Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 39「一生良いシンガーにはなれないの…?」【VLTTW翻訳】

今回はジャスティン・ストーニーによる「ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールド」の翻訳シリーズ、エピソード39「一生良いシンガーにはなれないの…?」です!どうぞお楽しみください ;)

 

Ep. 39 "You'll Never Be A Good Singer" - Voice Lessons To The World

エピソード39「一生良いシンガーにはなれないの…?」

 

元の動画はこちら

www.youtube.com



 

目次

 

Hi everybody! My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.

 

みなさんこんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチング創設者のジャスティン・ストーニーです。

 

Welcome to episode 39 of voice lessons to the world, the show where we want to help you guys as singers by answering your questions from all over.

 

ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード39へ!このショーでは世界中からの歌に関する質問に答えていくことで、シンガーのみなさんを助けていきたいと思っています。

 

今週の質問:私は良いシンガーになれないの…?

 

And I'll give you a chance to ask questions later, but our question for this week comes from Donna H. in Atlanta, Georgia.

 

みなさんが質問する機会はあとで設けるとして、今週の質問はジョージア州アトランタのドナ・Hさんから来ています。

 

And Donna writes, “Dear Justin, I go to a performing arts high school. And my voice teacher says I don't have what it takes to be a good singer. I'm so discouraged. I feel like giving up. I always thought I had a good voice but I guess I'm wrong.”

 

ジャスティンさん、こんにちは。舞台芸術科の高校に通っているのですが、私の歌の先生は、私には良いシンガーになるために必要な能力がないと言います。すごく落ち込んでいて、諦めようかと思っています。私は良い声を持っていると思っていたのですが、間違っていたのかもしれません。」

 

Wow. Well, Donna, here's what I have to say. I'm sorry. I'm sorry your voice teacher said that.

 

ワオ。ドナさん。その気持ち、よくわかります。あなたの先生がそんなことを言ったのが、気の毒でなりません。

 

And to anybody out there who had an abusive voice teacher, a person who was negative - doesn't matter if it was a friend, family member, somebody told you you can't sing, somebody that told you you shouldn't sing, somebody said it's not a good idea for you to sing that you just don't have what it takes but you're just not good enough - I'm sorry.

 

ひどい先生のレッスンを受けたことがあったり、友達や家族、誰でもそうですが、誰かに「下手だね」とか、「歌わないほうがいい」とか、「そんなに上手くないんだし、才能も無いんだから、歌なんてやめてしまいなさい」などと言われたりしてきた人、みなさんの苦しい気持ち、お察しします。

 

1. 信じよう

 

The voice is something that is inside you. I'm sure Donna, you know this. You have to sing. You must sing.

 

声はあなたの内側にあるものです。ドナさんはきっと、このことを知っているでしょう。歌うべきです。歌わなければなりません。

 

And so for somebody to tell you that you're never going to be any good at it, I can just tell you it's flat-out wrong. Not only is it incorrect, wrong but it's also wrong to stifle somebody's gift like that.

 

「あなたの歌は良くならないよ」と言う人は、誰であれ、完全に間違っていると言えます。正しくないのはそれだけでなく、誰かの才能をそうやって抑えようとすることも間違っています。

 

And so let me tell you, Donna, you can sing. And you must sing. And you will be a good singer.

 

ですから、ドナさん。歌ってよいのです。歌わなくちゃ。あなたはきっと良いシンガーになれます。

 

2. ポジティブな環境

 

The voice needs a positive environment to grow. This is whether you're in your own practice space, it's got to feel positive, whether it's in your own home it's got to feel positive.

 

声が育つためには、ポジティブな環境が必要です。練習場所にいる時もポジティブに感じられるべきだし、家にいる時もポジティブに感じられるべきです。

 

But definitely, definitely, definitely if you're in the voice studio with a voice teacher and it's not positive, you know you're in the wrong place.

 

でも絶対に、絶対に、絶対に(!)ヴォイススタジオで先生といる時はポジティブに感じられるべきで、もしそうでないのなら、あなたは間違った場所にいます。

 

You need people that are behind you. People that are going to value you and your singing.

