Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 66「ヴォイスネット1 - Lを収監せよ!」【VLTTW翻訳】

今回はジャスティン・ストーニーによる「ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールド」の翻訳シリーズ、エピソード66「ヴォイスネット1 - Lを収監せよ!」です。どうぞお楽しみください ;)

 

Ep. 66 "Voicenet 1 - L In A Cell" - Voice Lessons To The World

エピソード66「ヴォイスネット1 - Lを収監せよ!

 

元の動画はこちら

www.youtube.com

 

目次

 

Hi everybody! My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City. Welcome to episode 66 of Voice Lessons To The World.
 
みなさんこんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチング(以下NYVC)創設者のジャスティン・ストーニーです。ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード66へ!
 

今週の質問:LとRが歌づらいのはなぜ?

 
Our question for this week comes from Charlotte H. in Honolulu, Hawaii. And Charlotte writes, "Dear Justin, the L and the R are particularly difficult to sing, especially in a song. Why are they so evil?"
 
今週の質問はハワイ州ホノルルのシャーロット・Hさんから来ています。「ジャスティンさん、こんにちは。子音のLとRを歌うのが難しくて、曲中ではなおさらです。どうしてこんなに嫌なやつらなんでしょうか?」
 
Well, Charlotte, I'm very sorry to hear of your distress. But all we know are the facts, ma'am.
 
シャーロットさん…お気持ちは痛いほどわかります。ただお嬢様、事実は明白なのです。
 

ヴォイスネット(シーン1)

 
[Investigator Music]
 
 
*訳注:おそらくアメリカの刑事もののテレビドラマシリーズ "Dragnet" のパロディーと思われます(笑)
 
Ladies and gentlemen, the story you are about to see is true. The names have been changed to protect the innocent.
 
紳士淑女の皆様、これからお聞きいただく話は真実です。名前が変わったのは罪なき人々を守るためです。
 
This is the city. I'm Sergeant Joe Stoney of the NYVCPD. I solve vocal crimes.
 
ここはニューヨーク市。NYVC警察のジョー・ストーニーだ。声犯罪を解決している。
 
The accused L. Last seen with his accomplice R. These are our most wanted vocal criminals. Real rotten apples, real bad eggs. Rumor has it they're even in cahoots with the soft palate.
 
被告人Lが最後に目撃されたのは共犯のRと共にだ。やつらは指名手配中の声犯罪者。ろくでなしのゲス野郎だ。噂によれば軟口蓋とも共謀しているらしい。
 
The L accused of conspiracy. Conspiring with the jaw for excessive tension in the neighborhood of the mylohyoid.
 
共謀により告発されているL… やつはあごと共謀し、顎舌骨付近の過剰な緊張を生み出している。
 
Disturbing the peace of innocent singers just trying to sing a song that contains L's.
 
単にLを含む歌を歌おうとしているだけの、無実であるシンガーの平穏を脅かしている。
 
Grand larceny of nasal resonance, robbing singers of mask and head resonance from already difficult musical phrases.
 
そうでなくとも難しいフレーズを歌うシンガーから、さらにマスクと頭の共鳴を奪う、鼻腔共鳴の重窃盗罪だ。
 
Disorderly conduct violating the god-given rights and freedom of the larynx by constantly holding him back with physical force.
 
暴力的に喉頭(のど)を抑え込み続けることにより、神より与えられた権利である喉頭の自由を法外に妨害している。
 
Resisting a rest, a resting position that's relaxed and tall like the NG and not fleeing into the dark shadows of the laryngopharynx.
 
子音NGのようなリラックスした高いポジションを拒絶し、咽喉頭の深い闇へと逃げ出すことで逮捕に抵抗している。
 
These are the facts, ma'am. And I for one would like to see the L in a Cell. But we're gonna need a darn good vocal tip.
 
以上が犯罪事実だ、お嬢さんよ。私個人としてはLを収監したいと思っている。だが我々に必要なのは、これを歌うコツなのだ。
 

1. 二つのL

 
Uh... okay, so I know what you guys are gonna say... Justin... do you remember what it was like before you went crazy? And no, no I don't.
 
(シーンから戻って)えーっと… みなさんの言いたいことはわかりますよ。「ジャスティンさん… おかしくなる前はどんな感じだったか覚えていますか?」うーん、覚えていないなあ…
 
But that's not the point, the point is we've got to open a criminal investigation against L because it's causing too much grief for singers all over the world. So, let's talk about it.
 
