Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 6「ビブラートのスピード」【VLTTW翻訳】

今回はジャスティン・ストーニーによる「ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールド」の翻訳シリーズ、エピソード6「ビブラートのスピード」です。どうぞお楽しみください ;)
 
Ep. 6 "Vibrato Speeds" - Voice Lessons To The World 
エピソード6「ビブラートのスピード」
 
元の動画はこちら
Hi everybody. My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.
 
みなさん、こんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチング(NYVC)創設者のジャスティン・ストーニーです。
 
Welcome to Episode 6 of Voice Lessons To The World, the show we want to help you guys as singers by answering your questions from all over the world.
 
ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード6へ!このショーでは世界中からの歌に関する質問に答えていくことで、シンガーのみなさんを応援していきたいと思っています。
 

今週の質問:ビブラートのスピードは速くできる?

 
I'll give you a chance to ask questions later but for now the question for the week comes from Kyle C. in Grand Rapids Michigan.
 
みなさんが質問する機会についてはあとで説明するとして、今週の質問はミシガン州グランド・ラピッズのカイル・Cさんから来ています。
 
And Kyle writes, "Dear Justin, I've always been told my vibrato is too slow. Was I just born this way? Or is there something I can do to fix it?"
 
ジャスティンさん、こんにちは。ビブラートのスピードが遅すぎると言われ続けてきました。これは生まれつきのものなんでしょうか?それとも直す方法はありますか?」
 
Now Kyle, that's an awesome question. And I'll answer that in 3 parts. First of all, what is vibrato? Second of all, do I need vibrato? And third of all, can I change the speed of my vibrato?
 
カイルさん、とても良い質問ですよ。今回は3つのパートに分けて答えたいと思います。最初に、ビブラートとは何か。次に、ビブラートは必要か。最後に、ビブラートのスピードは変えられるのかです。
 

1. ビブラートとは?

 
So first of all, what is vibrato? Now I know a lot of you guys know this. But there's some people out there that might not.
 
まずはじめに、ビブラートとは何なのでしょうか?多くの人は知っていると思いますが、知らない人もいるかもしれませんね。
 
Vibrato is a stylistic effect that's used in the voice. It's essentially a small pitch bend of any given note and it's a fast oscillation or vibration of the note and that's why it's called vibrato. So it flutters or bends quickly as the note is sustained.
 
ビブラートとは声に使われるスタイル上のエフェクトのことです。ある音のピッチを上下に曲げることであり、その音を速く揺らす(Vibration)ことなので、ビブラート(Vibrato)と呼ばれています。音を伸ばすときにピッチを素早く曲げるのです。
 
The bend is not enough to actually sorta change the feel of the pitch. But the note actually does move up and down. So let me show you what that sounds like.
 
ピッチの感覚が変わってしまうほどは曲げませんが、実際に音を上下に動かします。どういう音なのかお聞かせしましょう。
 

ストレート・トーン

 

If I use no vibrato it sounds like this: On a me, "me me me me me." That's no vibrato, or straight tone.
 
 

ビブラート

 
Now with vibrato it sounds like this: "me me me me me." Now you can hear that little flutter or vibration, "eeeee." That's vibrato.
 
 

2. ビブラートは必要?

 
Now the next question is, "do I need vibrato?" And if you're a classical or traditional singer, you use vibrato all the time. And that's great. So you do definitely need vibrato.
 
次の質問は「ビブラートは必要?」です。もしあなたがクラシックなど伝統的なスタイルのシンガーであれば、いつでもビブラートを使うことでしょう。これは素晴らしいことですから、間違いなくビブラートは必要です。
 
For pop, rock, and R&B; contemporary music singers, you actually need it too. And the big misconception out there is that vibrato is only for classical singers.
 
実はポップ、ロックやR&Bなど現代的なスタイルのシンガーにも、ビブラートが必要です。ビブラートはクラシックのシンガーだけのためのもの、というのは大きな誤解です。
 
But contemporary singers, I want you to know that you really should be working on your vibrato as well, because many many pop-rock songs - actually most pop-rock songs and R&B; songs do use vibrato.
 
ほとんどのポップ、ロックやR&Bの曲でもビブラートが使われていますから、それら現代的なスタイルのシンガーのみなさんもビブラートに取り組むべきだ、ということを知ってほしいんです。
 

曲例:「オーディナリー・ピープル」

 
So let me just show you an example of this. If I just take a song like, "Ordinary People," by John Legend, and I sing, "Cuz we're ordinary people we don't know which way to go." That sounds a little strange without vibrato.
 
ではその例を一つお見せしましょう。ジョン・レジェンドの「オーディナリー・ピープル」を歌ってみます。「コズ・ウィア・オーディナリー・ピーポー、ウィー・ドン・ノー・ウィッチ・ウェイ・トゥー・ゴー」ビブラートがないと少し変ですね。
 
But if I throw it back in, "Cuz were ordinary people maybe we should take it slow." The vibrato at the ends of those phrases actually makes the pop sound sound better.
 
ビブラートを入れると、「コズ・ウィア・オーディナリー・ピーポー、メイビー・ウィー・シュド・テイク・イット・スロー」各フレーズの最後のビブラートがサウンドを良くしてくれます。
 
So pop, rock, R&B;, country, contemporary music you do actually use vibrato as well. So I would work on that.
 
というわけで、ポップ、ロック、R&Bやカントリーなど現代の音楽でもビブラートを使うのがわかりましたね。練習していきましょう。
 

3. ビブラートのスピードは変えられる?

 
But then the next question is, can we change the speed of it? That's a great question Kyle, because a lot of people think, "Well I can sing with vibrato, but my vibrato is my vibrato. I can't change it." And that's not actually true.
 
