Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 35「あごの突き出し」【VLTTW翻訳】

Ep. 35 "Jaw Thrust" - Voice Lessons To The World

エピソード35「あごの突き出し」


www.youtube.com

 

目次

 

Hi everybody! My name is Justin Stoney and I'm the founder of New York Vocal Coaching here in New York City.

 

みなさんこんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチング創設者のジャスティン・ストーニーです。

 

Welcome to episode 35 of Voice Lessons To The World. The show where we want to help you guys as singers by answering your questions from all over the world.

 

ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード35へ!このショーでは世界中からの歌に関する質問に答えていくことで、シンガーのみなさんを助けていきたいと思っています。

 

And I'll give you a chance to ask questions later, but our question for this week comes from Max R. in Ontario, Canada.

 

みなさんが質問する機会に関してはあとで説明するとして、今週の質問はカナダ、オンタリオのマックス・Rさんから来ています。

 

今週の質問:声に緊張があるのだけれど…

 

And Max says, "Dear Justin, I sing with a lot of tension. I have a lot of tension in my sound. What can be done to fix this?"

 

マックスさんはこう言っています。「ジャスティンさん、こんにちは。歌う時にすごく緊張してしまいます。声に緊張があるのです。直すためには何ができますか?」

 

That's an awesome point, Max. Because all of us, one hundred percent of singers, wrestle with vocal tension.

 

マックスさん、とても良いポイントですね。私達シンガーはみな、100%が、声の緊張と戦っていますから。

 

Now that's a very good job of keeping it real open for me there, Max. Because tension is such a broad term that there's so many different videos that I could do, and I will do, in the future on tension. Because it could be a lot of things.

 

このことを打ち明けてくれたのはとても良いことですよ、マックスさん。緊張というのは広範囲にわたる概念で、そのことだけでもたくさんの動画ができるくらいなのです(今後も作っていきますよ)。緊張と言ってもたくさんの要素がありますからね。

 

But today I'm just going to pick one for you guys so we can start to eliminate vocal tension from your sound.

 

ですが今回は、あなたの声から緊張を取り除くことができるように、一つの話題を選ぶことにしましょう。

 

あごの突き出し

 

And the one we're going to be talking about today is jaw thrust. There's a tendency among singers, a habit really, of having jaw thrust. It's the following kind of movement, this... [Demonstrates jaw thrust] ...in the singing.

 

今回話すことは、あごの突き出しについてです。あごを突き出す傾向というか、癖が、シンガーの間で見られます。歌う時のこの動きのことです(あごを突き出して)。

 

So maybe Max, and all, one of the tensions that you hear and feel is that jaw. Now, the jaw coming forward is going to put a bit of a strain in your sound and you're actually going to really feel it.

 

もしかしたらマックスさん、みなさんも、声の緊張が聞こえたりそれを感じたりするのは、あごのせいかもしれません。あごが前に出ると声に少し緊張が出て、それが実際に感じられることでしょう。

 

どうしてあごを突き出してしまうの?

 

So before we talk about how to fix it, let's talk about why one would even do it. Why is there a tension in the jaw? Why does it even happen?

 

では、どうやってこれを直すのかを話す前に、どうしてこれをしてしまうのかについて話しましょう。どうしてあごが緊張してしまうのでしょうか?そもそもどうしてこれが起こるのでしょうか?

 

息を抑えようとして

 

The first reason is because of, perhaps, too much breath. When we don't have our breath support in place, as we've talked about before, there's too much air coming at the vocal cords.

 

第一の理由はおそらく、息が多すぎることです。以前にも話したように、きちんと息の支えを使わないと、声帯に対して息の量が多すぎる、という現象が起こります。

 

Somebody's got to hold it back. A pretty good one would be the jaw. Of course we don't want it but that's what happens. The jaw comes forward and helps to hold the air in. That's one.

 

何かが息を抑えなければなりません。ちょうどいいのがあごです。もちろんそうなってほしくはないのですが、起こってしまうのです。あごが前に出て、息を抑えようとします。これが一つです。

 

コンプレッション

 

Another thing is compression. Nobody really wants to crack. I've told you why you should be cracking and cracking up a storm.

