Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 57「声帯結節」【VLTTW翻訳】

今回はジャスティン・ストーニーによる「ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールド」の翻訳シリーズ、エピソード57「声帯結節」です!どうぞお楽しみください ;)

 

Ep. 57 "Vocal Nodes and Nodules" - Voice Lessons To The World

エピソード57「声帯結節」

 

元の動画はこちら

www.youtube.com


目次

 

Hi everybody! My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.

 

みなさん、こんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチング創設者のジャスティン・ストーニーです。

 

Welcome to episode 57 of Voice Lessons To The World, the show where we want to help you guys as singers by answering your questions from all over.

 

ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード57へ!このショーでは世界中のみなさんからの質問に答えていくことで、シンガーのみなさんを応援していきたいと思います。

 

今週の質問:親友が声帯結節になってしまって、自分も不安…

 

And I'll give you a chance to ask questions later, but our question for this week comes from Tess. Y in Lincoln, Nebraska.

 

みなさんが質問する機会についてはあとで説明するとして、今週の質問はネブラスカ州リンカーンのテス・Yさんから来ています。

 

And Tess writes, “Dear Justin, I’m 16, and my best friend just got vocal nodes. I’m very scared that this will happen in my voice. What can I do?”

 

ジャスティンさん、こんにちは。私は16歳なのですが、親友が声帯結節になってしまいました。自分にも起こるのではないかと不安です。どうしたらいいですか?」

 

Now Tess, that’s a fantastic question. And I thank you for asking it because so many singers are scared of getting vocal nodes. So what we’re going to do today is talk about “What is a node?” and also “How can you prevent this problem from happening in your voice?”.

 

テスさん、素晴らしい質問ですね。声帯結節になるのを怖がっているシンガーは多いですから、聞いてくれたことに感謝します。というわけで今回話していくのは、「声帯結節とは?」「この問題が起こるのを防ぐにはどうしたらよいのか?」です。

 

1. 声帯結節とは?

 

So, what’s a node? A node is short for “Nodule”. And a nodule or node is a king of bump. We don’t just get one node or one nodule. It’s always plural. It’s always nodes or nodules.

 

まず始めに、声帯結節とは何でしょうか?「ノード(結節)」は「ノジュール」の略で、結節とはこぶのようなものです。結節ができるときはいつでも、一つではなく複数です。*

 

*訳注:”a node” “a nodule” ではなく “nodes” “nodules” である、の意味です。 

 

Now the vocal cords are ingenious design. They’re made up of mucus and cells and even muscle. And what happens is as the breath passes through the larynx, the vocal cords kind of do a wave like motion.

 

声帯の設計というのは見事なものです。声帯は粘膜や細胞、筋肉でできていて、息が喉頭(のど)を通ると、声帯が波のような動きをするようになっています。

 

Now let’s say there’s a problem with one of the vocal cords. It kind of got a roughed up,  it’s a bit swollen, irritated, there’s a spot on it that’s a little puffy. Then, with repeated vocal pushing and force, this spot is going to be pushed into the other vocal cord.

 

仮に声帯の片方に問題が起きたとしましょう。でこぼこし、腫れ、ひりひりし、少し膨らんだ箇所がある感じです。そこに声を無理やり押し出すことが繰り返されると、この箇所はもう片方の声帯に押し付けられることになります。

 

And we get a slamming - slamming, slamming, slamming, slamming, slamming. Eventually, this vocal cord is going to start to thicken as well. Now we have two thickenings or two nodes. And now we hear a problem.

 

そして、バタン、バタン、バタン…と閉じられると、次第にこちらの声帯も腫れ始めます。こうして二つの腫れ、二つの結節ができると、声に問題が出てきます。

 

Now the vocal cords don’t make such good contact anymore because of these nodes, because of this bump. Really, it’s just the vocal cords trying to protect themselves from injury but it ends up in a vocal problem that we can hear.

 

この結節、こぶのせいで、もはや声帯はうまく接し合うことができなくなります。実際これは、声帯が自分で怪我から身を守ろうとしているだけのことなのですが、最終的には声の問題が聞かれることになります。

 

2. 問題があるかどうか気付くには

 

So, how do we know if we have this problem? I want you guys to know that vocal nodes are not usually a short term thing.

 

では、どうすればこの問題に気付けるのでしょうか?みなさんに知ってほしいのは、声帯結節は通常、短期的に起こることではないということです。

 

You’re allowed to have a bad vocal day. If you’re sick, you’re going to have some vocal problems a little bit. If you pushed your voice around or yelled one day, you’re going to have some vocal problems the next day.

