Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 59「ミュージカルのオーディション曲」【VLTTW翻訳】

今回はジャスティン・ストーニーによる「ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールド」の翻訳シリーズ、エピソード59「ミュージカルのオーディション曲」です!どうぞお楽しみください ;)

 

Ep. 59 "Musical Theatre Audition Songs" - Voice Lessons To The World

エピソード59「ミュージカルのオーディション曲」

 

元の動画はこちら

www.youtube.com



目次

 

Hi everybody! My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.

 

みなさん、こんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチング創設者のジャスティン・ストーニーです。

 

Welcome to episode 59 of Voice Lessons To The World, the show where we want to help you guys as singers by answering your questions from all over.

 

ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード59へ!このショーでは世界中からの質問に答えていくことで、シンガーのみなさんを応援していきたいと思います。

 

今週の質問:オーディションの曲の探し方は?

 

And I'll give you a chance to ask questions later, but our question for this week comes from Hannah M. in Hayden Idaho.

 

みなさんが質問する機会についてはあとで説明するとして、今週の質問はアイダホ州ヘイデンのハナ・Mさんから来ています。

 

And Hannah writes, "Dear Justin, can you help me find some great musical theatre audition songs?

 

ジャスティンさん、こんにちは。ミュージカルのオーディションに使える曲の探し方を教えてくれませんか?」

 

Yes Hannah. Yes yes yes, I think I can. Because so many of our singers and actors here in New York are Broadway performers or aspiring Broadway musical theatre actors, singers, and dancers. So we know the importance of having great audition material.

 

いいでしょう、ハナさん。できると思います。ここニューヨークにいるシンガーや俳優の多くは、ブロードウェイ俳優や、その卵である俳優・シンガー・ダンサーたちですからね。オーディションに良い曲を持っていくことの重要性はよく知っています。

 

Actually sometimes how you present yourself can be even more important than talent itself. You need to have the right audition songs to present yourself well at musical theater auditions. It's one of the keys to being a successful Broadway performer.

 

実際のところ、才能それ自体よりも、どうやって自分自身をプレゼンするかの方が大事なこともあります。ミュージカルのオーディションでは、自分自身をよくプレゼンするのに最適な曲を持っていることが必要です。これはブロードウェイ俳優として成功するための鍵の一つです。

 

1. バインダーのサイズ

 

So first - I see this mistake a lot - People having books that look something like this for their Broadway auditions. Instead of something that looks like this for their Broadway auditions.

 

まず最初に、よく見る間違いは、ブロードウェイのオーディションのために(分厚いバインダーを指して)こんな感じのバインダーを持っていることです。そうではなくて(薄いバインダーを指して)こんな感じのバインダーが良いのですが。

 

Now if you're an actor and you go to an audition and you see another actor that has this kind of songbook, don't let that intimidate you.

 

あなたが俳優としてオーディションに行った時に、他の俳優が分厚いバインダーを持っているのを見たとしても、怖がらないでくださいね。

 

This is actually not such a great idea. Even though you might think, “Oh boy, I don't have that many songs. Maybe I don't have what it takes.” No, actually this is not a wise strategy. 

 

「マジかよ、あんなにいっぱい歌えないし。私には無理なのかな」と思うかもしれませんが、(分厚いバインダーを持っているのは)あまりいいアイディアではありません。そうです。賢い戦略ではないのです。

 

You don't want to have hundreds of songs that you're singing for auditions. That's not sustainable nor can those songs actually be all at audition level.

 

オーディションで歌うのに何百曲も必要ないのです。続けられることではないし、そんなにいっぱいあってもオーディションのレベルでは歌えないでしょう。

 

Really it's about having quality and not quantity. So a smaller, more warhorse, ferocious kind of book, this is what we're looking for, for auditions.

 

本当に、量より質が大事ですから、オーディションに向けて持っていたいのは、より小さくて、使い古した、戦えるバインダーでしょう。

 

2. バインダーの中身は?

 

So now, what should be in this book?

 

次に、バインダーの中身はどうでしょうか?

 

Today's Broadway world is extremely diverse. You've got basically three categories - traditional musical theatre, contemporary musical theater, and pop & rock musicals.

