Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 43「強化版ファルセット」【VLTTW翻訳】

今回はジャスティン・ストーニーによる「ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールド」の翻訳シリーズ、エピソード43「強化版ファルセット」です!どうぞお楽しみください ;)

 

Ep. 43 "Reinforced Falsetto" - Voice Lessons To The World

エピソード43「強化版ファルセット」

 

元の動画はこちら

www.youtube.com

 

目次

 

Hi everybody! My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.

 

みなさんこんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチング創設者のジャスティン・ストーニーです。

 

Welcome to episode 43 of Voice Lessons To The World, the show where we want to help you guys as singers by answering your questions from all over.

 

ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード43へ!このショーでは世界中からの歌に関する質問に答えていくことで、シンガーのみなさんを助けていきたいと思っています。

 

今週の質問:ビー・ジーズの声は一体ナニ?

 

And I'll give you a chance to ask questions later, but our question for this week comes from Tiit M. in Parnu Estonia.

 

みなさんが質問する機会はあとで設けるとして、今週の質問はエストニア、パルヌのティイット・Mさんから来ています。

 

And Tiit writes, “Dear Justin, what the heck is that Bee Gees voice? Is that falsetto or head voice?”

 

ジャスティンさん、こんにちは。ビー・ジーズのあの声はマジで何なんですか?ファルセット?ヘッドヴォイス?」

 

That's good. That's good, Tiit. What the heck is that Bee Gees voice? What is that crazy sound that we've heard, you know, from the 70s that the Bee Gees did?

 

いいですね。いいですよ、ティイットさん。ビー・ジーズのあの声は何なんでしょうか?70年代に聞かれた、ビー・ジーズのようなかっこいい声は何なんでしょうか?

 

I'll tell you about what that is today. And I like that question, “Is that falsetto or is that head voice?”. Okay.

 

今回はそれが何なのかについて話していきましょう。「ファルセット?ヘッドヴォイス?」という質問もいいですね。

 

強化版ファルセット

 

It's actually something that people call a reinforced falsetto. And I'll describe this particular coordination to you guys today and give you a chance to learn how that's really done in case you want to.

 

実はこれは「強化版ファルセット*」と呼ばれているものなんです。今回はこの声の出し方について説明し、この方法で歌いたい時のために、どうやってやるのかを学んでいきましょう。

 

*訳注:reinforced = 強化された 強化版ファルセット、という用語は訳者の造語です。

 

曲例:ビー・ジーズの「ステイン・アライヴ」

 

And first let me show you, though, what that sound is, right? I'll take the classic “Staying Alive” by the Bee Gees so you can hear that once again.

 

まずはどういう声なのか、お見せしましょう。ビー・ジーズのクラシック、「ステイン・アライヴ」で聴いてもらいます。

 

“Ah ha ha ha, stayin’ alive, stayin’ alive

Ah ha ha ha, stayin’ alive”

 

(歌)

 

Okay, so there's that reinforced falsetto sound. Now why is that so hard to comprehend? It is because falsetto, we usually think of that as a thin sound, but there's a certain solidness to that Bee Gees kind of voice, that reinforced falsetto.

 

これが強化版ファルセットの声です。では、これを理解するのが難しいのはどうしてでしょうか?それは、通常ファルセットと言ったら細い声をイメージするからでしょうが、ビー・ジーズのような強化版ファルセットには、ある程度の太さがありますね。

 

So I'm going to describe to you guys what is being done to make that kind of sound today, this reinforced falsetto.

 

今回はこの強化版ファルセットのような声を作るために何がなされているのかを、みなさんに説明していきますね。

 

1. ファルセット対ヘッドヴォイス

 

But let's go back one step. We did the episode before on falsetto versus head voice. And so let's make sure we remember what this is.

 

まずは1ステップ戻りましょう。以前にファルセット対ヘッドヴォイスのエピソードをやりましたね。どういう話だったか、思い出しましょう。

 

Now I know it's very confusing because women… when you call a woman's head voice is actually about the same thing as a male falsetto.

 

これはとっても紛らわしいことですよね。女性のヘッドヴォイスは、実は男性のファルセットとほぼ同じことですから。

 

And the terms get so crazy when we get them all mixed and matched, but basically women do indeed have a falsetto. It's just called head voice, okay?

 

用語が色々混ざったり似通ったりして気が狂いそうになりますが、基本的に女性もファルセットを持っています。ただこれがヘッドヴォイスと呼ばれているだけなんです。

 

When a male sings in head voice, it's actually a more thick sound than when a woman sings in head voice.