ただ問題はそこではなくて、犯罪者Lに対する捜査を始めなければなりませんよね。やつは世界中のシンガーに悲しみをもたらしているわけですから。それでは話していきましょう。
 

前のL

 
There's two kinds of L's really. There's the front L as in the word "unlawful." Right? That's a front L, "unlawful."
 
Lの種類は二つあります。単語 "unlawful" に見られる、前のLです。そうです。これは前のLですね。 "unlawful"
 

後ろのL

 
But then there's another kind of L, the back L, which is as in the word "evil, evil." Right? That's a back L.
 
そしてもう一種類のLは、単語 "evil" に見られる、後ろのLです。 "Evil" これが後ろのLです。
 
So the front L, "unlawful." And the back L, "evil."
 
前のLは "unlawful" 後ろのLは "evil" ですね。
 

2. Lの犯罪

 
Now let's talk about the crimes that L has committed against singers.
 
それではLがシンガーに対して犯してきた犯罪について話しましょう。
 

前のL

 
That front L, first. Now this L here, first of all, can often cause a lot of jaw tension. We talked about the marriage of jaw and tongue. That "Luh, luh" sound tends to lock the jaw when really we can just do "unlawful." "Luh, luh." I don't need to do "Luh." But the L causes a jaw tension.
 
まずは前のLから。このLは第一に、あごの緊張をもたらすことがよくあります。あごと舌の結婚については以前に話しましたね。この「ラー、ラー」という音はあごを固めてしまう傾向がありますが、本当は「(あごを固めずに)"unlawful" 」とできるのです。「(あごを固めずに)ラー、ラー」。「(あごを固めて)ラー」とする必要はないのですが、このLがあごの緊張をもたらしてしまいます。
 
Now the next thing is, L, the front L causes a lack of nasal resonance often, right? "Lll, Lll."
 
次に、前のLでは鼻腔共鳴が欠けてしまうことがよくあります。「ウゥゥ、ウゥゥ」
 
First we want to find it with an N sound. "Nnn, nnn." And then make that N into an L. "Nnn, nll, nnn, nll."  And then we have that nice "unlawful." And I have that buzz in my sound, that nasal resonance.
 
まずは理解するためにNの音を出しましょう。「ンー、ンー」* このNをLに入れてきます。「ンー、ンゥゥ、ンー、ンゥゥ」そうするといい感じに "unlawful" と言えますね。鼻が震える感じの、鼻腔共鳴が得られます。
 
*訳注:英語のNの音は、舌先を上の歯茎につけて「ンー」と発音します。
 
So it's the jaw and the nasal resonance. That's the front L.
 
ここまでがあごと鼻腔共鳴の話でした。これが前のLです。
 

後ろのL

 
What about the back L? That "evil, lll" that's even worse. That's got a lot of tongue retraction and we know all about tongue retraction.
 
後ろのLはどうでしょうか?この "evil"「 ウゥゥ」 はさらに嫌なやつですね。以前にもお話しした、舌の強い引っ込みをもたらしてしまいます。
 
That's going to cause the larynx to have a backwards pressure on it, right? So that it can't be free. So "evil" causes that backwards tongue.
 
喉頭(のど)が後ろに引き下がってしまい、自由ではなくなってしまうのです。このように "evil" が舌を引っ込ませてしまいます。
 
It also will prevent nasal resonance as well because we're not getting some of that high free tongue that we want and the soft palate slightly down so we get that nasal resonance.
 
高くて自由な舌の状態や軟口蓋を下げた状態を得ることができないので、鼻腔共鳴も妨げられてしまうでしょう。
 
So that fix would be as in the pronunciation "eviiiil." See my tongue? "Viiiil." I don't have to go "evillll, lll" "Eviiiil."
 
これを直す方法は「イーヴォーーール」という発音の仕方です。舌を見ましたか?「ヴォーーール」「イーヴォゥゥゥゥ」とはせずに、「イーヴォーーール」です。
 
That sounds a little strange to speak, but we're really gonna see how that applies more directly in a song.
 
これは話し声だと少し変に聞こえますが、このあと曲中に直接応用できることがわかるでしょう。
 

曲例:「アイル・ビー・シーイング・ユー」

 
So the song I'm gonna work on today is the classic jazz song "I'll Be Seeing You".
 
今回取り組む曲はジャズ・スタンダードの「アイル・ビー・シーイング・ユー」です。
 
And you're gonna see in this song "I'll Be Seeing You" that there's all kinds of L's - front L's and especially back L's - the L sound that could make this song quite difficult.
 