 

あなたに必要なのは支えてくれる人です。あなたのことやあなたの歌のことを尊重してくれる人です。

 

3. 声はあなた自身でもある

 

And the biggest reason why is the voice is not just your muscular instrument, but it's also you.

 

その最大の理由は、声というのはあなたの筋肉を使った楽器であるだけでなく、あなた自身でもあるからです。

 

You go and learn how to play the piano in a negative environment. That wouldn't be the best but you could do it. You could have somebody saying “No, that's not… that's not good. That's wrong.” and you could still learn how to play the piano.

 

ピアノの弾き方を習うのであれば、ネガティブな環境でもできます。最良の環境ではありませんが、できはします。「違う。だめ。間違ってる。」と言う先生だとしてもピアノの弾き方は習えます。

 

But the voice is you. The voice is not just an instrument, it's not just your muscles but it's also your mind and your spirit.

 

でも声はあなた自身なのです。声はただ楽器であるだけではなく、筋肉であるだけでもなく、あなたの心と魂でもあるのです。

 

So if you're crushed down in your mind, Donna and all, if you're crushed down in your spirit, there's no way your voice can really soar. It's always going to be tight. It's always going to be hesitant. It's always going to come out and be judged.

 

ドナさん、みなさん。あなたの心や魂が打ち砕かれているのだとしたら、あなたの声が羽ばたけるはずはありません。いつでもこわばってしまい、ためらってしまい、声を出す度に自己批判をしてしまうことでしょう。

 

And so we can't have that. We can't have a negative environment. And any good voice teacher knows that.

 

それではいけません。ネガティブな環境ではいけないのです。良い先生ならみんなそれを知っています。

 

So if your voice teacher said that to you, honestly I'd encourage you to find a different situation because you need people that are behind you 100%. So I'm behind you 100%, Donna, and I encourage you on that.

 

ですからあなたの先生がそう言ったのなら、正直に言うと、状況を変えることをお勧めします。100パーセントあなたを支えてくれる人が必要なのです。ドナさん、私は100パーセントあなたを支えますし、状況を変えることを勧めます。

 

4. あなたの可能性が十分である理由

 

But now let's talk about why you're going to be a good singer.

 

では次に、あなたが良いシンガーになれる理由について話しましょう。

 

The voice is muscular coordinations. If I wanted to be a great athlete, then I would start going to the gym. I will workout every day and I would train the muscles that I need to train.

 

声は筋肉の使い方で決まります。素晴らしいアスリートになりたければ、ジムに通い始めるでしょう。毎日トレーニングをして、鍛える必要がある筋肉を鍛えるでしょう。

 

I would eat the right diet. I would get enough sleep. And I would hit the gym a certain amount of times. And I would listen to my personal trainer. And I would do it right. So I get strong.

 

正しい食事を摂るでしょうし、十分な睡眠も取るでしょう。決まった回数ジムに通うでしょうし、パーソナルトレーナーの言うことも聞くでしょう。正しく行うことで、強くなれます。

 

The voice is no different than that. It's a series of muscle coordinations on the inside of the larynx as well as the breathing. If I want to get my voice in great shape, I absolutely can. Anybody can train these muscles if they're willing and if they're disciplined. Anybody can do that.

 

声もそれと変わりません。声は喉頭(のど)の中にある筋肉の一連の使い方や、呼吸法によります。声を良い状態にしたければ、それは間違いなくできることなのです。意志を持って訓練をすれば、誰でも声の筋肉を鍛えることができます。誰でもできることなのです。

 

So Donna, you can do that. And everybody, you can do that.

 

ドナさん、あなたもできますよ。そしてみなさんも、できます。

 

5. 才能か訓練か

 

Now I will admit this. There's a thing about talent versus discipline. There are really some singers who are just sort of naturally great athletes - the kind of people where… if you were just walking down the street and you saw somebody, they look in great shape and you say “Hey you must work out, right?” the person says, “No, I never work out at all.”