 

男性がヘッドヴォイスを歌うときは、女性がヘッドヴォイスで歌うときよりもより太い声になります。

 

So women can do a reinforced falsetto too, and males of course can do this. But falsetto in general is a very decompressed sound with the cords. They're loose and they're kind of airy, right?

 

ですから女性にも強化版ファルセットはできますし、もちろん男性もできますが、ファルセットというのは一般的にとても声帯の圧力が少ない声です。ゆるくて息漏れのある声ですよね?

 

But when I go up top in this song, my cords do not sound loose and airy.

 

でもこの曲で上の方に行く時は、ゆるくて息漏れのある声にはなりません。

 

If they did I could do, “Ah, ha, ha, ha, stayin’ alive, stayin’ alive” but that's not the sound. It’s, “Ah ha ha ha, stayin’ alive, stayin’ alive”. And I have that little bit more solidness.

 

ゆるくて息が漏れていると(細い声で) “Ah, ha, ha, ha, stayin’ alive, stayin’ alive” となってしまいますが、これはビー・ジーズの声ではありませんよね。よりしっかりした声で歌うと(太い声で)“Ah, ha, ha, ha, stayin’ alive, stayin’ alive” となります。

 

So how the heck am I getting that solidness when I'm really not in a male head voice or a female kind of belt mix? I'm really in my falsetto. What the heck is happening to cause that to not sound so loose and breathy like head voice and falsetto can?

 

では、男性のヘッドヴォイスや女性のベルトミックスではないのに、そのしっかりした感じを得るには、どうすればいいのでしょうか?ファルセットで歌っているのは間違いありません。ヘッドヴォイスやファルセットのような、ゆるくて息混じりではないような声を出すために、何が起きているのでしょうか?

 

2. 重要な要素は高い喉頭(のど)と鼻腔共鳴

 

In this instance, what it is to reinforce this falsetto is a higher larynx and also nasal resonance, right? In this case we're allowing the larynx to come up and the fact that the larynx is coming up is bringing the cords in greater proximity. So we're getting a tighter seal, but not in a mixed kind of way. 

 

この場合、ファルセットを強化しているのは、高い喉頭(のど)と鼻腔共鳴なんです。喉頭を持ち上げることによって、声帯同士をより近づけています。ミックスとは違うやり方で、しっかりと声帯を締めているのです。

 

Now I could actually mix this. I could belt “Stayin’ Alive” that would be crazy. “Staying Alive”. Holy God.

 

実際にはミックスで歌うこともできますよ。「ステイン・アライヴ」 をベルト* で歌うこともできますが、異常な感じになりそうですね。(ベルトで歌って)“Stayin’ Alive!!” なんてこった!

 

*訳注:ベルト(ベルティング)とは、チェストヴォイスのような力強い声で歌うミックスヴォイスのこと。ファルセットで歌うべきところを力強いミックスで歌うのは間違いではないけれど、ちょっと欲しい雰囲気とは違いますよね。

 

Okay, so we wouldn't want to do that. I mean we could, but that's a real belt of “Stayin’ Alive”. That's not a reinforced falsetto. That's a true chest dominant mix, right? But we're trying to let the cords be a little looser like falsetto, but be tightened by the high larynx. So, “Staying Alive”, it's a little bit different sound.

 

これはしたくないですよね。できるけど、これは本当「ステイン・アライヴ」のベルトです。強化版ファルセットではありません。完全にチェスト寄りのミックスですよね?これではなくて、声帯をファルセットのようにもう少しだけゆるめつつ、高い喉頭によってしっかり締めるようにしたいのです。そうすると(強化版ファルセットで)“Staying Alive” と、少し違った声になります。

 

So again, the key ingredients for a reinforced falsetto - something that doesn't compress all the way to a mix but does have a compressed sound - is just allowing that larynx to come up in this case and adding some nasal resonance by dropping the soft palate and allowing the sound to get into the nasal cavity. Those are the key ingredients, okay?

 

おさらいすると、強化版ファルセットの重要な要素(ミックスに到るまでは圧力をかけないけれど、ある程度圧力をかけた声にするもの)は、喉頭を上げさせ、軟口蓋を落として鼻腔共鳴を加え、声を鼻腔へと持っていくことです。以上が重要な要素でした。

 

3. 「ミーム」5-4-3-2-1でエクササイズ

 

So now I'm just gonna give you guys an exercise. This could be done by males or by females to get this particular coordination. Again, it's just one of many, but we're trying today for a reinforced falsetto.