この「アイル・ビー・シーイング・ユー」の中にあらゆる種類のLがあることがわかると思います。この曲を思いのほか難しくしてしまう、前のLや(特に)後ろのLです。
 
So this is the classic jazz song "I'll Be Seeing You."
 
それではジャズ・スタンダードの「アイル・ビー・シーイング・ユー」です。
 
 
And you hear all of those L sounds all the way through. And so if I exaggerate the problem, we get something like this...
 
全体を通してLの音が聞けたかと思います。ここでLの問題を誇張すると、こんな感じになります。
 
 
And you get the idea. So that L gives me a lot of tongue retraction, especially those back L's. "In that small" "That small cafe" I don't have to do "small." I can do "Small cafe." And I keep my tongue up and the sound up in the nasal resonance if I don't do that L.
 
おわかりいただけたでしょうか。Lが舌の引っ込みをもたらしてしまいます。特に後ろのLです。「(Lで舌を引っ込めて)イン・ザット・スモール」「(引っ込めずに素早く)ザット・スモール」「(舌を引っ込めて)スモール」とする必要はありません。「(引っ込めずに素早く)スモール・カフェ」とできるのです。引っ込めたLさえしなければ、舌を高く、声を上に(鼻腔共鳴)保つことができます。
 
So now that's the back L. But there's a few front L's in the song too. "I'll be seeing you, in all the old familiar places" "Familiar." I could do "lll" or "nll" and get that buzzy L. "Familiar places." "Nll." And I get "nll" instead of "lll." "Familiar places." And then it's in the right spot.
 
 
So you guys can really see the application of those L sounds to a song. But next we're going to put L in a cell [sound of cell door closing] by creating a vocal exercise.
 
というわけでみなさん、Lの音を曲に応用する方法がおわかりいただけたかと思います。次はヴォーカルエクササイズでLを収監してやりましょう。
 

エクササイズ:「ヌレーン」

 
It's going to be N-L-E-H-N, "nlehn." Now I know that's a little bit of a tongue twister. "Nlehn." But we're gonna need it if the vocal justice system is gonna have its way with L and bring it out of the darkness and into the light, exposed.
 
N-L-E-H-Nで「ヌレーン」です。ちょっと言いにくいとは思いますが、「ヌレーン」です。Lに対して声の正義を貫徹し、真相を明らかにし、闇に光を灯すには、このエクササイズが必要でしょう。
 
So, "nlehn." We're gonna have guys down here. "NLEHN-NLEHN-NLEHN..." And ladies up here. "NLEHN-NLEHN-NLEHN..." And here we go together! [Exercise]
 
 
Awesome, awesome job. So thank you for helping put L in its cell.
 
とても良いですね!Lの収監にご協力いただき、ありがとうございました。
 
And Charlotte, I'm so sorry to hear of all the distress a few bad eggs have caused you with your singing. But I'm glad that we could put L in a Cell. And so, let's take a look...
 
そしてシャーロットさん… ゲス野郎どもが歌にもたらした苦痛に、改めてお見舞い申し上げます。Lを収監できてなによりです。やつの様子を見てみましょうか…
 

ヴォイスネット(シーン2)

 
[Investigator music]
 
 
L, we've gotcha right where we want ya. What do you have to say for yourself?
 
Lよ、お前の居るべきとこに入れてやったぞ。何か言うことはあるか?
 
"Lllllllll!"
 
「ウゥゥゥゥ!」
 
Mmhmm. Anything else you'd like to add, L?
 
そうか。他に付け加えたいことはあるか、L?
 
"Llll Llll L Lllll."
 
「ウゥゥ、ウゥゥ、ウゥゥ…」
 
Mhm. Sad. Any last words, L?
 
哀れな。最後に何かあるか、L?
 
"La la la la la la la..."
 
「ラララララララ…」
 
Book him, boys!
 
逮捕しろ!
 
"Lll lllll llllll L lllll."
 
「ウゥゥ、ウゥゥ、ウゥゥ…」

 

------------------------------------------------------

 

以上、今回は子音Lをうまく歌う方法に関するエピソードでした。いかがでしたか?

ご意見、ご感想はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は、Justin Stoney氏の許可のもと掲載しています。無断転載はおやめください。

 

NYVCのこと・ブログ運営者のこと・レッスンのこと

NYVCのこと、このブログの運営者のこと、レッスンのこと…

さらに詳しく知りたい方は、チェックしてくみてください!

 

New York Vocal Coaching (NYVC) のウェブサイトはこちら(英語)

 

ブログ運営者・佐藤剛寿のレッスンに関してはこちら