 

今日、ブロードウェイの世界はとても多様になっており、主に3つのカテゴリーがあります。伝統的なミュージカル、現代のミュージカル、そしてポップ/ロックのミュージカルです。

 

Traditional would be more of the older stuff. Contemporary musical theater is the newer. And pop & rock is musicals that are using pop & rock songs to drive the story. So for your audition book we want to represent those categories well.

 

伝統的なミュージカルはより古いもののこと。現代のミュージカルはより新しいもののこと。そしてポップ/ロックのミュージカルは、ポップやロックの曲を使ってストーリーが展開されるもののことです。ですからオーディションのバインダーには、これらのカテゴリーに当たるものを入れておきましょう。

 

You are going to need a ballad and an up-tempo in each of those three categories. A ballad is a slower song that's usually more sung, more emotional and perhaps more intimate. Whereas an up-tempo is faster. It has more personality more life and sometimes more comedy to it.

 

これら3つのカテゴリーそれぞれに1曲ずつ、バラードとアップテンポの曲が必要です。バラードはゆっくりめの曲で、より聴かせ、感情的で、また親密さを示すようなものです。一方、アップテンポは速めの曲で、より人間性や活力があり、時に笑いもあるものです。

 

So if you have a ballad and an up-tempo in all three of those categories, traditional, contemporary, and pop rock, that's six songs. It's not that many. But if these are great songs that's going to cover you for probably about 90% of auditions.

 

伝統的なもの、現代のもの、ポップ/ロックの3つのカテゴリー全てにバラードとアップテンポがあれば、6曲ですね。そんなに多い数ではありませんが、これらの曲が素晴らしいものなら、おそらくオーディションの90%はカバーできることでしょう。

 

Then from there if you want to throw in a jazz or country song, maybe a song from another style that you're very good at. That can be a good idea.

 

そこからさらにジャズやカントリーの曲を入れてみたり、それ以外でも得意なスタイルの曲を入れてみたりするのも、とても良いアイディアでしょう。

 

You might want a comedy song that is particularly funny or quirky or different just to spice things up on the comedy side.

 

コメディーの方面のスパイスとして、笑える曲や、一風変わった曲を取り入れるのも良いかもしれませんね。

 

You might want to find a song that is a perfect role for you. If there's a dream role or a part that you just think you're perfect for, maybe have a song from that show just in case.

 

自分にとって最適だと思える役の曲を探すのも良いかもしれません。夢に描いている役や自分にとって最適だと思う役があるのなら、念のためそのショーの曲を持っておくのも良いかもしれません。

 

Another thing is, if there's a song that means a lot to you, that's very personal to you, that's another thing that you might want to include in your audition book.

 

もう一つは、あなた自身にとってとても意味のある曲で、これもオーディションのバインダーに加えたいものかもしれませんね。

 

But then we're talking about six to perhaps twelve songs. Again that's not that many songs. But if all of them are excellent songs, you're going to be covered for every one of your auditions.

 

これでおそらく6曲から12曲くらいになったでしょう。もう一度言いますが、そんなに多い数ではないですよね。でもこれらの曲が素晴らしければ、どんなオーディションでもカバーできることでしょう。

 

The Broadway singers that I have who are having a lot of success always are doing it that way. They're bringing in the same material every single time because they know it works.

 

私が教えているブロードウェイ・シンガーで大成功をしている人は、いつもこの方法でやっています。この方法がうまくいくと知っているので、いつでも同じバインダーを持って行っているのです。

 

It's a mistake even though it seems wise to try to suit your audition song to the audition that you're doing. In other words, I see actors all the time scrambling, scrambling to find the right audition song for their upcoming audition. This is not a good idea.

 

今やっているオーディションに曲を合わせようとするのは、賢いように思えますが、間違いです。言い換えれば、次のオーディションに見合う曲を必死で探している俳優をよく見ますが、これは良いアイディアではないでしょう。

 

Even if you do find the perfect song, you haven't worked on it for that long, it's not in your body, it's not in your voice, and you've got this energy of scrambling to get the right thing versus saying these are the songs that I do.

 

たとえ最適な曲を見つけたとしても、ずっと練習してきたわけではないし、自分の体や声に入っていないし、見合った曲を探すのに必死になってエネルギーを使ってしまっていることでしょう。それよりも「私が歌う曲はこれです」と言えることです。

 

Let the casting team bend to you a little bit. Bring in what you do. Do it very well. And then let them say “Let's try this other song on for size.” Let them call you back. Put a little bit more of the pressure on them so that it's not always on you to be trying to suit the needs of everybody that you're performing for.