 

ではみなさんにエクササイズをしてもらいましょう。この声の使い方は男性でも女性でもできます。これは様々な声の使い方の一つに過ぎませんが、今回は強化版ファルセットにトライしてみましょう。

 

So we're gonna do M-E-E-M, MEEM. I just want you guys to do “MEEM MEEM MEEM MEEM MEEM”. Try it. That's cool in the nerdiest possible way. Try again. “MEEM MEEM MEEM MEEM MEEM”. Crazy and awesome.

 

M-E-E-Mで「ミーム」をやります。みなさん、「(強化版ファルセットで)ミミミミミーム」と言ってみてください。どうぞ。めちゃくちゃ変人っぽいくていいですね(笑)。もう一度。「ミミミミミーム」。狂ってて、いい感じです。

 

So here's what to avoid. We're not gonna go “MEEM MEEM MEEM MEEM MEEM”. We're not going to let it be an airy head voice or an airy falsetto. We're gonna let it be a little bit solid. “MEEM MEEM MEEM MEEM MEEM”. Fantastic.

 

避けたいのはこれです。「(息混じりに)ミミミミミーム」と息混じりのヘッドヴォイスやファルセットにはしないようにしましょう。もう少ししっかりした声にするようにします。「ミミミミミーム」。素晴らしい(笑)。

 

Okay, so now we're gonna put this to an exercise. And you're gonna let this be bright, let it be twangy, let it feel really up here. And nothing's gonna hurt. Nothing is gonna be squeezed. But you are going to feel the thyroid cartilage lift up a little bit. That's what we're doing for this particular sound.

 

それではこれをエクササイズに置き換えていきましょう。明るくて、トゥワング* のかかった声にして、声を上の方に感じるようにしましょう。どこも痛くなったり、締め付けたりはしません。甲状軟骨(のどぼとけ)が持ち上がるのを少し感じるでしょう。以上が、この声のためにすることです。

 

*訳注:トゥワングについてはこちらを参照ください。今後の翻訳をお楽しみに!

 

So here we go with that craziness right here. “MEEM MEEM MEEM MEEM MEEM” There you go.

 

それでは狂った感じで行きましょう。「ミミミミミーム」。さあどうぞ!

 

(Exercise)

 

(エクササイズ)

 

Okay, great! If any of you are still watching, I'm amazed. That's a crazy sound, okay. And we want to be open-minded here. I know that's kind of ridiculous, but you got to be able to do multiple coordinations in your voice as we know.

 

素晴らしい!まだこの動画を見ているなら、びっくりです* (笑)。おかしな声ですよね。でもオープンマインドでいてほしいと思います。馬鹿げたような声ですが、ご存知の通り、様々な声の使い方ができるのは良いことです。

 

*訳注:今回はとっても特殊な(変人っぽい)声のエピソードなので、途中で見るのをやめていないとしたらびっくり、というジャスティンのジョークです。

 

And so Tiit, I think that's a really cool question to ask about this sort of crazy different sound that we sometimes hear.

 

ティイットさん、こんなにおかしくて、変わっていて、たまにしか聞かれないような声について尋ねてくれるなんて、とてもいい感じの質問だったと思いますよ。

 

And it's actually not just the Bee Gees. You hear this a lot in, actually, some of the rock sounds and some of the metal sounds. People get up super high in something that's actually a falsetto and learn to compress via different larynx coordination.

 

でもこれはビー・ジーズだけのことではありません。実はロックやメタルの一部でもよく聞かれる声なんです。喉頭の使い方を変え、声帯に圧力をかけたファルセットを使えば、とても高い声に上がっていけるのです。

 

So it's a lot of fun and I hope you guys had fun with this one today.

 

今回はとっても楽しかったですね。みなさんにも楽しんでもらえたなら嬉しいです。

 

終わりに

 

So, Tiit and all, if you have questions that you'd like to see us answer on the show you can send an email to Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

というわけで、ティイットさん、みなさん。このショーで答えてほしい質問がある場合は、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてくださいね。

 

And so we just encourage you not to lose that joy. Don't lose that passion. Get with a great voice teacher in your area. And don't let people tell you that you can't sing.

 

そして、歌う喜びや情熱を失わないようにしましょう。あなたの地域の素晴らしいヴォイスティーチャーに付いてください。「ヘタクソ!」などとは誰にも言わせないでくださいね。

 

If you guys are in New York City or you want to Skype with us, you can visit www.NewYorkVocalCoaching.com.

