Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 51「二重母音」【VLTTW翻訳】

今回はジャスティン・ストーニーによる「ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールド」の翻訳シリーズ、エピソード51「二重母音」です!どうぞお楽しみください ;)

 

Ep. 51 "Diphthongs" - Voice Lessons To The World

エピソード51「二重母音

 

元の動画はこちら

www.youtube.com


目次

 

 

Hi everybody. My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.

 

みなさんこんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチング創設者のジャスティン・ストーニーです。

 

Welcome to episode 51 of Voice Lessons To The World, the show where we want to help you guys as singers by answering your questions from all over.

 

ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード51へ!このショーでは世界中からの歌に関する質問に答えていくことで、シンガーのみなさんを応援していきたいと思います。

 

今週の質問:二重母音について教えて!

 

And I'll give you a chance to ask questions later, but our question for this week comes from Nicole W. in Sydney, Australia.

 

みなさんが質問する機会についてはあとで説明するとして、今週の質問はオーストラリア、シドニーのニコール・Cさんから来ています。

 

And Nicole writes, "Dear Justin, I'd love for you to do an episode on diphthongs. I have diphthongs when I sing and it's really causing my voice to be twangy."

 

ジャスティンさん、こんにちは。二重母音に関するエピソードをぜひやってほしいです。二重母音を歌うときに声が鼻にかかってしまうのが悩みなんです。」

 

Well, Nicole, we would love to do an episode on diphthongs as well. And so that's what we're gonna do here today.

 

いいですね、ニコルさん。私たちも二重母音のエピソードをやりたいと思っていたので、今回はこれをやっていきましょう。

 

But I know what you guys are thinking... ”Wait a minute, Justin. Diphthongs? I thought this was a family show, I don't know where this is headed, diphthongs?”  But I promise you it's not what you think, okay?

 

ところで、今みなさんが何を考えているかはわかりますよ。「ちょっと待って、ジャスティン。ディップソング* ?家族向けのテレビ番組の名前かと思ったけど、どこに話が向かってるの?ディップソングって何?」いえいえ、そういうことじゃないですから安心してください。

 

*訳注:Diphthong = ディップソング = 二重母音ですが、綴り違いで Dipthong (Dip = 「浸ける」、Thong =「女性の下着」) だと、スラングで「お馬鹿」みたいな意味になるようです。このくだりはただのジョーク。

 

1. 二重母音って何?

 

So what is a diphthong? Diphthong, this comes from the Greek word. “Thong" means vowel, alright? And "dip" means two. So that's two vowels, diphthong - two vowel sounds within one vowel.

 

それでは、二重母音(ディップソング)とは何なのでしょうか?この言葉はギリシャ語に由来しています。「ソング」は母音を、「ディップ」は2を意味するので、ディップソングとは二重母音、つまり、一つの母音に二つの母音の音が入っていることです。

 

So an example of this would be, say, an "a" vowel. A. Right? A-ee. That's two vowels in one vowel. Or I. Ah-ee. That's a diphthong.

 

例えば「エイ」の母音などはそうですね。「エイ」「エーイー」。一つの母音に二つの母音が入っています。あとは「アイ」とか。「アーイー」。これも二重母音です。

 

1b. 単母音とは?

 

Now we also do have a monophthong. That would be like an "e" vowel. Ee. Right? One vowel sound, monophthong. Or, ah. Aaah. That's just one vowel.

 

それから単母音というのもあります。例えば「イー」の母音などです。「イー」。一つの母音、単母音ですね。「アー」もそうです。「アー」。この場合、母音は一つです。

 

Then, of course, we move to diphthongs. Ah-ee. We get two for one.

 

合わせれば二重母音にできますね。「アーイー」。一つに二つです。

 

1c. 三重母音とは?

 

There's also even something called a triphthong although this is a little bit more uncommon. If you have like a cockney accent, you might have an Oh governor. Oh. A-ah-oo. Oh governor. Right, so you hear three vowel sounds within one vowel.

 

それからこれはさほど一般的ではないのですが、三重母音と呼ばれるものも存在します。ロンドン訛りの人は「エオウ・ガヴァナー」と発音するかもしれませんね。「エオウ」「エーオーウー」「エオウ・ガヴァナー」というふうに、一つの母音に三つの母音の音が聞かれます。

 

But today we're going to be talking about diphthongs. Because diphthongs are so commonly talked about by singing teachers and by singers.

 

ただ、今回話すのは二重母音についてです。これは歌の先生やシンガーの間でよく話題になることですからね。

 

2.  二重母音の問題

 

Let's try to find out together why diphthongs could be a problem, okay. When you're trying to hold a long-phrase or a long note I should say, and you are singing on a diphthong, you're actually changing the resonance quite severely when you move from vowel to vowel.

