Feel the Joy of Singing!

ニューヨーク・ヴォーカル・コーチングのジャスティン・ストーニー先生によるYouTube動画を翻訳しています。

ご挨拶と当ブログのご案内

みなさん、こんにちは!佐藤剛寿と申します。

当ブログではニューヨーク・ヴォーカル・コーチンジャスティン・ストーニー先生によるYouTube動画の翻訳を中心に、ヴォーカルの上達に役立つ情報を掲載しています。少しでもみなさんのヴォーカルライフに役立てば幸いです。

目次

 

New York Vocal Coachingとは?

New York Vocal Coaching (NYVC) はニューヨークを代表するヴォーカルスタジオのひとつです。創設者のジャスティン・ストーニーは世界的に有名なヴォーカルコーチで、NYVCはアメリカ国内外の多くのメディアに取り上げられています。

また、NYVCのYouTubeチャンネルは21万人以上* の登録者がいる人気チャンネルです。無料で多くの動画を公開していて、世界中のシンガーのためにヴォーカルの上達に役立つ情報やエクササイズを届けています。

NYVCのウェブサイトなどは基本全て英語ですが、とても広範囲にわたる情報を届けているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 *2019年10月現在

 

newyorkvocalcoaching.com

 

www.youtube.com

 

ブログの運営者について

このブログを運営している佐藤剛寿は、ジャスティン・ストーニー先生の指導のもと、New York Vocal Coaching 40-Hour Voice Teacher Trainingを修了したヴォーカルコーチで、ミュージシャンです。

僕がジャスティンを知るようになったきっかけはYouTubeです。いつものようになんとなくYouTubeを見ていたら、ジャスティンの動画がおすすめに出てきて、「どんな人だろう?」と初めて彼の動画を見た瞬間、「この人の教え方は、すごい!!」とすぐにわかりました。

彼自身の持っている声の技術の高さ、わかりやすい理論と伝え方、声や歌に対する寛容な考え方、そしてモチベーションを上げてくれる言葉。全てが驚きでした。

それから毎日一生懸命彼の動画を見て、一緒に歌う日々が始まりました。僕はもともと歌うことが大好きでしたが、ジャスティンのことを知ってからはその楽しさが大きく増しました。

ニューヨークに行って彼のティーチャー・トレーニングを受けたのは、彼のようなレッスンを日本のシンガーにも届けたいと思ったからです。

彼がたくさんの動画を作って、レッスンを受けられない人にもヴォーカルの情報やエクササイズを提供しているように、僕もその翻訳ブログという形で、少しでも日本のみなさんに良い情報を届けたいと思っています(このブログでの翻訳に関しては、ジャスティン本人から許可をいただいてやっています)。

 

ご意見、ご感想などありましたら、コメント欄までお願いします。それではどうぞお楽しみください ;) 

 

佐藤剛寿

Ep. 78「メッサ・ディ・ヴォーチェ - 本当に神となること」【VLTTW翻訳】

今回はジャスティン・ストーニー先生による「ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールド」の翻訳シリーズ、エピソード78「メッサ・ディ・ヴォーチェ - 本当に神となること」です。どうぞお楽しみください ;)

 

Ep. 78 "Messa Di Voce - To Indeed Be A 'God" - Voice Lessons To The World

Ep. 78「メッサ・ディ・ヴォーチェ - 本当に神となること」

 

元の動画はこちら

www.youtube.com


目次

 

Hi everybody! My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.
 
みなさん、こんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチング(NYVC)創設者のジャスティン・ストーニーです。
 
Welcome to episode 78 of Voice Lessons To The World, the show where we want to help you as singers by answering your questions from all over the world.
 
ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード78へ!このショーでは世界中のみなさんからの質問に答えることで、シンガーのみなさんを応援していきたいと思います。 
 

今週の質問:メッサ・ディ・ヴォーチェで声の神様になれる?

 
And I'll give you a chance to ask questions later, but our question for this week comes from Felicity M. in Santa Cruz, Aruba and Felicity writes, "Dear Justin, I've been told if I could sing Messa Di Voce I'd become a vocal god. What do you think?"
 
みなさんが質問する機会についてはあとで説明するとして、今週の質問はアルバはサンタ・クルーズのフェリシティ・Mさんから来ています。「ジャスティンさん、こんにちは。メッサ・ディ・ヴォーチェが歌えるようになれば、声の神様になれると教わってきました。どう思いますか?」
 
Well Felicity that's just an awesome question. And yes messa di voce is one of the most coveted skills in all of singing. It's so difficult that when we can do it we do become a kind of vocal hero or vocal heroine and our voice takes on a quality that's almost divine.
 
フェリシティさん、とても良い質問ですね。そうです。メッサ・ディ・ヴォーチェは歌全般において、誰もが憧れる技術の一つです。とても難しいので、これができるとヴォーカル・ヒーローやヒロインのようになり、声は神々しさを得るようになるでしょう。
 
So Felicity, I say, "O to struggle against great odds to meet enemies undaunted- to indeed be a God." Let's learn about messa di voce.
 
というわけで、フェリシティさん。「おお、大いなる困難と闘うことよ!臆することなく敵を迎え打つことよ!本当に神となることよ!*」メッサ・ディ・ヴォーチェについて学びましょう。
 
*訳注:アメリカの詩人、ウォルト・ホイットマンの "A Song of Joys" からの一節のようです。
 

1. メッサ・ディ・ヴォーチェとは?

 
So what is messa di voce? Messa di voce means to start on a single note softly to get louder and louder and then softer and softer. Check it out... ♪ Ah ♪
 
さて、メッサ・ディ・ヴォーチェとは一体何なのでしょうか?メッサ・ディ・ヴォーチェとはある音を小さく出し始めて、しだいに大きくしていき、また小さくしてくことです。こんな感じです。「(メッサ・ディ・ヴォーチェで)アー」
 
And the Italian word "messa" means "to place" or "put" and "di voce" means "the voice". It's different from "vocal placement". But this is kind of saying, if I can do that skill well I can "put" my voice wherever the heck I want. [hits piano]
 
イタリア語で「メッサ」は置くことを意味し、「ディ・ヴォーチェ」は声を意味します。これはヴォーカル・プレイスメントとは異なりますが、この技術ができるのなら、どんな場所でも置きたいところに声を置ける、というような意味です。
 

2. どうしてメッサ・ディ・ヴォーチェを歌うの?

 
But let's talk about why we need to learn messa di voce. Messa di voce emerges from the classical tradition. But really it's not just for classical singers. All singers can benefit by working on messa di voce.
 
次に、メッサ・ディ・ヴォーチェを学ぶ必要があるその理由について話しましょう。メッサ・ディ・ヴォーチェはクラシックの伝統から生まれたものですが、クラシック歌手のためだけのものではありません。メッサ・ディ・ヴォーチェに取り組むことによって、全てのシンガーがその恩恵を受けられます。
 
Now, later we're going to do an exercise for it. But think of it this way, if we can go from soft to loud to soft and back, we have control over our vocal cords. This is the very same thing we're trying to do when we work on the mix.
 
あとでエクササイズもやっていきますが、このように考えてください。小さな声から大きな声へ、そしてまた小さな声へと行けるのなら、声帯のコントロールができていることになります。ミックスに取り組むのと全く同じことをやろうとしているのです。
 
So working on messa di voce can help you develop your mix. Because we're going through all those different vocal cord coordinations, the same ones as the mixed voice.
 
メッサ・ディ・ヴォーチェに取り組むことはミックスを育てるのに役立ちます。ミックスヴォイスのときと同じように、あらゆる種類の声帯の使い方をしていくのですから。
 
We also talk on the show a lot about laryngeal control. Singers who have mastery over multiple larynx positions tend to be good at messa di voce and vice-versa. So it's great for your laryngeal control.
 
それから、喉頭(のど)のことについてもこのショーでたくさん話していますよね。様々な喉頭のポジションをマスターしたシンガーは、メッサ・ディ・ヴォーチェもうまい傾向があって、その逆もまた然りです。喉頭のコントロールにも良いですね。
 
Finally, it's great for your soulfulness. It's easy for me to say, "to indeed be a god [softly] or, "to indeed be a god" [loudly] or, "to indeed be a god". [shouts] That's easy to do in the speaking voice. But can we have that kind of dynamic and soulful control over our singing voice? That's what messa di voce can bring.
 
最後に、メッサ・ディ・ヴォーチェは感情表現にも良いのです。話し声で「(小さな声で)本当に神となることよ」と言ったり、「(中くらいの声で)本当に神となることよ」と言ったり、「(大きな声で)本当に神となることよ」と言ったりするのは簡単ですが、歌声でもそのような強弱や感情表現のコントロールができるでしょうか?メッサ・ディ・ヴォーチェがもたらしてくれるのは、そのようなことなのです。
 

3. 曲例:「レ・ミゼラブル」より「彼を返して」

 
And so next we're going to look at it in a song. Now the song I chose is, "Bring Him Home" from Les Mis. And Felicity, this has a kind of heavenly and prayerful quality to it. And it's really a perfect song for demonstrating how messa di voice can bring a song to life. So let's have some fun with "Bring Him Home".
 
次に、曲中でのメッサ・ディ・ヴォーチェを見ていきましょう。今回選んだ曲はミュージカル「レ・ミゼラブル」より「彼を返して」です。フェリシティさん、この曲には天国に祈りを捧げるような性質があって、メッサ・ディ・ヴォーチェが曲に命を吹き込む様を実演するのには完璧な曲なのです。それでは「彼を返して」で楽しんでみましょう。
 
"God on high
Hear me prayer
In my need
You have always been there"
 
 
And you hear how that push-pull of messa di voce gives this song life. Now it's very pretty just doing it softly... "God on high, hear my prayer" But compared to the messa di voce it doesn't have the same life.
 
メッサ・ディ・ヴォーチェの押し引きが曲に命を吹き込む様が聞けたことでしょう。優しく「ゴッド・オン・ハイ、ヒア・マイ・プレイヤー」と歌ってもとても綺麗ですが、メッサ・ディ・ヴォーチェと比べると同じような力はないですね。
 

4. メッサ・ディ・ヴォーチェの五本の柱

 
So next let's talk about what we need to do to successfully perform messa di voce.
And we're going to do five pillars of messa di voce.
 
では次に、メッサ・ディ・ヴォーチェをうまくやるために必要なことについて話しましょう。メッサ・ディ・ヴォーチェの五本の柱をやっていきます。
 

息のコントロール

 
The first pillar is breath control. To master messa di voce we're going to need control over our breathing. Yes, when you get louder you need more air and when you get softer you need less. That's how singing works.
 
最初の柱は息のコントロールです。メッサ・ディ・ヴォーチェをマスターするには息のコントロールが必要になるでしょう。そうです。声を大きくするにはより多くの息が必要で、小さくするにはより少ない息が必要です。それが歌うことの仕組みですからね。
 
But we don't want to be blasting the air to get louder. ♪ Ah ♪ Right? We want... ♪ Ah ♪ I press gently on the gas pedal for that crescendo and then gently take the gas pedal away for the exhale. So it's going to be very subtle. A little bit of pressure goes a long way.
 
でも、声を大きくするために息を押し出すのは望ましくありません。「(息を押し出して)アー」そうですよね?望ましいのは「(徐々に大きくして)アー」です。クレッシェンドでは徐々にアクセルを踏んで、それから徐々にアクセルを緩めていきます。とてもわずかなものなので、少しだけ圧力を使うとうまくいきます。
 

ピッチ(音の高さ)のコントロール

 
Pillar number two, pitch control. Probably the hardest part about messa di voce
is the tendency to change pitch, right? When we add that volume, it wants to go sharp. And when we take away the volume it wants to go flat.
 
