Feel the Joy of Singing!

NY仕込みのヴォーカル理論とエクササイズ。上達に役立つ情報を、わかりやすくお届けします。

Ep. 4 「喉頭とスタイル」【VLTTW翻訳】

今回はジャスティン・ストーニーによる「ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールド」の翻訳シリーズ、エピソード4「喉頭とスタイル」です。どうぞお楽しみください ;)

 

Ep. 4 "Larynx And Style"- Voice Lessons To The World
エピソード4 「喉頭とスタイル」

 

元の動画はこちら

www.youtube.com

 

目次


Hi everybody. My name is Justin Stoney. I'm the founder New York Vocal Coaching here in New York City.


みなさん、こんにちは!ニューヨーク・ヴォーカル・コーチング(NYVC)創設者のジャスティン・ストーニーです。


Welcome to the fourth episode of Voice Lessons to the World, the show where we want to answer your questions from all around the world, and help you guys as singers to have a great vocal technique.


ようこそ、ヴォイス・レッスンズ・トゥー・ザ・ワールドのエピソード4へ!このショーでは世界中のみなさんからの質問に答え、シンガーのみなさんが素晴らしいヴォーカル・テクニックを得られるように応援してきたいと思っています。

 

今週の質問:喉頭(のど)は低く保つ必要があるの?


Today's question comes from Paul K. in Phoenix Arizona, and Paul says, "Dear Justin, I was told I need to keep my larynx down at all times when I sing. Is this true?"


今回の質問はアリゾナ州フェニックスのポール・Kさんから来ています。「ジャスティンさん、こんにちは。歌うときはいつでも喉頭(のど)を低く保ちなさい、と教わりました。これは本当ですか?」


Paul, I gotta tell ya, the question couldn't be better. They don't get better than that one. And this is a very controversial topic.


ポールさん、これ以上良い質問はないですよ。そしてこれはとても議論を呼んでいるトピックなんです。

 

喉頭とスタイル


So today's episode is gonna be called "Larynx And Style." Now sinse this is so controversial, I want everybody to keep a really open mind. Because people feel very very strongly about their vocal method or their vocal technique. And that's totally fine.


というわけで今回のエピソードは「喉頭とスタイル」です。このことはとても議論を呼んでいることなので、みなさんにはできる限りオープンマインドでいてほしいのです。自分のヴォーカル・メソッドやヴォーカル・テクニックに強い信念がある人たちがいますからね。それは構いませんが。


But if we can keep an open mind, people on both sides of the coin are going to have a better experience whether you come from a traditional background, classical, or whether you are into more contemporary sounds.


ただオープンマインドでいれば、クラシックなどの伝統的なスタイルの人も、現代的なスタイルに入れ込んでいる人も、コインの両側の人が恩恵を受けることになるでしょう。


Everybody, keep a little bit of an open mind on this topic because I know it's a controversial one. But we can get some new ideas here.


みなさん、このことが議論を呼んでいることは知っていますから、できるだけオープンマインドでいましょう。新しいアイディアを得ることができますから。


So Paul, it's true that we don't want to raise the larynx as we go higher. We don't wanna squeeze the larynx up to get high notes. We also don't wanna jam it down to give ourselves a darker fuller richer sound.


ところでポールさん、高い声に行くにつれて喉頭を上げてしまわないようにした方がいいのは事実です。高い声を出すために喉頭を締め付け、上げるのはやめましょう。逆に深くて豊かな声を得るために喉頭を下げ過ぎるのもよくないです。


However, if you only sing with one larynx - if you only sing with a high larynx, if you only sing with a low larynx, or any kind of larynx, really - you're not going to be able to sing a multitude of styles.


一方で一つの喉頭のポジションだけで歌っていると - 高い喉頭のポジションだけで歌ったり、低い喉頭のポジションだけで歌ったり、どの喉頭のポジションだとしても - 様々なスタイルで歌うことができるようにはならないでしょう。


And let me show you why that's true, that the position of your larynx is going to facilitate you being able to sing lots a different styles. How I'm gonna do it is I'm going to take two songs.