 

では二重母音が問題になる理由について見ていきましょう。二重母音で長いフレーズ - 長い音といった方がいいでしょうか - を保とうとする時、二つの母音の間を移動することから、共鳴が著しく変わってしまいます。

 

As we change vowels, the resonance in our head changes quite a lot. And that's going to make sometimes a quite a big interference in the note that we're trying to do if we go too quickly to the second vowel in the diphthong. I'm going to show you what I mean by this.

 

母音を変える時、頭で起こっている共鳴は大きく変わってしまいます。二重母音の二つ目の母音に早く行き過ぎると、出そうとしている音の邪魔をしてしまうことがあるのです。どういうことなのか、説明していきましょう。

 

But first, notice how much difference there is in either my tongue or my lips when I move from vowel to vowel. Ah-ee-ah-ee, or aa-oo-aa-oo. My tongue or my lips move drastically as I'm changing vowel.

 

まずは、母音から母音へ動く時に、舌や唇にどれだけ動きがあるのかを見てもらいましょう。「アーイーアーイー」「アーウーアーウー」。母音を変えると舌や唇が大きく動きますよね。

 

If I'm trying to hold a long note or have a long legato phrase, the change in vowel could really interfere with my note or with my legato line. And that's why voice teachers so often harp so much on diphthongs so that line and so that sustain doesn't get interrupted by the second thong, okay.

 

長い音やレガートのフレーズを保とうとする時、母音の変化が音やレガートのラインに干渉してしまうことがあります。ヴォイスティーチャーが二重母音についてうるさく言うのは、その保っている音やラインが二つ目の母音によって邪魔をされないようにしたいからなのです。

 

曲例その1:「君住む街角」

 

Now, let me show you what I mean by this in a song called, "On The Street Where You Live" from the musical “My Fair Lady.”

 

それでは、どういうことなのか、曲でお見せしましょう。ミュージカル「マイ・フェア・レディ」の「君住む街角」という曲です。

 

Now here's without letting the diphthongs interfere...

 

まずは二重母音に邪魔されないように歌ってみます。

 

“People stop and stare, they don’t bother me

For there’s nowhere else on earth that I would rather be

Let the time go by, I won’t care if I…”

 

(歌)

 

Okay, I didn't let it interfere. But now if I do... “Let the time go by, I won’t care…” The shift from ah to ee was a problem.

 

二重母音に邪魔させませんでしたね。ではこうするとどうでしょう。「(二つ目の母音へと早く切り替え過ぎて)レット・ザ・タイム・ゴー・バイ、アイ・ウォーント・ケア…」「アー」から「イー」への移行に問題がありますね* 。

 

*訳注:このフレーズでは「バイ」と「アイ」が二重母音ですね。「バーーイ」「アーーイ」と歌いたい所を「バーイー」「アーイー」としてしまうと、歌いづらいのです。

 

“Let the time go by I won’t” And that really shifts my note as I'm trying to hold... “Let the time go by I won't care if I” And that is not interfered with by the second vowel.

 

「(二つ目の母音へ早く切り替え過ぎて)レット・ザ・タイム・ゴー・バイ、アイ…」音を保とうとしているのに、早く切り替え過ぎてしまっています。「(ギリギリまで一つ目の母音を保って)レット・ザ・タイム・ゴー・バイ、アイ・ウォーント・ケア・イフ・アイ…」こうすれば二個目の母音に邪魔されずに済みますね。

 

So that's really what we're trying to do is not let the second thong interfere with the first. We're trying to stay on the first vowel in a diphthong pair as long as humanly possible and then cut it off with the second.

 

ということで、二個目の母音が最初の母音を邪魔しないように歌うのが目標です。二重母音のペアの中では、できる限り最初の母音を保って、二つ目の母音で音を切るようにしていきましょう。

 

3. 二重母音をはっきり分けて歌う場合

 

But now you probably say, “Justin, aren't there times in songs where we do want to go to the diphthong?” And, absolutely.

 

さて、ここでこう言う人もいるかもしれません。「ジャスティンさん、二重母音をはっきり分けて歌う時もあるんじゃないの?」そう、その通りです。

 

We don't want to say that this is bad but we always want to make things a choice when we sing. Now there are styles that you really need to have diphthongs.

 

歌に関して「これはダメ」とは言いたくないし、常に選択肢があるようにしたいですよね。二重母音をはっきり分けて歌うスタイルも確かにあります。

 

For example, if you're going to have a country accent, you're gonna be doing some country or some bluegrass, a lot of the sounds are going to have a diphthong. Like the word "day", right? Day. That has a second vowel sound on purpose. Day-ee. Right?