第二の柱は、ピッチのコントロールです。メッサ・ディ・ヴォーチェで一番難しいのはおそらく、このピッチが変わってしまう傾向でしょう。ヴォリュームを上げると、ピッチは上がりたくなり、ヴォリュームを下げると、ピッチは下がりたくなってしまいます。
 
Something like... ♪ Ah ♪ Where the pitch goes up and I didn't mean to. Or... ♪ Ah ♪ And when I take away the volume the pitch goes flat. And I didn't mean to. It's pretty difficult to keep.... ♪ Ah ♪ ...the exact same pitch as the volume changes. So really be mindful of your pitch when you're working on messa di voce.
 
 

コンプレッションのコントロール

 
Next pillar, compression control. In singing, we have a tendency for our soft sounds to be too light, too breathy. And our loud sounds to be too squeezy, too tough. And this is what makes messa di voce so hard.
 
次の柱は、コンプレッションのコントロールです。歌においては、小さな声を出すときに、軽くなったり、息混じりになったりし過ぎてしまう傾向があります。大きな声のときは締め付け過ぎたり、きつくし過ぎたりしてしまいます。こうなるとメッサ・ディ・ヴォーチェをするのは難しくなってしまいます。
 
We want our soft sounds to not be airy, or even falsetto, ♪ Ah ♪ but we want them to be soft yet toned up. ♪ Ah ♪ It's still strong even though it's soft.
 
 
Then as we add we don't want... ♪ Ah ♪ ...to get squeezed. But there's a sensation of letting go of compression as the breath takes over. ♪ Ah ♪
 
 
And then the hardest part of messa di voce is coming back. ♪ Ah ♪ We don't want to go too far loosening. We want... ♪ Ah ♪ compression to stay on duty as the air and volume is taken away. That's the hardest part.
 
 

喉頭(のど)のコントロール

 
The next pillar is larynx control. Now we've learned on the show that low larynxes
are built for a more operatic kind of volume. Whereas high larynxes are built for a more
poppy, microphone kind of volume.
 
次の柱は、喉頭のコントロールです。このショーで学んできたのは、低い喉頭はよりオペラティックな感じのヴォリュームで使える、ということでしたね。一方で、高い喉頭はよりポップで、マイクを使う感じのヴォリュームで使えます。
 
When we do messa di voce we want to minimize laryngeal movement. We don't want something like... ♪ Ah ♪ Or something crazy like that.
 
メッサ・ディ・ヴォーチェをするときの喉頭の動きは最小限にしましょう。「(喉頭のポジションを大きく変えて)アー」のようなおかしなことはしたくないですからね。
 
But as we move from soft to loud, you might feel a little larynx movement and vice versa. ♪ Ah ♪ There might be a little bit of drop on the louder sounds and a little bit of raise on the softer sounds. A little is okay, but try to minimize it as much as possible.
 
でも小さな声から大きな声に移るにつれて、少し喉頭が動くのを感じるかもしれませんし、逆もまた然りです。「(少し喉頭を下げながら)アー」大きな声では少し喉頭が落ちるかもしれませんし、小さな声では少し上がるかもしれません。少しなら大丈夫ですが、できるだけ動きを少なくするようにしましょう。
 

共鳴のコントロール

 
Our final pillar is resonance control. Common vocal wisdom tells us that our strong sounds go that way and our more heady lighter sounds go up and in.
 
最後の柱は共鳴のコントロールです。声の常識に基けば、力強い声は(口から外を指して)この方向に、ヘッドの、軽い声は上や内側の方向に行きます。
 
But messa di voce really reverses this feeling. Because we can't have something like... ♪ Ah ♪ We can't be going outward to get loud and to get stronger. In fact we feel it in the reverse.
 
でもメッサ・ディ・ヴォーチェではこの感覚を逆にします。「(声を徐々に口の外へと向かわせて)アー」というようなことにはできませんから。大きくて力強い声を出すために声を外側に向かわせることはできません。実際は逆に感じるようにします。
 
The softer sounds have a sort of chestier airflow ♪ Ah ♪ And then as the crescendo happens ♪ Ah ♪ it becomes more absorbent in the head. So it really reverses the instinct of the voice. Which is why it's so hard to do.
 
 
So there's your five pillars of messa di voce. And now we're going to try it on an exercise.
 
以上がメッサ・ディ・ヴォーチェの五本の柱でした。それではここでエクササイズに挑戦していきましょう。
 

メッサ・ディ・ヴォーチェのエクササイズ

 
The exercise will be HAH-EH-EE-EH-HAH. On, of course, a single note. For our messa di voce exercise we're really going to let vowels be our friend. And use stronger vowels for our softer sounds and headier more stable vowels for our louder sounds. Really reversing the tendencies.
 
今からやるエクササイズは「ハーエーイーエーアー」です。もちろん、一つの音(音高)でね。このメッサ・ディ・ヴォーチェのエクササイズでは、母音と友達になってもらいます。強い母音を小さい声で、ヘッド寄りで安定した母音を大きな声で使います。傾向を逆にするのです。
 
Here's how it goes... ♪ HAH - EH - EE - EH - HAH ♪ ♪ HAH ♪ So we're gonna go soft, medium, loud, on the vowels and then just on the AH. Really keep in mind those five pillars as we do it.
 
こんな感じです。「ハーエーイーエーアー… ハー」それぞれの母音で小さな声、中くらいの声、大きな声と行き、そのあとは「アー」のみで歌いましょう。五本の柱をよく頭に入れながらやってくださいね。
 
We're gonna have guys down here... ♪ HAH ♪ And ladies up here... ♪ HAH ♪ And here we go together! [Exercise]
 
 
 
Fantastic work. We just got one more to do and I want you to keep in mind all those principles, alright. You're going to control the breath. You're going to feel the change in compression. You're going to notice your larynx's stability. You're going to feel that resonance move up and in on the strong one. And of course, watch your pitch.
Here we go with the last... ♪ HAH - EH - EE - EH - HAH ♪ ♪ HAH ♪
 
素晴らしい出来です!もう一回だけあるので、原則を頭に入れておいてほしいのです。息をコントロールすること。コンプレッションの変化を感じること。喉頭の安定に注目すること。力強い声では共鳴が上へ、内側へと移るのを感じること。そしてもちろん、ピッチにも注意すること。最後の一回です。行きましょう!「ハーエーイーエーアー… ハー」
 
Awesome, awesome work. So I hope Felicity and all that you are feeling heavenly. I hope you are feeling divine. I hope you are feeling like vocal heroes. Because if you've done this messa di voce, you really are.
 
とてもよくできました!フェリシティとみなさんが天国に居るように感じられたのなら幸いです。神々しく感じられ、ヴォーカルのヒーローのように感じられたのなら嬉しいです。このメッサ・ディ・ヴォーチェができたのであれば、みなさんは本当にそういった存在なのですから。
 

終わりに

 
And so I hope that's been helpful for you guys today as singers. If you've got questions you'd like to see us answer on the show, you can send an email to Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.
 
というわけで、今回の内容がシンガーのみなさんのお役に立てば幸いです。このショーで答えてほしい質問があれば、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてくださいね。
 
And I just encourage you don't lose that joy, don't lose that passion, don't let people tell you that you can't sing. You and I both know it is not true.
 
歌う喜びや情熱を失わないようにしましょう。「ヘタクソ!」などとは誰にも言わせないでください。それが本当のことではないのは、あなたも私も知っていることですから。
 
Get with a great voice teacher in your area. Or if you'd like to Skype with one of our staff or you're in the New York City area, you can visit us at www.NewYorkVocalCoaching.com.
 
あなたの住む地域で素晴らしいヴォイスティーチャーに就きましょう。NYVCのスタッフとスカイプ(でレッスン)をしたかったり、ニューヨークにいたりするのであれば、 www.NewYorkVocalCoaching.com にアクセスしてみてくださいね。
 
If you're looking for a vocal course to do at home, you can download the Voice Lessons To The World Vocal Course. This is a 12-part course that takes you on a singing journey from beginning to master. Hundreds of vocal exercises that you can do at home, or in your car, wherever you may be.
 
お家でできるヴォーカル・コースを探しているのであれば、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのヴォーカルコースをダウンロードできますよ。初心者からマスターまで、12パートのコースが歌の旅へとお連れします。たくさんのエクササイズがあり、家に居ても、車の中でも、どこだってできます。
 
And finally if you'd like free daily vocal tips sent to your inbox every day, great information, you can sign up at www.DailyVocalTips.com.
 
最後に、 日刊で無料のメルマガ「デイリー・ヴォーカル・ティップス(歌のコツ)」を希望する方は、 www.DailyVocalTips.com に登録してくださいね。
 
I'm Justin Stoney. Until next time, make a joyful noise.
 
ジャスティン・ストーニーでした。また次回まで、メイク・ア・ジョイフル・ノイズ(喜びの声を上げよう)!
 

------------------------------------------------------

 

以上、今回はメッサ・ディ・ヴォーチェに関するエピソードでした。いかがでしたか?

ご意見、ご感想はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は、Justin Stoney氏の許可のもと掲載しています。無断転載はおやめください。

過去記事の再編集をしています!(4/19更新)

みなさん、こんにちは!ここしばらくは過去の翻訳記事の再編集もしています。

 

フィルターとは?

feelthejoyofsinging.hatenablog.jp

 

強い腹筋

feelthejoyofsinging.hatenablog.jp

 

喉頭(のど)の下げ方

feelthejoyofsinging.hatenablog.jp

 

自分をジャッジしないで

feelthejoyofsinging.hatenablog.jp

 

ポップ vs. クラシック

feelthejoyofsinging.hatenablog.jp

 

かっこつけたいティーンエイジャー

feelthejoyofsinging.hatenablog.jp

 

健康的なベルティング

feelthejoyofsinging.hatenablog.jp

 

声の裏返り

feelthejoyofsinging.hatenablog.jp

 

緊張に打ち克つには

feelthejoyofsinging.hatenablog.jp

 

中音か高音か

feelthejoyofsinging.hatenablog.jp

 

あなたは音痴ではない

feelthejoyofsinging.hatenablog.jp

 

硬い子音

feelthejoyofsinging.hatenablog.jp

 

弱い声を強くするには

feelthejoyofsinging.hatenablog.jp

 

ビブラートのスピード

feelthejoyofsinging.hatenablog.jp

 

リップトリル

feelthejoyofsinging.hatenablog.jp

 

喉頭とスタイル

feelthejoyofsinging.hatenablog.jp

 

リフの歌い方

feelthejoyofsinging.hatenablog.jp

 

鼻声 対 鼻腔共鳴

feelthejoyofsinging.hatenablog.jp

 

4つの呼吸法

feelthejoyofsinging.hatenablog.jp

 

翻訳をはじめたころはテキストだけを載せていて見にくかったと思うので、整理して見やすく、ジャスティンの言っていることが伝わりやすくなるようにしています。

 

今後も少しずつこういったことをやっていくので、みなさんのヴォーカルライフに役立てていただければと思います!

 

佐藤剛寿

Ep. 77「トゥワングとは?」【VLTTW翻訳】

今回はジャスティン・ストーニー先生による「ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールド」の翻訳シリーズ、エピソード77「トゥワングとは?」です。どうぞお楽しみください ;)

 

Ep. 77 "What is Vocal Twang?" - Voice Lessons To The World

Ep. 77「トゥワングとは?」

 

元の動画はこちら

www.youtube.com


目次

 

Hi everybody! My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.
 