では喉頭のポジションを変えられることが様々なスタイルを歌えることに繋がる、その理由をお見せしましょう。二つの曲を例に取ってやっていきますね。


One of them more of a traditional or classical kind of sounding song, and one of them more of a rock sound. I'm gonna start with my larynx all the way down and then move it all the way up, so that you can hear the difference of what different laryngeal positions sounds like.


ひとつはクラシックなどの伝統的なスタイルに聴こえる曲で、もう一つはロックのサウンドです。喉頭のポジションが違うと声がどう変わるのかを聴いてもらうために、一番低いポジションから始めて、一番高いポジションまでやってみます。

 

クラシックの曲例:「もしもあなたを愛したら」


So the first song I'm going to do is a little clip from, "If I Loved You," from Carousel. And I'm going to start with the lowest possible larynx that I can do.


最初の曲はミュージカル「回転木馬」から「もしもあなたを愛したら」の一部分です。できる限り一番低い喉頭のポジションで始めますね。


"If I loved you, time and again I would long to say." K, that's pretty low. Let me raise it a touch.


(歌)とても低いですね。ほんの少し上げてみましょう。


"If I loved you, time and again I would long to say" Now that might be about right. Let me raise it up a touch.


(歌)このくらいがこの曲にちょうどいいかもしれませんね。もう少し上げてみます。


"If I loved you, time and again I would long to say" Not too bad either. I'll raise it up a touch.


(歌)これも悪くないですね。ほんの少し上げます。


"If I loved you, time and again I would long to say" Not really appropriate for the song. I'll raise it all all the way up.


(歌)この曲には向かないですね。一番高いポジションまで上げてみます。


"If I loved you, time and again I would long to say" Now that sounds insane.


(歌)これだと明らかにおかしいですね。

 

ロックの曲例:「ホウェン・セプテンバー・エンズ」


So that's the classical or traditional example. Now I'm gonna do more of a rock song. We'll try, "When September Ends," by Green Day. I want to start with the lowest of larynxes again.


以上がクラシックなどの伝統的なスタイルの例でした。次はもっとロックな曲をやりましょう。グリーンデイの「ホウェン・セプテンバー・エンズ」を試してみます。もう一度、一番低い喉頭の位置から始めたいと思います。


"Summer has come and passed. The innocent can never last. Wake me up, when September ends." Now that sounds ridiculous. Now let me raise it up a touch.


(歌)これだとすごくおかしいですね。少し上げてみます。


"Summer has come and passed. The innocent can never last. Wake me up, when September ends." It still sounds a little bit weird. I'm gonna raise it up.


(歌)これでもまだ変な感じですね。上げてみましょう。


"Summer has come and passed. The innocent can never last. Wake me up, when September ends." Starting to sound a little better. Let me raise it up.


(歌)少しマシな感じになってきましたね。さらに上げます。


"Summer has come and passed. The innocent can never last. Wake me up,
When September ends." Now we're gettin into the zone for rock. I'll raise it all the way up.


(歌)これでロックの領域に入ってきましたね。一番上まで上げてみましょう。


"Summer has come and passed.The innocent can never last. Wake me up, when September ends." And depending on how much grit and edge you want in the sound, maybe that would be appropriate.


(歌)声にどれくらいの強さや鋭さがほしいのかのよっては、これもありかもしれませんね。

 

まとめ


So as you can see, when I do the more traditional sounds the lower larynxes are gonna sound better. The higher larynxes sound insane.


というわけで、伝統的なサウンドで歌いたいときは、低い喉頭のポジションのほうが良かったですね。高いポジションではおかしく聴こえてしまいます。


When I do rock sound, the lower larynxes sound just crazy, but the higher larynxes sound about right.


ロックのサウンドの場合、低いポジションだとすごく変ですが、高いポジションならふさわしく聴こえます。


Now here's the thing. I'm not really squeezing. I'm not really pinching or straining. I don't feel any damaging kinda feelings.


