Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 62「息が切れてしまう!」【VLTTW翻訳】

今回はジャスティン・ストーニーによる「ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールド」の翻訳シリーズ、エピソード62「息が切れてしまう!」です!どうぞお楽しみください ;)

 

Ep. 62 "Running Out Of Breath" - Voice Lessons To The World

エピソード62「息が切れてしまう!」

 

元の動画はこちら

www.youtube.com



目次

 

Hi everybody! My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.

 

みなさん、こんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチング創設者のジャスティン・ストーニーです。

 

Welcome to episode 62 of Voice Lessons To The World, the show where want to help you guys as singers by answering your questions from all over.

 

ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード62へ!このショーでは世界中のみなさんからの質問に答えていくことで、シンガーのみなさんを応援していきたいと思っています。

 

今週の質問:息が切れないようにするには?

 

And I'll give you a chance to ask questions later, but our question for this week comes from Alex K. in Yangon, Myanmar.

 

みなさんが質問する機会についてはあとで説明するとして、今週の質問はミャンマーヤンゴンのアレックス・Kさんから来ています。

 

And Alex writes, "Dear Justin, I'm always running out of breath when I sing. Is there something I can do to not run out of breath so fast and so often?"

 

ジャスティンさん、こんにちは。歌う時にいつも息が切れてしまいます。早く切れないようにしたり、切れる回数を減らしたりするにはどうしたらいいですか?」

 

Now Alex, that's a spectacular question. Because so many singers are struggling with this issue of running out of breath too fast.

 

アレックスさん、素晴らしい質問です。息切れの問題に苦しんでいるシンガーは多いですからね。

 

Now today we're going to talk about why that happens and how to fix it. We're going to look at a song and also give you a great and very challenging exercise to help you to fix this problem.

 

今回は息切れが起こる理由と、その直し方について話していきましょう。曲例を一つ見てから、この問題を直すのに役立つ、とても挑戦しがいのあるエクササイズもやっていきましょう。

 

1. 息が切れてしまう原因

 

But, first of all, running out of breath is not what you'd expect. Most of the time we think, “I’m running out of breath because I don't have enough. I don't have enough air.”

 

まず最初に、息切れの原因ですが…みなさんが期待するようなこととは違います。みなさんのほとんどは「十分に吸えていないから息が切れるんだ」と思うことでしょう。

 

But actually, as you guys are going to see, it's not so much about how much air you have. Usually, as a singer, taking more air is a mistake. It makes singing harder.

 

ただ、実際は - このあとわかることですが - 息をどれだけ吸っているかとはあまり関係がないのです。たいていの場合、シンガーにとって、より多く息を吸うことは間違いです。歌うことをより難しくしてしまいます。

 

What we want to do is make the breath that you have more efficient. So that's what we're going to be talking about today as we discover how to not run out of breath.

 

やりたいのは、呼吸をより効率的にすることです。今回話していく内容はこれで、息が切れないようにする方法を見つけていきましょう。

 

So, why do we run out of breath? A couple reasons.

 

では、なぜ息が切れるのでしょうか?原因はいくつかあります。

 

息の支え

 

First of all, it might be our breath support. Maybe we're slamming the air out from taking a high breath and then slamming [Exhales] that air. I'm going to run out super fast.

 

まず最初は、息の支えです。胸式呼吸で吸った息を強く吐き出してしまっているかもしれませんね。これだとすごく早く息が切れてしまうでしょう。

 

But it's not just from the high breath that we don't want. Even our small, simple, low breath, we could still slam it. [Exhales] Or still slam it... [Exhales] Right?

 

ただ、これは胸式呼吸だけの問題ではありません。小さくて、シンプルな腹式呼吸を使ったとしても、「(お腹から強く)フーッ!」と吐き出したり、「(脇から強く)フーッ!」と吐き出したりできてしまいます。

 

So good breath support is maintaining the air that you take. You don't need a lot, but what air you take - make sure you're keeping it in the body and not letting it out too fast. So that's one thing.

