Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 60「軟口蓋 - リングの帰還」【VLTTW翻訳】

今回はジャスティン・ストーニーによる「ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールド」の翻訳シリーズ、エピソード60「軟口蓋 - リングの帰還」です!どうぞお楽しみください ;)

 

Ep. 60 "The Soft Palate - The Return of The Ring" - Voice Lessons To The World

エピソード60「軟口蓋 - リングの帰還」

 

元の動画はこちら

www.youtube.com


目次

 

Hi everybody! My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.

 

みなさん、こんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチング創設者のジャスティン・ストーニーです。

 

Welcome to episode 60 of Voice Lessons To The World. Today we're going to be talking about raising the soft palate. Oh! [Freaky noises] Sorry about that.

 

ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード60へ!今回は軟口蓋を上げることについて話していきます。うわっ!(敵キャラの出現)ごめんなさい。

 

今週の質問:高い声を出す時は軟口蓋を上げるの?

 

Uh, anyway, today's question comes from Mariella C. in Buenos Aires, Argentina.

 

えーっと、今回の質問はアルゼンチン、ブエノスアイレスのマリエラ・Cさんから来ています。

 

And Mariella writes, "Dear Justin, my voice teacher says I need to raise the soft palate in order to hit higher notes. Is this true?"

 

ジャスティンさん、こんにちは。私の先生は『高い音を歌う時は軟口蓋を上げなさい』と言います。これは本当ですか?」

 

Well, Mariella, I do have some thoughts on this particular topic. But the answer is so important that it's truly epic.

 

マリエラさん… このトピックに関しては考えがあります。この答えはとても重要で、本当に注目すべき、壮大なものなのです…

 

リングの帰還 - シーン1

 

The world has changed. I feel it in the water. I feel it in the earth. I smell it in the air. Much that once was is now lost, for few now live who remember it. It began with the forging of the great vocal technique.

 

(シーンが変わって)世界は変わってしまった…水に、地球に、空気に感じる。多くの知恵は失われ、記憶するものはわずかだ。優れたヴォーカルテクニックは、捏造され始めたのだ。

 

Techniques passed down by voice teachers - immortal, wisest, and fairest of all beings. Pedagogues who knew the value of nasal resonance and ring. One ring to rule them all. [Voice echoes]

 

テクニックはヴォイスティーチャーによって受け継がれてきた。全ての民のための、永遠で、知恵に満ちた、正しいテクニックだ。教育者は鼻腔共鳴とその響きの価値を知っていた…全てを司るリング(響き)である。

 

History became legend, legend became myth, and some things that should not have been forgotten were lost. For the hearts of voice teachers are easily corrupted. For voice teachers above all else desire power.

 

歴史は伝説となり、伝説は神話となった。そして、忘るべからざることは失われてしまった。ヴォイスティーチャーの心はたやすく堕落し、とりわけ、力を求めたのだ。

 

And thus something happened that the ring did not intend. In the back of the pharynx, in the pillars of the fauces, the soft palate forged in secret a master plan to rise up.

 

それゆえにリングの意図せぬことが起きてしまった。咽頭の後方、口蓋弓の内側にある軟口蓋は、密かに反乱を計画していたのだ。

 

Blocking the nasal cavity, he poured his cruelty, his malice, and his will to dominate all voices. One by one the free and healthy voices of the earth fell victim to power instead of ring. And for two and a half ages ring passed out of all knowledge. But there were some who resisted.

 

鼻腔を塞ぐことにより、残忍さ、邪悪さを注ぎ、全ての声を支配しようとしている。この地上の自由で健康な声は、リングに代わって、一つ、また一つとその力の犠牲になっている。そして2世紀半もの間、全ての知恵は失われてしまった。しかし、反抗するものも残っていたのだ。

 

For ring has a will all its own. And the time will soon come when nasal resonance will shape the fortunes of all singers. For within ring is the strength to govern the mix.

 

リングは己の意思を保っていた。鼻腔共鳴が全てのシンガーの幸運を形作る時が来るのだ。その内側にミックスを治める力を宿して。

 

Now come the days of the ring. May they be blessed.

