Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 63「ヘッドヴォイスのパワー!」【VLTTW翻訳】

今回はジャスティン・ストーニーによる「ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールド」の翻訳シリーズ、エピソード63「ヘッドヴォイスのパワー!」です。どうぞお楽しみください ;)

 

Ep. 63 "Head Voice POWER!" - Voice Lessons To The World

エピソード63「ヘッドヴォイスのパワー!」

 

元の動画はこちら

www.youtube.com


目次

 

Hi everybody! My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.

 

みなさん、こんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチング(以下NYVC)創設者のジャスティン・ストーニーです。

 

Welcome to episode 63 of Voice Lessons To The World, the show where we want to help you guys as singers by answering your questions from all over.

 

ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード63へ!このショーでは世界中からの質問に答えていくことで、シンガーのみなさんを応援していきたいと思っています。

 

今週の質問:ヘッドヴォイスは強くできるの?

 

And I'll give you a chance to ask questions later, but our question for this week comes from Allison C. in Walnut Creek, California.

 

みなさんが質問する機会についてはあとで説明するとして、今週の質問はカリフォルニア州ウォルナットクリークのアリソン・Cさんから来ています。

 

And Allison writes, "Dear Justin, my belt and my chest voice and mix are very strong but my head voice is very weak. I can't sing legit or classical songs because my head voice is always so thin. Can I make my head voice powerful like my chest voice?

 

ジャスティンさん、こんにちは。ベルト* と、チェストヴォイスと、ミックスはとても強く歌えるのですが、ヘッドヴォイスがとても弱いです。ヘッドヴォイスがとても細いので、クラシックの歌曲などが歌えません。ヘッドヴォイスをチェストヴォイスのように力強くすることはできますか?」

 

*訳注:ベルト(ベルティング)とは、チェストヴォイスのように力強く聞こえる声で高い声域を歌うこと。

 

It's a fantastic question Allison, and that's really true. So many of us are working on the connected registers to get them power and tone, but what about the disconnected registers? These ones up here, can those be strong as well? And absolutely they can.

 

素晴らしい質問ですよ、アリソンさん。本当ですよね。繋がった声区* のパワーや声質に取り組んでいる人は多いですが、繋がっていない声区* についてはどうでしょうか?(裏声で)上の方のこの声も強くできるんでしょうか?ええ、もちろんできますよ。

 

*訳注:アリソンさんの悩みで言うと、繋がった声区=彼女の得意なチェストヴォイス系、繋がっていない声区=彼女の苦手なヘッドヴォイス系、ということです。

 

So today we're gonna learn how to get some more power into your head voice.

 

というわけで、今回はヘッドヴォイスのパワーを得る方法を学んでいきましょう。

 

1. ヘッドヴォイスとは?

 

But first we need to talk about some terms. What is head voice?

 

まず最初に、いくつか用語について話す必要があります。ヘッドヴォイスとは何でしょうか?

 

用語は様々

 

Now I know we've talked about this a little bit in the past. The thing to keep in mind is that terminology is very different depending on which teacher you talk to, which school, which method, there's no standard in the voice.

 

これに関しては以前に少し話しましたよね。覚えておいてほしいのは、用語はどの先生に相談するかや、それぞれの学校(学派)、教え方によって大きく違いがあり、声の世界では基準が無い、ということです。

 

So people use a lot of different words to describe the same thing. And that can be very confusing for singers. So just know that the terms really vary. It doesn't really matter as long as we're using the same language for what we're talking about.

 

同じことを説明するのに、違う言葉が使われているということです。シンガーにとってはとても紛らわしいことかもしれませんね。ですから、用語には違いがあるのを知っておいてください。このショーの中で同じ言葉を使っている限りは大丈夫ですね。

 

女性のヘッドヴォイスは男性のファルセットと同じ

 

So today what we're gonna say is that a female head voice is essentially the same thing as a male falsetto. That's typically what we're saying.

