Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 49「巻き舌とタングトリルのやり方」【VLTTW翻訳】

今回はジャスティン・ストーニーによる「ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールド」の翻訳シリーズ、エピソード49「巻き舌とタングトリルのやり方」です!どうぞお楽しみください ;)

 

Ep. 49 "How To Roll Your R's And Tongue Trills" - Voice Lessons To The World

エピソード49「巻き舌とタングトリルのやり方

 

元の動画はこちら

www.youtube.com


 

目次

 

Hi everybody! My name is Justin Stoney and I’m the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.
 
みなさんこんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチング創設者のジャスティン・ストーニーです。
 
Welcome to Ep. 49 of Voice Lessons To The World, the show where we wanna help you guys as singers by answering your questions from all over the world.
 
ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード49へ!このショーでは世界中からの歌に関する質問に答えていくことで、シンガーのみなさんを助けていきたいと思っています。
 
And I’ll give you a chance to ask questions later, but our question for this week comes from Anthony C. in West Haven, CT.
 
みなさんが質問する機会はあとで設けるとして、今週の質問はコネティカット州ウェスト・ヘイヴンのアンソニー・Cさんから来ています。
 

今週の質問:巻き舌はどうやるの?

 
And Anthony writes, “Dear Justin, I would love to learn how to roll my R’s, but I can’t do it. Can you show me how to do it?”
 
「巻き舌のやり方を知りたいのですが、うまくできません。どうやってやるのか教えてもらえませんか?」
 
Yes, Anthony. I think I can. And this is a great question because we do need to be able to roll our R’s and do tongue trills often when we sing and when we speak.
 
いいでしょう、アンソニーさん。教えられると思います。これが素晴らしい質問である理由は、歌ったりしゃべったりする時に、巻き舌やタングトリルが必要な時もあるからです。
 

1. タングトリル、巻き舌とは?

 
Now, most of you probably know what this is, but let’s talk about what is a tongue trill or a rolled R.
 
ほとんどのみなさんは知っているかと思いますが、まずはタングトリルと巻き舌のことを説明しましょう。
 
It’s where the front of your tongue comes up and meets your hard palate, or your alveolar ridge, you get a sort of “Rrr...” sound.
 
舌先を持ち上げて硬口蓋* や歯槽堤に当てると、「ルルル...」という音が出せますね。
 
*訳注:舌を上歯から後ろに滑らせていくと、口の天井の部分に当たりますが、ここは硬いですね。この部分が硬口蓋です。さらに舌を後ろに滑らせていくと、ネバネバした柔らかいところに当たりますね。ここは硬口蓋に対して軟口蓋と呼ばれています。
 
Now it’s not the back, “Chh...”. It’s the front, “Rrr...”, buzzing against your hard palate.
 
 舌の後ろの方で出す「ガガガ...」という音ではなく、前の方で「ルルル...」と、硬口蓋に当てて震わす音のことです。
 

2. どうしてタングトリルは必要なの?

 
Now why do we even need this? For one thing we need this if we’re gonna be doing some classical repertoire that uses Italian or maybe Spanish or if we wanna speak those languages we need to “Rrr...” roll our R’s.
 
さて、どうしてこれが必要なのでしょうか?ひとつには、イタリア語やスペイン語などを用いるクラシックのレパートリーを歌ったり、そういった言語を話すには巻き舌が必要だからです。
 
And also it makes for a great vocal exercise. So, those of you that already know how to do this, hang in there for the end because we’re gonna do an exercise together where you get a chance to work some tongue trills. They’re really great for the voice.
 
さらに、素晴らしいヴォーカルエクササイズとしても役に立ちます。既に巻き舌のやり方を知ってる人は、最後まで待っていてくださいね。タングトリルのエクササイズを一緒にやりますから。声にとってもいいんです。
 
And then finally... Is there any sound that you guys really don’t wanna be able to make? We know that on this show we’re gonna cover every sound that there is out there over time. And we wanna be versatile with our voices. We wanna not have limitations. We don’t wanna have sounds that we can’t do.
 
それから最後に、できなくてもいいや、という声の出し方なんてあるのでしょうか?このショーではこれからもありとあらゆる声の出し方を取り上げていきます。自分の声で様々なことができたほうがいいですよね。限界は設けたくないし、できない声の出し方はないほうがいいでしょう。
 
So if you wanna be able to do a tongue trill, now’s your chance to be able to do it.
 