 

今、リングの時がやってくる。祝福のあらんことを…

 

1. 大きな間違い

 

Uh...yeah... So, Justin, tell us how you really feel about the soft palate. Now obviously that's just for fun. 

 

(シーンから戻って)えーっと…そうですね…。「ジャスティンさん、軟口蓋について知っていることを教えてよ!」と思ったでしょう。わかると思いますが、今のはちょっとしたおふざけでした。

 

But this issue of the soft palate is so important and so misunderstood that it's truly epic in its proportions.

 

ただ、この軟口蓋の問題はとても重要で、よく誤解されていることなので、その深刻さから言っても、本当に注目すべきことなのです。

 

In fact most voice teachers are probably going to tell you that you need to lift the soft palate in order to hit higher notes when in fact this is not true.

 

実際に、ほとんどのヴォイスティーチャーは「高い音を出したければ軟口蓋を持ち上げなさい」と言うことでしょう。実は、これは正しくないのです。

 

So today we're going to finally put this mystery to rest. And also learn why it's not necessary to raise the soft palate. Oh! [Freaky noises] Sorry about that.

 

ですから、今回はこの謎に終止符を打ちましょう。そして軟口蓋を上げる必要がない、その理由についても学んでいきます。うわっ!(敵キャラの出現)ごめんなさい。

 

軟口蓋とは?

 

So, what is the soft palate? The soft palate is essentially the back top of your mouth. If you take your tongue and put it in the roof of your mouth you feel something hard, a boney surface. That's your hard palate.

 

まず、軟口蓋とは何なのでしょうか?軟口蓋は口の後ろの上部にあります。舌を口の天井に持っていくと、骨っぽい面の、硬い部分がありますね。これは硬口蓋です。

 

But if you slide your tongue to the back you feel it start to get soft and fleshy. That's your soft palate.

 

そのまま舌を後ろに滑らせると、柔らかく、肉っぽくなります。これが軟口蓋です。

 

Now your soft palate essentially is a nasal cavity blocker. When you raise it up you block your nasal cavity.

 

軟口蓋は、鼻腔を塞ぐ器官です。軟口蓋を上げると、鼻腔は塞がれます。

 

The purpose of the soft palate is for swallowing and things like yawning. When you swallow the soft palate lifts up so that food can travel into your esophagus and not get into the nasal cavity.

 

軟口蓋の役割は、飲み込むことや、あくびをすることなどです。食べ物を飲み込む時、軟口蓋は持ち上がりますが、これは食べ物が鼻腔ではなく、食道に運ばれるようにするためです。

 

If you've ever laughed before while drinking some water you know that it comes out your nose. That's when the soft palate didn't do its job. So that's really the purpose of the soft palate, is to block the nasal cavity from things that should not be getting into the nasal cavity.

 

水を飲んでいる時に笑ったことがあるのなら、鼻から水が出てくるのを知っているでしょう。この時、軟口蓋は正しく機能していません。つまり、鼻腔に入るべきでないものが入るのを防ぐのが軟口蓋の役割なのです。

 

なぜ間違ったことを教わるの?

 

But here's where the epic misunderstanding came in.

 

ただし、ここで大きな誤解が生じます。

 

Singers often have a problem sounding nasal. And voice teachers want to address that issue of sounding nasal.

 

鼻声の問題を抱えるシンガーは多いもので、ヴォイスティーチャーはその鼻声の問題に取り組もうとします。

 

But now we already talked about this a bit. If you remember in episode 2, what is it that produces a nasally sounding sound? Is it the nasal cavity or is it the larynx and cords?

 

以前にもこれに関しては少し話しましたよね。エピソード2を覚えているでしょうか。鼻声を生み出すのはなんだったでしょうか?鼻腔でしょうか、喉頭(のど)や声帯でしょうか?

 

And in fact it's the second! It's the larynx and cords that causes the nasal sound that people don't like. And it's not the head resonance that comes from the nasal cavity. So this is where all the problems started. 

