Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 47「コンプレッションのためのヴォーカルフライ - ヴォーカルフライ三部作・パート2 - 」【VLTTW翻訳】

今回はジャスティン・ストーニーによる「ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールド」の翻訳シリーズ、エピソード47「コンプレッションのためのヴォーカルフライ - ヴォーカルフライ三部作・パート2 - 」です!どうぞお楽しみください ;)

 

Ep. 47 "Vocal Fry For Compression" - Vocal Fry Trilogy Part 2 - Voice Lessons To The World

エピソード47「コンプレッションのためのヴォーカルフライ - ヴォーカルフライ三部作・パート2 - 

 

元の動画はこちら

www.youtube.com

 

目次

 

 

Hi everybody! My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.

 

みなさんこんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチング創設者のジャスティン・ストーニーです。

 

Welcome to episode 47 of Voice Lessons To The World, the show where we want to help you guys as singers by answering your questions from all over the world.

 

ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード47へ!このショーでは世界中からの歌に関する質問に答えていくことで、シンガーのみなさんを助けていきたいと思っています。

 

And I'll give you a chance to ask questions later. But our question for this week comes from Sidd P. in Kanpur, India. And this is going to be part two of our Vocal Fry Trilogy, okay.

 

みなさんが質問する機会はあとで設けるとして、今週の質問はインド、カンプールのシド・Pさんから来ています。今回はヴォーカルフライ三部作のパート2ですね。

 

今週の質問:ヴォーカルフライは高い声に役立つの?

 

Sidd writes, "Dear Justin, I've heard that the vocal fry can help me with my high notes. How does this work?"

 

ジャスティンさん、こんにちは。ヴォーカルフライは高い声に役立つと聞きました。どういう仕組みなのですか?」

 

It's a great question, Sidd. And you're right to assume now that the vocal fry can do great things for us technically, with our high notes, with our style, the works. So today I'm going to show you how the vocal fry really applies to style and to technique.

 

素晴らしい質問ですよ、シドさん。ヴォーカルフライがテクニックにも、高い声にも、スタイルや曲にも役立つというのは、正しいことです。今回はヴォーカルフライをスタイルとテクニックに当てはめていく方法をお見せしていきます。

 

1. ヴォーカルフライとは?

 

So just a little recap, last episode we talked about what is the fry, right? The fry is a register beneath our chest voice where the cords make a sound that's a little bit different than normal singing which is a sort of [vocal fry] sound, right?

 

まずは少しおさらいをしましょう。前回は「ヴォーカルフライとは何か」について話しましたね。フライはチェストヴォイスの下にある声区で、普通に歌う時とは少し違う「アアア…」という声でした。

 

The cords get short, fat, loose, but also compressed at the same time. So, light but compressed. And it's a register of our voice that today, like I say, we're going to work on style and technique.

 

この時声帯は短く、太く、ゆるく、コンプレッション* のかかった状態になります。軽いけれどコンプレッションがある状態です。今回はこの声区を使ったスタイルとテクニックの練習をしていきましょう。

 

*訳注:コンプレッションに関してはこちら

 

Now we heard last time some sort of crazy examples. Elmer Fudd in my speaking voice, that's an excessive vocal fry. And then Britney Spears actually gets a bad rap a lot for excessively using vocal fry in her singing voice. So we heard some of the extremes. But now for something that's a little bit less extreme.

 

前回は極端な例をやりましたね。話し声では、ヴォーカルフライを過剰に使うエルマー・ファッドを。歌声では、ヴォーカルフライを過剰に使うことで悪評されているブリトニー・スピアーズを。極端な声が聞けたと思います。ですが今回は極端でないものを扱います。

 

2. スタイルのためのヴォーカルフライ

 

When you're doing a pop, rock, R&B; or even country song, the vocal fry is very, very present throughout, often. Right? And a lot of times what we do is start the note with a fry, right? We begin the pitch with a low vocal fry and then enter into the note. And this typically happens when the word starts with a vowel. It doesn't have to but that's typically when it happens.