ですから、タングトリルができるようになりたければ、今がそのチャンスですよ。
 

3. できないと思う?できます!

 
Now, some people think that they can’t do a tongue trill. And most of the time this is not true.
 
さて、「私は生まれつきタングトリルができないんだ」と思い込んでいる人もいますよね。ほとんどの場合、そんなことはありません。
 
I will admit though there’s a genetic issue sometimes for people with tongue trill. There are some people that just will not be able to do the trill.
 
ただし、遺伝的な問題で、まれにタングトリルができない人がいることも事実です。
 
But here’s the two things that genetically speaking if you can do it you’re gonna be able to do the trill.
 
ただ、遺伝的に言っても、これから言う二つのことができるなら、トリルができるようになるはずです。
 
Here’s what they are. Number one, you need to be able to lift your tongue like this. In the front, it’s gotta lift up and touch the hard palate. That’s the first thing.
 
次の二つです。一つ目は、こんな感じで舌を持ち上げられることです。舌先を持ち上げて、硬口蓋に当てられること。これが一つ目です。
 
Second thing, though this is the one that’s harder for some people, is you have to be able to curl your tongue. The sides of the tongue have to be able to come up or else the trill won’t work.
 
二つ目は、人によってはこれの方が難しいかもしれませんが、舌を丸く曲げられることです。舌の両脇を持ち上げられないと、トリルはうまくできません。
 
So if you can curl your tongue in a sort of u-shape in the middle and the sides, and you can lift it, you will be able to do the trill.
 
つまり、舌の中央から両脇にかけてUの形を作れることと、舌先を持ち上げることができれば、トリルができるようになるでしょう。
 
Alright. Even if you can’t do now, we’re gonna work together right now to be able to do it.
 
いいでしょうか。今はできなかったとしても、できるようになるために一緒に練習していきましょう。
 

4. タングトリルのコツ

 
So here are some steps for you guys to be able to do a tongue trill. Okay, first I’m gonna tell you a couple common ways that people have helped people get it in the past.
 
それでは、タングトリルができるようになるためのステップをいくつか紹介します。まずは、タングトリルを習得するために、昔からよく使われてきた方法を紹介していきます。
 
One is repeating words that kind of have the sound of it like say the word “Butter”. If we say “Butter, butter, butter...”, It kinda puts the tongue in that trill kinda place. Try that out. Say “Butter” a bunch of times. Here we go. That was nice. So you feel that “Butter...” right?
 
一つは、例えば “Butter”* など、それっぽい言葉を繰り返すことです。 “Butter, butter, butter...” と言うと、舌をトリルが起きるようなところに持っていけます。やってみて。 “Butter” と何回も言ってみて。どうぞ!いいですね。 “Butter” を感じられたでしょうか。
 
*訳注:アメリカ英語の"T"は、単語の途中だと日本語のラ行っぽい音に音になります。カタカナ表記だと"Butter"は「バター」ですが、実際には「バラー」のような感じの音になります。日本語でもやり方を考えている人はたくさんいらっしゃるので、「巻き舌 やり方」などと検索して、お気に入りの練習法を見つけてみてくださいね。
 
Now another thing is to kinda use a Scottish accent. Just say it for me,  “Scotland is GRRREAT!” Okay? Try that out. That’s right. “Scotland is GRRREAT!” It was nice. Good, good job, Right?
 
もう一つは、スコットランドのアクセントを真似してみることです。言ってみてください。「スコットランド・イズ・(巻き舌で)グルルレイト!」 いいですか?やってみて。そうです!「スコットランド・イズ・グルルレイト!」いい感じです。上手にできましたね。
 
So that “Grr, Grr, Grr” sound - that is gonna start the tongue trilling. So that’s kind of just few ways that people have talked about in the past.
 
この 「グルル、グルル、グルル」という音がタングトリルを呼んでくるでしょう。以上が昔から話されてきた方法でした。
 

5. 舌全体を使おう

 
What I like to do for you guys today is talk about how it’s not just the front of the tongue we need to address to get this trill right, but the whole tongue. I’m gonna show you what I mean.
 
今回みなさんに伝えたいのは、正しくトリルをするためには舌の前の方だけでなく、舌全体に取り組む必要があるということです。どういうことか、説明していきましょう。
 
So first of all, the front. Here’s what we have to do with the front. First of all, we need the jaw and mouth relaxed and then the tip is going to come up, not to meet the teeth. If you’re meeting the teeth, you’re too far forward for the trill.
 