 

むしろキャスティング・チームの方を少し曲げさせるのです。やっている曲を持っていき、うまくやりましょう。そして「別の曲で試してみましょうか」と言わせましょう。お呼びがかかるようにしましょう。いつもあなたが演じる相手側のニーズに合わせようとしなくてもいいように、キャスティング側にもう少しプレッシャーをかけましょう。

 

It's a much more confident energy and it tends to help people get many more parts and a lot more success taking that approach - finding what you do and sticking to it.

 

このように取り組めば、より自信に満ちた活力が生まれ、より多くの役と成功を手に入れられることでしょう。やることを定め、専念することです。

 

3. 見合った曲の探し方

 

So now how do we find the exact right songs that are going to suit those categories that I talked about? Let's come up with some ideas.

 

それでは、これらのカテゴリーに見合った曲は、どのように探せば良いのでしょうか?いくつかアイディアを考えてみましょう。

 

First of all we want to be aware of your age and your type. You don't want the songs in your book to be too old or too young.

 

まず最初に、自分の年齢とタイプを意識しましょう。バインダーに入れる曲は年齢に見合ったものにしたいですね。

 

You also want to be aware of what's your type. Are you a leading man? Are you an ingénue? You don't need to stick too strictly to them. You might be, for example, a character leading man. That's an acceptable type.

 

それから自分のタイプも意識したいですね。主演男優でしょうか?純情娘役でしょうか?厳格にこだわり過ぎる必要はありません。例えば、主演性格俳優かもしれませんね。そんなタイプもありです。

 

So, you can bend it a little bit but you don't want to be way off as far as the type of character that you're portraying in the songs that you do.

 

少し曲げても構いませんが、曲の中で演じる役のタイプに関しては外れ過ぎないようにしましょう。

 

The other thing is don't do songs that are too overdone. We might love songs that are from shows like Wicked or Les Mis or Phantom of the Opera. But these songs have been played out so many times. They're not really good audition songs. It looks a little amateurish to bring in something that is so well known.

 

もう一つは、使われ過ぎている曲を選ばないことです。「ウィキッド」や「レ・ミゼラブル」、「オペラ座の怪人」などのショーの曲は、みんな好きかもしれませんが、何回も使われているものです。オーディションの曲としてはあまり良いものではありません。有名過ぎる曲を持っていくのは、少しアマチュアっぽく見えてしまいます。

 

On the other hand you don't want to pick something too obscure. A lot of times actors think that they found some rare and obscure gem of a song that nobody has and nobody's heard of it before.

 

一方で、全く無名の曲を選ぶのもやめておいた方が良いでしょう。珍しくて、知られていない、誰も聞いたことがないような珠玉の名曲を見つけた、と思っている俳優は多いものです。

 

Actually if nobody's heard it before and it's very obscure there might actually be a reason for that. It might actually not be so great. Alright, so actually if you bring in a song that's too weird the casting team is thinking what the heck is this song? And they're not thinking about you and about your performance.

 

実際のところ、誰も聞いたことがなくて、全く無名のものだったとしたら、それには理由があるかもしれません。あまり良いものではないかもしれないということです。あまりにも変わった曲を持っていくと、キャスティング・チームは「何この曲?」と思うことでしょう。これではあなたのことやパフォーマンスのことには集中できないでしょうね。

 

So try to pick something that's not too overdone but also not too off the beaten path.

 

ですから、使われ過ぎたものではなく、道を外れ過ぎたものでもないような曲を選びましょう。

 

Also your pop & rock songs that you pick for your book they need to really be pop & rock songs.

 

また、ポップ/ロックの曲を選ぶ時は、本物のポップ /ロックの曲である必要があります。

 

Broadway world doesn't love it when they say bring a pop song and you bring something from a poppy musical. No, you want to bring something from the radio - a pop or rock song that you might hear on the radio from a real pop & rock artist.

 

ブロードウェイの世界では、ポップソングを持ってこいと言われた時に、ポップなミュージカルから曲を持ってくるようなことは好まれません。違います。ラジオでかかっているような、本物のポップ/ロックのアーティストの曲を持っていきましょう。

 

Broadway is doing a lot of real rock artists these days. So you don't want to sing a Broadway sound with a little rock. You want to sing something that's actually a rock song.