 

ニューヨークでレッスンするか、スカイプレッスンをしたければ、  www.NewYorkVocalCoaching.com をチェックしてみてください。

 

And I just encourage you guys to get that app that we have for iPad, iPhone and hopefully more later on. It's got a lot of free resources on there - lots of videos, lots of articles, free tips, lots of information that hopefully helps you guys take your voice to the next level.

 

それから、iPadiPhone(今後もっと増やしたいと思っています)のアプリもぜひゲットしてくださいね。動画や記事、歌のヒント、情報など、無料で盛りだくさんの内容を揃えており、あなたの声を次のレベルへと連れて行くお手伝いができたらと思っています。

 

So download that app. Like I say it's free. And then you can also visit www.VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

ぜひアプリをダウンロードしてみてください。無料ですから。それからwww.VoiceLessonsToTheWorld.com も見てみてくださいね。

 

I'm Justin Stoney. We’ll see you next time.

 

ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!

 

------------------------------------------------------

 

以上、今回は力強いファルセットに関しての翻訳でした。いかがでしたか?

ご感想、ご意見、ご質問はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は、Justin Stoney氏の許可のもと掲載しています。無断転載はおやめください。

 

NYVCのこと、ブログの運営者、レッスン

 

New York Vocal Coachingについて

New York Vocal Coaching (NYVC) は、ニューヨークを代表するヴォーカルスタジオのひとつです。創設者のジャスティン・ストーニーは世界的に有名なヴォーカルコーチで、NYVCはアメリカ国内外の多くのメディアに取り上げられています。

また、NYVCのYouTubeチャンネルは、21万人以上* の登録者がいる人気チャンネルです。無料で多くのビデオを公開していて、世界中のシンガーのためにヴォーカルの上達に役立つ情報やエクササイズを届けています。

NYVCのウェブサイトなどは基本全て英語ですが、とても広範囲にわたる情報を届けているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 *2019年10月現在

 

newyorkvocalcoaching.com

 

www.youtube.com

 

ブログの運営者について

このブログを運営している佐藤剛寿は、ジャスティン・ストーニーの直接指導のもと、New York Vocal Coaching 40-Hour Voice Teacher Trainingを修了したヴォーカルコーチです。

僕がジャスティンを知るようになったきっかけは、YouTubeです。いつものようになんとなくYouTubeを見ていたら、ジャスティンの動画がおすすめに出てきて、「どんな人だろう?」と初めて彼の動画を見た瞬間、「この人の教え方は、すごい!!」とすぐにわかりました。

彼自身の持っている声の技術の高さ。わかりやすい理論と伝え方。声や歌に対する寛容な考え方。そして、モチベーションを上げてくれる言葉。全てが驚きでした。

それから毎日、一生懸命彼の動画を見て、一緒に歌う日々が始まりました。僕はもともと歌うことが大好きでしたが、ジャスティンのことを知ってからはその楽しさが大きく増しました。

ニューヨークに行って彼のティーチャー・トレーニングを受けたのは、彼のようなレッスンを、日本のシンガーにも届けたいと思ったからです。

彼がたくさんの動画を作って、レッスンを受けられない人にもヴォーカルの情報やエクササイズを提供しているように、僕もその翻訳ブログという形で、少しでも日本のみなさんに良い情報を届けたいと思っています。

翻訳にはわかりづらいところもあるかもしれませんが、少しでもみなさんのヴォーカルライフに役立てば幸いです。ご感想、ご意見、ご質問はいつでも歓迎します!

 

レッスンについて

動画や文章に触れて自分で練習するだけでも声を改善していくことはできますが、一人ではわからないこともあると思います。そういう時はぜひ直接レッスンを受けてみてください!

僕のレッスンではニューヨークで学んだことを活かして、クライアントのみなさんが声をより自由に使えるように、一人一人に合わせたエクササイズを提供しています。

また、ヴォーカル技術の向上と併せて、アレンジャー・ソングライターとしての視点から、スタイルを作っていくお手伝いをしています。

そして、歌う喜びを感じられるように、良い環境を作っていきたいと思っています。

ニューヨーク仕込みのエクササイズを、ぜひ体感してみてください!

 

ヴォーカルレッスンのお問い合せ、お申し込みはウェブサイトからどうぞ。

 

レッスン概要

https://www.takahisasatomusic.com/lesson

 

お問い合せ、お申し込み

https://www.takahisasatomusic.com/contact