょう。ニューヨークにいるか、スカイプをしたければ www.NewYorkVocalCoaching.com にアクセスしてみてください。

 

I also encourage you guys to download our free app. It's for iPhone, iPad, hopefully more in the future. Lots of free resources, tips, articles, videos - so, so much for you guys, to help you guys as singers. So check that out or visit, www.VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

無料のアプリもぜひダウンロードしてみてください。iPhoneiPad用ですが、もっと増やせていけたらと思っています。シンガーのみなさんに役立つ教材や、歌のヒント、記事、動画など、内容は盛りだくさんです。チェックしてくださいね。それか www.VoiceLessonsToTheWorld.com にアクセスしてみてください。

 

I'm Justin Stoney. We'll see you next time.

 

ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!

 

 

------------------------------------------------------

 

以上、今回はヴォーカルフライに関しての翻訳でした。いかがでしたか?

ご感想、ご意見、ご質問はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は、Justin Stoney氏の許可のもと掲載しています。無断転載はおやめください。

 

NYVCのこと、ブログの運営者、レッスン

 

New York Vocal Coachingについて

New York Vocal Coaching (NYVC) は、ニューヨークを代表するヴォーカルスタジオのひとつです。創設者のジャスティン・ストーニーは世界的に有名なヴォーカルコーチで、NYVCはアメリカ国内外の多くのメディアに取り上げられています。

また、NYVCのYouTubeチャンネルは、21万人以上* の登録者がいる人気チャンネルです。無料で多くのビデオを公開していて、世界中のシンガーのためにヴォーカルの上達に役立つ情報やエクササイズを届けています。

NYVCのウェブサイトなどは基本全て英語ですが、とても広範囲にわたる情報を届けているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 *2019年10月現在

 

newyorkvocalcoaching.com


 

www.youtube.com

 

ブログの運営者について

このブログを運営している佐藤剛寿は、ジャスティン・ストーニーの直接指導のもと、New York Vocal Coaching 40-Hour Voice Teacher Trainingを修了したヴォーカルコーチです。

僕がジャスティンを知るようになったきっかけは、YouTubeです。いつものようになんとなくYouTubeを見ていたら、ジャスティンの動画がおすすめに出てきて、「どんな人だろう?」と初めて彼の動画を見た瞬間、「この人の教え方は、すごい!!」とすぐにわかりました。

彼自身の持っている声の技術の高さ。わかりやすい理論と伝え方。声や歌に対する寛容な考え方。そして、モチベーションを上げてくれる言葉。全てが驚きでした。

それから毎日、一生懸命彼の動画を見て、一緒に歌う日々が始まりました。僕はもともと歌うことが大好きでしたが、ジャスティンのことを知ってからはその楽しさが大きく増しました。

ニューヨークに行って彼のティーチャー・トレーニングを受けたのは、彼のようなレッスンを、日本のシンガーにも届けたいと思ったからです。

彼がたくさんの動画を作って、レッスンを受けられない人にもヴォーカルの情報やエクササイズを提供しているように、僕もその翻訳ブログという形で、少しでも日本のみなさんに良い情報を届けたいと思っています。

翻訳にはわかりづらいところもあるかもしれませんが、少しでもみなさんのヴォーカルライフに役立てば幸いです。ご感想、ご意見、ご質問はいつでも歓迎します!

 

レッスンについて

動画や文章に触れて自分で練習するだけでも声を改善していくことはできますが、一人ではわからないこともあると思います。そういう時はぜひ直接レッスンを受けてみてください!

僕のレッスンではニューヨークで学んだことを活かして、クライアントのみなさんが声をより自由に使えるように、一人一人に合わせたエクササイズを提供しています。

また、ヴォーカル技術の向上と併せて、アレンジャー・ソングライターとしての視点から、スタイルを作っていくお手伝いをしています。

そして、歌う喜びを感じられるように、良い環境を作っていきたいと思っています。

ニューヨーク仕込みのエクササイズを、ぜひ体感してみてください!

 

ヴォーカルレッスンのお問い合せ、お申し込みはウェブサイトからどうぞ。

 

レッスン概要

https://www.takahisasatomusic.com/lesson

 

お問い合せ、お申し込み

https://www.takahisasatomusic.com/contact