Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 61「広母音『オウ』」【VLTTW翻訳】

今回はジャスティン・ストーニーによる「ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールド」の翻訳シリーズ、エピソード61「広母音『オウ』」です!どうぞお楽しみください ;)

 

Ep. 61 "The Open "Oh" Vowel" - Voice Lessons To The World

エピソード61「広母音『オウ』」

 

元の動画はこちら

www.youtube.com


目次

 

Hi everybody! My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.

 

みなさん、こんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチング創設者のジャスティン・ストーニーです。

 

Welcome to episode 61 of Voice Lessons To The World, the show where we want to help you guys as singers by answering your questions from all over.

 

ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード61へ。このショーでは世界中のみなさんからの質問に答えていくことで、シンガーのみなさんを応援していきたいと思っています。

 

今週の質問:母音についてもっと教えて!

 

And I'll give you a chance to ask questions later, but our question for this week comes from Rodrigo C. in Valencia Spain.

 

みなさんが質問する機会についてはあとで説明するとして、今週の質問はスペイン、バレンシアロドリゴ・Cさんから来ています。

 

And Rodrigo writes simply, "Dear Justin, more vowel videos please!"

 

質問はシンプルですね。「ジャスティンさん、こんにちは。母音に関する動画をもっとお願いします!」

 

Thank you so much, Rodrigo, for that. And I suppose what that means is that today I get the choice of what vowel we're going to work on. So I chose for us today the open Oh vowel.

 

ありがとうございます、ロドリゴさん。今回どの母音に取り組むかは私が選んでいいということですよね。というわけで、今回は広母音の「オウ* 」を選びました。

 

*訳注:一般的に英語の “Oh” はカタカナだと「オー」と書きますが、後述のように今回は主に英語の二重母音である “Oh” を扱っているので、一部「オウ」と表記しています。

 

1. 「オー・マイ!」「オウ」の特徴

 

So first, we're going to start off with this such an important vowel with "Oh My" - the Characteristics of Oh. The characteristics of Oh are so, so important to get right.

 

まず最初に「オー・マイ!」とても重要な母音「オウ」の特徴から始めましょう。「オウ」の特徴を正しく理解することはとても重要です。

 

二重母音

 

In American English, at least, we have Oh actually as two sounds. It's a diphthong. We talked about diphthongs in the past.

 

アメリカ英語の場合、「オウ」は二つの音でできています。二重母音なのです。二重母音については以前に話しましたね。

 

So an American Oh vowel would be O plus U, O-oo. So we really have two vowel sounds for our Oh vowel.

 

アメリカの母音「オウ」は「オ」と「ウ」を足した「オウ」です。母音「オウ」は2つの母音の音でできています。

 

アメリカ対イタリア(その他の国)

 

But in other languages, say Italian, the Oh vowel is O. And many languages have the O vowel. So it could be O-oo or O or some other variations. But in any case we need to get the Oh vowel right when we sing.

 

ですが他の言語(例えばイタリア語など)では、母音「オウ」は「オ(オー)」です。母音「オ」は多くの言語で見られます。「オウ」や「オ」などのバリエーションがあるということです。いずれにせよ、歌う時は母音「オウ」を正しく理解する必要があります。

 

暗い母音

 

Now the Oh vowel is not just a diphthong in some and a pure vowel in others. In all languages an O vowel is a round vowel or a dark vowel.

 

母音「オウ」は二重母音であったり、純粋な母音であったりするだけではありません。すべての言語において母音「オ」は丸くて暗い母音なのです。

 

So a bright vowel would be something like an AY vowel or maybe an E vowel. And a dark vowel would be something like O, or maybe OO, or for example UH. But O is one of our darker vowels.

 

明るい母音と言ったら「エイ」や「イー」などで、暗い母音と言ったら「オウ」や「ウー」あるいは「ウ* 」などです。「オ」は暗い母音の一つですね。

 

*訳注:英語の母音の数は日本語のそれよりも多いですね。ここでは二種類の「ウ」について話していますが、どちらも暗い母音です。

 

So today we're going to be discussing what are some of the problems of Oh, what are some of the benefits of Oh. We're going to look at a song and I'm going to give you some exercises to practice working on your Oh vowel.

 

今回は「オウ」の何が問題なのかと、何が利点なのかについて、いくつか話していきます。それから曲例を見ていき、母音「オウ」を練習できるエクササイズもやっていきます。

 

2. 「オー・ノー!」「オウ」の問題点

 

So, let's first talk about “Oh no”: the Problems of the Oh vowel.