 

正解は、後者です!好まれない鼻声を生むのは喉頭と声帯で、鼻腔から来る頭部の共鳴ではありません。全ての問題が始まるのはここからなのです。

 

Singers, when they go to high notes, tend to raise the larynx too much and squeeze the vocal cords. I'm going to show you how this works again with a sound demo.

 

高い音に行く時、シンガーは、喉頭を上げ過ぎたり、声帯を締め付け過ぎたりする傾向があります。どういうことになっているのか、もう一度実演してみましょう。

 

Let me first raise my soft palate. Right now my soft palate is raised. And you can hear that the sound is in my mouth and in my pharynx.

 

(軟口蓋を上げた声で)まずは軟口蓋を上げてみましょう。今、軟口蓋が上がっています。声が口と咽頭に響いているのが聞けるでしょう。

 

Now what if I raise up my larynx and also pinch my vocal cords. My soft palate is still raised I have no nasal resonance in my voice right now. But I sound very, very nasal.

 

(喉頭を上げた声で)では喉頭を上げ、声帯を締め付けたらどうなるでしょう。軟口蓋はまだ上がっており、鼻腔共鳴はゼロですが、すごく鼻声に聞こえますね。

 

So that proves it, I can make a nasally sounding sound with zero nasal resonance and my soft palate completely up.

 

さあ、これではっきりしましたね。鼻声に聞こえる声は、軟口蓋が完全に上がり、鼻腔共鳴がゼロの状態でも作れるのです。

 

And that's the whole misunderstanding right here. We want independent larynx and cord control from the soft palate.

 

これが全ての間違いの元なのです。喉頭や声帯は、軟口蓋から独立してコントロールできるようにしたいですね。

 

Now, yes raising the soft palate can encourage a lower larynx and looser cords. But really it's a separate thing.

 

確かに、軟口蓋を上げることは、喉頭の低さや声帯の緩みを促し得ますが、本当はそれぞれ別のことなのです。

 

So we can actually keep the soft palate a little bit down and not sound nasal. And in fact we don't want to have to raise the soft palate. Oh! [Freaky noises] Sorry about that. That keeps happening.

 

ですから、軟口蓋を少し下げた状態でも、全く鼻声に聞こえないように保つことができるのです。それどころか、軟口蓋を上げることはなるべくしたくないことなのです。うわっ!(敵キャラの出現)ごめんなさい。止まらないですね。

 

2. 軟口蓋とその犠牲

 

So let's talk about the costs of raising the soft palate.

 

それでは、軟口蓋を上げると犠牲になることについて話しましょう。

 

喉頭を押し下げてしまう

 

Usually when we raise the soft palate we end up with a depressed larynx and a larynx that can't move. That's from over emphasizing this space down here and raising the soft palate encourages that.

 

軟口蓋を上げると、たいてい、喉頭は押し下がったり、動かなくなったりしてしまいます。これは下の部分(喉頭)のスペースを強調し過ぎることから来ていて、軟口蓋を上げることはそれを助長します。

 

So we end up pushing the larynx down and not allowing it the freedom to move when we're thinking too hard about raising the soft palate.

 

軟口蓋を上げることに意識が行き過ぎていると、喉頭を押し下げてしまい、自由に動かすことができなくなってしまうのです。

 

鼻腔の共鳴を塞いでしまう

 

The next thing is we're blocking one of our critical resonators when we lift the soft palate.

 

次に、軟口蓋を持ち上げると、重要な共鳴腔の一つを塞いでしまうことになります。

 

The pharynx has three spaces - The laryngopharynx, the oropharynx and the nasopharynx.This resonator and these resonators are great. But the nasal cavity itself is also an awesome resonator and an awesome sounding resonator.

 

咽頭には3つのスペースがあります。下喉頭と、中咽頭と、上咽頭です 。これらの共鳴腔は確かに素晴らしいものですが、鼻腔自体もとても良い共鳴腔で、とても良い響きがするものなのです。

 

When you lift the soft palate up you block your nasal resonance completely. Often voice teachers will say to singers, "put the sound in the mask" or "bring the sound forward", but also will say to "lift the soft palate". This is impossible.