 

つまり、良い息の支えとは吸った息を保つことなのです。たくさん吸う必要はありませんが、吸った息は体に保ち、早く吐き出し過ぎないようにしましょう。これが一つ目です。

 

喉頭(のど)のポジション

 

The next thing that might surprise you is larynx position. If you're singing with too low of a larynx, you're going to run out of breath more quickly.

 

次は、驚くかもしれませんが、喉頭(のど)のポジションです。歌う時に喉頭を低くし過ぎると、より早く息を切らしてしまうでしょう。

 

That's right. A low larynx causes air to get through quicker. Whereas a high larynx causes it to get through less quickly.

 

そうです。低い喉頭のポジションではより早く息を通過させてしまいます。一方で高い喉頭のポジションは息をより遅く通過させます。

 

Now I know so many of you are working on your low larynx situations. This is positive. I don't want you to stop. It's hard to keep the larynx neutral or low. So, do practice that and do have that in your technique.

 

みなさんの多くは低い喉頭での歌い方に取り組んでいますよね。これは良いことなので、やめないでください。喉頭を中間や低いポジションに保つのは難しいことですから、これを練習して、テクニックとして持っておきましょう。

 

But also be careful. If you're singing with too low of a larynx for the situation, you're going to run out of breath more quickly.

 

ただ、同時に気を付けなければなりません。低過ぎる喉頭のポジションで歌うと、より早く息を切らしてしまいます。

 

声帯のコンプレッション

 

A related topic is compression. How tight are the vocal cords?

 

関係するトピックにコンプレッションがあります。声帯がどのくらい閉まっているかのことです。

 

And I don't mean strained, but if you're singing breathily, you are leaking more air through the vocal cords. A breathy sound is more leaky than a nice, clean, solid sound. 

 

締め付けるという意味ではありませんが、息混じりで歌っているとしたら、それは声帯を息が通過し、漏れているということです。息混じりの声では、純粋な、しっかりした声よりも息が漏れています。

 

So, there's nothing wrong with breathiness as we know. But if you're using a breathy sound you should know that the air is getting through more quickly. And you're going to lose it faster than in your clean sound.

 

息が混じること自体、何も悪いことではないのは知っていますよね。ただ、息混じりの声を使っている時は、より早く息を通過させている、ということを知るべきです。純粋な声よりも息を早く失ってしまうことでしょう。

 

口のポジションと声量

 

Next is your mouth position and also your volume. If you're singing with a mouthy, loud situation you're using more air. More is getting out the front and more is getting out because you're getting louder.

 

次は、口のポジションと声量です。口を大きく開き、大声で歌っているとしたら、より多くの息を使っていることになります。口から息がどんどん出ていってしまうのは、声を大きくしているからです。

 

So situations where you're opening the front and using force out the front, that will also cause you to run out of breath too quickly.

 

口を大きく開き、力でもって押し出す。これも早く息を切らしてしまう原因でしょう。

 

So those are some reasons that people are running out of air too fast.

 

以上が、息を早く切らしてしまう原因でした。

 

2. 曲例:ジェローム・カーンの「オール・ザ・シングス・ユー・アー」

 

Now today we're going to look at a song called "All The Things You Are". It's a classic jazz song from the Jazz era by Jerome Kern.

 

さて、今回は「オール・ザ・シングス・ユー・アー」という曲を見ていきましょう。ジェローム・カーンによるジャズ・スタンダードです。

 

And I picked this song because it has super long phrases - phrases that one could easily run out of breath very quickly on.

 

この曲を選んだのは、早く息を切らしてしまいかねない、とても長いフレーズがあるからです。

 

So we're going to look at this song called "All The Things You Are"

 

では「オール・ザ・シングス・ユー・アー」を見ていきましょう。

 

“You are the promised kiss of springtime

That makes the lonely winter seem long

You are the breathless hush of evening

That trembles on the brink of a lovely song”

 

(歌)

 

Now I made it through those long beautiful phrases that Jerome Kern wrote.