実際のところ(これらのポジションで歌う際)締め付けたり、引っ張ったり、緊張させたりしてるわけではなく、痛めてしまうような感覚はないです。


There's a lot of singers that sing any of these styles. But the point is, you can sing them all. But if you're limited by one larynx or one thinking, you're not going to be able to do that.


これらのどのスタイルでも、それで歌うシンガーはたくさんいます。要するに、どれでも全て歌うことができるということです。ただ一つの喉頭のポジションや考え方に縛られていたとしたら、できないことではありますが。


And maybe you don't want to. But I do encourage classical singers to sing a few pop songs. And then if you're a pop or rock singer, R&B, maybe sing some classical songs. It's not going to hurt you.


あるいは単にやりたくないかもしれませんね。それでも私は、クラシックのシンガーに少しはポピュラーソングを歌うことを勧めています。それかあなたがポップやロック、R&Bのシンガーなら、少しクラシックを歌ってみたらどうでしょうか。それでダメになってしまうことはないのですから。


It's going to give you more possibilities and especially if you keep your mind open to the fact larynx can do more than one thing.


そうすれば可能性が広がるし、喉頭にできることは一つだけではないという事実に対してオープンであればなお良いでしょう。


You're gonna get coordinations and sounds and colors and ideas that you've never had before. So like I say keep the mind open on that one.


今まで持ち合わせていなかった声の使い方や、サウンド、音色、アイディアなどを得ることができるでしょう。先ほどから言ってきたように、このことに関してはオープンマインドでいましょう。


But Paul, that's the answer to your question. Do you have to keep your larynx down the whole time? I would say, no.


ポールさん、以上が質問への答えです。いつも喉頭は低く保たなければならないのでしょうか?私の答えは、ノーです。


But again, for all people, don't squeeze your larynx to get the high note, and don't depress your larynx down to try to have good technique or to try to sound, you know, big and robust.


ただみなさん、高い声を出すために喉頭を締め付けたり、良いテクニックで大きく、力強い声を出そうとして喉頭を押し下げるのはやめましょう。

 

終わりに


So I hope that's been helpful for you guys today as singers. If you have questions that you'd like to see us answer on the show, you can send an email to: Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com


今回の内容がシンガーのみなさんに役立てば幸いです。このショーで答えてほしい質問がある場合は、 Questions@VoiceLessonsToTheWorld.com にメールしてくださいね 。


We encourage you to keep that open mind and also to never lose the joy and the passion. Never let anybody tell you you can't sing because as you know - that is not true.


オープンマインドで、歌う喜びや情熱を決して失わないようにしましょう。「ヘタクソ!」などとは誰にも言わせないでください。それは本当のことではありませんから。


If you guys are in New York City you can check us out at www.NewYorkVocalCoaching.com.


ニューヨークにいるのであれば、www.NewYorkVocalCoaching.com をチェックしてくださいね。


Get with a great voice teacher in your area. And if you like these videos you can check out www.VocieLessonsToTheWorld.com.


あなたの地域の素晴らしい先生に就きましょう。動画が気に入ってもらえたのなら、 www.VocieLessonsToTheWorld.com もチェックしてみてください。


I'm Justin Stoney. See you next time.


ジャスティン・ストーニーでした。また会いましょう!

 

------------------------------------------------------

 

以上、今回は喉頭とスタイルに関するエピソードでした。いかがでしたか?

ご意見、ご感想はコメント欄にお願いします。次回もお楽しみに!

 

佐藤剛寿

 

※この翻訳は、Justin Stoney氏の許可のもと掲載しています。無断転載はおやめください。

 

NYVCのこと・ブログ運営者のこと・レッスンのこと

NYVCのこと、このブログの運営者のこと、レッスンのこと…

さらに詳しく知りたい方は、チェックしてくみてください!

 

New York Vocal Coaching (NYVC) のウェブサイトはこちら(英語)

 

ブログ運営者・佐藤剛寿のレッスンに関してはこちら