 

軟口蓋を持ち上げている時は、鼻腔の共鳴を完全に塞いでいることになります。ヴォイスティーチャーはよくシンガーに「マスク* に声を置いて」とか「声を遠くに飛ばして」などと言いますが、同時に「軟口蓋を持ち上げて」とも言います。これは不可能なことです。

 

*訳注:ここでいうマスクとは、仮面舞踏会の仮面のようなもののことです。その位置に声を持っていくように、というイメージは、古くから発声の指導に用いられています。

 

The only way to get the sound in here somewhat is by having the soft palate moderately lifted or slightly down.

 

鼻腔にいくらか声を持っていく唯一の方法は、軟口蓋を少しだけ持ち上げるか* 、少し下げるかなのです。

 

*訳注:軟口蓋を持ち上げる度合いというのは、コントロールが効くものなので、少しだけ持ち上げる= 少し鼻腔共鳴を使う、少し下げる=より鼻腔共鳴を使う、といったイメージです。

 

舌が引っ込んでしまう

 

The last thing is, with the soft palate up people tend to retract their tongues and jam their tongues back. This is another limitation for the voice, to always have the tongue back. But by thinking of the soft palate up we tend to jam the tongue back.

 

最後に、軟口蓋を上げると、舌を引っ込め、後ろに押し込んでしまう傾向があります。この舌を押し込んでしまうことも、声に制約をもたらしてしまいます。(軟口蓋を上げ、舌を押し込んだ声で)軟口蓋を上げることを意識すると、舌を後ろに押し込んでしまう傾向があるのです。

 

So those are the costs of raising the soft palate.

 

以上が軟口蓋を上げると犠牲になることでした。

 

3. 軟口蓋を下げることの利点

 

高い音

 

Some of the benefits include, first of all, higher notes. With the sound allowed into the nasal resonance and into the nasal cavity we're inviting greater flexibility, greater agility, and just an easier time stretching the voice up to higher notes.

 

(勝利の剣)まず最初の利点は、高い音です。鼻腔に声を持って行き、響かせると、声の柔軟性や敏捷性が促され、声帯が引き延ばされることにより、高い音が楽になります。

 

So actually by keeping a moderate lift or a slight drop to the soft palate, high notes become even easier.

 

軟口蓋を少し持ち上げるか、少し下げるかで保つと、高い音は楽になります。

 

喉頭(のど)の多様性

 

The next thing you get is greater laryngeal variety. Which means that you have a freer larynx and also you can sing more styles.

 

次に、多様な喉頭のポジションが得られることです。喉頭が自由になり、より多くのスタイルを歌えるということです。

 

When you have access to these resonators the larynx will have more possibilities, more possibilities for a free larynx equals more styles of singing.

 

この共鳴腔(鼻腔)にアクセスできると、喉頭のポジショニングの可能性が広がり、喉頭が自由になるということは、より多くのスタイルで歌えるということです。

 

リング(響き)

 

And then finally that quality of ring that we're talking about. Alright. When you have the sound up into the nasal resonance that ringing quality that we love so much in voices, that's the only way that that's possible.

 

最後に言えるのは、先ほどから話してきたリング(響き)の質です。声を上の方へ持っていくと、私たちの大好きな響く声質である、鼻腔共鳴が手に入ります。この響きを手に入れる方法は、これしかないのです。

 

You hear this sound in every style. It's a balance of the pharynx resonance, (the throat resonance) and the nasal cavity resonance. Those sounds blended together just sound absolutely fantastic.

 

この声質は全てのスタイルで聞かれます。咽頭の共鳴(喉の共鳴)と、鼻腔共鳴のバランスのことです。これらの声質が一緒に混ざり合うと、本当に素晴らしい声になります。

 

So those are some benefits to keeping the soft palate slightly down so that you can have nasal resonance.