 

その上で今回定義するのは、女性のヘッドヴォイスは基本的に男性のファルセットと同じだということです。NYVCでは通常そう言っています。

 

When the female voice disconnects it goes into head voice. Same thing when the male voice disconnects it goes into falsetto. Actually, a male head voice is kind of a mix, but a female head voice is very much like a male falsetto.

 

女性の声が(声を裏返して)裏返ると、ヘッドヴォイスに行きます。同じように、男性の声が(声を裏返して)裏返ると、ファルセットに行きます。正確には男性のヘッドヴォイスはミックスの一種ですが、女性のヘッドヴォイスは男性のファルセットにとてもよく似ています。

 

So those are the words that we're gonna be using today. We're going to have an episode basically that helps females get a stronger head voice and males get a stronger falsetto. It's gonna be about the equivalent.

 

以上が今回使う用語です。このエピソードでは、女性はより力強いヘッドヴォイスを、男性はより力強いファルセットを手に入れられるようにしていきます。この二つ(女性のヘッドヴォイスと男性のファルセット)は大体同じことです。

 

2. どうやって力強くするの?

 

So then how do we get a stronger head voice if we're a female and a stronger falsetto if we're a male? Here's some really great tips, I think, to help you guys get some more strength in that register.

 

では、女性ならより力強いヘッドヴォイスを、男性ならより力強いファルセットを得るにはどうすればいいのでしょうか?私が思う、この声区で力強さを得るためのコツを紹介します。

 

低い喉頭(のど)

 

First of all, we need to be able to lower the larynx, right? We know that lots of different larynx positions are effective for great vocal technique. But a low larynx invites more possibility for power into the voice. So we need to be able to lower the larynx.

 

まず最初に、喉頭を下げられることが必要です。優れたヴォーカルテクニックのためには様々な喉頭(のど)のポジションが効果的ですよね。低い喉頭は声にパワーを加える可能性をもたらしてくれます。ですから、喉頭を下げられることが必要ですね。

 

Remember, a high larynx is a kind of brighter, squeezier sound, perhaps. Right? And we can use that larynx. A neutral larynx, is very much like my speaking voice. It's natural. And a low larynx is a little bit looser and a little bit deeper, right?

 

(高い喉頭のポジションで)高い喉頭は明るく、締め付けた感じの声になるのを覚えていますか?このポジションも使えます。中間の喉頭は、話し声とほとんど同じです。自然ですね。(低い喉頭のポジションで)低い喉頭では、声帯が少し緩み、少し深い感じの声になりましたね。

 

So, high larynx. [Demonstrates high larynx] Neutral larynx. [Demonstrates neutral larynx] Low larynx. [Demonstrates low larynx]

 

まとめると、(それぞれのポジションでしゃべって)高い喉頭、中間の喉頭、低い喉頭、という感じです。

 

We have to be able to do a low larynx sound in order to invite more power up into those coordinations. That's one thing.

 

ヘッドヴォイスなどの高い声区にパワーをつけるには、低い喉頭の声ができなくてはなりません。

 

緩んだあご

 

Next thing is the jaw. We need to make sure that we don't have thrust, or a hole to the jaw or too small of a jaw position, or just overall jaw tension when we're singing. So we have to be able to loosen. Later we're gonna do an exercise to help you with all of these things.

 

次はあごです。あごを突き出したり、あごを膨らましたり、あごのポジションが小さ過ぎたり…全般的にあごの緊張がないようにしましょう。緩めることができなくてはなりません。あとでこれら全てに役立つエクササイズをやりましょうね。

 

息の支え

 

You're also gonna need great breath support in order to get power. We can't be blasting the cords. They won't be able to withstand it.

 

パワーを得るにはしっかりした息の支えも必要でしょう。声帯に対して息を強く吐き出してはいけません。声帯はそれに耐えることができないでしょう。

 

So you can't be breathing like this. [Exhales] Or have too much slam from down here. [Exhales] We have to have control, breath support, alright - holding the air back with the body.

 

こんな感じで息をしてはいけません。「(胸で)フーッ!」お腹からでも息を強く吐きすぎるのはダメです。「(お腹で)フーッ!」体の中に息を保つような、コントロールと息の支えがなくてはなりません。

 

Breathing and then keeping the air somewhat in the body, that creates subglottic pressure which will help you to be strong up top.