みなさん、こんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチング(NYVC)創設者のジャスティン・ストーニーです。
 
Welcome to episode 77 of Voice Lessons To The World, the show where we want to help you as singers by answering your questions from all over the world.
 
ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード77へ!このショーでは世界中のみなさんからの質問に答えることで、シンガーのみなさんを応援していきたいと思います。 
 

今週の質問:トゥワングのことを教えて

 
And I give you a chance to ask questions later, but our question for this week comes from Sergey M. in Murmans, Russia.
 
みなさんが質問する機会についてはあとで説明するとして、今週の質問はロシアはムルマンのセルゲイ・Mさんから来ています。
 
And Sergey writes, "Dear Justin, what is vocal twang? I've heard it can really help my singing. But, I don't know what it is."
 
 「ジャスティンさん、こんにちは。トゥワングとは何でしょうか?歌にとても役立つと聞いたことがありますが、何なのかわかりません」
 
That's an awesome question Sergey, because you're right about twang. It's a topic that we hear about a lot and yes it really can help.
 
とても良い質問ですね、セルゲイさん。トゥワングについておっしゃっていることは正解ですよ。そうです。よく聞くトピックで、役に立つものです。
 
So we're going to talk today about what is it, how it can help us, and we're even going to do a vocal exercise to develop twang in our voices.
 
今回話していくのは、トゥワングとは何か、どのように役立つのかで、トゥワングを身に付けるためのヴォーカルエクササイズもやっていきます。
 

1. トゥワングとは?

 
So let's start off the day by answering that question. What is twang?
 
それではまず質問に答えることから始めましょう。「トゥワングとは一体何?」
 
Twang refers to the bright qualities that result from narrowing the aryepiglottic sphincter. Whoa! [hits piano] Now what the heck does that mean?
 
トゥワングとは、披裂喉頭蓋ひだを狭めることによる、明るい声質のことを言います… ちょっと待って!一体全体どういうことでしょうか?
 
Well when we sing or speak we have the ability to bring out the brightness or darkness of our voice. And most great voices have a good combination of brightness and darkness.
 
歌ったりしゃべったりするとき、私たちは声の明るさや暗さを引き出す能力を持っています。素晴らしい声のほとんどは、明るさと暗さのバランスの取れた組み合わせでできています。
 
What's bright and dark? Well, there's the note that we're singing or speaking and then there's overtones above that note. And if we emphasize the higher overtones it sounds brighter. If we emphasize the lower overtones it sounds darker.
 
では、明るさと暗さとは何でしょうか?歌ったり、しゃべったりする音の上には、倍音があります。そして、高い倍音を強調すると明るい声になり、低い倍音を強調すると暗い声になります。
 
Now there's lots of different ways to control the brightness or darkness of the voice. We've talked about some of them in the past.
 
声の明るさと暗さをコントロールする方法はたくさんあります。以前にもいくつか話しましたよね。
 
If we sing with a higher larynx it's going to sound brighter. Also by widening the embouchure or spreading, that will also make it sound brighter.
 
高い喉頭(のど)のポジションで歌うと、声は明るくなります。口を横に広げることによっても、声は明るくなるでしょう。
 
Lifting the tongue root like in an E vowel is another thing to make it sound brighter. And then lowering the soft palate using nasal resonance is another element related to brightness. It doesn't have to but it's a part of our brightness.
 
「イー」の母音のように、舌根を持ち上げるのも声を明るくする要因です。軟口蓋を下げ、鼻腔共鳴を使うことも明るさに関係する要素ですね。(鼻腔共鳴に関しては)必ずしもそうではありませんが、明るさの一部となります。
 
But the aryepiglottic sphincter is different. This is something inside your larynx, at the top of your larynx. And when it narrows it causes the chamber to be smaller.
 
でも披裂喉頭蓋ひだはまた別物です。喉頭の中、一番上にあるもので、これを狭めると空間が小さくなります。 
 
Think about it this way, a big old tuba makes a deep rich sound. But a piccolo makes a high, tinny, bright sound. That has to do with the size of the instrument.
 
こんなふうに考えてみてください。とても大きなチューバが出すのは、深く、豊かな音です。それに対してピッコロが出すのは甲高く、明るい音ですね。これは楽器のサイズと関係しています。
 
When we narrow the larynx with the aryepiglottic folds we're creating a little chamber that causes brighter qualities to pop out of our voice.
 
披裂喉頭蓋ひだで喉頭を狭めているとき、私たちは小さな空間を作っており、それが明るい声質をもたらしているのです。
 

2. トゥワングのキャラクターとその話し声

 
The easiest way to find it is first by doing some character voices. So we're going to look at the speaking voice and some common twang characters.
 
トゥワングを見つけるのに一番の方法は、キャラクターの声をやってみることです。よくあるトゥワングのキャラクターの話し声について見ていきましょう。
 
It's super important that you find twang in your speaking voice before you find it in your singing voice. Because if you can do it with your speech it becomes very easy to translate to your singing. However, if you can't do it in your speech it's rather difficult to apply to your singing. 
 
歌声でのトゥワングを見つける前に、話し声でのトゥワングを見つけるのはとても大事なことです。話し声でできれば、歌声に移すのがとても簡単になるからですね。話し声でできないと、歌声に応用するのはかなり難しいでしょう。
 
And the best way to do it is to find some very silly twang characters that you can try.
You can try these or some others that you might have fun inventing on your own.
 
トゥワングを見つけるのに一番の方法は、とてもおかしなトゥワングのキャラクターを見つけてやってみることです。次に挙げるキャラクターをやってみてもいいでしょうし、自分で考えた面白いキャラクターをやってみてもいいでしょう。
 
But one twangy character might be a duck. Quack, quack. Or perhaps a bratty character... Hey give that back! You better give that back that's mine!
 
ひとつ考えられるトゥワングのキャラクターは、カモ(アヒル)です。「クワッ、クワッ」あるいは悪ガキなどはどうでしょう。「おい、返せよ!俺のだぞ、返せ!」
 
Or you might try an auctioneer. Twenty five, twenty five do I hear twenty five, Twenty five to that man over there. Thirty, thirty, do I hear thirty, thirty to that woman in the back. Forty, forty, anybody forty, forty sold to Sergey M. in Murmans, Russia.
 
 
Or you might do a robot character. Hello my name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City. Don't lose that joy, don't lose that passion, don't let people tell you that you can't sing you and I both know that's just not true.
 
 
Or maybe the best one would be a nerd character. Um, well, I just thought that maybe we would have a voice lesson and then after that we could go get our allergy shots or maybe see a movie, I mean whichever one you might think would be better to do. [hits piano]
 
 
So you can try these twang characters and find it in your speaking voice.
 
こういったトゥワングのキャラクターをやってみることで、話し声でのトゥワングが見つかるでしょう。
 

3. トゥワングとその歌声

 
And then we're going to translate it over to the singing voice. Which is what we'll do next.
 
それでは、話し声でのトゥワングを歌声に移していきましょう。次にやるのはこれです。
 
Moving over into the singing, we've got a country or bluegrass kind of sound. I've got my soulmate to help me with this. This is, "You Are My Sunshine"
 
歌声に移っていくと、まずカントリーやブルーグラスのような声が挙げられます。実演するために私のパートナー(であるこのギター)を持ってきました。「ユー・アー・マイ・サンシャイン」です。
 
♪ You are my sunshine, my only sunshine
You make me happy, when skies are grey
You'll never know dear, how much I love you
Please don't take that sunshine away ♪
 
 
Now in a sound like that, twang is very dominant, present throughout all of the sound
making and it's appropriate for a bluegrass or country sound.
 
このような声では、トゥワングは全体の声作りにおける主要な要素として使われていて、ブルーグラスやカントリーの声としては適切ですね。
 
But what about a legit or classical voice? If I take "Maria" from West Side Story...
 
では本格的な、クラシックの声ではどうでしょうか?ウェスト・サイド・ストーリーから「マリア」を例に取ると…
 
♪ Maria
I just met a girl named Maria ♪
 
 
That's fine. But what if I'd like more "brilliance" in the sound?
 
 これでも大丈夫ですが、もっと声の「輝き」が欲しい場合はどうでしょうか?
 
♪ Maria
I just met a girl named Maria ♪
 
 
And by adding elements, percentages of twang, to the legit singing it actually adds more vibrancy to the tone. It's only a percentage, but still it makes a difference.
 
本格的な歌声に、トゥワングの要素を何パーセントか加えることによって、声の響きを加えることができます。たったの数パーセントですが、それでも違いがありますね。
 
What about a pop rock belt sort of sound? We can take "Titanium" by Sia, you know this one...
 
ポップやロックの、ベルトのような声ではどうでしょうか?シーアの「タイタニウム」をやってみましょう。知っていますよね…
 
♪ You shout it out
But I can't hear the words you say ♪
 
 
Now in the chorus here it's going to want to go to falsetto if you're a guy or head voice if you're a female. ♪ I am titanium ♪
 
この曲のサビでは、男性ならファルセット、女性ならヘッドヴォイスに行きたくなってしまうでしょう。「アイ・アム・タイタニウム」
 
It's going to want to be a little bit too thin for a belt. Here's where we can take a twang exercise, like what we're going to do later, and start to build some cord closure to the upper notes.
 
ベルトにしては薄過ぎる声に行きたくなってしまいます。こういうときに、あとでやるようなトゥワングのエクササイズが使えて、高音にいくらか声帯の閉鎖を作りだすことができます。
 
So if I take "nan", for example, ♪ Nan ♪ I start to find that edge, that cord closure within the twang. Then I go back over into my song... ♪ I am titanium ♪ And then all of a sudden I can start to get that belt happening up on upper notes.
 
 
*訳注:この「ナン」の母音 "A" は、 "Apple" の "A" の母音と一緒です。「ナン」と「ネン」の中間くらいですね。 
 
So we can see that twang has all kinds of uses for our singing voice.
 
歌声においてもあらゆる用途でトゥワングが使えるのがわかりましたね。
 

4. トゥワングの利点

 
And we're going to talk next about the benefits of twang.
 
次にトゥワングの利点について話していきましょう。
 
There are all kinds of benefits to using twang. The brightness. We're doing a lot of extreme sounds today, but being able to back off those extremes to find percentages of brightness.
 
トゥワングを使うことにはあらゆる利点があります。まずは明るさです。今回は極端な声をたくさんやりましたが、その極端な声からいくらか差し引くことができれば、数パーセントの明るさを見つけられるでしょう。
 
Then, brightness independent of other factors. I don't want to have to spread to be bright. I don't want to have to crank the larynx sky high to be bright. I don't even want to have to use nasal resonance to be bright. Nope, those things are different.
 
それから、明るさが他の要素から独立していることです。声を明るくするために、口を横に広げたり、喉頭を高く持ち上げたりしたくはありませんし、鼻腔共鳴でさえも、必ずしも使いたくはありません。いいえ、トゥワングと鼻腔共鳴は別物なのです。
 
Nasal resonance is different than the brightness that we sometimes call nasality. That's what you can find in episode 2 of the show.
 
鼻腔共鳴は、鼻声と呼ばれるような声の明るさとは異なります。詳しくはこのショーのエピソード2で話していますよ。
 
Twang is different than nasal resonance. We can do them together or we can do them separately. And it's cool to have that control.
 
トゥワングは鼻腔共鳴とは異なります。一緒に使うこともできますし、別々に使うこともできます。こういったコントロールができるのは良いことですね。
 
Also, it helps with our mix. Our cord closure, staying connected higher, is easier to do with twang.
 
また、トゥワングはミックスにも役立ちます。トゥワングを使えば、声帯の閉鎖(高い声でも声帯が繋がっていること)が容易になります。
 
Also, the voice carries and projects, the upper overtones cut, and we can have a louder voice without pushing the volume. These are all the benefits of twang.
 