 

例えば、カントリーやブルーグラスの曲をその訛りで歌う時は、二重母音がはっきり分けられることが多いです。例えば「デイ」という単語とか。「デイ」二つ目の母音をわざとはっきり発音します。「デイ」。

 

曲例その2:「マン・オブ・コンスタント・ソロウ

 

So if I have "Man Of Constant Sorrow" by the Soggy Bottom Boys...

 

それでは、ソギー・ボトム・ボーイズの「マン・オブ・コンスタント・ソロウ」を歌ってみましょう。

 

“I am a man of constant sorrow

I've seen trouble all my day-ees”

 

(歌)

 

I need to go “Day-ees” or else I'm gonna go “Days”. And that’s not gonna sound right.

 

「デイーズ」と歌うべきで、そうでないと「デーイズ」になってしまいます。それだとふさわしい歌い方ではないですよね。

 

I’ve seen trouble all my day-ees” I need to have a diphthong in that instance.

 

「アイヴ・シーン・トラブル・オール・マイ・デイーズ」この場合は二重母音をはっきりと分けて歌う必要があります。

 

曲例その3:「アウト・トゥナイト」

 

Now another example would be extreme examples in songs where it's purposeful to go to the diphthong. An example would be "Out Tonight" from “Rent”. We've got this phrase here...

 

それからもう一つの例として、わざと二重母音をはっきり分けて歌う極端な曲もあります。「レント」の「アウト・トゥナイト」はいい例ですね。このフレーズです。

 

“I want to go ou-oot tonight

I have to go ou-oot tonight”

 

(歌)

 

Now if I did... “Ou-wt tonight” That wouldn't be the song. It's purposely, “Ou-oot tonight”. And so sometimes in pop songs or musical theater, a lot of styles have songs that specifically go to that second thong on purpose.

 

これを「アーアーーウト・トゥナイト」と歌うとこの曲になりませんね。わざと「アーウーート・トゥナイト」と歌います。このように、ポップソングやミュージカル曲のスタイルによっては、わざと二つ目の母音をはっきり使うこともあります。

 

So we want to be aware that that is common and know that that's a choice in some instances. So we want to be able to go back and forth.

 

これはよくあることで、場合によっては選択肢となることを覚えておきましょう。両方できるようにしたいですね。

 

エクササイズ:二重母音

 

Now I'm going to give you a little exercise here where we practice together on four of the most major diphthongs. And we're going to do each one in a row.

 

それではここで、四つの主な二重母音を練習できるエクササイズを一緒にやっていきましょう。一つずつを続けてやっていきます。

 

This is not a hard exercise we're not even going to go high. I just want to give you guys a chance to try the most common diphthong vowels and hold the first thong and then cut it off with the second.

 

これは難しいエクササイズではありませんし、高い音にも行きません。もっともよく使われる二重母音で、最初の母音を保ち、二つ目の母音で切れるようにトライしてほしいと思います。

 

So we're going to do just on one note... May May May, My My My, Mo Mo Mo and Mow Mow Mow. Okay, these are the four big ones.

 

それでは、同じ音でやっていきましょう。「メイメイメイ、マイマイマイ、モウモウモウ、マウマウマウ」この四つが主な二重母音です。

 

Alright, I'll show you what we're gonna do. We're gonna hold and then we're gonna cut off like this... “May May May” and then, “My My My” and then,  “Mo Mo Mo” and finally... “Mow Mow Mow” Right?

 

今からやることをお見せしますね。こういうふうに保ち、切っていきます。「メイメイメイ」「マイマイマイ」「モウモウモウ」そして「マウマウマウ」です。

 

So you get practice with holding the front part of the vowel. So here we go together with “May May May”.

 

これで二重母音の最初の部分を保つように練習ができますね。それでは「メイメイメイ」から、一緒に行きましょう!

 

(Exercise)

 

(エクササイズ)

 

Excellent, excellent stuff.

 

素晴らしい!よくできました。

 

So Nicole and all, you can see now a little bit more information on diphthongs and how you can control them so that they don't interfere with your legato line so that you can hold that front part of the thong and cut it off at the very, very end with the second thong.

 

ということで、ニコルさん、みなさん。二重母音に関する理解は進みましたでしょうか。二重母音の前半の部分を保ち、一番最後に二つ目の母音で切ることによって、レガートのラインを邪魔しないようにする、コントロールの仕方を学べたことと思います。

 

Or if it's part of your style or it's an intentional part of the song you can go ahead and honor that second thong as a part of your music.

 

それか、あなたの音楽スタイルや、曲の特徴によっては、わざと二つ目の母音をはっきり分けて歌うこともできるでしょう。

 

終わりに

 

So I hope that that's been helpful for you guys today as singers. If you have questions that you'd like to see us answer on the show you can send an email to Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

今回の内容がみなさんの役に立てばと思います。このショーで答えてほしい質問があれば、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてくださいね。

 

And we just encourage you don't lose that joy, don't lose that passion, don't let people tell you that you can't sing because both of us know it's just not true.