 

ただし、次のことは認めます。才能か訓練かの問題がありますね。実際に、生まれつきの素晴らしいアスリートであるようなシンガーもいます。例えば、通りを歩いていて、すごい体格の人を見た時に、「すごく鍛えてるんでしょ?」とあなたが尋ねると、その人は「いや、全然鍛えてないよ。」と答えた…ということもあるでしょう。

 

That's just a natural athlete. That person hit the gym that gets super strong. But just in life they're pretty athletic.

 

その人は生まれつきのアスリートです。その人がジムに通えばとても強くなるでしょう。でも何もしなくてもとても強いのです。

 

There are some singers who are just pretty athletic, right? They didn't even take a lot of voice lessons, nothing like that. They're just pretty good singers naturally. That's a lot of talent.

 

単に最初から歌がすごく上手いシンガーもいますよね?ヴォイスレッスンのようなものを受けてすらいないのに、生まれつきとても上手いシンガーなのです。才能に恵まれているんですね。

 

There's other singers and other athletes who maybe weren't so natural but they wanted to work for it really hard, they wanted to train their muscles and they wanted to do everything that they could do to be the best that they can be.

 

それ以外のシンガーやアスリートの中には、生まれつきすごくはないかもしれませんが、一生懸命鍛えたくて、筋肉を鍛えたくて、自分の中でベストの状態になるためならなんでもしたい、という人もいます。

 

This kind of person has the potential to be as good and as athletic vocally as just about anyone. So you don't want to have any natural limitations standing in your way. Actually you want that to inspire you to go even further with your discipline and to really work on it.

 

こういう人は、才能がある人に負けず劣らずのとても良い声や体を作れる可能性があります。ですから生まれつきの差があなたの道を邪魔しないようにしてほしいのです。むしろ、この事実がさらなる訓練や練習の意欲を奮い立たせるようにしてほしいと思います。

 

Now again you're not going to be able to do that in a negative environment. But if you get into positive environment and you work really hard on your vocal muscles, you will in time get to be a very good singer.

 

もう一度言いますが、ネガティブな環境ではこうはできないでしょう。ポジティブな環境に入り、声の筋肉を鍛えれば、時間とともにとても良いシンガーになっていけるでしょう。

 

6. 完璧である必要はない

 

Now I also want to mention - I've mentioned this in the past - that not every singer needs to sound perfectly pristine in order to be a great singer, right?

 

さて、さらに触れておきたいことがあります。以前にも言ったことですが、偉大なシンガーになるために、全てのシンガーが完璧な声を必要としているわけではないですよね?

 

There are a lot of voices that we admire so so much when the singer is… has some uniqueness, has some character to their voice.

 

多くの人に称賛されているようなシンガーが、独特で個性的な声を持っていることはよくあります。

 

What we really care about is an instrument that's coming from the heart and soul that is expressing something that's unique about the person.

 

私たちの本当の関心は、その人独自のことを表現している心や魂、そこから来る声にあるのです。

 

If you're getting crushed down because people are telling you you're no good, you can't sing, you shouldn't sing, you better quit, then there's no way that uniqueness can come out.

 

誰かに上手くないだとか、下手だとか、歌わないほうがいいとか、やめたほうがいいと言われて打ち砕かれているのだとしたら、その独自性を表出させることができるわけがありません。

 

So whether or not the actual voice is pristine, we need to have you, Donna. We need your voice to come out. Even if it's got some flaws right now, that doesn't matter. That's not what we really love at the end of the day. We love you.

 

あなたの声が完璧でもそうでなくても、ドナさん、あなたが必要です。あなたの声を出し切ってほしいのです。今は少し上手く歌えないところがあったとしても、関係ありません。つまり、あなたを好きな理由は、完璧であることではないのです。「あなた」が好きなのです。

 

7. 歌わなくちゃ!

 

Now I will finally mention, Donna and all, that you must sing.

 

そして最後に、ドナさんとみなさんに伝えたいことは、歌わなければならない、ということです。

 

All right. There's no lukewarm reactions to singing. If you ask somebody “Well, do you sing? Are you a singer? Do you like to sing?” you're either gonna get this reaction “Oh yeah, sure. I'm a singer and I take voice lessons and I love it and you know I enjoy singing.“ or “Oh no, please no! Don't make me sing. I can't sing.”

