Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 58「レガート唱法」【VLTTW翻訳】

今回はジャスティン・ストーニーによる「ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールド」の翻訳シリーズ、エピソード58「レガート唱法」です!どうぞお楽しみください ;)

 

Ep. 58 "Legato Singing" - Voice Lessons To The World

エピソード58「レガート唱法」

 

元の動画はこちら

www.youtube.com


目次

 

Hi everybody! My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.

 

みなさん、こんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチング創設者のジャスティン・ストーニーです。

 

Welcome to episode 58 of Voice Lessons To The World, the show where we want to help you guys as singers by answering your questions from all over.

 

ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード58へ!このショーでは世界中のからの歌に関する質問に答えていくことで、シンガーのみなさんを応援していきたいと思います。

 

今週の質問:レガートで歌うのが一番?

 

And I'll give you a chance to ask questions later but our question for this week comes from Aaron K. in Nashville, Tennessee.

 

みなさんが質問する機会についてはあとで説明するとして、今週の質問はテネシー州ナッシュヴィルのアーロン・Kさんから来ています。

 

And Aaron writes, "Dear Justin, I've heard that it's best to sing legato. Is this true?"

 

ジャスティンさん、こんにちは。歌う時はレガートが一番だと聞きました。これは本当ですか?」

 

Now that's a great great great question, Aaron, because legato is a prized skill for singers. It's so, so important to be able to sing legato. Whether you're doing classical or pop and rock or anything in-between, legato is something that we absolutely need.

 

アーロンさん、とても素晴らしい質問ですね。レガートはシンガーにとって一番大事な技術ですから。レガートで歌えることはとても重要です。クラシックをやっていようが、ポップ・ロック、あるいはその間のどのジャンルをやっていようが、レガートは絶対に必要なものです。

 

So today I'm going to talk about legato and what you can do to increase it in your voice, and also give you an exercise later to work on it in your singing.

 

ですから、今回はレガートに関することや、それを声に取り入れる方法について話していきます。それから、歌に活かせるエクササイズも紹介しますね。

 

1. レガートとは?

 

But first of all, what is legato? Legato is a musical term which means smooth or flowing. So if I take a major scale on the piano and play it legato, it sounds like this...

 

まず最初に、レガートとは何でしょうか?レガートは音楽用語で、「滑らかな」「流れるような」という意味です。例えばピアノを使って、レガートで長音階を弾いてみると、こんな感じです。(ピアノ)

 

Now compare that to staccato, which is its opposite, which means a short and choppy. It sounds like this...

 

では次に反対のスタッカート(「短い」「途切れた」という意味)で弾いて、比べてみましょう。こんな感じです。(ピアノ)

 

You totally hear the difference. But it's one thing to be able to play legato or staccato on an instrument. But it's another thing with the voice.

 

違いが聞き取れましたね。ただ、楽器でレガートやスタッカートを弾くのと、声でそれらをするのはまた別物なんです。

 

2. レガートの利点

 

While there's nothing wrong with staccato, that's great too. But legato is so difficult. There's so many benefits to the voice when we can sing legato.

 

スタッカートも悪いことではないし、素晴らしいことですが、レガートが歌えると(とても難しいことですが)、声に良いことがたくさんあるのです。

 

First of all, getting technique over into your songs is one of them.

 

まず最初の一つは、テクニックが曲に使えるようになることです。

 

I know a lot of you are studying and working hard on your vocal technique exercises. And maybe it's going great. You see that you're making tons of improvement with your voice in technique. But it's not translating over into songs like you want. One of the reasons why is missing some legato. So that's one thing.

 

みなさんの多くはヴォーカルテクニックのエクササイズを勉強し、熱心に取り組んでいることと思います。それがうまくいって、テクニックの練習ではとてもうまく声が出せるようになったかもしれませんね。でも、そのテクニックが思うように曲に活きてきません。その理由の一つは、(曲を歌う時に)レガートが欠けていることでしょう。これが一つです。

 

There's also if you have legato it will reduce the squeeze or excessive compression that might be in your voice.

 

次に、レガートで歌えば、してしまっているかもしれない、声の締め付けや過剰なコンプレション* を減らすこともできるでしょう。

 

*訳注:過剰なコンプレッションというのは、声帯を必要以上に締め付けてしまっている状態のことです。

 

You'll also have a more effortless sound. You'll be able to sing longer phrases. It's going to demand that your breath support, you're holding of air back with the body, is increased. It's going to give you greater control over your voice overall.

 

それから、無理なく声が出せるようにもなるでしょうし、長いフレーズも歌えるでしょう。息の支え(体の中に息を保つこと)も高まるでしょうし、全般的な声のコントロールも増すことでしょう。

 

And then finally legato singing tends to be more beautiful than anything else. So you're going to have a more beautiful sounding voice if you can master your legato.

 

最後に、レガート唱法は他のどの唱法よりも美しいものです。ですから、レガートをマスターできれば、より美しく響く声を手に入れることができます。

 

So you want all these things in your voice. I'm sure you do.