 

近年、ブロードウェイでは本物のロックのアーティストの曲がよく使われています。ですからロックっぽいブロードウェイの曲は歌わない方がいいでしょう。本物のロックソングを歌いましょう。

 

Next you want to make sure that you're not trying to impress anybody with the things that are in this book, right?

 

次に、このバインダーにある曲を使って、聴く人を感心させてやろう、などと思わないように注意したいですね。

 

It seems like an audition is the time to shine, the time to impress. This is another huge mistake that actors make in their auditions.

 

オーディションというのは輝く機会で、感心させる機会のように思えます。これはオーディションにおいて俳優達がやってしまう、もう一つの大きな間違いです。

 

I promise you they're not going to be impressed. Casting directors make it their job to not be impressed. They've seen it all from the worst to the best. And they're just trying to cast the show. They're not trying to be impressed with you. So don't try to impress them.

 

断言しますが、感心させることはできないでしょう。キャスティング・ディレクターの仕事は感心しないことなのです。彼らは最悪なものから最高のものまで全て見てきています。彼らがやろうとしているのは、ショーのキャスティングです。あなたに感心しないようにしているのですから、感心させようとするのはやめましょう。

 

That means don't sing too high for no reason. Don't sing too loud for no reason. You don't need to be belting it out. And you don't need to prove anything to anybody. You're not trying to impress. You are enough.

 

例えば、理由もなく高過ぎるキーで歌わないこと。理由もなく大声で歌わないこと。力強く歌い過ぎる必要はありません。何かを誰かに証明する必要もありません。感心させようとしないでください。あなたらしくいるだけで十分ですから。

 

If you come in with material that you love that says something about you and if you say it truthfully and it shows off your voice pretty well, that is a great audition. Because now we get to know you, and we can decide are you right for this show or not?

 

自分のことを表現できる、大好きな曲を持っていき、誠実に、うまく自分の声を伝えられれば、それこそが素晴らしいオーディションです。あなたのことを知ることができて、このショーにふさわしいかどうかを決めることができるのですから。

 

So don't try to impress with your material. Find stuff that really reflects who you are and also what you have to say.

 

ですから、曲を使って感心させようとはしないでください。自分自身のことや、伝えたいことを反映する曲を見つけましょう。

 

One more note on this material... Know that the Broadway world will sometimes say we would like a head voice. We would like a mix, or we would like a belt.

 

曲に関してもう一つ。ブロードウェイの世界では、ヘッドヴォイスが欲しいとか、ミックスが欲しいとか、ベルト* が欲しいとか言われることがあるのを知っておきましょう。

 

*訳注:ベルト(ベルティング)とは、ミックスヴォイスの声域を、チェストヴォイスのような力強い声で歌うこと。

 

Now we've talked about these things on the show right? About different registers of your voice. So when you're a female especially, you're going to need songs that are in your head voice and then also songs that are in your belt and mix. Make sure that you've got all your registers covered in the songs that you choose.

 

この3つに関しては、これまでのエピソードで話してきましたよね。違う声区に関してです。特に女性であれば、ヘッドヴォイスの曲も、ベルトやミックスの曲も必要でしょう。選ぶ曲の中で全ての声区がカバーされているようにしましょう。

 

4. 16小節とは?

 

So one more thing is what is a 16-bar? Because many auditions will call for a 16-bar.

 

さらにもう一つ、16小節とはなんでしょうか?多くのオーディションで16小節が要求されますからね。

 

Well, a 16-bar cut means 16 measures, right? So for the songs that you choose for your book you're going to need the full song but you're also going to need a 16-bar cut.

 

16小節のカットとは、16小節の長さで、ということですよね?ですから選んだ曲を通しで歌える必要だけでなく、16小節のカットで歌える必要もあります。

 

Now 16-bars is really not that long. It's usually about 30 seconds. And most of the time you do want it to be exactly 16 measures long.

 

16小節というのはそれほど長くはありません。だいたい30秒くらいです。ほとんどの場合においては、ちょうど16小節の長さにしておくのがいいでしょう。

 

But let's say it's a double-time song, it's doubly fast, then it could be 32-bars. But we want it to be around 30 seconds. It's more of a feel, but it's real this is how long you have in auditions many times - sometimes 30 seconds.