 

それでは最初に「オー・ノー!」母音「オウ」の問題点について話していきましょう。

 

唇が使われていない

 

Some of the problems that I see with the Oh vowel are, first of all, that people don't use their lips enough when they do the Oh vowel.

 

母音「オウ」で見られる問題の一つは、「オウ」と発音する時に十分に唇を使わないことです。

 

Oh is Oh. You have to use your lips to do the Oh. If I don't use my lips at all, which is sometimes very common, I'm gonna have to use something else.

 

「オウ」は「オウ」です。「オウ」を発音するには唇を使う必要があります。唇を全く使わないとしたら(よくあることなのですが)、何か別のものを使う必要があるでしょう。

 

Watch. “Oh, oh.” I can still make Oh. “Oh, oh.” But now my tongue is having to pull back to make that Oh sound. We don't want that tongue retraction. So we need to get the lips busy. “Oh, oh.” You have to get some lip involvement in your Oh vowel.

 

見てください。「(唇を使わずに)オウ、オウ」これでも「オウ」の音は作れます。「(唇を使わずに)オウ、オウ」でもこの時「オウ」の音を作るのに舌を引き下げてしまっています。舌の引っ込みはよくないですね。ですから唇をしっかり使いましょう。「(唇を使って)オウ、オウ」母音「オウ」では唇が使われているようにしなければなりません。

 

So that's one problem is that the lips are too slack and they're not active enough in the production of the Oh.

 

これが問題の一つで、「オウ」の音を作るのに唇が緩み過ぎ、十分に働いていないことでした。

 

舌が引っ込んでしまう

 

Another problem is that tongue retraction. If the tongue is pulling back and jamming back for your O, O, that is going to cause some problems with the larynx. It's going to be stabilized by the tongue. And we don't want the tongue interfering with the larynx.

 

もう一つの問題は舌の引っ込みです。舌を引き下げ、後ろに押し込み「オ、オ」としてしまうと、喉頭(のど)の問題をもたらしてしまいます。喉頭が舌によって固定されてしまうのです。舌が喉頭の邪魔をしないようにしたいですね。

 

So, not enough lip involvement and too retracted of a tongue.

 

唇がしっかり使われないことと、舌の引っ込み過ぎでした。

 

鼻腔共鳴が欠けている

 

The other thing is this dark vowel, that Oh tends to be, can cause us to not have enough nasal resonance.

 

他に言えるのは、暗い母音である「オウ」の傾向として、十分な鼻腔共鳴が得られないことがあります。

 

Sometimes when people have a dark round vowel, they forget to add their nasal resonance. And the sound gets buried and gets too deep and lacks that ring and that shine that we love in the voice.

 

暗く丸い母音で歌う時には、鼻腔共鳴を加え忘れることがあります。そうすると声は埋もれ、深くなり過ぎ、好ましい響きや輝きが欠けてしまいます。

 

喉頭(のど)が下がり過ぎてしまう

 

The other thing is that the larynx sometimes can get shoved down and can stay too deep, too dark, when we're doing Oh. So “O, O” could get a little bit too depressed or down with the larynx.

 

それから、「オウ」で歌う時に喉頭を押し下げてしまい、声を深く、暗くし過ぎてしまうこともあります。「(深過ぎる声で)オー、オー」と喉頭を押し下げ過ぎてしまうのです。

 

So those are some of the problems with the Oh - some of the limitations.

 

以上が「オウ」の問題点と制約でした。

 

3. 「オー・イエス!」「オウ」の利点

 

Now let's talk about “Oh yes”: some of the Benefits of the Oh vowel. The benefits of the Oh vowel are many.

 

では次に「オー・イエス!」母音「オウ」の利点について話していきましょう。母音「オウ」の利点はたくさんありますよ。

 

喉頭(のど)のポジションを保てる

 

First of all, we just talked about that larynx being too far down. Well, what if your problem is that your larynx is too far up? Right?

 

まず最初に、今さっき喉頭が下がり過ぎてしまうことについて話しましたよね。では、問題が喉頭が上がり過ぎてしまうことだったらどうでしょうか?

 

A lot of people have that squeezed, high larynx. The Oh vowel could really help us get a darker, deeper, rounder larynx. Right?

 

喉頭を高くし、締め付けてしまう問題を抱えている人はたくさんいます。その点母音「オウ」は暗く、深く、丸い喉頭を得るのを促してくれます。

 

So if your sound is too bright, too high of a larynx, too squeezed, the Oh vowel is going to help you find a little bit more neutral or low larynx.

