Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 38「強敵『アイ』」【VLTTW翻訳】

今回はジャスティン・ストーニーによる「ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールド」の翻訳シリーズ、エピソード38「強敵『アイ』」です!どうぞお楽しみください ;)

 

Ep. 38 "The Deadly I" - Voice Lessons To The World

エピソード38「強敵『アイ』」

 

元の動画はこちら

www.youtube.com


 

目次

 

Hi everybody! My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.

 

みなさんこんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチング創設者のジャスティン・ストーニーです。

 

Welcome to episode 38 of voice lessons to the world, the show where we want to help you guys as singers by answering your questions from all over the world.

 

ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード38へ!このショーでは世界中からの歌に関する質問に答えていくことで、シンガーのみなさんを助けていきたいと思っています。

 

今週の質問:アデルの曲が上手く歌えない…

 

And I'll give you a chance to ask questions later, but our question for this week comes from Nora F. in St. Petersburg, Russia.

 

みなさんが質問する機会はあとで設けるとして、今週の質問はロシア、サンクトペテルブルクのノラ・Fさんから来ています。

 

And Nora writes “Dear Justin, I like to sing the song “Someone Like You” by Adele, but every time it gets to the chorus I feel a sense of strain. What do you think is going on and can you help?”

 

ノラさんはこう書いています。「ジャスティンさん、こんにちは。アデルの『サムワン・ライク・ユー』を歌いたいのですが、サビに行くたびに声を緊張させてしまう感覚があります。何が起こっていると思いますか?助けてください。」

 

Well, thank you Nora for that great question. And man alive, I've heard that Adele song more times than almost any song in voice lessons. Everybody loves to sing that song. And so I think it's good that we talk about that today because it's so common.

 

ノラさん、素晴らしい質問をありがとうございます。これはこれは…アデルのこの曲は、レッスンでどの曲よりも多く聞いてきました。みんなこの曲を歌うのが大好きですから。とてもよくやる曲ですから、今回これについて話すのは良いことだと思います。

 

強敵「アイ」

 

But I do have an idea here, Nora, about why that might be so tough. And it's the deadly “I”.

 

ノラさん、どうしてこれが歌いづらいのか、一つ考えられることがあります。それは強敵の「アイ」です。

 

The “I” vowel in singing is one of the hardest vowels. It's a culprit for so many vocal problems. And a lot of times when… a song… you know, you feel like you have those notes, “I know I can sing that note, so why is this song so tough?” A lot of times it's the “I” vowel.

 

「アイ」の母音* は歌において最も難しい母音の一つです。多くの声の問題の犯人です。歌える声域にある曲だと思っても、「この音は歌えるはずなのに、どうしてこの曲は歌いづらいのだろう?」ということがよくありますよね。多くの場合で、その原因は「アイ」の母音です。

 

*訳注:英語には二重母音があるので、「アイ」が今回取り上げられていますが、日本語でも口を開く「あ」は似ていますね。

 

1. どうして「アイ」が強敵なの?

 

It's really a kind of mean vowel and I'm going to explain why it's so so difficult to sing.

 

「アイ」は意地悪な母音なのですが、どうしてこれを歌うのが難しいのか、説明していきますね。

 

But unfortunately, it's not only difficult but it's also very common because every time I have a song about myself ,“I”, I'm gonna have to sing an “I” vowel. So we're going to talk about why this “I” is so deadly.

 

不運にも「アイ」は難しいだけではなく、自分のこと(「アイ」= I )について歌う時は「アイ」を使わなければならないので、とてもよく使う母音でもあるのです。ですのでこの「アイ」がどうして強敵なのかについて話していきましょう。

 

口を広げる母音だから

 

Now the first reason is it's a mouth vowel, right? And as we're moving up to high notes the sound can be in the mouth or out the mouth. The sound has to get more in.

 

まず最初の理由として、「アイ」は口を広げる母音ですよね?高い声に行くに従って、声は口の中にも外にも持っていけますが、実際はより中の方に持っていくべきです。

 

Our chest voice and our low notes can go out the mouth directionally with the airflow. But as you move higher you must, must, must move the air in and to the back and also perhaps up and into the nasal resonators. It's essential for the instrument to function well. 

