Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 64「ビブラート2 - 速くて自由なビブラート」【VLTTW翻訳】

今回はジャスティン・ストーニーによる「ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールド」の翻訳シリーズ、エピソード64「ビブラート2 - 速くて自由なビブラート」です。どうぞお楽しみください ;)

 

Ep. 64 "Vibrato 2 - Faster Freer Vibrato" - Voice Lessons To The World

エピソード64「ビブラート2 - 速くて自由なビブラート」

 

元の動画はこちら

www.youtube.com


目次

 

 

Hi everybody! My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.

 

みなさん、こんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチング(以下NYVC)創設者のジャスティン・ストーニーです。

 

Welcome to episode 64 of Voice Lessons To The World, the show where we want to help you guys as singers by answering your questions from all over.

 

ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード64へ!このショーでは世界中からの歌に関する質問に答えていくことで、シンガーのみなさんを応援していきたいと思っています。

 

今週の質問:ビブラートを速くするには?

 

And I'll give you a chance to ask questions later, but our question for this week comes from Ana F. in Port Elizabeth, South Africa.

 

みなさんが質問する機会についてはあとで説明するとして、今週の質問は南アフリカポートエリザベスのアナ・Fさんから来ています。

 

And Ana writes, "Dear Justin, I love the vibrato videos that you've done in the past. And I'm wondering if you can help us to develop our vibrato and to make it faster?

 

ジャスティンさん、こんにちは。以前にやってもらったビブラートの動画が好きなのですが、ビブラートを速くする方法は教えてもらえないでしょうか?」

 

Now that's a great question, Ana. And I thank you so much for that and the kind words too. And we're definitely going to work more on vibrato today and in the future.

 

素晴らしい質問ですね、アナさん。それに加えて優しいお言葉にも、本当に感謝します。今回も、今後も、どんどんビブラートに取り組んでいきましょう。

 

1. ビブラートとは?

 

So let's get back on track with it! What is vibrato?

 

では、おさらいをしましょう!ビブラートとは何でしょうか?

 

Well, first of all, it's easier to show than to describe, right? “Ah” [Straight tone] That's no vibrato. “Ah” [Vibrato] That's vibrato. Right? It's a little pitch bend or oscillation, alright. 

 

まず最初は、説明するよりもお見せする方が簡単でしょう。「(ストレートに)アー」これはビブラートがない状態です。「(ビブラートをかけて)アー」これがビブラートですね。ピッチが少し曲がったり、揺れたりすることです。

 

It doesn't change the note so much that we hear a big difference. ”Ah” That would be a huge change. But we have... “Ah” A small up-and-down movement of the pitches - that's what vibrato is.

 

音名に大きな違いが聞けるほどは変えません*。「(大きく揺らして)アー」これでは変え過ぎです。そうではなくて「(小さく揺らして)アー」です。ビブラートとは、ピッチが小さく上下に動くことなのです。

 

*訳注:ビブラートの揺れは「(ドレミで言うと)レミレドレミレドレ…」などと大きく揺れるものではなく、もっと小さく揺れるものだ、ということです。

 

Vibrato can help free up your instrument and also give you a very cool stylistic effect which we're going to need for really all styles of music. So that's what vibrato is.

 

ビブラートは声を自由にするのに役立つし、すべての音楽スタイルで必要となる、とてもかっこいい歌い方も与えてくれます。これがビブラートです。

 

2. ビブラートのやり方

 

Now how is it done? Unfortunately, there's a few different vibratos, alright.

 

次に、やり方はどうでしょうか?あいにくですが、ビブラートにはいくつかの種類があります。

 

There's one that comes actually from the breathing system, which I can't really recommend.

 

呼吸器から来るビブラートがありますが、これはあまりおすすめできません。

 

There's also one that's a laryngeal vibrato that we're gonna be talking about a bit more in the future. That's not such a negative thing.

 

喉頭(のど)のビブラートもあって、これについては今後話していきますが、悪いものではありません。

 

But the best vibrato is one that comes from the vocal cords themselves. Different movements of the vocal cords, when your vocal cords move, they have a pitch bending effect, right.