 

うまく声が出せない日があるのはしょうがないことです。(風邪などの)病気であれば、少し声の問題があることでしょうし、声を酷使したり叫んだりしたら、次の日に声の問題があることでしょう。

 

But it’s not a short term thing. You don’t just push your voice around once and then you have nodes suddenly. Now it’s more of a long term thing.

 

でも結節は短期に起こることではありません。ある日声を酷使したら、急に結節になった、ということはないのです。もっと長期的なことなのです。

 

Similarly, you’re going to not be able to get rid of the vocal problem. So if you have one or two bad vocal days, you don’t have nodes. But if you had two, three weeks or months of vocal problems, then that’s more of an indication that you might have nodes or another problem.

 

同様に、結節がある場合は声の問題を取り除くことができないはずです。問題が一日や二日のことであれば、結節はありません。でも二、三週間とか、数ヶ月も問題が続くようなら、結節や他の問題があることの兆候である可能性が高いでしょう。

 

So, how do we hear that we have nodes or a problem? 

 

次に、結節や声の問題があると声はどうなるのでしょうか?

 

First of all, you might lose some of your head voice or falsetto if you’re a guy. It’s really the equivalent - falsetto for men and head voice for women. But up top, if you lost notes that you once had, that might be an indication of nodes.

 

まず最初に、ヘッドヴォイス(男性であればファルセット)が出せなくなるかもしれません。男性のファルセットは女性のヘッドヴォイスに相当します。こういった上の方の、以前には出せた音が出せないのは、結節の兆候かもしれません。

 

It could be in any register, though. Any notes that you once had that are now suddenly gone and you can’t get them back, that is an indication of nodes.

 

これはどの声区でも起こり得ることでもあります。以前に出せた音が突然出せなくなり、元に戻らないのなら、それは結節の兆候でしょう。

 

There also might be a change to your vocal quality. It used to be clear and strong and light, but now it’s low and raspy and groggy. That is a kind of sign, too, that you have vocal nodes especially if you can’t get rid of them.

 

声の質も変わるかもしれません。透き通り、力強く、軽かった声が、低く、耳障りで、不安定な声になったりします。直らないとしたら、これも結節の兆候の一つでしょう。

 

Another thing is a sort of air leak that we hear when folks have nodes. So, I try to make a clean sound, “AH”, but instead I get “(H)AH, (H)AH”. I can’t do “AH”, but “(H)AH”. I always get that air leak in my singing or in my speaking. That’s an indication, too, that there could be a problem.

 

もう一つは、結節がある人には息漏れのような声が聞かれることです。「アー」と、はっきりした声を出そうとしているのに、「(かすれた声で)ハー、ハー」となってしまいます。「アー」ができずに「(かすれた声で)ハー」と、歌う時もしゃべる時もずっと息が漏れてしまいます。これも声に問題があることの兆候の一つです。

 

3. 声帯結節が起こるのを防ぐには

 

So, let’s talk about how to prevent nodes from happening, Tess.

 

それでは、テスさん、結節が起こるのを防ぐ方法について話しましょう。

 

One of the biggest things is that we don’t want to be pushing volume, right? If you are in loud crowds, or there’s loud music, you have to speak over these crowds consistently.

 

一番大事なことの一つは、大声を出さないようにすることです。騒がしい環境に居たり、音楽がうるさかったりすると、絶えずそれを超える声量でしゃべらなければなりません。

 

That’s something that can lead to nodes, right? Because you’ve got, maybe a bump or something, then you’re constantly pushing, pushing, pushing your voice over that volume. This can cause a problem.

 

これは結節になり得ることですよね。声帯にこぶか何かがあったとして、その上で絶えずその音量に勝つように声を押し出し続けるからです。これでは問題になり得ます。

 

Another thing is in your singing voice. If you have to get louder in order to go higher, that’s a bad technique. And if you keep pushing and keep getting louder and louder as you go up, this is going to be something that can wear out the vocal cords and cause nodes.

 

もう一つは歌声のことです。高い声に行くに従って声を大きくしていかなければならないとしたら、それはダメなテクニックです。上に行くに従って声を大きくし、押し出し続ける歌い方では、声帯を疲れさせ、結節を引き起こしてしまうかもしれません。

 

You also need to be a little bit careful when you are sick or when your voice is swollen. It’s not wrong to sing when you’re sick. But you have to make sure you’re not pushing. That’s when there’s some extra swelling to the cords and we know that that’s the kind of thing that can lead to nodes.