さらに、声はよく通り、高い倍音は突き抜け、声量で押し出すことなく大きな声が出せます。以上がトゥワングの利点でした。
 

「ナーン」でエクササイズ

 
So I think we need to try it. Let's do an exercise! This is going to be NAAN on a
one three five eight eight eight eight five three one.
 
さて、そろそろやってみましょうか。エクササイズをしましょう。1-3-5-8-8-8-8-5-3-1(の音階)で「ナーン*」です。
 
*訳注:先ほども出てきましたが "Apple" の "A" と同じ母音なので「ナーン」と「ネーン」の中間くらいの音ですね。ジャスティンの発音を真似してやってみてください。
 
With this one we're going to have guys and ladies on the same pitch. Not up and down the octave, but the same pitch. So we're going to be starting too low for most ladies, and going too high for most guys.
 
このエクササイズは男性も女性も同じ高さでやってもらいます。オクターブの上下無しで、同じ高さです。ほとんどの女性にとって低過ぎるところから始まって、ほとんどの男性にとって高過ぎるところまで行きます。
 
It's okay to flip to falsetto, it's okay to flip to head voice. But if you can, stay in a mix. It's not going to be too loud. We're just going to keep it really bad sounding, really twangy. That's really the purpose of this exercise.
 
ファルセットやヘッドヴォイスに裏返ってしまっても構いませんが、可能であればミックスにとどまってください。大き過ぎる声にはしないように。とても悪く聞こえる、トゥワングの声を保ちましょう。それがこのエクササイズの真の目的です。
 
Fantastic work with those twanged up sounds! So it's been a great day finding out what twang is, how it can be used in the speaking voice, the singing voice, the benefits of it, and then you guys did such a great job adding some of those qualities to your voice.
 
素晴らしいトゥワングの声でした!今回は、トゥワングとは何か、話し声や歌声にどう使うことができるのか、それからトゥワングの利点も見つけることができて、よかったです。トゥワングの声質を加えるエクササイズも、素晴らしい出来でしたね。
 
And as you know, if you can do it in extremes then we can take it away and balance it out with other things. It's really going to add new elements to your voice.
 
トゥワングを極端にやることができれば、そこからいくらか取り除いて、他の要素とバランスを取ることもできる、ということを理解していただけたと思います。トゥワングはみなさんの声に新しい要素をもたらしてくれることでしょう。
 

終わりに

 
So I hope that's been helpful for you guys today as singers. If you've got questions that you'd like to see us answer on the show, you can send an email to Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.
 
今回の内容がシンガーのみなさんのお役に立てば幸いです。このショーで答えてほしい質問があれば、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてくださいね。
 
So I just encourage you, don't lose that joy, don't lose that passion, don't let people tell you that you can't sing, you and I both know it's not true.
 
歌う喜びや情熱を失わないようにしましょう。「ヘタクソ!」などとは誰にも言わせないでください。それが本当のことではないのは、あなたも私も知っていることですから。
 
Get with a great voice teacher in your area or if you'd like to Skype with one of our staff  or you're in New York, you can visit www.NewYorkVocalCoaching.com.
 
あなたの住む地域で素晴らしいヴォイスティーチャーに就きましょう。ニューヨークにいるか、NYVCのスタッフとスカイプ(でレッスン)をしたければ、 www.NewYorkVocalCoaching.com にアクセスしてみてください。
 
You also might be interested in our Voice Lessons To The World Vocal Course. This is a 12-part vocal course with hundreds of vocal exercises, it's a good resource for you on your journey from beginning to master singer. To download the course go to www.VoiceLessonsToTheWorld.com.
 
もし興味があれば、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのヴォーカルコースもどうぞ。12パートのヴォーカルコースに何百ものエクササイズが入っており、初心者からマスターのシンガーまで、歌の旅における良い教材となるでしょう。コースをダウンロードするには www.VoiceLessonsToTheWorld.com にアクセスしてくださいね。
 
Finally, if you'd like free vocal tips sent to your email every single day you can sign up at www.DailyVocalTips.com. Fresh vocal tips delivered to you from your good old pals at New York Vocal Coaching every single day.
 
最後に、 毎日メールで送られる無料のヴォーカルティップス(歌のコツ)を希望する方は、 www.DailyVocalTips.com に登録してくださいね。新鮮なヴォーカルティップスが、NYVCの仲間から毎日届けられます。
 
I'm Justin Stoney. Until next time, make a joyful noise.
 
ジャスティン・ストーニーでした。また次回まで、メイク・ア・ジョイフル・ノイズ(喜びの声を上げよう)!
 

------------------------------------------------------

 

以上、今回はトゥワングに関するエピソードでした。いかがでしたか?

ご意見、ご感想はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は、Justin Stoney氏の許可のもと掲載しています。無断転載はおやめください。

Ep. 76「トップ・テン・シンギング・ティップス!」【VLTTW翻訳】

今回はジャスティン・ストーニー先生による「ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールド」の翻訳シリーズ、エピソード76「トップ・テン・シンギング・ティップス!」です。どうぞお楽しみください ;)

 

Ep. 76 "Top Ten Singing Tips!" - Voice Lessons To The World

Ep. 76「トップ・テン・シンギング・ティップス!」

 

元の動画はこちら

www.youtube.com


目次

 

Hi everybody! My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.
 
みなさん、こんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチング(NYVC)創設者のジャスティン・ストーニーです。
 
Welcome to episode 76 of Voice Lessons To The World, the show where we help you as singers by answering your questions from all over the world.
 
ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード76へ!このショーでは世界中のみなさんからの質問に答えることで、シンガーのみなさんを応援していきます。
 

歌の秘訣、トップ・テン・リストを作って!

 
And I'll give you a chance to ask questions later, but our question for this week comes from Richard R. in Surrey, United Kingdom.
 
みなさんが質問する機会についてはあとで説明するとして、今週の質問は、イギリスはサリーのリチャード・Rさんから来ています。
 
And Richard writes, "Dear Justin, I challenge you to give us a top ten list of singing tips."
 
ジャスティンさん、こんにちは。歌の秘訣(シンギング・ティップス)のトップ・テン・リストを作るのにチャレンジしませんか?」
 
Well Richard, challenge accepted. Manny Cooner, can I get a drumroll? [Drumroll] [hits piano] [drumroll] 
 
いいでしょう、リチャードさん。そのチャレンジ、受け付けましたよ。メニー・クーナー* 、ドラム・ロールをお願い!(ドラム・ロール)
 
*訳注:メニー・クーナーはジャスティンの愛猫です。今回の動画では可愛くドラム・ロールを打っていますね。
 

10. 呼吸法をマスターする

 
Singing tip number ten... [drumroll] [drumroll] Master your breathing system.
 
シンギング・ティップ、第10位は…(ドラム・ロール)「呼吸法をマスターする」。(0:55)
 
In singing, good breath support is foundational to everything that we do. Now what does that mean? That means don't go slamming a bunch of air at the vocal cords. Any civilian can exhale, but a singer knows how to release a small steady breath when they sing.
 
歌うことにおいて、良い息の支えは全ての基礎となります。どういうことでしょうか?それは、声帯に向かってたくさんの息をぶつけないようにすることです。どんな人でも息を吐くことはできますが、シンガーなら歌うときの小さく、安定した息を吐き出す方法を知っていなければなりません。
 
Now we know from episode 1 of the show that there's different kinds of breathing types. There's clavicular, there's rib, and there's belly. Whatever breathing system you choose, make sure you're not taking in too much and make sure that the air you let out is small and smooth.
 
このショーのエピソード1で、様々な種類の呼吸法があるのがわかりましたね。胸式呼吸と肋間呼吸、そして腹式呼吸がありました。どの呼吸法を選んだとしても、吸い過ぎないようにし、吐き出す息は小さく、滑らかにするようにしましょう。
 

9. 全ての声区を育てる

 
Singing tip number 9! [drumroll] [drumroll] Develop all vocal registers.
 
シンギング・ティップ、第9位は…(ドラム・ロール)「全ての声区を育てる」。(1:45)
 
Vocal registers are things like head voice, chest voice, mix, falsetto, different territories of your voice. Your head voice is kind of like your flexibility and your chest voice is kind of like your strength.
 
声区とは、ヘッドヴォイス、チェストヴォイス、ミックス、ファルセットのような、様々な声の領域のことです。ヘッドヴォイスは柔軟性のようなもので、チェストヴォイスは力強さのようなものです。
 
The mistake that singers make is only developing one of the registers. So a singer says, "♪ I ♪ would like the power of chest voice" and only does chest voice. Or another singer says "♪ I ♪ would like the sound of head voice" and only does head voice. Another singer says, ♪ I wanna rock and mix ♪ and only works on their mix voice.
 
シンガーが陥ってしまう間違いは、一つの声区だけを育てようとすることです。「(歌いながら)チェストヴォイスのパワーが欲しい」と、チェストヴォイスだけをやるシンガーもいますし、「(歌いながら)ヘッドヴォイスの声色が欲しい」と、ヘッドヴォイスだけをやるシンガーもいます。「(歌いながら)ロックでミックスがやりたいんだ」と、ミックスヴォイスだけに取り組むシンガーもいます。
 
This is the mistake. We want to make sure that we're working on all the registers.
This is what gives the voice balance, strength, flexibility, and combinations of both.
 
これは間違いです。全ての声区に取り組むようにするのが望ましいのです。そうすれば声にバランスや力強さ、柔軟性、その両方の組み合わせを与えられるでしょう。
 

8. 喉頭を調整する

 
Singing tip number 8! [drumroll] [drumroll] Coordinate your larynx.
 
シンギング・ティップ、第8位は…(ドラム・ロール)「喉頭を調整する」。 (2:45)
 
Your larynx is essentially the house for your vocal cords. So when people say don't sing from the throat, really they mean don't strain. You have to sing from your throat. [Hits piano] That's exactly where the sound making happens.
 
喉頭は声帯の家であると言えます。「喉で歌うな」と言う人がいますが、それは「緊張させるな」ということです。実際には喉で歌わなければならないのですから。まさに喉で声が作られているのです。
 
Now if you remember from episode 4 of Voice Lessons To The World, we talked about larynx and style. I'm at an opera birthday party... ♪ Happy birthday to you ♪ I'm at a choral birthday party... ♪ Happy birthday to you ♪ I'm at a musical theatre birthday party... ♪ Happy birthday to you ♪ I'm at a pop birthday party... ♪ Happy birthday to you ♪ I'm at a rock birthday party... ♪ Happy birthday to you ♪ And I have different styles that I can do with different positions of my larynx.
 
ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード4を覚えているでしょうか。喉頭とスタイルについて話しましたね。オペラの誕生日会なら「(喉頭を下げて)ハッピー・バースデイ・トゥー・ユー」、合唱の誕生日会なら「(やや喉頭を下げて)ハッピー・バースデイ・トゥー・ユー」、ミュージカルの誕生日会なら「(ニュートラルな喉頭で)ハッピー・バースデイ・トゥー・ユー」、ポップの誕生日会なら「(やや喉頭を上げて)ハッピー・バースデイ・トゥー・ユー」、ロックの誕生日会なら「(喉頭を上げて)ハッピー・バースデイ・トゥー・ユー」と、様々な喉頭のポジションによって、様々なスタイルが可能になります。
 
Now we don't have to learn them all but we do need to know that the larynx makes stylistic adjustments.
 
この全てを習う必要はありませんが、喉頭がスタイルの調整をしている、ということは知る必要があります。
 
We don't want it to make pitch adjustments too much. We don't want it coming up as we go up in pitch or drop it down as we go lower in pitch. We want it to stay relatively the same.
 