 

息を吸ったあと、それをある程度体の中に保つことが声門下圧を生み、上の方で力強く歌うのに役立つことでしょう。

 

大胆になろう!

 

And then finally we need to make sure that you guys are bold. Right?

 

そして最後に、大胆になる必要がありますよね。

 

A lot of times, and it doesn't matter whether it's chest voice or the head voice power that we're talking about today, there's a lack of energy. Not breath, but energy. Commitment, boldness, willingness to make a big or perhaps ugly sound. Right?

 

よくあるのは、チェストヴォイスか、今回話しているヘッドヴォイスかに関わらず、エネルギーが足りないことです。息ではなくて、エネルギーです。大きな声、あるいは醜い声でも出すぞ、という決心や、大胆さ、意志です。

 

If you're always trying for perfection, you're always trying to place it and make a perfect sound, you're never going to be able to develop power in your voice. There's a certain sense of going for it that you're going to need in order to be powerful up here.

 

いつも完璧になろうとしていたり、置きに行って完璧な声を出そうとしているのなら、声のパワーを育てることは決してできないでしょう。上の方で力強くあるには、ある意味で思い切りの良さが必要でしょう。

 

Again, later we're gonna do an exercise so that you guys can practice. But know that you can't hold back, you can't judge your sound too much, if you want to develop strength to the voice. You have to be willing to make a mistake and also to let it out.

 

もう一度言いますが、あとでみなさんが練習できるようにエクササイズをやります。ただ、声の力強さを育てたいなら、押さえ込んだり、自分の声をジャッジし過ぎたりしてはならないということを覚えておいてください。失敗をいとわず、声を解放していかなければなりません。

 

3. 曲例:「ユール・ネヴァー・ウォーク・アローン」

 

So we're going to work on that later, but let me first show you in a song what a powerful head voice or a powerful falsetto would be in comparison to the thinner one. And then we're gonna try practicing getting some strength for you guys.

 

ということで発声にはあとで取り組みますが、まずは曲の中で、力強いヘッドヴォイスやファルセットが、薄いものと比べるとどういうものなのかをお見せしましょう。そのあとでみなさんが力強さを得られるような練習に挑戦していきます。

 

So this is, 'You'll Never Walk Alone" by Rodgers & Hammerstein. And this is really a female classical or traditional musical theater song. But I'm going to show you how it sounds to have some strength and power up into those registers of the voice.

 

曲例はロジャース&ハマースタインの「ユール・ネヴァー・ウォーク・アローン」です。この曲はまさに、女性のクラシックや伝統的なミュージカルの曲ですね。上の方の声区に力強さやパワーを与えるとどういう声になるのか、お見せしましょう。

 

“Walk on, walk on

With hope in your heart

And you’ll never walk alone

You’ll never walk alone”

 

(歌)

 

So that's the sound of my falsetto or, if you're a female, your head voice, with some strong rich tone even though it's in a disconnected register.

 

これがそのファルセット(女性ならヘッドヴォイス)で、繋がっていない声区でも力強く豊かな声にできます。

 

Okay, now if I let my voice do some of the things that we talked about, if I have poor breath support, a high larynx, and a lack of boldness, I could get... [Song] Right? And it instantly loses its.... [Song] that I'm getting from all of those qualities.

 

仮に今回話したような、息の支えがなく、喉頭が高く、大胆さがかけた声で歌うと… (歌・弱々しい声で)こんなふうになってしまいますよね。とたんに(歌・力強い声で)という、力強さの性質すべてを失ってしまいます。

 

エクササイズ:H-W-A-Wで「フウォー」

 

So now we're ready for an exercise. And when you guys do it, let's remember the qualities that we talked about, right. Low larynx, loose dropped jaw, boldness in the sound and good breath support.

 

これでエクササイズの準備はできましたね。このエクササイズをする時は、今回話してきた性質を思い出しましょう。低い喉頭、緩く落ちたあご、声の大胆さと、しっかりした息の支えです。

 

The exercise that we're gonna do today, we're not gonna have guys down here, ladies up here. We're gonna have guys and ladies in the same register. And we're gonna do H-W-A-W. HWAW! Okay, so say that for me, H-W-A-W, HWAW. That's fantastic.