 

それから(風邪などの)病気の時や、声帯が腫れている時も気をつけたほうがいいでしょう。病気の時に歌うのは間違ったことではありませんが、声を押し出さないように注意しなければなりません。こういう時は声帯がいつもより腫れていますから、これが結節を起こし得る類のことなのはわかりますよね。

 

Now, I should also tell you guys that women have more of a problem with nodes than men. Men can get nodes too, but women gets nodes more often, especially young women.

 

もう一つ伝えておきたいのは、女性の方が男性よりも結節の問題が起こりやすいということです。男性も結節になりますが、女性、特に若い子は、より結節になりやすいのです。

 

Tess, it sounds like you’re in high school. And younger women can tend to get nodes more often than anybody else. Your voice is changing a lot at that period of time in your teenage years.

 

テスさん、あなたは高校生のようですね。若い女性はそれ以外の人達よりも結節になりやすい傾向があります。ティーンエイジの期間は声が大きく変わる時ですからね。

 

So that’s actually a time to make sure that you’re not doing only loud belting. It’s not wrong to belt, but you don’t want to only be doing that. You also want to watch the volume in your speaking voice.

 

ですから、若いうちは大きな声のベルティング* だけをやり続けることがないようにしましょう。ベルトで歌うのは間違ったことではありませんが、それだけしかやらないのはダメです。それからしゃべり声の声量にも気をつけましょう。

 

*訳注:ベルティング(ベルト)とは、チェストヴォイスに聞こえるような力強い声で高い声を歌うこと。

 

And then there’s also this issue - speaking on the vocal fry all the time. This is something that can also tire out the voice. We know that vocal fry isn’t bad. But if you’re only talking in the vocal fry all the time, that can also wear out your voice and contribute to nodes.

 

それからこの問題もあります - ずっとヴォーカルフライ* でしゃべり続けることです。これも声を疲れさせてしまいます。ヴォーカルフライ自体が悪いものでないのは知っていますよね。ただ、いつでもヴォーカルフライだけでしゃべり続けているとしたら、声は疲れてしまい、これも結節の一因となり得ます。

 

*訳注:ヴォーカルフライとは、チェストヴォイスのさらに下にある、「ガラガラ」という声の声区のこと。ジャスティンの声を聞けばどんな声かわかるでしょう。

 

4. 声帯結節になってしまったら

 

So, finally, what if you already have nodes? What if you know that you have a problem with your voice?

 

では最後に、既に結節になってしまっている場合や、声に問題がある場合はどうすれば良いのでしょうか?

 

Well, you could see a vocal doctor. This is not a bad idea, right? Sometimes vocal nodes require surgery. But don’t worry. First thing to do is not be afraid, right? So many singers have overcome vocal nodes and gone on to do just fine. So don’t be afraid.

 

その場合は、声のお医者さんに診てもらいましょう。悪くないアイディアですよね?声帯結節には手術が必要な時もあります。でも心配しないでください。まずは恐れないことです。声帯結節を乗り越えて、その後問題なく歌い続けたシンガーはたくさんいますから、恐れないでくださいね。

 

But go ahead and see a doctor. And they’re going to tell you what you can do. An ENT, your nose and throat doctor can help you to discover whether or not you have a vocal problem.

 

まずはお医者さんに診てもらいましょう。何をすればいいか教えてくれるでしょうから。耳鼻咽喉科の先生なら、声に問題があるかどうかが見つかるように診てくれるでしょう。

 

But usually vocal nodes or other vocal injuries can be overcome with great technique and some vocal rest. So if you can rest your voice and then focus on building a great head voice, great mix, not pushing your voice around but really focusing on good vocal technique, you will be able to overcome vocal nodes.

 

通常、声帯結節やその他の声のけがは、素晴らしいヴォーカルテクニックと声の休息によって乗り越えることができます。声を休ませ、素晴らしいヘッドヴォイスやミックスを育て、声を乱暴に扱わず、良いヴォーカルテクニックに集中することができれば、声帯結節を乗り越えることができるでしょう。

 

終わりに

 

So, Tess and all, I hope that's been helpful for you guys today as singers. If you've got questions that you'd like to see us answer on the show, you can send an email to Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

というわけで、テスさん、みなさん。今回の内容がシンガーのみなさんの役に立てばと思います。このショーで答えてほしい質問がある場合は、Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてくださいね。

 

So we just encourage you don't lose that joy, don't lose that passion. Be good to your voice, treat it well so that you can avoid vocal nodes or other injuries. Don’t push it around.