喉頭にピッチの調節をさせ過ぎるのは望ましくありません。ピッチが上がるにつれて喉頭も上がったり、ピッチが下がるにつれて喉頭も下がったりするようにはしたくありませんね。比較的同じ位置に保てるようにしましょう。
 
A little will happen as you go up and down but try to minimize the amount that the larynx is a pitch changer.
 
(音が)上がったり下がったりすれば少しは(喉頭の位置が)変わりますが、喉頭でピッチを変えるのは最小限にするようにしましょう。
 

7. 高くなっても声を大きくしない

 
Now, singing tip number 7! [drumroll] [drumroll] Don't get louder to go higher. (4:06)
 
シンギング・ティップ、第7位は…(ドラム・ロール)「高くなっても声を大きくしない」。
 
One of the most common issues that singers face is having to push volume, push air, push force, in order to achieve the high notes. And I'm thrilled to tell you that you just don't have to.
 
シンガーに最もよくある問題の一つは、声量を押し上げたり、息を押し出したり、声を力で押したりしないと、高い声が出せないということです。このことは喜んでお伝えしますが、こういう風にする必要はありません。
 
So just in a simple vocal exercise we see this kind of thing... Mum ♪ Pushing air, pushing volume to achieve the note.
 
シンプルなヴォーカルエクササイズの中でも、こんな感じのことが起こります。「(高くなるにつれて声を大きくして)マママママママム…」目的の音に到達しようと、息や声量を押してしまいます。
 
But we could do... Mum ♪ ...basically our entire range at an even volume. And we should be able to do it.
 
一方で「(同じ声量を保って)マママママママム…」というふうに、全ての声域は基本的に均等な声量で歌うことができます。このように歌えるべきですよね。
 
If high notes require air they're always going to get a little bit forceful, a little bit strained. And so we want to de-couple high notes from volume.
 
高い声を出すために息が必要だとすると、いつもやや力ずくで、緊張した感じになってしまうことでしょうから、高い声と声量は分離するのが望ましいですね。
 

6. 体の緊張を特定する

 
Manny! [drum roll] Singing tip number 6! [drumroll] [drumroll] Identify physical tensions.
 
 メニー!シンギング・ティップ、第6位は…(ドラム・ロール)「体の緊張を特定する」。(5:10)
 
Are there muscles in your singing that are engaging that shouldn't be? Maybe your posture looks like this... We don't want it. Or, maybe your posture looks like this... We don't want it.
 
歌うとき、使われるべきでないのに使われている筋肉はないでしょうか?(猫背になって)こんな姿勢になっているかもしれませんが…これは望ましくありませんね。あるいは(胸を突き出して)こんな姿勢になっているかもしれませんが…これも望ましくありません。
 
Maybe shoulders are raising or maybe the sternocleidomastoids (whoa) are squeezing. Maybe my jaw is coming a little bit too far forward or maybe from NBC Nightly News my tongue is pulling too far back. Um, Miss Piggy, are my digastric muscles too tight? And we want to take these physical tensions and basically say "hiyah!" to them. 
 
肩が持ち上がっているかもしれませんし、胸鎖乳突筋(!)が締め付けられているかもしれません。あごが少し前に出過ぎているかもしれませんし、NBCナイトリー・ニュース *1 のように、舌が後に引っ込み過ぎているかもしれません。えっと、ミス・ピギー *2 、私の顎二腹筋はきつくなりすぎでしょうか?こういった体の緊張は取り除いて「ハイヤー! *3 」と言ってやらなければなりませんね。
 
訳注:*1 アメリカの報道番組「NBCナイトリー・ニュース」で司会を務めていたトム・ブロコウ氏の声真似をしています。 *2, 3 ミス・ピギージム・ヘンソンの「マペット・ショー」に出てくるキャラクターで、その声真似をしています。どちらも緊張がある例としての実演ですね。
 
Because I can pretty much guarantee you if there's a muscle engaging that you don't need for your singing it's probably standing in your way.
 
歌に必要ない筋肉が使われているとしたら、それが歌の邪魔をしてしまうことだろうことは間違い無いですから。
 

5. 鼻腔共鳴を取り入れる

 
Drum roll! [drum roll] Singing tip number 5. [drumroll] [drumroll] Incorporate nasal resonance.
 
ドラム・ロール!シンギング・ティップ、第5位は…(ドラム・ロール)「鼻腔共鳴を取り入れる」。(6:08)
 
Now nasal resonance does not mean sounding nasal. As we talked about in episode two of the show. If I want to sound "nasal" I can widen the embouchure, I can raise my larynx, or I can even narrow my epiglottic sphincter.
 
鼻腔共鳴は、このショーのエピソード2で話したように、鼻声のことではありません。もし鼻声にしたいのであれば、口の形を広げたり、喉頭を上げたり、披裂喉頭蓋括約筋を狭めたり(!)できます。
 
But I don't necessarily want that. What I do want is nasal resonance. Which you can feel if you try an M sound, go ahead... Mmmm. Nice! And an N sound... Nnnn. Very good. NG... Nggg..... Great!
 
でもそれは必ずしも必要ではありません。必要なのは鼻腔共鳴です。Mの音をやってみれば感じられますから、どうぞ。(Mの音で)ンー。いいですね!そしてNの音です。(Nの音で)ンー。いい感じです。NG。(NGの音で)ンー。素晴らしい!
 
Those sounds bring the resonance up into the nasal cavity and they help us with our flexibility overall. They help us blend the registers together. And just give an evenness to our tone.
 
これらの音が共鳴を鼻腔に持ち上げ、全体的な声の柔軟性を促してくれます。 声区を混ぜるのにも役立ち、声色を一定にしてくれます。
 
So you want to do your vocal exercises on those sounds and then also incorporate
that sensation into your singing.
 
ですから、これらの音でエクササイズをし、その感覚を歌に取り入れるのが望ましいでしょう。
 

4. 母音の正確さを確立する

 
And here we go with singing tip number 4! [drumroll] [drumroll] Establish vowel accuracy.
 
シンギング・ティップ、第4位に行きましょう!(ドラム・ロール)「母音の正確さを確立する」。(7:10)
 
One of the hardest things to do in life is just to be ourselves. And vowels have this very same problem.
 
人生で最も難しいことの一つは、自分らしくあることですよね。母音もまさに同じ問題を抱えています。
 
We've talked already about a few vowels on the show. The e vowel and the O vowel. And if I take the E vowel something like this might happen... ♪ Me ♪ It changed to "ih" at the top. But really I wanted... ♪ Me ♪ ...the vowel to stay itself and not shift to "ih". 
 
このショーでもいくつかの母音について話してきました。「イー」の母音と「オウ」の母音です。「イー」の母音を例に取ると、こんなことが起こるかもしれません。「(音階で歌って)ミミミミミ…」と、一番上で「エー*」になってしまいます。望ましいのは「(母音を変えずに)ミミミミミ…」と、その母音らしさを保ち「エー」に変わらないことです。
 
*訳注:"ee" から "ih" になってしまうのが問題、ということですね。"ih" の母音は「エー」ほど口を開きませんが、変わってしまうのがわかりやすいように「エー」と書きました。
 
The same thing could happen with a dark vowel like O becoming bright. Check it out... ♪ Mo ♪ It shifted it to "uh"! When really we wanted... ♪ Mo ♪ ...it just to be itself.
 
同じようなことは「オウ」のような暗い母音でも起こりえます。明るくなってしまうのです。見てくださいね…「(音階で歌って)モモモモモ…」(上の方で)「アー*」に変わってしまいました。望ましいのは「(母音を変えずに)モモモモモ…」と、その母音らしくあるようにすることです。
 
*訳注:こちらは "oh" から "uh" になってしまうのが問題です。 "uh" の母音は「アー」ほどは明るくありませんが、変わってしまうのがわかりやすいように「アー」と書きました。
 
Now there's times to modify our vowels for all kinds of different reasons. But our step one is to make sure that we're singing pure vowels in our technique and also in our song work. Making sure that the vowels are themselves.
 
様々な理由で母音を修正するときもありますが、ステップ・ワンは、テクニックにおいても歌においても純粋な母音で歌うようにすることです。母音がその母音らしくあるようにしましょう。
 

3. ただ歌うのではなく、演技する

 
Manny Cooner! [drum roll] Singing tip number 3! [drumroll] [drumroll] Don't just sing, act.
 
メニー・クーナー!シンギング・ティップ、第3位は…(ドラム・ロール)「ただ歌うのではなく、演技する」。(8:23)
 
Sometimes singers develop a really great voice, great technique, the pitches are all accurate, and everything like that. But there's something missing from the sound...
 
素晴らしい声やテクニックを身に付け、ピッチは全て正確で…といった、全てが完璧に見えるシンガーもいますが、その声に何かがかけていることもあります。
 
♪ My love, there's only you in my life
The only thing that's right ♪
 
 「(単調に)マイ・ラブ…」
 
Now that might be perfectly accurate but it's not very romantic.
 
完全で正確かもしれませんが、あまりロマンティックではありませんね。
 
♪ My love, There's only you in my life
The only thing that's right ♪
 
 「(声と表情に色を付けて)マイ・ラブ…」
 
We want to be able to go there, to know who we're talking to, what we're saying, what we're after, what are we trying to express. If vocal technique is the kindling, the wood,
then acting is like taking a match and setting that thing on fire.
 
誰に話しかけていて、何を言っていて、何を求めていて、何を表現しようとしているのか…そこまで行きたいですね。ヴォーカル・テクニックが薪や木だとしたら、演技はマッチを手に取り、それに火をつけるようなものです。
 
And so I'm asking you to be brave and actually go there. Go a little further than you think you ought to go.
 
みなさんには勇気を持って、そこまで行ってほしいと思います。行くべきと思うところよりもさらにもう少し遠くまで行ってくださいね。
 

2. 成功するための計画を

 
My friend... [drumroll] Singing tip number 2! [drumroll] [drum roll] Plan to succeed.
 
友よ… シンギング・ティップ、第2位は…(ドラム・ロール)「成功するための計画を」。 (9:37)
 
If we want to be successful, at just about anything in life, we need to plan for it and also expect it. What does that mean as far as singing?
 
人生のどんなことであっても、成功したいのであれば、計画を立て、予想する必要があります。歌うことに関して言うと、どういうことでしょうか?
 
That means making a practice plan and sticking with it consistently, putting in the work. It means treating the voice and the body well so that we can maintain vocal health over the long term.
 
それは、練習計画を作り、それを一貫してやり続け、力を注ぐことです。長い間声の健康を保つことができるように、声と体をよくケアすることです。
 
It means finding the right teacher or articles or resources that help us grow as singers.
It means being patient with ourselves, good to ourselves. Seeing singing as a true friend that's with us for a long journey and not just somebody that we check in with occasionally.
 
シンガーとしての成長を促してくれるような、正しい先生や記事、教材を見つけることです。自分に対して忍耐強く、寛大であることです。歌うことを、たまに連絡を取る人のようなことではなく、真長い旅を共にする、真の友のようなこととみなすことです。
 
If you plan for these kinds of disciplines, these kinds of successes, there's just no telling what you can accomplish as a singer.
 
このような鍛錬や、成功の計画をすれば、シンガーとして何を達成できるかは計り知れないことでしょう。
 

1. 魂を込めて歌う

 
And last but not least... [drumroll] Singing tip number 1! [drumroll] [drumroll] [drum roll] Sing from the soul.
 