 

もう一つはコンプレッションです。声を裏返したい人は誰もいません。なぜ声を裏返すべきかは - なぜそれをとことんやるべきかは - 以前にもお伝えしましたね。

 

But nobody really wants to and so to increase compression in a way that's not positive one could jut the jaw forward. And that will cause greater compression on the cords. So you crack less but the sound is tight.

 

でもみんな声を裏返したくないので、コンプレッションを高めようと(好ましくない方法ですが)、あごを前に突き出してしまいます。そうすると声帯に強いコンプレッションがもたらされます。それであまり裏返らなくはなりますが、声はきつくなってしまいます。

 

喉頭の持ち上げ

 

The other thing it does is bring up the larynx. We've again talked about how the larynx being high isn't always a bad thing. But if the jaw is the one that's bringing it up, that's of course not a good thing at all.

 

もう一つあごを突き出すと起こるのは、喉頭が上がることです。喉頭が高い位置にあるのは悪いことではないということも、以前に話しましたね。でもあごのせいで喉頭が持ち上がっているのだとしたら、もちろんそれは全くいいことではありません。

 

息を頭の方に持って行こうとして

 

Then finally, when we sing a higher note the air has got to get into the pharynx and into the head more and out the mouth less.

 

最後に、高い音を歌う時は息をより咽頭や頭の方に向け、口にはあまり向かわないようにしなければなりません。

 

If we jut the jaw forward, we're going to increase the size of the pharynx, but again, not in a good way, in a way that causes a tension and limitation. So those are the reasons why somebody might have jaw thrust as a part of their singing.

 

あごを前に突き出すと咽頭のサイズは大きくなりますが、これも良い方法ではなく、緊張と限界をもたらしてしまう方法なのです。以上が歌う時にあごを突き出してしまう人がいる理由でした。

 

あごを解放するために

 

But let's just talk about what we're really looking for when we sing and what we should do with our jaw.

 

では歌う時にどうすればいいのか、あごをどうするべきなのかについて話していきましょう。

 

So I want you try something crazy for me. I just want you to pretend you just kind of got a shot of Novocain to the jaw as a lot of voice teachers like to say.

 

これからおかしなことをしますが、試してみてほしいのです。これは多くのヴォイスティーチャーが言うことですが、あごに麻酔を打たれたようなふりをしてほしいのです。

 

Pretend somebody just gave you a shot of Novocain and I just make this sound for me, just go, duuuh. Try that out... Duuuh.

 

誰かに麻酔を打たれたふりをして、この声を出してみてください。(あごの力を抜いて)「ダー」やってみて。「ダー」

 

It's kind of sloppy, it's kind of stupid. I just want, duh. And it's not about the jaw being open per se. It's about it being released. Duh. And so when you feel that sort of idiot kind of feeling, Duh. One more time, try that for me… That's nice.

 

だらしなくて、まぬけな感じです。「ダー」あごが開いていること自体に意味はなくて、この解放感に意味があるのです。「ダー」馬鹿になった感じで。「ダー」もう一回やってみてください。いいですね。

 

Then you feel the jaw come down and back and that's the key, down and back. It's kind of like the sensation of having your front teeth more forward than your back teeth.

 

こうするとあごが下と後ろに行くのが感じられると思いますが、それが鍵です。下と後ろ。上歯が下歯よりもより前に来るような感覚です。

 

You don't have to really try to jam it back. That's not really good. But if you just have our sort of idiot sound, duuuh, then you're going to find the correct jaw placement.

 

後ろに引き下げるように頑張らなくて大丈夫です。それだとあまりよくありません。ですがこの間抜けな「ダー」ができれば、正しいあごの位置が見つかるでしょう。

 

And that really goes for all the vowels. We're going to really talk about vowels in the future. But just so that you can see that I can do ah, eh, ee, oh, oo, all with that free, free jaw.

 

これはすべての母音にも言えることです。今後母音のことについても話していきますが、どれを発音する時もあごは自由にすることができるのがわかると思うので、見てみてください。「アー、エー、イー、オー、ウー」。

 

Now if you're getting into, like I say, ah, eh, ee, oh, oo, those sorts of things are really going to put the tension into the sound.

 

言っているように、あごを突き出して「アー、エー、イー、オー、ウー」としてしまうと、声に緊張がもたらされてしまします。

 

あごを解放するエクササイズ

 

So what we have to do is make sure we're exercising the voice free from that jaw thrust. 