 

声が明る過ぎだったり、喉頭が上がり過ぎだったり、締め付け過ぎだったとしたら、母音「オウ」が真ん中か低いポジションの喉頭を見つけるのを促してくれることでしょう。

 

口を横に広げるのを防いでくれる

 

Another common issue people have is, of course, spreading. And hopefully - we're going to look at this in a second with a song - hopefully you're not singing Oh, but you're singing Oh. And the Oh, vocalizing on that can help prevent the spread.

 

もう一つよくある問題が、口を横に広げてしまうことです。このことに関してはこのあとすぐに曲で見ていきますが、みなさんは「(口を広げて)アウ」ではなく、「(唇を使って)オウ」と歌っているでしょうか。きちんと「オウ」で発声すると、口を横に広げるのを防ぐのに役立ってくれます。

 

あごの突き出しを防いでくれる

 

Finally, we also know that we don't want jaw thrust. And an Oh is particularly good at getting that down and back position of the jaw, alright. So we don't have this, but we have Oh with the backwards, down jaw.

 

最後ですが、あごを突き出さない方が良いのはみなさん知っていますよね。あごが下と後ろのポジションを取れるようにするのに「オウ」は特に良いのです。ですから(あごを突き出して)これではなくて、「オウ」によってあごを後ろと下の方に位置させましょう。

 

So those are a lot of the benefits that we have from doing the Oh vowel and doing it right.

 

以上が母音「オウ」の利点でした。正しくやることによって得られることはたくさんありますね。

 

4. 「オーケイ!」曲例はアナ雪から「レット・イット・ゴー」

 

So now, “Okay!” We're going to be looking at a song.

 

それでは「オーケイ!」曲例を見ていきましょう。

 

And today we're going to be working on "Let It Go" from the movie musical Frozen. I think I've heard this song about a billion times by now because so many of our young ladies here in New York and also over Skype are wanting to sing this very, very difficult song. It goes very high up into the female belt range. But it has a lot of Oh vowels which can be a challenge.

 

今回はミュージカル映画アナと雪の女王」から「レット・イット・ゴー」をやりましょう。この曲はもう数え切れないくらい聞いてきました。ここニューヨークでも、スカイプ越しでも、この難曲を歌いたい女の子はたくさんいますからね。この曲は女性のベルト* でとても高い声域まで行きます。この曲には母音「オウ」がたくさんあって、それが課題にもなり得ます。

 

*訳注:ベルト(ベルティング)とは、チェストヴォイスのように力強く聞こえる声で高い声域を歌うこと。

 

So I thought we would look at "Let It Go" from Frozen today. So this is "Let It Go". (Song)

 

というわけで、今回は「アナと雪の女王」から「レット・イット・ゴー」を見ていきたいと思います。では「レット・イット・ゴー」です。(曲)

 

Now you can see that I kept the roundness of the Oh even way up there in a high belt. I didn't have to spread it out, sort of like, “Let it go” Right? I didn't have to open and widen to hit the note. I could keep the roundness of the Oh even in the belting. “Let it go” Right? I can keep that roundness.

 

とても高いベルトでも「オウ」の丸みを保っていたのが分かったでしょう。口を広げた感じで、「レット・イット・ガウ!」とはせずに済みましたね。この音を出すのに(口を)横に広げなくても大丈夫でした。ベルティングの時でも「オウ」の丸みを保てましたね。「レット・イット・ゴウ」と丸みを保つことができます。

 

Now that's not even the highest part. The highest part also has an Oh vowel up there. It's “I don’t care what they’re going to say”

 

今のはまだ一番高いパートではなかったですね。一番高いパートにも母音「オウ」があります。「アイ・ドント・ケア、ワット・ゼイア・ゴウイング・トゥ・セイ」

 

Now you can hear that up there and that's a high E flat in a belt. I didn't have to do "gah", I did "go", right? “Going to say, let the storm rage on, the cold never bother me anyway.”

 

聞けたと思いますが、上の音はミのフラットのベルトでした。「ガー」にする必要はなくて「ゴー」でしたよね。「ゴウイング・トゥ・セイ、レット・ザ・ストーム・レイジ・オン、ザ・コールド・ネヴァー・バザー・ミー・エニウェイ」

 

So there you see that you can keep the roundness, the true purity of the Oh vowel even if you're belting sky, sky high. So that's a little bit of application of that Oh vowel to a high belt.

 

ベルティングで空高くまで行っても、母音「オウ」の純粋さと丸みが保てるのがわかりましたね。母音「オウ」の高いベルトへの応用を、少しお見せしました。

 

5. 「オー・イエス!」「ムウォーム」でエクササイズ

 

So now, “Oh yes!” We're going to do an exercise to help you guys master that Oh vowel in your technique.