 

ただし、例えば倍速の曲だったとしたら、32小節になるかもしれません。それでもだいたい30秒くらいにしましょう。これはより感覚的なことですが、30秒の長さで行われるオーディションが多いのは事実です。

 

And actually these days they're even doing 8-bar cuts which means you might have 15 or 20 seconds in the audition room to show what you do.

 

実際のところ、最近では8小節のカットさえ行われています。オーディションルームで演技を見せるのは、15秒か20秒しかないかもしれない、ということです。

 

So how do you find the 16-bar? Usually it's going to be the last 16 of the song. But it could also be any 16-bar within the song just as long as it has a clear start and end and tells a little bit of a message and has a note that you want to display - perhaps one of your high notes.

 

では、どうやって16小節を見つければよいのでしょうか?通常は曲の終わりの16小節でしょうが、明確な始まりと終わりがあり、メッセージが少しでも伝わり、見せたい音(例えば高音など)があるところであれば、曲の中のどの16小節でもあり得ます。

 

That's what a 16-bar is all about, is getting you in and out showing something clear, very quickly. So identify the best 16-bars of your song. The best 16 measures. And make sure you have that marked for your audition book.

 

このように、短時間で出入りして、はっきりしたものを見せるのが16小節です。曲の中でベストな16小節を見つけましょう。そしてそこに印をつけておくようにしましょう。

 

5. 一に演技、二に歌唱

 

And then one last note, you guys know me. I love the voice, I love to help you guys as singers.

 

最後のアドバイスですが、みなさんは私のことをよく知っているでしょう。私は声のことが大好きで、シンガーのみなさんを応援するのが大好きです。

 

But really, I want you to know your Broadway auditions are not all about the singing. I wish that they were as a voice teacher. I wish that we could all just sit back and say, “Wow, that was the best voice we heard all day. Let's cast that person.”

 

でも本当のところ、ブロードウェイのオーディションは歌が全てではない、ということを知っておいてください。ヴォイスティーチャーとしては、歌が全てだったら良いのに、と思いますが。「おー!今日聞いた中で一番の声だな。この人で行こう。」と言えたら良いのに、と。

 

But it's really not about the voice. You need to know with what music that you pick and then also the auditions that you do that you need to act first, sing second.

 

でも、声が全てではないのです。どの曲を選ぶかも知る必要があることですが、オーディションは「一に演技、二に歌唱」である、ということも知る必要があります。

 

Make sure that the acting value - what you're saying, why you're saying it, and are you very clear on the story that you're telling - Make sure that that's the first priority and let the voice follow.

 

何を伝えようとしているのか、それはどうしてなのか、そしてストーリーの中で伝えようとしていることがはっきりしているのかといった、演技のことを第一にしましょう。声はそれについて行くようにしましょう。

 

I promise that it will, but if you're worried about how you sound or picking songs where you try to sound great that's really not the right focus for your auditions.

 

これなら間違いなくうまくいくでしょうが、自分の声がどう聞こえるのか不安に思ったり、うまく声を聞かせようとして曲を選んだりしているとしたら、オーディションの対策としては焦点がずれていると言えるでしょう。

 

終わりに

 

So, Hannah and everybody, I hope that that gives you a good path for developing a fierce warhorse Broadway audition book and I hope that all of this has been helpful for you guys today as singers.

 

というわけで、ハナさん、みなさん。ブロードウェイオーディションに向けて、戦えるバインダーを作るための方法がお分かりいただけたでしょうか。今回の内容全てがみなさんの役に立てばと思います。

 

If you've got questions that you'd like to see us answer on the show, you can send an email to Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

このショーで答えてほしい質問があれば、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてくださいね。

 

And we just encourage you don't lose the joy, don't lose the passion, don't let anybody tell you that you can't sing. You and I both know it's not true.

 

歌う喜びや情熱を失わないようにしましょう。「ヘタクソ!」などとは誰にも言わせないでください。それが本当ではないのは、私もあなたも知っていることですから。

 

Don't let them tell you that you can't audition for Broadway or for musical theatre. Go after it and find the greatest material for your book so that you can really shine in auditions.