 

以上のことは、全て声に欲しいことですよね。間違いないでしょう。

 

曲例:ビートルズの「イエスタデイ」

 

So what I'm going to do right now is show you some legato in a song. And then we're going to do an exercise in a minute.

 

では次に、曲中でのレガートをお見せしていきましょう。そのあとすぐにエクササイズをやっていきます。

 

So I'm going to take Yesterday by the Beatles and show you how legato works in some songs. Here we go.

 

ザ・ビートルズの「イエスタデイ」を例にとって、曲中でどのようにレガートが使われるかを見ていきましょう。

 

(Song)

 

(歌)

 

So now that's a legato song. It's very smooth, the lines are long and it's graceful as the lines go on.

 

この曲はレガートの曲ですね。とても滑らかで、フレーズは長く、美しく続いていきます。

 

But what if I miss some of my legato? What if I have a little legato problem? What might happen is something like this...

 

ここで、もしレガートが欠けるとどうなるでしょうか?レガートに少し問題があるとどうなるでしょうか?起こり得るのはこんな感じのことです。

 

(Song)

 

(歌 - 途切れ途切れに)

 

Now you heard the difference? I allowed myself to not have as good of legato. How did I do it? I let myself lock up on the consonants more than I did the first time.

 

違いは聴き取れましたか?レガートがあまりうまくないような感じで歌ってみました。どうやったのかと言うと、最初に歌った時よりも子音で声が止まってしまうようにしたのです。

 

And that's the the key thing that gets in the way of people's legato, is locking on the consonants. Take a listen again...

 

シンガーのレガートを邪魔する主な原因は、子音で声を止めてしまうことにあります。もう一度聴いてみてください。

 

“Why she had to go, I don’t know” “Had to go, I don’t know” “Why she had to go I don’t know”

 

「ホワイ・シー・(子音で途切れ途切れに)ハド・トゥー・ゴー・アイ・ドン・ノウ」「(子音で途切れ途切れに)ハド・トゥー・ゴー・アイ・ドン・ノウ」「(滑らかに)ホワイ・シー・ハド・トゥー・ゴー・アイ・ドン・ノウ」

 

So If I let myself be smooth through the consonants and not lock on each one, I get a greater legato line.

 

子音を滑らかに通過して、それぞれ止めないようにすると、より優れたレガートのフレーズになります。

 

So you guys totally hear it in a song. Legato versus getting locked up and interfering with the legato line.

 

というわけで、曲中でのレガートをはっきりと聴くことができましたね。「レガート」対「子音で声を止めてレガートのフレーズを邪魔すること」でした。

 

エクササイズ:止まりがちな子音を使って「ボーゴードー」

 

So now what I'm going to do is create a very mean exercise for you where I give you some consonants that we tend to lock up on, and give you a chance to move smoothly through them. This is going to give you a chance to practice being legato in a very unfriendly situation.

 

それでは、とても意地悪なエクササイズを作ったので、みなさんにやってもらいましょう。レガートを止めてしまう傾向のある子音を使って、その間を滑らかに移動する練習です。レガートで歌いにくい状況でも滑らかに歌うための練習になるでしょう。

 

So this exercise is crazy. We're going to do “Boh Goh Doh”. “Boh Goh Doh”. The b, the g, and the d are all things that we tend to get locked on when we sing. So it's going to be weird.

 

このエクササイズはヤバいですよ。「ボーゴードー」をやっていきます。「ボーゴードー」。BとGとDは全部、歌う時にレガートが止まってしまう傾向にある子音なので、変な感じになるでしょう。

 

We're going to do this... “Boh - Goh - Doh” With the tendency of course being... “Boh - Goh - Doh” And having all that [tension] in the consonant. But you're going to do... “Boh - Goh - Doh” And get those locked consonants to be smooth.

 

こんな感じです。「ボーゴードー」。なりやすいのは、言うまでもなく、この感じです。「(途切れ途切れに)ボッゴッドッ」。子音で声を緊張させてしまいます。でも今からやるのは「(滑らかに)ボーゴードー」です。声を止めがちな子音を滑らかにしましょう。

 

So guys are gonna be down here... [piano] Ladies up here... “Boh - Goh - Doh” And here we go together, legato.

 

男性は下で(ピアノ)女性は上で「ボーゴードー」。それでは一緒にレガートをやっていきましょう!

 

(Exercise)

 

(エクササイズ)

 

Awesome job. So that was a challenge. I know it's a tongue twister. I know it's very easy to get locked up on stuff. But that gives you a big old challenge for getting legato through a tough situation.

 

よくできました!今回のエクササイズはチャレンジでしたね。早口言葉のようなもので、声がすごく止まりやすかったと思いますが、やりにくい状況でもレガートを手に入れるための、大きなチャレンジでした。

 

So I think you guys see it - the importance of legato and some ways to navigate it in challenging setups. And I know it's going to make a huge difference in your voice, Aaron and all, if you master those legato skills in your technique exercises and also in your song work.