 

チェストヴォイスや低い声は息の流れとともに口の外の方向へと持って行けます。でもより高い声に行くには絶対に、絶対に(!)息を内側や後ろ側に持っていかなければならないし、(おそらく)鼻の共鳴腔にも持っていくべきです。声という楽器をきちんと機能させるためには必要不可欠なことです。

 

So you got a vowel like an “I” vowel and the “I” is making the sound go more out the mouth. So on a high note an “I” is not a really great thing.

 

「アイ」のような母音は、声をより口の外へと向かわせます。高い声では「アイ」はあまり歌いやすくはない母音なのです。

 

口の幅を広げてしまう傾向があるから

 

The other thing is it's a spready vowel. Now we've talked about spreading before. And the spread of the lip corners of “I”, the way we speak “I” is another problem. That's going to be guiding the air out the mouth.

 

もう一つは、「アイ」は口幅の広い母音だということです。口幅のことに関しては以前にも話しましたね。口角を広げる「アイ」の言い方がもう一つの問題です。息を口の外へと向かわせてしまいます。

 

So we naturally do a spread usually when we speak an “I” vowel. We can't have that when we sing.

 

「アイ」の母音を話す時は普通、口幅を広げてしまいますが、歌う時はそうしてはいけません。

 

明るい母音で喉頭(のど)が持ち上がるから

 

The last thing is that it's a bright vowel. A bright vowel would be like an “I” or an “A” or maybe even an “E”, whereas a dark vowel would be something like an “Oh” or an

“Oo” or an “Uh”.

 

最後に、「アイ」は明るい母音だということです。明るい母音は「アイ」とか「エイ」とか「イー」のようなものですが、一方で暗い母音は「オー」とか「ウー」とか「ウー」* のようなものです。

 

* 英語は母音の数が日本語より多いですね。日本語だと「あ」「え」「い」は明るい母音、「お」「う」は暗い母音です。

 

Now bright vowels tend to raise the larynx a little bit more. And you know also we've talked about before, spreading. So we don't want those bright vowels to be moving up and tight. And that's another problem with that “I” vowel.

 

明るい母音は喉頭(のど)をより持ち上げる傾向にあります。口幅を広げることに関しても話しましたね。ですからこういった明るい母音のせいで喉頭が持ち上がったり、声を締め付けたりしないようにしたいですね。これが「アイ」の母音のもう一つの問題でした。

 

2.「アイ」の母音の直し方

 

Alright, so we need to learn how to fix the tendencies of the deadly “I”.

 

いいでしょうか。ですから強敵である「アイ」の直し方を知る必要がありますね。

 

曲例:アデルの「サムワン・ライク・ユー」

 

I'm just going to show you what would happen in “Someone Like You” if I did it with the spread and with the deadly “I” vowel and then sort of without.

 

「サムワン・ライク・ユー」を、口幅を広げ、強敵の「アイ」をそのままやった場合と、そうでない場合だとどうなるのか、お見せしましょう。

 

強敵「アイ」の対策をしないと…

 

Okay, so here's what probably is happening to many many singers in “Someone Like You”.

 

それでは、「サムワン・ライク・ユー」を歌う時に多くのシンガーに起きているであろうことが、これです。

 

“Never mind, I'll find someone like you”

 

(「アイ」の悪い癖で)(歌)

 

You see all that spread and a little bit of the larynx hiked and the brightness, too bright. 

 

口幅が広がっているのと、喉頭が持ち上がって声が明るくなりすぎているのがわかるでしょう。

 

強敵「アイ」の対策をすると…

 

Now what if I slimmed it down?

 

では口をスリムにしたらどうでしょうか?

 

“Never mind, I'll find someone like you”

 

(「口をスリムにして」)(歌)

 

It becomes so, so much easier.

 

ずっと、ずっと楽に歌えます。

 

口角をより狭く

 

So now what am I doing to fix it? Again, I'm making sure that the lip corners are staying more neutral. We're not letting them go. We're keeping them more in so the vowel doesn't get out the mouth as much.

 

では、直すために何をしたでしょうか?口角を自然な状態に保つようにしましたね。開かないようにしました。この母音のせいで息が口の外に出過ぎないように、より内側に保つようにしましたね。

 

It may be a little darker but we don't want to worry about that right now. Just think about the smallness of the lips “I”.