 

今回のエクササイズでは、男性は下、女性は上、というふうには分けません。男性も女性も同じ声区でいきましょう。H-W-A-Wで「フウォー*」をやります。言ってみてください、H-W-A-Wで「フウォー」素晴らしい!

 

*訳注:AWなので、「ア」と「オ」の中間くらいの母音です。つまり「フウォー」と「フワー」の間くらいです。

 

So now we're gonna do a 1-5-1 on HWAW, starting right here, “HWAW.” And remember, as we go up, we're dragging that power so don't let it go to a thinner register on top. Stay buff. (Exercise)

 

それでは、1-5-1で「フウォー」をやっていきましょう。ここから始めます。「フウォー」高いところに行ってもパワーを引っ張り、一番上で薄い声区に行かないようにするのを覚えておいてください。強くあり続けて!(エクササイズ)

 

Okay, fantastic stuff! So that exercise hopefully helps you guys to drag some more power up into falsetto if you're a male and head voice if you're a female. So you can start developing that extra power on top that you'll love to have for your voice.

 

すばらしい出来です!男性ならファルセット、女性ならヘッドヴォイスのパワーを上まで引っ張ってくのに、このエクササイズが役立ったのなら幸いです。これで上の方に、みなさんが欲しがるような、更なるパワーを育てることができますね。 

 

終わりに

 

So Alison and all, I hope that that's been helpful for you guys today as singers. If you have questions that you'd like to see us answer on the show, you can send an email to Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

というわけで、アリソンさん、みなさん。今回の内容がシンガーのみなさんに役立てば幸いです。このショーで答えてほしい質問がある場合は、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてくださいね。

 

So we just encourage you don't lose the joy, don't lose the passion. Don't let people tell you that you can't sing. You and I both know that is not true. Keep working hard on your voice every day. Whether it's the chest voice or the head voice coordinations, work everything.

 

歌う喜びや情熱を失わないようにしましょう。「ヘタクソ!」などとは言わせないでください。それが本当のことではないのを、私達は知っています。声の練習を毎日頑張り続けましょう。チェストヴォイスでも、ヘッドヴォイスでも、何でもやりましょう。

 

Get with a great voice teacher in your area. Or if you guys are in the New York City area or you want to Skype with one of our staff, you can visit us at www.NewYorkVocalCoaching.com.

 

あなたの地域の優れた先生に就きましょう。ニューヨークにいる方や、NYVCのスタッフとスカイプをしたい方は、 www.NewYorkVocalCoaching.com にアクセスしてみてくださいね。

 

And if you like these videos, I encourage you to download our free app. It's for iPhone, iPad, and hopefully more in the future. A lot of great resources, tips, articles, videos, so many things there. Free stuff to help you guys grow as singers. So you can download that app or visit www.VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

動画を気に入ってもらえたのなら、無料のアプリをぜひダウンロードしてみてください。iPhone/iPad専用ですが、他の機種にも今後対応できればと思います。教材、歌のコツ、記事、動画など、盛りだくさんの内容でシンガーのみなさんの成長を応援しています。このアプリをダウンロードするか、 www.VoiceLessonsToTheWorld.com にアクセスしてみてくださいね。

 

I'm Justin Stoney. We'll see you next time.

 

ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!

 

------------------------------------------------------

 

以上、今回はヘッドヴォイスのパワーに関するエピソードでした。いかがでしたか?

ご意見、ご感想はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は、Justin Stoney氏の許可のもと掲載しています。無断転載はおやめください。

 

NYVCのこと・ブログ運営者のこと・レッスンのこと

NYVCのこと、このブログの運営者のこと、レッスンのこと…

さらに詳しく知りたい方は、チェックしてくみてください!

 

New York Vocal Coaching (NYVC) のウェブサイトはこちら(英語)

 

ブログ運営者・佐藤剛寿のレッスンに関してはこちら