Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 67「ヴォイスネット2 - Rを収監せよ!」【VLTTW翻訳】

今回はジャスティン・ストーニーによる「ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールド」の翻訳シリーズ、エピソード67「ヴォイスネット2 - Rを収監せよ!」です。どうぞお楽しみください ;)

 

Ep. 67 "Voicenet 2 - R Behind Bars" - Voice Lessons To The World

エピソード67「ヴォイスネット2 - Rを収監せよ!

 

元の動画はこちら

www.youtube.com


 

目次

 

 

Hi everybody! My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.

 

みなさん、こんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチング創設者のジャスティン・ストーニーです。

 

Welcome to episode 67 of Voice Lessons To The World and part two of our two-part series “The L and the R - Partners in Crime.”

 

ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード67、「LとR - 共犯者たち」二部作のパート2へ!

 

今週の質問:LとRが歌いづらいのはなぜ?

 

If you can remember Charlotte H. of Honolulu, Hawaii wrote, "Dear Justin, the L and the R are particularly difficult to sing, especially in songs. Why are they so evil?”

 

ハワイ州ホノルルのシャーロットさんの質問を覚えているでしょうか。「ジャスティンさん、こんにちは。子音のLとRを歌うのが難しくて、曲中ではなおさらです。どうしてこんなに嫌なやつらなんでしょうか?」

 

Well, again, Charlotte, very sorry to hear of your distress. But all we know are the facts, ma'am.

 

改めて、シャーロットさん…お気持ちは痛いほどわかります。ただお嬢様、事実は明白なのです。

 

ヴォイスネット(シーン1)

 

[Investigator music]

 

(シーンが変わって)ヴォイスネット

 

Ladies and gentlemen, the story you are about to see is true. The names have been changed to protect the innocent.

 

紳士淑女の皆様、これからお聞きいただく話は真実です。名前が変わったのは罪なき人々を守るためです。

 

This is the city. I'm Sergeant Joe Stoney of the NYVCPD. I solve vocal crimes.

 

ここはニューヨーク市。NYVC警察のジョー・ストーニーだ。声犯罪を担当している。

 

The accused, R. One of our most wanted vocal criminals. Last seen with his accomplice L, who, I'm happy to say, is safe behind bars thanks to a great vocal tip we received last week.

 

被告人Rは指名手配中の声犯罪者だ。最後に目撃されたのは共犯のLと共にだが、先週の優れた歌のコツによってLを収監でき、安全が保たれているのは幸いなことだ。

 

The R we believe is still in cahoots with the soft palate.

 

Rのやつは未だに軟口蓋と共謀しているに違いないだろう。

 

R, accused of breaking and entering. Breaking nasal resonance, causing the tongue to retract and enter the laryngopharynx.

 

Rは不法侵入で告発されている。鼻腔共鳴を脅かし、また舌を引っこませ、咽喉頭に押し込ませている。

 

Assault, using physical force to hold the larynx down and back.

 

力で持って喉頭を下げさせる、暴行の容疑だ。

 

Aiding and abetting the L and the soft palate in a massive inner web of vocal evil, ultimately contributing to the soft palate's attempt to rise to power.

 

巨大な悪の巣窟の中、Lと軟口蓋による犯罪を幇助し、軟口蓋による力の増大に寄与している。

 

Neglect of lip corners, not even attempting to use the very God-given device that could save singers in peril from tongue retraction.

 

口尻 - 舌の引っ込みの危険からシンガーを救い得る、神より与えられた器官 - これを使おうとすらせず、ないがしろにしている。

 

Loitering, hanging around in darkened forbidden places where us vocal cops can't see him.

 

声警官の見ることができない、侵入が禁止された闇の場所を動き回る、徘徊罪だ。

 

These are just the facts, ma'am. And I for one would like to see the R behind bars, right next to his pal, L. But it's gonna take a great vocal tip.

 

以上が犯罪事実だ、お嬢さんよ。私個人としてはRを、共犯者のLと同じ場所に収監したいと思っている。だがこれには優れた歌のコツが必要だ。

 

1. 二つのR

 

Yep... Uhhh... Now I know what you guys are gonna say. Justin, it looks like you've been doing too many hiss contests these days. [hits piano]

 

(シーンから戻って)はあ…えーっと…みなさんの言いたいことはわかりますよ。「ジャスティンさん、最近ちょっとヒス・コンテストをやり過ぎじゃないですか?*」

 

*訳注:おそらく、最近ふざけたエピソードが多いのでみんな呆れてるよ、と自虐しているジョークかと思います(笑)

 

And no, I know, I know. But R is such a pesky problem that we're really gonna have to open a criminal investigation against R.

 

いや、そりゃわかってますよ。ただRというのはやっかいな問題なので、Rに対する犯罪捜査を始めないといけないのです。

 

Now I'm not talking about the trill that we talked about in the past. The [trill] sound or [rolled] sound. That's a different R, that's really a trill.