 

ただ、一番良いビブラートは声帯自体から来るものです。声帯が様々な動きをすると、ピッチを曲げる効果があります。

 

As the cords stretch out, the notes go higher, and as they thicken up, the notes go lower. So when the vocal cords are free, they can move in a small motion that causes that vibrato. So that's how it's done.

 

声帯が引き伸ばされると音は高くなり、厚くなると音は低くなります。声帯が自由になると、小さな動きができ、それがビブラートをもたらします。これがビブラートのやり方です。

 

There's also a jaw vibrato that you sometimes see which is not so positive also.

 

また、あごのビブラートも時々見られますが、これもあまり良いものではありません。

 

But the vibrato that we're gonna be focusing on mostly is the one that's done by freedom to the vocal cords.

 

今回主に焦点を当てていくビブラートは、声帯が自由になることによるものです。

 

3. ビブラートがうまくいかない原因は?

 

So, let's talk, Ana, about what might be blocking your vibrato system from happening. 

 

それではアナさん、ビブラートが起こるのを止めているのは何か、その可能性について話していきましょう。

 

押し出していないか?

 

One thing might be forcing the sound. Too much chest voice, too much heaviness, too much strength - that thickness makes it hard to do vibrato. That's one thing that could be happening.

 

一つ目は、声を押し出している可能性です。チェストヴォイスに寄り過ぎたり、重過ぎたり、強過ぎたりといった声の厚さが、ビブラートをしづらくさせてしまいます。これが一つ目の可能性です。

 

締め付けていないか?

 

Another thing might be too much squeeze, too much compression on the vocal cords. That also will prevent them from having that give, that lets them move freely for vibrato. So, not too much squeezing of the actual cords.

 

二つ目は、声帯を締め付け過ぎたり、コンプレッションを強め過ぎたりしている可能性です。これもビブラートに必要な声帯の柔軟性や、自由な動きを邪魔してしまうでしょう。ですから、声帯を締め付け過ぎないことです。

 

緊張はないか?

 

The other thing could be tension, alright. It could be neck tension from thrusting the neck. Maybe you have jaw tension or tongue tension or tension in these long muscles here. These are your sternocleidomastoids, whoa... [hits piano] These guys often block singers from freedom and also the freedom that vibrato requires.

 

三つ目にあり得るのは緊張です。首を突き出すことによって首の緊張が起こっているかもしれません。あごの緊張や、舌の緊張、あるいは(首筋を指して)ここの長い筋肉の緊張かもしれません。胸鎖乳突筋です…うわー(ピアノを叩く*)。この筋肉がシンガーから自由を奪い、ビブラートに必要な自由も奪ってしまうことがよくあります。

 

*訳注:「胸鎖乳突筋」のような難しいワードが出てきたりすると、ジャスティンはピアノを叩きます(笑)彼のジョークです。

 

経験不足ではないか?

 

And then finally, maybe Ana, I don't know how long you've been singing, but sometimes just having lots of experience moving the notes around with your voice can lead to vibrato.

 

そして最後に、アナさんが歌を始めてからどのくらい経ったのかは知りませんが、単に声で音を動き回る経験* をたくさんすることがビブラートに繋がることもあります。

 

*訳注:様々な歌を歌ったり、発声のエクササイズをしたりといった経験のことでしょう。

 

Sometimes if you're a new singer out there and you don't have vibrato yet, I tell you just stay the course because as you develop freedom and agility with your voice, your vibrato often just comes in on its own.

 

歌の初心者でビブラートがまだできない人には、とにかく最後までやり抜こうと伝えることもあります。声の自由や敏捷性を育てるにしたがって、自然にビブラートができるようになることもよくあるからです。

 

But today we're also going to have a great exercise. It's gonna help you guys get more freedom to the vocal cords so that your vibrato gets either faster if it's too slow, or comes in maybe for the first time if you've been having problems getting your vibrato to work.

 

ただ、今回は素晴らしいエクササイズもあります。声帯に自由を与えるのに役立つもので、ビブラートが遅過ぎるのなら速くし、今までビブラートがうまくできなかったのなら、初めてできるようにするようなものです。

 

曲例:ジョン・レジェンドの「オール・オブ・ミー」

 

But first I'm going to show you some vibrato in a song. This is another… I've done a John Legend song in the past. I think that John Legend has a very nice vibrato as a pop and R&B singer.

