Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 55「あごと舌:重大な離婚」【VLTTW翻訳】

今回はジャスティン・ストーニーによる「ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールド」の翻訳シリーズ、エピソード55「あごと舌:重大な離婚」です!どうぞお楽しみください ;)

 

Ep. 55 "Jaw/Tongue: The Great Divorce" - Voice Lessons To The World

エピソード55「あごと舌:重大な離婚」

 

元の動画はこちら

www.youtube.com


目次

 

Hi everybody! My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.

 

みなさん、こんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチング創設者のジャスティン・ストーニーです。

 

Welcome to episode 55 of Voice Lessons To The World, the show where we want to help you guys as singers by answering your questions from all over the world.

 

ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード55へ!このショーでは、世界中のみなさんからの質問に答えていくことで、シンガーのみなさんを応援していきたいと思います。

 

今週の質問:あごと舌は分けた方が良い?

 

And I'll give you a chance to ask questions later but our question for this week comes from Chun K. in Tianjin, China.

 

みなさんが質問する機会についてはあとで説明するとして、今週の質問は中国・天津のチャン・Kさんから来ています。

 

And Chun writes, "Dear Justin, I've heard that the jaw and the tongue should not operate together when we sing. What does this mean?"

 

ジャスティンさん、こんにちは。歌う時にあごと舌は一緒に動くべきではないと聞きました。これはどういうことですか?」

 

1. 不健全な関係

 

Now Chun that's a spectacular question. And it's true, the jaw and the tongue really operate together a lot. They sort of are married together when people sing.

 

チャンさん、素晴らしい質問ですね。これは本当のことで、あごと舌が一緒に動いてしまうことはよくあります。歌う時にあごと舌は結婚してしまっている、という感じです。

 

And it's not the blessed, positive, happy, healthy kind of marriage. No. it's always been a very unhealthy relationship.

 

でもこの結婚生活は、恵まれていて、ポジティブで、幸せで、健康的なものではありません。違います。ずっと不健全な関係だったのです。

 

And, the jaw and the tongue - they were never meant to be together. I mean it just was all wrong from the very start. I mean they're always in each other's way.

 

あごと、舌。一緒になることはない運命だったのです。最初から間違っていたのでしょう。二人はそれぞれの道を行かなければならないのです。

 

The tongue tries to do a simple L, “LAH”, and the jaw comes along for the ride, “LAH”. Or the jaw tries to do a simple Ah vowel, “AH”, and the tongue comes along for the ride, “AH”.

 

舌がシンプルに「ラー」とLを発音しようとしても、あごが邪魔をして「(あごを動かして)ラー」となってしまったり。あごがシンプルに「アー」の母音を発音しようとしても、舌が邪魔をして「(舌を引っ込めて)アー」となってしまったり。

 

And it just is causing all kinds of problems for the voice. I mean limited vocal range, overall tension in the sound, vowels don't even sound like themselves anymore, registration problems, breaks and cracks, songs with a lot of words in them are very difficult to sing.

 

そしてこれはあらゆる声の問題を引き起こしてしまいます。声域の制約や、全般的な声の緊張、母音の曖昧さ、声区の問題、声の裏返り、早口な歌の歌いづらさなどです。

 

And you know I personally feel bad for the "little people"- the larynx and the vocal cords. I mean they're just trying to do their job. Meanwhile the jaw the tongue are always at it together and they can't even do it.

 

それから、個人的には、小さい子たち - 喉頭(のど)と声帯に同情してしまいます。彼らはそれぞれの役割を果たそうとしているのに、あごと舌がいつも一緒にいるので、それすらできないのです。

 

2. 重大な離婚

 

So, I mean... I hate to be the bearer of bad news Chun, but I think we've got to separate these two for good. So today I officially declare jaw and tongue, divorced.

 

つまり、その…。悪い知らせを伝える役にはなりたくないのですが…。チャンさん。この二人を永遠に別れさせなくてはならないと思うのです。ですから、正式に宣言します。今日を持ってあごと舌は離婚します。

 

Now it's very sad of course. We never like to see that. But I think there's hope. I think we can get the jaw and the tongue independent and functioning back on their feet again together.