最初に、前の方でするべきことについてです。まずは顎と口をリラックスさせて、歯には当てないように、舌先を持ち上げていきます。歯に当たっているとしたら、前の方に行き過ぎています。
 
We’re trying for the alveolar ridge, whoa, that is a part of the hard palate. It’s a little further back from the teeth. It’s not the gums, it’s not the teeth, it’s a little further back on the hard palate. That’s your alveolar ridge. That’s where the trill is going to take place. So that’s one thing you really have to know. 
 
硬口蓋の一部である、歯槽堤(!)の方へ舌先を向かわせます。上歯の少し後ろの方です。歯ぐきではなく、歯でもなく、その少し後ろです。そこが歯槽堤です。トリルはそこで起こります。これを一つ覚えておいてください。
 
The other thing is that tip of the tongue has to be loose. If that tip is tight, you will never do the trill. That is what is flapping. So if you tighten that guy, it’s not gonna be able to flap.
 
もう一つは、舌先をゆるめておくことです。舌先が固いと、トリルは絶対にできないでしょう。この部分がパタパタ動くところなので、そこを固めてしまうとできないでしょう。
 
So really when you’re trying these, “Rrr...” trills, you gotta keep the front, super relaxed and touching the right place.
 
ですから「ルルル…」とトリルをするときは、舌先を十分にリラックスさせて、正しい箇所に当てましょう。
 
Now that’s just the front, most people have trouble because they’re only thinking about the front when they’re doing the trill
 
さて、まずは舌先の話をしましたが、ほとんどの問題は、トリルをする時に舌先のことしか考えていないことに起因します。
 
But now we need to know the sides and then also the back. So here’s the sides. The sides, as I say, they have to be able to curl up. You have to curl your tongue on the sides to, first of all, meet the teeth. Let’s try touching the sides of the tongue to the teeth. Probably the molars. Right. Okay.
 
ですから、舌の両脇と、後ろ側について知る必要がありますね。では両脇に行きましょう。先ほども言いましたが、舌の両脇は丸められなければなりません。まずは舌を丸めて、両脇を歯に当てなければなりません。舌の両脇を歯に当ててみましょう。たぶん臼歯ですね。いいでしょう。
 
So you’re gonna meet the sides of the teeth. This is not how to do it, but the first step to doing it.
 
歯の両脇に当てられたでしょう。これはトリルのやり方ではないのですが、一番最初のステップです。
 
When you do the actual trill, it’s going to be inside the teeth. But first, meet the teeth with the sides of the tongue. That’s good.
 
実際にトリルをする時は、舌は歯の内側にありますが、まずは舌の両脇を歯に当てましょう。いいですね。
 
Okay, So if you’ve got that, now just think about a few of these sounds that you may have heard. This is kind of a retroflex tongue, this "err" sound that we have a curl and a pull back of the tongue, "err".
 
これができたら、今までに聞いたことがあるかもしれない、次のような声について考えてみましょう。そり舌の感じで、舌を丸めて後ろに引く感じの "err" という声です。
 
You may have heard of this with the annoucer Tom Brokaw “NBC nightly news with Tom Brokaw”, that has that kind of curl to the sides.
 
トム・ブロコウというアナウンサーの、「(声真似で)トム・ブロコウのNBCナイトリーニュース」という舌を両脇に巻いている感じの声を聞いたことがあるかもしれません。
 
Or Austin Powers Dr. Evil does the “I’m still hip. I’m still cool, taka, taka, taka...” that sort of “huh” of the sides of the tongue. You’ve gotta engage that when you’re doing “Rrrrrah!” or else that won’t stabilize things. So that’s what you gotta do with the sides. 
 
もしくは、オースティン・パワーズのドクター・イーブルが「アイム・スティル・ヒップ、アイム・スティル・クール、タカタカタカ…」 と言う時のような、舌の両脇の感じです。 「ルルルルラー!」とトリルをするには、これができなければならず、そうでないと安定しません。ということで、舌の両脇では以上のことができなければなりません。
 
Now Finally the back. The back is another thing that people miss. We can’t have the back shoving down. And we can’t have it totally loose. It has to have a little bit of upward activity.
 
最後は、舌の後ろ側です。後ろのこともみなさん忘れがちです。舌の後ろ側を押し下げてはいけません。ゆるみ過ぎているのもダメです。舌の後ろ側は少し上の方に持ち上げなければなりません。
 
One way to find this is with a sort of velociraptor sound. Try this crazy thing for me. Try a “Chhhhh!”. Okay. Here you go. Very scary, good. One more time, “Chhhh!” It was great.
 