 

少し暗い声になったかもしれませんが、今はそのことは心配しなくていいのです。「アイ」の口の形を小さくすることだけ考えましょう。

 

And so let's try that together. Do a spread “I” vowel for me. Just do “I”. Okay, now do “I”. Nice. Go ahead and spread again “I”. Right. Now “I”. Good. So that's going to help you fix the mouthiness of that “I” vowel.

 

それでは一緒にやってみましょう。広げた「アイ」をやってみてください。「アイ」いいですね。では次は(口を少しすぼめて)「アイ」。いい感じ。もう一度広げてみましょう。「アイ」そうです。では(すぼめて)「アイ」いいですね。「アイ」の母音が口に偏るのを直すのに役立つでしょう。

 

鼻腔共鳴を増して

 

But then also this is a harder one. We need to make sure that it actually gets up into the nasal resonators and that's not so easy.

 

では次に、より難しいことをやってみましょう。この母音を鼻の共鳴腔に持ち上げていく必要があるのですが、簡単なことではありません。

 

Try this crazy sound for me, say “I”. Right. Pretty good. Try it this way down here, “I” Right. Now move it up here, “I”. Good. Better. Now “I”. Good. “I”. Right.

 

このおかしな声を試してみてください。(声を鼻にかけて)「アイ」そうです。とてもいい感じ。今度はここに(口に)下げてみてください。「アイ」そうです。ではここ(鼻)に持ち上げて、「アイ」。いいですね。よくなっています。では(口寄りで)「アイ」いいですね。(鼻寄りで)「アイ」そうです。

 

歌う時の「アイ」は話す時とは全然違う

 

So you’ve got to have it a little bit more up in the head than we would usually speak it. That’s going to feel super weird. The “I” vowel that we sing on high notes is the least like itself when we speak of any vowel.

 

このように、通常話している時よりも少し頭の方に声を持っていく必要があります。すごく変な感じがするでしょう。高い音を歌う時の「アイ」の母音は、他の母音と比べても、話す時とは全然違う感じになるのです。

 

So in other words, it's as far away from its natural state as any vowel. So we can't sing “I” on a high note. We're gonna have to sing more “I“ on that high note.

 

言い換えれば、他のどの母音よりも自然な状態からかけ離れた形になるのです。高い音は(口寄りで)「アイ」では歌えません。高い音ではより(鼻寄りで)「アイ」と歌わなければならないのです。

 

So again, “Never mind, I”ll find”, much different than “Never mind, I’ll find”, which gets out too much.

 

もう一度やると(鼻寄りで)(歌)、となり、(口寄りで)(歌)と口から出過ぎるのとは大きく異なります。

 

3. 「アイ」の母音のエクササイズ

 

Now I want to give you guys an exercise to fix your “I” vowel in general.

 

それでは、「アイ」の母音を直すためのエクササイズをしてみましょう。

 

「ムワイ」を 1-3-5-8-5-3-1 で

 

We're going to put an “M” which is going to give you that nasal resonance and a “W” which is going to give you the slim lips in front of your “I” vowel, creating this exercise “MWI”.

 

鼻腔共鳴を声に与えるための ”M” と、「アイ」の前にスリムな口の形を与える ”W” を加えて、 「ムワイ」のエクササイズをやっていきます。

 

Say that for me, “MWI”. Right. Try the MW, “MW”. Good. Now, “MWI”. Right. So if we put the M and the W in front of the “I” vowel, we're going to teach that ”I” vowel not to get out the mouth so much.

 

言ってみてください。「ムワイ」そうです。MWをやってみましょう。“MW” いいですね。では「ムワイ」そうです。「アイ」の母音の前にMとWを加えることによって、「アイ」の母音に対して口から声を出し過ぎないように教えることができます。

 

So here we go with an exercise together, guys down here “MWI MWI MWI MWI MWI MWI MWI”, and ladies up here “MWI MWI MWI MWI MWI MWI MWI”. You're gonna have that M and W helping you keep the “I” in the head. Here we go.

 

それでは一緒にエクササイズをしていきましょう。男性は下で、「ムワイ、ムワイ、ムワイ…」女性は上で、「ムワイ、ムワイ、ムワイ…」MとWを使って「アイ」を頭の方に保ちましょう。では行きます。

 

(Exercise)

 

(エクササイズ)

 

Totally nailed it. Awesome job. So we're keeping that M and that W to make you slim and to bring the sound up here for that deadly deadly “I”.