 

ジェローム・カーンが書いた長く美しいフレーズを、うまく歌い切ることができました。

 

3. どうすればいいの?

 

But what if I start messing with some of these things that we talked about today? 

 

でも、もし今回話したような問題にぶち当たってしまったらどうなるでしょうか?

 

息の支えを保とう

 

What if I let my breath support go out the window and I start slamming the air?

 

息の支えをなくしてしまい、息を強く吐き出してしまったらどうなるでしょうか?

 

“You are the promised kiss of springtime

That makes the lonely winter s…” [Coughs]

 

(歌)(息を吐き出し過ぎて)

 

I couldn't quite make it with poor breath support.

 

息の支えが乏しいと、歌い切れませんでした。

 

喉頭を下げ過ぎないようにしよう

 

Now what if I decide to take too low of a larynx position? 

 

では、低過ぎる喉頭のポジションを選択したらどうなるでしょうか?

 

“You are the promised kiss of springtime

That makes…” [Coughs]

 

(歌)(喉頭を下げ過ぎて)

 

Again, I can't make it with such a low larynx.

 

低過ぎる喉頭のポジションでは歌い切れませんね。

 

声帯のコンプレッションは強く保とう

 

What about another option? What if my cords are too breathy?

 

他の選択肢ではどうなるでしょうか?声に息が混じり過ぎたら?

 

“You are the promise kiss of springtime

That makes the lonely winter…” [Coughs]

 

(歌)(息混じりの声で)

 

Oh man. I couldn't do it there either with breathy cords.

 

うげっ。息混じりの声帯でも歌い切れませんでした。

 

口の幅は狭めて歌おう

 

And then finally what about a wide production?

 

最後に、口を大きく広げたらどうなるでしょうか?

 

“You are the promise kiss of springtime

That makes the lonely winter seem long.”

 

(歌)(口を大きく広げて)

 

Phew! A little better because my larynx came up a little bit. However, still, that loud mouthy production I can't make it through like I could with my neutral, controlled, supported production that I started with.

 

ふうっ!喉頭が少し上がったので、まだマシでした。それでも、口から大声を出す歌い方では、最初にやった中間の(喉頭の)、(コンプレッションが)コントロールされた、(息の)支えのある歌い方のようには歌い切ることはできません。

 

So that's an application of some of the reasons why people run out of breath, to a sum.

 

以上が、息を切らしてしまう原因を当てはめたら、というまとめでした。

 

気を付けることのおさらい

 

So, just to recap these because we're about to apply it to an awesome exercise -

 

それでは、おさらいしましょう。これからエクササイズに応用していきますからね。

 

We want to have good breath support. You can go back to episodes like the "Hiss Contest", to work on your breath support.

 

しっかりした息の支えを持ちましょう。「ヒス・コンテスト」のようなエピソードに戻れば、息の支えに取り組めますよ。

 

Larynx position that's not too low. There's been many episodes we've done on the larynx so you can find different larynx positions. Find the right one for the song that you're doing.

 

喉頭のポジションが低過ぎないこと。喉頭に関してはたくさんのエピソードをやってきましたから、様々な喉頭のポジションを見つけられることでしょう。歌っている曲に合ったポジションを見つけてくださいね。

 

Compression, we've also talked about this. Make sure that your voice is stronger rather than weaker and breathier if you're trying to not leak air.

 

コンプレッション。これに関しても話してきましたね。息漏れしないように努めているのなら、弱くて息混じりの声ではなく、強い声を出すようにしましょう。

 

And then finally we know all about spreading as well. You can go back and look at videos on that, too. We don't want to be spreading the front. It's one of the worst habits that singers have. We want a nice narrow production.

 

最後ですが、口を広げることについても知っていますよね。これも動画があるので、戻っておさらいできます。前(口)は横に広げないようにしましょう。シンガーにとって最悪な癖の一つです。口をほどよく狭めた歌い方をしましょう。

 

4. エクササイズ:スーパー・ロング・スケール!