この状態を見つける一つの方法は、ヴェロキラプトル(恐竜)みたいな声を出すことです。おかしくなったつもりでやってみてください。 「ガー!」いいですか?どうそ!とても恐い感じで、いいですよ。もう1回。 「ガー!」素晴らしい!
 
So we have that “Chh, chh”, the back of the tongue also engaged. That’s one of the great things.
 
この 「ガー、ガー」で、舌の後ろ側も使えるようになりましたね。素晴らしいことです。
 
If you are trying the “Rrr, rrr”, that D or R sound in the front, “Rrr, rrr”, and then you engage “Chh, chh” in the back, “Chhrrr, chhrrr...”, you’re also curling the sides, “Chhrrr, chhrrr”, that is how you’re gonna be able to find the trill.
 
舌先の「ルルル、ルルル」 というDやRの音をやってみて、それから舌の後ろ側の「ガー、ガー」という音を用い、更に両脇を丸めて「ガルルラ、ガルルラ」とできれば、トリルを見つけることができるでしょう。
 
Again, most people are neglecting the lift of the back and the lift of the sides when they are doing the trill.
 
もう一度言いますが、トリルをする時に、舌の後ろ側と両脇の持ち上がりを軽視する人が多いです。
 
So I hope that that helps you guys start finding the mechanics of all the aspects of the tongue so that you can get the trill.
 
ということで、今回の内容が舌の構造に関する理解に役立ち、トリルができるようになってほしいと願います。
 

おまけのヒント

 
One more bonus tip for you. If you try another trill like a lip trill, “bbbb...” some people can trick themselves into doing it by feeding their tongue through that trill, “bbbbrrrrr, bbbbrrrrr”, and using the one trill to influence the other. That’s just another nice trick for you to try as you’re experimenting.
 
もう一つおまけでヒントがありますよ。「ブルルル…」というリップトリルのような違うトリルをしてから、そこに舌を入れて「ブブブルルルラー」となるように、あるトリルが他のトリルに働きかけるように使うと、うまく自分を騙してタングトリルができるかもしれません。トリルを試す中で使える、もう一つのトリックでした。
 

タングトリルのエクササイズ

 
So that’s how to do it. Let’s fast forward to say that you figured that out after some practice and now also those folks who already know how to do this, we’re gonna put it to an exercise.
 
以上がタングトリルのやり方でした。それでは話を進めましょう。いくらか練習をしてトリルができるようになったとして、もうやり方を知っているみなさんも一緒に、エクササイズをやってみましょう。
 
We’re gonna go up and down with a tounge trill. This helps with your breath support. It helps with your flexibility, and with your registration because we’re making an even sound, even volume, even production all across the range.
 
タングトリルで上下に動いていきましょう。このエクササイズは息の支えや、声の柔軟性、声域を広げることに役立ちます。タングトリルで声を出す時は、声域の全てにおいて、均等な声色や声量で発声できますからね。
 
So here’s what it’s gonna be. 1-3-5-8-5-3-1 guys down here, “Rrr...”. And ladies up here, “Rrr...”. And here we go together with the trill.
 
 
 
Grrreat! Alright. Awsome stuff. So, now you know a little bit more about how to do that trill, how to get that mechanics right. And then also you can use it in an exercise to help build your voice.
 
(巻き舌で)グルルルレイト!とても良い出来です。トリルのやり方と、正しく舌を使う方法について、より深く知ることができましたね。それから、声を鍛えるためのエクササイズに巻き舌を使うこともできました。
 

終わりに

 
So Anthony and all, I hope that’s been helpful for you guys today as singers. If you’ve got questions that you’d like to see us answer on the show, you can send an e-mail to Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.
 
ということで、アンソニー、みなさん。今回の内容がシンガーのみなさんの役に立てばと願っています。このショーで答えてほしい質問があれば、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com までメールしてくださいね。
 
And so we just encourage you. Don’t lose that joy. Don’t lose that passion. Don’t let people tell you you can’t sing. You and I both know that’s just not true.
 
それから、歌う喜びや情熱を失わないようにしましょう。「ヘタクソ!」などとは誰にも言わせないでください。それが本当のことではないと、私達は知っていますから。
 
Get with a great voice teacher in your area. Or if you guys are in New York city or you want to Skype with one of our staff, you can visit www.NewYorkVocalCoaching.com.
 