 

よくできました!上出来です。強敵「アイ」に打ち勝つには、MとWを保つことによって口をスリムにし、声を上の方に持っていくことです。

 

Go ahead and put that in your song work. You could do something like “MWI MWI MWI MWI MWI MWI MWI MWI MWI” to feel that and then go to the words, “Never mind, I’ll find someone like you”, so we got that sound more contained.

 

曲の練習にもこれを活用しましょう。(「サムワン・ライク・ユー」のメロディーで)「ムワイ、ムワイ、ムワイ…」のような感じでやってまず感覚を掴んだら、次は歌詞で「ネヴァー・マインド…」と歌って、声を内側に持っていくようにしましょう。

 

4. もう一つの強敵「アイ」

 

Now if you guys will just indulge me for one second, I just want to talk about one other deadly “I” that singers face.

 

それと、もしよければもう少し…シンガーが直面するもう一つの強敵「アイ」について話したいと思います。

 

And that's the “I” of the ego that we get when we sing either we're thinking our sound is just so awesome and everybody ought to listen to me, me, me, or we think “Oh, I'm just not good enough” “Oh, I just… I'm never going to make it” “Oh, nobody ever thinks I sound any good” and the focus is on “I”.

 

それは自意識の「アイ」です。歌う時に自分の声がすごいと思って、「みんな私の歌を聴いて!私の!私の!私の…」となったり、逆に「私は全然上手くないし…」「絶対に成功しないよ…」「誰も私の声がいいとは思わないでしょ…」となったりする時、意識は「アイ(=私)」に集中しています。

 

And if the focus is on “I” as a singer we're in some really bad territory. And so I want to encourage you guys to make your singing about somebody else. If you got it going on and you just really feel great about your singing all the time, that's the time to give, right?

 

自分に意識が行っているとしたら、シンガーとしてはまずい場所にいると言えるでしょう。ですから、誰かのために歌うようにすることをお勧めします。練習がうまくいっていて、いつも気持ちよく歌っているのなら、それを誰かに与える時が来ているでしょう?

 

Singing is a gift, so we want to be able to give it away. So dedicate your sound to somebody. Sing for your audience. Sing for somebody when you sing.

 

歌うことはギフト(=才能、贈り物)ですから、誰かにあげることができるようにしたいですね。あなたの声を誰かに捧げてください。お客さんのために歌いましょう。歌うときは誰かのために歌ってください。

 

Or if you're just a, you know, beginner and just starting off and you're just kind of doing it just for you but you don’t, you know, feel good about your sound, dedicate your sound to, maybe it’s a grandma that always believed that you should sing, maybe it's a friend or somebody, dedicate your singing and your practicing and your work to somebody else.

 

もしあなたが始めたばかりの初心者で、自分自信のためにやっているのだとしても、例えばいつも歌を応援してくれるおばあちゃんとか、友達か誰かに歌を捧げるようにして、誰かのために練習をしてみましょう。

 

Getting the focus off of the deadly “I” will really help you guys to expand as singers because if it's on you things start to deteriorate fast but if you give the gift of singing then it's going to give back to you in some awesome ways.

 

強敵の「アイ(自分)」から焦点を外すことで、シンガーとして大きく成長できることでしょう。自分のためにやっていると物事はすぐにうまくいかなくなるでしょうが、歌というギフトを誰かに与えていれば、素晴らしいことがあなたに帰ってくることでしょうから。

 

終わりに

 

So I hope that's been helpful for you guys as singers. If you have questions that you'd like to see answered on the show, you can send an email to Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

というわけで、今回の内容がシンガーのみなさんの役に立ってば幸いです。このショーで答えてほしい質問がある場合は、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてくださいね。

 

And we just encourage you not to lose that joy. Don't lose that passion. Don't let people tell you you can't sing. You know that's not true.

 

歌う喜びを失わないようにしてください。情熱を失わないで。「君は歌が下手だね」などとは決して言わせないでください。それが本当のことでないと、あなたは知っているでしょう。

 

Get with a great voice teacher in your area and don't stop working hard on your voice. Don't stop giving away your sound to other people. If you give the gift of singing you know it's going to give back to you.