 

こういうことがあるので、あごの突き出しから自由になれるように、エクササイズをする必要がありますね。

 

「ハー」のエクササイズ

 

Now a good way to do that is just take a simple H sound. Today we're going to do h-u-h, huh. Which is kind of like duh, but just with the H.

 

そのための良い方法は、シンプルにHの子音を使うことです。今回はh-u-h「ハー」をやっていきます。先ほどの「ダー」と似ていますが、今度はHを使います。

 

So you're gonna feel like a real loser here. I hope there's nobody else in the room listening to you. I hope you're in the privacy of your own home for this one. But let's try this sound, just again go duh.

 

負け犬になったような感じで行きましょう。部屋に誰も聞いている人がいないと良いですね。これは自分の部屋でプライバシーが保たれている時にするのが良いです。もう一度この声を出してみましょう、「ダー」。

 

And now h-u-h, guys down here. Let's do, “HUH - HUH - HUH - HUH” And then ladies up here. “HUH - HUH - HUH - HUH”

 

そして今度はh-u-hです。男性は下の方で、「ハー、ハー、ハー、ハー」女性は上の方で、「ハー、ハー、ハー、ハー」

 

And you can see that I'm sliding my voice. From 1-3, 3-5, 5-3, 3-1. I'm not moving my jaw at all. Look at it one more time before we start. ”HUH - HUH - HUH - HUH” I totally have my duh position. So here we go, let's try it.

 

ここでは声をスライドさせているのがわかるでしょう。1から3、3から5、5から3、3から1へ。* あごは全く動かしていません。始める前にもう一度見てみてください。「ハー、ハー、ハー、ハー」。「ダー」のポジションをずっと保っています。では行きます、やってみましょう!

 

*エクササイズの音程のパターンのことを言っている

 

(Exercise)

 

(エクササイズ)

 

Awesome stuff. So, you can feel what it is to have no jaw thrust in your sound. Some of you might need a mirror for that. Because this is another one of those things where it's tough to know that you're doing it.

 

よくできました!あごを突き出さずに声を出す感覚がわかったでしょう。この練習には鏡が必要な人もいるかもしれません。このタイプの癖もやはり、してしまっているかどうかに気づくのが難しいことですからね。

 

A lot of times people do “HUH”, And they say no no no, my jaw is down. But really it's not. Sometimes you need to check this one out in the mirror.

 

(あごを突き出して)「ハー」とやってしまっているのに、「違うよ、ちゃんとあごは下げているよ」と言ってしまう人もいます。そうなってはいないのに。ですから鏡でチェックする必要がある場合もありますね。

 

But this is another thing too, where if you can do it without the jaw thrust, that's how you know you've got the note.

 

これもこういう類のことです - あごを突き出さないでできてはじめて、その音が出せるようになったとわかることでしょう。

 

If you have to jut the jaw, probably you're tensing the larynx, probably you're tensing the cords, and probably you're using too much air. So you might have to go back and examine your breath support as well. That's a good way just to work out the voice.

 

あごを突き出さなければ声が出せないのならば、おそらく喉頭や声帯は緊張していて、息も使いすぎてしまっていることでしょう。息の支えができているかどうかにも戻って確かめる必要があるかもしれません。それもまた声の練習には良い方法ですね。

 

You can try some other vowels if you want. This is a good way to work out your voice with absolutely no jaw involvement. And that's going to train the good guys and not the bad guys.

 

やりたければ他の母音にもチャレンジしてみましょう。あごを全く使わないで声を出すのに良い練習法です。そうすれば悪いやつではなくて、良いやつを鍛えることができるでしょう。

 

And hopefully, Max and all, that will be helpful for you in starting to eliminate some of those elements of tension from your voice.

 

マックスさんやみなさんが、声から緊張を消していくのに役立てば幸いです。

 

終わりに

 

So I hope that's been helpful for you guys today as singers.  If you have questions that you'd like to see us answer on the show, you can send an email to: Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

というわけで、今回の内容がシンガーのみなさんの役に立っていれば幸いです。このショーで答えてほしい質問がある場合は、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてくださいね。

 

We just encourage you not to lose that joy or that passion. Don't let people tell you that you can't sing. Just keep working hard at it and prove them wrong.