 

そうです。歌うことに対して中途半端な反応をする人はいません。「歌は歌いますか?シンガーですか?歌うのが好きですか?」という質問に対しては、「そうだね。シンガーだし、ヴォイスレッスンを受けてるし、歌は好きだし楽しいよ。」という反応か、「え、やめて!歌わせないで。歌えないから。」という反応か、どちらかが返ってきます。

 

The reason why that is is because singing is just so native to who we are. Everybody somewhere deep inside wants to sing. But maybe they were told that they can’t. Maybe they were told that they shouldn’t. But they're wanting to sing somewhere even if they're terrified.

 

その理由は、歌は私達がどういう人であるかと深く関わっているからです。みんな、心の奥深くでは歌いたいと思っています。でも下手だと言われたことがあるのかもしれません。歌わないほうがいいと言われたのかもしれません。ただ、怖がっていたとしても、どこかに歌いたいという思いがあるものなのです。

 

So we can't stifle this gift that's been given. We can't block this down even if other people try to do it. We can't block it down. We can't use a negative language against our own gift.

 

ですから、与えられたギフトを抑えてはいけません。他の人が阻もうとしてもそうさせてはいけません。止めてはいけません。私達の持つギフトにネガティブな言葉を使ってはいけません。

 

So, since it's so personal, since it's so from the soul, you know when somebody is trying to discourage you, that's just not right. So Donna and all, you do have what it takes to be a good singer. 

 

これは個人の人格に関わることで、魂から来ていることなので、誰かがやる気を失わせようとしているのなら、それは間違っています。ですから、ドナさんもみなさんも、良いシンガーになるための能力を持っているのです。

 

And I know this isn't such a technical lesson. But I think it's a really important thing to say because I can't tell you how many people lost their chance because they listened to somebody else.

 

今回はテクニックのレッスンではありませんでしたね。でもこのことを伝えるのはとても大事なことだと思っています。なぜなら、誰かの言うことを真に受けてしまって、機会を失ってしまった人達を数え切れないほど見てきたからです。

 

They lost their chance to give the world or just give the people in their life their gift of singing because of what somebody else has said. I've had so many people come through the studio with an abusive voice teacher, a negative voice teacher with friends, family, somebody telling them they can’t, somebody telling them that they shouldn’t. 

 

誰かの言ったことのせいで、歌というギフトを、世界や、単に身の回りの人達に与える機会を失ってしまったのです。ひどい先生のいるスタジオや、ネガティヴな先生・友達・家族、下手だと言ってくる人、歌わないほうがいいと言ってくる人など…そういった道を通ってきた人を、今までたくさん見てきました。

 

And how many times have I seen them turn that voice around and come up with something absolutely stunning? I can't even count it.

 

そういう人達の声が好転して驚くほど魅力的になっていくのを、私は何回見てきたのでしょうか?数えることすらできません。

 

So Donna and all, I want you guys to be one of those people: one of those people who does not listen to the negative messages but pushes right through that, does the work and ends up being the singer that they wanted to be.

 

ですからドナさん、みなさん。私はみなさんにこういう人になってほしいのです。ネガティブな言葉は聞かず、それを押し退けて、練習をして、最終的になりたいシンガーになっていく人です。

 

終わりに

 

So I hope that's been helpful for you guys today as singers. If you have questions you'd like to see us answer on the show, you can send an email to Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com

 

というわけで、今回の内容がシンガーのみなさんの役に立ってば幸いです。このショーで答えてほしい質問がある場合は、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてくださいね。

 

So today, more than ever, we encourage you not to lose that joy, not to lose that passion. Get with a great voice teacher who's going to stand behind you, who's going to believe in you, not somebody who's going to knock you down and tell you that you can't do it.