 

これはもちろん、悲しいことです。見たくはなかったことですよね。でも、希望はあります。あごと舌を独立させて、それぞれの足で歩めるように戻すことができると思うのです。

 

And I think if we do we're going to really improve the voice in an incredible way. So today, two exercises- One where the tongue gets to be awesome on its own, independent of the jaw for once. And, same thing, the jaw gets a chance to be awesome, independent of the tongue for once.

 

そうすれば、信じられないくらい、声はよくなると思うのです。ですから今回は、二つのエクササイズをします。一つは舌をあごから独立させるもの、もう一つはあごを舌から独立させるもので、それぞれをよくしていきます。

 

エクササイズ:舌の独立

 

So our first exercise is going to be for just the tongue, okay. We're going to do a 1-2-3-2-1 on KANA. So the tongue is just going to move without the jaw. KANA - KANA - KANA. Right?

 

それではまず最初に、舌のエクササイズをやっていきましょう。「カナ」を1-2-3-2-1(の音階)でやっていきます。あごを動かさずに舌を動かしてくださいね。「カナカナカナ」。

 

Just like this... “KANA - KANA - KANA - KANA - KANA” See it? And now ladies up here... “KANA - KANA - KANA - KANA - KANA” Just the tongue, no jaw. Here we go...

 

こんな感じです。「カナカナカナカナカナ」大丈夫ですか?女性は上で、「カナカナカナカナカナ」。舌だけで、あごは無しです。行きましょう!

 

(Exercise)

 

(エクササイズ)

 

So nice. So, that was great. The tongue got to be back on its feet, independent of the jaw.

 

いいですね!素晴らしかったです。舌があごから独立して、自分の足で歩み始めましたね。

 

エクササイズ:あごの独立

 

Now how about the jaw? We can't neglect the jaw. This exercise is going to be just the jaw moving, tongue totally out of the equation. With BE. Okay, we're going to do BE - BE - BE. Make sure that jaw just gets to be really free and active. And the tongue, out of there.

 

では、あごはどうでしょうか?あごも無視できませんよね。次のエクササイズではあごを動かして、舌は完全に無視してください。「ベー」で行きましょう。「ベーベーべー」。あごが自由に動くようにしましょう。舌は関係ありません。

 

So BE - BE - BE on an 8-5-1, BE. Just like this. “BE - BE - BE” Right? That's guys. And ladies up here... “BE - BE - BE” Okay? Here we go...

 

それでは「ベーベーべー」を8-5-1(の音階)でやりましょう。こんな感じです。「ベーベーべー」男性はこの高さで。女性は上で、「ベーベーべー」です。行きましょう!

 

(Exercise)

 

(エクササイズ)

 

Fantastic. So there, the jaw got the chance to do all the work with no tongue involved. 

 

素晴らしい!舌に関係なくあごを動かすエクササイズができましたね。

 

So I know in some ways this has been a really sad day. You never like to see a breakup. But I think overall it's for the best. Right, Chun? And, right everybody?

 

今回はなんだか悲しいエピソードでした。別れは見たくないものですよね。でもお互いのことを考えたら、これがベストだと思うのです。そうですよね?チャンさん、みなさん。

 

I mean it's great to see the tongue moving freely and independently without the jaw, and the jaw moving freely and independently without the tongue. I just know that causes a major growth for people singing to see that kind of freedom.

 

舌があごから独立して自由に動く様や、あごが舌から独立して自由に動く様を見られるのは、素晴らしいことだと思います。こういった自由が、シンガーに大きな成長をもたらすことでしょう。

 

終わりに

 

And so I hope that's been helpful for you guys today as singers. If you have questions that you'd like to see us answer on the show, you can send an email to Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com

 

というわけで、今回の内容がシンガーのみなさんの役に立てばと思います。このショーで答えてほしい質問がある場合は、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてくださいね。

 

And we just encourage you don't lose that joy, don't lose that passion, don't let people tell you that you can't sing. You and I both know it's just not true.

 

歌う喜びや情熱を失わないようにしましょう。「ヘタクソ!」などとは誰にも言わせないでください。それが本当ではないのは、私もあなたも知っていることですから。

 

Get with a great voice teacher in your area or if you guys are in the New York City area or you want to Skype with one of our staff, you can visit us at www.NewYorkVocalCoaching.com.