最後に大事なことをお伝えします。シンギング・ティップ、第1位は…(ドラム・ロール)「魂を込めて歌う」。(10:39)
 
Look, quite frankly, singing is one of the most amazing things that we can do. It's our bodies and our spirits expressing what's inside us that needs to come out. It's one of the greatest opportunities we'll ever have in life.
 
率直に言って、歌うことは私たちができることの中で最も驚くべきことの一つです。体と心の内側にある、出ていくべきものを表現すること。これは人生において最も素晴らしい経験の一つでしょう。
 
So I want you to promise me that you don't let friends or family or enemies or voices in your head talk you out of it and say... "Oh no maybe I shouldn't do this." No, you need to sing for you and you need to sing for joy.
 
ですから、友達や家族、反対する人や自分の頭の声に「ああ…歌わない方がいいかも」とは言わせない、と約束してほしいのです。そうです、自分のため、そして喜びのために歌うべきなのです。
 
And, I don't know, but I would think that if we got to the end of our lives and we looked back and we said "I sang"... we'd be pretty happy about that.
 
それから、よくわかりませんが、人生の最後になって振り返ったときに、「歌ったな…」と言えたなら、それはとても幸せなことだろうと思いますよ。
 
So Richard and all, I hope that I've risen to the challenge of giving you the top 10 singing tips.
 
というわけで、リチャードさん、みなさん。トップ・テン・シンギング・ティップスを与えるという、このチャレンジの高みまで到達できたのなら幸いです。
 
If you have questions that you'd like to see us answer on the show you can send an email to Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.
 
このショーで答えてほしい質問がある場合は、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてくださいね。
 
And I just encourage you don't lose that joy, don't lose that passion, don't let people
tell you that you can't sing. You and I both know that is not true.
 
歌う喜びや情熱を失わないようにしましょう。「ヘタクソ!」などとは誰にも言わせないでください。あなたも私も、それが本当ではないと知っているのですから。
 
Get with a great voice teacher in your area. Or if you're in the New York City area
or you'd like to Skype with one of our staff, you can visit www.NewYorkVocalCoaching.com.
 
あなたの住む地域で素晴らしいヴォイスティーチャーに就きましょう。ニューヨークにいるか、NYVCのスタッフとスカイプ(でレッスン)をしたければ、 www.NewYorkVocalCoaching.com にアクセスしてみてください。
 
I also encourage you to download our vocal course. This is a 12-part course that takes you on a journey from beginning singer to master singer. Hundreds and hundreds of vocal exercises that will help you reinforce these concepts and grow with your voice. To check that out you can visit www.VoiceLessonsToTheWorld.com.
 
NYVCのヴォーカルコースをダウンロードすることもお勧めします。12パートのコースで、初心者のシンガーからマスターのシンガーまで、歌の旅へと連れて行きます。何百ものヴォーカルエクササイズが、歌のコンセプトを強化し、声を育てるのに役立ちます。詳細は www.VoiceLessonsToTheWorld.com にアクセスしてチェックしてみてくださいね。
 
I'm Justin Stoney. Until next time, make a joyful noise.
 
ジャスティン・ストーニーでした。また次回会うときまで、メイク・ア・ジョイフル・ノイズ(喜びの声を上げよう)!
 

------------------------------------------------------

 

以上、今回は歌の秘訣に関するエピソードでした。いかがでしたか?

ご意見、ご感想はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は、Justin Stoney氏の許可のもと掲載しています。無断転載はおやめください。

Ep. 75「みなさんの声に応えました:究極のヴォーカルトレーニング集!」【VLTTW翻訳】

今回はジャスティン・ストーニーによる「ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールド」の翻訳シリーズ、エピソード75「みなさんの声に応えました:究極のヴォーカル・トレーニング集!」です。どうぞお楽しみください ;)

 

Ep. 75 "You Asked For It: The Ultimate Vocal Exercise Workout!" - Voice Lessons To The World

Ep. 75「みなさんの声に応えました:究極のヴォーカルトレーニング集!」

 

元の動画はこちら

www.youtube.com



目次

 

 
Hi everybody! My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.
 
みなさん、こんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチング(NYVC)創設者のジャスティン・ストーニーです。
 
Welcome to episode 75 of Voice Lessons To The World, the show where we want to help you as singers by answering your questions from all over the world.
 
ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード75へ!このショーでは世界中のみなさんからの質問に答えることで、シンガーのみなさんを応援していきたいと思います。
 

今週の質問:家でできるヴォーカルコースはある?

 
And I'll give you a chance to ask questions later, but our question for this week comes from Daquan R. in Toronto, Canada.
 
みなさんが質問する機会についてはあとで説明するとして、今週の質問はカナダはトロントのダクワン・Rさんから来ています。
 
And Daquan writes, "Dear Justin, I love your videos. But, I wish you'd release a vocal course that I can do at home. Is there something like this in the works?"
 
ジャスティンさん、こんにちは。ジャスティンさんの動画が好きなのですが、家でできるようなヴォーカルコースをリリースしてくれたらなと思っています。そういったものの計画はありますか?」
 
Now Daquan, thank you so much for that awesome question. Because we get this question all the time which makes me know you guys are thirsty for more vocal information. Hungry for a vocal course designed just for you.
 
ダクワンさん、とても良い質問をありがとうございます。たびたび同じ質問を受けているので、みなさんがより多くのヴォーカル情報を求めているのがわかります。みなさん一人一人のためにデザインされたヴォーカルコースに飢えているのでしょう。
 
Now Daquan, I'm sorry it's taken us so long, but I didn't want us to do this if it wasn't something that we could do right, if it wasn't something that would be really great for you guys as singers.
 
ダクワンさん、とても時間がかかってしまってすみませんでしたが、正しい内容のもの且つシンガーのみなさんにとって素晴らしいものでなければ、やりたくはなかったのです。
 
And you asked for it, and I think we finally created something very special. Take a look at this clip...
 
みなさんの声にお応えして、ついに、とても特別なものができたと思います。次のクリップを見てみてください…
 

ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールド・ヴォーカル・コース

 
New York Vocal Coaching is proud to introduce the Voice Lessons To The World Vocal Course. Our 12-part course takes you on a singing journey from beginner to intermediate to advanced to master.
 
ニューヨーク・ヴォーカル・コーチングは誇りを持って「ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールド・ヴォーカル・コース」を発表します。12パートのコースで、初心者から中級者、上級者、マスターへと続く歌の旅へとお連れします。
 
It features hours and hours of rich content to help you improve your voice at any level. There's a male course and female course that include hundreds of vocal exercises. 
 
特徴は何時間もの豊富なコンテンツで、いかなるレベルであっても、あなたの声を改善するのに役立ちます。男性コースと女性コースがあり、たくさんのヴォーカルエクササイズが含まれています。
 
These exercises are designed to work on all areas of the voice. Increased range, tone, breathing, riffs and agility, vibrato, and tons more.
 
これらのエクササイズは声の全ての領域に取り組めるようデザインされています。声域の拡大や声色、息、リフと敏捷性、ビブラートなど… 他にも多数あります。
 
The video section feels just like having a voice lesson and the audio section allows you to practice what you've learned in the comfort of your home, in your car, or any time you feel the spirit!
 
動画のセクションでは、まるでヴォイスレッスンを受けているように感じられることでしょう。音声のセクションは、習ったことを、家でも、車の中でも、やりたくなったときにいつでも練習できるようになっています。
 
To get your copy of the course just go to www.VoiceLessonsToTheWorld.com. It's simple and easy to download the course and get started singing right away.
 
このコースを手に入れるには www.VoiceLessonsToTheWorld.com にアクセスしてください。コースのダウンロードは簡単で、すぐに歌い始めることができます。
 
At New York Vocal Coaching it's our passion and calling to help the world make a joyful noise. So, I can't wait for you to try the Voice Lessons To The World Vocal Course.
 
ニューヨーク・ヴォーカル・コーチングの情熱と使命は、世界中のみなさんの「メイク・ア・ジョイフル・ノイズ(喜びの声を上げること)」を応援することです。みなさんがヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールド・ヴォーカル・コースに挑戦するのとても楽しみにしています。
 
So there it is, our vocal course. We are so, so excited about it. And I hope that you are so, so excited about it too. Because, you know, people always ask me- Justin don't you ever miss performing? And I say no I don't! Because I am hopelessly devoted to you as singers.
 
これがNYVCのヴォーカルコースです。とてもワクワクしていますよ。みなさんにもワクワクしてもらえたら嬉しいです。というのも「ジャスティンさん、ステージで歌わなくて寂しくないんですか?」とよく聞かれるのですが、それはないのです。(歌いながら) ♪どうしようもなくシンガーのみなさんに身を捧げている♪ のですから。
 
That's my love, that's my art, that's my calling in this life is to give the voice away to all of you. And so this is really a labor of love for me.
 
これが私の人生においての愛であり、アートであり、使命であり、みなさん一人一人に対しての声の贈り物であるのです。つまり、これが私にとっての愛の仕事なのです。
 
This is like an artist releasing that album, they've worked for so long, and then they finally go and record something that they can put out into the world that can be enjoyed.
 
これは例えるならアーティストがアルバムをリリースするようなもので、長い間曲作りに取り組んだ結果、世界中で楽しんでもらえるようなものを録音し、送り出すことができるのと同じようなものです。
 
That's the feeling that I get from this, is that now something that I've created is going to be benefiting all of you. And so as a teaching artist, I'm so thrilled that this is going to be out there for you all to enjoy.
 
今回のリリースからはこういう感覚 - 私の作ったものが、みなさん一人一人のためになる感覚 - があり、ティーチング・アーティストとして、みなさんに楽しんでもらえるものを世に出せることにワクワクしています。
 

2. ヴォーカルコースの中身は?

 
So let's talk about what you can expect in the vocal course.
 
それではこのヴォーカルコースに何が期待できるのかについて話していきましょう。
 
This vocal course is truly epic. Twelve whole parts! Three beginner, three intermediate, three advanced, three master. Hours and hours of content, hundreds of vocal exercises. There's a male course and also a female course.
 
このヴォーカルコースはまさに注目に値するものです。全部で12パートあり、内訳は初心者用が3つ、中級者用が3つ、上級者用が3つ、マスター用が3つです。何時間ものコンテンツと、何百ものヴォーカル・エクササイズがあります。また、男性用コースと女性用コースもあります。
 
In the video section it feels just like having a voice lesson with me. With lots of exercises, tips, explanations, and encouragements so that you learn a lot and also feel positive as we go.
 
動画のセクションでは、私からヴォイス・レッスンを受けているように感じられるでしょう。たくさんのエクササイズ、歌のコツ、説明、エンカレッジメント(激励)があり、たくさんの学びのなかで、ポジティブに感じられるようにもなっています。
 
The beginning section is easy enough for pretty much anybody to try. And I can promise you that the master section is so hard that you will not like me anymore. [hits piano]
 
初心者のセクションは誰でも挑戦できるくらい簡単にしてあります。マスターのセクションは、言っておきますが、難し過ぎてもはや私のことを嫌いになるくらいですよ笑
 
Now there's also an audio section where you can do the exercises in your home, in your car, anywhere that you may be, it really gives you that chance to practice.
 
それから音声のセクションもあって、家や車など、どこにいたとしてもエクササイズができ、練習の機会を提供しています。
 
And we're going to cover every topic that you could want. Chest voice, mix, head voice, falsetto, flageolet, vocal fry, growls, riffs and agility, vibrato, straight tone, every vowel, every kind of sound that you could want to make on all kinds of patterns.
 