そして最後の質問は「ビブラートのスピードは変えられる?」です。カイルさん、素晴らしい質問ですよ。多くの人が「ビブラートで歌うことはできるけど、私のビブラートは私のビブラート。変えることはできないでしょ」と思っていますからね。実はそんなことはありません。
 
If your vibrato is too slow, Kyle, I want to just show you what the rate of a vibrato that our ear really accepts is and show you kinda what it sounds like as I move from too slow to right on.
 
カイルさん、ビブラートのスピードが遅すぎるのなら、私たちの耳が好むビブラートの速さがどのくらいなのかと、遅すぎるところからちょうどいい速さまで変えていくとどんな声になるのかをお見せしたいと思います。
 
So our ear - it's been determined - likes the sound of 6 hertz per second when we hear vibrato. So that's 6 of those little flips. 6 hertz of those little pitch bends per second.
 
これは明らかになっていることなのですが、私たちの耳は1秒間に6ヘルツのビブラートを好みます。6回揺れるということですね。1秒間に6ヘルツのピッチベンドです。
 
So I'm gonna take my voice from one hertz to 6 hertz so that you can see the difference as I shift my voice in terms of its rate.
 
では声を使って1ヘルツから6ヘルツまで速さを変えていくので、違いを見つけてみてください。
 

デモンストレーション:1ヘルツから6ヘルツまで

 
So let's take an "a" vowel. If I do one hertz, "a a a a" Now 2 hertz, "aa aa aa a" Now 3 hertz, "aaa aaa aaa a" Now 4, "aaaa aaaa aaaa aaaa" Now 5, "aaaaa aaaaa aaaaa aaaaa" And now 6 "aaaaaa aaaaaa aaaaaa aaaaaa"
 
 
And when I’m on 6, "aaaaaa" Now it's starting to sound like the vibrato that I'm used to hearing.
 
「エエエエエエイ」と6回のとき、聴き慣れている感じのビブラートになりますね。
 
So clearly, Kyle, if I can just change the rate of my vibrato, the amount of hertz, or flips per second - and clearly vibrato is something that can be manipulated or changed.
 
ですからカイルさん、ビブラートの速さ - 1秒に何ヘルツ、何回揺れるのか - が変えられるということは、間違いなくビブラートは操作したり変えたりできるものだということですね。
 
Now you don't need to be able to do something crazy like that like changing the hertz of your vibrato at home. That's not necessary. But the point is, yes, you can change it.
 
ビブラートのヘルツを変えるようなおかしなことをできるようにする必要はないですが、要するにビブラートのスピードは変えることができるということです。
 
And so if you know that you can change it and then you go to mess with it and to play with it. You're going to find out that you can do faster or slower vibratos depending on the situation.
 
このことを知っていれば、ビブラートのスピードを変えたり、いじったり、それで遊んだりできます。シチュエーションによって速いビブラートも遅いビブラートもできるということがわかることでしょう。
 
Couple reasons why your vibrato might be too slow, Kyle, might be a depressed larynx, might be too much air, maybe you imitated somebody that had a really slow vibrato in the past. Sometimes it's due to a lack of resonance in the voice. It could actually be a lot of things.
 
カイルさん、ビブラートが遅すぎるのにはいくつか理由が考えられます。喉頭(のど)の下げ過ぎや、息の吐き過ぎ、それかもしかしたら以前に遅いビブラートで歌っている人の真似をしたせいかもしれません。声の共鳴が足りないせいということもあります。様々な原因が考えられます。
 
But, I just want you to know that your vibrato speed is not stuck. It's not set in stone. You weren't born that way. You can change it.
 
ただみなさんに知っておいてほしいのは、ビブラートの速さは固定ではないということです。変えられないものではないのです。生まれつきのものでもありません。変えられるのです。
 
And just knowing that you can change it, hopefully will inspire you to go and play with that on your own and find a vibrato that's closer to what our ear really loves to hear.
 
変えられるという事実を知ることが、自分のビブラートで遊んでみて、耳に心地良いビブラートを探していくことにつながればと思います。
 
So I hope that's been helpful for you guys as singers. If you have questions that you like to see answered on the show you can send an email to:
 
今回の内容がシンガーのみなさんの役に立てば幸いです。このショーで答えてほしい質問がある場合は、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてくださいね。
 
We just encourage you not to lose the joy, don't lose the passion. Never let anybody tell you, you can't sing, because you and I know that's just not true.
 
歌う喜びや情熱を失わないようにしましょう。「ヘタクソ!」などとは誰にも言わせないでください。それが本当のことではないと、あなたも私も知っていますから。
 
Just keep practicing and working hard every day. If you guys are in New York City check us out at: www.NewYorkVocalCoaching.com.
 
毎日練習を頑張り続けましょう。ニューヨークにいるのなら、 www.NewYorkVocalCoaching.com をチェックしてみてくださいね。
 
And if you like these videos you can visit: www.VoiceLessonsToTheWorld.com.
 
動画を気に入ってもらえたのなら、 www.VoiceLessonsToTheWorld.com にアクセスしてみてくださいね。
 
 
I'm Justine Stoney. See you next time.
 
ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!
 

------------------------------------------------------

 

以上、今回はビブラートのスピードに関するエピソードでした。いかがでしたか?

ご意見、ご感想はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は、Justin Stoney氏の許可のもと掲載しています。無断転載はおやめください。

 

NYVCのこと・ブログ運営者のこと・レッスンのこと

NYVCのこと、このブログの運営者のこと、レッスンのこと…

さらに詳しく知りたい方は、チェックしてくみてください!

 

New York Vocal Coaching (NYVC) のウェブサイトはこちら(英語)

 

ブログ運営者・佐藤剛寿のレッスンに関してはこちら