 

あなたの住む地域で素晴らしいヴォイスティーチャーを見つけましょう。ニューヨークにいるか、NYVCのスタッフとスカイプをしたければ www.NewYorkVocalCoaching.com にアクセスしてみてください。

 

We also encourage you to download our free app. It's for iPhone, iPad, and hopefully more in the future. A lot of great free resources, articles, tips, all kinds of stuff to help you guys as singers. Or you can visit us at www.VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

無料のiPhone/iPadアプリ(他の機種にも今後対応できればと思います)もダウンロードしてみてくださいね。教材や記事、歌のコツなど、あらゆるコンテンツでシンガーのみなさんを応援しています。それか www.VoiceLessonsToTheWorld.com にアクセスしてみてください。

 

I'm Justin Stoney. We'll see you next time.

 

ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!

 

------------------------------------------------------

 

以上、今回は舌とあごの独立に関してのエピソードでした。いかがでしたか?

ご感想、ご意見、ご質問はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は、Justin Stoney氏の許可のもと掲載しています。無断転載はおやめください。

 

NYVCのこと、ブログの運営者、レッスン

 

New York Vocal Coachingについて

New York Vocal Coaching (NYVC) は、ニューヨークを代表するヴォーカルスタジオのひとつです。創設者のジャスティン・ストーニーは世界的に有名なヴォーカルコーチで、NYVCはアメリカ国内外の多くのメディアに取り上げられています。

また、NYVCのYouTubeチャンネルは、21万人以上* の登録者がいる人気チャンネルです。無料で多くのビデオを公開していて、世界中のシンガーのためにヴォーカルの上達に役立つ情報やエクササイズを届けています。

NYVCのウェブサイトなどは基本全て英語ですが、とても広範囲にわたる情報を届けているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 *2019年10月現在

 

newyorkvocalcoaching.com

 

www.youtube.com

 

ブログの運営者について

このブログを運営している佐藤剛寿は、ジャスティン・ストーニーの直接指導のもと、New York Vocal Coaching 40-Hour Voice Teacher Trainingを修了したヴォーカルコーチです。

僕がジャスティンを知るようになったきっかけは、YouTubeです。いつものようになんとなくYouTubeを見ていたら、ジャスティンの動画がおすすめに出てきて、「どんな人だろう?」と初めて彼の動画を見た瞬間、「この人の教え方は、すごい!!」とすぐにわかりました。

彼自身の持っている声の技術の高さ。わかりやすい理論と伝え方。声や歌に対する寛容な考え方。そして、モチベーションを上げてくれる言葉。全てが驚きでした。

それから毎日、一生懸命彼の動画を見て、一緒に歌う日々が始まりました。僕はもともと歌うことが大好きでしたが、ジャスティンのことを知ってからはその楽しさが大きく増しました。

ニューヨークに行って彼のティーチャー・トレーニングを受けたのは、彼のようなレッスンを、日本のシンガーにも届けたいと思ったからです。

彼がたくさんの動画を作って、レッスンを受けられない人にもヴォーカルの情報やエクササイズを提供しているように、僕もその翻訳ブログという形で、少しでも日本のみなさんに良い情報を届けたいと思っています。

翻訳にはわかりづらいところもあるかもしれませんが、少しでもみなさんのヴォーカルライフに役立てば幸いです。ご感想、ご意見、ご質問はいつでも歓迎します!

 

レッスンについて

動画や文章に触れて自分で練習するだけでも声を改善していくことはできますが、一人ではわからないこともあると思います。そういう時はぜひ直接レッスンを受けてみてください!

僕のレッスンではニューヨークで学んだことを活かして、クライアントのみなさんが声をより自由に使えるように、一人一人に合わせたエクササイズを提供しています。

また、ヴォーカル技術の向上と併せて、アレンジャー・ソングライターとしての視点から、スタイルを作っていくお手伝いをしています。

そして、歌う喜びを感じられるように、良い環境を作っていきたいと思っています。

ニューヨーク仕込みのエクササイズを、ぜひ体感してみてください!

 

ヴォーカルレッスンのお問い合せ、お申し込みはウェブサイトからどうぞ。

 

レッスン概要

https://www.takahisasatomusic.com/lesson

 

お問い合せ、お申し込み

https://www.takahisasatomusic.com/contact