 

So today we're going to create an exercise for you that incorporates all of those together - neutral, solid, narrow, and supported. This is going to be awesome and also tough.

 

というわけで、今回は中間の(喉頭の)、(コンプレッションが)しっかりした、(口の幅を)狭めた、(息の)支えがある状態、この全てを取り入れたエクササイズを作りました。とても良いものであると同時に、タフなものでもあります。

 

We're going to do a super long scale on an M-E-M, MEM, five times in a row. Check this out. “MEM - MEM - MEM…”

 

M-E-M「メム」で、とても長い音階を五回連続でやっていきます。見ていてくださいね。「メンメンメム…」

 

So that's five in a row on MEM. So guys are going to be down here. “MEM - MEM - MEM…” And ladies up here. “MEM - MEM - MEM…” And here we go together! [Exercise]

 

五回連続の「メム」でした。男性は下で「メンメンメム…」、女性は上で「メンメンメム…」それでは一緒に行きましょう!(エクササイズ)

 

Awesome work, that was a fight! Good for you guys who hung in there for seven on the last one just for a little extra challenge. This is great and this is some awesome work for extending the time period that you can hold your phrases and not run out of breath.

 

よくできました、頑張りましたね!最後の一つはボーナスチャレンジで、七回連続でしたが、やり切ったみなさんはすごいですね。フレーズを保ち、息を切らさずにいられる時間を伸ばせたのは、素晴らしいことです。

 

終わりに

 

So, Alex and all, I hope that's been helpful for you guys today as singers. If you guys have questions that you'd like to see us answer on the show, you can send an email to Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

というわけで、アレックスさん、みなさん。今回の内容がシンガーのみなさんに役立てば幸いです。このショーで答えてほしい質問があれば、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてください。

 

And so we just encourage you don't lose the joy, don't lose the passion, don't let people tell you that you can't sing because you and I both know that is absolutely false, not true. You can do it. Just keep working hard on your voice.

 

歌う喜びや情熱を失わないようにしましょう。「ヘタクソ!」などとは誰にも言わせないでください。そんなことは絶対に間違いで、本当のことではありませんよね。あなたならできます。声の練習を頑張り続けましょう。

 

Get with a great voice teacher in your area, or if you guys are in the New York City area, or if you want to Skype with one of our staff, you can visit us at www.NewYorkVocalCoaching.com.

 

あなたの地域の素晴らしい先生に就きましょう。ニューヨークにいる方や、NYVCのスタッフとスカイプしたい方は、 www.NewYorkVocalCoaching.com にアクセスしてみてください。

 

And if you like these videos, I just encourage you to download our free app. It's for iPhone, iPad, and hopefully more in the future. A lot of free resources, tips, articles, great things to help you guys to grow as singers. Or you can visit www.VoiceLessonsToTheWorld.com

 

動画を気に入ってもらえたのなら、無料のアプリをぜひダウンロードしてみてくださいね。iPhone/iPad専用ですが、他の機種にも今後対応できればと思います。教材や、歌のコツ、記事など、盛りだくさんの内容でシンガーのみなさんを応援しています。それか www.VoiceLessonsToTheWorld.com にアクセスしてみてください。

 

I'm Justin Stoney. We'll see you next time.

 

ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!

 

------------------------------------------------------

 

以上、今回は息を切らしてしまう原因に関するエピソードでした。いかがでしたか?

ご意見、ご感想はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は、Justin Stoney氏の許可のもと掲載しています。無断転載はおやめください。

 

NYVCのこと・ブログ運営者のこと・レッスンのこと

NYVCのこと、このブログの運営者のこと、レッスンのこと…

さらに詳しく知りたい方は、チェックしてくみてください!

 

New York Vocal Coaching (NYVC) のウェブサイトはこちら(英語)

 

ブログ運営者・佐藤剛寿のレッスンに関してはこちら