 

地域の素晴らしいヴォイスティーチャーに付いて、歌の練習を頑張り続けましょう。周りの人にあなたの声を与え続けて。歌というギフトを贈り続ければ、それはきっとあなたに帰ってくることでしょう。

 

If you guys are in New York you can check us out at www.NewYorkVocalCoaching.com.

 

ニューヨークにいるのなら、 www.NewYorkVocalCoaching.com をチェックしてみてくださいね。

 

And if you like these videos you can visit www.VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

動画を気に入ってもらえたのなら、 www.VoiceLessonsToTheWorld.com を見てみてください。

 

I'm Justin Stoney. We'll see you next time.

 

ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!

 

------------------------------------------------------

 

以上、今回は「アイ」の母音に関しての翻訳でした。いかがでしたか?

ご感想、ご意見、ご質問はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は、Justin Stoney氏の許可のもと掲載しています。無断転載はご遠慮ください。

 

NYVCのこと、ブログの運営者、レッスン

 

New York Vocal Coachingについて

New York Vocal Coaching (NYVC) は、ニューヨークを代表するヴォーカルスタジオのひとつです。創設者のジャスティン・ストーニーは世界的に有名なヴォーカルコーチで、NYVCはアメリカ国内外の多くのメディアに取り上げられています。

また、NYVCのYouTubeチャンネルは、21万人以上* の登録者がいる人気チャンネルです。無料で多くのビデオを公開していて、世界中のシンガーのためにヴォーカルの上達に役立つ情報やエクササイズを届けています。

NYVCのウェブサイトなどは基本全て英語ですが、とても広範囲にわたる情報を届けているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 *2019年10月現在

 

newyorkvocalcoaching.com

 

www.youtube.com

 

ブログの運営者について

このブログを運営している佐藤剛寿は、ジャスティン・ストーニーの直接指導のもと、New York Vocal Coaching 40-Hour Voice Teacher Trainingを修了したヴォーカルコーチです。

僕がジャスティンを知るようになったきっかけは、YouTubeです。いつものようになんとなくYouTubeを見ていたら、ジャスティンの動画がおすすめに出てきて、「どんな人だろう?」と初めて彼の動画を見た瞬間、「この人の教え方は、すごい!!」とすぐにわかりました。

彼自身の持っている声の技術の高さ。わかりやすい理論と伝え方。声や歌に対する寛容な考え方。そして、モチベーションを上げてくれる言葉。全てが驚きでした。

それから毎日、一生懸命彼の動画を見て、一緒に歌う日々が始まりました。僕はもともと歌うことが大好きでしたが、ジャスティンのことを知ってからはその楽しさが大きく増しました。

ニューヨークに行って彼のティーチャー・トレーニングを受けたのは、彼のようなレッスンを、日本のシンガーにも届けたいと思ったからです。

彼がたくさんの動画を作って、レッスンを受けられない人にもヴォーカルの情報やエクササイズを提供しているように、僕もその翻訳ブログという形で、少しでも日本のみなさんに良い情報を届けたいと思っています。

翻訳にはわかりづらいところもあるかもしれませんが、少しでもみなさんのヴォーカルライフに役立てば幸いです。ご感想、ご意見、ご質問はいつでも歓迎します!

 

レッスンについて

動画や文章に触れて自分で練習するだけでも声を改善していくことはできますが、一人ではわからないこともあると思います。そういう時はぜひ直接レッスンを受けてみてください!

僕のレッスンではニューヨークで学んだことを活かして、クライアントのみなさんが声をより自由に使えるように、一人一人に合わせたエクササイズを提供しています。

また、ヴォーカル技術の向上と併せて、アレンジャー・ソングライターとしての視点から、スタイルを作っていくお手伝いをしています。

そして、歌う喜びを感じられるように、良い環境を作っていきたいと思っています。

ニューヨーク仕込みのエクササイズを、ぜひ体感してみてください!

 

ヴォーカルレッスンのお問い合せ、お申し込みはウェブサイトからどうぞ。

 

レッスン概要

https://www.takahisasatomusic.com/lesson

 

お問い合せ、お申し込み

https://www.takahisasatomusic.com/contact