 

Rと言っても以前に話したトリルのことではありませんよ。「(巻き舌で)ルルルラ」という音は違うR* で、これはトリルです。

 

訳注:イタリア語やスペイン語などの言語では、Rは巻き舌で発音します。英語のRは巻き舌とは違いますよね。

 

I'm talking about the front R as in the word “rascal” and the back R as in the word “harmful.” Right? Front R, “rascal” and back R, “harmful.”

 

今話しているのは “rascal” という単語に見られる前のRや、”harmful” という単語に見られる後ろのRです。前のRが “rascal” で、後ろのRが “harmful” です。 

 

2. Rの犯罪

 

Okay, so now let's look at the crimes that R has really committed against singers.

 

それでは、Rがシンガーに対して犯してきた罪を見ていきましょう。

 

前のR

 

That front R, we tend to have a problem using the lips to do it. So if I have that word “rascal”, and I don't use my lips, “rascal”, then my tongue is gonna be jamming back for the R.

 

前のRにありがちなのは、唇を使うかどうかの問題です。 ”Rascal” という単語を唇を使わずに “rascal” とすると、舌が引っ込んでしまいます。 

 

Instead, I could use my lips and keep my tongue in that great position to sing. Not retracted, but high and tall. [Demonstrates R with lips] So if I use my lips the tongue is solved.

 

そうではなく唇を使えば、歌うのにちょうどいい舌のポジションを保てます。舌を引っ込めずに、高く保ちましょう。「(唇を使って)ルー」唇を使えば、舌の問題は解決します。

 

The next thing is it could lack nasal resonance, that front R. So we make the R more like an M... [Demonstrates sound] And then change that M to an R. [Demonstrates sound] “Rascal.” And now it's in a great place to sing. So that's the deeds that you see that front R committing.

 

次に、前のRでは鼻腔共鳴が欠けてしまうことがあります。ですからRをむしろMのようにしましょう。「(Mを使って)ンー*」そしてMからRに変えていきましょう。「ンー、ルー、ンー、ルー、ンムラスカル」こうすると良いポジションで歌えます。以上が前のRが犯した罪でした。

 

訳注:英語の「ン」はM, N, NGの3種類があります。Mは唇を閉じた状態で「ン」と発音します。日本語のマ行でゆっくり「ンマ、ンミ、ンム…」と発音した時の、「ン」の部分がMの音です。ちなみにここでは同時に唇をすぼめていますね。

 

後ろのR

 

Now the back R is even worse as in the word “harmful.”

 

一方で “harmful” という単語に見られる後ろのRは、もっと嫌なやつです。

 

That is a real tongue retraction that we tend to do when we have that back R sound. And again, that's a tongue retraction.

 

この後ろのRの音で起こりがちなのが、舌の引っ込みです。

 

It also braces the larynx, it doesn't give the larynx freedom with all that retraction. And we also tend to raise the soft palate too much and again, block that nasal resonance. So it's all an inter web of vocal crimes going on.

 

そのせいで喉頭(のど)も固めてしまい、自由でなくなってしまいます。さらに軟口蓋も上がりがちで、鼻腔共鳴を塞いでしまいます。これこそまさに声犯罪の巣窟なのです。

 

So what are we gonna do about that back R? Well, we can keep the tongue actually forward and tall and the resonance up here with the R.

 

では後ろのRに対してはどうすればよいのでしょうか?後ろのRでは舌を前に、高く、また共鳴を上の方に保ちましょう。

 

I can do “harmful.” [Demonstrates forward tongue] Right? Watch my tongue, harmful. [Demonstrates forward tongue] I don't have to do “harmful”, [Demonstrates back R] which is gonna cause a big problem for me as a singer.

 

そうすれば「(舌を前に保って)ハームフル」とできます。舌を見ていてくださいね、「ハームフル」。「(舌を引っ込めて)ハームフル」と必要はありません。歌うのに大きな問題が出てきますから。

 

曲例:「ミス・サイゴン」より「ホワイ・ゴッド・ホワイ」

 

So you're really gonna see this in a song example. So the song we're gonna look at is "Why God Why?" from the musical “Miss Saigon.”

 

それでは曲を使ってこの問題を見ていきましょう。ミュージカル「ミス・サイゴン」から「ホワイ・ゴッド・ホワイ」です。

 

And you're gonna see that this song has a lot of challenging R's in it, which could make it very difficult to sing. So here's "Why God Why?" from the musical “Miss Saigon.” 

 

この曲には歌うのには難しいRがたくさん入っているのがわかるでしょう。ではミュージカル「ミス・サイゴン」より「ホワイ・ゴッド・ホワイ」です。

 

“Why God, why this face

Why such beauty in this place

I liked my memories as they were

But now I'll leave remembering her

Just her”

 

(歌)

 

So you see that there's a lot of er’s, some pullback of tongue that wants to happen. Now I was singing... [Demonstrates] which I would recommend with that higher more forward tongue, not the [Demonstrates] that tends to happen with R.

 

“Er” * がたくさんあるのがわかったでしょう。舌を引っ込めたくなるものです。今の歌い方は舌を高く、前に保つ「(舌を前に保って)アーゥ」というおすすめの歌い方で、Rに起こりがちな「(舌を引っ込めて)ゥゥゥ」という歌い方ではありませんでした。

 

*訳注:”were” や “her” など、語尾のRがフレーズの最後にありますね。

 

So, “I liked my memories as they were” Oh man... “As they were” “As they were” And then I get that pull back... “As they were” And that's the more tall forward tongue that fixes that R problem.