 

ですがその前に、曲中でのビブラートをお見せしましょう。ジョン・レジェンドの曲は以前にもやりましたね。ジョン・レジェンドはポップやR&Bのシンガーとして、とても素敵なビブラートを持っていると思います。

 

So I'm gonna use another John Legend song. This is "All Of Me" by John Legend. And just listen for some of the vibrato nuances that I'm using. And later I'm going to describe kind of some of the things that's going on. So this is "All Of Me" by John Legend.

 

前回とは別のジョン・レジェンドの曲を使います。ジョン・レジェンドの「オール・オブ・ミー」です。ビブラートのニュアンスをよく聴いてみてください。あとでどんなことが起こっているのかを説明していきます。では、ジョン・レジェンドの「オール・オブ・ミー」です。

 

“What would I do without your smart mouth

Drawing me in and you kicking me out

I've got my head spinnin'

No kiddin', I can't pin you down

What's going on in that beautiful mind

I'm on your magical mystery ride

And I'm so dizzy, don't know what hit me

But I'll be alright

My head's under water but I'm breathing fine

You're crazy and I'm out of my mind

 

Cuz all of me loves all of you

Love your curves and all your edges

All your perfect imperfections”

 

(歌)

 

Okay, that's a little bit of "All Of Me" -  great song to sing. And you hear lots of different vibrato nuances and choices.

 

「オール・オブ・ミー」を少しやりました。歌うのに良い曲ですね。様々なビブラートのニュアンスや選択肢が聞けたでしょう。

 

Now what does too slow vibrato sound like? Well... “Cuz all of me loves all of you” Now you probably know some singers like this, right? Too slow of a vibrato, right? “Cuz all” We want to be able to control that vibrato speed.

 

では、遅過ぎるビブラートはどんな感じでしょうか?「(遅いビブラートで)コズ・オール・オブ・ミー・ラブズ・オール・オブ・ユー」こんな感じのシンガーを知っているのではないでしょうか?ビブラートが遅過ぎますよね。「(ビブラートのスピードを変えながら)コズ・オール」ビブラートのスピードはコントロールできるようにしたいですね。

 

So like I say, some of the things that prevent vibrato or slow it down is that push of the voice. “Cuz all” If I'm pushing too much chest voice on those notes, it will slow the vibrato down or prevent it.

 

それから先ほど言ったように、ビブラートを邪魔したり遅くしたりするものに声の押し出しがあります。「(声を押し出して)コズ・オール」チェストヴォイスで押し出し過ぎると、ビブラートを遅くしたり、邪魔したりします。

 

Now sometimes people, like I say, squeeze and have too much compression to the voice. “Cuz all” And that “huh” is going to stop the vibrato, bully it out or maybe slow it down.

 

声を締め付けたり、コンプレッションを強め過ぎたりする人もいます。「(声を締め付けて)コズ・オール」この「(声を締め付けて)ハー」がビブラートを止めたり、遅くしたりしてしまうかもしれません。

 

The other thing is neck tension, jaw tension, and all kinds of larynx tension. So we want to make sure that we have good alignment and freedom in the surrounding areas of the voice as well.

 

他に首の緊張や、あごの緊張、そしてあらゆる種類の喉頭の緊張があります。良い姿勢と、声の周りの部分の自由も保つようにしましょう。

 

So that's just some sense of what vibrato sounds like, again, applied to a song. And you hear the slow version, you hear the fast version and all kinds of nuances.

 

以上がビブラートを曲に当てはめるとどんな感じになるか、という例でした。遅いバージョンと、早いバージョン、そしてあらゆる種類のニュアンスが聞けましたね。

 

Now how do we get our vocal cords free enough to make vibrato happen? Now we're gonna get to an exercise.