みなさんが欲しいであろうトピックは全てカバーしています。チェストヴォイス、ミックス、ヘッドヴォイス、ファルセット、フラジオレット、ヴォーカルフライ、グラウル、リフや敏捷性、ビブラート、ストレートトーン、全ての母音など、出したいであろうあらゆる種類の声を、あらゆる種類のパターンで用意しています。
 
It's extremely thorough and I can promise you that there's going to be some stuff in there that you've never seen in any voice lesson ever. So that's what I'm so, so excited about.
 
非常に徹底された内容なので、きっと今までのどのヴォイスレッスンでも見たことがないようなものがあることでしょう。以上のことに、とてもワクワクしています。
 

3. ヴォーカルコースの入手方法は?

 
And now next let's talk about how to get the vocal course.
 
では次に、ヴォーカルコースの入手方法について話しましょう。
 
Downloading the vocal course could not be easier. All you have to do is go to www.VoiceLessonsToTheWorld.com. And all the information and instructions and download is right there so that you can get the course.
 
このヴォーカル・コースをダウンロードするのは、これ以上ないくらい簡単で、 www.VoiceLessonsToTheWorld.com にアクセスするだけです。全ての情報と説明、ダウンロードはここにあります。
 
Now I know other vocal courses make you get the entire course. But we didn't think that would be fair to you guys so you're welcome to get the entire vocal course or you can get different levels or even different sections so that you can really tailor make the course for what is best for you. We thought that would be a great thing to give you options.
 
よそのヴォーカルコースはその全体を売ろうとしてきたりしますよね。でもそれはみなさんにとってフェアではないだろうと考えたので、もちろんヴォーカルコース全体を手に入れるのも歓迎ですが、違うレベルや違うセクションを手に入れて、一人一人に最適なコースを選べるようにもしました。選択肢を与えられるのは素晴らしいことだと考えたのです。
 
So again all you have to do to get the vocal course is visit www.VoiceLessonsToTheWorld.com. And you'll find all the information right there.
 
もう一度言いますが、このヴォーカルコースを手に入れるには www.VoiceLessonsToTheWorld.com にアクセスするだけで大丈夫です。全ての情報がここで見つかることでしょう。
 

注意点

 
Just a couple of quick notes... I know there's some vocal courses out there that sort of make this promise that if you do their course you will become a superstar singer.
 
いくつかお知らせしておきたいことがあります。よそのヴォーカルコースの中には「このコースをやればスーパースターのシンガーになれますよ」などと言うものもありますね。
 
Well, that's not really true. And there's no vocal course in the world that can make you an elite singer. So I don't want you to think of the vocal course that way.
 
これは本当のことではないでしょう。みなさんをエリートのシンガーにしてくれるようなヴォーカルコースはこの世に存在しませんから、このヴォーカルコースに関してもそのようなものだとは思ってほしくありません。
 
Think of it as a resource. I know it's a great course, I know you're going to learn a lot. I know you're going to make huge improvements to your voice and you're going to have a heck of a lot of fun doing it. That's what it's all about.
 
一つの資料、教材だと思ってください。このコースは素晴らしいコースで、たくさん学べることでしょう。声が大きく改善されるでしょうし、やるのはすごく楽しいことでしょう。そういうものです。
 
But it shouldn't be your sole focus as a singer. It's not meant as a replacement for voice lessons, if you can do those. That's why I always say, get with a great voice teacher in your area.
 
でもシンガーとして、このコースだけに集中するべきではありません。このコースはヴォイスレッスンの代わりとして想定しているものではありません(レッスンができるのであれば、ね)。だからいつも「あなたの地域で素晴らしいヴォイスティーチャーに就いてください」と言っているのです。
 
And it's also not something where you don't need to still seek out performance opportunities and resources, and articles, and things like that, other ways to improve.
 
それとこのコースは、パフォーマンスの機会や、教材、記事などの、異なる改善方法を探す必要がなくなるようなものでもありませんよ。
 
So as long as you think of the vocal course that way, I know it's going to really benefit your singing.
 
このようにこのヴォーカルコースのことを見てくれている限りは、あなたの歌のためになると思います。
 
Also I don't want you guys thinking this is the end of Voice Lessons To The World. No no no, this is just the beginning. And I will be teaching until I ascend from the piano bench. So don't worry, we're just getting started.
 
それから、これでヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドが終わりだとも思ってほしくありません。違いますよ、まだ始まったばかりなのです。ピアノ椅子から天国に向かうまで(!)は教え続けますから、心配しないでくださいね。
 

終わりに

 
And so if you have questions as you're doing the vocal course or if you have questions for future episodes of the show, you can send an email to Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.
 
というわけで、ヴォーカルコースをやっていく中で質問があったり、今後のエピソードで答えてほしい質問があったりする場合は、
Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてくださいね。
 
And now more than ever, I just encourage you don't lose that joy, don't lose that passion, don't let people tell you that you can't sing. You and I both know it's not true.
 
今回はいつもに増してこう伝えたいと思います。歌う喜びや情熱を失わないようにしましょう。「ヘタクソ!」などとは誰にも言わせないでください。あなたも私も、それが本当のことでないと知っていますから。
 
Try out the vocal course. I trust that it will take you to the next level with your singing. And remember all you have to do is visit www.VoiceLessonsToTheWorld.com.
 
ヴォーカルコースにぜひ挑戦してみてください。あなたの歌を次のレベルへと連れて行ってくれることと信じています。 www.VoiceLessonsToTheWorld.com にアクセスするだけですから、覚えておいてくださいね。
 
I'm Justin Stoney. Keep on making a joyful noise.
 
ジャスティン・ストーニーでした。「メイク・ア・ジョイフル・ノイズ(喜びの声を上げよう)」をし続けましょう!
 

------------------------------------------------------

 

以上、今回はNYVCのヴォーカルコースに関するエピソードでした。いかがでしたか?

ご意見、ご感想はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は、Justin Stoney氏の許可のもと掲載しています。無断転載はおやめください。

お知らせ

みなさん、こんにちは!佐藤剛寿です。いつも翻訳ブログを見てくださってありがとうございます。

 

忙しい状況が続き、昨年末から1月にかけて更新を休んでしまったのですが、2021年2月から再開しました。今後についてですが、次回の更新は2月22日(月)、その後は隔週での更新とさせていただきます。

 

ややペースは落ちますが、ジャスティンの素晴らしいメッセージを日本のみなさんにも届けたい、という気持ちは変わりませんので、引き続き楽しんでいただけたら幸いです。Enjoy Singing!

 

佐藤剛寿

Ep. 74「ストレート・トーン対ビブラート」【VLTTW翻訳】

今回はジャスティン・ストーニーによる「ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールド」の翻訳シリーズ、エピソード74「ストレート・トーン対ビブラート」です。どうぞお楽しみください ;)

 

Ep. 74 "Singing With Straight Tone Vs. Vibrato" - Voice Lessons To The World

Ep. 74「ストレート・トーン対ビブラート」

 

元の動画はこちら

www.youtube.com



目次

 

Hi everybody! My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.
 
みなさん、こんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチング(NYVC)創設者のジャスティン・ストーニーです。
 
Welcome to episode 74 of Voice Lessons To The World, the show where we want to help you as singers by answering your questions from all over.
 
ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード74へ!このショーでは世界中のみなさんからの質問に答えることで、シンガーのみなさんを応援していきたいと思います。
 

今週の質問:ビブラートではなくストレート・トーンで歌うには?

 
And I'll give you a chance to ask questions later, but our question for this week comes from Rodrigo M. in Salvador, Brazil.
 
みなさんが質問する機会についてはあとで説明するとして、今週の質問はブラジルはサルバドール州のロドリゴ・Mさんから来ています。
 
And Rodrigo writes, "Dear Justin, I'm a classical singer who loves to sing jazz. How can I sing with straight tone instead of vibrato?
 
ジャスティンさん、こんにちは。私はジャズを歌うのが大好きなクラシックのシンガーです。ビブラートの代わりにストレート・トーンで歌うにはどうすればいいですか?」
 
Now Rodrigo that's a spectacular question. Because we work very hard on our vibrato. We've talked about it in lessons in the past and I know we're gonna talk about it more in the future. Vibrato is very important.
 
ロドリゴさん、素晴らしい質問ですね。ビブラートにはみな懸命に取り組んでいますからね。以前のレッスンでも話してきましたし、今後ももっと話していくことでしょう。ビブラートはとても大切です。
 
But, what if you want to sing without it? To sing with straight tone? It's actually a very important skill and something that you're really going to want for your voice overall.
 
でも、ビブラート無しで歌いたい場合はどうでしょうか?ストレート・トーンで歌うことは、実はとても大切な技術で、声全般に欲しくなるようなものです。
 

1. ストレート・トーンとビブラートの違い

 
So the very first thing we should look at is what's the difference between straight tone and vibrato?
 
まず最初に確認するべきことは、ストレート・トーンとビブラートの違いについてです。
 
The difference between straight tone and vibrato is actually quite simple. Straight tone can be defined as- singing a pitch without any variation or fluctuation to that pitch.
 
ストレート・トーンとビブラートの違いはとてもシンプルです。ストレート・トーンは「ある高さの音を、ピッチを何も変えずに歌うこと」と定義できます。
 
So if I sing a straight tone note... ♪ Ah ♪ It doesn't have any movement to the pitch itself.
 
 
A vibrato note, however, does. Take a listen... ♪ Ah ♪ Those are small little pitch bends. Not... ♪ Ah ♪ Not enough to move the pitch away from its fundamental note. ♪ Ah ♪ But, little baby pitch movements within that note.
 
 
Straight tone though... ♪ Ah ♪ No movement. Vibrato... ♪ Ah ♪ Movement to the pitch.
 
 
And we want to be able to control our voices like that. To say I'm choosing to do straight tone or I'm choosing to do vibrato. This gives us a lot of control not just technically but also stylistically.
 
このように、声をコントロールできるようになるのが望ましいですね。「ストレート・トーンを選んでやっている」とか「ビブラートを選んでやっている」とか言えることが大事です。こうなれば、技術的なコントロールの幅だけでなく、スタイルに関するコントロールの幅も広がりますよ。
 

2. どちらの方が「自然」なの?

 
So let's answer the question though that sometimes comes up which is, which one is more natural? Straight tone or vibrato?
 
では次に、時々上がってくる質問にお答えしましょう。「ストレート・トーンとビブラート、どちらが自然なの?」というものです。
 
It's very interesting to me that in the world of voice somehow people started getting the notion that vibrato is the natural way to sing and straight tone is not natural and sometimes people even think that it's unhealthy for the voice, that it's damaging for the voice, and it's simply not true.
 
声の世界では、とてもおもしろいことに、ビブラートが自然な歌い方で、ストレート・トーンは自然でないという意見を耳にすることがあります。「ストレート・トーンは声に悪く、声にダメージを与える」と思う人さえいるのですが、それは全く事実ではありません。
 
Actually straight tone is the "natural" way to sing and vibrato is simply just a really cool stylistic nuance that has developed in singing throughout the ages.
 
実際にはストレート・トーンの方が自然な歌い方で、ビブラートは単に「とてもかっこいい歌い方のニュアンスで、時代を超えて受け継がれてきた歌い方」なのです。
 
To kind of prove this all you have to do is think about how a kid would sing their abc's.
If you listen to a kid you don't hear... ♪ A B C D E F ♪ [with vibrato] You don't hear vibrato. You hear... ♪ A B C D E F G ♪ [with straight tone] You hear straight tone.
 
 

3. ストレート・トーンとヴォーカルスタイル

 
Now it's pretty obvious that classical singers sing with a lot of vibrato. They sing with it on basically every note.
 