 

「アイ・ライクド・マイ・メモリーズ・アズ・ゼイ・(舌を引っ込めて)ワー」あちゃー…「アズ・ゼイ・(舌を前に保って)ワー」。「アズ・ゼイ・(舌を引っ込めて)ワー」引っ込めてしまいましたね。「アズ・ゼイ・(舌を前に保って)ワー」こうやって舌を高く、前にすれば、Rの問題が直せます。

 

Now that's the back R. What about the front R? The [demonstrates] sound. There's some of that too.

 

今のは後ろのRでしたが、前のRはどうでしょうか?「ゥラ」という音です。これもいくつかありましたね。

 

“I liked my memories as they were, But now I'll leave remembering” So, not [demonstrates] but [demonstrates], right? Small lips and nasal resonance. “Remembering” [demonstrates] That pulls me out of there. But “Remembering” [demonstrates front R] and not [demonstrates back R.] Right? So that's the front R.

 

「アイ・ライクド・マイ・メモリーズ・アズ・ゼイ・ワー、バット・ナウ・アイル・リーブ・リメンバリング」「ゥゥラ」ではなく「ンムラ」ですね。すぼめた唇と、鼻腔共鳴です。「(舌を引っ込めて)リメンバリング、ゥゥラ」これでは引っ込んでしまっていますが、「(唇と鼻腔共鳴を使って)リメンバリング、ンムラ」とし、「(舌を引っ込めて)ゥゥゥ」としないことです。これが前のRです。

 

So there's the back R [demonstrates] and the front R [demonstrates] in application to a song. But next we're gonna put R behind bars [sound of cell door closing] with a vocal exercise.

 

というわけで、後ろのRと前のRが曲に応用できましたね。次はヴォーカルエクササイズを使ってRを収監してやりましょう。

 

エクササイズ:「ンムラーム」

 

And it's gonna be M-R-A-R-M, “mrarm.” Now it's kind of a tongue twister, yes. “Mrarm.” But I promise you it's all for the benefits of the justice system. Right? [demonstrates front R] That's gonna give you that small and nasally resonant R at the front.

 

M-R-A-R-Mで「ンムラーム」です。言いにくいですよね。「ンムラーム」でもこれは司法の恩恵を受けるためなのです。「ンムラ」これですぼめた唇の、鼻腔に共鳴した前のRができるようになります。

 

And then, “arm”, that's gonna help you keep the tongue forward and tall through the sound. So you're gonna get the front and back R both, with “mrarm.” Alright?

 

そして「アーム」は舌を前に、高く保つのに役立つでしょう。前と後ろ、両方のRが「ンムラーム」でできますね。

 

So, loose jaw, high relaxed forward tongue and buzzy resonance. So here we go with guys down here “mrarm.” “mrarm - mrarm - mrarm…” And ladies here “mrarm - mrarm - mrarm…” and here we go together! [Exercise]

 

まとめると、緩んだあご、高くリラックスし前に位置させた舌、そして鼻腔共鳴です。男性は下で「ンムラーム…」女性は上で「ンムラーム…」です。それではみなさん一緒に行きましょう!(エクササイズ)

 

Awesome job. I think that will help you guys to fix those R's, front and back. And finally put R behind bars. But, let's take a look.

 

よくできました!このエクササイズは前と後ろ両方のRを直すのに役立つだろうと思います。そしてついにRを収監できましたね。ちょっと様子を見てみましょうか。

 

[Investigator music]

 

(シーンが変わって)VOICENET

 

R, you're going right to the slammer. Right alongside your pal, L. What do you have to say for yourself?

 

Rよ、おまえはすぐに刑務所行きだ。共犯のLと共にな。何か言うことはあるか?

 

“Rrrrrrrrr rrr rrrrrrrr.”

 

「ゥゥゥゥゥ…」

 

Mmmhmm. Anything you'd like to add R?

 

そうか。他に付け加えたいことはあるか、R?

 

“Rrrrrrarrrrrrrrrroworw.”

 

「アーゥ、アーゥ…」

 

Any last words R?

 

最後に何かあるか、R?

 

“Rararararararararara.”

 

「アララララ…」

 

Book him, boys!

 

逮捕しろ!

 

“Rrrrrrrr rrrr rrr arr ar arrroowr. Rrrr.”

 

「アーウー…」

 

------------------------------------------------------

 

以上、今回は子音Rをうまく歌う方法に関するエピソードでした。いかがでしたか?

ご意見、ご感想はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は、Justin Stoney氏の許可のもと掲載しています。無断転載はおやめください。

 

NYVCのこと・ブログ運営者のこと・レッスンのこと

NYVCのこと、このブログの運営者のこと、レッスンのこと…

さらに詳しく知りたい方は、チェックしてくみてください!

 

New York Vocal Coaching (NYVC) のウェブサイトはこちら(英語)

 

ブログ運営者・佐藤剛寿のレッスンに関してはこちら