 

では、声帯を十分に自由にし、ビブラートを起こすにはどうすればよいのでしょうか?ここでエクササイズに行きましょう。

 

エクササイズ:スタッカートで「ヒヒヒ…」

 

Today we're going to recruit staccato in order to help you guys get vocal cord agility and freedom. When we have staccato, pitches, it helps the cords re-articulate. And that re-articulation helps them to learn to move faster just like vibrato.

 

今回は声帯の敏捷性と自由を促すために、スタッカートを採用します。(同じピッチで)スタッカートを使うと、声帯の再発音が促されます。この再発音がビブラートのように速く動くことを声帯に覚えさせてくれます。

 

So today here's our exercise. It's just gonna be on a single note H-E, HE, single note staccato and vibrato.

 

今回のエクササイズはこれです。H-E「ヒー」を使って、同じ音でスタッカートとビブラートをします。

 

It sounds like this... “He-he-he…” Alright, so that's guys down there. Ladies up here... “He-he-he…” And we're gonna do it together, staccato leading to vibrato. Here we go! [Exercise]

 

こんな感じです。「ヒヒヒ…」今のは男性の高さです。女性は上で「ヒヒヒ…」それでは一緒にやりましょう。スタッカートがビブラートを引き起こすように。行きましょう!(エクササイズ)

 

Awesome stuff. That was so great. Good job with that staccato leading to vibrato. And I hope, for some of you, it sped up your vibrato or got your vibrato starting to move for the first time.

 

よくできました!素晴らしいです。スタッカートがビブラートを引き起こすようにできましたね。ビブラートのスピードが上がったり、初めてビブラートをかけられた人がいたのなら幸いです。

 

So Ana, this was a fantastic question. I think you helped a lot of singers out today by asking that. And so, go ahead and practice that exercise.

 

というわけで、アナさん、素晴らしい質問でした。今回この質問してくれたことが、たくさんのシンガーの役に立ったと思います。どうぞこのエクササイズを練習してください。

 

終わりに

 

And I hope this has been helpful for you guys today as singers. If you have questions that you'd like to see us answer on the show you can send an email to Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

今回の内容がシンガーのみなさんの役に立てば幸いです。このショーで答えてほしい質問がある場合は、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてくださいね。

 

And we just encourage you don't lose the joy, don't lose the passion. Don't you dare let people tell you that you can't sing because you and I, we both know that is false. Not true! You can do it, stay committed, keep practicing.

 

歌う喜びや情熱を失わないようにしましょう。「ヘタクソ!」などとは絶対に誰にも言わせないでください。それが間違っているのは、私もあなたも知っていることですから。あなたならできます。夢中になって練習し続けましょう。

 

Find a great voice teacher in your area or if you guys are in the New York City area, you can study with one of our staff here at New York Vocal Coaching.

 

あなたの地域の優れた先生に就きましょう。ニューヨークにいる方は、ここNYVCで私達スタッフと勉強できますよ。

 

If you like these videos, we just encourage you to download our free app. It's for iPad, iPhone, hopefully more in the future, but all kinds of free articles, videos, tips, resources, all kinds of stuff to help you guys get to the next level on your vocal journey.

 

動画を気に入ってもらえたのなら、ぜひ無料のアプリをダウンロードしてみてくださいね。iPhone/iPad専用ですが、他の機種にも今後対応できればと思います。記事、動画、歌のコツ、教材など、あらゆる種類のコンテンツで、みなさんが次のレベルへと辿り着けるよう応援しています。

 

So check out that app or you can visit www.VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

このアプリをチェックするか、もしくは www.VoiceLessonsToTheWorld.com にアクセスしてみてくださいね。

 

I'm Justin Stoney. We'll see you next time.

 

ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!

 

------------------------------------------------------

 

以上、今回はビブラートのスピードに関するエピソードでした。いかがでしたか?

ご意見、ご感想はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は、Justin Stoney氏の許可のもと掲載しています。無断転載はおやめください。

 

NYVCのこと・ブログ運営者のこと・レッスンのこと

NYVCのこと、このブログの運営者のこと、レッスンのこと…

さらに詳しく知りたい方は、チェックしてくみてください!

 

New York Vocal Coaching (NYVC) のウェブサイトはこちら(英語)

 

ブログ運営者・佐藤剛寿のレッスンに関してはこちら