ところで、クラシックの歌手がたくさんのビブラートをかけて歌うのは明らかですね。基本的に全ての音にビブラートをかけます。
 
But this is not to suggest that vibrato is a kind of thing of the past and straight tone is something of the present and contemporary styles. In fact straight tone dates back hundreds if not thousands of years.
 
でもこれは、「ビブラートは過去のもので、ストレート・トーンは現在の、現代的なスタイルのものである」ということを示唆するものではありません。実際にストレート・トーンは、何千年とは言わないまでも、何百年も前まで遡れるものなのです。
 
You hear it in a lot of world music and folks music, emerging from different cultures. You hear it in things like Gregorian chants. And even in the classical world, things like baroque and the choral tradition. They all have straight tone present in the sound.
 
ストレート・トーンは多くのワールド・ミュージックや民族音楽で聞かれ、様々な文化から発生しています。グレゴリオ聖歌のようなものにも聞かれますし、クラシックの世界でさえも、バロックや伝統的な合唱のようなものに聞かれます。こういった音楽全てにストレート・トーンが使われています。
 
Now, modern examples would be things like pop, rock, R&B, musical theatre, bluegrass, and Rodrigo, you mentioned jazz! Which is definitely a style that uses a lot of straight tone. In fact, jazz would be a style where sometimes singers sing exclusively with straight tone. 
 
現代の例で言ったら、ポップやロック、R&B、ミュージカル、ブルーグラス、それからロドリゴさんの言っていたジャズなどがありますね。ジャズは確かに、ストレート・トーンが良く使われるスタイルです。実際のところ、ジャズはストレート・トーンだけを使って歌われることもあるスタイルでしょう。
 

曲例:「枯葉」

 
And I want to show you in a song example kind of what that would sound like. The song I'm gonna look at today is "Autumn Leaves". On of my very, very favorite jazz songs.
 
どういう声になるのかを、曲例の中でお見せしたいと思います。今回見ていく曲は「枯葉」で、私が大好きなジャズ曲の一つです。
 
So what I'm gonna do here with this song is try my very best to sing with all straight tone, no vibrato at all for the entire piece. Just to give us a sense of what that would sound like to sing with literally zero vibrato. Now jazz is a good style to do that with. 
 
この曲でやりたいのは、できる限り全曲通してビブラートを使わず、ストレート・トーンで歌うことです。文字通りビブラートゼロで歌うとどういうサウンドになるのか、感覚を掴むためで、ジャズはそのためにちょうどいいスタイルですね。
 
And this song "Autumn leaves" is one of the most beautiful in all of jazz. So here we go with zero vibrato on a song...
 
この「枯葉」という曲はたくさんあるジャズの曲の中でも最も美しい曲の一つです。それでは、ビブラートゼロで曲に行ってみましょう。
 
♪ The falling leaves drift by my window
The autumn leaves of red and gold
I see your kips and summer kisses
The sunburned hands I used to hold
Since you went away the days grow long
And soon I'll hear ol' winter's song
But I miss you most of all, my darling
When autumn leaves start to fall ♪
 
 
And it gives it that sort of really pure, really intimate, almost innocent kind of quality.
And it's a really cool effect. Now you don't have to do it for an entire song. But it's a coordination that's super nice to have in your technique overall.
 
ストレート・トーンがとても純粋で、親密で、無垢と言ってもいいような感じの性質をもたらしてくれます。とてもすごい効果ですね。全曲を通して使わなければならないということはないのですが、全般的にテクニックとして持っておくととても素晴らしいですね。
 

5. ストレート・トーンを歌うときのコツ

 
So next I'm going to give you some tips on how to sing with straight tone. And then we're gonna look at an exercise.
 
では次にストレート・トーンの歌い方のコツをお伝えしましょう。それからエクササイズを見ていきます。
 
There's gonna be two kinds of singers watching this video. Those like you, Rodrigo, who've been doing vibrato for so long that straight tone has actually become difficult to do. And then there's also going to be those who find straight tone rather easy but would like to improve their control over that straight tone.
 
この動画を見ているシンガーのみなさんには二種類のタイプがあるでしょう。一つはロドリゴさんのように、ビブラートをずっとやってきたために、ストレート・トーンが難しくなってしまったタイプ。もう一つは、ストレート・トーンは簡単に感じるけれども、そのコントロールを改善したいタイプです。
 
First let's look at those who find straight tone hard. For you the answer is going to be- difference. What do I mean? I mean you want to get yourself into a different circumstance.
 
最初にストレート・トーンが難しいと感じているタイプから見ていきましょう。このタイプの方への答えは「違い」です。どういうことでしょうか?それは、違う環境に身を置いてほしいということです。
 
If for example you've been singing classically, ♪ Ah ♪ with a lot of low larynx space
and that's where you're finding the vibrato, get yourself into a foreign circumstance.
 
例えば低い喉頭(のど)のポジションを使って「(ビブラート付で)アー」と歌う、クラシックのやり方でビブラートの感覚を身に付けてきたのなら、今度は異なる環境に身を置いてみてください。
 
Maybe that's playing a character. Like a kid doing his abc's. That can trick the voice into a foreign circumstance where you can discover your straight tone.
 
それはキャラクターの真似をすることかもしれません。子供が「ABC」と歌うときのような感じです。声をだまし、異なる環境に身を置けば、ストレート・トーンを見つけることができます。
 
You could also try changing your larynx position to a foreign circumstance. You could change your embouchure to a foreign circumstance.
 
喉頭のポジションを変えたり、口の形を変えたりすることによっても、異なる環境に持っていけるかも知れません。
 
You could sing a style that you're not familiar with to change the circumstance.
 
環境を変えるためには、慣れないスタイルで歌うのも良いかもしれません。
 
You could even change the register. Sometimes people can do a straight tone in falsetto but not chest voice. Or, vice versa, they can do it in chest voice but not head voice and falsetto.
 
声区を変えることもできるでしょう。ファルセットではストレート・トーンができるけれども、チェストヴォイスではできないという人もいます。もしくは反対に、チェストヴォイスではできるけれども、ヘッドヴォイスやファルセットではできないという人もいます。
 
Try changing the circumstances so that you're not in the same place where vibrato is present in your voice. Learn it in the foreign circumstance and then bring it back to where you're used to singing. That's for those who find straight tone difficult.
 
自分の声の中でビブラートが使われている部分と同じ場所にいるのを避けるために、環境を変えてみましょう。異なる環境でストレート・トーンを学び、それを慣れている歌い方に落とし込みましょう。以上がストレート・トーンが難しいと感じるタイプの方の対処法でした。
 
For those who'd like to improve their straight tone- sameness is actually going to be the answer.
 
ストレート・トーンを改善したいというタイプの方には、「同一さ」が答えになるでしょう。
 
We need to have sameness of breath. With straight tone breath support becomes even more important. Taking that low breath, and then letting it out slowly but also steadily. Blasts of air, changes of air, will affect the pitch. We really have to master that small steady breath even more for straight tone.
 
息を同一にする必要があります。ストレート・トーンでは息の支えがより重要になりますからね。低い位置で息を吸い、ゆっくりと、一定に吐くことです。一気に吐き出したり、息の量が変わったりすると、ピッチに影響が出てしまうでしょう。ストレート・トーンのためには、普段以上に、少量で一定の息の使い方をマスターしなければなりません。
 
Other elements of sameness are going to be- larynx postion. Doesn't matter which larynx you pick, but you're going to have to keep it relatively the same or else straight tone becomes quite difficult to do.
 
同一さに関する他の要素に、喉頭のポジションがあります。どの高さのポジションを選んだとしても、比較的同じ高さを保つ必要があります。さもないとストレート・トーンをするのはとても難しくなってしまうでしょう。
 
Same thing is true of compression, how strong of a sound you're doing. And, of resonance. How resonant it is up here versus here, or here. You want to have sameness.
 
コンプレッション(どれくらいの声の強さで歌うか)についても同じことが言えます。それから、共鳴です。上の方、口の方、喉の方のどの部分でどのくらい共鳴させているでしょうか。同一さが必要ですね。
 
Doesn't mean you can't change it. But it's much easier to master your straight tone
if you're keeping things the same.
 
変えてはいけないということではありませんが、同一さを保っていれば、ストレート・トーンを身に付けるのはより簡単になるでしょう。
 

エクササイズ:「ズーン」

 
Next we're gonna do an exercise that helps you to take your straight tone to the next level. This is going to be- zoon. Z-Z-O-O-N, zoon. It goes like this... ♪ Zz-Zoon ♪ 
 
次に、みなさんのストレート・トーンを次のレベルへと持っていくのに役立つエクササイズをやっていきましょう。Z-Z-O-O-Nで「ズーン」です。こんな感じです「ズーン」。
 
And the point of this is that Z is giving us the sameness that we're looking for. Sameness of breath, sameness of compression, sameness of resonance.
 
このエクササイズのポイントは、Zが、必要とされている同一さをもたらしてくれることです。息の同一さと、コンプレションの同一さ、共鳴の同一さですね。
 
Then the OO is also quite similar. Because the OO embouchure stays consistent through the tone, so it's really gonna help you build a better straight tone.
 
それからOO(ウー)にも似たような効果があります。OOの口の形は声色を一定に保ち、より良いストレート・トーンを作るのに大いに役立ってくれますからね。
 
So here we go, guys are gonna be down here... ♪ Zz-Zoon ♪ And ladies up here... ♪ Zz-Zoon ♪ And here we go! [Exercise]
 
 
Awesome job with that smooth, steady straight tone. And I really hope that Rodrigo and all, that's awakened new possibilities for your voice with taking your straight tone to the next level.
 
滑らかで、一定のストレート・トーンができましたね!今回の内容がロドリゴさんやみなさんにとって、ストレート・トーンを次のレベルへと持っていくことと、声の新しい可能性に気付くことに繋がれば幸いです。
 

終わりに

 
If you've got questions that you'd like to see us answer on the show, you can send an email to Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.
 
このショーで答えてほしい質問があれば、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてくださいね。
 
So I just encourage you, don't lost that joy, don't lost that passion, don't let people tell you that you can't sing you and I both know it's simply not true, false.
 
歌う喜びや情熱を失わないようにしましょう。「ヘタクソ!」などとは誰にも言わせないでください。あなたも私も、それが単に本当ではなく、間違いであると知っていますから。
 
Get with a great voice teacher in your area. Or if you're in the New York City area, or you'd like to Skype with one of our staff you can visit us at www.NewYorkVocalCoaching.com.
 
あなたの住む地域で素晴らしいヴォイスティーチャーに就きましょう。ニューヨークにいるか、NYVCのスタッフとスカイプ(でレッスン)をしたければ、 www.NewYorkVocalCoaching.com にアクセスしてみてください。
 
Or if you like these videos you can download our free app for iPad, iPhone, and hopefully more in the future. Or visit www.VoiceLessonsToTheWorld.com. There's so many great resources, articles, tips, videos, things to help you improve as a singer.
 
動画を気に入ってもらえたのなら、iPadiPhone用の無料のアプリもダウンロードできますよ。他の機種にも今後対応できたらと思います。あるいは www.VoiceLessonsToTheWorld.com にアクセスしてみてください。優れた教材や、記事、歌のコツ、動画など、盛り沢山の内容で、みなさんがシンガーとして成長できるように応援しています。
 
I'm Justin Stoney. Until next time, make a joyful noise.
 
ジャスティン・ストーニーでした。また次回会うときまで、メイク・ア・ジョイフル・ノイズ(喜びの声を上げよう)!
 

------------------------------------------------------

 

以上、今回はストレート・トーンに関するエピソードでした。いかがでしたか?

ご意見、ご感想はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は、Justin Stoney氏の許可のもと掲載しています。無断転載はおやめください。