 

歌う喜びや情熱を失わないようにしましょう。誰にも「お前は歌が下手だ」などと言わせないでください。練習を頑張って、それが間違いだと証明するのです。

 

Find a great voice teacher in your area. If you guys are in New York City you can check us out at: www.NewYorkVocalCoaching.com.

 

あなたの地域の優れたヴォイスティーチャーに付きましょう。もしニューヨークにいるのなら www.NewYorkVocalCoaching.com をチェックしてみてください。

 

And if you like these videos you can visit: www.VoiceLessonsToTheWorld.com.

 

動画を気に入ってもらえたのなら、 www.VoiceLessonsToTheWorld.com も見てみてください。

 

I'm Justin Stoney. We'll see you next time.

 

ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!

 

 

------------------------------------------------------

 

以上、今回はあごに関しての翻訳でした。いかがでしたか?

ご感想、ご意見、ご質問はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は、Justin Stoney氏の許可のもと掲載しています。無断転載はご遠慮ください。

 

NYVCのこと、ブログの運営者、レッスン

 

New York Vocal Coachingについて

New York Vocal Coaching (NYVC) は、ニューヨークを代表するヴォーカルスタジオのひとつです。創設者のジャスティン・ストーニーは世界的に有名なヴォーカルコーチで、NYVCはアメリカ国内外の多くのメディアに取り上げられています。

また、NYVCのYouTubeチャンネルは、21万人以上* の登録者がいる人気チャンネルです。無料で多くのビデオを公開していて、世界中のシンガーのためにヴォーカルの上達に役立つ情報やエクササイズを届けています。

NYVCのウェブサイトなどは基本全て英語ですが、とても広範囲にわたる情報を届けているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 *2019年10月現在

 

newyorkvocalcoaching.com

 

www.youtube.com

 

ブログの運営者について

このブログを運営している佐藤剛寿は、ジャスティン・ストーニーの直接指導のもと、New York Vocal Coaching 40-Hour Voice Teacher Trainingを修了したヴォーカルコーチです。

僕がジャスティンを知るようになったきっかけは、YouTubeです。いつものようになんとなくYouTubeを見ていたら、ジャスティンの動画がおすすめに出てきて、「どんな人だろう?」と初めて彼の動画を見た瞬間、「この人の教え方は、すごい!!」とすぐにわかりました。

彼自身の持っている声の技術の高さ。わかりやすい理論と伝え方。声や歌に対する寛容な考え方。そして、モチベーションを上げてくれる言葉。全てが驚きでした。

それから毎日、一生懸命彼の動画を見て、一緒に歌う日々が始まりました。僕はもともと歌うことが大好きでしたが、ジャスティンのことを知ってからはその楽しさが大きく増しました。

ニューヨークに行って彼のティーチャー・トレーニングを受けたのは、彼のようなレッスンを、日本のシンガーにも届けたいと思ったからです。

彼がたくさんの動画を作って、レッスンを受けられない人にもヴォーカルの情報やエクササイズを提供しているように、僕もその翻訳ブログという形で、少しでも日本のみなさんに良い情報を届けたいと思っています。

翻訳にはわかりづらいところもあるかもしれませんが、少しでもみなさんのヴォーカルライフに役立てば幸いです。ご感想、ご意見、ご質問はいつでも歓迎します!

 

レッスンについて

動画や文章に触れて自分で練習するだけでも声を改善していくことはできますが、一人ではわからないこともあると思います。そういう時はぜひ直接レッスンを受けてみてください!

僕のレッスンではニューヨークで学んだことを活かして、クライアントのみなさんが声をより自由に使えるように、一人一人に合わせたエクササイズを提供しています。

また、ヴォーカル技術の向上と併せて、アレンジャー・ソングライターとしての視点から、スタイルを作っていくお手伝いをしています。

そして、歌う喜びを感じられるように、良い環境を作っていきたいと思っています。

ニューヨーク仕込みのエクササイズを、ぜひ体感してみてください!

 

ヴォーカルレッスンのお問い合せ、お申し込みはウェブサイトからどうぞ。

 

レッスン概要

https://www.takahisasatomusic.com/lesson

 

お問い合せ、お申し込み

https://www.takahisasatomusic.com/contact