 

ポップ、ロック、R&B、カントリーなどを歌う時、ヴォーカルフライはとてもよく使われます。よくやるのは、声の出し始めに使う方法です。低いヴォーカルフライから歌い始めて、目的の音に入っていく感じです。ヴォーカルフライは単語が母音から始まる時によく起こります。必ずしも母音である必要はありませんが、普通は母音で起こるのです。

 

曲例:ライアン・アダムスの「オー・マイ・スイート・キャロライナ」

 

So what I'm going to do now is do a song by Ryan Adams called "Oh My Sweet Carolina" and I want you guys to see if you can hear all the times that I'm using my vocal fry to get into the notes. It's a kind of cool, stylistic, and technical effect.

 

今からライアン・アダムスの「オー・マイ・スイート・キャロライナ」という曲を聴いてもらいますが、声の出し始めにヴォーカルフライが使われるのに注目してみてください。かっこいい感じの(スタイルとテクニックの)効果が加えられます。

 

So here it is, and I've got my soul mate here today to help out. "Oh my sweet Carolina".

 

では行きましょう!今日は相棒のギターを用意しました。「オー・マイ・スイート・キャロライナ」

 

”Well I went down to Houston

And I stopped in San Antone

I passed up the station for the bus

Was trying to find me something

But I wasn't sure just what

I ended up with pockets full of dust

Oh my sweet Carolina

What compels me to go

Oh my sweet disposition

May you one day carry me home”

 

(歌)

 

Alright, so that's "Oh my sweet Carolina" by Ryan Adams. And you heard all the times that I was vocal frying into the pitch, right? “Oh my…” Right?

 

ライアン・アダムスの「オー・マイ・スイート・キャロライナ」でした。ヴォーカルフライを使って目的の音に入っていくのが聞けたでしょうか。「(ヴォーカルフライで入って)オー・マイ…」という感じです。

 

I could have just done... “Oh my sweet Carolina” But I do... “Oh my sweet Carolina” And it helps me to not only get into that pitch in a compressed light way, but it also is a cool stylistic effect for our more contemporary sounds.

 

「(ヴォーカルフライを使わずに)オー・マイ・スイート・キャロライナ」ともできたでしょうが、「(ヴォーカルフライを使って)オー・マイ・スイート・キャロライナ」と歌いました。こうすれば、コンプレッションのある軽い歌い方でピッチに入れるだけでなく、よりポピュラーミュージックらしいかっこいい声にもできます。

 

3. テクニックのためのヴォーカルフライ

 

Now let's talk about how this can really benefit us technically. That song is not all that high. But what's cool is when I'm entering through a fry I have a light connected sound. Connected meaning not going to my falsetto.

 

では、テクニックにおいてはどう役立つのでしょうか。この曲はそんなに高くなかったですね。ですがフライで声を出し始めるといいのは、軽くて繋がった声を出すことができることです。ここでいう「繋がった」というのは「ファルセットに行かない」という意味です。

 

So even though that goes to... “Oh my sweet Carolina” If I did want to go sky high with it the vocal fry could help. “Oh my sweet Carolina” ”Oh my sweet Carolina” “Oh my sweet Carolina” “Oh my sweet Carolina”

 

先ほどは「オー・マイ・スイート・キャロライナ」と歌いましたが、空高く* まで行きたければ、ヴォーカルフライがそれを促してくれることでしょう。(だんだんと高くして)「オー・マイ・スイート・キャロライナ」「オー・マイ・スイート・キャロライナ」「オー・マイ・スイート・キャロライナ」「オー・マイ・スイート・キャロライナ」

 

*訳注:すごく高い声まで行く時によくジャスティンが使う表現です。

 

Now it's going way higher than the song. But the “Oh my sweet Carolina” that can help me get up into my high notes with very little effort whatsoever because the fry is helping me out.

 

こうなると原曲よりもずっと高いですが、「(ヴォーカルフライを使って)オー・マイ・スイート・キャロライナ」と歌えば、フライのおかげで、ほとんど頑張らないでも高い声に行き着くことができます。

 

4. コンプレッションのためのヴォーカルフライ

 

So now how does this work? The vocal cords are getting a little bit of that compression while also remaining not squeezed. So we're not blowing lots of air here.

 

ところで、これはどういう仕組みなのでしょうか?ヴォーカルフライを出す時は、声帯を締め付けないようにしたまま、少しのコンプレッションを与えることができます。息はたくさん吐いていないということです。

 

We're just allowing the naturalness of that fry to help assist us with closing the cords. It's called medial compression and the vocal fry helps us with that medial - to the center- compression, right? 