 

というわけで、レガートの重要性と、やりにくい状況でもうまくレガートで通り抜ける方法がわかったかと思います。そして、レガートの技術をテクニックのエクササイズや曲の練習でマスターできれば、アーロンさんやみなさんの声に大きな変化がもたらされることでしょう。

 

終わりに

 

So I hope that's been helpful for you guys today as singers. If you've got questions that you'd like to see us answer on the show you can send an email to Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

今回の内容がシンガーのみなさんの役に立てばと思います。このショーで答えてほしい質問があれば、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてくださいね。

 

So we just encourage you don't lose the joy, don't lose the passion, get with a great voice teacher in your area or if you guys are in the New York City area or you want to Skype with one of our staff, you can visit us at www.NewYorkVocalCoaching.com.

 

歌う喜びや情熱を失わないようにしましょう。あなたの住む地域で素晴らしいヴォイスティーチャーを見つけましょう。ニューヨークでレッスンを受けるか、NYVCのスタッフとスカイプをしたければ www.NewYorkVocalCoaching.com にアクセスしてみてください。

 

And I also encourage you to download our free app. It's for iPad, iPhone, hopefully more in the future. A lot of great resources, tips, articles, great stuff to help you guys get to the next level with your singing voice.

 

無料のアプリもダウンロードしてみてくださいね。iPhone/iPad用ですが、他の機種にも今後対応できればと思います。たくさんの教材や歌のコツ、記事などがあり、みなさんが自身の歌声を次のレベルへと持っていけるよう応援しています。

 

Or if you like these videos you can also visit www.VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

それか、動画を気に入ってもらえたのなら www.VoiceLessonsToTheWorld.com にアクセスしてみてくださいね。

 

I'm Justin Stoney. We'll see you next time.

 

ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!

 

------------------------------------------------------

 

以上、今回はレガートに関してのエピソードでした。いかがでしたか?

ご意見、ご感想はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は、Justin Stoney氏の許可のもと掲載しています。無断転載はおやめください。

 

NYVCのこと、ブログの運営者、レッスン

 

New York Vocal Coachingについて

New York Vocal Coaching (NYVC) は、ニューヨークを代表するヴォーカルスタジオのひとつです。創設者のジャスティン・ストーニーは世界的に有名なヴォーカルコーチで、NYVCはアメリカ国内外の多くのメディアに取り上げられています。

また、NYVCのYouTubeチャンネルは、21万人以上* の登録者がいる人気チャンネルです。無料で多くのビデオを公開していて、世界中のシンガーのためにヴォーカルの上達に役立つ情報やエクササイズを届けています。

NYVCのウェブサイトなどは基本全て英語ですが、とても広範囲にわたる情報を届けているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 *2019年10月現在

 

newyorkvocalcoaching.com

 

www.youtube.com

 

ブログの運営者について

このブログを運営している佐藤剛寿は、ジャスティン・ストーニーの直接指導のもと、New York Vocal Coaching 40-Hour Voice Teacher Trainingを修了したヴォーカルコーチです。

僕がジャスティンを知るようになったきっかけは、YouTubeです。いつものようになんとなくYouTubeを見ていたら、ジャスティンの動画がおすすめに出てきて、「どんな人だろう?」と初めて彼の動画を見た瞬間、「この人の教え方は、すごい!!」とすぐにわかりました。

彼自身の持っている声の技術の高さ。わかりやすい理論と伝え方。声や歌に対する寛容な考え方。そして、モチベーションを上げてくれる言葉。全てが驚きでした。

それから毎日、一生懸命彼の動画を見て、一緒に歌う日々が始まりました。僕はもともと歌うことが大好きでしたが、ジャスティンのことを知ってからはその楽しさが大きく増しました。

ニューヨークに行って彼のティーチャー・トレーニングを受けたのは、彼のようなレッスンを、日本のシンガーにも届けたいと思ったからです。

彼がたくさんの動画を作って、レッスンを受けられない人にもヴォーカルの情報やエクササイズを提供しているように、僕もその翻訳ブログという形で、少しでも日本のみなさんに良い情報を届けたいと思っています。

翻訳にはわかりづらいところもあるかもしれませんが、少しでもみなさんのヴォーカルライフに役立てば幸いです。ご感想、ご意見、ご質問はいつでも歓迎します!

 

レッスンについて

動画や文章に触れて自分で練習するだけでも声を改善していくことはできますが、一人ではわからないこともあると思います。そういう時はぜひ直接レッスンを受けてみてください!

僕のレッスンではニューヨークで学んだことを活かして、クライアントのみなさんが声をより自由に使えるように、一人一人に合わせたエクササイズを提供しています。

また、ヴォーカル技術の向上と併せて、アレンジャー・ソングライターとしての視点から、スタイルを作っていくお手伝いをしています。

そして、歌う喜びを感じられるように、良い環境を作っていきたいと思っています。

ニューヨーク仕込みのエクササイズを、ぜひ体感してみてください!

 

ヴォーカルレッスンのお問い合せ、お申し込みはウェブサイトからどうぞ。

 

レッスン概要

https://www.takahisasatomusic.com/lesson

 

お問い合せ、お申し込み

https://www.takahisasatomusic.com/contact