 

以上が、軟口蓋を少し下げるように保ち、鼻腔共鳴を使うことの利点でした。

 

ハミングのエクササイズ(獣を倒す最良の方法)

 

But now, are you ready to go? We're going to really slay the soft palate here with an exercise. [Sounds of victory]

 

さて、準備はいいでしょうか?次のエクササイズで一緒に軟口蓋を倒しましょう。(敵キャラを倒す - 勝利の剣)

 

An exercise as simple as a hum. That's right, when you hum or when you do an M sound, the sound must be in the nasal resonance. There's no other way to do it. If the soft palate is up you cannot hum and you cannot do an M.

 

とてもシンプルなハミングのエクササイズをしましょう。そうです、ハミングやMで声を出す時、声は必ず鼻腔に行きます。他にどうしようもありませんね。軟口蓋が上がっていたら、ハミングやMの声は出せませんから。

 

So today we're going to feel what it's like to have the sound in the nasal resonance and you guys are going to feel actually how good it feels to sing with nasal resonance involved.

 

今回は鼻腔を共鳴させるとどういう声になるのか、そして鼻腔を共鳴させて歌うことがどんなに気持ちいいことなのかを感じてもらいましょう。

 

So here we go, guys down here... And ladies up here... And here we go together...[Exercise]

 

では行きましょう。男性は下で、「ンー *」。女性は上で、「ンー」。一緒に行きましょう!(ハミングのエクササイズ)

 

*訳注:日本語だと「ん」の文字は一つですが、英語だとM, N, NGの三つがあり、今回はMです。唇を閉じて「ンー」と発音しましょう!

 

Fantastic. So now you guys have seen what it's like to slay the soft palate and have the sound resonating in the nasal cavity.

 

素晴らしい!軟口蓋の倒し方がわかり、鼻腔に声を響かせることができたでしょう。

 

So, Mariella and all, I hope that this has finally dispelled some mysteries about the voice and about the soft palate's lifting.

 

というわけで、マリエラさん、みなさん。今回の内容によって、軟口蓋の持ち上がりに関する謎が解けたのなら幸いです。

 

And I thank you so much for joining me on a quest that has truly been epic.

 

それから、みなさんにとても感謝しています。共にこの壮大な冒険へと出てくれたことを…

 

リングの帰還 - シーン2

 

Singers... Classical, contemporary, my brothers my sisters, a day may come when the soft palate will rise again.

 

(シーンが変わって)シンガーよ。クラシック、コンテンポラリー* の兄弟姉妹よ。軟口蓋の上がる時は再び訪れるかもしれない。

 

*訳注:コンテンポラリーは、「現代の」という意味。クラシックのような伝統的な歌唱との対比で、ポピュラーミュージック全般の歌唱のことを指します。

 

When we forsake all head resonance and break all vocal registration, but it is not this day.

 

頭部の共鳴を見捨て、全ての声区を壊す時…それは今であってはならない!

 

An hour of jammed tongues and bewildered larynxes when all high notes come crashing down, but it is not this day.

 

舌が押し込まれ、喉頭が困惑し、高音が破滅する時…それは今であってはならない!

 

If by my life and death I can protect you, I will. Soft palate, I will bring you down... For singers.

 

私の命と死によって民を守ることができるならば、決意しよう。軟口蓋よ、お前を下げてやる…全てのシンガーのために!

 

(完)

 

------------------------------------------------------

 

以上、今回は軟口蓋と鼻腔共鳴に関するエピソードでした。いかがでしたか?

ご意見、ご感想はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は、Justin Stoney氏の許可のもと掲載しています。無断転載はおやめください。

 

NYVCのこと、ブログ運営者のこと、レッスンのこと

NYVCのこと、このブログの運営者のこと、レッスンのこと…

さらに詳しく知りたい方は、チェックしてくみてください!

 

New York Vocal Coaching (NYVC) のウェブサイトはこちら(英語)

newyorkvocalcoaching.com

 

ブログ運営者、佐藤剛寿のレッスンに関してはこちら

www.takahisasatomusic.com