 

フライの自然な作用 (声帯が閉じるのを促すこと)を活かすことができます。これは「ミディアルコンプレッション」と呼ばれ、ヴォーカルフライがミディアル(中央への)コンプレッションを促してくれるのです。

 

スタイルとテクニックのためのエクササイズ「オーノーノーノー」

 

So you heard what it is stylistically and you heard me sort of messing around going sky-high with it. Now I'm going to give you a chance to do an exercise that will help you both with your style and technique all at once, where we're going to enter in through the fry and I'm going to actually let you go sky-high with this.

 

ということで、ヴォーカルフライのスタイルへの応用と、ヴォーカルフライを使って空高くまで行くのを聞いてもらいました。今度はみなさんに、スタイルにもテクニックにも役立つエクササイズをやってもらいましょう。ヴォーカルフライで声を出し始めるもので、空高くまで行ってもらいます。

 

Now if it does go to falsetto, that's not a problem. But we are going to let the fry help us to feel a light medial compression today, okay?

 

ファルセットに行ってしまっても問題ありませんが、フライを使って、軽い、中央のコンプレッションを感じられるようにしましょう。

 

So the exercise is going to be "Oh no no no”. Right? You hear how that's got a little bit of a conversational quality to it. But we're going to put it as a vocal exercise. And we're gonna do 8-5-3-1.

 

今回のエクササイズは「オーノーノーノー」です。会話のような感じ* が少し含まれているのがわかるでしょう。この感じをヴォーカルエクササイズに入れていきます。8-5-3-1(音階のパターン)でやります。

 

*訳注:「オー、ノー!」と英語で言う時の感じがそのままエクササイズに反映されていますね。

 

So the exercise will be this... “OH - NO - NO - NO” So you start with that fry... “OH - NO - NO - NO” So that's gonna be guys down there. Ladies up here... “OH - NO - NO - NO” Right? And we're going to go up and down together on "Oh no no no". Okay, so here we go!

 

こんな感じです。「オーノーノーノー」。フライで声を出し始めましょう。「オーノーノーノー」。今のは男性の音で、下で歌う場合です。女性は上で、「オーノーノーノー」。「オーノーノーノー」で一緒に上下していきましょう。では行きます!

 

(Exercise)

 

(エクササイズ)

 

Spectacular stuff. So you see that that you can use the fry to find a light, compressed sound going up and down. You're going to use that for your technique, sometimes. And you're going to use that for your style, sometimes.

 

素晴らしい出来です!軽く、コンプレッションのある声を声域の上下で見つけるのに、フライが使えるのがわかったでしょう。テクニックに使うこともあるでしょうし、スタイルにも使うこともあるでしょう。

 

Now I will admit that that can be a little bit fatiguing, right? It's not going to damage your voice but it can be a little bit fatiguing.

 

ところで、ヴォーカルフライが声を少し疲れさせるものだというのは認めます。声を傷つけるものではありませんが、少し疲れるかもしれません。

 

So don't just do this fry, just like we said with the glottals, don't just do it til the cows come home, right? We've got to do this stuff in moderation.

 

声門閉鎖* の時に言ったように、ずっとフライだけをやるのはやめましょう。こういうものは適度にやらなけらばいけません。

 

*訳注:声門閉鎖のエピソードはこちら

 

When you're building these muscles and some of these coordinations, it can fatigue your voice a little bit. Don't worry about it but also don't overdo this kind of work. It's very athletic vocally.

 

この筋肉やその使い方を育てている時は、少し声が疲れるかもしれません。心配する必要はありませんが、こういう練習をやり過ぎないようにしてくださいね。負荷のかかる声の出し方ですから。

 

終わりに

 

But, Sidd and all, I hope that's been helpful for you guys today as singers. And if you have questions that you'd like to see us answer on the show, you can send an email to Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

ということで、シドさん、みなさん。今回の内容がみなさんの役に立てばと思います。このショーで答えてほしい質問があれば、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてくださいね。

 

And we just encourage you, don't lose that joy, don't lose that passion, don't let people tell you that you can't sing because you and I both know that is not true.

 

歌う喜びや情熱を失わないようにしましょう。「ヘタクソ!」などとは誰にも言わせないでください。それが本当のことではないと、私達は知っていますから。

 

Get with a great voice teacher in your area. Or if you guys are in New York City or you want to Skype with one of our staff you can visit us at www.NewYorkVocalCoaching.com.