 

それでは「オー・イエス!」母音「オウ」をマスターするのに役立つエクササイズをやっていきましょう。

 

So the exercise is going to be M-W-O-H-M, MWOHM. Okay? So that W sound in the front is going to round the lip corners. The M is going to bring the sound up into the nasal resonance. And then we're going to keep that nice round Oh vowel.

 

今回のエクササイズはM-W-O-H-Mで「ムウォーム」です。いいですか?前のWの音が口の両端を丸めてくれます。Mは声を上の方、鼻腔共鳴へと持っていってくれます。そして母音「オウ」の丸さを保ちましょう。

 

So, MWHOM. Try that with me.  MWOHM. So nice. Keeping that roundness, I love it. 

 

「ムウォーム」です。一緒にやってみましょう。「ムウォーム」いいですね。丸さを保てていて、とても良いです。

 

So we're going to do a pattern, 1-3-5-5-5-3-1. “MWOHM, MWOHM, MWOHM…” And you’re going to keep that round Oh the entire time.

 

(音階の)1-3-5-5-5-3-1のパターンで「ムウォームウォームウォーム…」をやっていきましょう。丸い「オウ」をずっと保ってくださいね。

 

So guys are going to be down here. “MWOHM, MWOHM, MWOHM…” Ladies up here.

“MWOHM, MWOHM, MWOHM…” And here we go together! (Exercise)

 

男性は下で「ムウォームウォームウォーム…」女性は上で「ムウォームウォームウォーム…」一緒に行きましょう!(エクササイズ)

 

Fantastic!

 

素晴らしい!

 

終わりに

 

So, Rodrigo and all, I hope that that gives you some great insights into this Oh vowel, this open Oh vowel, and what you need to do with it. Now you've got a great exercise to practice and lots of great concepts for keeping a truly great Oh vowel in your singing.

 

というわけで、ロドリゴさん、みなさん。今回の内容によって広母音「オウ」に対する理解が深まり、歌う時どうすればいいのか分かったのなら幸いです。練習できるエクササイズや、歌の中で素晴らしい母音「オウ」を保つための考え方が得られましたね。

 

If you've got questions that you'd like to see us answer on the show, you can send an email to Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

このショーで答えてほしい質問があれば、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてください。

 

So I just encourage you don't lose that joy, don't lose that passion. If you've got people that tell you you can't sing or you shouldn't sing, let it go. Just like the song says, right? Because we know that's not true. We know that if you keep working hard at your voice every day, you will get where you want to be.

 

歌う喜びや情熱を失わないようにしましょう。「ヘタクソ!」とか「歌うな!」などと言ってくる人がいても、放っておきましょう。今回の曲の歌詞のようにね* 。そんな人の言うことは正しくありませんから。毎日しっかり声の練習をし続ければ、行きたいところまでたどり着けることでしょう。

 

*訳注:アナ雪の「レリゴー」は「解き放とう」のような意味ですので、嫌なことを言ってくる人からも解放されよう!というメッセージだと思います。

 

Get with a great voice teacher in your area. Or if you guys are in the New York City area you can visit us at www.NewYorkVocalCoaching.com. Or we also do Skype with students from all around the world.

 

あなたの地域の素晴らしい先生に就きましょう。ニューヨークでレッスンを受けたければ、 www.NewYorkVocalCoaching.com にアクセスしてみてください。スカイプでも世界中の生徒さんを見ていますよ。

 

And if you like these videos I really encourage you to download our free app. It's for iPhone, iPad, and hopefully more in the future. Or you can visit www.VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

動画を気に入ってもらえたのなら、ぜひ無料のアプリをダウンロードしてみてくださいね。iPhone/iPad専用ですが、他の機種にも今後対応できればと思います。それか www.VoiceLessonsToTheWorld.com にアクセスしてみてください。

 

I'm Justin Stoney. We'll see you next time.

 

ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!

 

 

------------------------------------------------------

 

以上、今回は「オウ」の母音に関するエピソードでした。いかがでしたか?

ご意見、ご感想はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は、Justin Stoney氏の許可のもと掲載しています。無断転載はおやめください。

 

NYVCのこと、ブログ運営者のこと、レッスンのこと

NYVCのこと、このブログの運営者のこと、レッスンのこと…

さらに詳しく知りたい方は、チェックしてくみてください!

 

New York Vocal Coaching (NYVC) のウェブサイトはこちら(英語)

 

ブログ運営者・佐藤剛寿のレッスンに関してはこちら