素晴らしいヴォイスティーチャーをあなたの地域で見つけましょう。ニューヨークにいるか、NYVCのスタッフとスカイプをしたければ www.NewYorkVocalCoaching.com にアクセスしてみてください。

 
And if you guys like these videos, I just encourage you to download our free app for iPad, iPhone and hopefully more in the future. So many great tips, videos, articles, more stuff to help you guys grow as singers. So check out that free app. And you can also visit www.VoiceLessonsToTheWorld.com.
 
動画が気に入ってもらえたのなら、iPhoneiPadで使える(これからもっと増やしていきたいと思います)無料のアプリをダウンロードしてみてください。たくさんのヒントや、動画、記事など、シンガーのみなさんの成長に役立つ内容が盛りだくさんですから、チェックしてくださいね。www.VoiceLessonsToTheWorld.com にもアクセスしてみてください。

 

I’m Justin Stoney. We’ll see you next time.

 

ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!

 

------------------------------------------------------

 

以上、今回はタングトリルに関しての翻訳でした。いかがでしたか?

ご感想、ご意見、ご質問はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は、Justin Stoney氏の許可のもと掲載しています。無断転載はおやめください。

 

NYVCのこと、ブログの運営者、レッスン

 

New York Vocal Coachingについて

New York Vocal Coaching (NYVC) は、ニューヨークを代表するヴォーカルスタジオのひとつです。創設者のジャスティン・ストーニーは世界的に有名なヴォーカルコーチで、NYVCはアメリカ国内外の多くのメディアに取り上げられています。

また、NYVCのYouTubeチャンネルは、21万人以上* の登録者がいる人気チャンネルです。無料で多くのビデオを公開していて、世界中のシンガーのためにヴォーカルの上達に役立つ情報やエクササイズを届けています。

NYVCのウェブサイトなどは基本全て英語ですが、とても広範囲にわたる情報を届けているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 *2019年10月現在

 

newyorkvocalcoaching.com


 

www.youtube.com

 

ブログの運営者について

このブログを運営している佐藤剛寿は、ジャスティン・ストーニーの直接指導のもと、New York Vocal Coaching 40-Hour Voice Teacher Trainingを修了したヴォーカルコーチです。

僕がジャスティンを知るようになったきっかけは、YouTubeです。いつものようになんとなくYouTubeを見ていたら、ジャスティンの動画がおすすめに出てきて、「どんな人だろう?」と初めて彼の動画を見た瞬間、「この人の教え方は、すごい!!」とすぐにわかりました。

彼自身の持っている声の技術の高さ。わかりやすい理論と伝え方。声や歌に対する寛容な考え方。そして、モチベーションを上げてくれる言葉。全てが驚きでした。

それから毎日、一生懸命彼の動画を見て、一緒に歌う日々が始まりました。僕はもともと歌うことが大好きでしたが、ジャスティンのことを知ってからはその楽しさが大きく増しました。

ニューヨークに行って彼のティーチャー・トレーニングを受けたのは、彼のようなレッスンを、日本のシンガーにも届けたいと思ったからです。

彼がたくさんの動画を作って、レッスンを受けられない人にもヴォーカルの情報やエクササイズを提供しているように、僕もその翻訳ブログという形で、少しでも日本のみなさんに良い情報を届けたいと思っています。

翻訳にはわかりづらいところもあるかもしれませんが、少しでもみなさんのヴォーカルライフに役立てば幸いです。ご感想、ご意見、ご質問はいつでも歓迎します!

 

レッスンについて

動画や文章に触れて自分で練習するだけでも声を改善していくことはできますが、一人ではわからないこともあると思います。そういう時はぜひ直接レッスンを受けてみてください!

僕のレッスンではニューヨークで学んだことを活かして、クライアントのみなさんが声をより自由に使えるように、一人一人に合わせたエクササイズを提供しています。

また、ヴォーカル技術の向上と併せて、アレンジャー・ソングライターとしての視点から、スタイルを作っていくお手伝いをしています。

そして、歌う喜びを感じられるように、良い環境を作っていきたいと思っています。

ニューヨーク仕込みのエクササイズを、ぜひ体感してみてください!

 

ヴォーカルレッスンのお問い合せ、お申し込みはウェブサイトからどうぞ。

 

レッスン概要

https://www.takahisasatomusic.com/lesson

 

お問い合せ、お申し込み

https://www.takahisasatomusic.com/contact