 

歌う喜びや情熱を失わないようにしましょう。声を守り、声帯結節や声のけがを避けられるように、声を大切に扱いましょう。決して乱暴に扱わないようにしてくださいね。

 

Get with a great voice teacher in your area. Or if you guys are in the New York City area or you’d like to Skype with one of our staff you can visit us at www.NewYorkVocalCoaching.com.

 

あなたの住む地域で素晴らしいヴォイスティーチャーを見つけましょう。ニューヨークでレッスンを受けるか、NYVCのスタッフとスカイプをしたければ www.NewYorkVocalCoaching.com にアクセスしてみてください。

 

We also encourage you guys to download our free app. It's for iPhone, iPad and hopefully more in the future. Or you can visit us at www.VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

無料のアプリもダウンロードしてみてくださいね。iPhone/iPad用ですが、他の機種にも今後対応できればと思います。それか www.VoiceLessonsToTheWorld.com にアクセスしてみてください。

 

I'm Justin Stoney. We'll see you next time.

 

ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!

 

------------------------------------------------------

 

以上、今回は声帯結節に関してのエピソードでした。いかがでしたか?

ご意見、ご感想はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は、Justin Stoney氏の許可のもと掲載しています。無断転載はおやめください。

 

NYVCのこと、ブログの運営者、レッスン

 

New York Vocal Coachingについて

New York Vocal Coaching (NYVC) は、ニューヨークを代表するヴォーカルスタジオのひとつです。創設者のジャスティン・ストーニーは世界的に有名なヴォーカルコーチで、NYVCはアメリカ国内外の多くのメディアに取り上げられています。

また、NYVCのYouTubeチャンネルは、21万人以上* の登録者がいる人気チャンネルです。無料で多くのビデオを公開していて、世界中のシンガーのためにヴォーカルの上達に役立つ情報やエクササイズを届けています。

NYVCのウェブサイトなどは基本全て英語ですが、とても広範囲にわたる情報を届けているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 *2019年10月現在

 

newyorkvocalcoaching.com

 

www.youtube.com

 

ブログの運営者について

このブログを運営している佐藤剛寿は、ジャスティン・ストーニーの直接指導のもと、New York Vocal Coaching 40-Hour Voice Teacher Trainingを修了したヴォーカルコーチです。

僕がジャスティンを知るようになったきっかけは、YouTubeです。いつものようになんとなくYouTubeを見ていたら、ジャスティンの動画がおすすめに出てきて、「どんな人だろう?」と初めて彼の動画を見た瞬間、「この人の教え方は、すごい!!」とすぐにわかりました。

彼自身の持っている声の技術の高さ。わかりやすい理論と伝え方。声や歌に対する寛容な考え方。そして、モチベーションを上げてくれる言葉。全てが驚きでした。

それから毎日、一生懸命彼の動画を見て、一緒に歌う日々が始まりました。僕はもともと歌うことが大好きでしたが、ジャスティンのことを知ってからはその楽しさが大きく増しました。

ニューヨークに行って彼のティーチャー・トレーニングを受けたのは、彼のようなレッスンを、日本のシンガーにも届けたいと思ったからです。

彼がたくさんの動画を作って、レッスンを受けられない人にもヴォーカルの情報やエクササイズを提供しているように、僕もその翻訳ブログという形で、少しでも日本のみなさんに良い情報を届けたいと思っています。

翻訳にはわかりづらいところもあるかもしれませんが、少しでもみなさんのヴォーカルライフに役立てば幸いです。ご感想、ご意見、ご質問はいつでも歓迎します!

 

レッスンについて

動画や文章に触れて自分で練習するだけでも声を改善していくことはできますが、一人ではわからないこともあると思います。そういう時はぜひ直接レッスンを受けてみてください!

僕のレッスンではニューヨークで学んだことを活かして、クライアントのみなさんが声をより自由に使えるように、一人一人に合わせたエクササイズを提供しています。

また、ヴォーカル技術の向上と併せて、アレンジャー・ソングライターとしての視点から、スタイルを作っていくお手伝いをしています。

そして、歌う喜びを感じられるように、良い環境を作っていきたいと思っています。

ニューヨーク仕込みのエクササイズを、ぜひ体感してみてください!

 

ヴォーカルレッスンのお問い合せ、お申し込みはウェブサイトからどうぞ。

 

レッスン概要

https://www.takahisasatomusic.com/lesson

 

お問い合せ、お申し込み

https://www.takahisasatomusic.com/contact