 

素晴らしいヴォイスティーチャーをあなたの地域で見つけましょう。ニューヨークにいるか、NYVCのスタッフとスカイプをしたければ www.NewYorkVocalCoaching.com にアクセスしてみてください。

 

And I also just encourage you guys to download our free app for iPhone, iPad, and more in the future. It's got free videos, articles, tips, resources for you guys to help you take your singing to the next level. So check out the app or visit www.VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

それから無料のアプリもぜひダウンロードしてみてください。iPhoneiPad用ですが、もっと増やしていきます。動画や記事、ヒントや教材など、みなさんの歌を次のレベルへと連れていけるような内容が盛りだくさんです。チェックしてくださいね。それか www.VoiceLessonsToTheWorld.com にアクセスしてみてください。

 

I'm Justin Stoney. We'll see you next time.

 

ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!

 

------------------------------------------------------

 

以上、今回もヴォーカルフライに関しての翻訳でした。いかがでしたか?

ご感想、ご意見、ご質問はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は、Justin Stoney氏の許可のもと掲載しています。無断転載はおやめください。

 

NYVCのこと、ブログの運営者、レッスン

 

New York Vocal Coachingについて

New York Vocal Coaching (NYVC) は、ニューヨークを代表するヴォーカルスタジオのひとつです。創設者のジャスティン・ストーニーは世界的に有名なヴォーカルコーチで、NYVCはアメリカ国内外の多くのメディアに取り上げられています。

また、NYVCのYouTubeチャンネルは、21万人以上* の登録者がいる人気チャンネルです。無料で多くのビデオを公開していて、世界中のシンガーのためにヴォーカルの上達に役立つ情報やエクササイズを届けています。

NYVCのウェブサイトなどは基本全て英語ですが、とても広範囲にわたる情報を届けているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 *2019年10月現在

 

newyorkvocalcoaching.com


 

www.youtube.com

 

ブログの運営者について

このブログを運営している佐藤剛寿は、ジャスティン・ストーニーの直接指導のもと、New York Vocal Coaching 40-Hour Voice Teacher Trainingを修了したヴォーカルコーチです。

僕がジャスティンを知るようになったきっかけは、YouTubeです。いつものようになんとなくYouTubeを見ていたら、ジャスティンの動画がおすすめに出てきて、「どんな人だろう?」と初めて彼の動画を見た瞬間、「この人の教え方は、すごい!!」とすぐにわかりました。

彼自身の持っている声の技術の高さ。わかりやすい理論と伝え方。声や歌に対する寛容な考え方。そして、モチベーションを上げてくれる言葉。全てが驚きでした。

それから毎日、一生懸命彼の動画を見て、一緒に歌う日々が始まりました。僕はもともと歌うことが大好きでしたが、ジャスティンのことを知ってからはその楽しさが大きく増しました。

ニューヨークに行って彼のティーチャー・トレーニングを受けたのは、彼のようなレッスンを、日本のシンガーにも届けたいと思ったからです。

彼がたくさんの動画を作って、レッスンを受けられない人にもヴォーカルの情報やエクササイズを提供しているように、僕もその翻訳ブログという形で、少しでも日本のみなさんに良い情報を届けたいと思っています。

翻訳にはわかりづらいところもあるかもしれませんが、少しでもみなさんのヴォーカルライフに役立てば幸いです。ご感想、ご意見、ご質問はいつでも歓迎します!

 

レッスンについて

動画や文章に触れて自分で練習するだけでも声を改善していくことはできますが、一人ではわからないこともあると思います。そういう時はぜひ直接レッスンを受けてみてください!

僕のレッスンではニューヨークで学んだことを活かして、クライアントのみなさんが声をより自由に使えるように、一人一人に合わせたエクササイズを提供しています。

また、ヴォーカル技術の向上と併せて、アレンジャー・ソングライターとしての視点から、スタイルを作っていくお手伝いをしています。

そして、歌う喜びを感じられるように、良い環境を作っていきたいと思っています。

ニューヨーク仕込みのエクササイズを、ぜひ体感してみてください!

 

ヴォーカルレッスンのお問い合せ、お申し込みはウェブサイトからどうぞ。

 

レッスン概要

https://www.takahisasatomusic.com/lesson

 

お問い合せ、お申し込み

https://www.takahisasatomusic.com/contact