 

「ブロードウェイやミュージカルのオーディションなんてするな」などとは誰にも言わせないでください。追い求めましょう。バインダーには最高の曲を入れて、オーディションで輝けるようにしましょう。

 

If you guys are in New York City and you'd like to study with one of our staff you can visit us at www.NewYorkVocalCoaching.com.

 

ニューヨークでレッスンを受けるか、NYVCのスタッフからスカイプでレッスンを受けたければ www.NewYorkVocalCoaching.com にアクセスしてみてください。

 

And if you like these videos I do encourage you to download our free app. It's for iPhone, iPad, and hopefully more in the future. And if you like these videos you can also visit www.VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

動画を気に入ってもらえたのなら、無料のアプリをダウンロードしてみてくださいね。iPhone/iPad専用ですが、他の機種にも今後対応できればと思います。それから www.VoiceLessonsToTheWorld.com にもアクセスしてみてください。

 

I'm Justin Stoney. We'll see you next time.

 

ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!

 

------------------------------------------------------

 

以上、今回はオーディションの選曲に関してのエピソードでした。いかがでしたか?

ご意見、ご感想はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は、Justin Stoney氏の許可のもと掲載しています。無断転載はおやめください。

 

NYVCのこと、ブログの運営者、レッスン

 

New York Vocal Coachingについて

New York Vocal Coaching (NYVC) は、ニューヨークを代表するヴォーカルスタジオのひとつです。創設者のジャスティン・ストーニーは世界的に有名なヴォーカルコーチで、NYVCはアメリカ国内外の多くのメディアに取り上げられています。

また、NYVCのYouTubeチャンネルは、21万人以上* の登録者がいる人気チャンネルです。無料で多くのビデオを公開していて、世界中のシンガーのためにヴォーカルの上達に役立つ情報やエクササイズを届けています。

NYVCのウェブサイトなどは全て英語ですが、とても広範囲にわたる情報を届けているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 *2019年10月現在

 

newyorkvocalcoaching.com

 

www.youtube.com

 

ブログの運営者について

このブログを運営している佐藤剛寿は、ジャスティン・ストーニーの直接指導のもと、New York Vocal Coaching 40-Hour Voice Teacher Trainingを修了したヴォーカルコーチです。

僕がジャスティンを知るようになったきっかけは、YouTubeです。いつものようになんとなくYouTubeを見ていたら、ジャスティンの動画がおすすめに出てきて、「どんな人だろう?」と初めて彼の動画を見た瞬間、「この人の教え方は、すごい!!」とすぐにわかりました。

彼自身の持っている声の技術の高さ。わかりやすい理論と伝え方。声や歌に対する寛容な考え方。そして、モチベーションを上げてくれる言葉。全てが驚きでした。

それから毎日、一生懸命彼の動画を見て、一緒に歌う日々が始まりました。僕はもともと歌うことが大好きでしたが、ジャスティンのことを知ってからはその楽しさが大きく増しました。

ニューヨークに行って彼のティーチャー・トレーニングを受けたのは、彼のようなレッスンを、日本のシンガーにも届けたいと思ったからです。

彼がたくさんの動画を作って、レッスンを受けられない人にもヴォーカルの情報やエクササイズを提供しているように、僕もその翻訳ブログという形で、少しでも日本のみなさんに良い情報を届けたいと思っています。

翻訳にはわかりづらいところもあるかもしれませんが、少しでもみなさんのヴォーカルライフに役立てば幸いです。ご意見、ご感想はいつでも歓迎します!

 

レッスンについて

動画や文章に触れて自分で練習するだけでも声を改善していくことはできますが、一人ではうまくいかないこともあると思います。そういう時はぜひ直接レッスンを受けてみてください!

僕のレッスンではニューヨークで学んだことを活かして、クライアントのみなさんが声をより自由に使えるように、一人一人に合わせたエクササイズを提供しています。

また、ヴォーカル技術の向上と併せて、アレンジャー・ソングライターとしての視点から、スタイルを作っていくお手伝いをしています。

そして、歌う喜びを感じられるように、良い環境を作っていきたいと思っています。

ニューヨーク仕込みのエクササイズを、ぜひ体感してみてください!

 

ヴォーカルレッスンのお問い合せ、お申し込みはウェブサイトからどうぞ。

 

レッスン概要

https://www.takahisasatomusic.com/lesson

 

お問い合せ、お申し込み

https://www.takahisasatomusic.com/contact