 

今回はいつにも増して伝えたいのです。歌う喜びや情熱を失わないでください。あなたを支えて、信じてくれるヴォイスティーチャーに付いてください。あなたを突き落として、できないだろうと言ってくる人は選ばないでくださいね。

 

If you guys are in the New York City area, you can visit us at www.NewYorkVocalCoaching.com.

 

ニューヨークに住んでいるのなら、 www.NewYorkVocalCoaching.com をチェックしてみてくださいね。

 

And if you like these videos you can visit www.VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

動画を気に入ってもらえたのなら、 www.VoiceLessonsToTheWorld.com を見てみてください。

 

I’m Justin Stoney. We'll see you next time.

 

ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!

 

------------------------------------------------------

 

以上、今回はみなさんの可能性に関しての翻訳でした。いかがでしたか?

ご感想、ご意見、ご質問はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は、Justin Stoney氏の許可のもと掲載しています。無断転載はご遠慮ください。

 

NYVCのこと、ブログの運営者、レッスン

 

New York Vocal Coachingについて

New York Vocal Coaching (NYVC) は、ニューヨークを代表するヴォーカルスタジオのひとつです。創設者のジャスティン・ストーニーは世界的に有名なヴォーカルコーチで、NYVCはアメリカ国内外の多くのメディアに取り上げられています。

また、NYVCのYouTubeチャンネルは、21万人以上* の登録者がいる人気チャンネルです。無料で多くのビデオを公開していて、世界中のシンガーのためにヴォーカルの上達に役立つ情報やエクササイズを届けています。

NYVCのウェブサイトなどは基本全て英語ですが、とても広範囲にわたる情報を届けているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 *2019年10月現在

 

newyorkvocalcoaching.com

 

www.youtube.com

 

ブログの運営者について

このブログを運営している佐藤剛寿は、ジャスティン・ストーニーの直接指導のもと、New York Vocal Coaching 40-Hour Voice Teacher Trainingを修了したヴォーカルコーチです。

僕がジャスティンを知るようになったきっかけは、YouTubeです。いつものようになんとなくYouTubeを見ていたら、ジャスティンの動画がおすすめに出てきて、「どんな人だろう?」と初めて彼の動画を見た瞬間、「この人の教え方は、すごい!!」とすぐにわかりました。

彼自身の持っている声の技術の高さ。わかりやすい理論と伝え方。声や歌に対する寛容な考え方。そして、モチベーションを上げてくれる言葉。全てが驚きでした。

それから毎日、一生懸命彼の動画を見て、一緒に歌う日々が始まりました。僕はもともと歌うことが大好きでしたが、ジャスティンのことを知ってからはその楽しさが大きく増しました。

ニューヨークに行って彼のティーチャー・トレーニングを受けたのは、彼のようなレッスンを、日本のシンガーにも届けたいと思ったからです。

彼がたくさんの動画を作って、レッスンを受けられない人にもヴォーカルの情報やエクササイズを提供しているように、僕もその翻訳ブログという形で、少しでも日本のみなさんに良い情報を届けたいと思っています。

翻訳にはわかりづらいところもあるかもしれませんが、少しでもみなさんのヴォーカルライフに役立てば幸いです。ご感想、ご意見、ご質問はいつでも歓迎します!

 

レッスンについて

動画や文章に触れて自分で練習するだけでも声を改善していくことはできますが、一人ではわからないこともあると思います。そういう時はぜひ直接レッスンを受けてみてください!

僕のレッスンではニューヨークで学んだことを活かして、クライアントのみなさんが声をより自由に使えるように、一人一人に合わせたエクササイズを提供しています。

また、ヴォーカル技術の向上と併せて、アレンジャー・ソングライターとしての視点から、スタイルを作っていくお手伝いをしています。

そして、歌う喜びを感じられるように、良い環境を作っていきたいと思っています。

ニューヨーク仕込みのエクササイズを、ぜひ体感してみてください!

 

ヴォーカルレッスンのお問い合せ、お申し込みはウェブサイトからどうぞ。

 

レッスン概要

https://www.takahisasatomusic.com/lesson

 

お問い合せ、お申し込み

https://www.takahisasatomusic.com/contact