 

そして、歌う喜びや情熱を失わないようにしましょう。「ヘタクソ!」などとは誰にも言わせないでください。それは本当のことでないと、私たちは知っていますから。

 

Get with a voice teacher in your area. Or if you guys are in the New York City area or you want to Skype with one of our staff members, you can visit us at www.NewYorkVocalCoaching.com.

 

素晴らしいヴォイスティーチャーをあなたの地域で見つけましょう。ニューヨークにいるか、NYVCのスタッフとスカイプをしたければ www.NewYorkVocalCoaching.com にアクセスしてみてください。

 

And we just encourage you to download the free iPhone and iPad app. Hopefully for more in the future. But we've got a lot of free resources, tips, articles, a lot of stuff there to help you guys improve as singers.

 

それから、無料のiPhone/iPadアプリもダウンロードしてみてくださいね(他の機種でも使えるようにできればと思います)。このアプリは教材や歌のコツ、記事など、盛りだくさんの内容で、みなさんの声を改善できるように応援するものです。

 

And if you like these videos you can also visit www.VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

動画を気に入ってもらえたのなら、 www.VoiceLessonsToTheWorld.com にもアクセスしてみてくださいね。

 

I'm Justin Stoney. We'll see you next time.

 

ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!

 

------------------------------------------------------

 

以上、今回は二重母音に関しての翻訳でした。いかがでしたか?

ご感想、ご意見、ご質問はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は、Justin Stoney氏の許可のもと掲載しています。無断転載はおやめください。

 

NYVCのこと、ブログの運営者、レッスン

 

New York Vocal Coachingについて

New York Vocal Coaching (NYVC) は、ニューヨークを代表するヴォーカルスタジオのひとつです。創設者のジャスティン・ストーニーは世界的に有名なヴォーカルコーチで、NYVCはアメリカ国内外の多くのメディアに取り上げられています。

また、NYVCのYouTubeチャンネルは、21万人以上* の登録者がいる人気チャンネルです。無料で多くのビデオを公開していて、世界中のシンガーのためにヴォーカルの上達に役立つ情報やエクササイズを届けています。

NYVCのウェブサイトなどは基本全て英語ですが、とても広範囲にわたる情報を届けているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 *2019年10月現在

 

newyorkvocalcoaching.com

 

www.youtube.com

 

ブログの運営者について

このブログを運営している佐藤剛寿は、ジャスティン・ストーニーの直接指導のもと、New York Vocal Coaching 40-Hour Voice Teacher Trainingを修了したヴォーカルコーチです。

僕がジャスティンを知るようになったきっかけは、YouTubeです。いつものようになんとなくYouTubeを見ていたら、ジャスティンの動画がおすすめに出てきて、「どんな人だろう?」と初めて彼の動画を見た瞬間、「この人の教え方は、すごい!!」とすぐにわかりました。

彼自身の持っている声の技術の高さ。わかりやすい理論と伝え方。声や歌に対する寛容な考え方。そして、モチベーションを上げてくれる言葉。全てが驚きでした。

それから毎日、一生懸命彼の動画を見て、一緒に歌う日々が始まりました。僕はもともと歌うことが大好きでしたが、ジャスティンのことを知ってからはその楽しさが大きく増しました。

ニューヨークに行って彼のティーチャー・トレーニングを受けたのは、彼のようなレッスンを、日本のシンガーにも届けたいと思ったからです。

彼がたくさんの動画を作って、レッスンを受けられない人にもヴォーカルの情報やエクササイズを提供しているように、僕もその翻訳ブログという形で、少しでも日本のみなさんに良い情報を届けたいと思っています。

翻訳にはわかりづらいところもあるかもしれませんが、少しでもみなさんのヴォーカルライフに役立てば幸いです。ご感想、ご意見、ご質問はいつでも歓迎します!

 

レッスンについて

動画や文章に触れて自分で練習するだけでも声を改善していくことはできますが、一人ではわからないこともあると思います。そういう時はぜひ直接レッスンを受けてみてください!

僕のレッスンではニューヨークで学んだことを活かして、クライアントのみなさんが声をより自由に使えるように、一人一人に合わせたエクササイズを提供しています。

また、ヴォーカル技術の向上と併せて、アレンジャー・ソングライターとしての視点から、スタイルを作っていくお手伝いをしています。

そして、歌う喜びを感じられるように、良い環境を作っていきたいと思っています。

ニューヨーク仕込みのエクササイズを、ぜひ体感してみてください!

 

ヴォーカルレッスンのお問い合せ、お申し込みはウェブサイトからどうぞ。

 

レッスン概要

https://www.takahisasatomusic.com/lesson

 

お問い合せ、お申し込み

https://www.takahisasatomusic.com/contact